痔になりやすい生活習慣とは?

裁判所に訴状を提出しようと思っています。
調べたところ捨て印を押した方がいいようなのですが
原告が複数いる場合は
その原告らすべての印鑑を捨て印として押しておくべきなのでしょうか?
原告数が多いため捨て印を押す余白が狭いので、
代表者を決めてその印鑑だけ押しておけばいいものかと思いまして

あと各ページにも捨て印を押しておくべきなのでしょうか?

どなたかご指南お願いします。

A 回答 (2件)

 訴訟関係の仕事をしていますが,訴状に捨て印を押印したことは一度もありません。


 訴状などは,それぞれの紙に割印を押さなければなりませんが,ページ番号を付けておけば,割印をする必要がないので,大抵,ページ番号を付けます。
 原告(原告代理人:弁護士)が押印したページを訂正する必要があれば,訂正印が必要となりますが,原告等が押印していないページですと,そのページだけを差し替えることにしていますから,捨て印を押すことはほとんどありません。
 原告が多数いる場合,弁護士に訴訟委任することが多く,訴状には弁護士の印しか押印されず,その弁護士に対する訴訟委任状に原告のそれぞれが押印するでしょうし,その訴訟委任状に捨て印を押すことはよくあります。
    • good
    • 0

単純な間違いの場合には、ステインを押しておけば、訴状を提出したとき、その場で補正できるという利点がある。



ただ、原告が多数なら、内容の変更になる訂正の場合には、持ち帰って、検討の上訂正すべきでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q委任状の訂正について教えて下さい!!

委任状の訂正について教えて下さい!!

委任状に捨て印がある場合の、
訂正方法を教えて下さい。

簡単に考えたら、訂正箇所に2重線を引いて訂正印を押せば済むと思いますが、
印鑑も預っていないので、捨て印がある場合はどうすればいいのか・・・

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

捨印の横に
『○行目○文字削除』
『○行目○文字追加』
『○行目○文字削除の上、○文字訂正/追加』
「、。」も1文字です。 ○=数字。

認められるかどうかは分かりません。

Q訴状にかわる準備書面とは何?

 簡易裁判所に敷金返還の支払督促を出しましたが相手方から異議が申し立てられ地裁にまわされました。地裁から訴状にかわる準備書面を2週間以内に提出して欲しいと連絡がありました。私は素人で訴状にかわる準備書面の意味が良く分かりません。訴状、準備書面は何度か作成したことがあります。どのような内容を書くものなのか分かりやすく教えていただけないでしょうか?お待ちしています。相手の異議の内容は敷金から一部原状回復の費用を差し引きたいのと、100回の分割で返金したいという趣旨のものでした。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

細かいことは省きますが、訴状と考えて書面を作成されればよいと思います。
当事者、請求の趣旨、請求の原因・・・等。

原告が一番最初に提出する準備書面のことを、訴状といい、
被告が一番最初に提出する準備書面のことを、答弁書という
、と捉えてみると分かりやすいと思います。

簡易裁判所への支払督促申立て

異議申立て

地裁への通常訴訟へ

原告は、初めに支払督促申立書を提出しているので、
通常訴訟となり、次に提出する書面は2通目ですので、
「訴状」とは言えず、準備書面になります。
一方、地裁に提出する書面としては1通目であり、
かつ、記載内容も訴状と同程度のものとなるため、
「訴状に代わる準備書面」となります。

なお、訴状に代わる準備書面の提出に必要な印紙代については、
支払督促で収めた印紙代が控除されます。
通常、支払督促申立時と同金額の印紙を収めることになります。

Q訴状の訂正

裁判所に訴状を郵送で提出して、その訴状に記入ミス等があった場合、裁判所が訴状を提出した原告と確認の上、裁判所が訂正してくれるのでしょうか?

それとも、訴状を送り返されるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この質問に対する回答は、裁判所によって対応が違うことがありますので、ご了解願います。

まず、裁判所が勝手に訴状を訂正する訳にはいきませんので、原告と連絡を取ります。訴状の上部に捨印が押捺してあり、かつ、軽微な内容の記入ミスであれば、原告の了解を得て、その捨印を使って記載を訂正します。軽微とは言えない記載や、捨印で直せないほどの記入ミスであれば、訴状の該当ページを差し替えてほしいと言ったり、新たに「訴状訂正申立書」を作成し提出してほしいと言われるかもしれません。

訴状を送り返すことは、基本的に行いません。

Q「捨印」の危険性

契約する場合、「ここに捨印をお願いします」などと言われ、何の気なしにほいほいと言われたとおり、ぽんぽんと判子を押したりします。
ところが、法律関係の本を読んでると、「捨印は危険だから押さないほうがいい」と書いてあります。
捨印に関わるトラブル、実体験を教えてください。

Aベストアンサー

当該契約書等が完全なものであるならば、別に訂正する必要もありませんから、
訂正のためにする捨印は不要です。

ですが、その書類が不完全なものである場合(補完を要する場合)、
たとえば住宅ローン借り入れに付随する抵当権設定契約証書や登記原因証明情報などでは、
本人が記入する時点では、不動産の表示が記入されていないことが圧倒的に多くて、
それが司法書士の手元に渡って、そこでようやくその部分を補完する(物件の表示を記入する)、
なんてことをしていたりするのです。

ところで、司法書士だって、プロとはいえ、人間です。
たまには間違えてしまうことだってあります。
また、それ以前に、元々の記載に不備があったりもします。
そこでその訂正が必要となったとき、
捨印があればそれで対応できますが、ない場合には訂正できません。
(中には捨印で訂正できない事項もあります)
その間違った部分に本人の訂正印が必要になるわけですが、
司法書士がそういった書類を受け取るのは、登記の申請をしなければならない日の
前日の夕方だったり、下手をすると当日だったりします。
そんな状況でも、ちゃんと訂正印をもらえれば良いのですが、
もしも訂正印がもらえなかった場合、登記の申請ができないことになってしまい、
そうなると、ローンの実行ができなくなったりすることもあったりするわけで、
本人に非常な不利益が生じてしまったりもするのです。

そういった事故を回避するために、司法書士などは捨印をお願いしているのです。
あくまでも、依頼の目的を達成するための手段としてです。

ですが、前各回答者の書かれたとおり、
捨印を悪用して使う人もいるようですので、
その書類を渡す相手によって、どうするか判断すべきでしょう。

当該契約書等が完全なものであるならば、別に訂正する必要もありませんから、
訂正のためにする捨印は不要です。

ですが、その書類が不完全なものである場合(補完を要する場合)、
たとえば住宅ローン借り入れに付随する抵当権設定契約証書や登記原因証明情報などでは、
本人が記入する時点では、不動産の表示が記入されていないことが圧倒的に多くて、
それが司法書士の手元に渡って、そこでようやくその部分を補完する(物件の表示を記入する)、
なんてことをしていたりするのです。

ところで、司...続きを読む

Q捨印で訂正できる範囲

捨印を押してしまうとどんな不当な変更でも認められてしまうのでしょうか?
名前や生年月日の軽微な間違いを直してくれるだけならいいのですが
契約金額を勝手に変更されたり条文が追加されたりしてそれが通ってしまうと非常に困ります。

捨印の訂正可能範囲はどのくらいなのでしょうか?

何でも訂正できるとすれば悪用されないようにするにはどうすればいいのでしょうか?

捨印を押さないのがベストなんですが間違いがあって書類を送りあったりしていると期限を超えてしまう可能性があるので厳しいです。

回答お願いします。

Aベストアンサー

法務局に提出する、登記関係の契約書などは
捨て印では、氏名の訂正はできません (自分の名前を間違えるとは考えられない。)
住所は捨て印で訂正ができます。
金額の訂正もできません (重要な事項のため)

官庁などにより違いがあるでしょうが

一般の社会では、領収書の金額の訂正は捨て印ではできないとされています。
税務署も認めないと思います。

Q民事訴訟の訴状で「証拠説明書」の概念について

証拠説明書の一覧表についてですが、書式が示されています。
1)訴状などと同様に厳格な必要書類ですか。裁判所側に審理上の便宜的「案内書面」として求められているものですか。といいますのは、どこまで精巧な記述が必要か… と。
2)「原本」か「写し」かの区別欄の意味を教えてください。
3)作成日付けは精密に「月日」までを記入しなければ記入不良ですか。
4)「立証理由」欄の記入の心得を教えてください。
質問内容から致して、上述1)が質問の骨子になります。

Aベストアンサー

1)法律のもとで要求された必要書面ですよ。

民事訴訟規則

(書証の申出等・法第二百十九条)
第百三十七条 文書を提出して書証の申出をするときは、当該申出をする時までに、その写し二通(中略)を提出するとともに、文書の記載から明らかな場合を除き、文書の標目、作成者及び立証趣旨を明らかにした証拠説明書二通(中略)を提出しなければならない。ただし、やむを得ない事由があるときは、裁判長の定める期間内に提出すれば足りる。


2)原本を実際に持っている書証は「原本」と書いてください。コピーしかない場合は「写し」です。「原本」とした場合は、実際に裁判所に出すのはコピーですが、確かに原本があるという意味で、裁判の期日に、裁判所に現物を持参して裁判官と相手方に見せることになります。

3)作成日付は分かる限りでいいです。

4)「立証趣旨」ですね。その証拠で結局何を立証したいのか、を書きます。

Q訴状の訂正の方法は?

訴状の金額を誤って記入してしまいました。
訂正するにはどのように書いたら
よいでしょうか。
訴状 訂正 でググってみましたが
それらしき案内の載ったサイトが見つかりません。

また、被告の会社名にも一部訂正しなければ
いけない点が見つかりました。

合わせて、ご指南お願いいたします。

Aベストアンサー

例えば「100万円支払え」と云う請求の趣旨のところ、間違って「80万円支払え」と書いて提出した、と云うことでしようか。
それならば、タイトルは「訴状訂正の申立」でいいですが、趣旨は、「請求の趣旨欄80万円を100万円と訂正する。」と云う内容でいいです。
そうすれば訴額が違ってきますので印紙の追加が必要です。
会社名の一部も同様に「西郷隆盛株式会社を東郷隆盛株式会社と訂正する。」でいいです。
ただし、このように東西を間違った程度ならいいですが、会社が違っていたなら一旦取り下げて新たに提出した方がいいです。

Q資格証明書(法人登記簿謄本)の有効期間

 訴状を提出するとき、原告被告の少なくとも一方が法人だと、資格証明書(法人登記簿謄本)を添付しますよね? それは、発行から何日(何ヶ月)以内が有効なのでしょうか。
 民事訴訟法をざっと見ましたが、規定を発見できませんでした。別の法律で決まっているのでしょうか。

Aベストアンサー

1ヶ月過ぎても訴訟が無効となったり却下や棄却原因とはならないですが、そのまま訴訟が進行し、勝訴判決で強制執行のときには新しい資格証明書を添付しなければならないので、代表者の変更などでしたら何ら不都合はありませんが、商号変更や合併などの場合は、同一性を証明しなければならず、困難な場合があります。
また、事件の進行中、住所の変更等も、わかれば早めに、できれば判決の前の方がいいです。

Q訴状を郵送で

大阪簡易裁判所で訴訟をしようと思います。
しかし、仕事等の都合で訴状を郵送で送りたいと思います。
送る際は、訴状3通と証拠書類を簡易裁判所へ簡易書留で良いのでしょうか?

郵送で提訴する場合のアドバイスを頂ければ助かります。

Aベストアンサー

訴状は、裁判所と相手の分でよい。
また、証拠は、コピーで良い。

簡易書留で良い。
単純ミスは訂正印でよいので、各ページに訂正印を上部に押しておく。

Q訴状の書き方で質問です。訴状や書証が複数ページになる場合、「正本、副本

訴状の書き方で質問です。訴状や書証が複数ページになる場合、「正本、副本、甲1号章,甲2号章」の記載は、ホチキスで綴じた1ページ目だけに書けばいいのでしょうか?それとも。全ページに記載しないといけないのでしょうか?

Aベストアンサー

裁判所用の第1頁目に正本、被告用の第1頁目に副本と書きます。全頁に記載する必要はありません。
甲1号証などの記載も同じです。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/form/sojotin.html


人気Q&Aランキング