こんにちは。私は今ほとんど独学でスペイン語を覚えようと頑張っているのですが、文によく出てくる定冠詞と不定冠詞(って言うんでしたっけ?)「el la un una」の使い分けがよく分かりません。男性形、女性形というのはだいたい区別できるようになりましたが、問題は「el la」がつくのか「un una」がつくのか、あるいはどちらもつけなくてもよいのかと言ったことです。
最初、友達に聞いたときは「話し相手と共通のものを認識できているときは「el la」が付いて、そうでない時に「un una」が付く場合が多いかなぁ」って教わったんですがそれってなーんか微妙な回答じゃないですか?別の友達には「とりあえず全部にel laを付けとけ」というような訳の分からない回答をもらいました。
数をこなしていくと、なんとなく分かるようになるという意見も出たのですが、私の性格上それは納得がいかないというか、「そんなの無理だろ!!」って思ってしまいます。なにか規則のようなものがあるんでしょうか?絶対的な規則のようなものが無いから、みんなの答えが微妙なのでしょうか?どなたか分かる方おりましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私には、その友人の方の言われたとおりだと思えます。


要するに、普通の名詞にいきなり定冠詞をつけて登場させることは、まぁないだろうということ。
英語の a, an, the の区別にちょっと似ていると思います。
ただし、地名などの固有名詞に定冠詞がつくこともあるので注意(El Salvador など)。
また、本来は女性名詞なのに男性名詞につく冠詞がつくこともあるそうです(例:El agua limpia - La agua とすると a agua のように a が重なるのを嫌って El を用いる)。
以上は下記のページを見てにわか勉強いたしました。
http://www.spaingo.jp/bkn011.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4968811.html
http://www.asahi-net.or.jp/~hi5k-stu/europe/espa …
    • good
    • 2

No2です。

 一部修正と補足です。

最後の「la ancianoとはいえません。(アクセントは二番目のaにあるため)」→el ancianaとは言い換えません。(アクセントは二番目のaにあるため) 語頭にアクセントのある aguaは la aguaとなるべきところel aguaと変えますがancianaはアクセントが語頭にないため、たとえa-a(la anciana)と母音が重なる場合でも、女性形名詞には女性形定冠詞がおかれます。

語学を学ぶうえで数をこなすのは重要です。一般に第二外語として言語を学ぶ場合、専攻生以上に力がつかないのは教え方、学び方の問題もありますが、数をこなせないからです。第二外語であっても現地で2-3年生活をすれば内地の専攻生以上の実力を身につけることができるでしょう。(平均的に)幼児は数をこなすことだけで母語を覚えていきます(文法など誰も教えません)
    • good
    • 0

>数をこなしていくと、なんとなく分かるようになるという意見も出たのですが、私の性格上それは納得がいかないというか、「そんなの無理だろ!!」って思ってしまいます。



言語学者でもない限り結局はそうする羽目になります。特に初級文法を終えたところでやる事がなくなり、かといってネイティブと話してもまったく通じないためとにかく数をこなしていく事になります。
ですから、現段階で認識を改めるかスペイン語を諦めるかすることをお勧めします。

un/unaを英語のa/anと並べている人がいますが、これは男性/女性ですのでa/anとはちがいます。el/laと同じ区別の仕方です。
ただし una agua とか la agua とは言いません。
まだ始めたばかりならこれは無視してもいいでしょう。発音を覚えればウナアーグアーやラーグアーのむちゃっぷりに気付くことになります。
正しくは un agua, el agua, unas aguas, las aguas です。

御友人の「とりあえず全部にel laを付けとけ」というのは間違ってun unaを付けるよりは、間違ってel laを付ける方がまだ、誤解を防げるからでしょうからとりあえず従っておいては?(もちろん正しくありません)。

>絶対的な規則のようなものが無いから、みんなの答えが微妙なのでしょうか?

一般人が勉強して理解できる範囲では、「絶対的な規則など無い」と言えると思います。
    • good
    • 0

冠詞の使い方だけで一冊の本になります。

 初級入門書ではその一部を2-3ページで説明しています。独習者といえども初級の文法解説書かウエブサイトの文法説明を読み、練習問題を解かなければ進歩がありません。(急がば廻れです)納得できない性格とは関係ありません。避けて通れない道です。

不定冠詞
名詞が不特定のもの、例えばある本、 ある家などを表すときに名詞の前につけます。英語はa(an)だけですがスペイン語はunoが性、数に応じて4つに変化します。
un libro, una amiga, unos libros, unas amigas

定冠詞
名詞が特定のものを指すときに名詞の前につけます。英語はtheだけですがスペイン語は名詞の性、数に応じて4つの形があります。
el libro, la amiga, los libros, las amigas

定冠詞の使用法は初級段階では、このようにお互いに分かっている物、人、事柄を指すときに用いると説明されます。ese libro, esa amigaと言い換えることもできます。

初めてなのにun perroではなくel perroで始まる文章があります。
これも複雑な定冠詞の使い方のひとつで、その名詞が表すグループ
(種属)全体表しています。つまりある犬、一匹の犬ではなく、「犬というものは、(犬は)」という意味になります。

定冠詞と次に来る名詞の性が一致しないケースがあります。
el agua 水は女性形なので本来は la aguaとなるはずですが、スペイン人は a-aという音の連続を嫌うためelに置き換えます。ただし
名詞がa で始まりそこへアクセントがある場合のみです。
la ancianoとはいえません。(アクセントは二番目のaにあるため)

参考URL
http://supeingogakka.cocolog-nifty.com/blog/2008 …

参考URL:http://f29.aaa.livedoor.jp/~junquo/index.html
    • good
    • 1

bakanskyさんの回答で合ってます。


僕のざっくりとした認識だと(例外ありますが)こうです:

un/una は英語の a/an のようなもので
un は次の言葉が母音から始まる場合(英語のan同様)
una は逆に子音から始まる場合(英語のa同様)

el/la は英語の the のようなもので
el は男性名詞の前
la は女性名詞の前

ってな感じですかね
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスペイン語の翻訳

スペイン語の翻訳

現在大学でスペイン語学科に通っております。
大学卒業後はスペイン語と英語を専門として翻訳をする職業に就職したいと思っております。
英語はアメリカに住んでいたこともあり、全く心配していないのですが(TOEICできちんとスコアをとっていますし)、スペイン語に関しては大学に入ってから始めたので自信がありません。
就職するとなればスペイン語検定を受けておくべきだと思うのですが、翻訳を職とするためには何級を取得するのが理想的でしょうか?
また、翻訳をする就職先というのが私にはどうも出版社しか思いつかないのですが、どのような就職先があるのでしょうか?

Aベストアンサー

翻訳専門の会社もありますよ。
ビジネス文書や論文とか海外の番組それに出版関係や報道や広告とか商品の取扱説明書等の翻訳を請け負う仕事です。

翻訳だけで無く、通訳・速記・音声からの書き起こし等を併設している所も多いです。

一般企業でも専門的な商材を扱う会社だと社内に翻訳の部署がある会社もあります。
医療や化学分野とか特許関係や契約業務とかM&Aカンパニーが多そうです。

QSaludos! GOOD GOOD la vida es una sola, disfrutala

Saludos! GOOD GOOD la vida es una sola, disfrutala
って、どういう意味ですか?

Aベストアンサー

たぶん英語とスペイン語のちゃんぽんだと思います。
Saludos! があいさつの言葉。GOOD GOODが「よいよい」。 la vida es una sola, disfrútala が「人生はひとつ、楽しめ」か「人生は一つ、楽しむ」。

スペイン語が分からないのでオンライン翻訳を使いました。最後の単語は英語を経由して日本語に直すと「楽しめ」になるし、直接日本語に翻訳ソフトで直すと「楽しむ」になり、どちらが正しいかわかりません。

アンケートではなく外国語のカテゴリーに投稿されてはいかがでしょうか?

Qスペイン語への翻訳をお願いします。

スペイン語への翻訳をお願いします。

スペインでの名前の付け方をまとめた文章を作っています。
スペイン語で「名前の付け方」という意味のサブタイトルをつけようと思いますが
スペイン語に関しての知識がないため自動翻訳が合っているかわかりません…。

スペイン語に詳しい方、申し訳ありませんが
「名前の付け方」というスペイン語を教えてください。
スペルだけじゃなくてカタカナ表記で構いませんので、発音も教えてください。

Aベストアンサー

スペイン語は得意分野では有りませんが、何はともあれ、

(1) Asignacion de nombres  

ion の o に発音記号[´]が付きます。読みはアッシギナシオン・デ・ノンブレス

又は、

(2) nombramiento 読みはノンブラミエント。

(1)の方がより「名前の付け方」に近いと思います。

もっと詳しい方の登場をお待ちください。

QAja! todo bien? la vida es una sola, disfrutalaこれ

Aja! todo bien? la vida es una sola, disfrutala
これ何語か分かりますか?
分かる人は日本語訳をお願いします

Aベストアンサー

スペイン語です。
翻訳機で英語に翻訳したところ、以下の通り
"Haha! all good? You only have one life. Enjoy it"
日本語では、「ハハ!大丈夫?一度だけの人生だ。楽しめ。」というような意味です。

Qエキサイト翻訳ソフトで日本語からスペイン語に変換しましたがどうしてもうまく翻訳できません。

エキサイト翻訳ソフトで日本語からスペイン語に変換しましたがどうしてもうまく翻訳できません。
日本語からスペイン語に翻訳してさらにそのスペイン語を日本語に翻訳しましたら原文とは全くちがう日本語が翻訳されました。
解決方法があれば教えてください。
よろしくお願いします。 

Aベストアンサー

無いです。
英文でもそんな感じなので。

Qスペイン語、confundir la velocidad con el tocino

スペイン語で“confundir la velocidad con el tocino”は直訳すれば「豚の脂身と速度を混同する」で「とんでもない勘違いをする」とかの意味ですよね。そこで疑問なんですが、なぜ、豚の脂身と速度なのでしょうか? velocidad とtocino では綴りも似ていないし、片方は目に見える物体で、片方は一応は抽象名詞なので、取り違いの取り合わせとしてはピンと来ません。だからこそ、ひどい間違いをするという意味になるんでしょうけど、スペイン語に詳しい方、この表現の由来を教えてください。

Aベストアンサー

confundir la velocidad con el tocinoは勘違いの場合もあるでしょうが一般的には比較できないものを比較することの例えです。例えば工業生産と芸術作品を作ることは比較できません。方や効率(生産性)中心の量産、方やすぐれた感性による唯一の作品作りです。

velocidadが選ばれた理由は分かりませんがtocinoは先ず間違いなく中世までのスペインのもっともポピュラーな食料だったことに関係すると思われます。
スペインは牛よりも豚が食料の中心でした。そこでtocinoは貧乏人でも欠かせない安い食材だったのです。 同じようにcebollaもよく消費され安い食材の代表でした。 Contigo, pan y cebollaという俚言があります。「お前となら手鍋さげても」とでも訳せます。つまり、いくら貧乏な生活が待っていても惚れたお前と暮らせるならパンとタマネギさえあればいいという殺し文句です。

hacerse suecoという表現もあります。分からないふりをするという意味です。なぜここでスエーデン人が出てくるのか分かりませんが、スペイン人とスエーデン人はラテン系とゲルマン系で言葉も習慣も違うので、このような表現がうまれたものと思われます。歴史や語源に興味を持ち、徹底的に調べるのもひとつの方法ですが語学の学習では、まず慣用的にそのような表現をするということを学ぶのが先決です。

confundir la velocidad con el tocinoは勘違いの場合もあるでしょうが一般的には比較できないものを比較することの例えです。例えば工業生産と芸術作品を作ることは比較できません。方や効率(生産性)中心の量産、方やすぐれた感性による唯一の作品作りです。

velocidadが選ばれた理由は分かりませんがtocinoは先ず間違いなく中世までのスペインのもっともポピュラーな食料だったことに関係すると思われます。
スペインは牛よりも豚が食料の中心でした。そこでtocinoは貧乏人でも欠かせない安い食材だったの...続きを読む

Qスペイン語圏の友達からメールが来たのですが翻訳機を使っても機械なのでちゃんと翻訳されず分かりません。

スペイン語圏の友達からメールが来たのですが翻訳機を使っても機械なのでちゃんと翻訳されず分かりません。スペイン語できる人、翻訳お願いします。
que te vaya fin です
翻訳機では、スペイン語から英語に訳してand goになります。

Aベストアンサー

finの部分がfinoではないので正しいかわかりませんが、
直訳は
やあ!(こんにちわ!)うまくいくように!

日本語だと
よろしくね!程度の挨拶だと思われます。

Qスペイン語のEl aprender es amargura, el f

スペイン語のEl aprender es amargura, el fruto es dulzura.はどういう意味でしょうか。

Aベストアンサー

格言ですね。 定訳があるかどうか知りませんが大意は次の通りです。

「学ぶことの苦しさ、その果実の甘さ」
棚ボタを期待するな、楽をして手に入れるものはない、
苦あれば楽あり、楽あれば苦あり、というような意味でしょう。 

Qスペイン語の翻訳ソフトってありますか?

 いつもお世話になります。英語主体のものではなく、スペイン語を翻訳出来るソフトを探しています。(もちろんスペイン語→日本語です。)日常会話程度が翻訳出来れば、問題ないのですが。

 でも、もしかして存在しないかも???どなたか、お心あたりございましたら、是非、教えて下さいっ!

Aベストアンサー

各国語に対応してます。
http://homepage2.nifty.com/m_kamada/l_translation.htm
オンラインで使えます。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/m_kamada/l_translation.htm

Qスペイン語の定冠詞と不定冠詞

ある市役所発行の公的証明書に、以下の文がありました。(acentoは省略、全文の訳は不必要です)
・・・el acta de nacimiento se encuentra registrada tanto en el libro como en el indice de esta municipalidad, cabe precisar que en un libro se encuentra sin anotacion Marginal,・・・
この中で、en el libroとen un libroの違いは何でしょうか?
また、同じ証明書の中に、el acta antes mencionadoとなっていますが、mencionadaの間違いでしょうか。

Aベストアンサー

en el libro
市役所に備えられた原簿を指す
en un libro
原簿以外の書類(具体的に何を指すかは不明)

actaは女性名詞なのでla actaとなるべきですが、スペイン語では女性定冠詞の次に来るa で始まる名詞の語頭にアクセントがある場合はアーアとなることを避けて男性定冠詞が使われます。
他の例  El agua limpia
しかし、名詞の後ろに置かれる形容詞はacta〔女性名詞)なので女性形となります。 El acta mencionada.


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング