『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

40代男です。
ずばり強くなりたいのと体を大きくしたいです。
今はキックボクシングのジムなどを
探しているのですが、なにか良いスポーツはあるでしょうか?
池袋近辺のジムが理想です。

高校で柔道を授業で受けた程度で経験は何もありません。
ケンカをしたこともありません。

現在は3年くらい週1でジムに通ってウェイトをしているので
そこそこ体力はあるつもりでいます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

いい回答をして下さっている方もおられますが、kimsunaさんの


強くなって、万一何かがあっても大丈夫という
精神的な余裕が欲しかったという感じです。
という回答へのお礼にとても同感しますので少し経験を踏まえコメントします。

こういう質問は結構多いのですがよくつく回答としては
とにかく逃げるが勝ち。護身というものも現実としてはなく、意味がないという諭しの回答
○○は、実戦では役に立たないという回答です。

それでいつも思うのです。みなさん「実戦」て何を想像、想定しているんだろうと
武器を持った相手と生きるか死ぬかの戦いを実戦といっているのか
リングの上で戦うことを実戦といっているのか

普通に暮らす人が極端な場面に遭遇する確率は高くはありません。
護身、強さといっている場合はまさにkimsunaさんの言われている心の余裕を
指している場合が多いのではないかと思うのです。
別にケンカや武器を持った相手を常に想定した強さを求める必要はなく、
心と体の平静を保てる強さを求めてもいいと思うのです。

私も40代になってから合気会系の合気道を始めました。
実戦だとか、護身だとか関係ないです。
心身の鍛錬になると思ったしなにより、それでも何かのっぴきならない状況に
陥ったときに、落ち着け、体が動かせるようになっていればいい
そう思ってです。それで十分だと思ってのことです。

合気道は役に立たないとか、型稽古ばかりなので意味がないと言われます。
それは、恐らく知らないからです。
私はまだまだですが高段位の方々は、それこそ力まず、ぶれず、常に安定して相手をさばけます。
力は要りません。
昔よくジムに通っていて筋肉量の多い私は逆にいつも「力を抜きなさい」と指導されます。
合気道は、どこをどうすれば相手を制圧できるか非常によく練られた武道です。
そういう意味ではお勧めです。
どんな状況でも相手を簡単に転がせる術を心得ている、それだけでも違うと思いますよ。
ですが、必ず相手との接触があってから始まる武道なので能動的ではありません。
空手その他攻撃を仕掛ける面での強さを求められるならそちらでいいと思います。

お互い40代、がんばりましょう。体力的には何の問題もありません
    • good
    • 4

強くなって余裕を持ちたいなら、フルコンが良いでしょう。


実際の喧嘩とは関係ありません。
むき出しの体で殴りあう経験が心的余裕を生み出せます。
上でも出ていますように喧嘩での強さというのは、喧嘩慣れです。
極端な話、突き・蹴りなんかは道場へ行かなくても稽古できます。
喧嘩に強いのは場数を踏んでいるかどうかです。
喧嘩で心的余裕を持ちたいなら、ヤクザになる方がいいでしょう。
    • good
    • 5

ブラジリアン柔術はいかがでしょうか?


体を大きくしたいなら組み技系がいいと思うんですが。
かなり強くもなれると思いますよ。
池袋というか東京のジムがこのサイトに載ってるので
よければ選んでみてください。

参考URL:http://dojo.dougiya.com/ken_list/10_tokyo.html
    • good
    • 4

池袋でしたら極真空手の本部や、極真から派生し顔面パンチ、投げ、寝技も認めた大道塾の本部があります。

また板橋には芦原会館の東京本部もあります。芦原会館も池袋から近いですよ。芦原会館は極真空手をベースに横に回ったり投げたりするサバキを稽古します。極真には壮年部が、大道塾、芦原会館にはビジネスマンクラスがあります。

ヨネクラボクシングジムも近いです。(池袋と目白の間)ヨネクラは集団練習方式でジム生が平等にテクニックを学べますし、またプロ、アマコースの他に健康増進のためのコースもあり目的別に選ぶことができます。

キックに関しては、J-NETWORKの池袋ジムがあります。ここも集団練習方式を取っていますし、目的別にコースが分かれています。

集団練習方式と言っても、初心者にはマンツーマンで一から丁寧に教えてくれると思います。

あとキックについて個人的に言うと、池袋からだいぶ離れますが、東京でしたら小野寺力のRIKIX(リキックス)をおすすめします。(大田区北千束 大岡山駅)

40代でも武道、格闘技を志す人はいます。特に空手の壮年部、ビジネスマンクラスに行くと、同世代や年上の人たちがいて励みになると思います。最初は基本的な技術を習得することを目指し、その上で自身の体調、目的に適った稽古を選ばれたらどうでしょうか?頑張って下さい。
    • good
    • 3

私も同じく40代です。

現在は中年からはじめた空手有段者です。
ご質問の強くなりたいと言うことですが、強くなるということは
精神面、体力面、単なる護身と分けられると思います。
格闘技も海外のものと日本武道のものとあり、根源に違いはありますが
いとことで言えば強くなるのは同様だと思います。
キックボクシングもいいですが、他の格闘技、武道(剣道、柔道、空手等)、ストリートファイトから考えて強くなるとしたら、総合格闘技などはどうでしょう。打撃、投げ、サブミッションが一度に習えます。
もちろん、40代として申し出て、体力に合わせてトレーニングしなければなりませんが?
とは、いえ争いは避けるべきですよね。
精神面での強さでは、格闘技、武道に頼らずとも強くなることも可能だと思います。
格闘技をしている人でもウツ病にかかる人もいますから。
自分自身を啓蒙し、武道倫理や孔子の五常精神など、本当の人間の強さや優しさではないでしょうか?
自分は空手を通じて、色々な人(年配の方から幼稚園児まで)と仲良くし、色々な話をして、また、時として子供に学ばされることもあります。子供は純粋で子供の目線で話すと大人としての強さとは、なんてのも考えさせられます。
私の考える強さは、刀は常によく切れるように手入れし、技を磨き、そして、命尽きるまでその刀を抜かずにすむ強さこそが本来の強さと感じます。なお、体を大きくするには食べて、また年齢なりに筋肉を育てて少し太ると見栄えがガッシリと見えるのではないでしょうか?但し、太りにくい体質の方は残念ですが…。
本筋を外れまして失礼いたしました。
どうぞ、40代まだまだ若いです。頑張ってください。
    • good
    • 6

角田信明が引退後、加圧トレーニングにて腕周りなどの筋力を短期間で作り上げ


再度現役復帰を果たしました。
トレーニング法によっては筋力増強が可能です。
トレーニングもそうですが、栄養の管理はとても重要です。
プロテインを積極的に摂取してください。
疲労からの回復、ビルドアップの効率がよくなります。

ちなみにNO2さんの功朗法に興味がございましたらこちらを参照してください。
筋力、体力、ほぼ関係なく習得することが可能です。
戦う前に戦いに勝利する方法や巻き込まれない方法も教えていただけます。
http://koroho.at.infoseek.co.jp/
http://sports.2ch.net/budou/kako/1028/10286/1028 …


私は、護身術の極意は「争わないこと」と教えられました。
深いお話でしたが簡単に説明します。

争い傷つけその場で勝利しても恨みは残ります。
次にあった時、後ろから襲われる可能性や10人以上に囲まれる。
ありえない話ではありません。
一昔前、チーマーとかいましたよね。今もいるのか知りませんが。
ボコボコにしてもすぐに逃げないと、携帯で仲間呼ばれて・・・

警察に捕まっても正当防衛が認められるまでは障害事件の容疑者です。
身を護る技が世間からレッテルを貼られる。
会社や近所での立場が弱くなる。
身を護ろうとしたら争わない。闘わない。
強くなれば匂いをかぎつけ喧嘩をふっかけてくるヤツもいますが
更に強くなれば闘わずに切り抜けることも可能です。
そのために強くなるということはとても素晴らしいことだと思います。
    • good
    • 1

40歳を期に合気道(富木)を始めました。

友人(合気会2段)は同じ頃、極真を始めました。
私は高校2年まではバレーボールをやっていましたが、膝を痛めて辞めました。
正直、膝腰が悪いとかなり不利ではありますが、何とか初段は取りました。喘息もあって10年かかり、50歳の時です。
友人はといえば、月一ぐらいで遭うたびに包帯だらけ、傷だらけ。アバラと指2本を骨折し、結局仕事にも支障を来たし、半年ほどで辞めたそうです。

以下は私の感想です。
はっきり言って極真の最初の1~2年は筋肉の鎧を付けなければ無理だと思います。
今、道場には新極真2段がいます。理由は「歳を取ったら体力的に下がるだけと感じた」というものです。

打たれ強さならフルコンタクトの空手でしょうか。でも彼を見ていると、避ける事が眼中に無いので、徒手でも模擬刀でも避けられません。(要するに「肉を切らせて骨を断つ」的な武術?)

フットワークと打たれ強さではボクシングでしょうか。でも空手と異なり頭部を攻撃するので、廃人になっても責任は負えません。防具をつけても脳が揺さぶられるのは同じです。

俊敏さと技への導入はレスリングでしょう。でも今ではすっかり競技化されていて腹部から下半身重視ですから、あくまでこちらは攻撃側。
日常で攻撃側に立ってしまったら、こちらが完全に犯罪者です。

合気会や養神館などの合気道は、基本的動きに関しては充分だと思います。太極拳も同じですが、大きな動きをマスターすれば、小さな技も早い技も決まります。
大きなゆっくりの動きは技の動きを筋肉に覚えこませる最良の方法なのです。
でも、残念ながら応用が無く、応用技も全てカタとして扱われているので時間がかかります。
富木は乱捕りがあり、応用技には事を欠きませんが、近年では多くの人が「力技」に偏ってしまっていますから、正確な技の習得は道場を厳選しなければなりません。

合気道の基本は「無構え」。つまり、構えていない姿勢ですから、あくまでも被害者側に立てます。
不審者を見つける度に構えていたのでは挑発しているだけ。これでは喧嘩両成敗です。
でも、無構えならば無用な喧嘩は避けられますし、相手が攻撃しない限り手を出さないので、主張はあくまでも正当防衛です。

40代と言うと多くのジムや道場で、健康の為とか無理だとか言われます。それに強くなりたいといっても上には上が居り、若い人には筋力でかないません。
単に喧嘩が強くなりたいなら、その道に入った方が強くなれます、でも今ではヤクザも体力だけではリストラされる時代です。
それに強くなれるのは「生き残っていれば」の話です。

40では身体を引き締める事は出来ても、大きくする事は無理です。ある程度の筋力はつきますが、やはり限度があります。
薬で筋力増強もありますが、ドウなんでしょうね。副作用のことを考えるとやはり辞めた方がいいでしょう。

という事で、ある程度身を守れ、家族を守れ、長く続けられるとすれば、合気道、大東流柔術、太極拳などだと思います。
ただし、私たちは「護身」は相手に勝つ事だとは考えていません。良くて戦意喪失、多くは逃げ道と時間の確保、せめて警察が来るまでの10分間の防御です。

でも、40歳は最後のチャレンジのチャンスだと思うので、あまり考えず飛び込んでしまいましょう。
10年たったらもう一度考えれば、いいのではないでしょうか。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございます。

40では体を大きくするのは無理でしたか。

強くなりたいというのはケンカで勝ちたいとかではありません。
ケンカもしたことが無いと書いたのが誤解をあたえたようですが
今後もケンカなどしないと思います。

強くなって、万一何かがあっても大丈夫という
精神的な余裕が欲しかったという感じです。

合気道、これから調べてみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/22 22:23

No.2の方の回答は「習うより慣れろ」方式で、一面の真実ではありますが、


社会的責任もある40代の人間が、警察や法律などまで敵に回しかねない方法ですので、
お勧めはしません。

「強くなりたい」の一言のみでは、ちょっとアドバイスが難しいですね。
何故そう思ったのか、何故とりあえずキックボクシングのジムを探そうとしたのか、
最終的に「あなたが思う強くなった状態」がどんな姿なのか、
それらの情報がないと、なかなかあなたの願いに適ったアドバイスは
しにくいと思います。
    • good
    • 1

40代男で池袋近辺ならビジネスマンクラスもある大道塾総本部じゃないですかね。

    • good
    • 11

 まず、結論から言えばスポーツや格闘技で強くなるのは不可能です。

K1やボクシングの世界戦などを見ても、親切にスリップしたら、止めてくれます。あんなことは、喧嘩中では到底認められませんし、スリップした時点で、相手は顔面をかかとで踏みつけに来ます。私は、喧嘩は100回以上しましたが、それだけでも、プロボクサーやキックボクシングを長年やっている人たちとも闘いました。勝率は、9割ぐらいです。喧嘩に慣れてくると、相手のパンチや蹴りが、よけられるようになります。しかし、功朗法という古武術を習い始めた時に、総師範が、武器を持った四、五十人を相手に立ち回っているのを見て、これは到底、喧嘩や格闘技の世界レベルでは、勝てないと思いました。要は、強くなるためには、ひたすら筋トレなどをするのではなく、実戦を想定をした古武術の道場などに通い、本当の死と隣り合わせの練習をすれば、強くなることはできるということです。けれども、本当の実戦経験は欠かせません。東京なら、歌舞伎町一丁目や渋谷の裏街、関西なら天王寺、兵庫なら、魚住辺りで、比較的治安の悪い場所で、わざと正当防衛になるように、仕向けて実戦経験を積めば如何でしょうか? もし、そのような気概もなければ、強くなることなど不可能です。キックボクシングなどは、所詮、スポーツです。ナイフを持った相手に襲われた場合に、刺されれば、それで終わりです。常識的に考えて、一対一や武器なしなどで、路上で戦うことはありません。それを肝に銘じて、気概があれば、四十代でも、十分、強くなることは可能ですよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

おそらく私の理想の姿がdidier2000さんだと思います。

ただ喧嘩が100回以上というのは理想では無いです。
今後も喧嘩はしないですませたいです。
強くなって余裕を持ちたかったのです。

こういう方もいるのだなと勉強になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/22 22:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q40才から始められる武道

平凡なサラリーマンですが、自分に自信をつけるため武道を始めたく思っています。中年の素人がのこのこと加わっても、他の皆の迷惑だろうという気が強くありますが、しかし思い立った今始めたいです。近くのカルチャーセンターでは週1の合気道と月2の琉球空手があります。その他も探せばそれなりにあるとは思います。お勧めの武道や中年で始める加わる場合の注意点などありましたら教えて下さい。お願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは40歳からはじめれる格闘技ですが。それは少林寺拳法か剣道です!少林寺拳法は僕と一緒に父が42歳からはじめました。今4年間続けているのですが3段です。はじめる前はビールバラで腹もたるんでいたりしてのですが、今ではムキムキです。(笑)フルコンタクトや乱取りは基本的にないので怪我をすることもほかの格闘技に比べたら少ないと思います。少林寺では打撃の『剛法』関節の『柔法』整体の『制法』からなります。護身術としてもいいですし、人間的にも鍛えれると思います最近は結構いろんなとこに道場ができてきています。一度見学にいってみたらどうですか?
剣道は弟の剣道道場の先生は50過ぎから初めてという話を聞いたからです!
僕は柔道もやっているのですが、今からするのにはお進めできないです!

Qキックボクシングの自宅でできる練習法

キックボクシング道場に通い始めて2ヶ月になります。
先日スパーリングをさせてもらって、あまりの自分の弱さに情けなくなりました。
強くなりたいです、自宅でできる効果的な練習法はありますか?
今のところシャドー、ランニング、筋トレくらいはやってるんですが、我流的なところもありますので、注意点やアドバイスがあればお願いします。正しい筋トレメニュー等もありましたらお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、どちらのジムに通われているのか分からないですが、スパーリングをさせるのが早いのでは?と感じました。スパーリングはある程度の攻撃防御のバランスがとれきた頃にします。質問者様の格闘技経験がもしほとんどない位だったら早すぎます。失礼かも知れませんが指導者の方は経験者ですよね?この点は今後のご自分の成長に関わるので注意したほうが良いです。 練習方法はまずはジャブです。ボクシングジムでは最初の1カ月はジャブだけというのが主流です。まずジムに行き準備運動(30分位)→縄跳び3R→シャドー(ジャブのみ3R) 物足りないですが地道な努力が人を強くします。2週間もすればジャブが早くなっているのが分かるはずです。注意点はジャブの打ち終わりにガードの所へ拳が戻っているかどうかです。これが最初は一番難しい。長年やって今でも出来てない人は多いですがそういう人達はあまり強くない。ジャブに慣れてきたら次はストレートです。打ち方は野球のバッティングをイメージしてください。手や腕の力だけで打っている人はいませんよね?腰を回転させて+腕力で打っています。このイメージでガードの位置からまっすぐ打ち当たる瞬間に力をこめる。(大事です)最初から力を入れすぎてたらものすごくスピードが遅くなります。リラックスして当たる瞬間を意識する。そしてすぐ戻す。もどしが遅いとフォームが変になります。ジムによっては戻しをすごく重視するところもありますが同感です。パンチは当ればいいから戻しより出すほうが大事だろうと一般的には思われているでしょう。ですが逆です。長く続ければわかります。  次に蹴りですがローキックは何種類かあります。これはジムによって教え方がありますが、個人的には”すりあげローキック”がよいと思います。ローキックもジャブと同じ要領で3Rします。
慣れてきたら自分でめにゅーを変えてみてください。

いっぺんにたくさん言っても混乱すると思うので技はこのくらいにしときます。  筋トレは週2~3回がベストです。筋肉は激しく疲れさせて休ませ超回復というのをします。 たとえば毎日腕立てしている人はある程度の筋肉は付きますが筋肉が疲れててあまり効果がないのです。なので2~3回がベストです。  あと食生活なども気を使ってみてはどうですか?今あるあるの納豆が問題になってますが納豆は体を作ります。牛乳や卵もです。プロテインなども効果的です。

他にもいろいろありますがまずは上記の事をしてみてください。
メンタル面 技術面など 質問がありましたら時間があればまた書き込みます。 
がんばってください。

こんにちは、どちらのジムに通われているのか分からないですが、スパーリングをさせるのが早いのでは?と感じました。スパーリングはある程度の攻撃防御のバランスがとれきた頃にします。質問者様の格闘技経験がもしほとんどない位だったら早すぎます。失礼かも知れませんが指導者の方は経験者ですよね?この点は今後のご自分の成長に関わるので注意したほうが良いです。 練習方法はまずはジャブです。ボクシングジムでは最初の1カ月はジャブだけというのが主流です。まずジムに行き準備運動(30分位)→縄跳び...続きを読む

Qスパーリングなしでボクシングは強くなれますか?

26歳の男です。
ボクシングを始めたくなりました。
甘いと思われるでしょうけど脳損傷や顔に傷がついたりボコボコになるのが嫌なのでスパーリングなしで強くなりたいです。
目標としては喧嘩はしませんが素人やヤンキーとどつきあいしても普通に勝てるレベルになりたいです。

いつもボクシングみてて不思議なんですが相手のパンチをヒョイヒョイよけたりするじゃないですか。
あれってどういう訓練で身につくんでしょうか?

スパーリングなしでも強くなれるのか
相手のパンチをよける技術はどうやったら身につくのかボクシング経験者の方ご意見お願いします。

Aベストアンサー

社会人で3年ほどボクシングジムに通いました。
スパーリングなしではよける技術は身につきま
せん。

でもスパーというにはお互いに殴り合いで
マスボクシングっていうのがあるんですよ。

A君が打つときはB君は防御、B君が打つときは
A君は防御と。はじめからスパーはさせてくれま
せん。
このマスボクシングだけでもけっこうよける練習
にはなります。

でもほんとよけるのは難しいですね。俺は3年間
通いましたがとてもプロなみにはよけられません。

それとパンチ力って体重によってほんと違うんで
すよ。同じ体重なら素人よりも経験者の方が明ら
かに上回りますが、相手が大柄だと素人のパンチ
でも重いと思います。

Qヘタレにも習える護身 格闘技を教えてください

先日、電車の中で若者の携帯使用を注意している40代くらいの会社員のかたが、逆切れした若者に殴られているのを見ました。

すぐに回りの人達と、僕で駅員に通報して、事無きを得ましたが、とても人ごととは思えず、「逃げるが勝ち」といいつつも、どうしても身を守るときはあるんだなと護身を習うことを決意しました。


といっても、34歳のオジさんである私、、格闘技なんて大学生のときにならっていた、剣道初段くらいです。。候補として、少林寺拳法・合気道・テコンドー・空手・ボクシング・キックボクシング
などを考えているのですが、体があまり強くない私としては、練習の怪我で翌日の仕事に影響がない練習をしたい希望があります。

どの格闘技が、 「へたれサラリーマンにも、無理なく学べる」でしょうか?
どなたか、練習などしていて詳しくしっているかた、
あなたのお勧めを教えてください。よろしくお願いいたします。

補足ですが、あくまで護身で、絡まれたときに相手を無力化できれば目的は達せます。
理想的には、10秒ほど相手を無力化して、そのうちに逃げるのを目標にしています。

Aベストアンサー

絶対的にお勧めは、ブラジリアン柔術(BJJ)です。
30代で始めた人も多くいます。

僕自身は、剣道、フルコン、キック、テコンドー、グラップリング、ブラジリアン柔術などの試合に出た事があります。
趣味として合気道も習いました。

上級者とも楽しく練習が出来て、なおかつ、上達した場合に新しく入って来た人にまず負けず、なおかつ、いざという時に身を守れそうなのもブラジリアン柔術です。180cm70kgくらいの素人がやってきて、相手が本気の本気でスパーしても、簡単に仕留める事が出来ます。
雰囲気の話をして申し訳ないですが、打撃系のジムはぎすぎすというか、怖い人が何人もいて敷居が高いです。
合気道は技としては大変優れていると思いますが、実際に使える人はほんの一握りだと思います。

UFCなどのノールール系の格闘技でBJJの技術は必須です。実用性はばっちりです。

練習も、心地よい疲れはありますが、尾を引く痛みはありません。

一度見学してみてください。

Q50代の女性でもできる武道

50代の女性でもできる武道があったら教えてください。
攻撃的なものではなく、怪我の危険も少ないもので、心身の健康に役立つものがあれば嬉しいのですが。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

比較的費用もかからず習いやすいものなら太極拳がいいと思います。あとお金はかかりますが弓道や居合道もよいのでは。
空手等のように急に力を入れたり、抜いたりするものは50を過ぎて初心からはじめる方には注意が必要です。合気道もときに強引に技をかけてくる人がいますからもし復帰するならご注意を。
いずれにせよ人がすすめるから始めるより自分で見学してやってみたいと思う気持ちのほうが大事です。50代はかなり体力の個人差が出る時期ですからご自身の体力と相談して稽古されると良いと思います。

Qボクシングの縄跳び練習って何のやくにたちますか

ボクシングの練習でよく縄跳びを必死に飛んでいる練習方法がありますが、あれはなんの役にたつんですか?持久力つけるなら走った方がはやいと思いますし、フットワークにはあんまり関係ないような気がします。

Aベストアンサー

NO2.の方の
「持久力や手首の鍛錬と同時にリズム感を養うのでしょう。」が正解ですね。
ロープスキッピングの目的は足腰の鍛錬ではありません。一番負荷がかかるのが手首で次に腕、そして足腰と腹筋です。足腰は普段歩くのよりかは負荷がかかりますが、他の運動に比べそれほど大したものではありません。
また、リズム感と表現すると音楽に合わせて…みたいに取られがちですが、ロープスキッピングは全身の連鎖行動を整えるために有効なのです。手首を返すタイミングと足でスキップするタイミング、お腹に力を入れるタイミング、これがすべてそろわないと一連の動作が成り立たない。簡単そうに見えて難しい動き。だから、小学生とかは最初なかなかマネ(実際に跳ぶ)ができないですよね。それは一連の行動をタイミングよく行うことになれていないからです。
この手のタイミングと足のタイミングの取り方がうまくなることがボクシングには非常に有効なのです。
このことを知らずにただスタミナ強化、足腰の鍛錬と思ってトレーニングしていたのではもったいないですね。やはり、トレーニングがどこを鍛えるポイントとしているのかは意識しないと効果は半減してしまいます。
ボクシングの世界ではちゃんと理解していないトレーナーが多いので、昔ながらの日本的な足腰を鍛える精神を鍛えるといった発想のままで代々伝承されることが多いのは確かです。
NO4.の方がおっしゃるとおり足腰の鍛錬とスタミナ強化であれば、ランニングです。ただ、これはボクサーなら毎朝きちんとランニング8~12キロぐらい走っていますので、ロープスキッピングで3分2ラウンドで鍛える目的のものではありません。もちろん、スタミナがつくのも確かですが。
あと、NO4.の方の補足をすれば、野球で持久力がいらないのは確かですが、プロ野球では重要です。プロ野球では年間140試合以上こなさなければならなく、フル出場するためにはスタミナが必要とされます。特に、一年間通して安定した成績を残すためには、疲れがでてきても体幹がブレないように足腰を鍛えておく必要があります。これはピッチャーでもバッターでも軸を使っているので大切です。体幹がブレると微妙な感覚のズレが生じ始めるので、スランプの原因になります。
ですので、プロ野球では絶対に持久力が必要。
また、パンチングボールについて必要ないというのも確かですね。
ボクシングの世界でトップレベルの選手で気付いていれば、パンチングボールの練習はしません。時間が無駄だからです。
パンチングボールでは動体視力と腕を上げ続けることで持久力を強化しますが、これはスパーリングやサンドバックで十分鍛えているものですので、やらなくても良いです。特に、すでにある一定レベルの選手であれば、ガードを上げ続けることが困難と言うことはありませんので、初心者用の練習と言えるでしょう。なんの練習か意識してやっている選手であれば、いずれ必要ないと実感し敬遠したくなる練習でしょう。自ら止めますと言えば、誰もトレーナーも止めないでしょう。まさか重要だと思っているトレーナーはいないでしょうし…
世界チャンピオンクラスの選手でパンチングボールをやらない選手はたくさんいます。私が知る限り、やっている選手はいないです。多分、やらない選手の方が多いでしょう。パンチングボールやるぐらいなら他の練習した方が良いですし、時間がもったいない。
ある選手は公開練習でパンチングボールをやっていますが、それはマスコミ用にわざとやっていて、普段は練習メニューに入れていません。かっこよく映るので、あえてやってあげているのです。こういった選手はたくさんいますよ。
では、なぜ世界進出している一流のジムにパンチングボールを用意してあるのか?
これは機材が揃っているように見えるのと、ダイエット目的で来られている一般会員の方、中身よりかっこよさを求めている若手選手のためです。かっこよいからモチベーションが上がるでしょう?これも大事なのです。

「タイソンが下手だった…」
だから、あの才能を持って若くして落ちていったんだと思います。もったいないですね。天性のパンチ力があったので。

話はそれましたが、必要のない練習をしている選手(しかも一流選手)がいるのも事実ですが、ロープスキッピングについてはウォームアップついでにやるには最適の練習と言えますね。

「持久力つけるなら走った方がはやいと思いますし、フットワークにはあんまり関係ないような気がします。」
答え:ずばりその通りです。(フットワークにはバランス感・リズム感が多少やくにたつかな?)

NO2.の方の
「持久力や手首の鍛錬と同時にリズム感を養うのでしょう。」が正解ですね。
ロープスキッピングの目的は足腰の鍛錬ではありません。一番負荷がかかるのが手首で次に腕、そして足腰と腹筋です。足腰は普段歩くのよりかは負荷がかかりますが、他の運動に比べそれほど大したものではありません。
また、リズム感と表現すると音楽に合わせて…みたいに取られがちですが、ロープスキッピングは全身の連鎖行動を整えるために有効なのです。手首を返すタイミングと足でスキップするタイミング、お腹に力を入...続きを読む

Q中年から始める格闘技

40代男です。何か格闘技を習ってみたいのですが、これまで格闘技の経験が全くないので
、できるのかな・・・と少々不安です。
格闘技の中で中年オヤジにおすすめのものはあるでしょうか。ご経験からでもなんでも結構
ですのでアドバイスをくださいませ。
ちなみに、日頃ジムで筋トレをかかさず続けていますので、筋力だけはあります。
柔軟性は死ぬほどありません(泣)

Aベストアンサー

40代前半男性です。

私はキックボクシングジムに通っていました。
現在は仕事の都合で辞めてしまいましたが、出来ればまた通いたいと思っています。
ちなみに始めたのも40代でそれまでは格闘技経験はありませんし、
スポーツ経験さえありませんでした。

キックボクシングやボクシングのジムは
特定の曜日や時間に集まって習うというクラス性ではなく、
(ジムの営業時間内で初心者クラス、中級者クラスとある場合もありますが)
基本的に自由に練習を開始して自分のペースで内容も自分の管理でやるので
気軽に始められると思いますし、練習内容が自己管理と言っても
トレーナーがアドバイスをしてくれるので初心者でも安心です。

また、サンドバックやミットを叩いたり蹴ったりするのは
ストレス発散にもなっておすすめです。
私はスポーツクラブに通った事もあるのですが、
スポーツクラブはファッション感覚でダラダラやっている印象を受けたのですが、
キックボクシングジムはプロやアマチュアでの試合を目指している人もいて、
そういったはっきりとした目標を持った人と一緒に練習する事は刺激にもなりました。
体力作りを目的とした人に無理矢理スパーリングなどはありませんので
その点は安心してください。

通いやすそうなジムがあったら一度見学に言ってみると良いと思います。
練習の体験が出来る場合もありますので参加してみるのも良いのでは。

40代前半男性です。

私はキックボクシングジムに通っていました。
現在は仕事の都合で辞めてしまいましたが、出来ればまた通いたいと思っています。
ちなみに始めたのも40代でそれまでは格闘技経験はありませんし、
スポーツ経験さえありませんでした。

キックボクシングやボクシングのジムは
特定の曜日や時間に集まって習うというクラス性ではなく、
(ジムの営業時間内で初心者クラス、中級者クラスとある場合もありますが)
基本的に自由に練習を開始して自分のペースで内容も自分の管理でやるので
気軽に始...続きを読む

Qボクシングジムの掛け持ち

僕はボクシングを始めて5年になります。
プロになるつもりはないのですが、週4、5回通っています。ボクシングがすごく好きです。
今のジムでの練習を確実にこなしていくのも大切だとは思うのですが、今のジムと他のジムの土日会員や週2回のボクシング教室に通い+αを身に着けてみたいとも思っています。
もし通うと、現在通っているジムに裏切りのような形になったり、周りに迷惑がかかったりするのですか?
現在25歳で、この先なにかの拍子でプロを目指すかもしれません。そんなときに周りに迷惑がかかってまでは、他のジムやボクシング教室も行ってみたいとは思いません。
どなたかご存知の方、お願いいたします。

Aベストアンサー

ジム、トレーナーによっていろんなコツ、テクニックを知っているので
いろんなところに通えるなら、通ったほうがいいです。

また5年もやってると他ジムのいろんな情報が入ってくるでしょう。
だから他でもやってみたいと思うこともあると思います。
実際、うまいトレーナーに教わると違うんですよ。
技術だけじゃなく話術というか乗せるのが上手いというか、、。
教え方の上手い人はいますよね。

でも今のジムの人たちもいい顔しないかもしれないですし
相手も親身になって教えてくれるかどうかわかりません。
もちろん逆のケースもあります。

たとえばジムの会長同士が仲がよく
試合前に出稽古、スパーリング相手を求めて他ジムと練習するということも
ありますが、あくまでも個別のケースです。

いずれにしても両ジムの会長の許可が必要になります。
話しにくいのでしたら、トレーナーや先輩に
出稽古可能でしょうか?と相談に乗ってもらったほうがいいと思いますよ。
また、どうしてもあそこで習いたいというジムがあるのだったら
思い切って移籍したほうがいいのではないでしょうか?

ジム、トレーナーによっていろんなコツ、テクニックを知っているので
いろんなところに通えるなら、通ったほうがいいです。

また5年もやってると他ジムのいろんな情報が入ってくるでしょう。
だから他でもやってみたいと思うこともあると思います。
実際、うまいトレーナーに教わると違うんですよ。
技術だけじゃなく話術というか乗せるのが上手いというか、、。
教え方の上手い人はいますよね。

でも今のジムの人たちもいい顔しないかもしれないですし
相手も親身になって教えてくれるかどうかわか...続きを読む

Q実戦的な合気道をしている道場を教えてください

最初にお断りしておきますが、合気道を誹謗中傷する意図ではないことだけはご留意ください。

合気道を創始・興隆された先人の方々は尊敬しています。

また実戦格闘力だけが格闘技の本義ではなく、健康維持、文化継承、人との交流など武道には多くの意義があって、それぞれの方がそれぞれの目的で稽古にはげむべきと考えております。

武道は健康維持だろうが、リハビリだろうが、いや極端に言えば道場でのナンパが目的であろうが、それは人それぞれだと思っています。

さて私も合気道というのは、自分が格闘技をやっていた時期に公的体育館などの道場で、合気道をされている皆さんの稽古を垣間見たり、また映像などでしか見たくらいしか知りません。

ただ私のつたない経験からは、いまだ実戦で活用出来るように感じられる稽古を見たことが無いし、また合気道をしている方で「なるほど。強い」と感じる方と手合わせをしたという経験がありません。

もっと本音を言えば、YOU TUBEで見られる合気道の映像など失笑を禁じえないこともしばしばです。

私が知ってる合気道経験者で強い人は、全員が柔道をかなり経験した方とか、打撃の人が総合格闘技的なスタイルの中に過去に学んだ合気道のエッセンスを応用されている方しか見たことがないのです。

ただこれを言ってしまうと、それではサッカーをやっていた人が空手を始めて、空手の中でそのキック力が生かされるというのと大差無くなってしまいます。

そこで教えていただきたいのですが、合気道のみの訓練によって高い実戦的格闘能力を会得できるという道場・会派をお教えくださいませんでしょうか。

例えば合気道を数年やってるだけで、100キロクラスのラグビー選手や、ベンチプレスを150キロ挙げるビルダーを手玉にとれるような合合気道選手はどこで見ることが出来ますか?
いや、師範クラスの方なら極真の全日本レベルでも転がせるなんて方が居る道場でもかまいません。
(ただしスパーリング形式に限ります。「では右手をつかんでごらん」なんてのは意味無いですから)

出来れば東京、千葉周辺で道場見学、さらには体験入門をさせてくれるところならベストです。

最初にお断りしておきますが、合気道を誹謗中傷する意図ではないことだけはご留意ください。

合気道を創始・興隆された先人の方々は尊敬しています。

また実戦格闘力だけが格闘技の本義ではなく、健康維持、文化継承、人との交流など武道には多くの意義があって、それぞれの方がそれぞれの目的で稽古にはげむべきと考えております。

武道は健康維持だろうが、リハビリだろうが、いや極端に言えば道場でのナンパが目的であろうが、それは人それぞれだと思っています。

さて私も合気道というのは、自分...続きを読む

Aベストアンサー

ご指摘の通り、今の合気道にはいろんな問題があると思います。
読んでいて冷や汗ものでした^^

単刀直入に言うと、ボクシング、キック、フルコンなどの打撃系や
柔道、現代柔術を学んだ人でなければ
高度に進んでいる他武道、格闘技に対処できないかもしれないですし
精神的にも本当に強くなれないかもしれないです。
純粋に合気道だけでは苦しいかなと。

怒られるかもしれないけど、同門の俺ですら、合気道だけやった人は
心技ともに鍛錬が足りないなと思う時があります。

だから結論を言うと若い自分には総合などを充分にやって、年取ったら
合気道のような型稽古に移行するほうがいいのかもしれませんね。

質問が、合気道の道場でということでしたので覇天会を紹介しました。
この団体のいいところは、実際に乱取りをやっているところです。
手、腕の取り合い、そして書かれたとおりフルコン空手の組手もやっています。
(ホームページにも他の動画があるのでよかったら見てみてください)

動画を見ると、腕の取り合い、関節の掛け合いがうまく決まらないな
と思うかもしれないです。ですが、俺は逆にこれがイイと思ってます。
経験者同士が本当に抵抗して技を掛け合ってるのがわかるからです。

柔道でも抵抗し合うので技がなかなか決まらないですが
やっていたのでしたらわかると思いますが、しかしそうした中での
技の攻防、筋力の抵抗が、総合的な戦闘能力、そして精神、闘争心を鍛えるのに
非常によいと思ってます。

ここで思い出してほしいのは合気道創始者が柔道、相撲を修行していた
ということです。筋力での抵抗、攻防を若い時に経験しています。
ですから一度は絶対にこうした力のやり取りをやるべきだと思います。

そして、フルコンタクト空手の組手ですが、これも評価しています。
というのは他団体が打撃に対して目をつむってるのに対し
覇天会では正面から向き合ってると思うからです。
もちろんフルコンタクト空手のレベルから比べたらまだ低いでしょう。
フルコン空手を別に修行したほうがいいかもしれません。

ただ打撃への対処法、総合的な体の使い方や
そして攻撃法として打撃、当身も合気道に取り入れ学ぶという意識が
生まれると思うのです。

この団体は発足して間もなく課題もあるかもしれないですが、
将来的に伸びると思います。また、「なんでもいいから攻撃してきて」
と言って攻撃してもらって、それを合気道技で捌く練習もしやすい環境に
あると思います。他団体では正直そういった練習がしにくいです。
(持ち上げますけど、俺は覇天会の人間じゃありません)

そして、次の段階として気の研究会をすすめました。
ここは逆に筋力を捨てて、脱力を追求し、しかも型稽古のみです。

もし限定的にですが、大男、ビルダーと力勝負?した時に
筋力を超えた力で対処できる団体はここだと思います。
高段者は確実に筋力を超えた力を持っています。
いわゆる合気道の神秘的な力です。
自分で言うのもなんですけど俺も力はあるほうだと思いますが、
思いっきり押さえつけて抵抗しても、きれいに投げられたことがあります。

でも勿論、これは限定的に強いということかもしれません。
大男、ビルダー、打撃系が何でもありで攻撃したら
きれいに合気道で抵抗できないかもしれないです。
だから、それは他に練習しなくてはいけません。

前に、各団体にいいものが分散していると言ったのは
こういう意味です。

質問者様が打撃系、柔道をやっていたのでしたら
合気道を実践的なものに育てることはできると思いますよ。
厳しく見つつ、でも内心魅かれている?のは
ひょっとしたらそういう運命にある方なのかもしれませんね。

かく言う俺も、打撃の人に自由に攻撃してもらって合気道で捌く練習を、
個人的に毎回冷や冷やしながらやってます^^

創始者は塩田先生に、自由に拳で突いて来い、剣、鉄扇で打って来い
と言って攻撃させ捌く練習をしていました。
夜の山の中で、真剣でやり取りをしたこともあったそうです。
やっぱり、こういった逸話から多くを学ぶべきだと思います。

ご指摘の通り、今の合気道にはいろんな問題があると思います。
読んでいて冷や汗ものでした^^

単刀直入に言うと、ボクシング、キック、フルコンなどの打撃系や
柔道、現代柔術を学んだ人でなければ
高度に進んでいる他武道、格闘技に対処できないかもしれないですし
精神的にも本当に強くなれないかもしれないです。
純粋に合気道だけでは苦しいかなと。

怒られるかもしれないけど、同門の俺ですら、合気道だけやった人は
心技ともに鍛錬が足りないなと思う時があります。

だから結論を言うと若...続きを読む

Q走る以外のスタミナ強化法

ボクシングする予定なのですが、

ランニング以外でスタミナを強化する

トレーニングはあるのでしょうか??

ロープスキッピングとランニングは結構しています。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ボクシング経験者で、顔面パンチ有りの空手の元指導員です。
ボクシングには詳しいようなので、今さらのようにも感じるかもしれませんが回答します。

ボクシングは同じ打撃系の格闘技の中でも、空手やキックとは大きな違いをその特徴としています。
それはボクシングが非常に持久力を必須とする要素が大きいという性質です。

空手においては顔面パンチ有りの流派であろうと、顔面パンチ無しの流派であろうとに関わらず、一般的に一試合は3分程度です。
キックにおいても世界タイトルクラスの試合でも4ラウンド程度です。

ところがボクシングにおいては日本ランカー程度でも6R、8R。
かつては世界戦などは15ラウンドという「異常な」長さの時間での試合をしていました。

これにはボクシングとキック&空手がそこに蹴りという攻撃があるかどうかが、もちろん最大の理由になるのですが、それ以外にも空手においてはグローブを使用していないなども理由になります。
(パンチにグローブを使用するかどうかだけで、その違いを詳しく説明すると、この回答欄ひとつを字数越えしてしまいます)

ボクシングとキック&空手にはパンチの打ち方や、ディフェンスまで多くの違いが生まれるのですが、それにともない先ほど話した、持久力の必要度合いも大きな違いを生みます。

極端な言い方をすれば、キック&空手に比較し、ボクシングでは純粋なパンチ力やテクニックの優劣よりも、持久力の方がウエイトが大きいと言っても過言でない側面があると、私は思っています。

パンチ力よりも持久力のウエイトが高いというのは、例えば試合前半の早いラウンドでの勢いのあるパンチでは倒れない選手が、後半のお互いフラフラになった状態のパンチでKOを生むなんて状況をみても分かると思います。

さて前置きが長くなってしまいましたが、そのような性質を持つボクシングにおいては、持久力をつけるランニングという訓練が極めて大きな重要性を持っています。

ただ勘違いしてはいけないのは、あくまでもボクシングの選手が必要としているのは「ボクシングにおける持久力」であって、それが決して「長距離選手の持久力」とは同じでないということです。

これは当たり前に思えるかもしれませんが、意外に両者の違いをはっきりと認識している人は少なかったりします。

以前私は、トライアスロンのトップ選手が・・・・あの「持久力の専門家」とでもいえるトライアスロンの日本トップクラスの選手がです!・・・テレビの企画で小学生たちの剣道合宿に参加し、一緒に剣道の素振りや切り返し(止まった竹刀を打ち込む動作)をしているうちに、あっと言う間にヘトヘトになってしまうという現実を見て、改めて「専門性」というものに驚いたことがあります。

ボクシングも同じことです。
ランニングやロープって言うのは、あくまでも持久力養成の「補助種目」であって、ボクシングにおける体力のメイン養成種目ではないと認識すべきです。

ボクシングの世界チャンピオンは、マラソンの金メダルは取れないのです。
そしてもっと大事なのは、マラソンの金メダリストはサンドバッグを3ラウンドも打てばヘトヘトになるということです。

そこでボクシングのスタミナ作りには、ランニングはもちろんですが、それに加えサンドバッグへの打ち込みを多くこなすべきです。
この思い物体への打ち込みという訓練は、パンチが「腕とコブシ」という物体を相手にぶつけるという動作であり、その腕とコブシがその軽い質量から、単に速く相手に当たるだけでは充分な打撃力を生まないという性質からも求められる必須トレーニングです。
※注1.蹴りは重さも筋力も大きいことから、有る程度足がスムーズに上がるというだけで充分な破壊力を生みますが、パンチは速く打てるだけでは足りないのです。
※注2.ただし空手のように素手でなく、グローブを使用することから、グローブの質量が加わり、空手ほどには「打ち込む」という要素は求められません

また実際に試合でのスタミナでは、ランニングのように同じペースでダラダラと長く動くという要素よりも、坂道ダッシュや階段ダッシュのようなメリハリのある動きの方が必要とされていると思います。

特にラウンド後半のラッシュなどには、ある程度ヘバった状態でのラッシュ必要となります。
そこで通常のサンドバッグ練習の後半20秒程度にラッシュをかけるとか、ランニング後半でのスピード走、坂道走などは重要です。

追記1.ランニングに比較してのスピード走の生む効果。
主にその減量効果の高さや、最大酸素摂取量の増大については「フィットネス&ダイエット」のカテに詳しい回答者が居ます。

追記2.これは少々余計なことかもしれませんが、質問者さんは回答者に一言でもお礼コメントをしたほうがいいです。
と言うのは、実は私は今まで何度かあなたの質問に回答できると思ったのですが、あなたのプロフィールを見て全然「お礼」が無いことから、あなたが質問投げっぱなしのいい加減な人だと推測して回答しないできました。
今回あなたがきちんとポイント出して閉めていると分かって(=真剣な気持ちと推測して)、それで回答する気になりました。
先日の「打たれ強いボディの作り方」などお教えしたいことが沢山あったのですが。

ボクシング経験者で、顔面パンチ有りの空手の元指導員です。
ボクシングには詳しいようなので、今さらのようにも感じるかもしれませんが回答します。

ボクシングは同じ打撃系の格闘技の中でも、空手やキックとは大きな違いをその特徴としています。
それはボクシングが非常に持久力を必須とする要素が大きいという性質です。

空手においては顔面パンチ有りの流派であろうと、顔面パンチ無しの流派であろうとに関わらず、一般的に一試合は3分程度です。
キックにおいても世界タイトルクラスの試合でも4...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング