「我」の対義語を教えて下さい。

「私」「俺」「僕」等は貴族、高位の者が遣う自称語です。

相手の尊称には、「貴様」「お前」「手前」「帥」「そなた」
君主に対しては、「君」等があります。

我の対義語を、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

対義語」に関するQ&A: 青年の対義語について

A 回答 (3件)

手持ちの反対語辞典では


「我」⇔「彼」
となっています。

この回答への補足

 

補足日時:2009/05/24 13:56
    • good
    • 2



「彼我」(ひが)という言葉があります。
http://dictionary.yomiuri.co.jp/search/index.asp …
    • good
    • 2

この回答への補足

汝は尊敬を込めた敬語の部類に入ります。
我と同じ最も下等な相手の呼び方を教えて下さい。

(但し、尊称はダメです。)

補足日時:2009/05/22 23:02
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

対義語」に関するQ&A: 理性の対義語は?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【戦争の対義語が平和ではないことに気付いてしまった人類】 戦争の対義語が平和と習うが、戦争が無くな

【戦争の対義語が平和ではないことに気付いてしまった人類】

戦争の対義語が平和と習うが、戦争が無くなれば本当に平和になるのかというと平和にはならないでまた別の問題で争っていることだろう。

平和の対義語で該当するのは個人の喧嘩くらいだろう。

喧嘩が無ければ平和。

個人的には。

平和でなければ戦争なのかと言えばそうでもない。

なんだ?

戦争の対義語は平和と洗脳された学校教育は何だったんだろう。

今は戦争を無くすために戦争をしている。

戦争の対義語って何だと思いますか?

平和の対義語は?

Aベストアンサー

最近よくいわれるのは「戦争」の反対は「奴隷」か「皆殺し」。
某国がせめてきたとき、戦争をして自分たちを守るか、なにもしないで
奴隷になったり、皆殺しにされるか・・・ということ。

さて、平和の反対はなんでしょうね

Q「復讐するは我にあり」と「復讐するは我なり」の違い

「復讐するは我にあり」という本がありますが、これを文法的に解釈するとどうなりますか?
「我にあり」という意味がわかりません。
そもそも意味がはっきりしません。
復讐するのは私だ、という意味でしょうか?
「復讐するは我なり」の違いを教えてください。

Aベストアンサー

「復讐するは我にあり」という言葉は、
新約聖書「ローマの信徒への手紙」12章 19節(文語訳)を引用したものです。
現在よく使われている新共同訳聖書では以下のように訳されています。

---
愛する人たち、自分で復讐せず、神の怒りに任せなさい。
「『復讐はわたしのすること、わたしが報復する』と主は言われる」と書いてあります。
---

つまりここで使われている「我」という言葉は主、神を指しているのですね。
復讐は人がすることではなく、神がすることだ、ということです。
ですから、人が復讐をする、といった意味合いは、
少なくともこの新約聖書の一節にはありません。

復讐は神のすることだとしたら、それでは人はどうすればよいのか。
続きの20~21節には、このようにあります(同じく新共同訳からの引用)。

---
「あなたの敵が飢えていたら食べさせ、渇いていたら飲ませよ。
そうすれば、燃える炭火を彼の頭に積むことになる。」
悪に負けることなく、善をもって悪に勝ちなさい。
---

敵が飢えていたら、「いい気味だ」などと思ってしまうところですが。
敵に「食べさせ」「飲ませ」るという行為は、そう簡単にはできないことですね。

佐木隆三の「復讐するは我にあり」を読んだことはありませんが、
聖書が言わんとすることを汲み取って、
つけられたタイトルなのではないかと思います。

「復讐するは我にあり」という言葉は、
新約聖書「ローマの信徒への手紙」12章 19節(文語訳)を引用したものです。
現在よく使われている新共同訳聖書では以下のように訳されています。

---
愛する人たち、自分で復讐せず、神の怒りに任せなさい。
「『復讐はわたしのすること、わたしが報復する』と主は言われる」と書いてあります。
---

つまりここで使われている「我」という言葉は主、神を指しているのですね。
復讐は人がすることではなく、神がすることだ、ということです。
ですから、人が復...続きを読む

Q「幸い」の対義語を教えてください。

中学生の子供のテスト問題です。
「幸い」の対義語をいくつかの選択肢の中から選ぶ問題なのですが、対義語の選択肢の中に「不幸」と「災い」があります。国語辞典で意味などを調べてみたのですが、どちらかよくわかりませんでした。言葉の感じからすると「幸い」、「災い」が対義語のように思えますし、また、意味を考えると「幸い」、「不幸」が対義語に思えます。ただ、「不幸」の反対は「幸福」だと思うので、対義語が二通りあるというのも、おかしいような気がします。
どなたか「幸い」の対義語がどちらか、そしてその根拠がわかれば、教えてください。

Aベストアンサー

手持ちの「反対語辞典」(中田武司 監修)には

幸い ⇔ 災い 

とあります。

参考までね。

Q画家の尊称「画伯」に準ずる尊称は?

画家の尊称に「画伯」があります。これに準じた尊称をもつ専門家は他に何がありますか。
作家、書家、陶芸家、彫刻家、武道家、音楽家、宗教家、実業家、政治家、農家、商家…。
どんな分野でも結構です。尊称があれば教えて下さいませ。

また、皆無ではないにしても画家の他にはほとんど尊称をもつ分野がないときは、画家には何故尊称があるのかも知りたいです。更に、評価が高く著名であれば女性の画家も画伯と呼んでよいのか否かも知りたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

宗教家(仏教)であれば、修行をして宗派内での一定の位を得れば尊称で呼ばれます。
そこから、特に位がなくても「僧侶の尊称」として気軽に使われるものもあります。

禅師
老師
和尚
和上
大師
阿闍梨
尊師

など。

>評価が高く著名であれば女性の画家も画伯と呼んでよいのか否かも知りたいです。

画伯と呼んで構いません。
使用例:

秋野不矩美術館 -秋野不矩画伯紹介
秋野不矩(あきの・ふく)画伯は、明治41(1908)年に磐田郡二俣町城山(現:浜松市天竜区二俣町)に生まれました。……以下略

http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/lifeindex/enjoy/culture_art/akinofuku/artist.htm


■上村 松篁 (1902 ~ )日本画家
 上村松篁画伯は、名作「序の舞」をはじめ、数多くの近代美人画を描き、女性としては初の文化勲章を受章した上村松園画伯を母として京都に生まれました。

http://www.image.shogakukan.co.jp/art/kyosyou.html

宗教家(仏教)であれば、修行をして宗派内での一定の位を得れば尊称で呼ばれます。
そこから、特に位がなくても「僧侶の尊称」として気軽に使われるものもあります。

禅師
老師
和尚
和上
大師
阿闍梨
尊師

など。

>評価が高く著名であれば女性の画家も画伯と呼んでよいのか否かも知りたいです。

画伯と呼んで構いません。
使用例:

秋野不矩美術館 -秋野不矩画伯紹介
秋野不矩(あきの・ふく)画伯は、明治41(1908)年に磐田郡二俣町城山(現:浜松市天竜区二俣町)に生まれました。……以下略

http://www....続きを読む

Qseriesに対する対義語はないのですか?

seriesに対する対義語はないのですか?

serialの対義語はparallelです。
ではseriesの対義語は何なのでしょうか?

http://eow.alc.co.jp/%e4%b8%a6%e5%88%97%e6%8e%a5%e7%b6%9a/UTF-8/
直列接続はin seriesですが、並列接続はin parallelで表すそうです。
とすると、seriesの対義語はparallelなのでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問の対象が少し幅広いように思いますが、

直列・並列という意味であれば in series / in parallel ですね。
決められた順番に・不規則(単発的)に sequentially / randomly (sporadically)

series 「続き物」という意味が基ですから、その反対「続いてない物」という意味でいけば not-in-series でも、文の内容によっては成立すると思います。

Q「お客様」、「お客さん」、「顧客」の違いと対義語

日本語を勉強中の中国人です。「お客様」、「お客さん」、「顧客」はどのように違うのでしょうか。「顧客さん」という言い方もありますか。それぞれの対義語も教えていただけないでしょうか。

また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「お客様」
  対外的な用法.例えば客である当人に対して言う場合.
  初めての客には、丁寧語として使う.
  しかし、社内の部署名にしても、客に相当する人の、
  文字から受ける印象を少しでも良くしてもらおうと、
  「お客様相談室」などのように使われることも多い.

「お客さん」
  自社内での会話等口頭で、客のことを言うような場合.(ラフな表現)
    (例:○○さん、お客さんがみえたよ!)
  顔見知りの客であれば、「お客さん」と声をかけることもある.

「顧客」
  自社内での書類の文章とかデータの見出し語として、
  客のことを表現する場合.文語的表現.
  「顧客さん」という言い方は絶対にしない.

「客」の対義語は、「客ではない人」のことになってしまうので、適当な用語が思いつかない.

Q対義語はどこかに出典が有るの?

中学校の学校教育では「対義語」と云うものを教えます。
小学校でもあったかなぁ。

例えば、類義語は通常複数ありますが、
対義語はどうも「決まり」があるようで。
何でコレが対義語でアレではだめなのかと思うこともあります。

対義語はどこかに出典が有るのでしょうか?
国語審議会のような団体が決めているのでしょうか?


御存知の方がいらっしゃいましたら、是非御教授ください。

Aベストアンサー

決めている団体はないと思いますが。
似た概念の言葉をグループ分けしてまとめた本としては、国立国語研究所が出している「分類語彙表」という本がありますが、対義語には触れていなかったように思います(現物が手許にないので、うろ覚えですが)。考えられることとして、どこかの出版社の出した国語辞典が「対義語」を項目として挙げたのに他の出版社も倣っていくうちに定着した、ということではないでしょうか(その最初の国語辞典はどこの出版社のものか、私も興味がありますので、知っている人は教えて!)。
あと、単語のレベルではいくつもあるように見えても、その単語を使った例文を考えた場合、入れ替え可能で正反対の意味の文ができる、という条件を満たすかを検討すれば一つに絞れることもあるのではないかと思います。この質問の二つ前の質問の回答で、弛緩と尊重の対義語について考察してみましたので、よろしかったらご覧ください。

Q「我が強い」「わがまま」「気が強い」の違い

「我が強い」「わがまま」「気が強い」の違いをうまく
説明出来ませんでしょうか。

同じではないのはわかるのですが、説明しろと言われて
困ってしまいました。

Aベストアンサー

おもしろい質問なので思わず……

たとえば、何かの順番を取りに来たと仮定して
「我が強い場合」
◎わたしが先に着いたんだから、わたしが先よね?
「わがままな場合」
◎わたしを先にしなさいよ!
「気が強い場合」
◎順番はゆずるけど、勝ったなんて思わないでね

みたいなカンジでしょうか!
●我が強い、は自分を主張する
●わがままは、自分の思い通りにしようとする
●気が強いは、負けを認めない
というのを表現してみました。

Q「確認」の対義語?

ある人から「確認」の対義語は「疑う」だと言われましたが、「疑う」の対義語は「信じる」ではないかと思います。「確認」≠「信じる」ではないかとおもうのですが・・・「確認」の対義語は何でしょうか?

Aベストアンサー

確認の中のどの意味に対して言っているのかでもかわるのでは?

確認するのうち「確かめる」の意味だと反対は確かめないことなので、不注意などが入りそうですが

軍隊の映画などで使われる「ターゲットを確認しました」の反対は見失うことなので「ターゲット喪失」などになると思います。

交通事故などの安全確認の反対は安全不確認ですし
UFOは「未確認」飛行物体です

ただ疑うでは・・・ないと思うのですが・・・。

確認は「見て確かめる」という意味合いが強いので
「ウソだと思う、物事を違うと感じる」意味の疑うでは反対たりえないのではないでしょうか?

Q「我思う、故に我あり」ってどういう意味でしょうか。

「我思う、故に我あり」ってどういう意味でしょうか。教えていただければ嬉しいです。

Aベストアンサー

過去に哲学カテゴリーで同様の質問がありました。
私も回答しておりますが。
http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1403309

ルネ・デカルトの「方法序説」(本当はもう少し長たらしい名前の本ですが)のなかのことばです。
確実なものを求めて、デカルトはとりあえずすべてを疑ってみます。ところが、その疑っているという思考、その思考の実在を疑うと何が何だか解らなくなります。矛盾ですね。というわけで疑っている。それは自分だ。つまり、疑う、という思い(考え、といった方が正確ですが)をもっている自分が実在することもまた疑えない。ということです。
数学的な、公理をまず立て、それから論理的に説明する、という方法を改めて(というのはギリシアの、未熟ではあってもある意味同じような思考があるから)つくりました。ギリシア時代と違い、社会の混乱、宗教の分裂の激しい時代において、生き抜くための思想の再構築、という話ですね。(それをさらに徹底したのがスピノザだといわれていますが)

参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1403309

過去に哲学カテゴリーで同様の質問がありました。
私も回答しておりますが。
http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1403309

ルネ・デカルトの「方法序説」(本当はもう少し長たらしい名前の本ですが)のなかのことばです。
確実なものを求めて、デカルトはとりあえずすべてを疑ってみます。ところが、その疑っているという思考、その思考の実在を疑うと何が何だか解らなくなります。矛盾ですね。というわけで疑っている。それは自分だ。つまり、疑う、という思い(考え、といった方が正確ですが)をもっている自...続きを読む


人気Q&Aランキング