ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

孤立特異点が閉曲線Cの内部にある場合、外部にある場合は

コーシーの積分定理などでわかるのですが

C上にある場合はどうなるのでしょうか?

A 回答 (3件)

「極を迂回する積分路をとる」あるいは「特異点を積分路上からずらす」となると


1.特異点を積分路からずらすことができない場合とかはないのか。
2.迂回するとしてもどちら側に迂回すれば良いのか
という疑問が出てくるのではないでしょうか。まず「特異点をずらせない場合」はないといって良いでしょう。
http://hagi.k.u-tokyo.ac.jp/~mio/note/elemag/wav …
の「3次元波動方程式のグリーン関数」を見てください。グリーン関数は式(71)を満たすものですが、k平面の積分路で極を迂回しなければ定義されません。そしてどちら側に迂回するかは境界条件で定まります。場の量子論ではWick回転と呼ばれているものです。
このように「特異点をずらす」ような積分は物理学のいろいろな分野に出まくります。物理を少しでもやっていれば知らないはずはないのです。このサイトにおられる「自称専門家」の諸大家にはこの質問は簡単すぎてお答えにならないようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考になりました。さっそくやってみようとおもいます。

お礼日時:2009/07/09 17:47

「∫[C] f(z) dz を考えるためにはf が C 上のすべての点で定義されていなければならない」ということはありません。

ルベーグ積分はおろかリーマン積分でも不連続点の測度が0であれば有界関数の積分が定義されます(例えば区分的に滑らかな曲線の"角"では速度ベクトルは定義されないが、曲線長が定義されないとは考えない)。f(z)を
 f(z) = 1/z
という原点に1位の極を持つ関数とし実軸上を通る積分路を考えます。このときf(0)の値をどのように定めても通常の積分も広義積分もできません。
積分路上に極がある場合、積分路を極を迂回するように少し変形し積分後に元の積分路に近づける極限を取ります。あるいはこれと同値ですが「特異点を積分路上からずらし」て積分後に特異点を積分路に近づけます。上の例で言えば
 1/(x + iε) = P/x - iπδ(x)
という公式があります。Pはコーシーの主値、δ(x)はデルタ関数です。このように「正則関数の実軸上の上下からの極限の差」として超関数を捉えるのが佐藤超関数の立場です。
 金子晃「超関数入門」(東京大学出版会)
などをご覧ください。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E8%97%A4% …
    • good
    • 0

複素に限らず実の積分でも同じことですが,


普通は ∫[C] f(z) dz を考えるためには
f が C 上で定義されていないといけません.
なので,特異点がある場合には積分不能です.

それでも何らかの値を導きたい場合は,例えば
(1) 適当に値を埋めて積分する.
(2) 特異点を抜いた領域で広義積分する.
などの方法が,ケースバイケースで行われます.

(1), (2) の計算では関数の性質が良い場合は
コーシーの積分定理などの複素積分の手法が使えますが,
最悪の場合は曲線を実数でパラメトライズして線積分する,
という「定義通りの積分」を行うことになります.
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q速度ポテンシャルと流れ関数

二次元非圧縮性流れでx,y方向の速度成分が

u=2xy
v=x^2-y^2+1

であるとき、速度ポテンシャルφ、流れ関数ψの
求めからが分かりません。

ぜひ、教えてください。

Aベストアンサー

W(z)=φ+iψ とおくと、

dW/dz = u-iv
   = 2xy-i(x^2-y^2+1)
   = -i(z^2+1)

より、両辺をzで積分して

W(z) = ∫(-i(z^2+1))dz
   = -i(z^3/3 + z) + const.
   = -i((x+iy)^3/3 + (x+iy) + C0+iC1
   = x^2y-y^3/3+y+C0 + i(xy^2-x^3/3-x+C1)

よって

φ = x^2y-y^3/3+y+C0
ψ = xy^2-x^3/3-x+C1

となります。

Qexp(1/z)の原点のまわりでローラン展開について質問です。

exp(1/z)の原点のまわりでローラン展開について質問です。
私の見た書籍やwebページでは、exp(z)のマクローリン展開に、zの代わりに1/zを入れて
exp(1/z)=1+1/1!z+1/2!z^2+…
と展開できるという説明がされているんですが、このことで腑に落ちないところがあります。あくまでexp(1/z)のz=0での展開を考えているわけですから、例えば1/z=uとかおいて考えるのならば、z=0に対応するのはu=∞のはずです。だからexp(u)の展開に帰着させたいなら無限遠点の周りの展開を考えなければならない、ということにはならないのでしょうか?疑問に思っているのはここです。
しかしテイラー展開は円板状の領域内で使えるものであって、無限遠点まわりで、というわけにはいきませんよね。それで1/z=uとおき直してみるという作戦は結局上手くいかないのかなぁ、などと悩んでしまって…
どなたかお助けください。

Aベストアンサー

よい点に気づかれたと思います。
ローラン展開といっても、極を中心とする展開ならば、
テイラー展開とあまり変わりがありませんが、
真性特異点を中心とするものは難しいことが多く、
関数によっては、どうやって展開したらよいか
解らないこともあります。

今回の問題で exp u のマクローリン展開に
u = 1/z を代入してよい理由は、
exp のマクローリン展開が収束半径 ∞ を持つからで、
そのために、z がどれだけ 0 に近づいても
exp u の級数表示が意味を持っているからです。

Q複素解析で、極の位数の求め方

無限積分の値を求めるのに留数定理を使用するので、その際留数を求めることになりますが、
http://www.f-denshi.com/000TokiwaJPN/12cmplx/100cmp.html
によると、留数を求めるのに極の位数が必要だと書いています。

極は分数関数の分母を0にするような変数の値だと習いましたが、位数の求め方がわかりません。位数はどのようにして求めることができるのでしょうか?

Aベストアンサー

>極は分数関数の分母を0にするような変数の値だと習いましたが、
>位数の求め方がわかりません。
極がaのとき、分母をq(z)とおくと、q(z)を因数分解したとき
(z-a)^m
を因数として持つとき(q(z)=0がm重解を持つとき)
mを位数といいます。
位数mを求めるにはz=aが何重解かを求めればそれがmになります。

Qeの積分について

eの積分について

∫e^(ix)dxの不定積分について質問です。

∫e^(ix)dx = (1/i)・e^(ix)+C = -i・e^(ix)+C

この数式は正しいでしょうか?

Aベストアンサー

誤りではないと思いますが
∫e^(ix)dx = (1/i)・e^(ix)+C = -i・e^(ix)+C
=e^(i(x-π/2))+C
=sin(x)-i*cos(x)+C


人気Q&Aランキング