初めまして。
現在、5階建マンション(賃貸)の5階に家族で住んでいる者です。
先日、南ベランダ側の向かいにある一軒家のお宅が、屋根を「真っ白」に塗り替えました。
日中、屋根に太陽光が反射して、ベランダに出るとかなりのまぶしさを感じます。結構大きなお宅で、屋根の面積も相当広いです。
確かに白い屋根は、太陽光の吸収が少ないので、夏場などはなかなか快適だと聞きます。
エコが叫ばれる世の中ですし、どこかの国では推奨までされているのだとか…
しかし、周囲に当マンションやテラスハウスが並び立っているその立地条件などを常識的に考えると、そのお宅は近隣への配慮が欠けているように思えます。

現在はまだ、「まぶしい」くらいで済んでいますが、これから夏になるにつれて、照り返しによる室温上昇があるのではないかと心配です。

こんな場合は、まず住宅の管理者に相談すれば良いのでしょうか?
それとも、「まぶしい」くらいでのアクションは大げさでしょうか?
本来なら他の入居者の方の意見も必要なのかも知れませんが、近所付き合いが薄くなった現代、なかなかこうした話題で話しかけることも出来ません。
(私の家族は全員「まぶしい、すごく気になる」と言っています)

客観的なご意見やアドバイスがありましたらどうぞ宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

白の屋根で眩しく感じることはあると思いますが、室温上昇までは、考えにくいのですが・・・。


むしろ冬場に明るくなったと考えた方がよいのでは。

今は塗り替えたばかりなので見慣れないこともあり、眩しいと思いますが、やがてほこりなどでくすんでくれば、ある程度眩しさはおさまると思います。
相手側にしても眩しいから屋根の色を変えてくれと言われても、それはそうだと思ったとしても、ちょっと困ると思いますよ。
    • good
    • 0

 色を変えさせるには、裁判をして勝訴する必要があるでしょう。

ただそれは絶望的でしょう。

 相手に粘り強く苦情を言って色を変えてもらうか、あなたが我慢するか、あなたが引っ越すかでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たしかに、何処かに相談する等のアクションは大げさな反応かもしれませんね。裁判や引っ越しまではとても出来ません。
ルール(法律)違反では勿論ありませんが、一種のマナーとしてどうなのだろう、と思い相談させて頂いた次第です。

なんとか気持ちを落ち着けながら、我慢してみるしかないようですね。
客観、現実的な意見有り難うございました。

お礼日時:2009/05/24 02:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q屋根の光反射についてクレーム対応 

現在新築の住宅を建築中ですが、北側の近隣から屋根の反射が酷い言われ対応策に困っています。(太陽の光が反射して部屋が眩しいといわれました) 屋根はガルバのシルバー色を使用しています。現在、施工業者と話してペンキを塗る事を検討していますが、ただしペンキはもって2年~3年で塗装が落ちてしまうと言われました。
これから屋根の交換は出来ないので、ペンキ又はシート等で対応と考えていますが、何か良い方法はありませんか。これから住むのに近隣ともめたくありません。
是非、対応策を教えて頂ければと思います、みなさま 宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

>太陽の光が反射して部屋が眩しいといわれました
明るくなって良いではないですかねえ。
建築基準法では住宅の居室面積の1/7以上の採光が必要です、これが採れなくて私ども(建築士)は苦慮しているのに贅沢な隣人ですね、大体2階の居室への反射でしょう、子供部屋か寝室あたり、いちいち五月蠅い隣人ですね。
恐らく夏の暑さを頭に入れてのクレームでしょうが。

年の3りんぼうと言うのが12年に3度あります。(迷信です)
今年はそれにあたりますが最近計画建物の隣人から「柱を建てるな」と言われ工事が3ヶ月ストップする事になりました。
やはりこれから住むのに近隣ともめたくない、と。
常識の無い隣人には本当に困りますねえ。・・・

さて、先の方の様にペンキと一口に申しても星の数ほど種類があり、同じ数だけ適性も有ります。

「反射軽減を塗装で考えた場合、光の反射を和らげるならば艶有り塗装ではなく艶消し(マット)タイプの塗料を、さらにシルバー色ではなく、黒色やグレー色など選ばれるのがいいと思います。
日本ペイント製品ではトタン屋根などに使われる「ファインルーフHBつや消し」という塗装がございます。一度ご検討ください。」
上記は下記サイトからの抜粋です。
http://www.tpdl.jp/qa2.html#a1
Q&A形式ですので読み易く参考にはなると思います。

>ただしペンキはもって2年~3年で塗装が落ちてしまうと言われました。
これは塗装屋さんが言われたのですか?
であれば完全な無知と言わざるを得ないでしょう。
塗装業者を信頼出来る業者に変えて相談される事をお薦めします。
また、工務店等を径由しますとマージンとして、言い方は不適切ですが少なくとも2割は搾取されますので工事が終わったのであればじかに塗装業者に見積りを取る事をお薦めします。
これまでの経緯やしがらみが有り難しいかもしれませんが。

ご参考まで。

>太陽の光が反射して部屋が眩しいといわれました
明るくなって良いではないですかねえ。
建築基準法では住宅の居室面積の1/7以上の採光が必要です、これが採れなくて私ども(建築士)は苦慮しているのに贅沢な隣人ですね、大体2階の居室への反射でしょう、子供部屋か寝室あたり、いちいち五月蠅い隣人ですね。
恐らく夏の暑さを頭に入れてのクレームでしょうが。

年の3りんぼうと言うのが12年に3度あります。(迷信です)
今年はそれにあたりますが最近計画建物の隣人から「柱を建てるな」と言われ工事が3...続きを読む

Q間取りの疑問です。ダイニングに東窓を付けると、朝は光が眩しくて困りませんか?

東側が大変ひらけていて、遠くの山も良く見え、とても気に入っているので、そこに掃きだし窓(もしくは腰窓)を付けたいと思い、間取りを考えているところです。
朝食を摂るときにももちろん使う部屋ですので、夏などの「日差し」が気になります。
昼頃には直射日光も入らず、適度に明るいかと思うのですが、(リビングに南窓を付けますので)、
朝など直射日光が入ってくるならばあまりに大きな窓だと眩しかったりして過ごしにくい時もあるのでしょうか?

同じような東窓ダイニングの間取りを経験されたことのある方など、
メリット・デメリットなどあれば是非教えていただけませんでしょうか。お願いします。

Aベストアンサー

東の景観を気に入っているのならば壁にしてしまうのはもったいないですね。そこで東側に落葉樹を植えてみてはいかがでしょうか?夏は葉が茂り太陽の陽射しをさえぎってくれ冬は葉が落ち太陽の陽射しを部屋の中に取り込んでくれます。景観の邪魔にならないような場所と詳細な方位・太陽の位置を検討すればたった木が1・2本ですがきれいに陽射しをさえぎってくれると思います。

Q隣の家のカーポートの屋根が、我が家の方に傾斜をつけて設置されました。

隣の家のカーポートの屋根が、我が家の方に傾斜をつけて設置されました。
事前に何の説明も無く昨日、仕事から帰るとカーポートがありました。
隣の人間にナゼ自分の家側に傾斜をつけなかったのか?当家に雨水が全て
流れてくるので屋根の傾斜を反対にしてくれ!と言った所、自分の敷地に
どのような建て方しても勝手だろ!と言い話になりません。
良い方法はありますか?カーポートとはいえ建築物なので建築確認が必要なので(隣家は確認はとってないと思います)役所に言え解決できるのでしょうか?
民法218条に違反してるので、そのことでやめさせる方法はありますか?

Aベストアンサー

ちょっと気になりましたので。

カーポートは立派な建築物です。
建築の法律上でも建築物として扱われますので、基本的には確認申請が必要になります。

ですので、建ぺい率や北側斜線も関連します。
また、防火地域などでは防火措置も問われます。
基本的には本体の建築物と同等として扱われますのでご注意ください。

この現実を知らないのか、もしくは知っていながらなのか
確かに、法規を無視しながらカーポートを建てている業者はたくさんあります。

新築物件でおこなう常套手段は、
確認申請の役所の完了検査が終わったあとにカーポートを建てる方法です。

これは、ビルダー側もカーポートが建築物だと知っているからこその手段です。

ちなみに、カーポートに屋根と梁がなければ建築物とは扱われません。
(屋根がないとカーポートの役目を果たさないと思いますが)

これは、よくリフォームで扱われる手段で
屋根と梁を一時的に外してしまって
完了検査後に復旧する方法です。

役所も、カーポートの柱だけ立っているので常識的にカーポートだとわかりますが、
屋根と梁がないので建築物とはみなせず、黙認して合格を告げます。


ご質問者さんのへの回答ですが、
お隣で建てられたカーポートが何らかの法律に触れている根拠があるのであれば
それを役所に伝えることによって役所が動いくれるとは思いますが、
ただ現状を伝えるだけでは役所は何もしてくれないでしょう。

役所とはそういうものです。

雨水が(ほんとうに)ご質問者さんの敷地内に排水されているのであれば
これは、法律で告訴を起こすことが可能ですが、
普通、よほどの恨みがある場合でもなければそのような措置は出来ないと思います。

ご質問者さんに心当たりはお有りですか?

ましては、カーポートを施工したのは業者だと思いますので、
特別な依頼をしなければ施工者としてそのような措置は避けるべきして当然です。

依頼主(施主)から「排水はとなりの敷地内に流してくれ」という
施工依頼がない限り、施工者側は「排水は隣に流してはいけない」
ということを当然のように知っていますのでそのような施工をするはずがありません。

ですので、この点は、おそらく質問者さんの早合点ではないかと思われます。

カーポートに隣地へ雨水がいかないような処理がされているはずです。

「自分の土地に何を建てても勝手だろ」というのもかなり問題がありますが、

深く調べもせずに「勾配を逆にしてくれ」というのは逆なでするものがあります。

おそらく、客観的に見てご質問者さんとお隣さんとでは「似たもの同士」ではないかと思われます。

性格的にではなく総合的にです。

このような場合は、お互いに認め合いたくないのですが、
当人の本人も嫌だと思う自分の性格が似ているのだと思います。

このような自体は、行動を起こせば起こすほど泥沼状態になっていきますので
おたがいに譲りあう精神が必要かと感じます。

ちょっと気になりましたので。

カーポートは立派な建築物です。
建築の法律上でも建築物として扱われますので、基本的には確認申請が必要になります。

ですので、建ぺい率や北側斜線も関連します。
また、防火地域などでは防火措置も問われます。
基本的には本体の建築物と同等として扱われますのでご注意ください。

この現実を知らないのか、もしくは知っていながらなのか
確かに、法規を無視しながらカーポートを建てている業者はたくさんあります。

新築物件でおこなう常套手段は、
確認申請の役所の完了検...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報