こんにちは。私は今ほとんど独学でスペイン語を覚えようと頑張っているのですが、文によく出てくる定冠詞と不定冠詞(って言うんでしたっけ?)「el la un una」の使い分けがよく分かりません。男性形、女性形というのはだいたい区別できるようになりましたが、問題は「el la」がつくのか「un una」がつくのか、あるいはどちらもつけなくてもよいのかと言ったことです。
最初、友達に聞いたときは「話し相手と共通のものを認識できているときは「el la」が付いて、そうでない時に「un una」が付く場合が多いかなぁ」って教わったんですがそれってなーんか微妙な回答じゃないですか?別の友達には「とりあえず全部にel laを付けとけ」というような訳の分からない回答をもらいました。
数をこなしていくと、なんとなく分かるようになるという意見も出たのですが、私の性格上それは納得がいかないというか、「そんなの無理だろ!!」って思ってしまいます。なにか規則のようなものがあるんでしょうか?絶対的な規則のようなものが無いから、みんなの答えが微妙なのでしょうか?どなたか分かる方おりましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私には、その友人の方の言われたとおりだと思えます。


要するに、普通の名詞にいきなり定冠詞をつけて登場させることは、まぁないだろうということ。
英語の a, an, the の区別にちょっと似ていると思います。
ただし、地名などの固有名詞に定冠詞がつくこともあるので注意(El Salvador など)。
また、本来は女性名詞なのに男性名詞につく冠詞がつくこともあるそうです(例:El agua limpia - La agua とすると a agua のように a が重なるのを嫌って El を用いる)。
以上は下記のページを見てにわか勉強いたしました。
http://www.spaingo.jp/bkn011.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4968811.html
http://www.asahi-net.or.jp/~hi5k-stu/europe/espa …
    • good
    • 2

No2です。

 一部修正と補足です。

最後の「la ancianoとはいえません。(アクセントは二番目のaにあるため)」→el ancianaとは言い換えません。(アクセントは二番目のaにあるため) 語頭にアクセントのある aguaは la aguaとなるべきところel aguaと変えますがancianaはアクセントが語頭にないため、たとえa-a(la anciana)と母音が重なる場合でも、女性形名詞には女性形定冠詞がおかれます。

語学を学ぶうえで数をこなすのは重要です。一般に第二外語として言語を学ぶ場合、専攻生以上に力がつかないのは教え方、学び方の問題もありますが、数をこなせないからです。第二外語であっても現地で2-3年生活をすれば内地の専攻生以上の実力を身につけることができるでしょう。(平均的に)幼児は数をこなすことだけで母語を覚えていきます(文法など誰も教えません)
    • good
    • 0

>数をこなしていくと、なんとなく分かるようになるという意見も出たのですが、私の性格上それは納得がいかないというか、「そんなの無理だろ!!」って思ってしまいます。



言語学者でもない限り結局はそうする羽目になります。特に初級文法を終えたところでやる事がなくなり、かといってネイティブと話してもまったく通じないためとにかく数をこなしていく事になります。
ですから、現段階で認識を改めるかスペイン語を諦めるかすることをお勧めします。

un/unaを英語のa/anと並べている人がいますが、これは男性/女性ですのでa/anとはちがいます。el/laと同じ区別の仕方です。
ただし una agua とか la agua とは言いません。
まだ始めたばかりならこれは無視してもいいでしょう。発音を覚えればウナアーグアーやラーグアーのむちゃっぷりに気付くことになります。
正しくは un agua, el agua, unas aguas, las aguas です。

御友人の「とりあえず全部にel laを付けとけ」というのは間違ってun unaを付けるよりは、間違ってel laを付ける方がまだ、誤解を防げるからでしょうからとりあえず従っておいては?(もちろん正しくありません)。

>絶対的な規則のようなものが無いから、みんなの答えが微妙なのでしょうか?

一般人が勉強して理解できる範囲では、「絶対的な規則など無い」と言えると思います。
    • good
    • 0

冠詞の使い方だけで一冊の本になります。

 初級入門書ではその一部を2-3ページで説明しています。独習者といえども初級の文法解説書かウエブサイトの文法説明を読み、練習問題を解かなければ進歩がありません。(急がば廻れです)納得できない性格とは関係ありません。避けて通れない道です。

不定冠詞
名詞が不特定のもの、例えばある本、 ある家などを表すときに名詞の前につけます。英語はa(an)だけですがスペイン語はunoが性、数に応じて4つに変化します。
un libro, una amiga, unos libros, unas amigas

定冠詞
名詞が特定のものを指すときに名詞の前につけます。英語はtheだけですがスペイン語は名詞の性、数に応じて4つの形があります。
el libro, la amiga, los libros, las amigas

定冠詞の使用法は初級段階では、このようにお互いに分かっている物、人、事柄を指すときに用いると説明されます。ese libro, esa amigaと言い換えることもできます。

初めてなのにun perroではなくel perroで始まる文章があります。
これも複雑な定冠詞の使い方のひとつで、その名詞が表すグループ
(種属)全体表しています。つまりある犬、一匹の犬ではなく、「犬というものは、(犬は)」という意味になります。

定冠詞と次に来る名詞の性が一致しないケースがあります。
el agua 水は女性形なので本来は la aguaとなるはずですが、スペイン人は a-aという音の連続を嫌うためelに置き換えます。ただし
名詞がa で始まりそこへアクセントがある場合のみです。
la ancianoとはいえません。(アクセントは二番目のaにあるため)

参考URL
http://supeingogakka.cocolog-nifty.com/blog/2008 …

参考URL:http://f29.aaa.livedoor.jp/~junquo/index.html
    • good
    • 1

bakanskyさんの回答で合ってます。


僕のざっくりとした認識だと(例外ありますが)こうです:

un/una は英語の a/an のようなもので
un は次の言葉が母音から始まる場合(英語のan同様)
una は逆に子音から始まる場合(英語のa同様)

el/la は英語の the のようなもので
el は男性名詞の前
la は女性名詞の前

ってな感じですかね
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスペイン語の定冠詞と不定冠詞

ある市役所発行の公的証明書に、以下の文がありました。(acentoは省略、全文の訳は不必要です)
・・・el acta de nacimiento se encuentra registrada tanto en el libro como en el indice de esta municipalidad, cabe precisar que en un libro se encuentra sin anotacion Marginal,・・・
この中で、en el libroとen un libroの違いは何でしょうか?
また、同じ証明書の中に、el acta antes mencionadoとなっていますが、mencionadaの間違いでしょうか。

Aベストアンサー

en el libro
市役所に備えられた原簿を指す
en un libro
原簿以外の書類(具体的に何を指すかは不明)

actaは女性名詞なのでla actaとなるべきですが、スペイン語では女性定冠詞の次に来るa で始まる名詞の語頭にアクセントがある場合はアーアとなることを避けて男性定冠詞が使われます。
他の例  El agua limpia
しかし、名詞の後ろに置かれる形容詞はacta〔女性名詞)なので女性形となります。 El acta mencionada.

Qスペイン語のdeとdel

スペイン語で英語のofにあたる語にdeですが、
文章によっては、delと書いてあります。
deとdelの使い分けを教えてください。
スペイン語文法の知識がないものです(>_<)

Aベストアンサー

本当はどんな表現の中での使い分けなのか、教えていただけると詳しく分かるのですが…

一般的に言えば、deの後に定冠詞elが来る場合、一つのdelという単語になるという現象です。del は英語で言えば、of the が一つになった単語です。

Qスペイン語 "tu"と "usted" の違いは何ですか?まったく分かりません

スペイン語の初学者です。

tu(君)、usted(あなた) という使い分けのようですが
君とあなたと、一体どう使い分ければいいんでしょうか?
さっぱり分かりません。

どうかよろしくアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

国によって使い分けが若干違うようなのですが、
基本的にはtuは親しい間柄、ustedはよく知らない人や一般的な言い方、と考えておけば、大きな間違いはないと思います。
若者同士だとtuが多いかもしれません。

スペイン語以外にも、「あなた・私」言葉と「僕・君」言葉を持つ言語はありますが、やはり親しさ度合いで違います。
(フランス小説やロシア小説の邦訳を読んでいたらこういうのが出てきました。でもフランス映画の和訳字幕でこれを無視して訳してあったのもあった。距離感違うんじゃないのかなあ)
英語だと全部youなんですけどね。

こちらのトピックが参考になるのではないでしょうか。って今たまたま見つけただけなんですけど(^^;
ustedで覚えておけば無難とのこと。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa459366.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3347265.html

国や人によって違うという話。
http://www.h6.dion.ne.jp/~kiuchi/lec206.htm
http://d.hatena.ne.jp/latinokashiwajp/searchdiary?word=*%5B%A5%B9%A5%DA%A5%A4%A5%F3%B8%EC%5D
ドイツ人のように「これからあなたを君扱いする」と言うことはない、と書いてありますが、絶対に言わないわけではなくて、言う場合もあるのではないかと思います。
テレビスペイン語会話でインタビュアーが日本に住む中南米人(国は失念)にインタビューしに行って"usted"で話しかけたら"tu"で話しましょうよ、と言われていたし、昔カセットテープ教材(スペイン語コーヒーブレイク)を聞いたときも「tuで話しましょう」という会話例がありました。まあ、会話学習番組や教材の中の話なので実際の使用率は分かりませんけれど、ありえないほどではないんでしょう。
(学習途中の者から言うのは難しいと思うので言われたらでいいと思いますが)

ちなみにtuの二人称単数vosotrosは、スペインでは使いますが、中南米では使いません。「君たち」も「あなた方」もustedesです。
(違う国があるのかわかりませんが、傾向としてはそうです)
使う活用形が少ないといえば少ないです。

在住や仕事で使ってないのでごく少ない経験ですが。
20歳前後の頃、スペイン語教室で南米出身の大学生の先生達に教わっていたときはtuで喋っていました。
誰も注意しなかったからあれはあれで良かったのかな(笑)
警官が一般人に話しかけるときはustedだと言われたことはあります。

後年、年輩者も混じってメキシコ人の年輩の先生に習ったときはustedでした。
スペイン旅行中は、若者~若い世代の大人からはtuで話かけられましたが、年輩の人からはustedで話しかけられました。

国によって使い分けが若干違うようなのですが、
基本的にはtuは親しい間柄、ustedはよく知らない人や一般的な言い方、と考えておけば、大きな間違いはないと思います。
若者同士だとtuが多いかもしれません。

スペイン語以外にも、「あなた・私」言葉と「僕・君」言葉を持つ言語はありますが、やはり親しさ度合いで違います。
(フランス小説やロシア小説の邦訳を読んでいたらこういうのが出てきました。でもフランス映画の和訳字幕でこれを無視して訳してあったのもあった。距離感違うんじゃないのかなあ)...続きを読む

Qスペイン語)hayとestarの使い分け方を教えてください!

serとestarの違いはなんとなく分かるのですが、
hayとesta'の違いがよくわかりません。

例えば
Alli' hay edificios modernos

Alli' esta' el famoso calle
という二つの文章の中でそれぞれhayとesta'を
使う理由はなんでしょうか?
またそれぞれの文章のhayとesta'を逆にしたら
文法的におかしくなりますか?
それともニュアンスが変わるだけでしょうか?

スペイン語の文章でhaberとestarを使う時に
最も注意にしないといけない点などを教えていただけたら幸いです。

Aベストアンサー

*hay(haber の三人称現在)は人間、事物、現象の存在を表します。
Hay tempestad, hay sol, habi'a mucha gente

*estar は人間、事物、現象の状態を表します。
Ahi' esta' Juan, Juan esta' alto, Juan esta' enfermo, Juan esta' con su hermana.

日常会話では初出の事物、一般的な存在はhay, 既知の事物はestarを使うと覚えるのがいいでしょう。

?Hay aqui' tele'fonos pu'blicos? (電話が始めて話題になったのでhay)
Si', ahi' esta' uno.(話題となった電話のことなのでestar)

Aqui' hay muchas casas grandes. (一般的な存在)
?Do'nde esta' su casa? (具体的な存在)

*一般的にhayとestarを入れ替えることは出来ません。 出来る場合も
ありますがニュアンスが異なります。 

*hay(haber の三人称現在)は人間、事物、現象の存在を表します。
Hay tempestad, hay sol, habi'a mucha gente

*estar は人間、事物、現象の状態を表します。
Ahi' esta' Juan, Juan esta' alto, Juan esta' enfermo, Juan esta' con su hermana.

日常会話では初出の事物、一般的な存在はhay, 既知の事物はestarを使うと覚えるのがいいでしょう。

?Hay aqui' tele'fonos pu'blicos? (電話が始めて話題になったのでhay)
Si', ahi' esta' uno.(話題となった電話のことなのでestar)

Aqui' hay m...続きを読む

Q「なんとか de なんとか」 の de って何ですか?

よく製品名とかに「なんとか de なんとか」というような名前のものがありますが、
その de とはいったい何なのでしょうか?
(”ネットdeナビ”とか”声de入力”とか)

ご存知の方お教えください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

フランス語の「ど」ももちろんそうなんですが、
No.7の方がおっしゃるように、スペイン語、ポルトガル語でもdeと書きます。
ラテン系のコトバは似ているのです。

読み方は、

フランス語=ドゥ
スペイン語=デ

ポルトガル語=「ジ」または「ヂ」
  ↑
これはブラジル読みです。ポルトガルのポルトガル語は分かりませんが、読んだ話ではデとドゥの間ぐらいだそうです。
私はブラジル発音しか聞いたことないので何とも。


意味は皆さんおっしゃるとおり、「~の」

たとえば昔「オルケスタ・デ・ラ・ルス」(これはスペイン語です)という日本人のサルサバンドがありましたが(あれっ、またやってるんだ!カルロス菅野さんはいないようだがhttp://laluz.jp/)

ORQUESTA DE LA LUZ(オルケスタ・デ・ラ・ルス) 

ORQUESTA  オーケストラ、楽団
DE  ~の
LA LUZ  光

⇒光のオーケストラ、光の楽団

というイミでした。

スペインにある地名、「プエルタ・デル・ソル」「コスタ・デル・ソル」なんかも、de+el=delになっていますが、deを用いた「太陽の門」「太陽の海岸」という意味です。

有名な「うどんですかい」「そばですかい」は、空のうどん、空のそば、と引っ掛けてるんですね(笑)

参考URL:http://www.jtb.co.jp/kyushu/cpn/sky/

フランス語の「ど」ももちろんそうなんですが、
No.7の方がおっしゃるように、スペイン語、ポルトガル語でもdeと書きます。
ラテン系のコトバは似ているのです。

読み方は、

フランス語=ドゥ
スペイン語=デ

ポルトガル語=「ジ」または「ヂ」
  ↑
これはブラジル読みです。ポルトガルのポルトガル語は分かりませんが、読んだ話ではデとドゥの間ぐらいだそうです。
私はブラジル発音しか聞いたことないので何とも。


意味は皆さんおっしゃるとおり、「~の」

たとえば昔「オルケスタ・...続きを読む

Qスペイン語「lo que」「el que」の違い

Que es lo que mas le gusta?
何が一番好きですか?
Cual es el que mas se vende?
どれが一番売れていますか?

ですが、
「lo que」「el que」の違いが分かりません。

QueかCualで変わるのでしょうか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

>QueかCualで変わるのでしょうか?

「何」と「どれ」の違いも影響すると思います。

lo que も el que も代名詞に関係代名詞が付いたもので「~するもの」ですが、lo は中性です。「何が好きか」と尋ねるときはどういう答えが返ってくるか分からず、ということはその「好きなもの」の名詞の性別もまだ決定していません。こういうような名詞の性別が決定できないとかまだ決定を下さないときは中性になります。

No comprendo lo que ocurre.
何が起きているのか分からない
(それこそ「何」なのか分かっていません)

Mi padre me prestó su coche, lo que es totalmente increíble.
父が車を貸してくれたが、それは全く信じられないことだ(lo que が一つの関係代名詞のように使われる。英語の which)
(「それ」は前文の内容で、特定の名詞を指さないので性別が決定できない)

el は男性ですから、「どれ」と選択する範囲が決まっていて話者の頭の中には具体的な名詞があり、それが男性を前提としていると考えられます。

Tengo dos perros. El que está sentado con mi mujer en la foto se llama Sumi y el otro Daichi.
私は犬を2匹飼っています。写真で妻と一緒に座っているのがスミ、もう1匹が大地です。
(perro が男性。http://espanyol2.blogspot.jp/2010/02/leccion-48.html より引用)


「どれが一番売れていますか」の前に具体的な品名とか「製品」「商品」という言葉など前提となる文がありませんか。

>QueかCualで変わるのでしょうか?

「何」と「どれ」の違いも影響すると思います。

lo que も el que も代名詞に関係代名詞が付いたもので「~するもの」ですが、lo は中性です。「何が好きか」と尋ねるときはどういう答えが返ってくるか分からず、ということはその「好きなもの」の名詞の性別もまだ決定していません。こういうような名詞の性別が決定できないとかまだ決定を下さないときは中性になります。

No comprendo lo que ocurre.
何が起きているのか分からない
(それこそ「何」なのか分かっていません...続きを読む

Qbeberとtomarの使い分け(スペイン語)

すみませんまた初歩的な質問です(^^;)

cervezaやaguaは、当然beberで良いですよね?
でもcafe'やsopaになると、tomarの方が適切だとあります。

「飲む」より、「とる」の方が自然という感じなんでしょうが、
これって温度に関係するのでしょうか?
El cafe' frioだと、beberでもOKなんですか?

Aベストアンサー

beberは液体や流動食などを飲み込む(飲み下す)基本動作をさします。
もっとも使われるのがaguaに対してです。 その他の食べ物や飲み物にはtomarが使われます。 コーヒはbeberでも間違いではありませんが習慣的にtomarが使われます。 対象物の温度は関係ありません。スペイン人は朝、コーヒと熱いミルクを半々で飲むのが好きです。Tomar cafe con leche.

beberの類語:ingerir, trincar, libar
日本語でも酒を飲む、酒を味わう、酒をたしなむ、ビールで乾杯する、一杯いこうか、などと使い分けますね。 スペイン語ではもっとも使用頻度の高いのがtomarです。

Qスペイン語 「lo」教えてください。

スペイン語 「lo」 がよく理解できません。
教えてください。

Tu padre es muy simpa'tico.Y su padre lo es tambie'n.

君の父上はとても親しみやすい(優しい)よ。彼の父上もそうだよね。

こんな意味と思いますが、su padre lo の
* lo は 中性代名詞という事ですが、
英語の「it」と同じという事で良いですか?

*madre なら

Tu padre es muy simpa'tico.Y su madre la es tambie'n.
になりますか?

だとするとなぜ中性代名詞と呼ぶのでしょうか。

*madre は sua madre ですか?

Aベストアンサー

やさしい例文を通じてLoの使い方を覚えるのがいいでしょう。

1)Loは形は同じですが中性定冠詞でもあります。
Lo+形容詞で名詞を作ります。

Lo bueno=good things
Lo dulce=sweet things
Lo dificil=difficult things

Me gusta lo dulce 私は甘いもの(はなんでも)が好きです。

2)中性人称代名詞
*主語として働く ello,eso
Eso no vale それは役にたたない
*間接補語としての le (あまり使われない)
Que le vamos a hacer? そのことについてはどうしようか?
*直接補語としての  lo
これがご質問の件です。
よく使われます。

ーSabia esto? このこと知ってた?
ーNo,no lo sabia いや、知らなかった
ーNo, no lo creo いや、僕はそう思わない
ーElla es japonesa? 彼女は日本人?
ーNo, no lo es. いいえ、そうでは(日本人では)
ありません。
ーElla esta muy triste, pero lo oculta.
彼女はとても悲しんでいます。でもそれを隠しています。

Loはこのように前に述べたことを受けて、抽象的(人称、性別に関係なく)に繰り返すときに使われます。従って中性人称代名詞と呼ばれます。会話ではLoて受けず具体的に述べる(返事をする)場合があります。

Ella es japonesa? 彼女は日本人?
No, es francesa. イヤ、フランス人だよ

この基準でいけば
Es usted japonesa?に対する正しい返事は
Si, lo soy となりますが、Si, soy japonesと答えてもでもなんら問題ありません。

やさしい例文を通じてLoの使い方を覚えるのがいいでしょう。

1)Loは形は同じですが中性定冠詞でもあります。
Lo+形容詞で名詞を作ります。

Lo bueno=good things
Lo dulce=sweet things
Lo dificil=difficult things

Me gusta lo dulce 私は甘いもの(はなんでも)が好きです。

2)中性人称代名詞
*主語として働く ello,eso
Eso no vale それは役にたたない
*間接補語としての le (あまり使われない)
Que le vamos a hacer? そのことについてはどうしようか?
*直接補語としての ...続きを読む

Q話の出だしでいきなり Y (スペイン語)

Y si tomamos algo por la tarde.

この Y は and の意味ではないことは承知しているのですが、何かを提案するときのイディオムと思っていいのでしょうか?たとえばwww.wordreference.com のスペイン語辞書で y の項を引いても特にここでの意味に相当するような定義はありません。それとも、英語で言うところのwellのようなリズムをとるための便利語なのでしょうか?

Aベストアンサー

yは英語のandと同じ働きだと思って間違いありません。私の手持ちの辞書ではスペイン語Yの使用例は9項目まで、英語andは21項目記載されています。

この文章だけでand 以外の意味があるかどうかは分かりません。これで文章や会話が始まるのであれば、まず素直に「そして」「こうして」「だから」などと理解せざるを得ません。Yで始まる場合は普通はその前に相手の言ったセリフがあり、それを受けて Yから始まります。

意訳すれば「ま、そういうことで俺たちはその日の午後ちょっと腹に詰め込んだってわけさ」(si'は強調の
アクセントつきsiと捉えて)

「だからもし午後に何かをひっかければ・・」siをifの意味に捉える、その場合この文章は条件節だけになり、
意味不明となりますね。tomarは通常beber(飲む)y/o comer(食べる)を意味します。

Q【スペイン語】estoとestaの違いは?

Esto es una mochila.
Esta es mi mochila.

テキストにこの二つが載っていたのですが、いまいち違いが分かりません。
Estoは esta este の中性形と理解しているのですが、上の二つの文章は意味が違うのでしょうか?

例えば
Esta es una mochila. や Esto es mi mochila. と書くのは可能でしょうか?

使い分けの方法を教えてください。
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

荒井正道著「スペイン語のすすめ」(講談社現代新書)によると

1)指示代名詞の中性形…実際の名詞の性にかかわらず「これは~/あれは~」と紹介するときに使う。

2)名詞の性に応じた指示代名詞…心の中で「この本は~」「あのテーブルは~」のように意識しながら(しかも Este libro es mio や Esta mesa es mia と言う代わりに)言うときは Este es mi libro / Esta es mi mesa と言う。

このような説明があります(原文とは異なる)。

1)のやりかたはほとんどのヨーロッパ語に共通ですが2)はスペイン語独特でしょうか。

中性形は「これは/あれは」と言いますがそこには「この(あの)物/者は」のようにどの性別にもなりうるまたは決めかねるものの存在が感じられます。中性 neuter というと「第3の性」のような錯覚を受けますが neuter とは本来「どちらでもない」という意味です。

性別に応じた形を使うときは話者の心の中ではすでにどの名詞を主語にするか決まっており、あえて違いを言えば

Esto es una mochila. = This is a bag.
Esta es mi mochila. = This bag is mine.

esta と言った時点ですでに気持ちは esta mochila になっているのではないでしょうか。

また辞書の例文ですが具体的な「物」ではない例として

1 Esto es una anecdota.「(前に話した)これは一つの挿話だ」
2 Esta es una anecdota.「(次に話す)これは一つの挿話だ」

1は誰がどうしたという「文の内容」を指すので性別が決められない。2は話者の中で anecdota ということが明確なので女性形を使うようです。

荒井正道著「スペイン語のすすめ」(講談社現代新書)によると

1)指示代名詞の中性形…実際の名詞の性にかかわらず「これは~/あれは~」と紹介するときに使う。

2)名詞の性に応じた指示代名詞…心の中で「この本は~」「あのテーブルは~」のように意識しながら(しかも Este libro es mio や Esta mesa es mia と言う代わりに)言うときは Este es mi libro / Esta es mi mesa と言う。

このような説明があります(原文とは異なる)。

1)のやりかたはほとんどのヨーロッパ語に共通ですが2)は...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報