gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

法解釈における必要性と許容性について、それがどういうもので、また論文上ではどのように説明すべきなのか、どなたか教えていただけませんでしょうか。

gooドクター

A 回答 (1件)

法解釈の必要性


法律は倫理的で且つ秩序の基礎であり、汎用性に優れている必要があります。
ただ、汎用性がある分ある程度抽象的であるため、個々の事例に対する具体的定義をすることは困難です。
そのため、一つひとつの事例が「該当しうるか」または「適応しうる」かの検討・立証が必要になります。
以上の観点から法解釈の必要性が確立されます。

法解釈の許容性
「法律は倫理的で且つ秩序の基礎であり、汎用性に優れている必要があり、またそういった理由から抽象的である」と前述でご説明しました。
また「検討・立証が必要」とも書いています。
その「抽象的である点」が大きく関わってきます。
本来なら法というのは誰が読解しても一意性のある必要があります。
ですが無限大の事例(可能性)がある以上、その一意性にも抽象的な反作用が働きます。
この点は矛盾する点であり、問題点であるとも言えます。
が、現状の法哲学の概念上、その構成を変更することは不可能に等しいため、その抽象的条文の客観的解釈が必要になり、その妥当性の判断を問われます。
以上の観点から法解釈の許容性が確立されます。
    • good
    • 4

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング