今まで、ショートニングやマーガリン=体にとても悪い
と思っていたので、極力避けていたのですが、騒がれるようになってからは、日本から姿を消し、トランス脂肪酸の入っていないショートニングなるものがあるそうで、正直驚いております。いわゆる、オーガニックショートニングなどとも呼んだりするそうです。コロンビア産などがあるそうです。

そこで質問です。


トランス脂肪酸の入っていないショートニングやマーガリンであれば、体に悪くないのでしょうか?
なぜトランス脂肪酸が入っていないのに、「ショートニング」と呼ぶのでしょうか?

ショートニングが原材料に入っていても、それがトランス脂肪酸の入っているショートニングかそうでないかは、会社に聞いたりしないと分かりませんよね?

いろいろと質問してしまいましたが、詳しい方教えてくださいませ。
勉強させてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

トランス脂肪酸はパン、ケーキ、ドーナツなどにも含まれているようですね。


また、目安の摂取量は、1人1日あたり約2g未満のようです。

・すぐにわかるトランス脂肪酸:農林水産省
http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/trans_fat …

A 回答 (4件)

>トランス脂肪酸の入っていないショートニングやマーガリンであれば、体に悪くないのでしょうか?



 答えは×。正確にはどんな脂肪酸であろうが、過剰摂取は心臓疾患等の原因となり得ます。トランス脂肪酸が突出して危険というわけではありません。
 ショートニングやマーガリン自体は、主に植物油を原料とした常温で半固形の食用油脂です。製造時に水素添加を行うことで副産物としてのトランス脂肪酸が生成されますが、このトランス脂肪酸が昨今欧米で問題視されるようになりました。今ではトランス脂肪酸フリーのマーガリンも結構販売されています。
 ただし、このトランス脂肪酸フリーのマーガリンの原料は主にパーム油脂など。パーム油脂はバターと構造の酷似した飽和脂肪酸です。

 もともとマーガリンは、バターによる飽和脂肪酸のとりすぎが心臓疾患等の原因になるとされたため、その代替品として脚光を浴びてきた食品です。
 体に悪そうだからトランス脂肪酸フリーのものを使うということは、「飽和脂肪酸が怖くてマーガリンを使い、マーガリンが怖くて飽和脂肪酸をまた使う」ということになります。傍から見れば「馬鹿馬鹿しい」のひとことです。

 ことのはしりとなった欧米では、脂肪摂取量が日本人の3~4倍になり、肥満率もかなり高いことから問題視しているのです。少なくともまともな科学者は「トランス脂肪酸が問題なのではなくて、それを含めた総脂肪摂取量が問題だ」「日本人の平均的な食生活では問題はない」としています。
 あなたが欧米人並みに脂肪を摂っているのなければ、とりたてて心配する必要はないと思いますよ。

 なお、トランス脂肪酸の危険性を煽る方たちの中には「プラスチックでできている」「自然界には存在しない」「欧米では禁止」などといった虚偽をならべ、高額な代替品を売りつけようとする輩がいます。お気を付けください。
    • good
    • 37
この回答へのお礼

まずは、ありがとうございます。お詳しい方ですね。

確かに、油は体に良くないということは分かっています。

トランス脂肪酸というのは、他の油に比べて特殊的に悪いという解釈でいいのですよね?確かにプラスチックと同じ原子構造で、ねずみも食べない、と聞いたことがあるのですが・・・。これは医者に言われたので間違い無いと思います。でもそれを悪用する業者がいるんですね。ひどいものです。

では、
「トランス脂肪酸の入っているショートニングやマーガリンよりは、トランス脂肪酸が入っていないショートニングやマーガリンのほうが安全」
ということに間違いは無いのですよね?

お礼日時:2009/07/03 16:43

これまでの回答と重複する内容が多々ありますが・・・、



食品などの弊害については、単純に○か×で考えるのではなく、
摂取する量との掛け算で考えてください。
(この世のほとんどすべての物は、少量なら無害でも大量なら有害になります。)

>ショートニングやマーガリン=体にとても悪い
ではなくて、
(1)ショートニングやマーガリンを継続して大量に摂取=体に(とても?)悪い
(2)ショートニングやマーガリンを継続して摂取=体に(多少?)悪い
(3)ショートニングやマーガリンを少量摂取=実質的に悪いと言うことはない。
ではないでしょうか?

ちなみにトランス脂肪酸の摂取上限の目安ですが、
FDA(アメリカ食品医薬品局)やWHO(世界保健機関)では、
総エネルギー摂取量の1%未満としています。
日本人の平均摂取量は0.3%程度(アメリカ2.6%、EU0.5~2.1%)ですので、
欧米人のように揚げ物や脂っこい物が好きな人は要注意ですが、そうでなければ、
まあ、少ないに越した事はないのかもしれませんが、実質的には(3)に該当するかと思います。

>トランス脂肪酸の入っていないショートニングやマーガリンであれば、体に悪くないのでしょうか?
これも摂取する量によります。
既に回答されていますが、トランスフリーの物には、飽和脂肪酸を多く含むパーム油が使われています。
食べる人の日常の食生活や体質によって、意味合いが微妙に異なるかもしれませんが、
一般論としては、「フリーの方がいくらかまし」くらいに考えるのが妥当かと思います。

>マーガリンよりバターなどの方が安全なのは間違いないと思っていたのですが・・・。
FDA(アメリカ食品医薬品局)のQ&Aでは、
バターには飽和脂肪やコレステロールが多く含まれ、マーガリンよりよいとは言えない。
と記述されています。
http://www.foodsafety.gov/~dms/qatrans2.html
(Q: Is it better to eat butter instead of margarine to avoid trans fat? のところ)

>確かにプラスチックと同じ原子構造で、ねずみも食べない、
これはおそらく、固形であることと腐りにくいことから思い込みで発生した都市伝説でしょう。
バターに比べれば風味が少なく誘引効果は劣りますが、ねずみもゴキブリも食べます。
バターの原料は牛乳(腐りやすい)、マーガリンの原料は植物油(常温保存可能)
マーガリンが腐りにくいのは当然で、化学的な加工をしたからではありません。

>不飽和脂肪酸は悪くは無いですよね。
これもまずは摂取量を抜きには考えられませんが、近年、バランスの問題も指摘されています。
一口に不飽和脂肪酸といっても種類があります。
具体的には大別すると、オレイン酸などの n-9系 一価不飽和脂肪酸、
リノール酸などの n-6系 多価不飽和脂肪酸、α-リノレン酸などの n-3系 多価不飽和脂肪酸 ですが、
現在 n-6系 と n-3系 のバランスが問題になっています。
n-6系 は体に必須な脂肪酸ですが、n-3系 が不足した状態で摂りすぎると、
善玉コレステロールも低下させてしまいます。
そして現在の平均的日本人は、n-6系 >> n-3系 の状態です。
(最近DHAやEPA(=n-3系脂肪)が話題になっている背景もこれです。)
以下は公的機関のサイトではありませんが、よくまとまっていると思います。
http://www.geocities.jp/y_not_dm/foil.html
 注:このサイトの記述の
  「摂取エネルギーの25%は脂質で」は、20%~25%の方が望ましいかもしれません?

ショートニングは元々ラードの代用品として作られた物です。
過去には植物油で健康的と思われていたのが、実はそうではなかったということで、
結局トランスフリー=飽和脂肪酸 で元に戻ったに過ぎません。
前述したように「いくらかまし」というレベルのことです。
この差にどの程度の意義を認めるかは個人の考えですが、
普通の日本人なら、そもそもショートニングを食べる量が少ないですから、
それほど気にするようなことではありませんし、
もし食べ過ぎているような場合は、まず量を減らすのが先決ではないでしょうか?
    • good
    • 35

>どういった関係の方でしょうか?



 食品衛生や製造管理など、食に関わる情報に直接触れる仕事に携わってます。ただし製造者・消費者のいずれにも偏ってもいない中立の立場です。あなた様といわれるほどの者ではありませんが。

>不飽和脂肪酸は悪くは無いですよね。

 いいえ、不飽和脂肪酸だからいいというものではありません。毒性学の基本では、「この世に存在するすべての物質は有害である。有害でない物質はなく、用量に依って毒であるか薬であるかがきまる」と教えています。要は人体に対するリスク(危害)は、基本的に「そのものの性質×摂取量」できまるということです。したがって不飽和脂肪酸も無害ではなく、摂取量によっては人体にリスクがあるということです。

 今の日本の健康食品ブームはこの基本を無視しています。単体の食品について「~は体に悪い」「~を食べると健康になる」なんてのを信じるのは、非科学的で悪質な業者の餌食になるだけのように思います。

 あんまり難しい話は頭に入りにくいので、一度、科学ジャーナリストの松永和紀さんの本を読んでみてはいかがですか?とてもわかりやすくてためになりますよ。「メディア・バイアス」「食卓の安全学」なんておすすめです。
    • good
    • 32

 なんか私の書き方がおかしかったんですかね。

逆の理解をされています。

>トランス脂肪酸というのは、他の油に比べて特殊的に悪いという解釈でいいのですよね?
 いいえ、違います。「トランス脂肪酸が突出して危険というわけではありません」。他の脂肪酸と比較して有意な差はないということです。強いて言えば、バターやパーム油のような飽和脂肪酸と同じ程度。

>プラスチックと同じ原子構造で、ねずみも食べない、と聞いたことがあるのですが・・・。これは医者に言われたので間違い無いと思います。
 
 全くのデタラメです。プラスチックと同じ原子構造ではありませんし、ネズミも食べます。お医者様は医学の専門家であって、化学の専門家ではありません。中には論理的でない学説を信じ込んでしまう方もいますし、またそれをいいことに悪質な業者が医者を利用することが多いのです。その結果、巷にはびこるトンデモ論の多くは必ず医者か学者が関わっています。牛乳害悪論とかなんでも治す水素水とか、聞いたことありませんか?あれらの多くは医学博士が広めています。
 医学については医者のいうことは正しい、だが化学は別ということです。

>「トランス脂肪酸の入っているショートニングやマーガリンよりは、トランス脂肪酸が入っていないショートニングやマーガリンのほうが安全」ということに間違いは無いのですよね?

 いいえ、間違いです。それはもともと危険といわれていた飽和脂肪酸の摂取に戻ると同じこと、と私は言っています。安全性で双方に有意な差はありません。高いだけ損。
    • good
    • 21
この回答へのお礼

今回も迅速丁寧なご解答誠にありがとうございます。
とても勉強になります。
ところで、何もかも目からうろこであり、申し訳ないですが、誰を信じてよいやら分からなくなっております。

ちなみに、あなた様はどういった関係の方でしょうか?よければ教えていただける範囲内でよいので教えていただけますか?心からあなた様の情報を信じたいためにもお願いしたく存じます。

全く目から鱗です。

マーガリンよりバターなどの方が安全なのは間違いないと思っていたのですが・・・。

飽和脂肪酸も悪いとは知っていますが、トランスと変わらないなんて・・・。

不飽和脂肪酸は悪くは無いですよね。

お礼日時:2009/07/03 18:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコールドショートニングとは何でしょうか?

肉の論文を読んでいます。
よくわからないので、コールドショートニングについて教えて下さい!

また、Standardising measurement protocols…という文章がでてくるのですが、このプロトコルの意味がでてこないので困っています。こちらもお願い致します。

Aベストアンサー

1. 下記に死後45分の牛肉を氷の中に入れて「コールドショートニング」をする。
    http://krex.k-state.edu/dspace/handle/2097/4578
    とありますから、牛肉の処理法のことでしょう。

2。プロトコルは、下記のように「手順」と言うほどの意味だと思います。
    http://eow.alc.co.jp/search?q=protocol

Qトランス脂肪酸のないマーガリン知りませんか?

マーガリンに含まれているトランス脂肪酸が血管によくなく、たくさんとると心臓病の元になるという話を聞きました。市販されているマーガリンのパッケージにはトランス脂肪酸の量が表示されておらず、困っています。
バターの方がむしろからだにはよさそうですが、値段が著しく高く、なかなか買いにくく感じています。
やはりマーガリンを選ぶしかなさそうですが、トランス脂肪酸の少ないものを御存知であれば教えていただけないでしょうか?また1日何グラム以内ならいいとか何か目標となる数値があれば教えてほしいです。

Aベストアンサー

実際問題、パンの上での溶け方とか、マーガリンのほうが優れてますからねえ。

孫引きですが
https://www.yamazakipan.co.jp/company/trans_fat/index2.html
こちらにWHOや食品安全委員会による指針がありまして、1日の摂取エネルギーの1%以内とされています。
そして個人差は大きいのですが、1日の摂取エネルギーの目安は2000kcal、
その1%は20kcal、油脂の質量に換算すれば約2.2g、
マーガリンは約7%のトランス脂肪酸を含んでいますから
30gちょっとのマーガリンを常食するならば、長生きした後に問題となってくる「可能性があります」

ちなみに日本人の場合、トランス脂肪酸の摂取割合はエネルギーで0.7%ほどと低く、
特に気にしないで良いと言うことが結論です。
気にするのであればトランス脂肪酸ではなく、脂質の総量ですね。
http://www.dietitian.or.jp/consultation/e_03.html

Qパンに入れる砂糖・油脂・イーストの量は?ショートニングとは?

こんばんわ。よろしくおねがします。
食パンを焼こうと思っての質問ですが、ほかにも応用できると嬉しいです。
1、 パンには砂糖、油脂(バターやショートニング)、ドライイーストを入れますが、それぞれはどのような分量が適切でしょうか?もちろん個人的な嗜好の違いがあるため、一概に言えないのもわかっていますが、「基本的には強力粉に対して砂糖は何%、油脂は何%、イーストは何%」といったようなことはあるのでしょうか?
2、 ショートニングはパン用のものを用意したほうがいいのでしょうか?バターやマーガリンで代用するときに気をつけなければいけないことはありますか?

 まだ、パン焼きは素人で、これからいろいろやって発展させていこうと思っています。いろいろな情報を求めていますので、いろいろなことを教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1の者です。
どのレシピを参考にして良いか分からないとのことですが、
このHPのレシピは有名で参考にされたら間違いないと思います。

http://mari2.net/

参考URL:http://mari2.net/

Qトランス脂肪酸について&回避方法を教えてください。

私と家族は毎日食パンを食べます。
食パンにはマーガリンを使用します。
そのマーガリンに含まれているトランス脂肪酸がよくないと聞きました。
身体によくないものがなぜ使われているのだろう?疑問です。
そのほか、外食や購入するパンや菓子などにも含まれていると聞き、どのようなものに使われているのか気になっています。
家族の健康のためにできるだけ安全なものを食べてもらいたいと思ってます。

・トランス脂肪酸は危険ですか?
・トランス脂肪酸はどのような食品に含まれていますか?
・トランス脂肪酸の回避方法はありますでしょうか?

どの項目でもかまいませんので教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

トランス脂肪酸を含有している食品
 ・マーガリン
 ・ショートニング(クッキー等の菓子やパンに使用されている事もあります)
 ・反芻動物(牛、山羊など)の肉や乳

他にも含有している食品は色々ありますが、あげればキリがないと思います。

 「トランス脂肪酸はLDL(悪玉コレステロール)を上げ、HDL(善玉コレステロール)を下げ、心筋梗塞などの発症リスクを高くする」と言われており、最近にわかにトランス脂肪酸を排除する動きが食品メーカーでありますね。元々この話は脂肪の多く含まれる食品を多く食べて深刻な健康被害に悩むアメリカからきており、日本がアメリカと同じように神経質に対応するべきなのか、というと何ともいえないところですよね。トランス脂肪酸に限らず飽和脂肪酸だって取り過ぎに注意するべきだと思います。普段は日本食中心の生活をおくっている人はあまり気にする必要はないでしょうし、洋食(特にカロリーが高そうなもの)中心によく食べている人は気にした方がいいと思います。
 …というより、バランスのよい食事が一番大事でしょうね。脂質だって、何も摂らないでいると皮膚がパサパサになったりしますから適度には摂った方が良いのです。ただ、何でも摂り過ぎは「毒」になる。水なんて無害そうですが、水でさえも飲み過ぎは毒になりますからね(水毒といいます)。
 トランス脂肪酸が含まれている事にとらわれ過ぎると大事な栄養素を摂取する阻害となりますので、そのへんは「脂肪はあまりとり過ぎないように気をつけよう」くらいでよいかと思いますよ。

トランス脂肪酸を含有している食品
 ・マーガリン
 ・ショートニング(クッキー等の菓子やパンに使用されている事もあります)
 ・反芻動物(牛、山羊など)の肉や乳

他にも含有している食品は色々ありますが、あげればキリがないと思います。

 「トランス脂肪酸はLDL(悪玉コレステロール)を上げ、HDL(善玉コレステロール)を下げ、心筋梗塞などの発症リスクを高くする」と言われており、最近にわかにトランス脂肪酸を排除する動きが食品メーカーでありますね。元々この話は脂肪の多く含まれる食品を多く...続きを読む

Q原材料欄の「加工油脂」とは?

食品の原材料の欄に書かれている「加工油脂」とはどういったものなのでしょうか?

マーガリンや、ショートニングが体に良いものではないこと(深い理由は良く知りませんが・・・)は知っているのですが、加工油脂というのは良いのでしょうか、悪いのでしょうか・・・。

もしかして、加工油脂っていうのはマーガリンやショートニングを内包する形で存在するものなのですかね。
それら全ての総称として「加工油脂」が存在するのでしょうか?

詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

加工油脂とは、動物性油脂、植物油脂を原料として
水素添加、エステル交換、水や食塩の添加、複数種類の攪拌などの操作をして好まれる性質にした油脂です。
マーガリン、バター、ファットスプレッド、ショートニング・精製ラードなどは全て加工油脂に分類されます。

農林規格でいうと、
--動物油脂(水産動物油を含む。以下同じ。)、植物油脂又はこれらの混合油脂(以下「原料油脂」という。)に水素添加、分別又はエステル交換を行つて、融点を調整し、又は酸化安定性を付与したものであつて、かつ、食用に適するように精製(脱酸、脱色、脱臭等をいう。)をしたものをいう。
と定義されています。

ちなみに、マーガリンやショートニングが身体によくない。というのは、確かにそういう一面もありますが、
それだけが真理ではありません。
あまり、雑誌や書籍の宣伝文句に踊らされず、かといって企業の販売戦略にものらないよう、
きちんと「理由」を調べて、かしこい消費者になりましょう~。

Qパンとトランス脂肪酸 なるべく食べない方が良い?

トランス脂肪酸って、実際のところ、どのくらい体に悪いのでしょうか?
減らす努力さえしていれば良いのか、できることなら全く食べないようにした方がいいのか。

というのも、最近、スーパーで普通に売られている食パンやマフィンの原材料に「マーガリン」「ショートニング」と明記されていてビビっています。

我が家は朝食も毎日米飯なので、パンはほとんど食べないのですが、週に1~2回程度、これらの「マーガリン」「ショートニング」が入ったパンを食べる分には、全然気にしなくて良いのか、それとも、できれば控えた方がいいのか。

教えて下さい。

Aベストアンサー

 端的に答えてしまいますと「日本型の食生活では過度に心配する必要はない」です。週1.2度程度であれば全く問題ないといっていいと思います。

 トランス脂肪酸は、確かに心疾患のリスクを高めることが知られています。ただしそれはトランス脂肪酸以外の飽和脂肪酸等にもいえることで、単にトランス脂肪酸を排除すれば可、ということではありません。
 日本人の3倍から5倍もの脂肪を日常的に摂取する欧米では、その影響としての肥満、特に心疾患の増加に伴う医療費の増加が大きな社会問題になっていました。そこで、原因となるバターなどの飽和脂肪酸に代わり、不飽和脂肪酸であるマーガリンが奨励されるようになりました。ところが近年の研究によって、マーガリンを作る過程で生成されるトランス脂肪酸にも、他の飽和脂肪酸と同等かそれ以上のリスクがあることがわかりました。そのため、欧米ではそれまである意味フリーであったトランス脂肪酸にも規制を加えるようになったのです。

 ところが、この動きを見た日本の一部の方たちが「トランス脂肪酸は外国では使用を禁止されている」「トランス脂肪酸は食べるプラスチックだ」という誤った情報を流し、マーガリンは食べるな、マーガリン同様にトランス脂肪酸が含まれるショートニングを使ったパンを食べるな、代わりにトランスフリーのマーガリンを買え、といいはじめたのです。

 実際のところでは、トランス脂肪酸を禁止した国はありません。最も強い規制が行われているのはカリフォルニア州とニューヨーク市で、「レストランで出しては駄目」というもの。パッケージされた商品は対象外です。他の国も含めて、規制の大半は「他の脂肪酸とあわせた表示の義務化」「一定以上トランス脂肪酸を含む商品の流通制限」で、いずれも総脂肪摂取量が日本の数倍に達する国です。
 また「食べるプラスチック」というのは全くの誤訳から出たデマです。英語でのプラスチックは「可塑性の(熱を加えると形が変わる)もの」という意味で、常温では液体の不飽和脂肪酸を固めたトランス脂肪酸は「可塑性の油脂」となるのですが、これを「合成樹脂」の意味と取り違えてしまったのです。

 こういう間違いが本当の間違いだったのか、何かを目的とした故意だの情報操作だったのかはわかりません。ただ、日本ではこれが「トランス脂肪酸だけが怖い」という情報に姿を変え、一人歩きしてしまいました。その結果が「マーガリンやショートニングは食べては駄目」なのです。

 実際には、アメリカのFDA(食費医薬品局)のQ&Aでは、「マーガリンをやめてバターにするべきか」という問いに対し、明確に「NO」と答えています。トランス脂肪酸だけを避けるのではなく「総脂肪摂取量を減らせ」ということです。トランス脂肪酸だけを悪者にする意味がないことの証明です。
 日本でも食品安全委員会が科学的な評価を行いました。
 http://www.fsc.go.jp/sonota/trans_fat/trans_fat.html
 結果は「日本型食生活なら過度に心配する必要はない。欧米型の人は気をつけろ、ただし対象は総脂肪摂取量」というものです。

 ちなみに、トランスフリーマーガリンの原料の多くはパーム油脂で、これはバターと同じ飽和脂肪酸です。元々バターは身体に悪いということからマーガリンが普及した、今度はマーガリンが怖くてバターと同じ飽和脂肪酸に変える、しかも価格は高い。こんな馬鹿な話はありませんよね。
 悪徳業者を儲けさせるだけの話だと思います。

 長くなって申しわけありません。くれぐれも安全マフィアに騙されないように。

 端的に答えてしまいますと「日本型の食生活では過度に心配する必要はない」です。週1.2度程度であれば全く問題ないといっていいと思います。

 トランス脂肪酸は、確かに心疾患のリスクを高めることが知られています。ただしそれはトランス脂肪酸以外の飽和脂肪酸等にもいえることで、単にトランス脂肪酸を排除すれば可、ということではありません。
 日本人の3倍から5倍もの脂肪を日常的に摂取する欧米では、その影響としての肥満、特に心疾患の増加に伴う医療費の増加が大きな社会問題になっていました...続きを読む

Q顎の骨吸収が見られる。とは、どういう状態ですか?

中学二年の男子を持つ母です。最近息子が歯医者へ行き歯のレントゲンを撮ったのですが、下顎の骨吸収像が見られるので口腔外科で診てもらってくださいと、紹介状を渡されました。左側の奥歯の奥に、本来なら白く骨が映っているべき場所に骨が映っていません。(右側には骨が映っています)
ネット等で調べても詳しいことがわかりません。
近々口腔外科へ行く予定ですが、行くまでにどんな病気が考えられるのか、知っておきたいです。
どなたか詳しくおわかりになる方、よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

実際にレントゲンなどを拝見した訳ではありませんので、
あくまでも参考程度にしてください。
考えられる病気として、とりあえずいくつか挙げておきます。



・エナメル上皮腫
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%8A%E3%83%A1%E3%83%AB%E4%B8%8A%E7%9A%AE%E8%85%AB
歯胚(歯を作る組織)が原因となる良性腫瘍。
患部を押すとペコンペコンとした感覚(羊皮紙様感)などがあります。

・角化嚢胞性歯原性腫瘍(かくかのうほうせいしげんせいしゅよう)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A7%92%E5%8C%96%E5%9A%A2%E8%83%9E%E6%80%A7%E6%AD%AF%E5%8E%9F%E6%80%A7%E8%85%AB%E7%98%8D
歯胚(歯を作る組織)が原因となる良性腫瘍。
原因となる組織がエナメル上皮腫とは異なります。

・歯牙腫
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%AF%E7%89%99%E8%85%AB
実際には腫瘍ではありません。内容物に歯の出来そこないのような
組織が詰まっていることが多いようです。

・侵襲性歯周炎(若年性歯周炎)
http://www.ha-channel-88.com/sisyuubyou/sinnsyuuei-sisyuuenn.html
若年者に見られる急激に進行した歯槽膿漏。
難治性なので、もし該当するなら専門病院の受診を強く推奨します。
歯の動揺や歯肉出血などの自覚症状がなければ違います。



もし、エナメル上皮腫のような歯原性腫瘍なら、大きくなる前の
処置が望ましいので、担当医としっかり相談してください。

おだいじになさってください。

実際にレントゲンなどを拝見した訳ではありませんので、
あくまでも参考程度にしてください。
考えられる病気として、とりあえずいくつか挙げておきます。



・エナメル上皮腫
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%8A%E3%83%A1%E3%83%AB%E4%B8%8A%E7%9A%AE%E8%85%AB
歯胚(歯を作る組織)が原因となる良性腫瘍。
患部を押すとペコンペコンとした感覚(羊皮紙様感)などがあります。

・角化嚢胞性歯原性腫瘍(かくかのうほうせいしげんせいしゅよう)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A7%92%E5%8C%...続きを読む

Qトランス脂肪酸

トランス脂肪酸

巷で時々話題になるトランス脂肪酸ですが、各国規制に乗り出していますし使用禁止のところも出てきました。
日本は、表示すらされておらず食の安全と叫ぶ政府も結局は業界団体には逆らえずといった状況です。

我々貧乏庶民は毎日高級なオリーブオイルを使うわけにもいきません。
天ぷらなどの揚げ物に、ごま油なんて勿体無くて使えません。

トランス脂肪酸が少な目で、値段がお手ごろな食用油はないものでしょうか?
ご存知の方は教えて下さい。

また、ファーストフードやファミレスなどの外食産業でトランスフリーに取り組んでいる状況などを知っている方が居ましたら教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

 私が質問者様のお考えを取り違えたようで、ご気分を害してしまいました。たいへん申し訳ございません。私の知る限りの要点だけを簡潔にお返事さしあげます。

>一般の消費者がスーパーで買える普通の商品、家族連れで気軽に行けるファーストフード店などの現状を教えて下さい。

 (ご存知でしょうが)トランス脂肪酸の含有量が比較的少なめなのはごま油、紅花油、オリーブオイルだと思います。オリーブオイルは高価ですが、いくつかのCOOPではEUから輸入したものを安価で販売しているようです。400gで300円台のもあるようです。
 また外食産業ではミスドとケンタッキーは調理油のトランス脂肪酸の少ないものに切り替えたようです。他も徐々に切り替えをすすめているようですが、結果を発表しているところは多くありません。ただし業界では、トランス脂肪酸がらみで揚げ油を変更するときに、パーム油脂の多用で対応するところが少なくありません。これは飽和脂肪酸と同等のリスクが懸念されますので、決して消費者の安全を考えた上の行動ではないようです。

 以上、失礼いたしました。

Q言語文化学とは・・・

何なんでしょう??

課題で論じなければならないのですが、考えれば考えるほどわからなくなってしまいました。

文学の中に見られる当時の社会的背景や価値観について触れもいいのでしょうか?

ちょっとつまずいてしまって困っています。アドバイスしていただけないでしょうか?
参考文献なども挙げていただけますと幸いです。

Aベストアンサー

>言語文化学とは何なんでしょう??
言葉と文化に関わるすべてのことを対象とする学問です。
最近はやりの学際研究というか、生まれたての分野ですし、はっきりこうといえないところがこういう学問のいいところでもありわかりにくいところでもあります。

核となるものがないので、sora-mr さんの好きにやって構いませんが、言葉と文化の両方が絡み合うように論じてください。「社会的背景や価値観」がどのように言葉に表れているか、ということです。

たとえば、
1.言葉を惜しまず説明するのか、沈黙に価値を置くか、(I love you と常にいうのか全くいわないのか、とか)
2.謝罪をするかしないか、謝るにしても理由をきちんと説明するのか、いいわけなどしないのか、
3.敬語を使うのかフランクに仲良くするのがいいのか、
4.ある言葉遣いが特定の地域・階層・年齢・性別に特有のものなのか、(隠語や忌み言葉を含む)


>参考文献なども

古典的なところではサピアやウォーフです。
『言語・思考・現実』 B. L. ウォーフ
(講談社学術文庫)

ジュリア・ペン『言語の相対性について』(大修館書店)
もいいかもしれません。

そのほか Amazon で、言葉と文化、言語と文化で検索してみることを勧めします。

>言語文化学とは何なんでしょう??
言葉と文化に関わるすべてのことを対象とする学問です。
最近はやりの学際研究というか、生まれたての分野ですし、はっきりこうといえないところがこういう学問のいいところでもありわかりにくいところでもあります。

核となるものがないので、sora-mr さんの好きにやって構いませんが、言葉と文化の両方が絡み合うように論じてください。「社会的背景や価値観」がどのように言葉に表れているか、ということです。

たとえば、
1.言葉を惜しまず説明するのか、沈黙...続きを読む

Qエシレバターのトランス脂肪酸

はどのくらい含まれていますか?
普通のバターにも天然のトランス脂肪が含まれているとおもいますが
エシレバターのほうが少なかったりするのでしょうか?

Aベストアンサー

自然界の油脂はほとんどが通常型(シス型)の脂肪酸です。
マーガリンは植物油(昔は魚油)を高温で硬化させて作るので、
そのときに、二重結合で回転がおこって5~10%のトランス脂肪酸
になります。

バターは乳脂肪を凝縮して固めたものですので、古来からの製法の
ものにはほとんどトランス脂肪酸は含まれていないはずです。
エシレバターは高級なバターではありますが、製法が普通のバターと
大差が無いものですのでトランス脂肪酸に関しては同じだと思います。
ただ、原乳が吟味されたものなので、脂肪酸成分の種類が複雑で、
口溶けがよく香りが高くなっています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報