自転車通行可歩道橋で前方に歩行者が居て進めません。車道は車の通行が頻繁で走るのは危険と思われます。ベルを鳴らして歩行者をどかして良いのでしょうか

A 回答 (7件)

 基本的に歩道を自転車で走行してはいけません。

ただし、通行可能の許可がある。車道に出ては危険な場合は走行可能ですが、あくまでも歩行者優先です。一旦降りて、手で押しながら「すみません、急ぐので通してください」と言いながら追い抜かしてください。乗車中に歩行者と接触すれば「交通事故」になり、車両と歩行者というあなたにとって立場が悪く成りますし、逃げればひき逃げ扱いにされますよ。
    • good
    • 0

自転車から降りて押して歩いて下さい



歩行者の歩行の妨害をしてはダメ...常識では?

ベルは違法になります
    • good
    • 0

>ベルを鳴らしてどかして良いのでしょうか



どかしてもどかしても前に進めない場合は
歩行者のペースでついていくしかありません。

数人だけならば、ベルをならして譲ってもらえばよろしい。
静かなところならば、「すみません通ります」と声をかけてもいいでしょう。
そのほうが丁寧な場合もあります。
    • good
    • 0

> ベルを鳴らして歩行者をどかして良いのでしょうか



やりがちですが
自転車が歩行者を(自転車のベルで)どかして通ることは、違法です。
なのでもし、やるとするならば「すみませ~ん」と声を掛けましょう。
道路交通法の改正などの時、テレビなどで何度も放送されていたように思います。

ベルの無闇な使用は、
道路交通法第54条(警音器の使用等)2項にて明確に規定されています。
「車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。
    • good
    • 0

通行可:通行できる状態で安全なときは乗車通行してもよろしい


こういう許可をされているのです
歩道橋は狭いですね
乗車通行が安全とは思えません

この回答への補足

すみません。間違えていました。歩道橋ではなく「歩道」でした。

補足日時:2009/05/26 13:05
    • good
    • 0

歩道橋の上が通れるようになっていても「降りて通行してください」と書いてありませんか?書いてなくてもそうすべきことでもあります。



その場合、歩行者が普通のスピードで歩いているのなら、追い越すこともないでしょうし、停まって話し込んでいる人がいたりしたら、歩行者が追い越す時のように「すいませーん」と声をかけて通してもらえればいいです。
ベルは失礼です。

この回答への補足

すみません。間違えました。歩道橋では無く「歩道」です。

補足日時:2009/05/26 13:06
    • good
    • 0

だめです。


歩行者が優先です。
警笛は危険回避など限られた場面でのみ使用可能なものです。道路交通法に明記されています。自転車も道路交通法が適用される車両です。

歩行者が多くて走行が困難・危険な場合は、降りて押して歩く必要があります。

車道で自分が危険だからと、歩道で危険行為をしたのでは、ただの我侭です。
だったら、正々堂々と走れる車道を走りましょう。

それから歩道を走る場合、特に歩道上に自転車の走行枠が書かれていない普通の歩道ならば、歩道内でも車道寄りを走行しなければなりません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自転車のパンク修理

今、自転車のパンク修理に来たのですが、交換なしのパンク修理で1200円と言われました。これってボッタクリですか?

Aベストアンサー

安いと思います!!
店によってかなり違うみたいですね。
私は確か1本2000円くらいだったから。

Q農道?歩行者専用道路?の通行権について

農道?歩行者専用道路?の通行権について

自宅の近所に幅5m位の用水路に沿ってアスファルト舗装の幅2mの道が有ります。
道の始まり部分に道路交通法による「歩行者専用道路(青い丸の中に人が描かれたもの)」の標識が設置されています。先日ベビーカーを押して歩いていたら路上に軽ワゴン車が止まっており、脇をやっとすり抜けて通りました。

すると隣接した畑に御夫婦の姿があったのでこの車の持ち主と思い「ここは歩行者専用道路ですよ」と言ったところ、ご主人の方が「ここはもともと農道でわしらの道路だったものを学校からの要請で通学路として許可してやってる。今日は休日なので通学も無いはずで関係者(つまりこの道路にかかわる農業従事者)しか通行できない。」と逆に怒られ、通行しているこちらの方が悪いように言われてしまいました。

どう考えても釈然としません。
管轄の警察か市役所の農業関係の部所に聞けば判るのでしょうか?
専門知識をお持ちの方の御意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

 「歩行者専用道路」の標識は規制標識に該当するので、設置者は道路管理者か公安委員会となります。その道路の経緯から行けば、道路管理者の可能性が高いですね(支柱に設置者の名称が記載されています)。
 農道を公的道路として扱う場合は、道路管理者は市町村となっていることがほとんどです。管理部署は道路維持管理関係です(農政関係ではない)。
 歩行者専用道路であっても一部の車両に通行を許可していることはありますが、その場合は「指定車・許可車を除く」などの補助標識が付いているはずです。それがなければ車両の通行は原則として許可されません。道路交通法に違反します(同法第8条)。

http://ihan.jp/law/dokoho/pc.htm#8

Q自転車屋さんはパンク修理が嫌い?

自転車で通勤しているのですが、今日の朝、前輪の空気が急に抜けてしまい走れなくなり駅のそばに置いて電車で出勤して、帰りに自転車を家の近くの駒沢通り沿いの自転車屋さんにもって行ってパンク修理をお願いしました。
「パンク修理お願いまします。」
「修理の受付は2時までです」(今は午後8時)
「時間かかってもいいですから明日の夜取りに来ます」
「作業スペースが狭いので預かりはしていません」
といわれてあきらめて押して帰ってきました。
パンク修理って自転車屋さんにとってはやりたくない仕事なんでしょうか?
それともそのお店で買った自転車しか修理してくれないのでしょうか?
パンクしている人はまさに困っているので何とかしてほしいのに...

Aベストアンサー

快く引き受けてくれる店もまだまだありますよ。

ただ、「スーパーで安く買っておいて、面倒な修理だけ押しつける」という雰囲気もあるようです。買ったお店に持ち込めるなら、それに越したことはありません。

あと、最近の中国製自転車のタイヤなどは、ディスカウントのために耐久性を相当に軽視した作りになっており、修理してももちが悪いとか聞きました。

Q自転車で歩行者を追い越すときにベルを鳴らす習慣

今私が住んでいるところでは、
道を歩いていて、後ろから自転車が来ると、
その自転車にベルを鳴らされます。
自転車が抜かせないから、という時もありますが、
そうでないときでも鳴らす人がいます。
「邪魔だよ、どけよ」という意味の悪意はなさそうで、
単純に、後ろから自転車が来ますよ、ということを
知らせているようです。
逆に、自分が自転車に乗っていて、前を歩いている
歩行者の集団が抜かせなくてゆっくり走っていたら
「ベル鳴らせよ」とその人達に怒られたこともあります。

後ろから歩行者を抜くときにベルを鳴らす習慣は
今までなかったので、私にはなんとなくできないのです。
(どけ、という意味が自分の中で定着しているので)

みなさんの所にはそういう習慣はありますか?

Aベストアンサー

#1の者ですが、少し長くなります(^_^)

>そのルールは、どれくらい普及しているんでしょう。
>(知っている、ではなく実際抵抗なく実行できている、という意味で)
実はごく一部だと思います(^^;)。

これは多くは私の経験内から獲た知識で、またサイクリング愛好者に取ってはマナーの一つですが、実は何処にも明文化はされていないと思います(^^;)。
経験内と言うのは、自動車運転時(免許取得時や更新時に獲た情報含む)や自転車乗車時、そして当然歩行者としての経験内です。

他のご回答にも有ったかと思いますが、自転車は道交法では軽車両に分類されていて、実は自動車と同じ様に多くのルール(法律)で規制されています。
で、道交法(以下一律にこう表現します。政令や都道府県条例で有る場合もありますが、詳しくは私は専門家じゃないのでお許し下さい)では、自転車については警笛器(ベル)、前照灯(ライト)、尾灯(テールランプ・反射板)の装備が義務づけられています。

ベルについては、自動車と同じ様に(簡単に言うと)見通しの悪い所や、危険を回避する目的以外ではむやみに鳴らす事は禁じられています。
但し、これ以上は明文化されていません。ここからが「意訳」も含めマナーの範疇であり、又「実際は臨機応変」の部分です。
「歩行者専用道路」なら自転車は通行できません。降りて押せば別ですが。
但し、実際の多くは「歩行者優先」でしょう。
なので、ここで語られているようにマナーが必要になります。
「オラオラ、どけよ!」と言う意味での警笛はマナー違反、と言うか道交法違反になるでしょう。
しかし、危険の回避と言う意味での使用はアリですね。只、これだけだと未だ「妥当では無い」場合が多く、又歩行者はまだ「ムッ」となりますので(^_^)、実は「存在を知らせる」と言うのが重要な意味を持ちます。

少し話が逸れますが、他の自転車に義務づけられた装備品の前照灯と尾灯。
尾灯(反射板)が後ろから来る自動車などに「存在を知らせる」為に有るのは説明不要かと思いますが、実は前照灯も殆どはその「存在を知らせる」為に義務づけられています。
そう「前方の道を照らす」目的が第一では無いのです。
これも道交法で明文化されている訳ではありません(^^;)。
しかし、ここ↓に少し触れられていました(自転車の写真の下辺り)。
http://www.chiben.ac.jp/nara/sisetu/By_Safe.htm

話を戻すと、大きな意味で危険回避と言う意味で「存在を知らせる」のが重要であり、ベルの使い方が重要になると言えます。
歩行者の身になってみれば、いきなりベルを鳴らされるのでは無く、後ろから自転車来るのが「判って」いれば気分が違いますし、又驚く事も無いですよね?
そしてお互い「自然」に避ける・・・・

だからここから先はマナーの問題で、「どけ!」と言う意味で鳴らさない、いきなり鳴らさない・驚かせない事が重要になり少々テクニックが必要になります(^_^)。

言葉足らずでしたが、そう言う意味で私の#1の回答では「早い内に鳴らす」と言う表現をしました。
勿論、鳴らし方もガンガン鳴らすのでは無く、軽く控えめに鳴らす(でも聞こえないと意味ない・^^;)等やはりテクニックが要求されます。
ブレーキを「キッ」とかけて知らせるのは、私も経験有り非常に気持ちは理解出来るのですが、歩行者から考えれば、それは「直前」で止まったに過ぎない危険な状況ですので、逆効果だと思われます。空くなくとも私の経験内ではピックリされたり、ムッとされたりしました。

自動車免許を持っている人なら上記の事は経験と免許取得時に嫌でも多少勉強するので(^^;)、この辺りの事は理解している(はず)なんですが、歩行者はそうとは限りません。
逆に歩行者だからと何者にも気遣いなく、横に広がって歩いたり、急に飛び出したりする事も多く、誰にも通用する事とは限らなくて難しいですね。

でも、結論を言えばやはりベルを「活用」(鳴らすのを「控える」ではなく、上手に鳴らす)しなくてはいけないと私は思っています。
出来れば歩行者も(私もですが)、常に「何よ!!危ないじゃない!!」じゃなくてもう少し知って貰えればと思います。まっお互いのマナーですかね。
と言いつつ、私もなかなか上手く「鳴らす」のが難しく、色々苦労してますから(^^;)。

たまたま見つけたページですが、かなりのサイクリング愛好者らしく「ベルを鳴らすより、声をかける」と書かれています(^_^)。
http://nakayoshicycle.tripod.co.jp/riding.html

これには歩行者からの意見として、ちゃんと『知らせて』とありました。
http://www.police.pref.hokkaido.jp/ps/sapporo/ebetsu/info.html


>「自転車が歩行者を抜くときはベルを鳴らして存在を知らせる」
>ということですか?知りませんでした・・・。
厳密に言えば「他者に存在を知らせる」と言う事ですが、上記で申した通り、特に明文化されている訳じゃないのでto_ma__to___さんが知らなくても全く気にすることはありません。
一応、本回答でご理解頂けたと思いますが如何でしょうか?
「これ」が浸透すると良いんですけどね。って言うか明文化して欲しい(^_^)。

最初からこのように考えていましたが、長くなるので#1の様な感じの方が良いかな?と誤った(^^;)判断をし、あの様になりました。
言葉足らずであった事お詫び致します。

それと、
>みなさんの所にはそういう習慣はありますか?
この期に及んで、これ↑に回答していないことお許しください(^_^)。

#1の者ですが、少し長くなります(^_^)

>そのルールは、どれくらい普及しているんでしょう。
>(知っている、ではなく実際抵抗なく実行できている、という意味で)
実はごく一部だと思います(^^;)。

これは多くは私の経験内から獲た知識で、またサイクリング愛好者に取ってはマナーの一つですが、実は何処にも明文化はされていないと思います(^^;)。
経験内と言うのは、自動車運転時(免許取得時や更新時に獲た情報含む)や自転車乗車時、そして当然歩行者としての経験内です。

他のご回答にも...続きを読む

Q自転車パンク修理に詳しい方

近所の自転車にパンク修理に行くと「チューブの交換です」と言われ¥2800とられました(パンク修理なら¥1000)。さてまたパンクしたので行くとまたチューブの交換と言う事で¥2800取られました(変に思い他の方の自転車もチューブの交換をしている感じでした、実際こんなにチューブ交換ってあるんでしょうか、それともこの自転車屋はぼったくっているのでしょうか。

Aベストアンサー

どうしてパンク修理でなくてチューブ交換になるのか説明してくれませんでしたか?
説明しない自転車店が多いのですが親切な店とはとても言えません。
親切な所ではチューブの状態を見せて「パンクした状態で乗ったようでチューブが傷だらけになっているので交換以外に修理方法がありません」等と了解を取った上で交換することが当たり前でしょう。
何も説明しないで交換するような店ではボッタクリと思われてもしかたないですし、今後もタイヤ交換時に余計な所まで交換されて多額の金額を請求される恐れがありますから、このような店に修理を依頼することは避けた方が良いでしょう。
今の時代に消費者に疑念を持たれる様な店は早くつぶれた方が良いです。

Q歩行者のロータリーでの通行について

高校生の通学マナーの指導をしているのですが,ロータリーの通行はどのように行えば良いのか困っています。
車はロータリーでは右回り(時計回り)ですが,歩行者はそのまま車と反対側すなわち左回りでいいのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 そのロータリーに歩道があるのであれば、右回りも左回りも特に気にせず歩いてもらえば良いと思います。歩道が無いのであれば、やはり左回りがベターなのではないかと思います。車を運転してて、いつ飛び出されるかとひやひやしながら背後から近づいて行くより、歩行者・ドライバーの両者がお互いの接近を知ることが確認できるので、運転者側からすればの話ですが。
 まあ、歩行するときは最短距離を歩きたいものなので、右回りが近ければそちらを歩くし、左回りが近ければ左回りに歩くし、近い方で落ち着いてしまうと思います。距離が同じであれば、生徒達がいちいちその指示に従うのかという疑問は残りますが。
 道いっぱいに広がって歩かれるのだけは困りますが、車が来るので注意して歩ってね、ぐらいで注意を喚起するぐらいでも良いと思います。
 個人的な意見で申し訳ありません。

Q自転車のパンク修理は家でやっちゃいますか?

今日も午前中、かみさんの自転車の後輪パンク修理してました。(--;)
しゃがんでやるので結構疲れますよね。
自転車のパンク修理は、ご自分または、ご家族がやりますか?
自転車屋さんに持って行くと、1500円~3000円位とられるみたいです。
節約するなら、自分でやるしかないでよね

でね・・・パンクはまだ良いのですが・・・
後輪タイヤ交換とかはスプロケットからチェーンょ外さなければならないので最悪です 汗

お気軽ご回答くださいませ(^_^)/

Aベストアンサー

こんにちわ☆

一応サイクリストでもあるので、パンク修理は基本中の基本です。でも今年の初めに街乗り用の自転車で海沿いの道を走っていた時、釣り針が刺さってパンクしました(笑)。サイクリングの時は修理キットを持っていくのですが、その時は油断して持っていかなかった為近くの自転車屋さんに持ち込んで直してもらいました。800円でやってくれましたよ。さすがにプロは手際がいいな、って思いながら作業を見てました。

Q自転車で車道を走るのが怖い

最近、自転車は車道を走れとの流れになってますよね。

そもそも法律では車両扱いなので、車道を走るべきなのも理解できます。

ですが車道を走ると、ほんの数センチ横を鉄の塊がスピードを出して走ってます。

少しバランスを崩しフラついたら接触して大怪我もしくは死亡です。

正直、車道を走るのが怖くて仕方ありません。

自転車が車道を走って、もし車と接触して大怪我したら治療費は誰が払ってくれるのでしょうか?

車を運転する方も、すぐ横を自転車が走っててイヤじゃないですか?

ちょっと当たっただけで、怪我をさせてしまい救急車を読んだり警察に出頭しないといけないわけです。

自転車が車道を走るのは危険すぎます。

怖いです。

毎日こんな怖い思いをしないといけなくなるなんて、とても苦痛です。

元々、気が弱い性格なので特に怖いです。

車道を走ると恐怖で手が震えてしまいます。

自転車しか乗り物がないので、どうしたらいいか困ってます。

アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

いつも車なので車目線になってしまうと思いますが、

今度の流れは、車の運転を大分元のほうから変えていく必要があるのかな、と思っているところです。

自転車多いですし、大体道が狭いところは多いし、車道に自転車用の車線がある場合は、自転車の速度も速いし、結構お互いに安心してしまう部分があるかもしれないですし。

狭い道では、歩道から歩行者や自転車をよけて、急に車道に入ってくるのが結構怖いですね。
夜は予測がとてもしづらいし、何しろ以前より道が暗くなっているところが多くなっているようで、確認が難しいです。
また交差点では信号にかかわらず、そのままの速度で左折する自転車が最近気になっています。
車もルールやマナーに、以前から問題があるわけなんですけれどね。

ですので、天気や時間帯、ルート選びなども少し考慮して、以前よりも安全と思えるところを通るようにしてはどうでしょうか?
反射板や服装なども少し考慮してみてはどうでしょうか?
あとは交差点での安全確認を増やしたり、走行中は時々後方にも気を配って走れればより安心なのかもしれないです。

自分の運転のほうもだいぶ変えていかないとと思っています。

いつも車なので車目線になってしまうと思いますが、

今度の流れは、車の運転を大分元のほうから変えていく必要があるのかな、と思っているところです。

自転車多いですし、大体道が狭いところは多いし、車道に自転車用の車線がある場合は、自転車の速度も速いし、結構お互いに安心してしまう部分があるかもしれないですし。

狭い道では、歩道から歩行者や自転車をよけて、急に車道に入ってくるのが結構怖いですね。
夜は予測がとてもしづらいし、何しろ以前より道が暗くなっているところが多くなっているようで...続きを読む

Q自転車のチューブ交換かパンク修理か素人が判断する場合

自転車のパンク修理を自分でするのは初めてでチューブを取り出してみました。遠目で見てもわかるくらいの5ミリ四方の大きな穴が開いており、パンク修理セットで修理しました。一応元通りになったと喜んでいるとしばらくしてまた凹んだので見てみると、見えない穴が2,3個開いているようです。チューブ交換する工具がなく、パンク修理ならかろうじてできます。かなり大きな穴でもパッチで完全に覆えば大丈夫だと他人から聞きましたが、複数個でも大丈夫なものなのでしょうか?チューブ交換なら自転車屋に頼もうと思うのですが、このままパンク修理のパッチを4個も付けて走行に支障ないのでしょうか?割と遠くへ買い物に行ったりする(重いものを載せる)ので、途中でどうにかならないかという心配もあります。買ったのは4,5年前で一度チューブ交換したような気がするのですが覚えていません。通勤に毎日使っています。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

プロはパンクの状態を注意深く見てパンクの原因を見極めてから修理します。
5ミリ四方の大きな穴と言うことは通常のパンクではあり得ません。
タイヤがどこか裂けていませんか?
タイヤが3ミリ以上裂けているとパンク修理しても再び間もなくパンクします。
タイヤ交換以外修理方法は無い思います。

Q私は歩行者道路(自転車可)を、自転車走行してましたが、交差点(四角)の

私は歩行者道路(自転車可)を、自転車走行してましたが、交差点(四角)の車両信号が「赤」(歩行者用には信号設置なし)でしたので、停止してたら、

小学生通学誘導中(通学時間帯)の4人の高年齢者たちが、「ここは歩行者信号ないし、車両信号に従わないでよいので通れますよ!」と、言われました。

これは正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

>これは正しいのでしょうか?

「ここは歩行者信号ないし、車両信号に従わないでよいので通れますよ!」というのは正しくは無いと思います。

歩行者信号が無い場合は、歩行者も車両信号に従わなければならない為です。

従って自転車に乗っている「軽車両」扱いであっても、降りて押している「歩行者」扱いであっても、どちらにしても車両信号が赤で、歩行者信号が無い場合は、停まらなければなりません。

と言うよりも、下のURLの一番最初に書いてある通り、一般的に「車両用信号」と言っている信号は、本来は車両の為のものではなく自転車、歩行者を含めた全ての者に対する信号であって、歩行者信号がある場合のみ、歩行者は歩行者信号に従う、という考え方が正しいと思います。

http://trafficsignal.jp/~mori/s-imi.htm

従ってご質問者の行動が「正しい」と思われます。

なお、以下に示すウィキペディアに『田舎や歩行者があまり通らない農道では歩行者用信号機が設置されていないこともあるが、その場合は、歩行者は車両用信号機に従えばよい』と書かれているのを見つけましたが、もっと公的な機関(警察署とか自動車学校など)の記述は探したのですが見つかりませんでしたので、上記で述べた内容は『私はそう思う』程度の確信度となります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%A1%E5%8F%B7%E6%A9%9F

>これは正しいのでしょうか?

「ここは歩行者信号ないし、車両信号に従わないでよいので通れますよ!」というのは正しくは無いと思います。

歩行者信号が無い場合は、歩行者も車両信号に従わなければならない為です。

従って自転車に乗っている「軽車両」扱いであっても、降りて押している「歩行者」扱いであっても、どちらにしても車両信号が赤で、歩行者信号が無い場合は、停まらなければなりません。

と言うよりも、下のURLの一番最初に書いてある通り、一般的に「車両用信号」と言っている信号は、本来は...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報