以前、ネットオークションにワーゲンのイラストを描いたTシャツが出品されてましたが、これは肖像権、または著作権に反することでしょうか?ワーゲンに限らず車のイラストを何らかに描いて販売し利益を得ようとする行為は違法ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

・物に肖像権は存在しません。



・日本では製品デザインの著作権は一般的に保護されないと考えられています。

・そのデザインが意匠登録されている可能性はありますが、二次元の絵には適用されません。

・ゆえに、車のイラストを書くこと、またはそのイラストを利用した商品自体が何らかの法律に反することは原則としてないといえます。

・ただし、フォルクスワーゲンの名前やロゴ、エンブレムなどが書かれていた場合には、商標権侵害の可能性があります。

・また、他人の人が撮影した写真をそのままトレースしたような場合は、その写真の著作権の侵害ということもありえます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

いや~そうなんですか。てっきり私は違法かと思ってました。だとすると例えば100円ショップで売ってるコーヒーカップにポルシェ(エンブレムや文字は無し)がイラストされたものがあってもOKなんですか?度々の質問で申し訳ありません。

お礼日時:2009/05/25 22:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車のシートカバー 保険がおりない?

宜しくお願いします。

母が自家用車の座席に手作りのシートカバーをしていました。
(特殊なものではなく、清掃しやすいように、寸法を計り白い布を縫ったものです。)

家族に『メーカー純正?のシートカバーじゃないと事故等にあったとき、保険がおりない』と言われました。

がっかりしながら結局シートカバーはしていない状況なのですが、手作りのシートカバーをしていると本当に保険がおりないのですか?

保険会社の約款等を見れば良いのですが手元にないので質問させて下さい。

保険会社は確かJAだった気がします。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

どこの保険会社でも、「保険金を支払わない場合」という免責規定を設けています。

免責規定は、対人・対物賠償保険のように相手の損害を補償するものと、車両・人身傷害・搭乗者傷害保険のように自分(契約者側)の損害を補償するものとでは、その内容が大きく異なります。

たとえば、飲酒運転や無免許運転による事故で、車両保険等は支払われませんが、対人・対物賠償保険は支払われます。不正改造も同様で、車両保険等では免責要件に挙げられていますが、対人・対物賠償保険は支払われます。

また、不正改造が免責とされるのは、道路運送車両法に規定された規格を越えて改造された場合で、かつ、その改造によって損害が発生したと判断される場合に限定されます。
つまり、消音器を外した改造車で追突事故を起こしても、不正改造が損害発生の原因ではありませんから、車両保険は支払われます。

従って、手作りのシートカバーを付けていて、対人・対物賠償保険が支払われないということはありませんし、車両・人身傷害保険等も同様です。

しかし、シートカバー自体の損害は、車両保険では支払われません。
車両保険は、車本体のほか、車に定着された付属品が対象ですから、純正品であろうとシートカバーはそもそも車両保険の対象外です。

シートカバーを保険(共済)の対象とするには、車両諸費用保障特約という特約を付けてておく必要があります。
この特約は時価額評価で保険金(共済金)を支払うというものですから、手作品の場合、原価(材料費)ベースで時価額を算出することになりますが、実務では材料のレシート等が残っている方が珍しいので、「自己申告」という形をとります。

どこの保険会社でも、「保険金を支払わない場合」という免責規定を設けています。

免責規定は、対人・対物賠償保険のように相手の損害を補償するものと、車両・人身傷害・搭乗者傷害保険のように自分(契約者側)の損害を補償するものとでは、その内容が大きく異なります。

たとえば、飲酒運転や無免許運転による事故で、車両保険等は支払われませんが、対人・対物賠償保険は支払われます。不正改造も同様で、車両保険等では免責要件に挙げられていますが、対人・対物賠償保険は支払われます。

また、不正改造...続きを読む

Q著作権、肖像権について教えてください。

タトゥースタジオでタトゥーを入れました。
デザインは、打ち合わせ時にスタジオのアーティストに依頼しました。

後日、アーティストのデザインしたタトゥーを入れていただいた後、
タトゥーの写真を撮影されましたが、その際(もちろん打ち合わせ時にも)写真をサイトに掲載するということ、著作権、肖像権などの説明は受けていませんし、そういった契約もしていません。

後日そのスタジオのサイトに私のタトゥーがUPされていました。
こちらの許可なくサイトに掲載されていることに疑問を感じた為、メールにて削除していただくよう依頼しましたところ「写真の著作権、肖像権は当スタジオにある為、写真を削除することはできません」
というお返事をいただきました。

スタジオに、資料として残されるのは構わないと思いますが、ネット上に掲載されるのはいやです。
サイトから私の写真を消していただくには、どうしたらよいでしょうか。
著作権、肖像権とは何なのか、よくわかりません。

法律に詳しいかたの回答をお待ちしています。

Aベストアンサー

刺青の著作権は、あるとすれば、刺青師がわにあるでしょう。

また、刺青そのものには肖像権などないでしょう。あなたの顔とともに写っているなら、別の話ですが。

Q車のシートカバー

車のシートに
シートカバーをつけようと
考えています。

シートカバーの
メリット・デメリットを
おしえてください。

それとシートカバーをつけている方は
なぜシートカバーをつけているか
なんの目的でつけているのか

つけていない方は
なぜつけないのかを
おしえてくださいm(__)m

Aベストアンサー

昔のシートの生地自体が汚れやすく擦り切れ易い物で、日焼けで変色までしていました。

それを避けるためにシートカバーを付けてシートの保護をしていました。ハーフカバーと言う肩の部分のみのレースの物も社用車や豪華に見せたい人には人気でした。

かなり昔は実際に着けていましたが、どうしてもずれて、しわになったりフワフワになったりとして見た目も悪く、結んでいる紐も切れたりたるんだりして困ったものです。シートカバーを時々外して洗濯をするのは大変でしたが、シートとカバーの間に大量のほこりが乗っているのも不潔で嫌でした。

最近のシートの生地は丈夫で優れモノですから20年乗っても殆ど変色も無く擦り切れもありません。

本革風なども有りますから見かけは少し変りますが、高いお金を掛けて未だに最初からシートバーを付ける人が理解できません。

10年以上も乗って、シート自体が痛んでくればシート生地を張り直す事も出来ますが、それよりはカバーを掛ける方が安いですから、その時で良いように思います。

オリジナルのシート生地や色も車の開発の段階から内外装等とのバランスを考えてプロが選んであります。

それをわざわざ違う色のカバーを掛けて壊す事も無いようにも思います。

昔のシートの生地自体が汚れやすく擦り切れ易い物で、日焼けで変色までしていました。

それを避けるためにシートカバーを付けてシートの保護をしていました。ハーフカバーと言う肩の部分のみのレースの物も社用車や豪華に見せたい人には人気でした。

かなり昔は実際に着けていましたが、どうしてもずれて、しわになったりフワフワになったりとして見た目も悪く、結んでいる紐も切れたりたるんだりして困ったものです。シートカバーを時々外して洗濯をするのは大変でしたが、シートとカバーの間に大量のほこりが...続きを読む

Qカフェを自分でオープンしようと考えてます。店に飾る絵や写真への肖像権や著作権

カフェを自分でオープンしようと考えてます。

その際、店に飾る絵や写真への著作権や肖像権はどうなっているのでしょうか?
ピカソやモネ、マティスなど、もう亡くなった作家達の絵などはよく飾ってあるのを眼にしますが、
存命中の作家の作品を飾る場合、何かしらの手続きが必要なのでしょうか?
また絵画と写真作品で著作権としての扱いに違いがあるのでしょうか?

何かしらわかる事があればと思い質問致しました。
よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

美術の著作物(絵画等)及び写真の著作物の原作品を公に展示する場合は、著作権法により著作権者(展示権)に許諾を得る必要がありますが、著作権の制限規定に次のような条文があります。

第45条1項
美術の著作物もしくは写真の著作物の原作品の所有者またはその同意を得たものは、著作物をその原作品により公に展示することができる。
同条2項
この規定は、美術の著作物の原作品を街路、公園その他一般公衆に解放されている屋外の場所または建造物の外壁その他一般公衆の見やすい屋外の場所に恒常的に設置する場合には、適用しない

また、展示権が問題となるのは原作品についてのみであり、複製品については問題となりません。

というわけで、自己所有あるいは、所有者に同意を得ているのであれば、お店に飾る場合は著作権者に許諾を得なくても大丈夫です。

Q車のシートカバー

車のシートカバー

MT車取り付け不可というシートカバーをよく見るんですがどうして付けられないんですか?
ATと何が違うんですか?

http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e101773404

Aベストアンサー

さっそくのお返事ありがとうございます。
実はekワゴンの5MTに乗ってまして、同じくATとMTでシートカバーが異なっているのですよ。
ATの運転席アームレストは可動式なのですが、そのタイプのカバーをMTにつけるとアームレストが無いので、アームレストの根本が付く部分に穴が開いてしまいます。
それで「付かない」としていると思っております。多分、シート形状は共通でしょう。

Q歴史上の人物の肖像写真の著作権(肖像権?)について

たとえば、自分のホームページに坂本竜馬の肖像写真を貼り付けようと思った場合、誰かに許可をもらうなりしなければならないのでしょうか?

Aベストアンサー

 ありません。教科書会社が作成した文章、および独自に作成した資料であれば、許諾を得る必要があります。

Q車 シートカバー

ちゃんと店員に聞いて車のシートカバーを買ったんですが
枕の部分だけが合いませんでした
レザーシートカバーで枕だけ買えるとこってありますでしょうか?
車はエブリィワゴン24年式です

Aベストアンサー

>ちゃんと店員に聞いて車のシートカバーを買ったんですが
>枕の部分だけが合いませんでした

現物を持ってお店に相談に行くのが良いと思います。

実はちゃんと付くという可能性も有りますし
全く付かないのであれば
お店さんが何かしら対応して下さると思います。

店頭で、店員さんに相談して購入すると言うことは、
こういう事態のためでもありますので
是非一度お店をお尋ね下さい。

Q肖像権と著作権について

情報の試験問題についての質問です。「自分が撮影した著名人の写真をWebページに掲載した」これがどのような権利を侵害しているかが問題です。肖像権とパブリシティ権を侵害していることが答えになっていますが,Webページに掲載していることから公衆送信権も侵害していることになりませんか。教えてください。

Aベストアンサー

自分が撮影した写真ですから、著作権者は自分です。著作権者自身が、その写真を公衆に対して送信可能な状態にしても、そのこと自体では何ら他人の権利を侵害しません。

著作権者が他人である場合にその許諾を得ずに同様の行為を行なったら、それは公衆送信権の侵害になります。

Q新車にシートカバー 新車を購入しシートカバーをつけようと思っていますが、つけてない車のほうが多そうな

新車にシートカバー
新車を購入しシートカバーをつけようと思っていますが、つけてない車のほうが多そうな気がします。
着けてる理由と着けてない理由を教えていただけませんか?

Aベストアンサー

20年~25年前はつけてましたね。でもそれ以降はつけなくなりました。

つけていた理由:
・シートの汚れを防ぐ
・直射日光によるシート地の日焼けや劣化を防ぐ
・いろんな色やデザインのカバーが楽しい → 暑い時期と寒い時期で変えたり

つけなくなった理由:
・取り付けや取り外しが面倒
・シートのデザインが豊富になり、自動車用品店で売っている汎用製品だとピッタリつかないシートが多くなった
  → ピッタリ装着できる純正品は高い
・シートのデザインや色が綺麗になり、つけない方がデザイン的にまとまっていて良いと思うようになった
・車が生活上の楽しみから普通の道具に変化した

そんな感じでしょうか。
参考まで。

Q著作権、肖像権について

いつもお世話になっております。
質問なのですが、私はMSNメッセンジャーを使用して友人と楽しく会話をしており、好きな芸能人の話などもよくします。
そこで、その芸能人の画像などを2人だけで交換することは著作権、肖像権などについて問題はありますでしょうか?
恥ずかしながら私は法律に無知でして、著作、肖像両権についても同様であり、的外れな質問をしておるかもしれませんが、どうかご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

メッセンジャーとかいったものはあまり使ったことがないので詳しくは知りませんが、著作権については、ホームページのようにオープンになってしまう場合は複製や公衆送信(送信可能化)の問題が生じる可能性があり、メールのようなカタチでプライベートな空間の中でごく親しい友人間でやりとりするのみであれば私的複製とされ、許可がなくても許されるということになるかと思います。
このへんは、メッセンジャーの仕組みを理解した上でないと、何とも言い難いところがあります。

肖像権については、芸能人のプライバシーに関するものであればオープンにしなければよく、それ以外の写真は商業利用しなければよい、ということのようです。乱暴な説明ですが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報