熱帯魚を飼い始めて5年くらいになります。
60cm水槽2つで、カージナルテトラや小型プレコなど小型淡水魚の水槽とタイガーオスカーの稚魚(5cmくらい)1匹のみの水槽です。
今回の質問は、念願だったタイガーオスカーの飼育法です。

タイガーオスカーの水槽は、1匹のみで他に何もない状況で、非常にさみしい状況となっています。
だからといって、混泳が難しい魚種ですから、どうしたらいいだろうかと考えています。
水槽の大きさは、大きい方がよいことは分かっていますが、大きい水槽をおくことはできません。
今後大きくなるオスカーの特性を踏まえて、どのような水槽に仕上げていけばよいでしょうか?混泳させることができる魚種があるでしょうか?
ないようなら、どんな工夫ができるでしょうか?
アドバイスをお願いします。

A 回答 (2件)

なるほど、気持ちは解ります。



将来的に大型水槽への以降を予定されていれば
複数飼育や60cmでもチョット無理をしてペア飼育という選択肢も
でてきますが

エアカーテンやエアツリー(最近はこうは言わないのかな?:カーテンの様に
直線的に並べるのではなく エアをまばらに配置して林のようにします)
等ですかね
パワーヘッドを利用して湧き水レイアウトなども一つの手ですね

後はやはり好奇心が強いので、昆泳は難しそうですね

生餌に抵抗がなければ赤ヒレやエビの類をある程度まとまった数を入れる
方法もありますが、(小型のテトラ等はオスカーにビビリ、群泳をしてくれます)
    • good
    • 0

いえいえ、心配には及びません



念願とのことで、飼育などについての
調査などは十分かと思いますが

オスカーは結構人に懐きますので
60cmに1匹のみの飼育でも十分
映える水槽になりますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

将来的には、オスカー1匹のみの飼育でも十分映える水槽になると私も考えていますが、今はまだ稚魚ですから殺風景な水槽ではさみしい状況なんです。
水草は抜いてしまうようですし、どうしようかと思っています。

お礼日時:2009/05/28 23:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこれって病気でしょうか?タイガーオスカーを飼っています。

初めてこちらのジャンルに質問させていただきます。

今月の6日にタイガーオスカーとレッドオスカーを飼い始めました。
最初の頃は2匹とも元気だったのですが、ここ2.3日の間にタイガーオスカーの方が元気がなくエサも全然食べてくれません。
(今日は朝、一口しか食べてくれませんでした。)

1日中底に沈んだままで動かず背ビレを開くこともあればたたんでいる時もあります。尻尾もよく見ているとピクピクとケイレンしている感じにも見えます。その他には胸ビレのところに白い点が2つあるぐらいです。(数は増えていません。)

このような症状はどのような病気が考えられますか?教えてください。

水槽の環境は 60センチ水槽
濾過装置は上部フィルター
水温は今現在28.3度(症状に気づく前は26度ぐらいでした)
エサはテトラミンのフレークを1日2回あげています。

ご返答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

白い点・・・から推測されるのは「白点病」。
これは熱帯魚のカゼみたいな病気ですので水温を高めに(28~30度)、白い点が増殖しているようならば専用の魚病薬の投入をすれば良いでしょう。
そしてもうひとつの原因は喧嘩。
結構飼育者の見ていないところで喧嘩していることが多々あり、その場合力関係の弱いものはストレスでそのような状態になることがあります。
この場合は隔離(セパレーターでOK)するのが望ましいでしょう。
ただこの時期、気温の高低が激しいので白点病かなと思います。ちなみ白点病は白い点だけでなく、体表にうっすら模様のように模様のようになることもあるようで私も一度それで発見が遅れ、治療に時間がかかったことがありました。とりあえず、もう少し温度を上げて様子を見てみてください。

参考URL:http://www.yoshiwo.jp/

Q60センチ水槽でオスカーは死ぬまで飼育できますか?(1匹)

60センチ水槽でオスカーは死ぬまで飼育できますか?(1匹)

もしできるなら、水槽内、器具について教えてください。

Aベストアンサー

60cm標準(幅60×奥30×36cm)でオスカーを飼育している人は、結構沢山います。
60cm標準水槽でオスカーを一匹だけで飼育した場合、10年以上は生きるので、充分な長期飼育は可能だと思います。

ただ、オスカーが30cm近くに成長すると奥行き30cmの水槽だと、はやり狭いらしく尾ビレにスレや傷が目立つ個体が多いと思います。
オスカーの飼育水槽ならば60cmでも幅と高さが45cmのワイドタイプ(幅60×奥45×45cm)の方が良いと思います。
ワイドタイプならば管理は難しくなりますが、2匹までならば飼育可能だと思います。
60cm水槽ならば、清掃も楽なので、薄く底砂を敷いても良いと思います。
底砂は、水槽底面からの反射が防止でき、魚が落ち着きます。

・水槽:60cmワイドタイプ
http://store.shopping.yahoo.co.jp/chanet/13673.html
・濾過器:エーハイム2217
http://store.shopping.yahoo.co.jp/chanet/45560.html
または
http://store.shopping.yahoo.co.jp/chanet/45561.html
・照明:60cm用で好きな物・・・
http://item.rakuten.co.jp/chanet/11974/
または
http://item.rakuten.co.jp/chanet/11975/
それ以外に、毎分3リットルクラスのエアポンプ、チューブ、エアストーン、底砂などの一般的な水槽設備。

60cm標準(幅60×奥30×36cm)でオスカーを飼育している人は、結構沢山います。
60cm標準水槽でオスカーを一匹だけで飼育した場合、10年以上は生きるので、充分な長期飼育は可能だと思います。

ただ、オスカーが30cm近くに成長すると奥行き30cmの水槽だと、はやり狭いらしく尾ビレにスレや傷が目立つ個体が多いと思います。
オスカーの飼育水槽ならば60cmでも幅と高さが45cmのワイドタイプ(幅60×奥45×45cm)の方が良いと思います。
ワイドタイプならば管理は難し...続きを読む

Qオスカーの成長について教えて下さい。

皆さん、宜しくお願いします。
オスカー(現在体長4cm)を一匹購入し、
60cmのレギュラー水槽にて飼育しております。
いろいろ調べていくと、オスカーは成長が早く半年もすれば25cmくらいになるという事ですが、
60cm水槽で飼育していても、そこまで大きくなるのでしょうか?
それとも環境に合わせてある程度のサイズで成長が止まったりするのでしょうか?
飼育経験のある方、教えて下さい。

Aベストアンサー

 現在120センチ水槽でオスカー2匹とその他何匹か飼ってます。

で、結論から言いますと、オスカー1匹でも60cm水槽での飼育は厳しいと思います。確かに、環境に合わせて成長は遅くなったり、止まったりしますが、それ相応のストレスを与えていることになります。かなりの大食漢で水も汚しますので、濾過を考えても厳しい面があるかと…

とても人懐っこく愛情の湧く魚ですので、できればのびのびと飼ってあげて下さいね。

Q飼えるアロワナはいますか?

以前から「アロワナ」を飼いたかったので水槽(90×45×45)を購入しました。
水槽を買う前にアロワナを飼いたいことを店の人に言ったところ、「水槽より大き
く育つことはないので、この大きさの水槽で大丈夫です」と教えてくれました。
しかし、インターネットでいろんな「アロワナ」のページを見ると、最低でも
(120×60×45)の水槽が必要になると書いてありました。
まだ「アロワナ」は購入していないのですが、今のままの水槽で一生涯を育てて
あげられる種類はいますか?
もし、いなければ「アロワナ」は飼わないようにしようと思っています。
ちなみに初心者なので「ブラックアロワナ」は飼育が難しいですよね???

Aベストアンサー

 こんにちは。
 90×45×45×の水槽でのアロワナの飼育ですが、短期的に考えるれば飼育できないことはありませんが、長期的に見ると難しいですね。シルバー・アロワナやアジア・アロワナではやはり最低でも120×60×45の水槽は欲しいところでしょう。欲を言えば180cm水槽なら尚理想的ですが、一般家庭では現実的な話しではありませんので、120cmがより現実的でしょう。これでも妥協策だとは思うのですが。因みにアロワナ飼育の水槽にはあまり高さは必要ありませんので、高さは45cmでも問題ありません。幅と奥行きが重要です。
 30cm程度までのアロワナであれば、90cmでも問題ありません。しかし、アロワナは成長が早く、大きく育ちますので、最初から大き目の水槽で飼育するのが無難です。ある程度大きく育ったアロワナを別の水槽に移すのにはそれなりのリスクが伴うからです。魚に精神的なダメージを与えてしまいますし、網ですくう際にはしばしば鱗がはがれてしまうなど、魚体に傷をつけてしまう可能性が高いからです。
 また、シルバー・アロワナでは餌の与え方や飼育環境によっても違いは出ますが、順調に育てば簡単に60cm、70cmと大きくなってしまいます。それも目に見える相当な早さで。60cm以上の魚を90cmの水槽で飼育するというのは、クジラを25mプールで飼育するようなものではないでしょうか。狭い水槽の中を窮屈そうに体を丸めている魚を見るのは飼育者としても忍びないのではないでしょうか。シルバー・アロワナはその体が柔軟なため、多少狭い水槽でもある程度の対応はできますが、その場合、いろいろと魚に障害が出てきやすくなります。よく言われているのが、特にシルバー・アロワナを狭い水槽で飼育した際に見られる、アロワナのエラが外側にめくれてしまう症状です。狭い水槽で大型の肉食魚を飼育していると水質の悪化も早くなりますから、その辺が原因だと思われます。あと、下顎が突出する症状、目玉が下の方に向いてしまう症状など、魚の生命に関わらないとしても、見た目の悪いアロワナに成長してしまいます。
 また、アロワナは普通に飼育していれば、何十年と付き合えるはずの魚です。狭い水槽での飼育はこの魚の寿命を相当に縮めてしまう可能性が高く、一生涯の飼育は無理でしょう。
 その点では、ブラック・アロワナはアロワナの仲間の中でも45cmから50cmくらいとそれほど大きくならないので、90cm水槽でも飼育可能な唯一のアロワナです。ただ、ブラック・アロワナはとても神経質な魚で、水質の悪化にも強くはないので、何かのはずみで水槽に激突したり、ガラス蓋に衝突する可能性が高い種類です。できるだけ静かな環境を用意してやり、水槽内に水草を多く植え込んで落ち着いた雰囲気を演出して、定期的な換水の実行により安定した水質の保持に努めれば(これはどんな魚にも当てはまることですが)、決して飼育の難しい種類ではないと思います。ただ、幼魚のうちはかなりデリケートですので、水質管理や水温管理、餌やりなどには細心の注意を払ってください。20cmくらいまで成長すればその後は比較的順調に成長することと思います。私も実際、12年前に初めてアロワナの飼育を始めた時、手を出したのがブラック・アロワナで今も健在です。また、ブラック・アロワナは幼魚のうちはその名前の通り美しいブラックですが、成長していくにしたがって黒色は消えていき、何とも言えない渋い体色に変わっていきます。しかし、その成長過程に見せる微妙な体色の変化は他のアロワナでも味わえない奥深さがあります。

 こんにちは。
 90×45×45×の水槽でのアロワナの飼育ですが、短期的に考えるれば飼育できないことはありませんが、長期的に見ると難しいですね。シルバー・アロワナやアジア・アロワナではやはり最低でも120×60×45の水槽は欲しいところでしょう。欲を言えば180cm水槽なら尚理想的ですが、一般家庭では現実的な話しではありませんので、120cmがより現実的でしょう。これでも妥協策だとは思うのですが。因みにアロワナ飼育の水槽にはあまり高さは必要ありませんので、高さは45cmでも問...続きを読む

Q120×60×60水槽を設置したいんですが・・・

120x60x60水槽を購入したいんですが、水を入れると大体重さはどれくらいになるのでしょうか?

重さからアクリル製で考えているんですが、さすがに2階に置くのは強度的に厳しいでしょうか?
2階の場合も床の補強は必要なんでしょうか?

120x45x45なら板をひいて重さを分散させれば大丈夫って言われてますが、60x60になると危なくなるんですかねぇ~

ちなみに家は一軒家の築10年くらいですかね
床はフローリングです

あと補強が必要な場合はいくらぐらいかかるでしょうか?

Aベストアンサー

水槽の水張り後の重量は体積ですので120x60x60の計算式そのままです。(100%水を張った場合です。最後に1000で割って下さい。)
計 432リットルの水が入ります。水432リットルは単純に432kgとなります。
ただ これは水だけの重さです。これに水槽やポンプに濾過槽(オーバーフロー等なら下段のサンプ)などなどの容量分も足さないといけません。
恐らくNO.1の方が書かれていますが総重量500kg位にはなると思います。

床の強度ですが、高さ(水槽)が高くなればなるほど負担が掛かります。同じ重さでも床の接地面積が大きい程負担は小さいです。

補強ですが水槽の置く場所によっても全然変わってきます。
基本的に壁面に置くと思いますが、部屋の真ん中に置くとなると床の強度はかなり下がります。

築10年フローリングなどの条件だけでは補強が必要かどうかは答えにくいですね。木造なのかRC造か等 色々と関係してきます。ただ一般的にはお勧め出来ません。

RC造で直床ならば別ですが、私なら絶対にしません。

設置当初は大丈夫でも1年後などには床が撓んでいる可能性も大いに有ると思います。それらが蓄積されてくれば…

どうにか1階に置く方法を考えます。(床下補強して)

それと床下補強と言うのは基本的に1階の場合です。和室やキッチンの床下収納庫などから床下に容易に入れるから補強が出来る(簡単)ので有って2階となると床下(1階の天井裏)に入る事が難しいです。
どうしても補強するなら水槽の下の部屋の天井をめくって補強しますが、恐らく大掛かりな工事になるかと思います。
1階は床下全てが地面とかなので簡単ですが、2階は1階が部屋なので空洞となります。故 壁から壁へ橋渡し的に補強する事になります。

この手の工事は後からするのは難しいです。家を新築する時が一番理想です。若しくは大改装が必要になります。
予算的にも恐らく30万円は下らないと思いますよ。

建築関係の仕事をしておりますので参考になるかと思います。

水槽の水張り後の重量は体積ですので120x60x60の計算式そのままです。(100%水を張った場合です。最後に1000で割って下さい。)
計 432リットルの水が入ります。水432リットルは単純に432kgとなります。
ただ これは水だけの重さです。これに水槽やポンプに濾過槽(オーバーフロー等なら下段のサンプ)などなどの容量分も足さないといけません。
恐らくNO.1の方が書かれていますが総重量500kg位にはなると思います。

床の強度ですが、高さ(水槽)が高くなればなるほど負担が掛かります。同じ重さでも床...続きを読む

Qオスカーが人工飼料を食べなくなりました。

オスカーが人工飼料を食べなくなりました。

オスカー2匹(タイガーオスカーとレッドオスカーでどちらも20センチ程度)を、90センチ水槽で飼っています。人工飼料を食べさせたいのですが、最近食べません。どうしたらいいのでしょうか。

稚魚の頃はカーニバルやキャットをパクパク食べていました。2か月くらい前から急に食べなくなり、
いろいろ調べましたが、餌に飽きることがあるのでその場合は餌の種類を増やすとよいと本に書いてあったため、クリル・冷凍赤虫・金魚・ディスカスバーグなどを与えました。それらはきちんと食べます。

ですが、栄養やランニングコストの面からいってもやはり人工飼料をメインに食べさせたいのです。でも最近は与えてもそっぽを向いて食べません。だからといって絶食させると体力がなくなりそうで怖いです。

何かよい方法はありませんか?

Aベストアンサー

こんばんは。

オスカーというと何でもかんでも食べるイメージがありますが、質問者様からのメニューからしておそらく偏食癖がついてしまったのではないかと思います。

シクリッド全般は他の科の魚種に比べて哺乳類に近いところも多々見られますからね。

おいしい食べ物にしか興味を示さなくなったのでしょう。

私が勤めていたショップで面白いところでは鯉の餌なんかもやってました。
魚粉ミールなんかもはいってますからね。

まず人工飼料のみで育ててもまったく問題ないと思います。
コストパフォーマンスはもちろん、栄養価も生餌よりもバランスが取れてます。

で、治し方なんですが取り除くのが簡単な餌をまず与えます。
浮遊性のあるカーニバルなんかがいいのではないでしょうか。
5分以上たっても食べなければ網などで取り除きます。

これを一日二回くらい繰り返します。

遅くても1週間くらいで餌付くかと思います。

これ以上経過して餌付かなければ多少危険ですので生餌などを与えてください。

再度次の日から同じ要領で餌を与えていきます。

人工飼料は他のメーカーなどで形状、栄養素などが違うのでいろいろなメーカーの人工飼料を与えてやる方がいいかもしれません。

こんばんは。

オスカーというと何でもかんでも食べるイメージがありますが、質問者様からのメニューからしておそらく偏食癖がついてしまったのではないかと思います。

シクリッド全般は他の科の魚種に比べて哺乳類に近いところも多々見られますからね。

おいしい食べ物にしか興味を示さなくなったのでしょう。

私が勤めていたショップで面白いところでは鯉の餌なんかもやってました。
魚粉ミールなんかもはいってますからね。

まず人工飼料のみで育ててもまったく問題ないと思います。
コストパフォーマンス...続きを読む

Q金魚は、どのぐらい大きくなる?

金魚を買い始めて2ヶ月程です。2cmくらいだったのが、もう倍近くの大きさになっています。餌のやりすぎでしょうか?最近は、1日1回しか餌を与えないようにしました。数分で食べてしまうくらい。そしたら、水草を食べているようです。茎の方が、ひっこ抜けています。小さな水槽に3匹買っているので、この調子で大きくなると、水槽を買い換えないといけない感じです。餌のやり方に問題があったのでしょうか?水草は、入れなくてもよいのでしょうか?また、あまり大きくならない金魚の種類とかありますか?

Aベストアンサー

こんにちは

他の回答にあるように、金魚はかなり大きくなります。
小赤(和金)なら30cm程度、流金でも20cm程度まではなるでしょう。

ただし、これは環境が整っている場合です。金魚(熱帯魚などもたいていそう
ですが)は、水槽のサイズによって、ある程度で成長が止まります。
つまり、30cmの水槽で飼育している金魚は、何年飼育しようと30cmの大きさに
はなりません。
他の回答に【これ以上大きくしたくないなら大きい水槽にしない】とあります
が、そのとおりで、小さめの水槽で飼育すれば、その水槽にあったサイズで成
長がとまります。

ただし、合計3匹の金魚となりますから、それなりの大きさがなければ死んで
しまうと思われます。これについても、飼育できる限界が2匹程度の小さめの
水槽だとすれば、1匹が死ぬと2匹は長生きしたりします。

また、寿命についても10年以上長生きすることもそれほど珍しくありません。
末永く大事にしてあげてください。

Qおすすめの混泳魚

こんにちは、今わたしは90水槽で大型魚の混泳をやろうとおもっています。オスカーとスポガーは入れたいと思っています、でもそれだけじゃ寂しいので、他にも入れたいと思います、何がおすすめですか?
低層の魚も入れたいんです、できれば、おとなしくて、なつく魚がいいです、教えてください!!

Aベストアンサー

低層の魚でオスカーと相性の良いのはセルフィン・プレコでしょう。
私は昨年まで120cm×60cm×60cmの水槽にディスカス15匹、エンゼルフィッシュ3匹、カージナルテトラとネオンテトラ約200匹、コリドラス各種10匹、ヤマトヌマエビ8匹を飼っていて、こちらの回答にそのことを書いたら「エンゼルフィッシュは口に入るものを食べてしまいますからネオンテトラなどといっしょには入れられません。200匹ぐらいは数日でいなくなってしまいます。それに口に詰まってエンゼルのほうが死んでしまうこともあります」と書かれました。
確かに書物にはその様に書いてあるものも有りますが魚はそれぞれテリトリーを持っていてかつ水槽に入れた順番で先住権が発生しますのでそれをうまく利用することと小さいものは先に入れることと数を多くして纏まることにより相手に大きく見せる威嚇効果を利用することが混泳をうまくやる方法かと思います。
という訳で大型魚の飼育経験は無いのですが、下記サイトは大型水槽で混泳の難しいノーザンバラムンディをシルバーアロワナやオスカー、ガーやエンドリと混泳を見事に成功されていてしかもパルマスとオルナティのハイブリッド魚オルマスを飼育していてこれは必見と思いご紹介させていただきます。
それと知人が90cm水槽にアルビノオスカー、ダトニオ、ダトニオプラスワン、スカイブルードラゴンプレコとセルフィン・プレコを飼っていたのを思い出しました。
参考になれば良いなと思います。

参考URL:http://www2.ttcn.ne.jp/~oyabin/

低層の魚でオスカーと相性の良いのはセルフィン・プレコでしょう。
私は昨年まで120cm×60cm×60cmの水槽にディスカス15匹、エンゼルフィッシュ3匹、カージナルテトラとネオンテトラ約200匹、コリドラス各種10匹、ヤマトヌマエビ8匹を飼っていて、こちらの回答にそのことを書いたら「エンゼルフィッシュは口に入るものを食べてしまいますからネオンテトラなどといっしょには入れられません。200匹ぐらいは数日でいなくなってしまいます。それに口に詰まってエンゼルのほうが死んでしまうこともあり...続きを読む

Q魚のフンを食べてくれる生き物っていますか?

現在鯉の稚魚を飼っています。水も週一回くらい三分の一ずつ交換していてきれいな状態を保っています。フンもスポイトで吸い取っています。
今後、もう少しいろいろな魚を一緒に飼いたいと思っています。そこで、考え付いたのですが、魚のフン等を食べてくれる生き物っているのでしょうか?また、鯉と一緒に飼えるお勧めの魚等があれば教えてください。
ご存知の方がいましたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

魚を飼い始めたのは、初めてのことでしょうか?水槽であれ、池で飼っているのであれ、ろ過サイクルができあがらないと、その中で魚を飼うのは難しいですが、知っているでしょうか(たぶん、池は環境が出来上がっていると思いますが)?
 
 水の換水周期の話からすると水槽だと思うのですが、その前提でいくと、ろ過フィルターを入れていると思うのです。基本的に、フンなどはそのろ過フィルターや、水槽内にいるバクテリアによって分解されます。後は、底に砂利などをひいていると、そこで増えたバクテリアもフンを分解してくれます。これ以外で、”フンを食べる”という行為をしてくれるものは僕は知らないです。土の上ではフンコロガシなどがいますが、やはり、ほとんどは土中のバクテリアが分解していると理解しています。
 
 淡水魚は飼ったことがないのと、小型魚オンリーでやっているので詳しく知らないのですが、鯉はフンが多いと思います。稚魚でも多いのですか?そうなると、バクテリアの分解能力を超えることがあるので(フィルターを強いものにするようですが、そうしても多いのだと思います。)、吸い出す必要があると思います。スポイトでやっているということですが、スポイトより便利なものがあるのはご存知ですか?換水時に排出する水と一緒にそれらを排出するというものです。僕の知っている品名では、水作プロホースというものがあるので検索なりして調べて確認してみてください。

 換水の量のことに触れている人がいましたが、熱帯魚のマニュアルでは大きい水槽(横幅が60cm以上)の水槽だと週1/4以下と載っていると思います。小さい水槽だと、また、変わってきて、足し水で対応し、一~数ヶ月単位で少なめに換水してみるとか、大きい水槽でも1/5~1/6とかと色々あります。鯉の水槽でもろ過サイクルが出来上がってきたら、1/4以下で対応できると思います。フンに気をつければ、換水量は減らせるのではないかと推測します。鯉に詳しくないので推測になります。すいません。

 鯉と同居する魚も詳しくないので、今まで触れてきた中で言ってみると、鯉は池とか沼だと思うので、フナとかはいいと思います。あとは、タナゴの大きくなる種類は一緒に飼ってもきれいで見ごたえがあるのではないかと思います。外産のタナゴが日本の湖で繁殖し、小さい日本種をおびやかしているそうです。(こんな話はごろごろありますが。例えば、熱帯魚飼育者が、かなりの頻度で飼えなくなった魚を湖に放ってしまって、1年間の調査の投網で湖固有の種がかかることが無かったとかあります。)ま、そんな外産のタナゴなら鯉が大きくなっても一緒に飼えるのではないかと思います。先のカッコで気づいたかもしれませんが、やろうと思えば熱帯魚の大型種とも一緒に飼えますね。そこはyu_i_1980さんの飼育技術と美意識で成り立つものでしょうか。ただ、大型種を稚魚で一緒にスタートすると成長スピードの違いで食われてしまったり、気の荒い種だと同居できないので、そいうのは、気に入った種ごとに調べる必要はあると思います。素敵な飼育ライフになるといいですね

魚を飼い始めたのは、初めてのことでしょうか?水槽であれ、池で飼っているのであれ、ろ過サイクルができあがらないと、その中で魚を飼うのは難しいですが、知っているでしょうか(たぶん、池は環境が出来上がっていると思いますが)?
 
 水の換水周期の話からすると水槽だと思うのですが、その前提でいくと、ろ過フィルターを入れていると思うのです。基本的に、フンなどはそのろ過フィルターや、水槽内にいるバクテリアによって分解されます。後は、底に砂利などをひいていると、そこで増えたバクテリアも...続きを読む

Q水の臭いが強くなってきました。これは一般的なことですか?

3日前の金曜日から、グッピー4匹、白コリ1匹、ネオンテトラ15匹を45cm水槽で飼い始めました。すると昨日あたりから水槽の水が臭くなり始めました。魚を入れるまでは全く臭いはなかったのですが。これは一般的なことでしょうか?排泄物によるアンモニア臭の一種だろうかと思っていたのですが、もしそうでないと考えられるのであれば早く水換えは行ったほうがいいでしょうか?魚達は今のところ元気です。

ちなみに今水槽内にある水は、魚を入れる1週間前に準備したもの(現在10日目の水)で、カルキ抜き等を行い、その後水草が入った状態で濾過装置(外掛式モーターフィルターSサイズ)を回し、オートヒーターもつけていたものです。ライトも週の後半からは一日10時間ほど点灯していました。以下に分かるだけの現状を書きますので、皆さんの一般的な見解を教えてくだされば幸いです。

水槽:45cm水槽
水温:26℃前後
濾過装置:外掛モーターフィルター
エアーレーション:夜間のみ
ライト:約10時間/日(日中)
餌:グッピー、コリ用フードを適量

Aベストアンサー

正常な状態にある水槽は臭いませんが、維持に問題があれば臭いがします。
しかし、立ち上げ間もないので、バクテリアの数が揃い、正常な状態へ移行するまで、臭いがしてもおかしくはありません。
硝化バクテリアの数が揃った状態で臭うのは、残り餌の腐敗やカビの発生などが考えられ、維持手法を見直す必要があります。

■その他の見解として

立ち上げ時に入れる数としては 魚の数が多過ぎます。
ネオンテトラ2~5匹程度で生物濾過が立ち上がるまで待つべきでした。
この数をいきなり飼うのは厳しいですし、濾過が立ち上がるまでの数十日の間、随分とシビアな維持を続けることとなりましょう。
しかし、過ぎたことを悔やんでも仕方ありませんよね?

排泄物,残り餌からアンモニア【猛毒】→(バクテリアが分解)→亜硝酸【有毒】→(バクテリアが分解)→硝酸【ほぼ無毒】
アンモニアも亜硝酸も、少量蓄積すると魚を殺してしまいます。

臭いがどうこうよりも、現時点では蓄積するアンモニアを水替えによって排出する方が先です。
かなりのスピードで蓄積すると考えられるため、暫くの間、水替えは頻繁に行って下さい。
http://www.eheim.jp/pdf/02.pdf (グラフと図を参照 製品自体はどうでもいい)
勘でどうこうできそうな生体数でもありませんし、亜硝酸試薬はお買いになると良いでしょう。
計測値に従って水替えします。

マニュアルとやらの2週間に1/3というのは、現時点の水替え周期ではありません!
硝化バクテリアが水槽,濾過槽内に十分な数 繁殖するまでは、立ち上げ期という 特殊かつ一番難しい時期です。
アンモニアと亜硝酸が生体の致死量に達しないように、頻繁な水替えが必要となるはずです。
この期間中の水替え周期は、毎日~3日に1回1/2程度の水替えを強いられることが普通です。(現状の生体数から推測)
濾過が立ち上がった後(高濃度を示していた亜硝酸の値が完全に0になる)、通常の...週1や2週に1回などという水替え周期になります。

-
白黒朱色の砂利...で五色砂が頭に過ぎりました。
五色砂は大きめの粒のものが販売されていることが多いので、
砂利の隙間に餌が潜り込むようなサイズなら、悪臭の原因はそこかもしれません。
条件が合致するなら、粒の細かいものに要交換です。

-
CO2を強制添加する状況でないのに、エアレーションを夜間限定にする意味はありません。
むしろ、水質変化の幅が大きくなるため、好ましいこととは言えません。(これはシビアに考える必要はない)

-
外掛けフィルターは濾過能力的に低く、また不安定です。
また、交換パックを使用するならランニングコストも高くなり、現状の生体数を考えると、
上部,外部,底面などのフィルターに替えたいところです。
最低でも、外掛けフィルターを改造して、生物ろ材を入れた方が良いでしょう。
http://www1.bbiq.jp/hiropion/goods/roka/roka.html

せっかく購入したフィルターを買い換えなど嫌になる(笑)に決まっていますが、
一定の濾過能力を長期間安定して維持するということ,ランニングコスト,
簡易フィルターで死なせてしまう魚の数などを考慮すると、買い換えてもコストパフォーマンス的に損ではありません。

-
水草は根付いて成長していますか?
そうでないならば、現時点での照明10時間というのは長すぎる可能性があります。
(コケを育成し、水草を弱らせるだけに終わる可能性)

しっかりと勉強されて始められたように感じるのですが、ご参考にされたマニュアルとやらが片手落ちです。
もっとも、これは初心者には説明したくない部分であり、
重要な基礎知識にも関わらず、入門書にしっかりと説明されている方が稀ですが。

正常な状態にある水槽は臭いませんが、維持に問題があれば臭いがします。
しかし、立ち上げ間もないので、バクテリアの数が揃い、正常な状態へ移行するまで、臭いがしてもおかしくはありません。
硝化バクテリアの数が揃った状態で臭うのは、残り餌の腐敗やカビの発生などが考えられ、維持手法を見直す必要があります。

■その他の見解として

立ち上げ時に入れる数としては 魚の数が多過ぎます。
ネオンテトラ2~5匹程度で生物濾過が立ち上がるまで待つべきでした。
この数をいきなり飼うのは厳しいです...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報