4月に高専に入学した者です。

なぜ人種差別は起こるのでしょうか?

平和を望む時代になっても、なぜ人種差別をする人がいるのでしょか?

潜在的に差別意識があったとしても、なぜそれを態度や言動、行動にあらわすのでしょう?

少なからず、私にも潜在的な差別意識はあります。

しかし、それを態度や言動、行動にあらわしてはいけないと思います。

皆さんは人種差別についてどう考えますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

人種差別する事によりメリットがあるからです。



考え付くものとしては
*差別する側
 立場が上という自尊心 (自尊心を原資とした成功をあなどってはいけません)
 差別する側だけを相手にした商売の可能性
 人の不幸は蜜の味

*差別される側
 被害者として一定の権利を得る (発展して逆差別などという状況もうまれます)
 差別される側だけを相手にした商売の可能性


> しかし、それを態度や言動、行動にあらわしてはいけないと思います。
態度や行動にあらわすのか、あらわさないのかそれはその人それぞれの損得勘定や生き方の問題になりますでしょう。
大方の日本人はあらわさない方が良しと考えていると思いますよ。

でも差別でメシを食っている方もいますからね。無くなる事はないでしょう。
    • good
    • 0

まず、人間というものは普通何かの集団に所属することを必要とします。


いかなる民族にも「家族」というものがあるように。
そして誰でもどれかの人種には所属します。例えば私は日本人・アジア人です。
どれかの人種に所属するということは、
必然的に他の人種は「自分たち以外」に所属することになります。
ここで往々にして「自分たち=味方」「自分たち以外=敵」となります。
ここで人種差別が起きるのだと思います。


>少なからず、私にも潜在的な差別意識はあります。

>しかし、それを態度や言動、行動にあらわしてはいけないと思います。

仰る通りです。私にも潜在的な差別意識がないとは言えません。
人間が人間である限り、それは無くせないのかも知れません。
だからと言って差別意識に従っていいわけではありません。
差別意識や差別に基づく社会規範に従った結果が
ナチスによるユダヤ人大虐殺であり、アメリカにおける黒人貧困層の増大であり、
日本における関東大震災での朝鮮人虐殺なのですから。

現在の日本には朝鮮人や中国人に対する差別意識がうごめいています。
落書き同然の本もどき「嫌○流」やどこかの巨大掲示板が発端でしょう。
自分の中や外にある差別意識を乗り越えて生きようとすれば
「朝鮮人の味方か」「サヨク」などという嘲笑がたちどころに聞こえて来ます。
ですが、あなたの中に「それを態度や言動、行動にあらわしてはいけないと思います」
という理性が生きているなら、どうかその理性に従って生きて頂きたいです。
私自身もそうありたいと思います。それはきれいごとではなく、
この時代を生きる人間が滅ぶことなく生き延びるためなのですから。
    • good
    • 0

NO.2です訂正です。


×あげるのは、
○あげないのは、
    • good
    • 0

人種差別ってどういうことでしょう?


同じ国籍であって人種が差別されるのはいけないことだと思います。
国籍のない永住外国人との間に差別は少なからずあって当然と私は思います。

たとえば、国籍のない人に参政権をあげるのは差別とは言わないと思います。
日本の国政に参加したい人は、日本人になるべきだと思います。
    • good
    • 0

人種差別を受けている自分で意識しているからだめなのです。

ひとりひとりが、人種差別を受けていない、また人種差別はしないという意識をもって行動することが必要なのです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q白人はどうして黒人を差別するのでしょうか?

アメリカで黒人が白人に差別されたと
デモや暴動が起きているそうです。

どうして白人は黒人を差別するのでしょうか?

日本では、ボビーオロゴンやビリー隊長とか
大人気だし。野球でも黒人が大人気なのに
どうして差別されちゃうのでしょうか?

私にはどうしても分からないのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 まずアメリカは国土が広大で地方分権も進んでいるので地方によって人々の考え方が大きく異なり、アメリカと一口に言っても州や地方によって差別の現状は大きく異なる事と、アメリカにおける人種差別をもって白人全ての人種差別を語る事はできない事を申しあげておきます(北部ヨーロッパやイベリア半島では人種差別差別はまた違う様相を呈しています)。
 それとビリー・ブロンクスは大学教育を経て社会的に成功している黒人で、ボビー・オロゴンはナイジェリアの富裕層の出身です。一般的に差別を受ける黒人系アメリカ人とはその立ち位置は大きく違います。
 アメリカでの黒人差別は様々な要素が複合的に絡まりあって成立しています。差別の原因となっている要素を幾つか列挙してみます。

・歴史的経緯
かつて白人は黒人をアフリカ大陸から連れ出し(多くの場合、奴隷化したのは現地のアフリカ人達なのですがややこしくなるので割愛します)奴隷として過酷な労働条件で使役してきました。これを根源的な原因として加害者だった自分達白人を黒人は憎悪しているのではないかと考え、それ故に黒人との共存や黒人の社会進出を苦々しく思う白人は常に一定数存在します。

・社会階層的経緯
多くの黒人系アメリカ人は依然として貧困層であり充分な社会進出を行えていません。白人全体における犯罪経験者の割合と黒人のそれを比べるのであれば前者が明らかに高い数値を示すでしょう。その黒人は非文化的で危険であるというイメージが一部のメディアによって増幅され、それに強く感化されてしまう白人が人種差別に走り、さらにそれがイメージに輪をかけるといった悪循環がアメリカ社会には存在します。

・文化的経緯
同じかつての黒人奴隷を導入した国でも南米などでは人種の混合が進み、人種差別などそもそもどれを差別すれば良いのか解らない程複雑になっている国もあり、これらの国では当然人種差別は殆どありません。
 これとは違いアメリカでは人種・文化の混合が行われませんでした。原因については不勉強なのでなんともいえませんが(カルバン主義やアングロサクソンの島国根性が関わっているのかもしれません)、一部の白人にとって黒人が“同じアメリカ人”では無く“国内に居住するよそもの”的な存在になってしまった事は否めません。

 まずアメリカは国土が広大で地方分権も進んでいるので地方によって人々の考え方が大きく異なり、アメリカと一口に言っても州や地方によって差別の現状は大きく異なる事と、アメリカにおける人種差別をもって白人全ての人種差別を語る事はできない事を申しあげておきます(北部ヨーロッパやイベリア半島では人種差別差別はまた違う様相を呈しています)。
 それとビリー・ブロンクスは大学教育を経て社会的に成功している黒人で、ボビー・オロゴンはナイジェリアの富裕層の出身です。一般的に差別を受ける黒人...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報