当方35歳、妻33歳、10歳の子供がいます。
結婚生活約10年です。

離婚の話が数年ほど前からあって、理由は性格の不一致です。

財産は大きいものは持家(昨年購入ローン有)ぐらいしかありません。
(貯金は妻がほとんど使ってしまったためほぼ0です)
離婚の理由は不一致ですので特別に慰謝料はいらないとは思いますが、
妻は専業主婦ですので困らないようにいくらか渡すつもりはあります。
・家の名義(100%自分です)を変えずに妻と子供に住んでもらい(賃貸料なし)、別に養育費3~5万渡す??
・家を売って折半?(すぐには売れない可能性大)
・相手の名義に変更し、ローンは払うが折半分について妻からお金をもらう??(非現実的)

あまり一度に大きなお金が動くと妻は一時的に所得が増えて税金が増えるんでしょうか?

お互いにあまり損のないようにしたいのですが、何かいい方法はないでしょうか?
財産分与としてどうすればいいのかわからないので教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

財産は持家のみ!の様ですから実質財産は0となる可能性が高いと思います。

実際に家が売れてもローン残高の方が多い事が殆どだと思います。

先ずはローン残高と家を売却する場合の金額(不動産屋に聞けば試算してくれると思います)を確認し、プラス又はマイナスがあった場合には折半する!のが正当なやり方だと思います。

私としては家は旦那さんの物とし、金銭で解決するのが良いと思います。後は旦那さんの温情次第で・・・旦那さんが離婚を望まれたのなら多く払う!奥様が望んだなら金銭的にも自立してもらう!
養育費は別問題なので・・・
    • good
    • 0

財産分与は既にある財産を分けるだけなので課税されません。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q借用書(書き方、金銭受け渡し)について

今回とあることから慰謝料を払うことになり、その際に借用書を書くことになりました。

そこでお知恵をお貸し頂きたいことなのですが

(1)例えば30万の慰謝料を支払う際、借用書に30万円と書くと思うのですが、すでに10万払っている場合も30万と書くのか、それとも残りの20万のみを書くのか

(2)30万の借用書を書き、その後分割で返済する場合(30万の借用書を作り初月10万払った際)にまた新しく20万の借用書を書く(前の借用書は破棄して)のか

(3)相手からは金額、返済期日、住所、名前、印鑑、電話番号を求められましたが、他に書く事はあるのか

(4)払い終わったあと借用書は返してもらうのか、相手が持ったままなのか

借用書、慰謝料についてまったく知識がなく、わからないです
よろしければ知恵をお貸し下さい

Aベストアンサー

この問題は、kakasasa1616さんが、慰謝料が支払うことができないから、被害者からお金を借りるのですか ? まず、それをしっかりして下さい。
借りるのであれば、#2さんの言うとおり「準金銭消費貸借」となり、利息の問題や返済期日の問題が発生します。
それは危ないから止めた方がいいと言っているのが、#3さんですが、例題の文章を「念書」とする考えですが、念書と言うのは一方的に差し出す書面ですから、私は、賛成しません。
ある争いで慰謝料を支払うことで合意したのですから、書面のタイトルは「和解書」です。
そして、
1、どのような争いがあったか。
2、それに対してどのような話し合いが成立したか。
3、それによって、だれが誰にどれだけの金銭を支払うか。
4、期限と支払い方法は。
5、失権約款は。(もし不履行の場合の処置)
6、履行の完了時における、債権債務のないことの確認
等々を、作成日は今日でもいいですが、争いのあった日、和解が成立した日等々は遡って記載します。
そうすれば、おのずから、#3さんの補足欄のお答えがわかると思います。
(3、によって総額30万円と記載します。10万円支払った日も同項に記載します。)

この問題は、kakasasa1616さんが、慰謝料が支払うことができないから、被害者からお金を借りるのですか ? まず、それをしっかりして下さい。
借りるのであれば、#2さんの言うとおり「準金銭消費貸借」となり、利息の問題や返済期日の問題が発生します。
それは危ないから止めた方がいいと言っているのが、#3さんですが、例題の文章を「念書」とする考えですが、念書と言うのは一方的に差し出す書面ですから、私は、賛成しません。
ある争いで慰謝料を支払うことで合意したのですから、書面のタイトルは「和解書」...続きを読む

Q離婚時に財産分与してもらった夫名義の自宅を、所有権移転手続きを済ませ、妻名義にしました。

住宅ローンは夫名義で、妻が連帯保証人です。

そのまま妻が、夫名義の口座に振込み続けるつもりですが、
万が一銀行にバレて、一括請求された場合、
連帯保証人の妻は「個人再生」はできるのでしょうか?

Aベストアンサー

個人版の民事再生は、住宅ローン返済と住宅を残しつつ、その他の債務を整理するという手法ですので、質問のケースでは、質問者が主債務となる住宅ローンが無い点が要件外となります。

ローン銀行から見れば、ローン契約条項違反(無断での担保物件名義変更)だけを理由に夫に対する期限の利益の喪失(ローン一括返済要求)→当然不履行→担保物件差押→競売と進めば質問者の民事再生に関係なく、自宅の担保処分が可能になります。

自宅を担保処分された後の残債務への連帯保証債務について、質問者が債務整理をするというのは可能ですが、「自宅を確保する」という余地・可能性はありません。或いは質問者が独自で住宅ローンを負っていて、負担した連帯所掌債務を整理するというケースでは検討可能です。

銀行側が名義変更に気付かない(夫は届け出住所を変更できない・ローン返済を遅らせない・気付いても放置してくれる)、という可能性に賭けるしかなさそうです。(銀行も手間隙掛けるよりは約定返済の継続を望みます)ローンの担保付の自宅は資産では無かった(或いはローン残高以上の価値部分だけが財産だった)、と理解すべきだったという話です。

個人版の民事再生は、住宅ローン返済と住宅を残しつつ、その他の債務を整理するという手法ですので、質問のケースでは、質問者が主債務となる住宅ローンが無い点が要件外となります。

ローン銀行から見れば、ローン契約条項違反(無断での担保物件名義変更)だけを理由に夫に対する期限の利益の喪失(ローン一括返済要求)→当然不履行→担保物件差押→競売と進めば質問者の民事再生に関係なく、自宅の担保処分が可能になります。

自宅を担保処分された後の残債務への連帯保証債務について、質問者が債務整理を...続きを読む

Q金銭のトラブルを借用書としていいのか?

お世話になります。
質問させてください。

お金の貸し借りではない金銭のトラブルがありまして、これを借用書(金銭消費貸借契約書)として一本化したいと思います。これは可能なのでしょうか?つまり、後に争いになった場合に、お金を貸したわけではないのにスジが通るのでしょうか?
その金銭トラブルのみを上手に文言にできないため困っております。

お願いいたします。

Aベストアンサー

実務上は、「金銭準消費貸借契約書」あるいは「債務弁済契約書」という形式で契約書を巻きなおすことがありますので参考まで。

http://tohyama.gyosei.or.jp/kinsen/jun.html

Q後見人の付いた夫がいます。妻名義の財産を売却できるか

認知症のため裁判所が認定した後見人付きの夫がいます。私はその妻ですが、以前、私=妻が、妻の実家の遺産相続で得たお金で取得した妻名義の土地家屋があります。
妻が、その妻名義の土地家屋を売却する場合、夫の後見人がこれに異議を唱えたり、チェックする権限がありますか?
あくまでも夫が認知症になる10年前に、妻名義で取得した土地家屋です。

Aベストアンサー

名義人が、相談者さんですから、御主人の後見人が言う権利はありません。

簡単に言ったら、他人の財産処分に文句を言う感じですね。

御主人の後見人が、奥さん名義の財産処分に異議申し立てをしたら、越権行為になります。

Q死亡した父親(債権者)の金銭借用書

死亡した父親(債権者)の金銭借用書(相続済み)で、連帯保証人に支払督促を提起しました。(債務者が返済をやめて音信不通の為)ところが、連帯保証人は身に覚えがないと裁判を起こしてきました。保証債務の意思確認は調べようが無いと思うのですが、連帯保証人の証言がそのままとおるのでしょうか。又、連帯保証人の住所・名前・認印も書かれているのですが、本人では無い事をどのように立証してくるのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

>連帯保証人の住所・名前・認印も書かれているのですが、本人では無い事をどのように立証してくるのでしょうか。

 御相談者は、金銭借用書を書証としているが、相手方は、金銭借用書の成立の真正(相手方がその文書「連帯保証契約の部分」の作成者であること)を否認(住所氏名を書いたこともないし、認め印も押していない。その認め印も自分のものでもない。)していますよね。
 ですから、御相談者は、金銭借用書の成立が真正であることを証明しなければなりません。相手方が、文書の成立が不真正であることを証明する必要はありません。
 もっとも、本人の署名又は押印があるときは、真正に成立したものと推定するという規定はありますが、その規定が適用されるには、本人の意思に基づいて署名又は押印したことを証明する必要があります。証明する手立てとしては、署名の筆跡鑑定をするか、あるいは、認め印が本人のものであることを証明して、本人の意思で押印されたことを推定させるしかありませんが、かなり困難な立証活動になります。
 このようなことがあるので、実印を押させて、印鑑証明書をもらっておかなかったことが悔やまれます。

民事訴訟法
 (文書の成立)
第二百二十八条  文書は、その成立が真正であることを証明しなければならない。
2  文書は、その方式及び趣旨により公務員が職務上作成したものと認めるべきときは、真正に成立した公文書と推定する。
3  公文書の成立の真否について疑いがあるときは、裁判所は、職権で、当該官庁又は公署に照会をすることができる。
4  私文書は、本人又はその代理人の署名又は押印があるときは、真正に成立したものと推定する。
5  第二項及び第三項の規定は、外国の官庁又は公署の作成に係るものと認めるべき文書について準用する。

>連帯保証人の住所・名前・認印も書かれているのですが、本人では無い事をどのように立証してくるのでしょうか。

 御相談者は、金銭借用書を書証としているが、相手方は、金銭借用書の成立の真正(相手方がその文書「連帯保証契約の部分」の作成者であること)を否認(住所氏名を書いたこともないし、認め印も押していない。その認め印も自分のものでもない。)していますよね。
 ですから、御相談者は、金銭借用書の成立が真正であることを証明しなければなりません。相手方が、文書の成立が不真正であることを証...続きを読む

Q不在者財産管理人を辞任or辞任せず財産を渡す方法

十数年前に母が急逝した際、母の生命保険金の受取人が離婚した父のままになっており、父は離婚の数年後から行方不明だったので私が不在者財産管理人を務めていましたが、このたび家庭裁判所より父の所在が分かったと連絡がありました。

父に保険金を渡さなければならないのですが、父は犯罪歴があり、父と接触すれば私の生活や将来が脅かされる可能性があるので悩んでいます。私の名前(結婚してからの姓)や住所を知られずにお金を渡す方法はないでしょうか。家裁からは「管理人としての業務遂行が難しいのなら辞任届の提出を。」ということでした。

行方不明期間が長期だったので母の他界時に父の失踪宣告をすることもできたのですが、伯父(父の兄)が父が生きているのを望んでいるような言動があったので伯父を刺激したくなくて失踪宣告はしていませんでした。しかし伯父達の本音は違っていたようで、今回父が生きているのを知って悲嘆しており、保険金の受け渡しを頼んでみましたが断られました(父の口座番号を聞くことは、頼めばやってくれるかもしれません)

1)私が管理人を辞任した場合、新たな管理人が選任されるとのことなのですが、どのような人が候補になりますか?子供は私一人、父は再婚しておらず、父の兄が二人(高齢)います。もし父の兄達が候補になって引受けなかった場合どうなりますか。

2)新たな財産管理人になった人は、業務としては早速財産の受け渡しをするということになりますか?また、それで終了ですか(家裁への報告等はあると思いますが)

3)私が管理人を辞任せず、弁護士さんに依頼して、私の姓や住所を伏せて父にお金を受け渡してもらうことは可能ですか?その場合、弁護士費用(相場)はどれくらいかかりますか?管理してきた保険金は1千万弱です。

4)財産管理人は管理期間に応じて報酬付与の申立てができますが、管理した財産が1千万弱で期間が12~13年とすると、報酬はどれくらいの金額になりますか。報酬を受取るデメリットはありますか(報酬不要とすることもできるとのことですが)

1~4のどれか部分的な回答でも構いません。何かアドバイスありましたら宜しくお願い致します。

十数年前に母が急逝した際、母の生命保険金の受取人が離婚した父のままになっており、父は離婚の数年後から行方不明だったので私が不在者財産管理人を務めていましたが、このたび家庭裁判所より父の所在が分かったと連絡がありました。

父に保険金を渡さなければならないのですが、父は犯罪歴があり、父と接触すれば私の生活や将来が脅かされる可能性があるので悩んでいます。私の名前(結婚してからの姓)や住所を知られずにお金を渡す方法はないでしょうか。家裁からは「管理人としての業務遂行が難しいのなら...続きを読む

Aベストアンサー

 不在者は、家庭裁判所の保管している不在者財産管理人選任事件の記録を閲覧できますから、不在者財産管理人の住所氏名を知られることは仕方ないことです。仮に弁護士を選任したとしても、弁護士は、不在者財産管理人だれそれの代理人として動きますので、本人(弁護士を依頼した者)の名前が出ることは避けられません。

 不在者財産管理人には、近年では、弁護士または司法書士が選任されることが多く、親族の管理人は少なくなっていると聞いています。

 ただ、不在者の所在が判明して自ら財産を管理することが可能となった場合にまで、家庭裁判所が辞任を認めて、新たな不在者財産管理人を選任するかは疑問があります。不在者が不在者でなくなった以上、不在者管理人を選任する要件が欠けていると思われるからです。

 仮に新たな管理人が選任されれば、その管理人の職務は、管理財産を不在者に引き継いでおしまいになります。管理すべき財産がなければ、管理人を置く意味がありません。

 報酬金額は予測がつきません。裁判所ごとに何らかの基準を持っていると思われますが、公開されていないようですし、裁判所の裁量幅も大きいと思われますので、なんとも言えません。

 不在者は、家庭裁判所の保管している不在者財産管理人選任事件の記録を閲覧できますから、不在者財産管理人の住所氏名を知られることは仕方ないことです。仮に弁護士を選任したとしても、弁護士は、不在者財産管理人だれそれの代理人として動きますので、本人(弁護士を依頼した者)の名前が出ることは避けられません。

 不在者財産管理人には、近年では、弁護士または司法書士が選任されることが多く、親族の管理人は少なくなっていると聞いています。

 ただ、不在者の所在が判明して自ら財産を管理するこ...続きを読む

Q借用書がない個人間の金銭貸借

友人が、友達に何百万単位でお金を貸しているようです。
借用書などは作ってないので証拠がないと悩んでいます。
ネット銀行から振込んでいますから、振込明細だけはあるそうですが、借りた友達が貰ったんだと言い張れば返してもらえないだろうと心配しています。借用書を作りたいと言っても無視されて作ってくれないようです。仕事はきちんとしていますので収入は普通にある友達だそうです。

やはり、借用書がない貸借は泣き寝入りするしかないのでしょうか?
友人の力になりたいですので、ご回答の方よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

金銭の授受に対して、その友達との間に、物の購入や、物品の引渡しが無ければ、相手の友達との間に、金銭の受け渡しが行われる正当な理由は無いですよね。

それに、その友達が、貰ったと主張しても、渡した本人に贈与する意思が存在しなければ、その友達の主張は通らないと思います。

ただ、その友達が、贈与された事として、税務署に申告された場合が一番困ります。

公の機関に申告されたら、それが既成事実になってしまいます。

早めに、弁護士に相談される事を勧めます。

Q亡父名義の財産を会社名義にしたい

有限会社を経営していますが、父が亡くなったので、この際土地を会社名義にしたいと考えています。
その方法ですが、一番安い方法でしたいです。いったん私名義に相続登記をしてから、出資を原因として移転登記を考えましたが、よい方法がありましたらご教示頂ければありがたいのですが。

Aベストアンサー

現物出資には、売却した扱いで譲渡所得税がかかるはず。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3117.htm

会社法施行により、「有限会社」という制度は廃止になり、商号はそのままで株式会社になっています。

お父さんが亡くなった時点で相続はされていますし、中間省略登記はできなくなりましたから、順番に登記していくしかありません。

Q金銭の借用書

ちょっと質問なのですが、借用書や金銭消費貸借契約書には収入印紙が必要になりますでしょうか?
収入印紙が無くても保証人、借りた人、金額。保証人と借りた人の住所が書いてあれば例え払えなくなった場合、弁護士を通せばなんとか返してもらえる証拠となりますでしょうか?
解る方教えて下さい。

Aベストアンサー

まず、「日付」「金額」「当事者の住所・名前」は必ず入れてください。

あと、「現金を貸す契約をした」という文面も当然ですが、「現金を渡した」という文面(実際にその場で現金を渡す)は欲しいです。(契約だけして現金をもらってない・・・と揉めることが時としてあります)

また、利息は利息制限法を守ってください。そして契約書には明記してください。

あと、「債権管理上、必要な際は住民票・戸籍謄本・戸籍の附表等を取得することを認める」という条項を盛り込むと、いざとなったら便利です。


もし、余裕があるのなら、日本法令という会社が既製品で作っています。
大きい文具店のほか、ファミリーマートのファミポートでも手に入れられるようです。

尚、♯1さん、♯2さんのおっしゃるとおり、借用証書に収入印紙を貼らなくても契約には影響はありません。
(税務署から過怠税を徴収される可能性がありますが・・・)

もし、ご心配なら公証人役場で公正証書にされてはいかがでしょうか。
強制執行認諾条項を入れたら、もし不払いになったらすぐ差し押さえができます。


最後に、私は以前、消費者金融の債権回収をしていましたが、弁護士は債権回収に限ってですが、あまり当てになりません。
地道な回収作業が実を結びます。
意外と自分自身で勉強して、債務者や簡裁(もしくは地裁)を往復したほうが回収できる場合が多いですよ。

まず、「日付」「金額」「当事者の住所・名前」は必ず入れてください。

あと、「現金を貸す契約をした」という文面も当然ですが、「現金を渡した」という文面(実際にその場で現金を渡す)は欲しいです。(契約だけして現金をもらってない・・・と揉めることが時としてあります)

また、利息は利息制限法を守ってください。そして契約書には明記してください。

あと、「債権管理上、必要な際は住民票・戸籍謄本・戸籍の附表等を取得することを認める」という条項を盛り込むと、いざとなったら便利です。
...続きを読む

Q不動産の財産分与 一人名義から名義分け 婚前前の貯金

結婚10年目、共働きで、子供は無し。
取り敢えず、判を押さずに今週末から別居を始める予定です。
問題は、家(ローン残1400万、売却してもチャラになるか、マイナスになるか) 名義は夫。購入時3580万+諸経費(8年前購入)
購入時の頭金、及ローン返済中の繰上げ返済の内入れ金約1400万は、私の婚前の貯金から出ています。別れるつもりが無かったので、出してしまいました。
貯金額 150万くらい。車が各名義のが1台づつ、
家を貰ったとしても、貯金全額貰わないとローンの支払いや家が維持できないし、家は夫が住みたいと言っている。多分後から夫の親も同居するでしょう。そうなると私も面白くない!!!
アパート借りても、貯金150万だけでは、悔しいし・・・
1400万払った分を返してと、(お金がない)夫に言ったら、これ以上事を荒たげたいのか。と逆ギレしています。
公正証書など書いても、後で払ってもらえないのでは意味がないので、不動産を名義分けして自分の持分を多くしたいのですが、この場合、デメリット・メリットを教えて頂きたい。
協議書作成(行政書士・弁護士?)→離婚→登記
ローンが残っているので、登記できますか?割合は?
夫の方は、税金がどのくらい加算されるでしょうか?税金負担して上げないと納得してくれないと思うので・・・

結婚10年目、共働きで、子供は無し。
取り敢えず、判を押さずに今週末から別居を始める予定です。
問題は、家(ローン残1400万、売却してもチャラになるか、マイナスになるか) 名義は夫。購入時3580万+諸経費(8年前購入)
購入時の頭金、及ローン返済中の繰上げ返済の内入れ金約1400万は、私の婚前の貯金から出ています。別れるつもりが無かったので、出してしまいました。
貯金額 150万くらい。車が各名義のが1台づつ、
家を貰ったとしても、貯金全額貰わないとローンの支払いや家が維持で...続きを読む

Aベストアンサー

1.前提条件の想定
当初購入金額 3600+諸経費300=3900万円
ローン3200+頭金500+諸経費200=3900万円(内500負担)
3200―ローン元本毎月返済400+内入1400=残債1400万円(内1400負担)
という条件とします。

2.本来あるべき登記
購入時点:夫負担(3200+200):妻負担500=34:5=7:1
(若干の誤差を無視すれば持ち分の1/8を妻の持ち分とするべきであった)

3.内入1400万円を持ち分の購入と考えると、
夫負担(3200+200-1400):妻負担(500+1400)=2000:1900=1:1
(誤差は約定元本返済分400万の内妻の寄与50万円とすれば、持ち分各1/2)
1/2 -1/8=3/8、持ち分の8分の3を内入時点で売買により妻が購入したと考えることは無理はあるが何とか可能。
都合1900万円の負担でマンションの50%の権利を得たが、時価の下落で価値は700万円になった。(ローン同額の1400万円の50%)→物件の下落の負担をどちらに持たせるかの立場によってこの結論はブレます。価値下落後に妻が買ったとすれば全額名義移転の結論も出る。

4.今後の対応案(実現度合いは?)
(1)離婚による財産分与でマンションの50%の持ち分移転を求める。名義移転にかかる登録免許税、不動産取得税約30万円は生じる又、持ち分を得れば今後固定資産税の負担も均等割りが原則になる。ローン付の担保物件については先の回答の通り完済までは資産としての意味合いが無い点と離婚した元夫婦で共有を続ける意味合いが不明だが、銀行に報告しなくても登記名義の移転は可能。その上で物件を市場に出したと仮定して家賃相場の半額(50%持ち分が根拠)を毎月夫なり夫の両親から受け取る。

(2)ローン付のマンションには価値が無いものと割り切って、上記の手間隙をかけるよりは、家賃相当額の50%を毎月慰謝料・貸付金の返済名目で貰うような協議と契約内容にした方が簡単ではないか、という気がします。150万円の帰属はこれとは別に協議してください。

1.前提条件の想定
当初購入金額 3600+諸経費300=3900万円
ローン3200+頭金500+諸経費200=3900万円(内500負担)
3200―ローン元本毎月返済400+内入1400=残債1400万円(内1400負担)
という条件とします。

2.本来あるべき登記
購入時点:夫負担(3200+200):妻負担500=34:5=7:1
(若干の誤差を無視すれば持ち分の1/8を妻の持ち分とするべきであった)

3.内入1400万円を持ち分の購入と考えると、
夫負担(3200+200-1400):妻負担(500+1400)=2000:1900=1:1
(誤差...続きを読む


人気Q&Aランキング