スピーカーに6Ωと書いてあるものと、4Ωと書いてあるものを同じアンプにつないだ時、音の大きさは変わるのですか?Ωが小さいほど、音は大きくなるのですか?

A 回答 (4件)

#1で書き込んだymmasayanです。


補足に対して回答します。

有利というのは、アンプのパワーを充分引き出せるという事です。
アンプに無理をさせずに大きな音を取り出せるという事です。
ただ、例にも上げたように、4オームと6オームではあまり大きな
差はないようです。アンプの出力インピーダンスと合せてご確認下さい。

4オームと6オームを混ぜて使う件ですが、他の方が言われるように
音量は調整可能です。ただし、周波数特性などが違う事も予想される
ので、音の定位に大きく影響を及ぼす左右のペアは同じ型にそろえる
べきでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度も、詳しい回答ありがとうございます。有利の意味が分かりました!!ymmasayanのおっしゃるように、4Ωと6Ωでは差があまりないそうなので、左右のペアに気をつけて設置したいと思います。

お礼日時:2001/03/13 12:40

簡単にさらりと言ってしまえば「その通り」とも言えます。


8Ωスピーカーで130Wの出力
6Ωスピーカーで160Wの出力
などと出力が変化します。

でもスピーカー自体の性能(能率など)により音量も違います。
90デシベルのスピーカーに100Wを入力するのと
93デシベルのスピーカーに50Wを入力するのと
理屈では同じ音量になります。

ホームシアターを考えているということですが、
プレーヤーとかアンプには大抵はそれぞれのスピーカーの
音量設定ができるようになっています。
(思い切り安価なものは知りませんが)
多少のことなら心配はいりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりやすい回答ありがとうございます。
そのうちアンプを購入する予定ですので、音量設定の付いているものを選びたいと思います。

お礼日時:2001/03/13 12:34

インピーダンスが低いスピーカーは、インピーダンスが高いスピーカーよりも、低い電圧で、出力が出るように作られています。

ですから、一般的には、同じアンプの出力に接続した場合には、インピーダンスが低いほど大きな音が出ます。
ただし、大出力用と小出力用とでは、同じ入力であっても、音に変換される効率が違います。また、メーカーや型式により、違いますし、周波数に対するレスポンスも違いますから、システムとして考えられるならば、もっと他の要素も考える必要があります。
あくまで、音の大きさだけに限れば、と考えてください。
    • good
    • 0

アンプの出力インピーダンスとスピーカのインピーダンスを同じにした


ときにアンプの電力を最も効率よく取り出せます。
インピーダンスを合わせることをインピーダンスマッチングといいます。

簡単な計算をしてみます。アンプの出力インピーダンスを5オームとします。
アンプの出力電圧を10ボルトとします。
4オームのスピーカ:P=(10/(4+5))**2*4=4.94W
5オームのスピーカ:P=(10/(5+5))**2*5=5.00w
6オームのスピーカ:P=(10/(6+5))**2*6=4.96w
となってわずかですが5オームのスピーカが有利です。
インピーダンスの差が激しいとアンプを壊すこともあります。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
>5オームのスピーカが有利です
この有利というのは、どういう意味ですか?大きな音が出るのですか?
 実は、今、5.1chのホームシアターを考えているのですが、4Ωのスピーカー2台があり、どうにかこのスピーカーを使い、あと残りの4台だけを購入したいのですが、売っているものはほとんど6Ωだったので、音の大きさがばらばらにならないのかなぁ、と心配しています。どうなんでしょうか?

補足日時:2001/03/12 20:20
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアンプ20W6Ω→スピーカー12W4Ω

最大出力20W×5chのサウンドシステムアンプに、12W4Ωのスピーカーを2つつけたいと思っています。
残りの3chは、二つだけ既存のセットのスピーカー(MAX40W6Ω)をつなげ
計4chにしたいと思っています。

今回の場合、音量を上げず、アンプ内の出力調整を行えば問題は無いでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

NO2です。

>>有難うございます。ちなみに異常がでるとすると、スピーカー、アンプどちらに来るのですか? 両方でしょうか? よろしくお願いします。

アンプです。  最悪事は、逝ってしまいます。 (@_@;)

まぁ、一般家庭で出せるレベルの音量であれば問題な無いと思われますが・・・

Q8Ωのアンプと4Ωのスピーカー(elac&aura

elac310IBを持っているのですが、4Ωです。同じユキムのaura grooveの購入を検討しているのですが、今まで同じΩ数の機器しか使用した事がありません。やはりアンプ(もしくはスピーカー)に悪いでしょうか?それとも最近のものはその辺も考えられて作られているのでしょうか。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

8Ωのアンプと4Ωのスピーカーのアンプに与える影響の違いは、流す電流の違いということが出来ます。
オームの法則で
 I=E/R (R インピーダンス、E 電圧、I 電流)
ですから、同じアンプの出力電圧ならば、4オームのスピーカーは8オームの倍の電流が流れます。

また W=Iの二乗*R(w ワット)
となりますから、電力では4倍になります。

ということはアンプがその大出力に耐えるかどうかが問題なのです。

ただしこれはそのアンプの最大出力を出すときの問題です。
普通の日本家屋では通常聞く音量は10W盛れば十分というのは他の方の答えの通りです。
従って普通に使うには問題ないが、PAなどの大出力では問題かも知れないということです。
ただ現実にはアンプにはプロテクター回路があって、上記の大出力のときは自動的に回路を遮断すると思います。
従って実用上まず問題にはなりません。

Qヘッドホンアンプ 32Ω というアンプに 8Ωのスピーカーを接続しても

ヘッドホンアンプ 32Ω というアンプに 8Ωのスピーカーを接続しても
大丈夫なのでしょうか??
音はなりますか?
音質はこだわりません
スピーカーの入力定格は8Ω0.5Wです。

Aベストアンサー

問題が在るか無いかと聞かれれば、在る
大丈夫かどうかと聞かれればそれはわからない

ただ、なんとかなるかと聞かれれば問題ない
つまり、いくつか問題はあるが許容できる



下ではデシベルがどうとか言ってる方も居ますが
10dB=10倍なんて言ってる人の言う事は全く信頼できないので鵜呑みにするのはやめましょう

Qインピーダンスの違うスピーカーは使用可能ですか? 元々4Ω→8Ωスピーカーに交換 詳しい方教えて下さ

インピーダンスの違うスピーカーは使用可能ですか?
元々4Ω→8Ωスピーカーに交換
詳しい方教えて下さい

Aベストアンサー

アンプが4Ωでスピーカーが8Ωならさほど本題はありませんが…逆の場合は電気が流れすぎてアンプが熱を持つ場合があります

通常の音量でしたら何を繋いでもそんなに気にしする必要はありません

車用みたいに爆音は発火の可能性もあり!
その前に安全装置で止まるかと思いますけど一応念のためにアンプより低いΩは避けた方が良いです

Q4Ωのアンプの出力を6Ωのスピーカに接続しても問題

ないでしょうか?
具体的には
PC内蔵型 Tripath製 TA2021B搭載 デジタルアンプ PCIカード(オリジナル版)
http://page17.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/v287050438?u=%3bnfj_2009
にDENONのスピーカRCD-N7
http://www.denon.jp/jp/Product/Pages/Product-Detail.aspx?Catid=8c0df413-b8d2-40c1-a09d-e42128cea96b&SubId=38c1ec23-c813-4a33-b53c-0c0b399a3a4f&ProductId=c0d8aecf-611e-4939-9bef-9d3b93030162#.UWDNpqpb_b0
を接続したいと思っています.
この場合に性能劣化はあるのでしょうか?
単なる不整合による少しの電力損失だけで済むのでしょうか?
よろしくお願いします.

Aベストアンサー

>単なる不整合による少しの電力損失だけで済むのでしょうか?

その通りです。・・・電力損失ではなく最大電力出力が少し小さくなるだけですが・・・。

下図のように Speaker の Impedance 特性は周波数によって変化するものであり、fo (最低共振周波数) よりも高い周波数域の中で最も低い Impedance 値を定格 Impedance として表示するようになっています。

Amplifier は一般に 8Ω の Impedance 負荷で 10W の出力が保証されているものならば 4Ω 時に 20W、2Ω 時に 80W、1Ω 時に 160W を出そうとしますが、定格 10W の出力で設計されている素子回路が 10W 以上の出力を出そうとすれば熱破壊を起こすでしょう。

そのため Speaker の Impedance は「これ以上高い出力 Impedance が指定されている Amplifier に接続すると Amplifier が破壊される恐れがあります」という『安全保障値』に過ぎないのです。

電力損失はなく、8Ω の Impedance 負荷で 10W の出力が保証されている Amplifier に 16Ω の Speaker を繋げれば最大出力が 5W に、32Ω の Speaker を繋げれば 2.5W になるわけですが、下図のように高周波ほど Impedane が大きくなって Amplifier の出力が小さくなり、fo での Impedance 値は定格 Impedance 値の 4 倍以上大きくなる (音圧出力で 6dB SPL 以上小さくなる) のですから 4Ω負荷が 6Ω 負荷になったぐらいの差など微々たるものです。

Impedance 負荷の高い Speaker Unit を繋いで最大音圧出力が小さくなることを懸念するのは「定格出力 32Ω の Amplifier に定格 Impedance 300Ω の Headphone を繋いでも出力不足にはならないか?」といった Headphone の世界だけですね。・・・確かに Volume Controller の角度は 10dB 分ほど (多分 15 度にも満たない程度) 右に回す計算になりますが、実際の 300Ω Impedance 型 Headphone は 32Ω 型に較べて同じ 1mW の入力でも 10dB ほど能率が高かったりしますので Volume Controller を大きく右に回さなくても同じ音量を得られるものです。

4Ω で 10W の定格最大出力の Amplifier に 6Ω の負荷をかけると最大出力は 2dB 弱ほど下がりますが、50 接点ぐらいクリクリと接点の感触がある Volume Controller の 1 Click 程度の違いしかなく、+- 4dB といった Speaker の周波数特性偏差よりも小さな違いでしかありませんので耳で聴いて違いが判るようなものではありませんので御安心を。

なお御紹介の RCD-N7 は Receiver であり、同 Page にある Speaker は SC-N7 ですね。

素敵な Audio Life を(^_^)/

>単なる不整合による少しの電力損失だけで済むのでしょうか?

その通りです。・・・電力損失ではなく最大電力出力が少し小さくなるだけですが・・・。

下図のように Speaker の Impedance 特性は周波数によって変化するものであり、fo (最低共振周波数) よりも高い周波数域の中で最も低い Impedance 値を定格 Impedance として表示するようになっています。

Amplifier は一般に 8Ω の Impedance 負荷で 10W の出力が保証されているものならば 4Ω 時に 20W、2Ω 時に 80W、1Ω 時に 160W を出そうとしますが、定...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報