潮の干満と月の関係を説明した図を見ると月が南中したときに満潮になるように説明されていますが、日本の太平洋沿岸では月の出、月の入りの時に満潮となります。瀬戸内海や日本海では地形のため時差が生じると思いますが太平洋側でそうなるのは理解できません。
 図自体は理解できるのですが、現実との違いに悩んでいます。

「潮の干満と月の関係」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

地球が凹凸の無い球体で一様な深さの海に包まれていれば周期はほぼ一致します(天文潮)


海水の粘性や海底との摩擦のために完全には一致せず少し遅れます
地球をよく見てください
海面の高いところは東から西へ移動します
これを潮汐波といいます
ところがアメリカとアフリカが海水の移動を妨げるので月の周期とは一致できません
更に海岸地形は複雑なので一様な潮の移動はは不可能です
しかも風の影響もあるのでますます複雑になるのです(気象潮)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 水の粘性と海底の摩擦ですね。地形の複雑なところは別として、広大な太平洋では月の動きと潮が同期しそうに思われたのですが、そうも行かないようですね。
 このよく見かける説明図、ちょっと問題有りではと思います。

 回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/27 06:37

すでに答が出ていますが、少し付け足しておきます。



>でもよく見かけるこの図は誤解を生じやすいですね。

たしかにおっしゃるとおりです。ただ、これは初心者に潮汐の原理を説明するための、いわば第1次近似と考えればよいのではないでしょうか。
実際にはこれに、月が南中(または地平線の下で北中)してから水面が反応するまでの時間(平均高潮間隔)が加わるわけですが、これは前の回答にもあるように、場所によってずいぶん違いますので、そこまで反映した図にすると、結局どこが満潮だかはっきりしない図になってしまうでしょうから。

「水の粘性や地形などの関係で、実際の満潮・干潮時刻はこの図の通りではなく、何時間か遅れて起こります」と書き添えてあればよいのですが、こういった図が載っている本には、そこまで書いてない場合が多いような気がします。
初心者向けだからとはしょってしまっているのかもしれませんが、一言ほしいですよね。

昔似た質問に答えたことがあります。そちらも参考にしていただければ幸いです。

「汐の満ち引き」http://oshiete1.goo.ne.jp/qa289898.html
「満月の正午になぜ干潮?」http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=43380

ただ、後者の回答の中に、平均高潮間隔は理科年表に載っている、と書きましたが、最近は載らなくなってしまいました。(大まかな地図は載っています)
海上保安庁の「日本沿岸潮汐調和定数表」もずいぶん前に絶版になってしまっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 詳しい解説ありがとうございます。

 当方釣り好きで、最近満潮の時刻と月の出、入りの時刻がほぼ一致することに気付き、そして質問に添付した図を思い出し、矛盾を感じて質問した次第でした。

お礼日時:2009/05/29 07:55

月の出、月の入りに満潮になるとすれば約6時間の時差ですね。

時差が生じるメカニズムは、膨大な海水が月の引力を受けて反応するまで時間がかかるからです。初動時間ですね。あとは地形との複雑な関係で、2時間~12時間などの時差が(全て遅れです)生じます。12時間遅れると次の南中ピッタリに満潮になるので思わず天を仰いで月を探したりしますが、月の影響は12時間前のものです。

これに似た例で、お風呂の排水で出来る渦は、地球の自転のコリオリの
力によるものだという通説がありますが、これは誤りなのです。コリオリの力が水に働く初動時間はもっと遅いので、排水と同時に渦ができるのは別の原因です。

このように水には粘性があって、サラサラしている様で、実は粘っているのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 粘性、摩擦、地球の自転等の影響で地球では説明図と6時間ずれた潮汐になるのですね(大洋の場合)。よくわかりました。でもよく見かけるこの図は誤解を生じやすいですね。

 回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/27 06:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日の出と月の出

昨日の月の出と今日の日の出が場所がだいぶ違うように感じました、
太陽の軌道と月の軌道と違うのですか?

Aベストアンサー

 たとえ太陽の通り道(黄道)と月の通り道(白道)とが一致していても
月の出の場所と日の出の場所が違うことは起こります。
 ご存知のように季節によって日の出の場所が大きく違います。
 つまり、夏の太陽はかなり北寄りのところから昇ってきますが
冬には南寄りになります。
 さて、昨日は満月でした。ということは月は地球を挟んで太陽と正反対の位置にありました。
 言い換えれば、昨日の月は半年前つまり5月初めの太陽の位置にあったのです。
 5月初めの日の出の場所は昨日の日の出の場所とはだいぶ違いますよね。
 その5月初めの太陽と同じ位置に昨日の月があったのですから、
昨日の月の出の場所と日の出の場所とはだいぶ違うのです。
 この現象は、太陽の軌道(黄道)と月の軌道(白道)とが違うことから起こるのではなく、
黄道が天の赤道と一致していないこと、すなわち、地球の自転軸が地球の公転面に対して垂直ではなく、
23.5度ほど傾いていることによって起こっています。
 地球儀がかしいでいるのはこの傾きをあらわしています。

Q小学生6年の妹に、星座が東の空に昇る時刻や南中時刻は1ヵ月に2時間早くなる理由を簡単に説明してあげた

小学生6年の妹に、星座が東の空に昇る時刻や南中時刻は1ヵ月に2時間早くなる理由を簡単に説明してあげたいのですが、どのようにすればいいでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)太陽の周りをまわる地球の絵を書いて(どちらも上から見たところ=地球の自転軸と公転軸が平行と仮定して)、1年で地球が太陽の周りを1周すること、その間に「地球上の太陽に向かう点」も1周することを説明します。つまり、「地球から見える、南中時の宇宙」が1年で1周動くということです。
http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/wiki/B5A8C0E12FB5A8C0E1A4CFA4CAA4BCCAD1B2BDA4B9A4EBA4CEA4ABA1A9.html

(2)1周は「360°」ですから、1か月ではその 1/12 の「30°」だけ動きます。

(3)地球の1周=24時間ですから、1時間では「360 ÷ 24 = 15°」だけ動きます。つまり「30°」は「2時間分」に相当します。

(4)以上から、地球が太陽の周りを公転して1か月動くと、「南中の方向」が「30°」つまり「2時間分」変わるわけです。
 自転と公転の方向が同じなので、自転で「南中の方向」を向くには1か月前に比べて「1回転+30°」回らないといけないことになり、南中する2時間前に「宇宙の同じ方向(同じ星座)」が見えるのです。

こんな説明でどうでしょうか。

(1)太陽の周りをまわる地球の絵を書いて(どちらも上から見たところ=地球の自転軸と公転軸が平行と仮定して)、1年で地球が太陽の周りを1周すること、その間に「地球上の太陽に向かう点」も1周することを説明します。つまり、「地球から見える、南中時の宇宙」が1年で1周動くということです。
http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/wiki/B5A8C0E12FB5A8C0E1A4CFA4CAA4BCCAD1B2BDA4B9A4EBA4CEA4ABA1A9.html

(2)1周は「360°」ですから、1か月ではその 1/12 の「30°」だけ動きます。

(3)地球の1周=2...続きを読む

Q月の出の方角の違いの原因は?

今もうすぐ満月になりそうな月が上がってますが、季節によって方向が違います?(違ってたはず)
。何が原因なのでしょうか。
今は、南南東方面から、たしか東よりの時は東北東当たりだったでしょうか?

単純に考えたら地軸の傾きが該当するのかなー。と、思うのでですが真相はいったい何でしょうか?

Aベストアンサー

地球から見た太陽の通り道を「黄道」というのに対して、地球から見た
月の通り道を「白道」といいますが、この黄道と白道が5.1度程の角度で
交わっています。

季節により月は黄道の5度くらい北側にあるときもあれば逆に黄道から
5度くらい南側にいるときもあり、さらには黄道と白道が交わるような場所に
くることもあります(日食や月食はこの時期に近いときに起こります)。

黄道上を動く太陽の日の出の方向が季節によって変わるように、黄道から
南北にブレる月の出の位置も季節によって変わります。

立体の話なので説明が難しく分かりにくくてすみません。ちょうどいい
図のあるサイトがないかと探してみましたが見つかりませんでした。

ちなみに白道は年々少しずつズレていきますので、黄道のように天球上に
線を引くのが難しいのだと思います。

Q誕生間近の月がある時代の干満

誕生間近の、例えば月が現在の1/4の距離にあった時代の干満の差というのは、今の4倍だったのでしょうか?毎日津波のような干満が起こっていたのでしょうか?最も当時はほとんど大陸がない状態なので、陸に打ち寄せるのかどうかわかりません。

Aベストアンサー

月は地球誕生の直後の45億年前、巨大隕石の衝突で弾き飛ばされた陸地が固まってできたと言われています。
まだこの時は水はありません。

1/4の距離のときは水があったので、ご指摘のように津波のような干満があったでしょうね。

月がもっと近くにいたときは毎日が嵐のようだと言う説もあります。
どちらにしても怖いですね。

Q時間帯の識別がしたいのですが…

呼出されて勤務した時間帯を管理したいのですが
selectcase文で18:00から2:00まで勤務したら『準夜-深夜』と表記したいのですが『型が合いません』とエラーが出ます
マクロは我流で勉強中なのでよろしくお願いします

Dim 開始時間 As Date, 終了時間 As Date
Dim 開始時間帯 As String, 終了時間帯 As String, 業務時間帯 As String

Private Sub 業務ステータス()
開始時間 = TimeValue(開始時間TextBox.Text)
終了時間 = TimeValue(終了時間TextBox.Text)
Select Case 開始時間
Case 開始時間 > TimeValue("8:29") And 開始時間 < TimeValue("17:00"): 開始時間帯 = "日勤"
Case 開始時間 > TimeValue("16:59") And 開始時間 < TimeValue("24:00"): 開始時間帯 = "準夜"
Case 開始時間 > TimeValue("0:00") And 開始時間 < TimeValue("8:30"): 開始時間帯 = "深夜"
Case 開始時間 = TimeValue("0:00"): 開始時間帯 = "深夜"
End Select
Select Case 終了時間
Case 終了時間 > TimeValue("8:29") And 終了時間 < TimeValue("17:00"): 終了時間帯 = "日勤"
Case 終了時間 > TimeValue("16:59") And 終了時間 < TimeValue("24:00"): 終了時間帯 = "準夜"
Case 終了時間 > TimeValue("0:00") And 終了時間 < TimeValue("8:30"): 終了時間帯 = "深夜"
Case 終了時間 = TimeValue("0:00"): 終了時間帯 = "深夜"
End Select

If 開始時間帯 = 終了時間帯 Then
業務時間帯 = 開始時間帯
Else
業務時間帯 = 開始時間帯 & "-" & 終了時間帯
End If
End Sub

呼出されて勤務した時間帯を管理したいのですが
selectcase文で18:00から2:00まで勤務したら『準夜-深夜』と表記したいのですが『型が合いません』とエラーが出ます
マクロは我流で勉強中なのでよろしくお願いします

Dim 開始時間 As Date, 終了時間 As Date
Dim 開始時間帯 As String, 終了時間帯 As String, 業務時間帯 As String

Private Sub 業務ステータス()
開始時間 = TimeValue(開始時間TextBox.Text)
終了時間 = TimeValue(終了時間TextBox.Text)
Select Case 開始時間
...続きを読む

Aベストアンサー

質問のエラーは#1さんの通りだけど
caseの使い方も間違いだと思うので修正してみました
もう一度、ヘルプに目を通しておいた方が良いかと

Dim 開始時間 As Date, 終了時間 As Date
Dim 開始時間帯 As String, 終了時間帯 As String, 業務時間帯 As String

Private Sub 業務ステータス()
開始時間 = TimeValue(開始時間TextBox.Text)
終了時間 = TimeValue(終了時間TextBox.Text)
Select Case 開始時間
Case TimeValue("8:29") To TimeValue("17:00"): 開始時間帯 = "日勤"
Case TimeValue("17:00") To 1: 開始時間帯 = "準夜"
Case TimeValue("00:00") To TimeValue("8:30"): 開始時間帯 = "深夜"
End Select
Select Case 終了時間
Case TimeValue("8:29") To TimeValue("17:00"): 終了時間帯 = "日勤"
Case TimeValue("17:00") To 1: 終了時間帯 = "準夜"
Case TimeValue("00:00") To TimeValue("8:30"): 終了時間帯 = "深夜"
End Select

If 開始時間帯 = 終了時間帯 Then
業務時間帯 = 開始時間帯
Else
業務時間帯 = 開始時間帯 & "-" & 終了時間帯
End If
End Sub

日を跨ぐ時は日付も付加しないと、正確な計算が出来ませんよ
今回は時間の計算が無いため、希望の処理になると思いますが・・・
詳しい説明は省きますが、時間の計算が必要な時は気をつけてくださいね

質問のエラーは#1さんの通りだけど
caseの使い方も間違いだと思うので修正してみました
もう一度、ヘルプに目を通しておいた方が良いかと

Dim 開始時間 As Date, 終了時間 As Date
Dim 開始時間帯 As String, 終了時間帯 As String, 業務時間帯 As String

Private Sub 業務ステータス()
開始時間 = TimeValue(開始時間TextBox.Text)
終了時間 = TimeValue(終了時間TextBox.Text)
Select Case 開始時間
Case TimeValue("8:29") To TimeValue("17:00"): 開始時間帯 = "日勤"
Case TimeValue("17:00"...続きを読む

Q潮の干満と月と太陽の関係について。

潮の干満と月と太陽の関係について。

以下自分の考えなのですが何かが間違っているようなのです。

 以前、潮の干満は月と太陽の引力が原因と聞きました。
 それで考えてみると、
 「月が太陽に最も近い時に、最も月・太陽に近くなった時間が
  最も満潮になる」
 のではと思いました。

 「月が太陽に最も近い時」というのは、朔月(新月?)の時で、
 「最も月・太陽に近くなった時間」というのは、標準時エリアのズレは
  多少あっても、基本的には正午頃
 かと考えました。


それで、先週末はほぼ朔月でしたので正午ごろに海を見たのですが、
最も干潮になっていました。
ついでに潮の干満表を見ても、当然ですが、そうなってました。
今は、朔月と満月のほぼ間ですが、正午頃に最も満潮になっています。

上記仮説(?)と全く逆です。

すみません、どこが間違っていたのか教えて頂けますか?

Aベストアンサー

月と太陽の引力が原因ですが力が強くなった時が最も大きい変化になる訳ではありません。
たとえばブランコを考えてみれば、ブランコが下のときに力を加えて大きく振れるようにした時
下の時は振れの位置は最低ですがスピードは速くそれから相当ずれた時に大きく振れて最大の振れになります。

潮の流れも一旦流れが起きると流れ続けて、力が無くなっても止まるまでにはかなりの時間が必要です。
そうして流れが止まった時が満潮、干潮となります。
このような現象は運動をする物理法則の常識となっています。

QExcel 勤務時間の計算式 でいい案ないですか?

会社の勤務票を作成中です。
現在、以下の計算式を用いて管理していましたが
以下の計算式では年休時、欠勤時、休日出勤時の管理が正確に入力できていないことが判明しました。

本来、
欠勤時は  稼働時間=0.0時間 所定時間=7.5時間(例)
年休時は  稼働時間=7.5時間 所定時間=7.5時間(例)
休日出勤時は稼働時間=7.5時間 所定時間=0.0時間(例)

となるべきなんですが、以下の計算式だと

欠勤時は  稼働時間=0.0時間 所定時間=0.0時間
年休時は  稼働時間=0.0時間 所定時間=0.0時間(例)
休日出勤時は稼働時間=7.5時間 所定時間=7.5時間(例)

となってしまっていたようです。

【計算式】
A1 業務開始時間(手入力)
B1 業務終了時間(手入力)
C1 休憩時間(手入力)
D1 稼動時間⇒=IF(OR(A1="",B1=""),0,B1-A1-C1)
E1 所定時間⇒=IF(D1>$M$44,$M$44,D1) *M44=8:00(当社の所定時間)
F1 時間外残業⇒=D1-E1

詳しい方で、ご教授願えないでしょうか
宜しくお願い致します。

会社の勤務票を作成中です。
現在、以下の計算式を用いて管理していましたが
以下の計算式では年休時、欠勤時、休日出勤時の管理が正確に入力できていないことが判明しました。

本来、
欠勤時は  稼働時間=0.0時間 所定時間=7.5時間(例)
年休時は  稼働時間=7.5時間 所定時間=7.5時間(例)
休日出勤時は稼働時間=7.5時間 所定時間=0.0時間(例)

となるべきなんですが、以下の計算式だと

欠勤時は  稼働時間=0.0時間 所定時間=0.0時間
年休時は  稼働時間=0.0時間 所定時間=0.0時間(例...続きを読む

Aベストアンサー

そりゃ、勤務体制や勤務表への記入様式によりますよ。

たとえばステータス列が{"";"宿直";"宿明";"休出";"年休"}のいず
れか1つを取ることにしましょうか。""は日勤もしくは欠勤です。日
勤の後で宿直すると、その日の勤務記録は2行になることにします。
すると所定時間が、
=choose(match(ステータス,{"";"宿直";"宿明";"休出";"年休"},min(稼働時間,"8:00"),"6:00","9:00","0:00","0:00")
になったりします。

そうじゃなくて、あくまでも1日が1行で「宿直」とか「宿明」とい
うのはその日の日勤の所定時間への加算を表すんだとすると、
=min(稼働時間,"8:00")*(ステータス<>"休出")+choose(match(ステータス,{"";"宿直";"宿明";"休出";"年休"},"0:00","6:00","9:00","0:00","0:00")
が所定時間になります。

稼働時間は、同様に加算するか時間外の方で処理するか会社の規定
次第って感じですが、方法的には上記の所定時間のやり方が流用で
きますよね。

そりゃ、勤務体制や勤務表への記入様式によりますよ。

たとえばステータス列が{"";"宿直";"宿明";"休出";"年休"}のいず
れか1つを取ることにしましょうか。""は日勤もしくは欠勤です。日
勤の後で宿直すると、その日の勤務記録は2行になることにします。
すると所定時間が、
=choose(match(ステータス,{"";"宿直";"宿明";"休出";"年休"},min(稼働時間,"8:00"),"6:00","9:00","0:00","0:00")
になったりします。

そうじゃなくて、あくまでも1日が1行で「宿直」とか「宿明」とい
うのはその日の日勤の所...続きを読む

Q国土地理院の25000分の一地形図の張り合わせの方法

驚いたのですが,国土地理院のホームページから
全国の25000分の一の地形図が閲覧できます.
「国土地理院 25000 地形図」で検索できます.
「測量の成果は広く国民に見てもらわなければならない」という法律があるらしいです.
これらはある意味では「軍事情報」なので,日本は自由で平和な国だなぁと思います.

前書きはこれくらいにしまして,
この地図と,同ホームページの「数値地図」を使って
張り合わせて,三県にまたがるくらいの大きな地図を作ろうかなと思ってます.(なぜそんなことをしたいかときかれると困ってしまいますが,プログラムの練習です.)
しかし問題がありまして,うまくつなぐことができず,微妙にずれます.

検索で調べたところ,
地球は回転楕円体(洋梨状)なので平面には展開できないためだとか図法が「ユニバーサル横メルカトル図法だから,地図は曲線の台形状だ」とかいろいろありました.図面をあらかじめ張り合わせられるように座標変換するとか,最小自乗法で最適な位置に変換するなどの文献もありました.
「カシミール3D」という同様の目的で主に山岳部を扱ったフリーソフトもあるようです.書籍も購入しました.しかし,悲しいことにそこに書かれていることが半分もわかりませんでした.

いまのところ,25000地形図はビットマップの「ラスタライズ済み画像」なので,あまりいじりたくはないのですが,適当にドットごとに変換して縦横10枚ずつくらいとりあえず張り合わせ,数値地図は,「緯度経度のベクトル情報」なので,それらを地形図に合わせて変換しようと考えています.

どのような図法で統一すればうまく張り合わせられるのでしょうか.
どなたか,実際にこのあたりのコーディングをされたご経験のある方おられましたら,ヒントだけでも教えてください.

驚いたのですが,国土地理院のホームページから
全国の25000分の一の地形図が閲覧できます.
「国土地理院 25000 地形図」で検索できます.
「測量の成果は広く国民に見てもらわなければならない」という法律があるらしいです.
これらはある意味では「軍事情報」なので,日本は自由で平和な国だなぁと思います.

前書きはこれくらいにしまして,
この地図と,同ホームページの「数値地図」を使って
張り合わせて,三県にまたがるくらいの大きな地図を作ろうかなと思ってます.(なぜそんなことをしたいか...続きを読む

Aベストアンサー

私の場合は記載のある「カシミール3D」を使いました。

方法は2通りありますが、私の場合特殊なネット接続方法のため直接カシミール3Dから地図データをダウンロードできなかったことがあり、国土地理院のページから先にデータをダウンロードしておきました。
通常の場合はダウンロードはソフト上で行われる(と思う)のでいきなりカシミール3Dを起動してダウンロードの設定をすればできると思いますよ。
できなければ、面倒ですが私が作成した下記の方法で・・・。

(*この部分はソフトから直接ダウンロードができるはずなのでしなくてもいいはずです)
まず国土地理院から目的の地図データ(PNGファイル)を全てダウンロード(注:ファイル名は数字のままで変更しない)して任意のフォルダにでも保存しておきます。

(*ここからは先にダウンロードした場合のやり方ですが、応用でソフト上からダウンロードした場合にも使えると思います)
カシミール3Dを起動して、「ツール」「地図画像ツール」「ダウンロード[国土地理院]」と選び、
「次へ」「地図の選択」(自分でダウンロードしてきた地域の設定)「現在の地図に追加」などを選び(最初は新規に作成になります。2回目以降は現在の地図に追加です)
「現在の地図に追加」を選んだ場合は次の画面で「ローカルディスクから読み込み」にチェックを入れ、「参照」ボタンを押して、ダウンロードした地図データがあるフォルダを選びます。

初めて作る場合は上記「地図の選択」のあとタイトルや地図を保存するフォルダと名前を選び、次の画面で地図サイズを選んでください。
他の項目・ページについてはほとんどの場合がデフォルト状態でOKだと思います。
その後は上記「地図データの追加」の方法と同じです。

先にデータをダウンロードすると時間がかかるので、ソフト上でダウンロードができるのであれば、そちらのほうがいいと思いますよ。
ちなみに、私が使用したカシミール3Dのバージョンは8.0.7です。

私の場合は記載のある「カシミール3D」を使いました。

方法は2通りありますが、私の場合特殊なネット接続方法のため直接カシミール3Dから地図データをダウンロードできなかったことがあり、国土地理院のページから先にデータをダウンロードしておきました。
通常の場合はダウンロードはソフト上で行われる(と思う)のでいきなりカシミール3Dを起動してダウンロードの設定をすればできると思いますよ。
できなければ、面倒ですが私が作成した下記の方法で・・・。

(*この部分はソフトから直接ダ...続きを読む

Q一ヶ月単位の変形労働時間制の時間外労働時間の計算方法

以前、変形労働時間制の時間外の計算方法に関して質問したものです。
先日は1週間単位での計算方法を質問させて頂いたのですが
それをもとに一ヶ月単位で計算してみました。
ですが、曖昧な部分があり質問させていただきたいです。

添付画像のように計算しているのですが、こちらあっていますでしょうか。

前提条件として、今年の六月の暦をもとに計算しています。
変形労働時間制ですので本来所定労働時間に変化がなければならないのですが
考えやすいように、所定労働時間を一律一日7.5時間、一週37.5時間で計算しています。

手順としては
①日曜日を週の始まりとするため端数週の労働時間は40÷7×日数で設定しています。
  6/1~6/4は22.85時間   6/26~6/30は28.57時間
②まず一日毎の8時間を越える時間を法定外時間外労働として算出
③週の総労働時間から一日毎の法定外時間外労働を除き、そこからさらに週の労働時間を
 こえたものを週の法定外時間外労働として算出
④すべての週を同じように計算
⑤5週目は週の労働時間が28.57時間のため、30日の4.57時間までが法定内
 それ以降の3.43時間を週の法定時間外としている
⑥月の労働時間は7.5×22=165時間
⑦法定内時間外労働は週の時間外労働にならない部分のみ算出して0.5×20=10時間
⑧3日の1.15時間と30日の3.43時間は時間外なので月の労働時間から差し引く

165-1.15-3.43+10-171.4=-0.98

のためこの月は月の法定時間外労働は出ない

よって一日毎と週毎の法定時間外労働時間を合算し、6月の時間外労働時間は 29.58時間


という形で計算を行っています。

根本から間違っていたら申し訳ありません。

よろしくお願いいたします。

以前、変形労働時間制の時間外の計算方法に関して質問したものです。
先日は1週間単位での計算方法を質問させて頂いたのですが
それをもとに一ヶ月単位で計算してみました。
ですが、曖昧な部分があり質問させていただきたいです。

添付画像のように計算しているのですが、こちらあっていますでしょうか。

前提条件として、今年の六月の暦をもとに計算しています。
変形労働時間制ですので本来所定労働時間に変化がなければならないのですが
考えやすいように、所定労働時間を一律一日7.5時間、一週37....続きを読む

Aベストアンサー

ん~、どこで計算違いしてるのだろう?

2)日において、8時間をこえた時間
→計5時間

3)丸7日ある週において、40時間超えた時間(ただし上2)で時間外とした時間は除外)
第2週→3時間
第3週→3時間
第4週→8時間

3-2)端数週の第1週(暦日数4日)において、法定22.85時間と所定22.5時間の長いほうである、法定22.85時間をこえた、7.15時間(=30-22.85)

3-3)端数週の第5週(〃5日)法定28.57時間、所定30時間、長い方の所定30時間こえた、2時間(=32-30)

→週枠を超えた時間外労働 計23.15時間(=14+7.15+2.0)

4)月総労働時間196時間のうち、時間外としなかったのは、167.85時間(=196-(5+23.15))、よって月枠法定171.42時間におさまる。

(再掲)ついでにこの月時間外労働
日5時間
週23.15時間
月0時間

計28.15時間

Q月の南中高度

この間月を見ていて思ったのですが、確か南中高度ってありましたよね?
あれって緯度が関係してきたと思うのですが、
見た感じ、80度ぐらいあるように感じました。
でも実際は、確かそんなになかったように記憶しています。
単純に、角度に対する私の感覚的な間違いでしょうか?
それとも、私の知識がめちゃくちゃですか?

変な質問ですいませんが、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

 
この図で傾向を考えましょう。本当は月の軌道面が少し(約5度)傾いてますが無視です。

地球の / は回転軸です、やがて夏至なので今は約20度傾いてます。それと自分の地方の北緯で太陽の南中高度がすぐ分かりますよね。
そして、
今日は旧暦の三月三日だから新月に近いから…図から簡単に分かりますね。

さらに、図を立体的に書いて、月が新月の位置から何度動いてるかを変数として三角関数を少し使えば、日々の南中高度が求まります。 検索すればこの計算を披露してるサイトがありそうな気がします。




       /
 ○‥‥○‥‥○‥‥‥○
 満   /    新     太
 月  地球  月      陽





               /
 ○‥‥‥○‥‥○‥‥○
 太    新    /    満
 陽    月  地球   月




春と秋
            |
 ○‥‥‥○‥‥○‥‥○
 太      新     |     満
 陽      月   地球   月




ウインドウをフルスクリーンにしてお月見を。
http://village.infoweb.ne.jp/~noriyuki/phot93.htm
 
(今日の旧暦三月三日は沖縄では雛祭りの古いルーツと言われてる浜うい(古くは娘が海に入ってみそぎぎをした)という行事の日でした。)

 
この図で傾向を考えましょう。本当は月の軌道面が少し(約5度)傾いてますが無視です。

地球の / は回転軸です、やがて夏至なので今は約20度傾いてます。それと自分の地方の北緯で太陽の南中高度がすぐ分かりますよね。
そして、
今日は旧暦の三月三日だから新月に近いから…図から簡単に分かりますね。

さらに、図を立体的に書いて、月が新月の位置から何度動いてるかを変数として三角関数を少し使えば、日々の南中高度が求まります。 検索すればこの計算を披露してるサイトがありそうな気がします。...続きを読む


人気Q&Aランキング