こんにちは。
ホテルの一階にテナントとして飲食店を計画しています。
機械排煙(厨房)と自然排煙(客席)が隣接しています。
区画は厨房天井から500下がりの垂れ壁のみです。
つまり、床~天井までの間仕切りでの区画でないのですが、
法的に排煙処理は有効なのでしょうか?
どうぞ宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

防煙垂れ壁」に関するQ&A: 防煙垂れ壁の定義

A 回答 (3件)

追記ですが、法令上は「併用してはならない」との規定はないのですが(令126条の2)ご想像通り機能不全が憂慮される為ほとんどの行政で認められていないのが現状です。


(垂れ壁も同様、結局不燃間仕切りが必要になります)
今、参考書(ちょっと古いのが気になりますが)で確認しましたので「自信あり」に変更します。

この回答への補足

回答有り難うございます。
やはり無理ですか・・・。
厨房垂れ壁にガラリでにがして、客席経由で自然排煙で全て処理にしてしまうというのは可能なのでしょうか?
”経由”するのが気になりますが・・・。

補足日時:2009/05/23 17:33
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有り難うございます。
やはり無理ですか・・・。
厨房垂れ壁にガラリでにがして、客席経由で自然排煙で全て処理にしてしまうというのは可能なのでしょうか?
”経由”するのが気になりますが・・・。

お礼日時:2009/05/23 17:45

ガラリの件、全く問題無いですよ、少なくとも私の地域では。

2室排煙は良く使う方法です。もちろんガラリ隙間の排煙有効面積は厨房床面積の1/50以上必要になります。店舗の窓は厨房含めた有効面積が必要になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/24 08:55

垂れ壁では無理だと思います、無理ですね。


異種排煙の併設は可能なのですが下部を開放したいのであれば防煙シャッターやスクリーンなどが必要になるはずです。
どちらも高いですよね。・・・

垂れ壁を取り払い、自然か機械どちらかのみで両室の排煙がまかなえれば良いのですが無理なのでしょうね。

どちらかの居室が100m2以内であれば開放は諦め軽く開けられる戸を設置し告示1436号の最後の方「不燃下地仕上げ」でクリアーさせる、・・・・もっともそれが出来ればこんなご質問されませんよね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

防煙垂れ壁」に関するQ&A: 排煙にかんして

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建築確認 排煙

皆さんにお聞きしたいんです。 
木造2階の家を建てています、一階が仕事場で、2階が住居です。 
1階では、お菓子をガスを使ってで作っています。  
仕事場は20帖ありまして、側面の一番上の方に換気扇を四つ付ける予定です。 
しかし、排煙確認の時に、排煙用の窓を付けないとだめだと言われました。 
お金がプラス掛かるので、考えてます!! 
窓をつけなくては、だめなんでしょうか? 
ガスの量は、家庭用のガスコンロ2つぐらいです!! 
 
宜しくお願いします!! 

Aベストアンサー

北国の設計屋さんです。
>排煙確認の時に、排煙用の窓を付けないとだめだと言われました。
現在建築確認審査申請中でしょうか?
併用住宅の木造の場合、建築基準法の決まりで仕事場には、緩和処置が無く仕事場に排煙規制が掛かります。
なので排煙窓を天井近くの外壁面に必要です。
仕事場の床面積が20帖(66m2)なら、床面積の1/50以上の有効排煙面積と1/20以上の有効採光面積がないと、基準法の規定により木造では建てられなくなります。

仕事場の面積から計算すると窓大きさ800*600の排煙窓が4窓必要ですね。
予算的には、5~6万円見れば付けられるでしょう。

それにしても無知な設計屋さんに依頼したんですね。
仕事場に排煙規制が掛かるのは、設計屋さんの常識だよ。

ご参考まで

Q飲食店の厨房の垂壁についてお聞きしたいのですが、厨房と客席の間によく高

飲食店の厨房の垂壁についてお聞きしたいのですが、厨房と客席の間によく高さ500mmの垂壁を設けますが、設置基準はどういったものなのでしょうか?

厨房の床は、配水管や防水などのため客席からH200ぐらいは床が上がり、天高がH2,300なので、厨房の天高は、CH2,100になってしまいます。
よく言われる、H500mmの垂壁を設けると、床からの開口がH1,600になってしまうのですが、これだど出入りするときに頭が当たると思うのですが、こういった場合どうすれば良いのでしょうか?
仕方がないことなのでしょうか?

どなたか教えて下さい。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

そんなに詳しくありませんが・・・
建築基準法上、面積や階数、建物の仕様、窓の有無など
様々な条件により防煙区画(煙が広がらないように区切ること)を
定めたり、排煙設備を設けたり等々細かに規定があります。
50cmを短くは出来ず、防煙垂れ壁を設けるか、他の基準に
合致するように設計面で対処するか、といったカンジになります。

そちらの飲食店の設計条件がわからないので、
なんとも言えませんが、簡単な方法として、
防煙垂れ壁を設置するようです。  
 
客席への出入りで、垂れ壁に頭が当たるのならば、厨房内で
床を一部下げて、(コの字に切りかく等)出入りできるように
する方法はどうですか? 一旦下がってから、垂れ壁の下を
通るようにすれば、頭が当たることは回避できるのでは?

Q排煙計画ってなんでっか?

2世帯住宅を計画しています。工務店とも間取りの打ち合わせ契約も終了し、設計事務所で確認申請の図面を作ってもらっています。
先日工務店より、大きな家なので排煙設備が必要ですと言われ、リビングの天井に手動式のトップライトをつける必要がありますと言われちょっと困惑しています。工務店は排煙設備のことは良く知らず、設計事務所から言われたことをそのまま言ってきているみたいです。
1階が親世帯35坪 2階が35坪 床面積が70坪 地下ガレージがが約11坪です。世帯別で考えるとそんなに大きな家ではありません。
そこで質問ですが
1・排煙設備は必要なのでしょうか?
2・トップライト以外の排煙設備はないのでしょうか?
リビングは吹き抜けになっており、手動式のトップライトをつけられても5mぐらい上なので開閉できません。排煙計画と聞いているので煙突が必要なのでしょうか?
何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>1・排煙設備は必要なのでしょうか?
◆200m2を超える住宅は必要です
 (各居室に必要で、窓でいいです)
>2・トップライト以外の排煙設備はないのでしょうか?
◆取り付けられる外壁があれば、
内倒し窓、外倒し窓、硝子ルーバー窓、引違い窓などでもいいです
>リビングは吹き抜けになっており~5mぐらい上~煙突が必要なのでしょうか?
◆操作ハンドルを下方に取り付ければ、開閉できます
但し、高所なので内倒し窓は網戸の脱着が難しい、
外倒し窓は開けっ放しにしておくと雨の降込みに注意が必要です
煙突は必要ありません
(大建築物で機械排煙の場合は排煙風洞を設けます)
◆排煙の有効開口面積は対象居室床面積の1/50以上必要です
その有効部分は天井から80cmの高さまでです
(3m以上の場合は特例あり-後述参照)
例えば、天井から50cmの所についている引違い窓が
w1.6m×h1.0mとすると
排煙有効部分の面積は1.6×1/2×0.3=0.24(m2)です
(これは0.24×50=12.00(m2)の部屋までなら有効です)
リビングの天井に勾配があると、まず平均天井高さを
計算します(部屋の容積を床面積で割る)
仮に4mとすると
天井高3mを超える場合の排煙有効部分は床から
2.1m以上かつ天井高の1/2以上の部分なので
リビングは2.1~5mの範囲になります

>1・排煙設備は必要なのでしょうか?
◆200m2を超える住宅は必要です
 (各居室に必要で、窓でいいです)
>2・トップライト以外の排煙設備はないのでしょうか?
◆取り付けられる外壁があれば、
内倒し窓、外倒し窓、硝子ルーバー窓、引違い窓などでもいいです
>リビングは吹き抜けになっており~5mぐらい上~煙突が必要なのでしょうか?
◆操作ハンドルを下方に取り付ければ、開閉できます
但し、高所なので内倒し窓は網戸の脱着が難しい、
外倒し窓は開けっ放しにしておくと雨の降込みに注意が必...続きを読む

Q排煙区画

排煙区画

役所から排煙区画を示すよう指示をもらったのですが、排煙をまかなってるスペースごとに色分けすればいいということでしょうか?しかしその範囲は法規チェック表を見れば分かることなのでいまいちどうすればいいのか分かりません。排煙区画で検索しても定義にひっかからず困ってます。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

担当者によってはそれをいわれることがありますね。
チェックリストとか建具配置図みれば理解できそうなものなんですが、手を抜きたいんでしょうかね。

私は防火区画のように、区画の部分(防煙壁や垂れ壁)をカラーでライン引きして出してます。
そんなに難しく考えなくてもいいと思いますよ。

最近、変な指摘や要望出す人が多い気がします。
審査機関もヒマなのかな。

Q小規模 特殊建築物の廊下の排煙について

山形県の設計士です。

久しぶりの特殊建築物でちょっと混乱しているので、どなたかお力を貸してください。

以前、地区の公民館を設計した際に、確認申請時、廊下の排煙計算1/50も必要と言われ
居室以外で、廊下の排煙検討をした事がありました。
建物の規模は木造平屋建で約130m2の建物でした。
その時にその必要となる根拠がなんなのか、聞くことなく済ませてしまった為、今になって
混乱してしまっています。

今回計画している建物は、木造二階建て 1階220m2、2階50m2の児童福祉施設等 寄宿舎です。

この建物の場合各居室のみ1/50の排煙無窓の検討をクリアすれば問題ないと思うのですが、
やはり、廊下の排煙検討も必要になるのでしょうか。

必要であればその根拠も知りたいです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

#2です。しつこいようで申し訳ありませんが再回答(先の回答の補足)をさせていただきます。
#3様がご指摘の法35条を良くお読み下さい。いわく、
「別表第一(い)欄(一)項から(四)項までに掲げる用途に供する特殊建築物、(中略)建築物については、廊下、階段、出入口その他の避難施設、消火栓、スプリンクラー、貯水槽その他の消火設備、排煙設備、非常用の照明装置及び進入口並びに敷地内の避難上及び消火上必要な通路は、政令で定める技術的基準に従つて、避難上及び消火上支障がないようにしなければならない。」
ですね。
ここで読み飛ばしてはいけないのは「政令で定める技術的基準に従つて」という一言です。すなわち、ここで「避難上及び消火上支障がないようにしなければならない。」と言っている具体的規定は「基準法施行令」に従え、ということです。
(余談ですが、一般に「基準法」では原則だけが述べられており、具体的規定は「政令に従って」と書かれていることが少なくありません。その場合は必ず「施行令」の規定を指しているのであり、施行令の中に、法のその条文に対応する条項が存在しています。したがってその場合「法」だけまたは「令」だけを読んでも意味がありません。両方を一体に解釈する必要があります。)
そこで施行令を見れば、その「技術的基準」とは「第五章 避難施設等」であり、令116条の2(無窓の居室)~「第二節 廊下、避難階段及び出入口」~「第三節 排煙設備」(ここに126条の2がありますね。)という構成になっています。
これらの法~令までを一体に読めば、特殊建築物といえども無制限に「廊下を避難上及び消火上支障が無いものにしなければなりません。」と言っているわけではないのです。
そして、施行令規定に従えば、ご質問の物件は排煙規定の範囲外となるのです。

もちろん私は「特殊建築物」(この場合、老人施設?)の安全対策を最小限で済ませてしまえ、と言っているわけでもありません。
「特建は4号物件と違い、健康な生活以上に安全に避難できることが重要です。」。このことに異議はありません。しかし、質問はあくまでも法体系のなかでの規定根拠を問うている物と思いますので、それにお答えしているのです。
先の回答にも書きましたが「超法規的指導」もありえるし、設計者自身が法規定以上の設備を設けることもあるでしょう。それはそれで非常に結構なことです。
なお、私はあくまでも「排煙設備」に限って回答しておりますので、他の規定(非常照明やら消火設備等)については一切検討しておりません。(何しろ建物自体が何であるか明記無いのですから。)。
その他の条文については質問者様が検討済みと考えておりますので、あしからずご了承下さい。

#2です。しつこいようで申し訳ありませんが再回答(先の回答の補足)をさせていただきます。
#3様がご指摘の法35条を良くお読み下さい。いわく、
「別表第一(い)欄(一)項から(四)項までに掲げる用途に供する特殊建築物、(中略)建築物については、廊下、階段、出入口その他の避難施設、消火栓、スプリンクラー、貯水槽その他の消火設備、排煙設備、非常用の照明装置及び進入口並びに敷地内の避難上及び消火上必要な通路は、政令で定める技術的基準に従つて、避難上及び消火上支障がないようにしなければなら...続きを読む

Q排煙設備の防火区画について。

はじめまして。排煙設備の設置免除の条件である防火区画についてお聞きします。

告示1436 4項ハの3で防火設備で区画されれば免除になるとの記載がありますが、その防火設備とはどういったものでしょうか?
壁が軽量鉄骨+不燃石膏ボード(仕上げは準不燃)では防火設備にならないのでしょうか?

よろしくご教授の程、お願いします。

Aベストアンサー

告示1436号4項ハ(3)は100m2以下の居室の排煙設備設置免除の条件ですが、その条件とは
1.100m2以下の居室
2.準耐火構造の床と壁で区画された居室
3.防火設備及び室内の仕上げが準不燃以上
です。1は必須ですが、2と3はどちらかを満たしていればOKです。

本題の3で言われる防火設備についてですが、この防火設備は出入口のドアなどの建具のことをさしています。お尋ねの壁が軽鉄+不燃PB+準不燃仕上げについては壁の準不燃以上の仕上げについての条件のみ満たしています。
防火設備については告示1360号を見てもらえればわかるかと思いますが、スチールドア(鉄板0.8mm以上、ガラスが入っている場合は網入りガラス)であれば防火設備になると思います。また、アルミドアなどでも個別認定の取れているドアがあります。

要は、出入口のドア(間仕切壁についている窓なども該当します)などは鉄扉にして、その他の床・壁・天井は準不燃以上で仕上げれば排煙設備の設置免除となります。

Q機械排煙設備について教えて下さい。 「新・排煙設備技術指導」で、排煙機の設置場所は原則として最上部の

機械排煙設備について教えて下さい。
「新・排煙設備技術指導」で、排煙機の設置場所は原則として最上部の排煙口よりも高い位置にする。とありますが、何故 高い位置にするのですか?

Aベストアンサー

排煙機が停止した場合にも煙突効果によって多少の排煙を可能にするため。
のようです。
逆に排煙機が下にあったり逆鳥居の場合には、排煙機が停止すると、煙は火災階の上階の排煙口から漏れ出し火災被害を拡大する恐れがある。
とのこと。
http://www.setsubi-forum.jp/cgi-bin/c-board/data/design/log/tree_647.htm

Q排煙の区画について

例えば学校の教室のように、廊下と室がランマで繋がっている場合は、双方の合計面積に対しての排煙開口が必要でしょうか。
そうすると、防煙壁で区切られていなければ、その範囲はどんどん広がっていってしまうということでしょうか。

教えて下さい。

Aベストアンサー

学校等は前記同様排煙検討不要ですが、専学なんかですと求めらましたね、学校の定義はちょっと置いておきます。

欄間がツーツーであれば当然排煙は双方の合計面積で検討、防煙壁で区切られていなければ、その範囲はどんどん広がっていってしまうということ、になります。

恐らくどこかの排煙免除の学校に行って「なぜ?」と思われたのでは?、ツーツーなのにやたら広く排煙窓らしきものが無いと・・・雑誌で見たとか?。

広い居室で排煙検討が要求され、且つ開放感を出したい場合は線入りガラスのたれ壁などで対応するのが一般的でしょうね。

Q増築時で延べ面積200m2超えの排煙計算緩和の有無

4号物件の増築です。既設は190m2くらいで新設は60m2くらいです。既設の190m2の中に既設改修部約50m2もあります。
指定確認検査機関からは合計延べ面積が200m2を超えますので排煙計算は既設も含めて必要だと言われます。
増築で条件を満たす事で換気や構造の緩和規定があるのに排煙の緩和規定が無いのは納得いかないです。
どなたか詳しい方お見えでしたら、ご教授願えないでしょうか。

Aベストアンサー

>増築で条件を満たす事で換気や構造の緩和規定があるのに排煙の緩和規定が無いのは納得いかないです。

納得いかないって言ってもしょうがないでしょう。指定確認検査機関が決めているわけでは無いのですから。根拠条文を聞いてそこをつっこんでいくしかどうしようもないです。

増築の場合、開口部のない準耐火構造の壁もしくは床又は遮煙性能を有する特定防火設備で区画すれば、独立部分とみなされますので、これでうまいこといきませんか?根拠条文 令137条の14 3号

Q自然排煙と告示1436適用部分の区画について

700m2 2階建 診療所(患者収容施設無)の計画です。

上記タイトルの質問です。

自然排煙の居室(有効排煙高さ700確保)に隣接する居室を告示1436四ハ四で考えています。

告示1436四ハ四を簡単に言うと、室内に面する下地仕上げを不燃で作るという内容です。

ここで、その開口部(出入口)の扱いなのですが、条文を素直に読むと、不燃戸にする必要があると思います。
また、この内容は「建築設備設計・施工上の運用指針」でも示されています。

しかし、上記の内容をふまえた私の考えは、
1.この条文については、排煙設備設置義務となる建築物について適用されるものである
2.今回の建築物は排煙設備が必要とならず、自然排煙の居室は1/50の検討のみで行われる(つまり区画は700の垂れ壁で行う)
3.告示の部屋への開口上部は700確保されている
4.上記より、その開口部は不燃としなくても良い

と考えるのですが、みなさんのお考えはいかがですか?

Aベストアンサー

#3の訂正です。
条文間違えました。
>居室を告示使ってという事は、令116条第1項2号の窓が無い!という事ですね?
                ↑ ↑
               令116条の2第1項2号
に訂正です。ほんとソソカシイです。 
#4のjirounonusさん指摘の法35条の3もそうですが、35条による関連施行令117条~128条の3、同129条の2~129条の2の2に関しては、
質問者さんが、自ら無窓居室の存在を認知していますから、大丈夫なのではないですかね~?

以上、訂正と何となくのフォローです。
 


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング