ニコンF4を使っています。
でも、最近は重さに負けてコンパクトデジカメを愛用しています。思い立っときにサッと撮れ、また取り直しが用意に出来るコンパクトデジカメは大変便利です。

しかしながら、撮れば撮るほどF4に比べ物足りなさを強く感じるようになってきました。とは言え、デジタルの便利さを手放すことはできません。

そこでデジタル一眼を購入することを決めました。出来ることならF4と同等クラスを希望します。

○お勧めの機種
 ニコンを選びレンズの使い回しを考える必要があるか

です。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

ニコンF4クラスだとD3Xでしょうレンズもデジタル用でそれなりのレンズをそろえると100万円は用意しする必要があるようです。


フィルム用のレンズでは特性が違いデジタル一眼の能力を発揮できないようです。(ピンが甘いそうです。)

ニ三歩譲ってD3、D700、D300ですが
D300はD700が発売され市場売価が急激に下がりました。
デジタル一眼は年々能力が向上し安くなっています。

>重さに負けて
F4 1210g
D3X 1220g   D3 1240g
D300 825g   D700 995g  
D5000 510g   D60 495g

気軽に撮影を主にお考えならば
D5000、D60クラスでデジタルに慣れつつ
もう少し様子を見ても良いと思います。
(高級機にはそれなりの高級な重いレンズをつけないと・・・)
カメラ・レンズのクラスの差は腕で補い、いざとなればF4で撮影されてはいかがですか。

撮像素子(CMOS、CCD)の大きさもご注意
D3X  35.9×24.0 mm 35mmフィルムクラス
D3 36.0×23.9mm 35mmフィルムクラス
D700 36.0×23.9 mm 35mmフィルムクラス

D300 D5000 D60
23.6×15.8mm
(35mmフィルム用レンズをつけると見かけの画角は1.5倍相当になりボケにくくなる)
http://takuki.com/gabasaku/CCD.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まずはエントリー機でデジタルに慣れてから上位機種に挑戦しようと思います。重量の比較もありがとうございます。

F4を使ってはいますが、機械の能力を使いこなしてはいませんでした。恐らく、機械に腕をカバーしてもらっていたことと思います。

他の方からのアドバイスにもありましたが、良い(高い)カメラなら良いというわけではないことも分かりました。

身の丈に合わせて、また合うように精進していこうと思います。

最後になりますが、hayashi456さんをはじめ皆さんのお答え全て参考になりました。他の方お返事打てず申し訳ありません。この場を借りてお礼をさせていただきます。

お礼日時:2009/05/19 13:19

難しいことは後回しでいいですから


とにかく何かを手に入れて、少しずつ使いこなしていけばいいでしょう。
少なくとも、コンデジで持たれたデジタルに対する物足りなさは
デジタル一眼レフにすることで解消できると思います。

私が推すのは「D3」か「D700」です。
どちらも135サイズのデジタルカメラです。

「D3X」は、それでも最初に選ぶカメラとしては
価格とかパソコンでの処理の問題で荷が重過ぎます。

「D300」のようなAPSサイズは、
135サイズのフィルムカメラをお使いだった方には今さら積極的には推せません。

レンズの使い回しは考えないほうがいいでしょう。
使えないことはありませんが、使い回しにこだわるあまりに
「写真を撮る」という本来の目的から外れることになってもいけません。
    • good
    • 0

デジタルの利便性と銀塩の持つ豊かな諧調性の両立は不可能だと思います。


RAWデータからパラメータやトーンカーブを弄っても、所詮はデジタル。
要は、どこで折り合いを付けるか、予算の許容範囲は、デジタル処理に対するスキルなど情報が無い限り、適切なアドバイスは無理だと思います。
    • good
    • 0

 私はニコンF4からニコンD100に乗り換えましたが、


F4時代のレンズはD100に装着は出来ても何かと制約があって使いにくく、
結局処分して買い換えました。
    • good
    • 0

◎「D300」デスね!



私も、3年ほど前からデジ一に切り替えマシた。ソレまで、35mmでは、
F3・FE2ソレゾレにモータードライブを付けテ使用シテいました。
当時、仕事の関係もアッテ、予備知識もナイまま、低価格になったデジ一
D50を購入しまシタが、銀塩時代のレンズを装着シテも露出計が連動せず
デジタル対応レンズを購入。ソノ後、D300を買い増しシテ現在に至りマス。

現在、Nikonのデジ一でAi_MFレンズを装着シテ、露出計が連動スルのは、
D300・D700・D3・D3Xダケです。cm002サンが現在使用シテいるレンズの
使用をお考えナラ、「D300」が性能・価格等イチバン使い易いのでは?!
と、思いマス!

画角は、撮像素子(銀塩のフィルムですネ)が小さいため、レンズの焦点距離×1.5
にナリますが、ボケに関しては、焦点距離通りのボケにナリますヨ。

銀塩歴が長いと、最初は違和感がアリますが、慣れの問題!デス。
画角・ボケの量共に、3日もアレばカラダで分かル!と思いマス。

レンズ資産を生かしてデジ一に移行スルなら、「D300」以外ナイ!!
と、思いマスが…

エントリー機のプラスチキーなボディと、スカスカの使用感のセット
レンズを購入シテ後悔スルより、APS-Cの「フラッグシップ機」を
購入サレた方が、無駄な出費をしなくてスム!!と思いマス。

私が、ヨク引用スル サイトをNo.4サンが添付サレてますが、銀塩→
デジ一ナラ、コストパフォーマンスの高い APS-Cサイズの撮像素子
を搭載。かつ、過去のレンズ資産が使用できル機種は…D300デスね!
    • good
    • 0

ANo.2さんの回答に突っ込みですが…


今のNIKON 一眼レフは非Aiレンズは使えませんよ。
非Aiレンズの露出計連動はカニ爪で連動させていますからね。
これが使えたのはF2フォトミックまでです。
それにAi対応のボディに非Aiレンズは改造しないと物理的に装着できません。
    • good
    • 0

F4で何をどう撮っているか文面では不明ですがBodyですと


D700でしょう。視野率100%でないのが不満が残るとは思い
ますが「最近はコンデジ愛用」でしたら問題ないと思います。
レンズもそのまま使えます。
但し、デジタル一眼レフですとデジタル画像へのスキルが
ちょっと必要と思いますがそちらの方は如何なんでしょう。
    • good
    • 0

色々なお話があると思いますけど、私ならD40にします。



どのみちデジカメ導入時には「全面切り替え」は無理です。
ですので、サブカメとして導入することになると思いますが、
D40は基本性能がしっかりしていることで定評があるうえ、
小型軽量、かなり古い機種なので、新品がものすごく安いです。

初心者向きカメラなのに、Nikonらしく手抜きがなく本気で使えます
から、Nikonデジ使いの中でもサブカメとして使う人が多く、広角の
単焦点レンズつけっぱなしのお散歩カメラとしても使いやすいですよ。

D3xあたりへは、D40に慣れてからでいいと思います。
    • good
    • 0

 揚げ足取りみたいで恐縮ですが、銀板カメラではなくて銀塩カメラでしょうね。


 銀板写真は19世紀にフランスのダゲールが発明した文字通り銀の板を使うものですから。
    • good
    • 0

確かに、F4と比べるとD3とかD300とかなんですが、最初はとりあえず安いのを一回買ってみたほうが良いと思います。



デジタル一眼のフラッグシップは、基本的に自分でRAW現像してレタッチするのが当たり前のチューンニングになってます。

こういう性質から、データ量的にもそこそこ高性能なPCが必要です。
(本格的にレタッチすると、一枚辺りの作業ファイルが数GBとかもざらなのです。)
その他の機種にしてもフィルムに迫る画を作ろうと思ったら、PhotoshopCS4辺りのグラフィックソフトが使いこなせないといけません。
このPCとグラフィックソフト合わせて、30万近い出費が別に必要です。

つまりデジタル一眼は、カメラ本体だけでは本領発揮できないのです。

また、デジタル一眼特有の問題として画像素子のゴミ問題があります。
特にD3とD3xにはゴミ取り機能は付いてませんので、自分で掃除するか、サービスセンターに持ち込まないといけません。
(最初は極力自分でやるのは避けたほうが良いです。)

正直F4に比べるとMFとかは問題外で相当使いにくいですが、D40か60あたりでデジタル一眼になれてから、必要ならD3とかD700に移った方がいいと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q炭素鋼とS45Cの説明

炭素鋼とS45Cの違いとは何ですか?
また、炭素鋼とはどのようなもので、S45Cとはどのようなものですか?
回答をお願いします。

Aベストアンサー

※炭素鋼
鉄と炭素の合金のことである。炭素含有量が、最低で0.02[mass%]含まれるものを指す。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%82%AD%E7%B4%A0%E9%8B%BC

※S45C
炭素の添加量が0.45質量%の場合は,「S45C」と表記される。
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/WORD_LEAF/20050808/107437/


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8B%BC
世間一般の人が鉄というとSS材のことで、SC材は鉄より強い性質があり、
軸など強度が求められる場所で使われることが多い。

Qデジタル一眼レフと高性能コンパクトデジカメ

写真撮影のステップアップのため、デジタル一眼レフを検討しておりました。
しかし、一番のネックが持ち運びでありまして、バイクでのツーリングや飲み会での
使用なども考えておりますので、ちょっと厳しいのが状況です。

用途により使用機種を分けるのがよいと思いますが、一眼レフにも匹敵するコンパクトデジカメが
あるのであれば、それを検討してみるのもよいと考えております。
接写時のぼかしの効果を楽しみたいことや、風景や人物をきれいに撮りたいというのが要望です。

色々探しているうちに、下記の製品がよいとの情報が目立っておりました。
・リコー GR DIGITAL II
・シグマ DP2 (使いにくい?充電が短い?現像が困難?)

これらの機種は、一眼レフ(D90等)に対し、どの程度性能的に劣っているのでしょうか?
また、その他にもすばらしいコンパクトデジカメは、あるのでしょうか

以上、ご意見お願い致します。

Aベストアンサー

極論するとデジタル一眼に匹敵するコンデジはありません。
基本性能があまりにも違いすぎます。比較するのも面倒なくらい一目瞭然。

・電源ONから1枚目が撮影できるようになるまでの時間。
・AFスピード。
デジタル一眼を使い慣れてしまうと上記2つだけをとってもコンデジはとろくさくて咄嗟の時に対応できません。バッテリーの持ちも違う。

両方持ち使い分けるのが吉。

デジタル一眼で携帯性がよいコンパクトボディだったらOLYMPUS E-P1が今のところベスト。
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/newproduct/20090723_304225.html

Qs45cのアーク溶接

車用部品を製作の為、s45cでの旋盤加工の発注をする為に、図面製作中なのですが、旋盤加工後、アーク溶接にて溶接予定でいました。
今日、ネットで色々調べていた所、s45cの溶接は、余熱?等の前処理が必要で、単純に溶接しても、すぐに溶接が外れるとの文章を目にしたのですが、本当なのでしょうか?

その部品自体、最大で1~2トンの力がかかりそうな部品ですので、強度をssよりも上げたいのですが、もし、s45cでは、溶接困難でしたら、他の材質に変えたいと思うのですが、何か良い材料はありますか?

Aベストアンサー

溶接技術の宝庫↓

車用部品で、しかも1~2tonの重量が掛かる・・・
動体で振動を伴う部分での使用に際してなので、
充分な材質特性知識&溶接知識は必要です。公道ですよね??
自己責任の範囲を超えぬ様、まずは特性からどうぞ↓↓
「長いURLですがピンポイントだと思います」

http://www-it.jwes.or.jp/search/usearch.jsp?p_Query=s45c&p_Cond=1&bnrui_no1=7&bnrui_no2=&p_Action=Search&p_DefGrp=D_QA&line_num=10&act=search

Q「デジタル一眼レフ」か「コンパクトデジカメ」か迷っています。

今SONYのサイバーショットを使っていて、少し性能の良いカメラの購入を検討しています。
候補としては、デジタル一眼レフでは「PENTAX K200D」「CANON EOS Kiss X2」、コンパクトデジカメでは「FUJIFILM FINE PIX S2-8100fd」を考えています。
性能的にはデジタル一眼レフが良いことはわかっているのですが、本体が良くてもレンズによいものを使用しなければ性能が発揮されないような気がするので、高倍率ズームで手振れ補正等が付いた、少し価格が高めのデジカメを購入したほうが良いのかなと思っています。
今はネットでいろいろ調べているのですが「撮像素子」がデジタル一眼レフとコンパクトデジカメでは大きさがぜんぜん違うとなっています。
一眼レフはレンズをそろえようと思えば高くつきそうな感じですごく迷っています。
予算としては、8~10万円程度と考えています。
良いアドバイスをお願いできればと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 迷っているうちが一番楽しいですよね。買い物って(^_^)
 コンパクトと一眼レフだと、値段のことは横に置いておいても、悲しいかな。一長一短です。軽くて小さくて、反応速度が速く、いかなる画角にも十分対応でき、ついでに、表現が工夫できる・・・こんなデジカメあったらいいんですけどね(笑)
 「軽くて小さくて」は、もちろん、コンパクトデジカメ側。さらに書くならこっちの利点は、自動モードが豊富な点です。難しいことは何も考えず全部カメラ任せにできます。
 欠点は、レスポンスが基本的に遅いこと。シャッターを押してからワンテンポ遅れて撮影する感じになってしまうのが最大の難点でしょうか。さらに、カメラ任せの絵がつまらないと感じたときに、工夫するのがすごく難しいかできないところですね。

 一眼レフの利点は、早いレスポンスと、容易な操作でマニュアル操作が可能なことです。理屈さえ覚えれば、自分の工夫でいろいろな絵が作れます。後は、投資次第で、ある程度(一般用途では十分すぎるほどの)の画角をレンズ交換で確保することができます。
 最大の欠点は、機材が重く大きくなることです。だんだんと欲が出てものをそろえると、10kg程度の荷物は覚悟してもよいかも・・・現に、カメラバックとして売られているうち、大きなものを見てみるとよいです。ほとんど登山バッグですから(苦笑)
 また、操作によりいろいろな絵作りができるのは、欠点にもなり得ます。要するに、勉強と練習が必要と言うことです。

 さて、どちらを選ぶかはあなたのスタンスでしょう。
 ただ、一眼レフだと「画質が」きれいというのは、この際頭からちょっと消しておいた方がよいです。最近では、コンパクトデジカメでもL版や2L版程度なら、遜色ない画質で撮影できます。
 我が家では、コンパクトデジカメも一眼レフも両方使いますが、写真をL版で印刷した結果からどっちで撮ったかなんて画質では区別できません。表現の面から見て、ああ、この絵はコンパクトの方では作れないなという判別はできますけどね。

 懐具合は、重要な話でしょう。ただ、一眼レフでも最初はキットレンズでもよいではないですか。そのうち、欲が出てから、他のものをそろえていけばよいことだと思います。レンズも欲しいですし、三脚も欲しいし、外付けのストロボも欲しいし、・・・・となったらきりがないのがこの世界です。
 ただ、今は買わないとしても、レンズに自分の使いそうなものが十分にラインナップされているかは確認しておいてくださいね。絶対量として豊富なのは、キヤノン・ニコンあたりが筆頭でしょうか。
 というのも、このあたりの周辺機器(特にレンズ)は、上級機種にカメラ本体を乗り換えたとしても、同じメーカーで買い換えるならほとんどのものは使えますから。(これをメーカーを変えると大変です。ほとんどの機材は使えないと言うことに・・・)

 よい買い物ができるとよいですね。

 迷っているうちが一番楽しいですよね。買い物って(^_^)
 コンパクトと一眼レフだと、値段のことは横に置いておいても、悲しいかな。一長一短です。軽くて小さくて、反応速度が速く、いかなる画角にも十分対応でき、ついでに、表現が工夫できる・・・こんなデジカメあったらいいんですけどね(笑)
 「軽くて小さくて」は、もちろん、コンパクトデジカメ側。さらに書くならこっちの利点は、自動モードが豊富な点です。難しいことは何も考えず全部カメラ任せにできます。
 欠点は、レスポンスが基本的に遅い...続きを読む

Q水冷したS45Cの再加熱について

水冷し、マルテンサイト相にしたS45Cを620℃で再加熱したら、パーライトとフェライト(おそらくフェライトバンド)になっていました。S45Cの変態温度は727℃であるのに、なぜでしょうか?ちなみに真空雰囲気で冷却し、常温になるまで1時間ほどかかりました。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

良い経験をなさいました。固体内の拡散速度を考えることになります。
最初にS45Cをオーステナイト化したときに、均一なオーステナイト相になっていなかったと考えるべきです。事実そうです。それで焼入れしてマルテンサイトを得たときにも炭素濃度には局所的な揺らぎが残っていたのです。この組織を620℃に持ってきたときには、それが極短時間ならば局所的には微細な炭化物とα鉄とに分離したはずです。ところが620℃でかなりの長時間を与えますと、組織の背後にあった炭素濃度の揺らぎが表れてきて、炭素の濃淡が出発材と同じ程度に「見えて」くるのです。厳密にはセメンタイトの形状が少し乱れます。これら処理を繰り返せば「セメンタイトの球状化処理」に繋がります。ご勉強ください。
考えるべき要素は「1、固体内の拡散は遅い」「2、異相界面には表面張力が無視できない」でしょう。

Qコンパクトデジカメと一眼レフデジカメ

今持っているデジカメはコンパクトデジカメでixyの300万画素のものです。液晶も小さいしので新しいものに買い換えようかと考えています。

用途としては普段の生活での撮影、アウトドアでの景色等の撮影を考えています。ixyの1000万画素のものが安くなっているので、そちらに買い換えようかと迷っていたのですが、今持っているコンパクトデジカメだと夕焼けと夜景がきれいに撮れない(夕焼けのオレンジがかなり薄い)のでデジタル一眼にしようかとも考えています。きっと一眼のほうがレンズが大きい分、光量が多くてきれいに写るのかなと。

そこで質問させて頂きたいのが、今のコンパクトデジカメでも夕焼け・夜景が綺麗に写るんでしょうか?それともやっぱりコストが高くなっても一眼を買った方がいいんでしょうか?

アドバイス、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

突き詰めていけば無論コンデジより一眼タイプの方が良いです。
ですが私も回答番号:No.1さん同様、「質問者様がどこまでを求めるか」次第だと思います。

いわゆる「趣味として写真を撮っている(まぁコレもピンキリですが)」ような人が夕焼け写真を極めんとするならコンデジではハナシにならないのも事実ですが、一般的なお話であれば今時のコンデジはかなり良く出来ています。ちゃんと機能を理解して適性な撮り方を行えば殆どの人はコンデジで満足出来ると思いますよ。

>今持っているコンパクトデジカメだと夕焼けと夜景がきれいに撮れない(夕焼けのオレンジがかなり薄い)

夜景は三脚使用が基本。ただし手ぶれ補正機能があって高感度側での画質の荒れを無視出来るなら状況次第で手持ちも可。(これは今も昔も原則的に変わりません)
夕焼けについては単純に露光オーバーの可能性が高いです。露光補正でマイナス側に調整してみて下さい。おそらく質問者様の満足出来る画が撮れる筈です。

参考までにあまりコンパクトでないコンデジw(多分、質問者様所有のものより古いです)で撮った夕焼けの画像を添付しておきます。夕焼け写真としてベストかどうかはさておき、撮り方次第でこの程度は撮れるという例として。

突き詰めていけば無論コンデジより一眼タイプの方が良いです。
ですが私も回答番号:No.1さん同様、「質問者様がどこまでを求めるか」次第だと思います。

いわゆる「趣味として写真を撮っている(まぁコレもピンキリですが)」ような人が夕焼け写真を極めんとするならコンデジではハナシにならないのも事実ですが、一般的なお話であれば今時のコンデジはかなり良く出来ています。ちゃんと機能を理解して適性な撮り方を行えば殆どの人はコンデジで満足出来ると思いますよ。

>今持っているコンパクトデジカ...続きを読む

Qワッシャーの材質について(S45C、SUS304、SUS420J2)

ネットでワッシャーを買おうと思うのですが、材質を下記の中から選べるようになっています。
一番品質が優れている材質はどれでしょうか?

S45C
SUS304
SUS420J2

また、S45Cの表面処理は「四三酸化鉄皮膜」と「無電解ニッケルメッキ」という2種類があるようですが、それぞれ品質や見た目にどのような違いがあるのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

品質はみなほぼ同じです

材質の違いです

炭素鋼で炭素の添加量が0.45質量%の場合は,「S45C」と表記さます
http://www.neji-nakamura.co.jp/mame2.htm

SUS304
SUS420J2
http://mizumoto-mm.co.jp/chain_j/CH01-1_.html


使う用途により使う場所が違うだけです

屋外では
SUS 又は 溶融亜鉛めっき など 腐食に強い物


大きな力が掛かる
SUS420J2 や 高炭素鋼の物

などを選り分けて使うことに成ります

Qデジタルカメラ&カメラレンズで、レンズの性能を左右する「開放F値」にF

デジタルカメラ&カメラレンズで、レンズの性能を左右する「開放F値」にF1.4=√2、F2.8=√8、F5.6=√32 など√ を使用する意味は何でしょうか?。F値=(レンズの焦点距離)/(有効口径)で表わされますが、レンズの面積を√ で、長さのデイメンジョンに合わす為でしょうか?。

Aベストアンサー

先の回答者さんとは別人ですが、追記してみます。

>面積比系列で1/2づつ増減させると、√2系列になる事」何故、√2系列になりますか?。ここの平方根を使う意味、物理的計算根拠を知りたいのですが。

平方根を使うのは、その口径比になる円(レンズ)の面積比(=光量比)を表すためでしょうね。
円の面積はπr^2ですよね。このrに口径比を代入する訳です。
口径が1だとすると3.14x1^2=3.14x1。口径が2になると3.14x2^2=3.14x4。
その比は4倍=2^2倍。つまり、レンズの口径がX倍になると、レンズの面積(光の量)はX^2倍になるという事です。

そのF値で撮影した時にフィルムや撮像素子が受ける光量が、F1.0で撮影した時の何分の一なのかが、√内の数字に表されているとも言えます。つまり、F1.4は、F2.8の8/2倍(4倍)の光量が得られる、という計算です。光量が決まれば、必要なシャッタースピードも決まります。

>例えば面積を1/2にすると 光量は、√2=1.4142分の1になる?。

上記のように、面積が1/2になれば光量も1/2です。面積が1/2になった時に1/√2になるのは、そのレンズの口径(半径or直径)ですね。

先の回答者さんとは別人ですが、追記してみます。

>面積比系列で1/2づつ増減させると、√2系列になる事」何故、√2系列になりますか?。ここの平方根を使う意味、物理的計算根拠を知りたいのですが。

平方根を使うのは、その口径比になる円(レンズ)の面積比(=光量比)を表すためでしょうね。
円の面積はπr^2ですよね。このrに口径比を代入する訳です。
口径が1だとすると3.14x1^2=3.14x1。口径が2になると3.14x2^2=3.14x4。
その比は4倍=2^2倍。つまり、レンズの口径がX倍になると、レンズの面積(光の量)は...続きを読む

QS45CとSC45の違い

S45CとSC45の違いを教えてください。
色、強度等おねがいします。
初心者なので名前が似ていてよく間違えます。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

Sが頭に付くと、スティールで鋼(鉄を成分調整し、指定の強度を持たせたもの)を表し、
次のアルファベットは成分、もしくは、作り方を表します。
S45Cは0.45%の炭素が混入してあるということです。
SCのCは、#1さんの言われる通りキャスト(鋳造)のCです。
ねずみ鋳鉄はFC、ダクタイルはFCDとなり、45はその引っ張り強度を示しています。
1平方ミリで450Nの引っ張り強度があります。(伸びないってことじゃないです。降伏点に達しないってことです)
S45Cは一般的に平鋼や丸棒で売られ、加工します。
SC45は型に流して、自動車の部品など、複雑な形状を必要とするものに使われます。この場合焼きが入ってしまうので、焼きなましして、指定の硬度まで下げて加工できるようにします。

Qデジカメで撮ったデータがデジカメで見れません

よろしくお願いします。

デジカメで普通に写真を撮りました。
一回、デジカメで画像を見ましたがその時は普通に見れました。
そのデータをパソコンにコピーした後から一部の写真がデジカメから見れなくなりました。
データが壊れたのかと思い、SDカードをパソコンに接続したのですが、パソコンからはその写真を見る事ができました。
違うSDカードに画像をコピーし、デジカメに戻したのですが、やはり同じ画像が見れません。

どういう事なのでしょうか?

デジカメはCASIOのEXILIMで最初に使ったSDカードはSONYの8GBでもう一枚のSDカードはTOSHIBAの1GBです。

Aベストアンサー

画像の向きが変わってるとかないですか?

前、同じようにデジカメのSDをPCに読み込ませて画像の向きを変えたら(その時は横向きだった画像を縦に変えました。)その画像だけデジカメで表示しなくなりました。
再度PCで向きを戻したところ表示できましたのでもし思い当たる節がありましたら試してみてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報