人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

建築設計事務所の経理事務は特殊と聞いたのですが
具体的に普通の経理事務と何が違うのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

以前、建築会社に勤めたことがあり、現在会計事務所に勤務する者です。


「建築業経理事務士」という資格があるくらいですので、特殊と言えば特殊かもしれません。
知人の方が何を根拠に特殊と言われているのかわかりませんが、例えば原価を現場ごとに振るとか、共通の経費を現場ごとに按分するとかそういうことをおしゃってるんでしょうかね?
それ以外は普通の経理とさほど変わらないと思いました。
No.3の方がおしゃっるようなことだったら特殊でしょうけど、ゼネコンではなく普通の建築業ではありえないと思います。
知人の方が大げさに言ってるだけではないですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

建設業の経理では原価を現場ごとに振るとか按分するということを
現在説明しているのですが(最近入社してきた元建築会社の人に)
やたらと「建築業の経理は特殊だった」とおっしゃるので
気になってしまい質問いたしました。
ですがやはり建設業も建築業も同じような経理処理をするんですよね?
それがわかりましたので今後はあまり深く考えないようにします。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/06 08:16

以前、ほんのちょっと建築設計事務所(というより建築業界)の内幕を見ました。

「特殊」というのは、西松建設関連に見るような政治家関係と、ヤ関係、さらに、これは他業界でもあるかもしれませんが、二重帳簿関係かもしれませんね。

まあ、コンプライアンスを大声で言っているような大手ゼネコンも、裏では、ヤとしっかり結びついているのが当然だった時代もあるわけです。(現在はよく知りませんが・・・)

いまでも、イロイロある会社があっても不思議ではありませんので、そういう意味かも?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ああ、そういう意味で「特殊」と言っているのかもしれませんね。
それなら「説明できない」というのも納得がいきます。
経理の処理的なところで違いがあるのかと思いましたが
そう言われてみれば、という感じです。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/04 14:24

建設業経理士という資格があるのですが、その関連ですか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
私も現在建設業で経理を勤めておりますので
建設業経理士に関しては存じております。
私の質問の内容自体が曖昧でしたね…申し訳ありません。

お礼日時:2009/07/04 09:49

>>建築設計事務所の経理事務は特殊と聞いたのですが



どなたに聞かれたのでしょうか?その内容は?それがないと回答も的外れになりやすいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
以前建築設計事務所に勤めていたという方に
現在建設業の経理の仕事を引き継ぎしている最中なのですが、
「建築の経理は普通の経理と違って特殊だったから…」
と何度もおっしゃられていたのでどう特殊なのかと不思議に思いました。
本人に聞いても「説明できない」と言われましたし。
建設業の経理も建築業の経理も同じかと思うのですが。

お礼日時:2009/07/04 09:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q売上計上月(設計事務所)

弊社は個人設計事務所です。
今確定申告の作業中ですが下記のような場合の売上月について教えてください。

3月1日から4月20日まで 設計業務し4月度納品となりました。
3月の工数は200h(80万円分)4月200h(80万円)の内容で4月に160万円分を請求しています。
月別売上欄には3月は売上なしで4月160万と記入したらよいのでしょうか?
(12月1月で年度またぎの時は12月分を計上しています。)

また今年から妻を青色専従者としています。
月8万平均で(登録範囲内)年96万の給与を申告しようと思っています。
この場合妻の申告 または源泉徴収等必要ですか?
(現在作成中のものは専従者給与欄に給料96万と記入し 控除として96万引いています。これで良いのでしょうか?)

ちなみにやよい青色申告06を使っています。
上記売上月の内容で 3月に計上するときの仕訳も教えていただけたら助かります。

経理会計の事が分からず質問内容でも不備があるかも分かりませんが どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>税務署に問い合わせたところ(12月に業務した時間x単価)は本年度に…

それはおそらく、質問と回答の歯車がかみ合っていないでしょう。

例えば、100ページ1冊の本を作るとして、12月に 50ページまでできたとしても、半分が 12月の売上になるわけではありません。100ページまで書き上げたときの売上です。

質問者さんのお仕事が、「前編」と「後編」の2分冊の本のようなものなら、12月の売上ですが、1冊にまとめるならあくまでも1月の売上です。

Q勘定科目を教えてください。

建築設計事務所の経理をしてます。
勘定科目を教えてください。

建築物件の確認申請の確認手数料はどの科目で計上してらよいでしょうか? 

管理費の経費でないですよね??
仕入科目あたりでしょうか?

建築設計事務所の経理をしたことがないのでよくわかりません。
わかる方教えて頂けたらと思います。

Aベストアンサー

#1です。
建築確認申請手数料など(中間検査、完了検査、各種許可申請手数料)会計方法
これらは、本来建築主が、支払うべきお金です。
設計業の私らは、立て替えているにすぎません。
建築確認申請手数料を設計料に含んでいる場合、提出日付で
売掛金/○○邸設計料/売上
建築確認申請を提出し手数料を払った日付で
租税公課・立替金/○○邸建築確認申請手数料/現金
お客様から設計料と共に支払いを受けた日付で
現金又は普通預金/○○邸建築確認申請手数料/立替金・売掛金
ご参考まで

Q設計事務所で役に立つ資格など

こんにちは。

夫が設計の仕事をしているのですが、将来は独立を考えているようです。そこで、今から私もその時に少しでも役に立つことを勉強しておきたいと思うのですが、どのような資格(に限らないですが)がいいのでしょうか?

まず思いついたのはやはり「簿記」です。経理をするには役に立ちますよね?また、お客様の資金計画にアドバイスできればいいな、と思うのですが、こういうのは何の勉強をすればいいのでしょうか?ほか、CADなんかもできればもちろん役に立つのでしょうが、できれば事務系で何か、と思っています。

何でもいいので、役に立ちそうなことをお教えいただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

設計って建築設計ですよね?設計事務所に関連がある資格は土地家屋調査士 宅地建物取引主任者 測量士 インテリアデザイナーなどが一般的に考えられます。

或いは資格ではないものの、CAD(ご主人の使っておられるもの)を動かす知識があるととても助けになります。急ぎ提出しなければならない図面などがあるはずですから。

簿記の資格は不要です。簿記のそこそこの知識さえ獲得して市販の経理ソフトを動かせば税理士さえも不要、貴方が申告に行きさえすれば良いので、申告に資格は不要です。とは言え、もし不安なら設立後何年かは税理事務所を利用するとして、その後は必要なときに相談に乗って貰う約束だけしておけば、と思います。これで毎年かなり節約出来ます。

人には得手不得手があります。上記のうちで気持が乗れるものを選んで勉強されては如何でしょうか。会社法を独学で勉強されてご自分の手で会社を設立登記するのもアリです。実はそんなに難しいものではないのに司法書士事務所を利用される方ばかりなのが不思議ですけど。

でもそんなお気持ちの貴方にご主人は感謝しておられるでしょうね。

設計って建築設計ですよね?設計事務所に関連がある資格は土地家屋調査士 宅地建物取引主任者 測量士 インテリアデザイナーなどが一般的に考えられます。

或いは資格ではないものの、CAD(ご主人の使っておられるもの)を動かす知識があるととても助けになります。急ぎ提出しなければならない図面などがあるはずですから。

簿記の資格は不要です。簿記のそこそこの知識さえ獲得して市販の経理ソフトを動かせば税理士さえも不要、貴方が申告に行きさえすれば良いので、申告に資格は不要です。とは言え、も...続きを読む

Q事務所の賃貸契約時の仕訳

先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。
それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。
賃貸契約期間は、7/15から2年間です。
また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。

1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人
2.礼金:420,000→大家さん個人
3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人
4.前共益費(7、8月分):47,250→大家さん個人
5.火災保険料(2年掛捨):41,090→管理会社
6.仲介料:210,000→不動産仲介会社
7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社

特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のようになります。

貸方は全額 「現金」です。

借方
敷金       200.000(返還される分)
長期前払費用   200.000(返還されない分)
繰延資産(礼金)  420.000
賃借料(前家賃)  315.000
賃借料(前共益費)  47.250
保険料(1年分)   20.545
前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え)
支払手数料(仲介料)210.000
支払手数料(保証料)230.000

敷金は差入保証金でも良いです。
今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
長期前払費用は繰延資産でも良いです。
 
なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

償却時の仕訳
支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用)
 

Q建設業の経理仕訳について

建設業を営んでいる個人事業主です。初めてフリーソフトで試算表を作成しているのですが、普段行っている仕訳が合っているのか不安になり、皆様にアドバイス頂きたいです。
  借方       貸方      適用
外注費     / 工事未払金  (A社大工工事)
未成工事支出金 / 外注費       〃
工事未払金   / 現金        〃
完成工事原価  / 未成工事支出金(N邸改修工事)
材料費、労務費、経費も上記の様に工事完成後、未成工事支出金を工事原価に振り替えています。
1、工事原価に入るものは全て上記のような処理であっていますか?
2、材料費に本工事材料、仮設材料など補助科目を設定しているんですが、一枚の請求書に仮設材料費や外注費などが含まれている場合、分けて仕訳を行った方がいいんでしょうか?
3、設備機器や建具は
   勘定科目 材料費
   補助科目 買入部品費
であっていますか?
回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

設計事務所の経理担当者です。
ええと、ずいぶん細かく仕訳なさっているんですね。
材料費の内訳まで、分ける必要があるのでしょうか?
ソフトでそのような項目があっても、内訳は必要に応じて使用すればいいものですので、
質問者様ご自身が経営にあたり、必要なければ統合して下さい。

さて、私は専門家ではないので、私の会社の処理方法に基づいて書かせていただきます。

外注費     / 工事未払金  (A社大工工事)
未成工事支出金 / 外注費       〃

最初に、未成工事を「外注費」で仕訳はまずいと思います。
その後「未成工事支出金」に振り替えていますが(戻している感じ?)ここで戻すのも…意味不明です。
私の会社のソフトでは「未成工事支出金」の内訳(補助科目?)に未成・材料費、未成・外注費、未成・労務費…とあります。
質問者様のソフトではないでしょうか?
(なければ作れませんか?)

本来、未成支出であれば支払時点では未成とし、完成したら初めて工事ごとに「材料費」なり「外注費」なりに振替えます。

工事未払金   / 現金
これはいいですね。

完成工事原価  / 未成工事支出金(N邸改修工事)
これも謎なんですが、完成工事原価の内訳(補助科目?)が「外注費」「材料費」「労務費」なんです…。

なので、私の会社のやり方を書くと、
未成工事支出金・外注費 / 工事未払金(A社大工工事)
工事未払金 / 現金
A社大工工事が完成したら
完成工事原価・外注費 / 未成工事支出金・外注費
となります。


>一枚の請求書に仮設材料費や外注費などが含まれている場合…
分けて仕訳を行って下さい。

3、のご質問に関しては申し訳ありませんが分かりません。

以上、お役に立てたら幸いです。

設計事務所の経理担当者です。
ええと、ずいぶん細かく仕訳なさっているんですね。
材料費の内訳まで、分ける必要があるのでしょうか?
ソフトでそのような項目があっても、内訳は必要に応じて使用すればいいものですので、
質問者様ご自身が経営にあたり、必要なければ統合して下さい。

さて、私は専門家ではないので、私の会社の処理方法に基づいて書かせていただきます。

外注費     / 工事未払金  (A社大工工事)
未成工事支出金 / 外注費       〃

最初に、未成工事を「外注...続きを読む

Q建設業の「安全協力費」の会計処理について

建設業の会計処理で、よく「安全協力費」が出てきます。これは実質は、元請けがかけている「労災」の下請け負担分ではないかと思っています。この会計処理ですが、「雑費」、「諸会費」などの通常の経費処理でいいのでしょうか?それとも「交際費」とする必要があるのでしょうか?ご教示よろしくお願いします。(消費税はいずれにしても、課税仕入と考えています。)

Aベストアンサー

こんにちは。
以下に記しますことは、私の独り言と思って下さいね。

「安全協力費」と書くと、いかにも安全のための費用と取られがちですが、実体は協力会の主催者側に確認してみないと判らないというところが真実だと思います。

確かに「安全協力費」の多くは、そこで集めた分を現場労災などの保険料に充当している場合もありますが、こちらの負担金と保険料掛金の対応関係が明確ではありませんし、最近では元請が力関係を行使して徴収を義務化し、使途は福利厚生等に充てている会もあるとのことです。
実際、主催者側に聞いてみても、明確に保険料に充てていますと答えてくれる方もいれば、保険料以外にも当該工事にかかる諸々の支払に充当していますという回答を受けたこともあります。

ですので、私が実務をしてた時は、まず関与先に処理方法を聞き、関与先の求める方法に従って処理してました。
そして、関与先自身もその内容が分からなく、元請さんなどに聞いてみてと言われた場合は関与先の同意を得た上で相手先に電話で聞き、それに基づいて処理していました。
建設会社に税務調査があった際などには、この質問を税務署員にしてみたこともありますが、その時も「協力会に確認して下さい」という回答で終わっちゃいました。


>「雑費」「諸会費」などの通常の経費処理でいいのでしょうか?それとも「交際費」とする必要があるのでしょうか?

勘定科目に関しては、「雑費」でも「諸会費」でも継続的に使用されるのであればどちらでもいいと思います。
私の場合は、主にC/Rの「雑費」で処理していました。
ただ、「交際費」ではないと思います。
「交際費」であるなら何らかの反対給付を期待できますが、「安全協力費」の多くは取られっぱなしです。
そして消費税については、相手先が明確に「内容は主に保険料」と答えられた場合は非課税、領収書等に消費税の課税対象である旨が記載されている場合や判断材料が無い場合は納税者有利に課税仕入としていました。


今後のためにも、一度協力会側に規約の確認を求められてはどうですか。
長々と記しましたが、melmelbanz様が求める回答ではなく第三者を不快にするような内容と思われましたら削除依頼をなさって下さい。
明確な基準がないことにもどかしさをおぼえる経験者の独り言でした。

こんにちは。
以下に記しますことは、私の独り言と思って下さいね。

「安全協力費」と書くと、いかにも安全のための費用と取られがちですが、実体は協力会の主催者側に確認してみないと判らないというところが真実だと思います。

確かに「安全協力費」の多くは、そこで集めた分を現場労災などの保険料に充当している場合もありますが、こちらの負担金と保険料掛金の対応関係が明確ではありませんし、最近では元請が力関係を行使して徴収を義務化し、使途は福利厚生等に充てている会もあるとのことです。
...続きを読む

Q登録料の勘定科目

経理を始めたばかりでよくわかりません。

強制加入団体(登録しなければ業務が行えない)に対する登録料の勘定科目はどのようなものになりますか。
脱退しても返金はありません。

また、そのような費用を立替えてもらった場合、それを返金するとき
の仕分けはどのようなものになりますか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

勘定科目の選択は、金額が20万円以上かどうかで変わります。

・20万円未満の場合 
諸会費×××/仮受金××× (仮受金は、立替えてもらっている前提です)

・20万円以上の場合
長期前払費用×××/仮受金×××
立替えてもらったお金を返金した時
仮受金×××/現金(又は○○預金)×××

同業者団体等の加入金で金額が20万円以上のものは、税務上の繰延資産に該当し、資産として計上しなければなりません。(法人税法施行令14条、134条、法人税法基本通達8-1-11)
ただし、会計上の繰延資産には該当しないので、会計上は上記のとおり長期前払費用として計上します。(無形固定資産とする考え方もあるようです。)

なお、償却期間は5年です。(定額法)

Q源泉所得税を支払った勘定科目は何ですか?

一人で法人を営んでいます。源泉所得税を六ヶ月に一回支払っています。(甲)

帳簿に記載する場合でお聞きします。

毎月法人として預かっている金額は科目として「預り金」で「収入」に記載すればいいと思うのですが、法人が支払った(甲)の科目は「預かり金」で「支払い」欄に記載すればいいのでしょうか?

税金なので違う科目があるように思うのですが・・

検索しても支払った時の(甲)の科目を説明したサイトを発見できません。

お詳しい方宜しくお願いします。

Aベストアンサー

横レス失礼します。


議論が長引いているようですので、私の回答で納得して下さい。

以下、会計ソフトを使います。

ケーススタディとして、「11月25日、従業員に給料30万円を支給するとき、所得税1万円を天引きして、残額の29万円を現金で支払った。12月10日、天引きした所得税1万円を現金で納税した」とします。

※仕訳の入力では、「振替伝票」の画面だけを使うようにして下さい。その他の入力画面、例えば「現金出納帳」、「入金伝票」、「出金伝票」、「預金出納帳」、「売上帳」、「仕訳日記帳」などの画面は決して使わないようにして下さい。間違いが起きやすいので。

◇11月25日、従業員に給料30万円を支給するとき、所得税1万円を天引きして、残額の29万円を現金で支払った。

〔借方〕給 与 300,000/〔貸方〕現 金 290,000
〔借方〕…………{空欄}…………/〔貸方〕預り金  10,000
※この「預り金」は、「所得税預り金」でも良い。

この仕訳が、自動的に総勘定元帳へ転記されます。
・「給 与」元帳の借方へ300,000と記入。相手勘定は「諸口」。
・「現 金」元帳の貸方へ290,000と記入。相手勘定は「現金」。
・「預り金」元帳の貸方へ10,000と記入。相手勘定は「現金」。
転記後の総勘定元帳を確認して下さい。

また、現金出納帳へも自動的に転記されます。
・「支出」の欄へ290,000と記入。相手勘定は「給与」。

《注》しかし、このとき、「預り金」は現金出納帳へは転記されません。
  そもそも現金出納帳とは、財布(金庫)の現金の増減を記録するとともに、現金の有り高を管理するのが目的の帳簿です。入金があったら記入し、出金があったら記入します。そして出納帳の残高と財布(金庫)の中の現金とが一致することを確認します。
  ここの「預り金」は現金の増加に伴って発生する「預り金」ではないので、この「預り金」の増加を現金出納帳に記録するのは誤りです。この「預り金」は、給与の一部の支払いを保留するために生じる負債を表示する「預り金」に過ぎません。

【重要】ここで「現 金」元帳と現金出納帳は同じ機能を果たしていることに注意して下さい。そうです。会計ソフトでは、現金出納帳は必要ありません。「現金出納帳」は、コンピュータ会計時代の前の古い時代、つまり手書き簿記時代の「遺物」に過ぎないのです。


◇12月10日、天引きした所得税1万円を現金で納税した。

〔借方〕預り金 10,000/〔貸方〕現 金 10,000
※「預り金」で天引きした所得税を納税したときは「預り金」で支払いをします。「所得税預り金」で天引きした所得税を納税したときは「所得税預り金」で支払いをします。

この仕訳が、自動的に総勘定元帳へ転記されます。
・「預り金」元帳の借方へ10,000と記入。相手勘定は「現金」。
・「現 金」元帳の貸方へ10,000と記入。相手勘定は「預り金」。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということで、標題の御質問ですが、

>源泉所得税を支払った勘定科目は何ですか?

源泉所得税を支払う際の借方の勘定科目は「預り金」または「所得税預り金」です。

横レス失礼します。


議論が長引いているようですので、私の回答で納得して下さい。

以下、会計ソフトを使います。

ケーススタディとして、「11月25日、従業員に給料30万円を支給するとき、所得税1万円を天引きして、残額の29万円を現金で支払った。12月10日、天引きした所得税1万円を現金で納税した」とします。

※仕訳の入力では、「振替伝票」の画面だけを使うようにして下さい。その他の入力画面、例えば「現金出納帳」、「入金伝票」、「出金伝票」、「預金出納帳」、「売上帳」、「仕訳日記帳」などの...続きを読む

Q運送中に商品が破損。消費税の扱いは?

毎日の納品は、出入りの運送業者に委託しています。
運送中に商品を壊され、商品価値がなくなりました。
通常、この様な場合、「得意先売上」を「運送業者売上」に切替え、補償して貰っています。
この度、納品量が多いため、有名な大手の運送業者を臨時に使いました。
破損請求を従来とおり行ったところ、消費税分を払ってくれません。

この様な補償の場合は、消費税の対象外になるのですか?
教えてください。

Aベストアンサー

損害賠償金は消費税の課税対象外です。
ただし、その商品が運送業者に引き渡され、そのまま、または軽微な修理で使える場合は課税対象となります。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/phone/6157.htm

Q友人に依頼した設計費の仕訳はどうしたらよいですか。

現在、ある電子機器の開発を進めており、これの設計やソフトの開発を友人に依頼しています。当然ある金額の設計料を払う予定です。この場合の仕訳は、どうしたらよいでしょうか。支払手数料、外注費の科目がありますが、ピンときません。なお、友人は、技術士等の公的資格を持っているわけではなく、アルバイト的な活動としてやっています。

Aベストアンサー

#1の追加です。

研究開発費は資産計上が必要無く、経費処理できます。
但し、研究開発のために購入した機械などは固定資産に計上して減価償却が必要になります。

念のために、参考urlをご覧ください。

又、支払手数料か外注費かについては、それほど神経を使う必要無いかと思います。

参考URL:http://www.tabisland.ne.jp/explain/bigban1/bigb_405.htm


人気Q&Aランキング