初めての店舗開業を成功させよう>>

20代女性です。自分の社交性の無さ、愛想の無さに悩んでいます。

元々は人好きで初対面でもすぐに話しかけていくような性格だったのですが、学生時代に担任の先生から「お前ははっきりものを言い過ぎて相手が反論出来ないからあまり喋っては駄目」と注意を受けました。
友人から相談され率直な意見を、と求められたので思うままを答えた結果縁を切られたこともあります。

以来無自覚のうちに相手に失礼なことを言ってしまうことや不愉快な思いをさせてしまうことが怖くて、職場では会話を広げることを避けて無難な短い会話や事務的な話のみといった感じになってしまっています。
普段から笑顔、自分から先に挨拶をと最低限のことは心掛けているのですが、口数が少なくノリも悪いせいかやはり「もの静か」「大人しい」という印象のようです。
(これは社交辞令で、多分暗いということだと思います)

波風立てずにやっていくということも大事なことだとは思いますが、やはり職場の人と仲良くなりたいしお酒の席などでも楽しく過ごせるようになりたいです。
一緒にいて楽しいな、もっとお話したいなと思ってもらえる人になりたいです。

今は普段の会話に天気のことやちょっとした気遣いの言葉を付け加えたり、声のトーンを明るめに、他人には殊更寛大な気持ちで接することなどを心掛けているのですがまだまだだなと感じています。
ボランティアなどに参加し人と接する機会を増やすことも考えているのですが、他に何かこれが足りないんじゃないかということなどありましたらアドバイスを頂けませんでしょうか。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

今の感じで、少しずつ前進していくということではご自身としてはじれったいのでしょうか。



職場って、よくも悪くも大人の集まりですよね。
人によって、「あまり深くかかわりたくない」とか「きっかけがあれば、もっと仲良くなりたい」など、人間関係に対する思いは様々だと思います。
そんななかで「天気のことやちょっとした気遣いの言葉を付け加えたり、声のトーンを明るめに」ってすごくいいと思います。

そういう気持ちや周りへの心配りってきちんと伝わるものです。
あとは、「失礼なことを言ってしまうことや不愉快な思いをさせてしまうことが怖くて」というご自身の気持ちを解消していくことですよね。


「お前ははっきりものを言い過ぎて相手が反論出来ないからあまり喋っては駄目」と言った先生には、その言葉そのまま返してあげたいです。
教育者としては最低です。きっと他にも傷つけられた学生さんがいたと思いますよ。
私もその昔、同じような経験をしました。
その立場にいながら、まるでわかってない先生には腹が立ちます。

もしその先生の言い方が違っていたら、、、たとえば、
「あなたの言い方はストレートでわかりやすいが、場合によっては相手を委縮させてしまうかもしれない。口に出す前に一呼吸おいて、相手が受け入れやすいように言葉をかえて話してみたらどうか」
どうでしょう。どんな印象をうけますか?

「あまり喋っては駄目」ではありません。
「相手の状況や立場を考えて、言葉や表現をかえる」のだと私は思います。野球のピッチャーに例えるなら、ストレートだけでなく、場に応じた変化球を使います。

はじめは難しいかもしれませんが、そう思いながら生活していると慣れてきますし、ボキャブラリーも豊富になりますよ。

あとはご自身が楽しいと思うことで、相手が興味を持ってくれそうな話題を提供・共有すること。
ファッション・食べること・料理・趣味・ペット…etc.

折を見て少しずつ、ご自身のことを話してみてはいかがでしょう。
自分からオープンにしていくと、相手もいろいろと話しやすくなると思います。
なにより、「小出し」にされると、もっと聞きたくなったり知りたくなったりするものじゃないですか、人間って。


「楽しいな、もっとお話したいなと思ってもらえる人になりたい」気持ちを持っていれば、必ず伝わる人がいます。
努力もしていらっしゃいますし。


出勤前、鏡にむかってニコッとしてください。
表情も、気持ちも明るくなりますよ。
一緒にいたい、素敵な女性をめざして、頑張って!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは、回答ありがとうございます。

実は近々転職をする予定で、新しい職場に移った際には今とは違った人間関係をと考えているんです。
スイッチを切り替えるようにいきなり社交的で明るく!はさすがに無理だとは思うんですが、
せめてこの先知り合う先輩方にこの子を入れて良かったなと思って頂け、人の輪に自然に馴染んでいければな…と思い、このような質問を投稿させて頂きました。

今まで自分はとにかく喋らない方が賢明だ、口を開くと駄目なんだとばかり思っていたので、そのように仰って頂けると頑張ろう、という気持ちになれます。
確かに変えて頂いた言葉では印象が全く違いますね。胸につかえることもなく、素直によくなかったんだな。改善しよう、と思えます。
自分の意見を言いたい場合はami-da0330様の仰るようによく考えて言葉を選ぶことがとても大事なんですね。ありがとうございます、勉強になります。

確かに色々なことを少しずつ会話の端で出されるともっと聞きたいなと興味が湧きますね。私自身そういうお話のネタが尽きなさそうな方は大好きです。
会話の引き出しを増やすこともとても大切なんですね。色々なものにも興味を持って、知識と視野を広げていこうと思います。

朝一番に笑顔の練習、とても素敵ですね。毎日の週間に加えてみます。
向上心と笑顔を大切に、より良い自分を目指して頑張っていこうと思います。

貴重なご意見本当にありがとうございました。頑張ります!

お礼日時:2009/07/05 19:57

対人恐怖症やその他の神経症で悩んでいた者です。



その原因を深く考えられるチャンスが最近ありました。
「チャンス」って何?と言われると困るのですが、
今まで考えてきた事をまとめられるような気がした・・・
といったところでしょうか。

あくまで私の場合なので、
参考になるのかどうかわかりませんが、
私は他人と自分の区別がついていませんでした。
他人と意見を合う事が人とのつながりかと思っていました。

でも、今は違うと思っています。
一つのある問題に、いろいろな意見を言い、
一緒に悩み、お互いの違う点を指摘し、最善な答えを出すという
話し合いをできたら楽しいですよね。

感情と感情のつながりが持てて、うれしいなと思いました。

それをするのに必要なことは、
「私は」こう思うけどどうかな?
「あなた」はどう?
「私は」これが好きなんだ。
「あなた」はなにが好き?

という会話がとても幸せで楽しいな。。
と思いました。

「これでなければ絶対にだめ!」
「これを受け入れてくれなければ私は否認された!」
なんで極端な思いを持っていると、
上手には話せないんだな・・と
実はとっても最近わかったんです。

「私のワンマンショー」を朝まで見て欲しいのか、
「朝まで友達と生討論会」をしたいのか。。と考えたとき、
朝まで討論会って楽しそうだな。。と思いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは、回答ありがとうございます。
色んな方のご意見を伺いたいなと思っていたので、とても参考になります。
ありがとうございます。

kyoe様は他人に共通性を求めるタイプの方だったんですね。
私は少し違って自分の考えや強烈な個を持った人が好きで、包み隠さず本音をぶつけ合い衝突しながらもその中で絆を作っていくことこそ本当の繋がりと考えていました。
ですが色々と経験し考えた結果、その「本音をぶつける」ということ自体が社会の中ではとても難しいことで、不愉快に思う人も多い、出来る限り避けた方が賢明なやり方なのだと感じるようになりました。


「私は」こう思うけどどうかな?
「あなた」はどう?
「私は」これが好きなんだ。
「あなた」はなにが好き?


とても優しい、もっとお話したくなる言葉のキャッチボールですね。
私「が」皆と楽しく話したい、というこの悩み自体にも、私の我を押し出し過ぎる性格が現れているのかもしれないと改めて考えさせられました。。

互いに良く知るため、何より相手をよく知るための会話を心掛けたいと思います。
お互い大変ですが、頑張りましょうね。

貴重なご意見ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/05 19:28

つらいお気持ち、察します。



「お前ははっきりものを言い過ぎて
相手が反論出来ないからあまり喋っては駄目」
なんて言われたら、本当にショックですよね…。
かなり傷ついたのじゃないかと思います。

でも、その経験は、人に対する思いやりを身につける結果になったと
思いますから、よい経験だったのではないでしょうか?
実際、あなたは人とのつきあい方について、
どうやったらうまく行くのか模索してますし、よい傾向だと思いますよ。

さて、本題なんですが、
あなたが自分自身のことを「もの静か」とか「大人しい」と感じてるのは
あくまであなたが自分自身に対して感じてる気持ちです。

他人が10人いれば、10人のあなたに対する思いがあります。
それは、すべて同じ思いじゃありません。
他人というのは、決して自分と同じ考え方でないということを
頭に入れてください。
同時に、相手の気持ちを勝手に予想してしまうクセもちょっとずつ
直したほうがいいと思います。

きっと、「また傷つきたくない」という想いがあるから、
前のように自分の想いを打ち明けられないという
状況になってると思うのです。
でも、あなたはもう気遣いのできる人なんだから、前のように
「お前ははっきりものを言い過ぎて相手が反論出来ないからあまり喋っては駄目」
なんて言われることもないと思いますよ。
だから、結果をなるべく恐れないで
あなたから、心を開けば、自然とまわりの人も話をしてくれるように
なりますよ。

最初は、すごく苦しくて苦痛だと思いますが、経験と慣れだと思います。
見守ってますね。

参考に「幸せになる考え方」という参考になるホームページが
ありましたので時間があったらのぞいてみてください。

参考URL:http://thinking.shiawasehp.net/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは、回答ありがとうございます。
お礼が遅くなってしまい申し訳ありません。
また、優しいお言葉をありがとうございました。

始めに書いた「もの静か」「大人しい」という言葉についてですが、言葉が足りない部分があったので補足させて下さい。
あれは私見ではなく、色んな方から言われた中で一番多かった言葉です。
また私は現在働いている職場でほぼ一人で作業をこなしているのですが、それに関して上司から「あなたみたいなもの静かなタイプの人には、こういう環境は最適だね」と言われたことがあるんです。
ですが本人や他の方は自分は無理、耐えられないと仰っていたので、色々考えた末そういう意味なのだろうととりました。(これに関しては、確かに私の悪い癖が働いてしまったと思います)
私の説明不足でした。申し訳ありません。

「また傷つきたくない」という想い、確かにあります。
意識してしまってどうしてもぎこちなくなってしまい、挙動不審になっているのではないかと日々自己嫌悪の繰り返しです。
それでも、いつまでも変わらずに立ち止まっていては何にもなりませんよね。
苦しくても一歩を踏み出したいなと思います。

改めて考えてみると、自分から心を開いていた頃は偏りはあるものの色んな方に好いて貰えていたように思います。
こちらがあからさまに身構えているんだから、相手だって構えてしまって当然ですよね。

辛くなった時は教えて頂いたHPの言葉をよく読んで、自分を鼓舞しながら前向きに頑張っていこうと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/05 18:55

*相手の意見を取り合えず肯定する、否定、反論はしない。


*自分から些細な事からでも声を掛けていく。
*相手を褒める。
などをしていけば良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは、回答ありがとうございます。

相手中心に会話をする、ということでしょうか?
良い気分でお話して頂けるよう気遣うことも、積極的になることもとても大事なことですね。参考にさせて頂こうと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/05 00:45

上手に話をする事を目標とするのではなく、上手に相手の話を聞いてあげられるようになる事を目標とされてみてはいかがでしょう。



話し上手も良いですが、女性なら聞き上手も良いかと思います。

まずは相手の言わんとしている事を理解してあげられるよう、しっかりと話を聞いてあげて、相手の立場になってみれば、
反論できないほどのきつい言葉を求めていない事も、縁を切られるほどの内容を求めていない事も理解できると思います。

一緒にいたい、ある意味、癒され、信頼される存在を目標とするのも良いのではないかと思います(^^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは、回答ありがとうございます。

聞き上手な方には私もとても魅力を感じます。
信頼される存在、そうなれたらとても素敵ですね。

一気に極端なところを目指すのではなく、22goo様の仰られるようにまずは人の話に耳を傾け、優しい気持ちで相手を思い遣れる人間になれるよう自分を変えていくことから始めようと思います。

貴重なご意見ありがとうございました。とても参考になりました。

お礼日時:2009/07/04 23:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング