有機化学の参考書に
「アスピリンを水に溶解させ、煮沸後に塩化第二鉄を加えると赤紫色を呈す。」とあったのですが、

なぜ煮沸をしなければ呈色しないのか?
どの様なメカニズムで塩化第二鉄がフェノールに反応するのか?

がわからなくて困ってます
できれば反応式も教えていただければ嬉しいのですが...m(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

アスピリン(アセチルサリチル酸)にはフェノール性のヒドロキシ基がありません。


加熱すると一部が加水分解してサリチル酸になるのでは?

塩化鉄(III)によるフェノール類が呈色は、#1さんの参考サイトのとおり、錯体を形成するからです。
(普通のフェノールなら6分子が配位するのかもしれませんが、サリチル酸の場合は3分子が配位すると思います。)
    • good
    • 0

この回答への補足

では、同じフェノールのα-ナフトールの式もお願いできませんか?
立体構造の式じゃないので
ナフトールの場合どうなるのかがわからなくて...

補足日時:2009/05/23 19:33
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q塩化第二鉄溶液と塩化鉄(III)溶液

塩化第二鉄溶液と塩化鉄(III)溶液の成分に違いはあるのですか?

Aベストアンサー

同じものです。
昔は、鉄には2価と3価が一般的に知られていて、少ないほうを第1、多いほうを第2と称していましたが、今は価数を書くことで示しますから、鉄(II)=第1、鉄(III)=第2

Qフェノール水酸基と塩化鉄3が作る錯体の反応と構造

錯体を作ると紫に呈色するのは知ってるのですが、反応式と錯体の図がわかりません。考えてはみたんですが、わかる方教えて下さい。

Aベストアンサー

添付された図以上の事はありません。色は鉄イオンと配位したフェノール(部分的にイオン、中途半端なイオンと云う変なのもある)からなる錯体上を電子が動き回ることがゆるされるので、光による励起が容易になり紫に見えます。だけどこれは単なる「言い替え」に過ぎず、精密にはかなりむつかしい。
なおこれは大学の化学では全く触れられません。学部の分析化学で滴定の呈色試剤として出て来る程度。
さらに図にある鉄上での塩化物イオンとフェノール陰イオン(フェノレートイオン)の置換反応なんか、「見てきた様な大嘘」で、それがゆるされるのは「他に考えられないから」に過ぎません。

Qエッチングの腐食液、塩化第二鉄の性質について

エッチング、銅版画制作(腐食)に腐食液として、塩化第二鉄を使います。 冬、腐食液の温度が低いと腐食しづらいので、暖め、そして銅板をその中に浸けます。 今までそのようにして、だいたい塩化第二鉄液体の温度25℃、30分ほどで約0.2mmから0.3mmのきれいな線が腐食できました。それが、今日突然腐食のスピードが遅くなり、今まで30分ほどで出来ていたものが、1時間近くかかりました。化学のことはわかりません。塩化第二鉄を暖めて使い続けると、そのようになるものなのでしょうか?化学にお強い方、どうかご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

エッチング液にも当然のことながら寿命があります.銅が溶けるにつれて,銅を溶かす能力は落ちます.
加えて,塩化鉄(III)水溶液は,何もせずにおいておくだけでも使えなくなってきます.これは鉄イオンが水と反応して不溶性の沈殿になってしまい,その結果,濃度が下がってしまうからです.そして,この水との反応も温度が高いほど速く進みます.
低温では肝心のエッチング時の溶解速度が落ちてしまうので,ある程度暖めるのはよいのですが,それは液の寿命も縮めるのと引き替えと理解してください.
効きの悪くなってきたエッチング液は諦めて廃棄した方がいいでしょう.処理剤も売っています.
個人で出す程度の量であれば,重曹やフレークソーダで処理してもいいでしょう.これらを加えると沈殿が生じます.重曹の場合,泡が出なくなるまで,フレークソーダなら上澄みが無色になるくらいまで加え,その後,コーヒーのフィルターペーパーでも使って濾過し,濾液は大量の水で薄めながら下水に流し,沈殿は燃えないゴミとして廃棄,あたりでしょう.エッチング液をそのまま水道に流すのはだめです.

Q鉄、アルミ、マグネシウムと塩化第一鉄と塩化銅の水溶液

鉄、アルミ、マグネシウムを塩化第一鉄と塩化銅の水溶液に入れたときの反応式などを教えてください。

Aベストアンサー

Fe^(2+)、Al^(3+)、Mg^(2+)、Cu^(2+) のイオン化傾向を考えればわかりませんか?

たとえば、塩化銅(II)水溶液にマグネシウムを入れた場合、イオン化傾向は、
Mg^(2+) > Cu^(2+) なので
 Mg + Cu^(2+) → Mg^(2+) + Cu …(1)
よって (1) の両辺に 2Cl- を足して、
 Mg + CuCl2 → MgCl2 + Cu

上記を参考にして、同様に考えればほかの問題も解けると思いますが、いかがでしょうか。

Q塩化第二鉄の呈色反応

有機化学の参考書に
「アスピリンを水に溶解させ、煮沸後に塩化第二鉄を加えると赤紫色を呈す。」とあったのですが、

なぜ煮沸をしなければ呈色しないのか?
どの様なメカニズムで塩化第二鉄がフェノールに反応するのか?

がわからなくて困ってます
できれば反応式も教えていただければ嬉しいのですが...m(_ _)m

Aベストアンサー

アスピリン(アセチルサリチル酸)にはフェノール性のヒドロキシ基がありません。
加熱すると一部が加水分解してサリチル酸になるのでは?

塩化鉄(III)によるフェノール類が呈色は、#1さんの参考サイトのとおり、錯体を形成するからです。
(普通のフェノールなら6分子が配位するのかもしれませんが、サリチル酸の場合は3分子が配位すると思います。)

Q高校化学の溶解平衡についての質問です。 問題集に「AgclとAg2CrO4の沈殿は、塩化銀の溶解度は

高校化学の溶解平衡についての質問です。


問題集に「AgclとAg2CrO4の沈殿は、塩化銀の溶解度はクロム酸銀の溶解度よりも小さいため、先に塩化銀が沈殿し終えてからクロム酸銀が沈殿し始める。」
と書いてありましたが、それはクロム酸イオンが塩化物イオンよりずっと多い状態でも成立するんでしょうか?

Aベストアンサー

こちらは両方とも難溶性塩の場合ですか。
正確な溶解度積の値は調べていませんが、別質問中の値を用いて計算すると、
[塩化物イオン]≒[クロム酸イオン]^(1/2) × 10^-4
が導出できます。
※[]はモル濃度を表しています。
[クロム酸イオン]=10 mol/L
と仮定しても、存在できる塩化物イオンの濃度は
3.2×10^-4 mol/L
オーダー的に 十数 mg/L
ぐらいであれば、先に「Ag2CrO4」が析出する計算になります。

Q塩化第二鉄にセラミックスは耐えられますか?

塩化第二鉄を使って、金属の処理をします。
耐摩耗の目的でセラミックス(ジルコニア、アルミナ)を使用しようと思います。
濃度は今のところ不明で、使用環境の温度は80℃程度となります。
このような条件でセラミックスは大丈夫でしょうか。お教え願います。

Aベストアンサー

ご承知のようにアルミナ、ジルコニアを始めとしてセラミックスは一般に耐蝕性に富む材料です。おそらくは十分に堪えられると思いますが・・・
アルミナやジルコニアなどの一般的なセラミックスについては、各種溶液(硫酸、塩酸、水酸化ナトリウムなど)との反応性は煮沸などより厳しい条件も含めて調べられています。ただ塩化第二鉄との組み合わせは(エッチング剤とはいえ)、データはあまり表には出てきていないようです。

とりあえず、アルミナと塩化第二鉄の組み合わせについては辛うじて見つかりました[1]。濾過機なのですが用途の一つに「塩化第二鉄溶液の濾過」が挙げられています。ポンプ部はTIGER1さんのご質問と同様に摩耗が問題となるわけですがアルミナが使われています。
あとはメーカーに訊く方法くらいでしょうか(「他で訊いてください」はこのサイトの回答としては無責任で恐縮ですが)。メーカは耐蝕性などのデータをもう少し詳細に持っていますので、万全を期す意味でも確認されるとよいと思います。


[1]「濾過機」
http://www.cemco.jp/product/filter_05.html

参考URL:http://www.cemco.jp/product/filter_05.html

ご承知のようにアルミナ、ジルコニアを始めとしてセラミックスは一般に耐蝕性に富む材料です。おそらくは十分に堪えられると思いますが・・・
アルミナやジルコニアなどの一般的なセラミックスについては、各種溶液(硫酸、塩酸、水酸化ナトリウムなど)との反応性は煮沸などより厳しい条件も含めて調べられています。ただ塩化第二鉄との組み合わせは(エッチング剤とはいえ)、データはあまり表には出てきていないようです。

とりあえず、アルミナと塩化第二鉄の組み合わせについては辛うじて見つかりました[1]。...続きを読む

Qチオ硫酸ナトリウムと塩化鉄の反応

近所の専門学校生が,こんな質問をしてきました。

「チオ硫酸ナトリウムと塩化鉄を反応させていたら,途中で紫色の
 物質ができてすぐ消えた。何度やってみても,その紫色の物質が
 でた。何の物質ですが?」

沈殿するものでも,ないようですし私には,さっぱり何のことか。
どなたか,分かる方いらっしゃいませんでしょうか?

Aベストアンサー

私の推測では、こんな感じです。

チオ硫酸ナトリウムNa2S2O3と塩化銀AgClの反応は有名で、S2O3イオンが
Agに配位して2配位錯体を形成するのですが(写真の原理です)、
FeCl3との反応はやったことがありません。予想では、AgもFeも同じ
遷移金属であるので、おそらくFe3+にS2O3イオンが配位結合して、
配位錯体を作ったのではないかと考えられます。

紫色については、Fe3+とフェノール類との反応では青紫色の特有な
錯体を形成することが知られているので、その延長上で考えられる
のではないでしょうか。


所詮推測ですので、何の根拠もありません。
他の方の回答を待ってみて下さい。

Q塩化第二鉄のシミ取りについて

銅版画作成の際に使う、腐蝕液の塩化第二鉄を洋服・靴・靴下にいたるまでこぼしてしまい、漂白剤のたぐいにつけたのですが、全く取れる気配がありません。
どなたか、きれいにする方法をご存知でしたら教えてください。(科学のカテゴリーで質問したらいいのでは、とアドバイスを頂いたので、よろしくお願いします。)

Aベストアンサー

還元剤系漂白剤ってのがあります.
それを使ってみてください.
ふつうの漂白剤ではだめです.
成分のところにハイドロサルファイトと
書いてあるやつを探してください.
あんまり売ってないかもしれませんが,
花王の「ハイドロハイター」とかです.

Q塩化第二鉄液が腐食できる材質について

塩化第二鉄液は、どのような材質に適用することができるのですか。
鋼、銅、金型に使用されるハイス、ダイス、シボ加工等、なんでも使用可能なのでしょうか。

ネットで調べて見たのですが、MSDSを見ても対応する材質等の
詳細は記載されてなくで。

実際、自分でやることはありませんが興味がありましたので
質問させていただきました。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

実際に使ったことのある物は次の通りです。

1.銅(プリント基板)
2.ステンレス(ノギスの名入れ)
3.真鍮(鉄道模型の部品)
4.洋銀(アクセサリ?)
5.鉄(用途記憶なし)

ジッポーライターは名入れしようと使いましたが
弾くだけで、全く液を寄せつけませんでした。

シボね・・一応エッチングのようですが塩化第二鉄かはわかりませんね。
http://www.nihon-etching.co.jp/jigyo.html#photoe

確かエッチングは業務用としては硝酸を使うと聞いたことがあります。
http://www.h3.dion.ne.jp/~geiji/san_eki.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報