完全競争市場下では価格弾力性が無限大になるのはわかるのですが、
なぜそうなるかがさっぱりつかめません。
先生には
「完全競争市場下では起業は自分で価格は決められないから」
といわれたのですが、それだけでは理解が出来ても納得ができません。

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

完全競争化では企業はプライステイカーとして行動します。



これは、ある企業に対する需要量に関らず、価格が一定であることを意味します。つまり、企業の需要曲線がx軸と平行になります。(=弾力性が無限大)

逆に、
あるとてつもなく大きい企業だと、その企業の商品に対する需要量はその商品の市場全体にも影響し、その商品の価格にも影響します。これは、そのとてつもなく大きな企業の直面する需要曲線が、右下がりになることを意味します。つまり弾力性は無限大になりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分で価格を決められないと、市場価格によって価格を決めることになるので、ある財の価格は一定になるから、
需要の価格弾力性はX軸と平行

つまり無限大になるということが理解できました。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/26 11:35

ひとつの同質の財がひとつの価格で取引され、その市場に参加する消費者と企業は非常に多く、一人や一企業あたりの取引量は市場全体からみれば微々たるもので、それぞれがプライステーカーとして行動することを「想定」している市場を完全競争市場とよんでいます。


一企業の直面する需要曲線が無限大になるのは、このようなプライステーカーの仮定があるからです。
企業は自分で価格を決められないのはなぜかといえば、そういう仮定になっているからです。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

プライステイカーの仮定が自分で価格を決められないのはわかるのですが、
自分で価格を決められないと、価格弾力性が無限大になるのはなぜなのでしょうか?

補足日時:2009/05/26 11:25
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あれから自分で考えてみたら理解できました。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/26 11:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q103系が201系より需要が高い理由

全く別件で、以前の質問で再度確認したくて見ていたところ、気になったので質問させていただきます。

JR東日本の103系は廃車以外にも海外需要があり譲渡している、とあったのに対し、201系は廃車のみ、というご回答だったのですが、単純な素人考えだと、なぜ201系より古い103系の需要はあるのに、201系は需要がないんだろう、と思いました。

多分、これも素人ながらで考えると、201系もどうせ廃車にするなら、103系と譲渡するに当たっての値段は変わらないのでは、と思ったのですが、やはり値段が違うのでしょうか。または、201系は実は103系より耐久性が無いとか、なのでしょうか。

ふと思ったことで変な質問ですが、良かったらご回答お待ちしてます。

Aベストアンサー

構造が比較的簡単な103系、それに比べて最新鋭機器(当時は)を
使った201系。メンテナンスの点を考えると103系に軍配が
上がるのでしょうね。
古いものは修理すれば使える。新しいものは故障したら買いなおし。
なんだか最近の電化製品みたいですが、同じような考え方なのでしょうね。

Q完全競争市場と完全雇用の違い

完全競争市場と完全雇用の違いを教えていただけませんか?
完全競争市場が達成されると完全雇用になるのでしょうか。違いが分りません。
どなたか回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

完全競争市場というのは、
モノを売っている企業がたくさん居る市場です。
例えば、洋服やレストランは、いっぱい存在しますよね?
もちろん、買う人もたくさんいます。

ただ、これだけだと「完全」とは言えなくて、
単に「競争」しているだけになります。
「完全」に「競争」するには、
例えば、
(1)売っている商品が、どの企業でも全く同じであること
(2)競争したい!と思ったら、すぐにその市場に参入できること

などのいくつかの条件をすべてクリアした場合にのみ、
「完全競争」市場と呼びます。

この「完全競争市場」とは、「達成する」という言い方はしません。
完全競争市場であるということと、
「完全雇用」になるということは、
原因→結果、
ではありません。

「完全雇用」になるためには、働きたいと思ったヒトを
全員雇えるだけの、「GDP(国民所得)」が達成されなければ
なりません。
例えば、働けば50万円ほしいヒトが100人居たとして、
この人たち100人全員雇うためには
5,000万円の所得が必要です(50万円×100人)
「働きたい」と思ったヒトを全員雇うために達成されなくては
ならないのは、「完全雇用GDP」といいます。
GDPはわかりますか?

ちなみに「完全競争市場」とはミクロ経済学のテキスト
「完全雇用」はマクロ経済学のテキストに出てきます。

こんにちは。

完全競争市場というのは、
モノを売っている企業がたくさん居る市場です。
例えば、洋服やレストランは、いっぱい存在しますよね?
もちろん、買う人もたくさんいます。

ただ、これだけだと「完全」とは言えなくて、
単に「競争」しているだけになります。
「完全」に「競争」するには、
例えば、
(1)売っている商品が、どの企業でも全く同じであること
(2)競争したい!と思ったら、すぐにその市場に参入できること

などのいくつかの条件をすべてクリアした場合にのみ、
「...続きを読む

Q年収の高い職業を教えてください

しかし、大臣や野球選手のような非現実的なものは除いて頂きたいです。
平均年収1,500万ほどの職業がいいのですが、企業などによって年収も違ってくると思うので企業名を書き込んでいただいても嬉しいです。
外資系金融企業を目指してはいるのですが、トップクラスの大学で成績を残さなければいけないということですこし踏みとどまっています。

Aベストアンサー

厳しいアドバイスをします。
結論から言えば下記の方の意見と同様です。
>ここでこのようなことを質問しているような人は外資系金融に受かるのは困難。自分で調べる行動力と発見する能力は最低限必要。

そもそも、質問の前提条件がおかしいです。外資系金融企業の人事が一言でも「トップクラスの大学で成績を残して下さい」と言ったのでしょうか。先の一言はあなたの勝手な思い込みです。
どの企業でもそうですが、大学での成績は学生を判断する上で一つの要因にすぎません。むしろ、それ以外の『何か』を持った魅力のある学生と働きたいと考えます。
上記のような陳腐な質問「年収の高い職業を教えてください」をする学生がいたとしたら、その学生と一緒に働こうと思いますか?
別に年収がどうこうという話ではなく、何故まず自分の出来る範囲で調べることをしないのか。それすらをしない他力本願な学生を客観的にどうあなたは判断しますか?

最後に一つ。平均年収1500万稼げる超激務の企業に就職するのと平均年収750万で定年まで安心して働ける企業ならどちらを選択するでしょうか?
その人が何を重視するかにもよりますが、まともな職業で年収1500万を稼ぐのは生半可なことではありません。
高給を目指すなら何かしらの理由に耐える根性が必要でしょう。
今一度あなたの、「トップクラスの大学で成績を残さなければいけないということですこし踏みとどまっています」という生半可な根性でこの先やっていく覚悟があるのか考えたほうが懸命だと思います。

参考URL:http://nensyu-labo.com/

厳しいアドバイスをします。
結論から言えば下記の方の意見と同様です。
>ここでこのようなことを質問しているような人は外資系金融に受かるのは困難。自分で調べる行動力と発見する能力は最低限必要。

そもそも、質問の前提条件がおかしいです。外資系金融企業の人事が一言でも「トップクラスの大学で成績を残して下さい」と言ったのでしょうか。先の一言はあなたの勝手な思い込みです。
どの企業でもそうですが、大学での成績は学生を判断する上で一つの要因にすぎません。むしろ、それ以外の『何か』を...続きを読む

Q完全競争市場といえる市場は?

 こんばんは。
 
 私は大学の工学部3年生なのですが、今学期に「経済学」の講義を受けています。そこで「(完全)競争市場といえるような市場は何があるか。またそれらの競争市場の状態を具体的に解説せよ」という問題が出ました。

 私は農業や水産業が、多くの買い手と売り手が存在するなどの競争市場の条件を満たしていて競争市場といえるのではないかと思ったのですが、はたして合っているのでしょうか?また、他にどのような市場が(完全)競争市場といえるのでしょうか。

 経済学を初めて習うので知識が浅くて申し訳ありませんが、どなたか教えていただきたいです。

Aベストアンサー

完全競争市場の条件を確認します:
1.参入退出が自由で、そのコストも無視できる
2.価格のみが取引指標である
3.規制や税金はないか、無視できるほどの程度である
4.取引情報は市場参加者に瞬時に行き渡る
5.市場参加者はプライス・テーカーであり、どの取引も市場全体に影響を与えるほどの規模はない

これらを全て満たす市場はほとんど存在しないと思われます。
ただし、近似的には金融市場が最も競争市場に近いのではないでしょうか。たとえば、外国為替市場・株式市場・商品市場です。これらの市場では価格の動向は需給に強く影響され、個々の取引参加者の影響度は低く、情報は全世界を瞬時に行き渡ります。計量経済学的な実証分析でも、株式市場の取引には「弱い効率的市場仮説が成立する」とされています。効率的市場仮説とは、「市場の取引は情報を完全に織り込んでいる」ことを主張するものです。詳しくはファイナンスのテキストの入門書を参考にしてください。
しかし実際には情報の内容は必ずしも一定ではなく(不完全情報)、各国に資本規制や税制の無視できない違いがある場合も少なくないでしょう。金融市場以外では、中東や東南アジアなどにみられるバザール(大規模な生活品市場)などが競争市場の例として取り上げられることがあります。

完全競争市場の条件を確認します:
1.参入退出が自由で、そのコストも無視できる
2.価格のみが取引指標である
3.規制や税金はないか、無視できるほどの程度である
4.取引情報は市場参加者に瞬時に行き渡る
5.市場参加者はプライス・テーカーであり、どの取引も市場全体に影響を与えるほどの規模はない

これらを全て満たす市場はほとんど存在しないと思われます。
ただし、近似的には金融市場が最も競争市場に近いのではないでしょうか。たとえば、外国為替市場・株式市場・商品市場です。これ...続きを読む

Q工場の仕事と介護職どっちが需要が高いか

工場の仕事と介護職どっちが需要が高いのでしょうか?工場の仕事は近年派遣切りなどが多くて就職しても意味がないように感じますが・・・?

Aベストアンサー

日本経団連は、大企業の工場生産について、日本製のプレミアムを否定し、賃金の安い国での生産に移行する意思を示しています。
日本製のこれから生き残る術は「オンリーワン」しかありません。
世界中でこの工場しか生産不能な品。だから工場の言い値を円建てで呑むしか無い品が生き残る。
大企業は輸出品を米ドル建てで輸出し、円高で減収に。本来円建てで売れば販売数量減少にはなっても、いきなり円高即減収では無いです。
そういう技術力が無いなら介護職が無難です。
が、介護職も賃金がかなり低く、大手のマンモス介護(定型サービス)しか生き残りが困難と思われます。
介護サービスは利用者から1割徴収します。
利用限度額を超えた場合、「高額療養費償還払い」では無く「全額自己負担」です。
そうなると利用を削る方向に。
あくまでも「介護で治療」する方針であり、「生涯利用」は検討しなかった介護保険(だから障害者介護は介護保険では扱わない)。
今の事態は想定外なのです。
民主党は「介護職に雇用を吸収させる為賃金を月額4万円引き上げる」マニフェストを出しましたが、賃金原資は利用者負担金。「利用者負担金引き上げは認めない」(小沢氏意向)で潰れました。

日本経団連は、大企業の工場生産について、日本製のプレミアムを否定し、賃金の安い国での生産に移行する意思を示しています。
日本製のこれから生き残る術は「オンリーワン」しかありません。
世界中でこの工場しか生産不能な品。だから工場の言い値を円建てで呑むしか無い品が生き残る。
大企業は輸出品を米ドル建てで輸出し、円高で減収に。本来円建てで売れば販売数量減少にはなっても、いきなり円高即減収では無いです。
そういう技術力が無いなら介護職が無難です。
が、介護職も賃金がかなり低く、大...続きを読む

Q完全競争市場での重量税・従価税

完全競争市場である財の価格をPとした時、需要曲線がD=60-4P, 供給曲線がS=2Pであるとき、重量税・従価税が化されたときの均衡市場価格と均衡生産量を求めよ。

と言う問題なのですが、重量税・従価税が一単位当たりどれくらいか、また何%か示されていません。
t1, t2でそれぞれの税を置くのかなと思いましたが、tでおかずに値を求められるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

これだけの情報では具体的な数値が求められるはずはありません。問題が間違っているか、あなたがそれについての情報を見落としているかのいずれかでしょう!もちろん、定性的に答えることはできますが、それならこの質問にあるような具体的な需要、供給曲線の式を必要としません。
なお、「重量税」ではなく、「従量税」です。変換ミスだとは思いますが、注意されたい。

Q賃金の高い職業

自分が実際にその職業に就くというわけではなく、参考とにするためにお聞ききします。

賃金の高い職業は、具体的にどのような職種でしょうか。
ただし、大学卒業程度の年齢のとき就職できる職業をお願いします。

就職するのに特別な能力・技術を必要としていても構いません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

賃金の高い業界です。
・銀行(メガバンク)
・証券会社
・テレビ局(在京キー局)
・外資系企業
・保険業界
・コンサル業
・士(さむらい)業
などなどです。

逆に安いのは小売業、旅行業などのサービス業でしょうか。
あくまで参考ですが。

Q完全競争市場の均衡条件について。

完全競争市場の均衡条件について。

少しミクロ経済学かじり始めた初心者です・・

「完全競争市場の均衡条件についてグラフを使って説明する」 という課題が授業で出たのですが、おおざっぱに言うと以下の内容を描けば、的外れになってませんか??

■完全競争市場には以下の条件が成立していないといけない。
(1)多数の売り手・買い手の存在
(2)財の同質性
(3)情報の完全性
(4)自由参入・退室

■完全競争市場では「市場均衡」の状態が達成されなければならない。また価格は「均衡価格」の状態。

■「グラフを使って説明」に関しては、市場均衡を表している「需要曲線と供給曲線の図」を描いて説明すれば、的外れになりませんか?(←需要曲線と供給曲線がバッテンで交わっている図のこと。交点が市場均衡であり、この時の価格が均衡価格。)

また、教科書には「多数均衡」のグラフも記載されてますが、これは特にふれるところではありませんか?

ご指導下さいm(__)m

Aベストアンサー

「市場」を研究対象として調べようとする場合、現実の市場はあまりにも複雑であるため、簡単には研究も理論化もできません。そこで、現実市場を単純化した「モデル」を考えて「市場」の動向を考えます。この時に考える単純化したモデルが「完全競争市場」なのです。

ボールを空中に投げ上げると放物線を描いて飛んでゆきます。ほんとですか?空気の抵抗や風の影響を受けるはずですよね。近くに山があると山の重力によってボールは山の方へ曲がりますし、朝や夕方だと太陽の重力で少しだけ曲がります。
でもそんなことを考えると話がややこしくなりすぎるので、他の星の重力は考えない。空気はないものとする。地球も平らで、重力は地面に垂直にだけ働くと考える。そうするとボールは放物線を描いて飛ぶのです。
そして、風速〇mの風が吹くと、ボールは〇cm横へずれる。というふうに考えてゆくのです。

これと同じです。現実の市場を単純化したモデルである完全競争市場をまず考えて、この完全競争市場ではどんな現象が起きるのかを考えます。現実の市場は完全競争市場とは異なりますから、現実の市場の動向は、完全競争市場の動向をどう修正したらよいかを考えることで、現実の市場を分析しようとしているのです。


>完全競争市場には以下の条件が成立していないといけない。

これらの条件は完全競争市場の「定義」です。完全市場というのは現実には存在しません。現実の市場を分析するために考え出された道具です。
ですから、「〇〇の条件が成立しているような市場を完全競争市場と呼ぶことにしましょう。」という約束事があるわけです。それが「定義」です。
ですから、「完全競争市場では〇〇である」は間違いで「〇〇を完全競争市場と呼ぶ」とすべきです。


>完全競争市場では「市場均衡」の状態が達成されなければならない。また価格は「均衡価格」の状態。

なぜですか?「達成されなければならない。」ということは、達成していない市場、たとえば、市場均衡に到達しつつある状態は、まだ市場均衡が達成されていないわけですから、完全競争市場ではないということになってしまいます。

現実市場を分析する道具として完全競争市場という仮想的な市場を考え、そこでの市場動向を考察してみたら、「市場均衡が達成される」という結論が得られた。ということなのです。完全競争市場ではワルラスの課程やマーシャルの課程、蜘蛛の巣課程によって市場均衡が達成されることが判ったわけです。

これらの課程によって市場均衡が達成されることを、グラフを使って説明しないさい。
というのが設問の主旨です。

「市場」を研究対象として調べようとする場合、現実の市場はあまりにも複雑であるため、簡単には研究も理論化もできません。そこで、現実市場を単純化した「モデル」を考えて「市場」の動向を考えます。この時に考える単純化したモデルが「完全競争市場」なのです。

ボールを空中に投げ上げると放物線を描いて飛んでゆきます。ほんとですか?空気の抵抗や風の影響を受けるはずですよね。近くに山があると山の重力によってボールは山の方へ曲がりますし、朝や夕方だと太陽の重力で少しだけ曲がります。
でもそんな...続きを読む

Q1LDKの需要が高い区または駅(東京23区)

初めまして。
マンション購入を東京23区内で検討しています。
今のところ、新築または築5年以内の1LDK(35m2~)で考えています。
もし、そこを出るような時に、賃貸にしたいと思っているのですが、1LDKの需要がある区もしくは駅などはどの辺でしょうか?
1LDKだと賃料が10万円~ぐらいだと思うのですが。
賃貸の場合、文京区が良いと聞いたのですが、文京区は1ルームが良いのでは?1LDKだと港区や目黒区などが良いのでは?と勝手に思ったのですがどうですか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

直接の回答ではありせんが、ご参考までに。

マンション購入資金に住宅ローンが含まれているのなら、慎重になさった方がよいと思います。

住宅ローンは、債務者が居住することを条件として、低利に設定されています。債務者がその物件とは別の所に住み、その物件を賃貸に出すと、期限の利益を喪失する、即ち、銀行は、ローン残額の一括返還を求めることができるという契約内容になっています。

賃貸にする時に、住宅ローンの残額を一括返済し、別途、アパートローン、セカンドハウスローン等を組むことまで、物件の購入前に計画するのが安全です。

Q価格弾力性はなぜ「量」ではなく「率」で計算?

経済学を勉強しています。

たとえば、
供給の価格弾力性=供給量の変化率/価格の変化率
となっていますが、そもそもなぜ価格弾力性は「量」ではなく「率」で計算するのでしょうか?

ご存知の方いましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

単位の違いを除去するためです。

たとえばバターが100グラム100円値上がりして消費量が3%減った、ガソリンがレギュラー1リットル130円から180円に値上がりして消費量が10%減った、どちらが弾力性が高いか?といった場合。

もともと購買単位に対して価格帯が大きく異なるもの同士を比べるときに、%にしなかったら比べようがありません。もしバターの弾力性が5%でガソリンが7%だったなら、「ガソリン消費者はバター消費者より価格感応度が高い」と推論することができるわけです。


人気Q&Aランキング