USBから繋いで、いざ声を録音すると音がこもります。
OSはVistaです

使用した機材です。
ローランドua-4fx オーディオキャプチャー
XM8500 ダイナミックマイク
Audacity 録音用フリーソフト

他のイヤホンマイクをつかった場合音はクリアに聞こえました。
ローランドua-4fxの設定がもしかしたら悪いのかもしれません。
考えられる可能性の改善方法を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

実際に音がこもってるかどうかはさておいて…ですが、



XM8500は、イヤホンマイクのような小型コンデンサマイクに比べれば、高域はほどほどの高さしか録れず、中域の音圧が高く録れますので、単純な比較では高域が詰まって録れたように思うのはわかります。

逆に小型コンデンサマイクは、多くの場合低域から中域の音圧が低めなので、確かにパッと聞きで「カリッ」「シャキッ」とした音には聞こえますが、これが(そんな使い方する人は居ませんが(^^ゞ)ライブステージの大口径スピーカを通して聞いたら、高域ばかりジャリジャリしてまるで存在感のない音になります。

XM8500は、本来的にはライブステージ用のマイクですから、そういう差はあります。これは人によって異論は有るかもしれませんが、ライブ用やレコーディング用機器をわく扱っている立場では、イヤホンマイクよりXM8500の音の方が遙かに正確ではあるんですけどね。

XM8500の場合、あんまりマイクに口を近づけて歌うと、「ダイナミックマイクの近接効果」と言う奴で、実際より低域が大きく強調されます。特に、マイクを手に持っていわゆる「ヘッドのネギボウズ」に指をかけるて歌うと、音のヌケが悪くなります。一部のアーティストのマネをしてネギボウズを握り込むなど最悪です(プロアーティストは、そういう歌い方でも問題ないマイクを使うか、専門家が前もってチューニングしてあります)。
なので、ちゃんとマイクスタンドに固定して、マイクヘッドから握りこぶし2つ分くらい口元を離して歌えば、その手の要因はかなり軽減されます。その分やや録音レベルが下がりますが、そこはマイクボリュームで上手く調整を。

マイクケーブルは、両端ともXLR端子の物を使って、UA-4FXの側面のXLRマイク入力端子に繋いで居られますね?
もし、XLR-フォンKのケーブルで、UA-4FX前面のGUITER/MIC端子に繋いでいたら、結構音はこもります。

それでも前述の通り、イヤホンマイクに比べれば(その方が音としては正確だけど…イヤホンマイクは電話会話の発音の明瞭さのみを追求した性能なので、不必要なまでに高域が強調されているので)高域は弱いですから、最初はUA-4FX側のエフェクトは使わず、レベルだけなるべく大きめに録って、Audacityのイコライザでちょっと高域を強調気味に、また400~800Hzあたりを少し下げ気味にして調整してみて下さい。
Audacity等を使う場合は、録音後の調整はある程度は必須です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QベリンガーXM8500より音質の良いマイク(録音)

今ベリンガーのXM8500を使っています。録音した際こもりがありもっと良いマイクを使いたくてコンデンサーマイクが気になっているのですが、7000以内でクリアでXM8500よりも良いマイクは無いでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして♪

端的にマイクをコンデンサータイプに変えたい、というのであれば、べリンガーやサムソン、JTSなどに安価なコンデンサータイプでボーカル用も存在します。

しかし、ご予算の範囲で音の傾向が変わることは確実ですが、サウンドクオリティーと言う面では、たいして違わないと考えてもよいでしょう。

そもそもXM8500は価格に似合わないくらいの実力があります。
下手に同じダイナミックマイクでも今回のご予算の範囲では、声質や声量、使う目的や狙うサウンド方向ではけっこう方位に入ってくるマイクですね。

元々は何万円もしていたシュアのSM58を模したマイクで、よくもまぁ、この価格でオリジナルの特徴を把握してサウンドを仕上げた製品が出来たものだ、と感心するくらいです。
(SM58は現在メキシコ生産で安価に成りましたが、本国アメリカ国内生産の頃は4万くらいもしたマイクです。)

私はXM8500は所有していませんが、下位のXM1800S(3本セット)を2セット所有しています。
音の抜けは安物なりに良くは在りません。
でも使い方をちょいと工夫すれば、安定した良い音を得ることが出来ます。
実際に、アコギの弾き語りコンサートで、声もギターもこのマイクでPAと録音をしたことがあります。
(その地域の人で、音楽が好きな人はその現場を「○○町内会のウッドストック会場」といまだに言い出す始末、笑)

私としては、リハーサルなし、出演人数も知らされていなかったので、ちょっと苦労しましたが、、

さて、この手のボーカル用マイクは、そのほとんどが1966に販売開始されたSM58を参考にしています。あくまで「ステージボーカル用」のため、それ以外の利用では多少音を調整してあげるのが結果的には良いようですし、私の場合も出てくる音を聞きながら微調整しています。

パソコン録音の場合は、後から編集ソフトでかなり変えることも出来ますし、PA兼用の現場はPAから出る音だけで調整するため、録音後の音源は結構大胆にいじっています。

ユーチューブ等でXM8500を利用している例を見聞きしていますが、音が「こもっている」というケースはほとんど在りません、むしろイコライジングとかマイクの扱いが悪いなどで、もともとボリューミーな中低域が強めに出ているということはよく遭遇します。下手なイコライジングでこのアンバランスを高域強調させて対処しちゃっている例もあります。

ステージではいろいろな音が氾濫していて、その中で存在感を得るために中低域を豊かなサウンドに、子音の発声が聞き取りやすいように高域側を強めにしていながら、サシスセソ等の炸裂音が耳障りに成らない様に一部帯域だけ押さえ込んであります。
また、マイクを口元に近付けると低域が強調されます(近接効果)

これらの基本を知らずに、低域が強いからと高域を強調していくと、結果的に最も重要な中音域が隠れてしまい、もっとも良くない補正に陥る場合があります。
わりと、そういう結果でアップしちゃっている人も居ますが、そのうち気付いて正しい使い方が出来るようになるといいですけれどねぇ。

ボーカルタイプのコンデンサータイプの場合は、あまり口を近付けると音が破綻しちゃうので、ちょっと離して使うことになりますし、そのため多くはダイナミックマイクより音の補正が最初から弱く、比較的フラットなサウンド傾向が特徴です。
設備が整ったスタジオ用マイクなどのサイドアドレス型はそのほとんどが直接ボーカル用には出来ず、ポップガードを必要とします、逆に言えばそれだけ繊細で高感度なんですが、その分、取り扱いが乱暴だと壊れやすいともいえます。

エレクトレットコンデンサー型ではなく、DCバイアスのコンデンサー型ですと1万以下は基本的にローエンド製品とすらいえます。あまり過度な期待はしないほうが良いのですが、ダイナミックマイクとコンデンサータイプでは音の作りこむ方向性や近接効果の有無とか、そのほかにもいろいろ基本的に違う傾向があるのは間違いありません。

ご予算オーバーですが、オーディオテクニカのAT2010は一応コンデンサーマイクとして利用できる、中身は良質なエレクトレットコンデンサー型なので取り扱いや保管も多少楽なのですけれど、、、なにぶんご予算が、、、
(サイドアドレスタイプではなく、ハンドヘルドタイプなのでポップガードは無くても良い。)

私個人としてはXM8500をもっと追求して使いこなす、あるいはご予算の範囲で音の方向性が多少違うダイナミックマイクも利用してみる、とい方向をご提案したいところです。

はじめまして♪

端的にマイクをコンデンサータイプに変えたい、というのであれば、べリンガーやサムソン、JTSなどに安価なコンデンサータイプでボーカル用も存在します。

しかし、ご予算の範囲で音の傾向が変わることは確実ですが、サウンドクオリティーと言う面では、たいして違わないと考えてもよいでしょう。

そもそもXM8500は価格に似合わないくらいの実力があります。
下手に同じダイナミックマイクでも今回のご予算の範囲では、声質や声量、使う目的や狙うサウンド方向ではけっこう方位に入ってくるマイク...続きを読む

QPCの内蔵スピーカーから出る音が、リバーブが掛ったようにこもる。

古い外付けのマイクの端子をPCにさして、自分の音声を
録音、確認していたら、外しても、急にPC本体の内蔵
スピーカーの音も「こもる」様になりました。音は出ます。

多分、「Realtek」という物が出てたからだと思います。
これが絡んでいるのだと思います。
何を調整しても、元のPC本体からのクリアな音が出ません。
この様な場合、どうしたら良いでしょうか?

バージョンはWin 8.1です。

Aベストアンサー

>多分、「Realtek」という物が出てたからだと思います。
サウンドエフェクトの設定でしょうか
http://www.fmworld.net/cs/azbyclub/qanavi/jsp/qacontents.jsp?PID=0008-4462


人気Q&Aランキング

おすすめ情報