航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)の有力候補である最新鋭ステルス戦闘機F22について、米下院が30日、
追加生産分予算が削除された国防歳出法案を可決したことで、防衛省のF22導入は困難な情勢となっている。
同省は今後、戦闘機F35を軸に代替機種の検討に入ることになりそうだ。

F22に関しては、米議会が機密保護を理由に禁輸措置を取り続け、ゲーツ米国防長官も現在計画中の187機で
生産を終了すると表明。F22の選定は難しくなっていたが、6月に米上下両院が相次いで、日本への輸出仕様機の
調査・研究条項を含む国防歳出法案を可決したことから、防衛省はF22導入に望みをつないできた。

しかし、今回の下院の法案可決は、F22導入の環境を再び悪化させた。河村建夫官房長官は31日の記者会見で
「日本として代替を考えていかなければならない」と述べ、同省幹部も「F22はほぼ無理だろう」との見通しを示した。

ただ、航空幕僚監部にとって、世界最高峰のステルス機能を有するF22の調達は悲願。そうした経緯もあってか、
同幹部は「米国内向けが生産中止になっても、輸出用を生産しないとは決まっていない」と未練たっぷりだ。【仙石恭】

毎日新聞 次期主力戦闘機:空自、F35軸に検討へ
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090801ddm …

自衛隊の次の戦闘機は当初F22のお話がありましたが問題があってF35になるようですが、
F22になるのとF35になるのではどんな違いがるのでしょうか?
F22ってなにがそんなにいい戦闘機なんですか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (20件中1~10件)

こんにちは No.17で回答した者です


No.18&19さんありがとうございました。

>>F35Cは、F22より航続距離長いですよ
>??航続距離も戦闘行動半径もF22のほうが大きいのでは?

空母での運用を前提としたC型を空自が導入するか? という疑問は、さておき・・・
ちょっと気になってLMやUSAFのサイトを調べてみました。

Raptor(F-22)
Internal fuel:18,000 lb / 8,200 kg
with two external wing tanks :26,000 lb / 11,900 kg
Range* :> 1,600 n. mi
* with two external fuel tanks

Lightning II(F-35C)
Internal fuel:~ 8,618kg
Range* :> 2,593 Km
* Internal Fuel

以上原文のまま

上記からRaptorのInternal Fuel(機体内搭載燃料)でのRange(航続距離)をざっと
試算すると、1,102 n.mi ≒ 2,038 Km(共に 概算)
となり No.18さんのご指摘もうなずけます。

一方Combat radius(戦闘行動半径)の方は
F-35C:640 n.mi
F-22 :310+100 n.mi*
*Mission 1 (Subsonic+Supersonic)
となっています。ただ、このF-35の数値は要求値なのか、少し良すぎるようにも
思います。(F-22はテストデータ)

いままでRaptorの行動半径を よく巷で言われている1,200Kmとかをそのまま
信じていましたが、最新の情報よくよく調べてみると違っている場合も多い
ですね、失礼しました。また ご指摘ありがとうございました。
    • good
    • 0

>F35Cは、F22より航続距離長いですよ



??航続距離も戦闘行動半径もF22のほうが大きいのでは?
    • good
    • 1

なんか誤解が多いみたいですが、F35Cは、F22より航続距離長いですよ。


F22とF35の違いは簡単に言うと、F22のほうが強くて高いということです。

問題はF35はやっと量産機が完成しだした段階で開発に加わった国の注文が、2014年までびっちり詰まっています。それにこの手の話はお約束のごとく生産遅延が起きるでしょうし。

まあF22が買えないのですから、開発国からの購入(正確には生産枠の譲渡)を模索するでしょうが。
    • good
    • 0

こんにちは、はじめまして


輸出の可能性を調査すべしと可決されたと思ったら、一転して追加生産の予算が
否決されたりと、米国議会もよく解らないですね。

>F22になるのとF35になるのではどんな違いがるのでしょうか?

空自の運用で一番割合が高いと想像される要撃(空対空)ミッションをベースに
考えてみますと・・・。
AAMを6~8発搭載出来て、超音速巡航により遠方の会敵点でも短時間に進出可能で、
戦闘行動半径も広い、というF-22部隊のほうが、同じ機数のF-35部隊よりも戦闘力は
格段に高くなると思います。
高稼働率を維持出来るのであれば、配備数(調達数)もF-4の減勢分よりも少なくてすむ
かもしれませんね。それとあとは心理的効果ですかね(苦笑

>自衛隊の次の戦闘機は当初F22のお話がありましたが問題があってF35になるようですが、

うーん、まだそうとは決まっていないでしょう。
FX導入が次期中期防(H22年度~H26年度)に延期されたとは言え、米国外のカスタマ
にF-35が輸出出来るタイミングがギリギリですからね。もうこれ以上の遅れは許され
ないと思います。
    • good
    • 0

 すでに多くの皆さんが回答されていますので詳しいところは別として。



>F22になるのとF35になるのではどんな違いがるのでしょうか?
 F22は純粋な制空戦闘機、F35は多目的戦闘機という大きな違いがあります。ものすごく大雑把な言い方になりますが、F22は航空優勢を確保することはできても、艦船や地上目標は攻撃できません。したがって空自はそれらの目標攻撃のために別の部隊を用意しなければなりません。F35ならどっちもこなせますが、空戦能力はF22には及ばない。

 もともとF-Xは要撃も地上・艦船攻撃も受け持っていたF4EJの代替機です。性格的にはマルチロールですので、F35が合っているという味方もできるのではないでしょうか。
 ただ、F35はまだ実践配備されてない機体ですし、日本はもともとの開発に参加していませんので、売ってくれるとしても一番後回し。F4EJの退役には間に合わない可能性大だと思います。今回の毎日の記事については、この辺のところの考慮はないみたいですね。

>F22ってなにがそんなにいい戦闘機なんですか?
 制空性能だけを考えたら一番いいでしょう。でも使い勝手がいいかどうかは別問題。

 なお、日本のマスコミはこの手の情報にうといです。あんまり真に受けないほうがいいと思います。

 ところで、質問者様の気に入らない回答内容や表現もあるでしょうが、皆さん善意で参加してくださっています。できるだけへりくだるに越したことはないと思いますよ。
    • good
    • 0

スカパーで、戦闘機の特集番組をやっていて、F-22パイロットが模擬戦の感想を言っていましたが、他の回答者さんが書かれたように、F-22は段違いに強いようです。


ただし、現実に日本で運用しようとした場合その性能をフルに発揮するなら、支援システムもひっくるめての導入が必要になる気がするので、機密保持の面で、なかなか困難な面があるのでは?って感じました。

まだ、実戦での活躍は無いのですけど、模擬戦の結果は

・F-16 4機とF-22 1機の対決

 あっという間にF-22が全機を撃墜

・F-15 5機とF-22 1機の対決

 米国内で「F-15さえあればいいのでは?F-22は不要」という議論があったので、2003年3月に上記の条件で模擬戦ながらも、真剣勝負の演習を行ったとのことです。
F-22のパイロットは、「武器が足りなくなるのでは?」という不安があったようですが、1機ずつ順番に落とし、F-22が全機撃墜という結果になったそうです。

F-22は、統合タクティカルスコープが素晴らしく、戦闘状況の把握が容易で、かつ、従来は攻撃までに8ステップが必要だったのが、1ステップで攻撃できるそうです。0.1秒以下の差が勝敗を決めることもあるでしょうから、この差は大きいですよね。もちろんステルス性能の威力もあると思いますけど・・。

現状では、F-22の生産中止が決まったため、導入はほぼ無理な状況と思えます。

個人的には、F-15の機体に電波吸収材をつかったり、垂直尾翼をF-22のように外側に傾斜させ、ステルス性能をF-22に匹敵する程度までアップ?したF-15SE(サイレント・イーグル)の導入が、とりあえず現実的な選択なのではないかと思ったりしています。
    • good
    • 0

ああ、航続距離の問題、その点は重要でした。



日本の洋上戦闘機の必要条件は、
1.戦闘行動半径450海里以上
2.対艦ミサイルを沢山積める事

これにマッチしているのが準国産機のF2で、世界最強の対艦戦闘機。


対艦戦闘機
スーっと飛んでいって、ペチャッとミサイル発射し、ペロッと引き上げてくる。と。

こういう目的なら今の実験機心神の少し先の延長で行ける様な気もしますね。
ステルス性は高いようだし、後はそこに電子機器つめて、対艦ミサイルを積む時は必ずしもステルス性重視を追及せず、その他任務でそのステルス性を生かす。

10年くらいでそこまで持っていけるのでは?

あと、その心神型ステルス戦闘機を守る戦闘機としてF35あたりが適宜数配備されれば言う事なし。
    • good
    • 0

No.1ですが、もう一言だけ。



>例えば病院で病気や手術のことを医師から患者へ説明するとき専門用語
>を羅列して話す医師はいませんよね。
>誰にでもわかりやすい言葉に置き換え必要であれば言葉の意味を補足
>すればいいだけの単純明快なことなのです。

世の中には、モンスターペアレンツなど、自分が回りに迷惑をかけていることを自覚していない人が大勢いますが、さながらモンスター質問者とでも言うべきでしょうか。

私たちはね、回答することで報酬をもらっているわけではないんです。
お客さんから報酬をもらうプロなら、相手のわがままを聞くことも必要になるかと思います。(それも時と場合と費用などの条件しだいですが)

まあ暇な時間を見つけて回答しているわけですが、それにだって限界はあります。
質問者さんのわがままを1から10まで聞けるだけの余裕は、正直ないわけです。

本当に懇切丁寧、初心者にもすべからず優しいという回答を希望であれば、ここのような相互扶助の無料サービスではなく、有料サービスで調べるべきかと思います。(まあ、同じような有料サービスが今の世の中にあるのかどうかは知りませんが)

また、質問の内容によっては、聞く側にも相応の下地が必要なケースもあります。
例えば過去のQAにありますが、1+1=2を証明するには様々な数学の理論が必要です。
これを、数学の基礎知識なしに、この掲示板ですべて説明するのは、ほぼ無理でしょう。
参考『1+1=2の証明って?』
 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa217225.html?ans_coun …

自分でホームページを作ったり、ブログで自由に編集できれば話はまた別でしょうが、同じようにこの掲示板だけですべての知識を伝授するのは難しい質問というのは存在します。
この質問もそういった事柄の一つだと、ミリタリーよりはどちらかというと機械オタクな私は考えています。

質問者さんも、質問するばかりでなく、自分の知識を他の回答者に教えてみてください。
正確に回答することの難しさを、実感するはずです。
    • good
    • 0

F-22 唯一の航空支配戦闘機。

シミュレーションにおけるキルレシオ0:100以上など最高性能だけど極秘の固まりみたいな飛行機で値段も飛び抜けて高い。日本などのカスタマー国が採用できるにしても米国仕様より高いけど性能が著しく低下するモンキーモデルの可能性大。
F-35 ステルス性よりも汎用性・調達性などを優先しているため輸出に制限が少ない。現有機との比較であればF-22以外の機体に優位性を持つ。共同開発国の存在からライセンス生産の可能性も残されている。

>わかりやすくというのはご回答者様の書き方次第ですからなんとでもなることでしょう。
期待するのは勝手ですが、質問者サマには比喩的な表現が通じないようで、1からの説明が必要なようですから字数制限のあるOKWAVEでは無理があるといううだけです。

>専門家にしか理解できないと言うことのほうがわかりませんよ。
繰り返しますが、字数制限があるから無理があるというだけであり、専門家(ワタシも一般人として回答しています)以外判らないなどとは言ってません。
軍事・航空専門誌でも十数ページ(以上)を割いて解説している内容です。
800字の制限では、素人がド素人に1つ1つの用語から説明することは不可能と言うだけです。
    • good
    • 0

>F22になるのとF35になるのではどんな違いがるのでしょうか?


個人的にはF35の方がカッコ良いと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q次期主力戦闘機がF35に正式決定

次期主力戦闘機、F35の採用を決定
2011/12/20 10:28

 政府は20日午前、安全保障会議を首相官邸で開き、航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)として米国製の最新鋭ステルス機F35の採用を決めた。同機は米ロッキード・マーチン社製で、米英など9カ国が共同開発する。レーダーに発見されにくい高ステルス性や僚機との情報ネットワークシステムといった性能面で高い評価を得た。続いて開く閣議で了解を得る。

 FXはF35のほか、米国のFA18(米ボーイング社製)と英独など欧州4カ国が共同開発するユーロファイター(英BAEシステムズなど)が候補だった。防衛省と空自は9月末以来、性能や経費、国内企業の参画度合いなど4項目の評価基準を基に、点数評価制によって選定を進めていた。

http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819481E0E2E2E2828DE0E2E3E0E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

F22がダメになってついにF35に正式決定したみたいだね
F35めっちゃかっけーけど強いのかな?中国とか北朝鮮とかガクブルしちゃうかな?
皆はF35のことどう思うかな?

http://www.youtube.com/watch?v=tgwW_hxmZAU

次期主力戦闘機、F35の採用を決定
2011/12/20 10:28

 政府は20日午前、安全保障会議を首相官邸で開き、航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)として米国製の最新鋭ステルス機F35の採用を決めた。同機は米ロッキード・マーチン社製で、米英など9カ国が共同開発する。レーダーに発見されにくい高ステルス性や僚機との情報ネットワークシステムといった性能面で高い評価を得た。続いて開く閣議で了解を得る。

 FXはF35のほか、米国のFA18(米ボーイング社製)と英独など欧州4カ国が共同開発するユーロファ...続きを読む

Aベストアンサー

ロッキードが技術サポートの条件が一番良く、ステルス技術などをパクりやすいので、次期の国産化に有利と言う判断。

性能面では最先端だけど、その分、実績が無く信頼性は低い。
まあ日本人の器用さ・賢さで、上手く操縦・運用すれば、ソコソコは機能するでしょう。


> F35めっちゃかっけーけど強いのかな?

デザイン的には・・戦闘機史上、最悪の部類だと思う。


> 中国とか北朝鮮とかガクブルしちゃうかな?

日本の次期戦闘機くらいには、一喜一憂を垂れ流さない。
中国や北朝鮮は核保有国であり、専守防衛の日本とは、戦略・戦術が根本的に異なるから。

アチラは日本に核ミサイルを着弾させば勝ち。
コチラは一発でも着弾させられたら負け。
この違い、判る?

攻めより守りの方が、遥かに大変なのヨ。

Q国防軍が賛成な人いますか? 国防が大切なのは分かるけど、ならなんで自衛隊って名前でなくて、国防軍なん

国防軍が賛成な人いますか?
国防が大切なのは分かるけど、ならなんで自衛隊って名前でなくて、国防軍なんでしょうか?
国を防ぐのは主に災害から、ですよね。 
中国やロシアが攻めてくる意味分かりません。
だいたい、日本なんか国土も狭いし、資源もないし、攻めるメリットありませんが。
自衛隊と刺し違える覚悟あるなら、全然メリットないでしょう。
国を守りたい意思は尊重しますが、自衛官の方々には本当に頭が下がりますが、戦争なんかしたくないのが本音だと思います。
日本が一夜で核を持てることが分かれば、北朝鮮だってキム一族だけの繁栄しか望まないと思いますが、あのブタキムチはアタマおかしいと思います。
悪魔がよく自分が死ぬことが分かると、皆殺しにしようとするらしくて、ジョンウンはまさか悪魔と同じような考えではないと思いますが、自分のメリット考えたら単に威張りたいだけでしょう?
トゲだけ出てて、中身スカスカの日本と戦争したい国なんかありゃしないのに、なぜ国防なのか、イマイチ分かりません。
賛成するのも反対するのも勝手ですが、その理由を明確に述べてください。

いったい国防軍の目的はなんですか?

国防軍が賛成な人いますか?
国防が大切なのは分かるけど、ならなんで自衛隊って名前でなくて、国防軍なんでしょうか?
国を防ぐのは主に災害から、ですよね。 
中国やロシアが攻めてくる意味分かりません。
だいたい、日本なんか国土も狭いし、資源もないし、攻めるメリットありませんが。
自衛隊と刺し違える覚悟あるなら、全然メリットないでしょう。
国を守りたい意思は尊重しますが、自衛官の方々には本当に頭が下がりますが、戦争なんかしたくないのが本音だと思います。
日本が一夜で核を持てることが分か...続きを読む

Aベストアンサー

すべての日本人(まずは日本領土)に住むの財産と生命を、自らの生命さえもかえりみずに守る、国によって作られた組織であれば名称なんてどうでもいいと思います。軍隊でも、自衛隊でも、国防隊でも、防衛隊でも、救援隊でも。

武装革命をして政権を取りたい集団はありますが、戦争をしたい正常精神での日本人など、現実にはいません。海の向こう、しかもすぐ向こう側には、日本人の財産・生命を奪いたくてウズウズしたのがおり、戦争に起こさせる挑発行為や略ざつ行為をおこなっています。

Q米空軍のゴールドフィン参謀総長が自分のツイッターで、米空軍嘉手納基地(沖縄県)の滑走路にF15戦闘機

米空軍のゴールドフィン参謀総長が自分のツイッターで、米空軍嘉手納基地(沖縄県)の滑走路にF15戦闘機などが整列した写真を掲載し、「戦闘態勢だ!」と強調したそうです。こんなの見せられたら中国もロシアもびびって目が点になっておしっこちびっちゃいますよね。

Aベストアンサー

>「戦闘態勢だ!」と強調した

挑発してるんです、北朝鮮を。
ゴールドフィン参謀総長は戦争したくてたまらないんですよ、軍人なんだから。

Q安保法案可決でアメリカは日本に協力的になりますか

無知な質問ですいません。

日本と中国とかが領土問題で戦争になってもアメリカは手出ししないと言っていますが、

安保法案による協力体制の変化でアメリカは日本と中国の領土問題について関与したりしますか?

安保法案可決のメリットとデメリットの点
安保法案が無い場合のメリットのデメリットの点

それぞれお願いします。

今までの日本の平和主義の9条のままでは他国に好き勝手占領されていて、とてもこのままではいけないです。

安保法案は日本にどういった平和をもたらしてくれるのか具体的な事が知りたいです。

(みんな(日本やアメリカ)が団結すれば少数の悪は行動しづらくなると言う人が多くいるのでそれでは抽象的すぎるので控えていただきたいです。実際に団結しようが日本への攻撃が合った時同盟国のアメリカ等の他の国が助けないようでは意味がないからです。安保法案が可決しても日本をアメリカが助けないにしろ安保法案の平和度を向上させてくれる具体的な一面を知りたいのです。)

Aベストアンサー

今回の改正安保法の趣旨はアメリカの国益にかないますので、アメリカは日本に協力的になるといえます。ただし、アメリカの国益からみて、別の変化があればその限りではありません。

そもそも、今回の安保法改正がなぜ行われたかというと、冷戦が終わってしまったからです。冷戦が終わり、共産主義の脅威を感じなくなった国々はアメリカに協力するのをやめる、または協力レベルを落とし始めました。フィリピンのスービック基地返還などがいい例です。

日本は隣に中国がいること、ソ連だろうがロシアだろうが隣にいるのは同じであること、朝鮮半島に38度線があること、などから日本周辺だけは「冷戦構造が残っている」ために、日本人には「冷戦が終わった」というのがイマイチピンと来ないという点はあります。
しかし、世界は冷戦終結で大きく変化し、その変化のひとつが9.11を始めとするテロへの対策であり、これらの対策でアメリカは疲弊しきっている、のです。

また冷戦が終わった、ということはアメリカの国益からみて「日本に米軍を置いておく必要が無くなった」ということでもあります。38度線の問題・北朝鮮の核兵器・中国の覇権主義などがあるので、今すぐ撤退はしないでしょうが、今までのような負担はしたくない、というのがアメリカの本音です。トランプ氏の言っていることは不可能であるけど本音でもあるのです。

つまり、アメリカは本音では「日本を守るコストを下げたい」し「日本周辺の状況が変化したら縮小してもいい」と考えているのです。

たとえば状況の変化、というてんについていえば、アメリカと中国が日本の頭ごなしに「戦略的パートナーシップ」の条約かなにかを結べば、日本に米軍をおく必要はなくなります。
日本としては冷戦が終わった以上、そういう変化に対応できるようにしないといけないわけです。

日本としてそのためにやるべきことは二つあります。
・アメリカの負担を軽くするために、日本ができること、特に軍事的にできることを増やす
・日本がアメリカと同盟を解消した時のために、国軍を持てるだけの経験と知識を獲得しておく
ということです。

これが日本が安保法を改正した一番の意味です。安倍さんとしては9条も改正したいのでしょうが、それがよいかどうかは別の話です。

>安保法案は日本にどういった平和をもたらしてくれるのか具体的な事が知りたいです。
一つ具体的な事例としては、尖閣諸島有事に関するアメリカ政府のコミットメントが大きく変化したことです。

アメリカはもともと尖閣諸島の主権については「中立」の立場を貫いてきました。元々そうなのですが、在日米軍がいる関係上、基本的にはコミットしてきませんでした。
しかし、習近平が2013年にした非公式なアメリカ訪問で刺激したらしく、アメリカ政府は改めて「中立」という見解をコミットしてきました。

これを受けて日本は安保法の改正に取り掛かり、猛然と巻き返しを図りました。その結果、また中国自身が覇権主義を露骨にした結果、2014年ぐらいを境に「尖閣は安保の範囲」とコミットをやや突っ込んだ形で表明するようになり、オバマ大統領もそして、新規に着任した太平洋艦隊司令官も尖閣は安保の範囲、と繰り返しコミットするようになってきています。

ある意味、その見返りが今回の安保法改正であり、米軍が危険なときに駆けつけて助けることができるようにした、ということです。
これによって、当面の間中国と紛争になることはない、というのが一番大きなメリットであるでしょう。

しかし、今後の海外派遣について、自衛隊は駆け付け警護などの任務を果たすことになります。今のところ細目が整理されていませんが、いずれなるでしょう。メリットは「協力している多国籍軍にあって、日本もほぼ同等に任務をこなせる」ということではありますが、今後は自衛隊員の犠牲も覚悟する必要があるでしょう。

デメリットはまさにそこで「自衛隊員が他国の兵員を守るために犠牲になった」ということがあったときに、日本の世論がどのように解決するか、ということです。9条との整合性も含めて大きな議論になるでしょう。

では9条を改正して、国軍にすればいいのか、と言われればそう簡単でもありません。なぜなら今のところは慎重にさけているPKFに参加せざるを得なくなる、危険をはらんでいるからです。

PKFは武力でもって平和維持を達成する任務ですから、戦闘行為もありますし犠牲者もでます。これが日本を平和にしているのか、自衛隊員一人一人の命の上に立つ平和とはなにか、という議論が巻き起こるでしょう。

この問題は、日米同盟を解消したら、いやでも向き合う問題であるため、避けては通れませんが、戦後70年とりあえず、戦争から目をそらしてきた日本と日本人にとっては、大きな転機となるでしょう。

今回の改正安保法の趣旨はアメリカの国益にかないますので、アメリカは日本に協力的になるといえます。ただし、アメリカの国益からみて、別の変化があればその限りではありません。

そもそも、今回の安保法改正がなぜ行われたかというと、冷戦が終わってしまったからです。冷戦が終わり、共産主義の脅威を感じなくなった国々はアメリカに協力するのをやめる、または協力レベルを落とし始めました。フィリピンのスービック基地返還などがいい例です。

日本は隣に中国がいること、ソ連だろうがロシアだろうが隣に...続きを読む

Q次世代戦闘機「F35」、韓国の入札で脱落。

webニュースで見たのですが、韓国の聯合ニュースは16日、【韓国軍が2017年の実戦配備に向け進めている次世代戦闘機の入札で最新鋭ステルス戦闘機F35Aが外れた】と報じたとありました。これは、日本の航空自衛隊が、導入しようとしていた次世代戦闘機「F35A」が、入札時に、韓国の入札により、導入を外したと言う事でしょうか?それとも、日本はまったく関係なく、韓国が選定対象から、F35Aを外したと言う意味でしょうか?米ボーイングのF15SEとユーロファイターの2機種に絞ったとありますので、韓国側のみのニュースと思うのですが、『航空自衛隊が』ともあります。横槍ならば、尚も嫌がらせが続いている訳で、今後韓国に支援金や、しなくとも良い賠償をするならば、国民選挙をして欲しいものです。特亜に税金を注ぎ込むのは、大反対です。

Aベストアンサー

日本の自衛隊には導入決定済みです。日本は全く関係ありません。日本の場合、価格は2の次で、当然開発費補てんの意味合いもあります。有事の際、敵国がどこかになりますが、北朝鮮・中国・ロシアとなると、実際に攻撃するのは日米どちらになるのか判りませんが、緒戦は最新鋭の武器で叩くことが最重要になりますので、同じ攻撃機である方が戦略面も補給面も有利なのです。

単に韓国は現実的な案としてF15保有国としてSEを導入を考えているだけです。ユーロファイターは無いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報