【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

現在自殺方法にもたくさんの方法があり、多くの人間は苦しまずに死にたいはずです。
硫化水素ガス、練炭による自殺が楽に死ねるようですね。

最近ではないですが、ほんの昔の1970年に起きた三島由紀夫の切腹した後に子分に日本刀で首を切り落とされるという事件について恥ずかしながら3日前に知ってからずっと考えてきました。

子分の森田にいたっては三島由紀夫の首を切りつけて、何度も失敗しているにも関わらず(三島が腹を深く切りすぎてもがいたために首を命中しづらかったようです)、すぐ自分もと、血だらけの三島の横に三島が腹を裂くのに使った短刀を三島の手から取って、もう1人に首を切らせて絶命しています。

ちょっと想像ができません。
現代社会の中で育ったためでしょうか。
自分の身を傷つけることもそうですが、自殺を決意したとしても楽なように死にたいと思うのです。
しかし三島は首を切断されて死ぬという考えられない自殺を選んでいます。
このときの三島の気持ちはどうだったでしょうか?
また回答者の皆さんは首を日本刀で切断されるということに恐怖を抱きますか?
私はとんでもない恐怖で力が入らなくなります。そして忘れたくてもこの数日考えてしまいます。そのとき切られる、あるいは切る人間は何を思うのか、ということを。

切腹という行為は日本古来の伝統的な自殺方法なのは知っていましたが、首を切られて死ぬということは恥ずかしながら知りませんでした。侍が腹を切って死ぬ、よくそんなことができるな、昔の人は違う世界の人だ、とそんなふうに思っていました。
調べてみると苦しいので後ろから日本刀で首を切ってもらう(なぜ首なのかが分かりませんが)ことを切腹というのですね。
結局は首を切り落とされて死ぬのだから斬首と言っていいのにと思ってしまいました。

話が逸れましたが、悪人で強いられたのではなく、自ら切腹行為を選び、介錯され死んだ人間の気持ちが理解できません。

右翼的な、あるいは武士道における道徳観や美を追求するとそういった行為もできるんでしょうか?

だとしたら三島由紀夫や武士たちは、経済的な豊かさに満たされ、伝統的な美意識や大義を失った現在の日本に生きる人々を見て理解できずにひどく失望するんでしょうか。

散文失礼しました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

切腹というのは言われるほど美しいものではありません。



命の価値がきわめて軽く、自らの欲望のままに生きる人間たちで溢れ殺伐としていた社会が、いわゆる戦国時代です。その頃の倫理観、道徳観は当然、現代社会のそれとは異なります。そんな時代に求められたのが切腹という武士道美学です。

そしてそれを引きずった江戸時代。
戦争もなく社会秩序が安定していた時代で、当時の武士は今でいう官僚のようなものでした。その彼らが理由(わけ)あって切腹を強いられる。名誉という美名はあるものの、その感じ方は今の我々に近いものがあったのではないでしょうか。死にたくない、痛い、怖い、そんな当たり前の感情です。

事実、その当時に切腹を強いられた人たちの腹にはためらいキズがあったり、腹を刺したもののその後に刀を動かせずに悶絶したなどの記録が多くあるようです。ぶっちゃけて言うならば、ほとんどの武士は切腹などしたくなかったのです。周囲の圧力に抗しきれず、仕方なしの行為だったのです。

しかし「名誉ある自死」という建前は、生きたいという人間の本能を「弱虫、臆病者」というレッテルに付け替えて、今でも生き続けています。伝統、名誉、形式美、という日本人の好きな要素を兼ね備えているのですから、右翼の人たちに人気があるのもうなずけます。

しかし、あえて彼らが嫌がる言い方をするならば、
「共産主義が机上の空論であるのと同様に、切腹を美しいと感じることはフィクションに過ぎない」

話がわき道にそれました。
失礼しました。
    • good
    • 1

この事件に関しては当然ながら三島の人間として、また作家としての人生が深く関わっており、とてもここでは個人的な意見さえ述べるには荷が重いものです。

しかし森田必勝を「子分」と呼ぶのは少々乱暴ではないかと考えます。個人的には森田が単に三島の「狂気」に引きずられたのではなく、三島が森田の狂気に呑まれたのだという気がします。

 つまり森田は三島の「子分」あるいは「楯の会」の創設メンバーでもなく、当時の日本への「憂い」を共有していた「同志」であるといえます。三島は森田を「待っていた青年」と呼び、自身のエッセイの中で「覚悟のない私に覚悟を固めさせ、勇気のない私に勇気を与えるものがあれば、それは青年の側からする教育の力であろう」と、森田の自身へ与える影響力を示唆しています。

 さらに彼らの最後ですが、何度も首を打ち据えられたという話は確かに事実であり、その状況を想像するだけで確かに私も身の毛がよだつような印象を受けます。しかし三島由紀夫が作家であり、それも世界的に見てもその才能は稀有の物を持つ作家でした。

 三島が自死を選んだのは日本への恋闕の情や、作家としての「表現の絶望」からくる「行動」への強迫観念とも言われますが、彼は自身をドラマ化したのであり、かつ人生での最大の汚点であった入隊検査場遁走の際にしたためた「遺書」を実践したことを考えれば、私たちのような部外者が考えるような修羅場ではなく、本人は極めて従容と死を迎えたのではないでしょうか。

 それを考えれば、二人の死にいわゆる恐怖とぴう感情が介在する隙はなく、生きていたからこそ抱かざるを得なかった逡巡や葛藤、そして苦悩ややり場のない怒りからの「開放感」にあふれていたのではないかと想像します。

 三島が今の時代に生きていれば果たして失望していたかどうかは分かりません。しかし確実なことは覚悟の上とはいえ、市ヶ谷のバルコニーで憂国の情を説く三島は、そこを取り巻く共に決起してくれると信じていた(どれほど本気だったかどうかは疑問ですが)当の自衛隊員からの嘲笑と罵声を浴びせられました。そして三島は自衛隊と日本に絶望し、「よし、俺がこれから命より大切なものを見せてやる」と最後に叫び、バルコニーから姿を消し躊躇することなく腹を切りました。

 ここで警察に逮捕され手錠を掛けられたり、あるいは古の作法に則った切腹以外の自死を選択しているなら、今に至るも彼らは単なる狂人や犯罪者であり、よくて狂信的右翼という程度のレッテルを貼られていた可能性があるでしょう。

 しかし三島由紀夫と森田必勝は私たちが、ある意味恐怖やおぞましささえ感じるような割腹自殺を遂げました。
 切腹は現代に於も多くの日本人にとっては無条件で畏敬の念を抱かせ、かつそれまでのその人物の言動を無条件に許してしまうような、そんな数少ない日本の「特殊な文化」です。

 だからこそ、その思想や行為の正否や内容はともかくとして、三島由紀夫は伝説となって、今も畏怖の念を持って人々の心に残っているのだと思います。

 長くなりました。私こそ散文駄文お許しください。
    • good
    • 0

首を切り落とせば、脳に血液が行かなくなり直ちに意識が消失するはずなので、苦しむ時間は一瞬だと思います。



とはいえ首を切り落とされた人の体験記があるわけではないので本当の事はわかりませんが。
    • good
    • 0

 この手の自殺と言うのは、自分の主張を世間に対して強烈にアピールする必要が有りますから、見聞きした人達が当分忘れない様(一生忘れない様なトラウマになれば上出来)な死に方でなければ成りません。


 (密室で練炭自殺だったら、政府の圧力とかで新聞の片隅で小さく報じられるだけに成りかねない…。)

 ちなみに、海外とかだと同様の目的で屋外での焼死なんてのを選ぶ人もいます。
 (有毒ガス等による窒息死が出来ないので、心不全等が起きない限り熱によって体細胞の過半が死滅するまで地獄の苦しみを味あう事に成ります。なお、大概は周りにいる人が絶命する前に火を消しちゃうので、その時受けた火傷で数日~数週間の間病院で苦しみ続けて死ぬ事になります。)

>なぜ首なのかが分かりませんが
 首を切り落とすと、切り口からの出血で数秒以内に確実に血圧低下で意識を失います。
 (苦しむ時間は数秒以内で済む)

 薬とかで眠らしたり殺したりする場合だと、個人の耐性の誤差が大きすぎて適量の見積もりが難しく、失敗すると相応の時間苦しむ事になります。

 現在の日本の死刑に利用される絞首刑(頸椎脱臼等による気道・動脈の閉鎖)は相応の設備(受刑者の体重×重力加速に耐える刑台が必要)が必要ですし。

>子分の森田にいたっては三島由紀夫の首を切りつけて、何度も失敗しているにも関わらず
 江戸時代とかでも実際に相手の首を一刀の元(皮一枚を残し切り落とすのが最良と言われた)に切り落とすのはかなり難しいと認識されていた様で、専門の役人 or 藩お抱えの剣術家等が行ったようです。
 (腕が鈍らない様に罪人の死体を使った練習を定期的に行ったり等の予習演習が有って、初めて介錯人の務めが果たせる。)

 フランスのサンソン家の様に海外でも、刑実行を特定の家系が行っていたと言う事例も有ります。

>また回答者の皆さんは首を日本刀で切断されるということに恐怖を抱きますか?
 歴史に残るような剣客が実施してくれるのなら兎も角、正直私も実際にやると成ると恐怖が有るでしょうね…。
 (江戸時代の切腹も実際には形式化して、ただの斬首刑と成っていたようです。実際に自分の腹に刃物を指すような事もせず、特定の手順を経た後半自動的に首を切られる。)

 あと、私は子供の頃に石油ストーブによる一酸化炭素 or 二酸化炭素中毒に成った事が有るのですが、あれっていきなり気を失うのでなくて、だんだん耐え難い気持ち悪さが有って、ある線を越えるとだんだん体が動かなくなっていくので、当時の私は知識が無く何が起こっているのか判らず強烈な恐怖を感じました。
 (今でもストーブを付ける位なら、寒くても毛布を被って震える方がマシ何て考えの人です。)
    • good
    • 0

「首切り朝」という漫画を読まれることをお勧めします。


「切腹」と「介錯」は一体の行為です。
戦場において戦果を報告するために、下級武士が相手の場合は耳を、有名な武将相手(この方が戦果として大きく、褒美も大きいわけですが)の場合は首を切り取って持ち帰っていました。
逆にいうと、名のある武将が戦場で負けたときに、相手に首を取られることは大きな恥とされていました。
そのため、負けが決まったとき、切腹をし、自身の首を家臣に切り取って隠すもしくは持ち帰ってもらうようにしていました。

これが、自殺の切腹にも適用されていきますが、三島由紀夫はこれをまねたに過ぎません。ある意味、習慣に従っただけです。
なお、「影腹」という言葉がありますが、切腹をしたあと(この時点で節社会では死んだと見なされる)、これを隠して登城し、主君や上司に諫言をするということがあります。死人なので、何をしても類が家族に及ばないとされていました。(本来は主君への諫言などは一門の連帯責任となります)
切腹してもここで切る部分には大動脈などは通っていないため失血死となるケースは少なく、早くても半日、長い人は1日以上生きています。この間苦しむことになるので、「介錯」をしてあげるわけです。
    • good
    • 1

こんばんは



私なりの考え方ですが
日本男子の美なのではと思います
これはたぶん三島由紀夫さんの育ちとか
生き方とかの基準ですから
質問者さんにはわからないと思いますけど
自分の考えがバルコニーから伝わらなかったわけですよね
その時に多分、自分の生き方とか、国とか自衛隊とか
すべてのことに絶望したのだと思います

すでに日本刀は持って行っていましたし
切腹の仕方もわかっています
因みにこちらを
http://www5b.biglobe.ne.jp/~michimar/movie/154.h …
根底はこれではないかと

三島さんが生きていたら
今の日本男子は腐っている。と言われるのではないかと
でも日本国民がみんな三島さんみたいだと
息が詰まると思いますけどね
あまりにも頭が良いのも考えものかもしれません
    • good
    • 0
    • good
    • 0

三島由紀夫はホモでしたからね。

鬱積がそういう方向に行ったのでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三島由紀夫の死に方はその当時どういった報道だったの?

有名人がとんでもない犯罪を犯して、割腹自殺なんて前代未聞で、平成でいうと誰がどんな事をしてどうなった状態と同じくらいですか?
実感がわかないのでこのくらいのインパクトがあるという意味でおしえてください。

Aベストアンサー

当時私は22歳。新婚ほやほやでした。
確か、日曜の朝だったと思います。朝刊の第一面にでっかく「三島割腹」の文字。三島?三島って、誰だ?
記事を読んで仰天しました。朝寝をしていた夫を叩き起こしました。
「あなた、三島由紀夫が!」
夫はがばっと起きて、新聞をひったくりました。
第一面の記事の左下に、写真が載っていました。なんと、三島由紀夫の生首でした。ちょっと不鮮明でしたが、矢印があり、「三島の首」と書かれていました。
犯罪者扱いでした。

当時、貧乏暮らしで、テレビを持っていませんでした。
新聞を繰り返し、繰り返し読みました。
あの三島由紀夫が、呼び捨てで、犯罪者として扱われていました。ショックでした。

三島由紀夫は高名な作家で、文学青年でなくても、誰でも2,3冊は読んでいました。私の本棚にも、10冊ほどの三島作品がありました。
文学青年にとっては、神様のような存在だったと思います。

その日は一日、ぼーっとして過ごしました。三十数年経った今でも、あの日のことは、鮮明に思い出せます。

Q三島由紀夫の割腹自殺の理由は?

彼が自衛隊に乗り込んで演説をして、そのあと割腹して自殺をした、
ということは知っているのですが、(学校でちょっと習った)
彼は、何故そういう行動にでたのでしょうか。
なぜ、自殺しなければならなかったのか。割腹することにどんな意味がかくされているのか。とかその理由が知りたいです。
右翼・左翼者だったのでしょうか。

そして、その行動を当時の人はどう捉えていたのか。
(例えばあきれていた、とか、尊敬した、とか。)

三島の割腹で世間にどんな影響をあたえたのか、

など、ふと気になって、三島について学校の先生に聞いたら、思いっきりひいて変人扱いされてしまいました・・。(で、聞きそびれてしまって。)
知っていたら、教えて欲しいです。

Aベストアンサー

 
  あまり三島については、詳しくないのですが、わたしの知っているというか、考えられることを述べます。
 
  >彼は、何故そういう行動にでたのでしょうか。
 
  三島由紀夫という人は、非常にナルシシズムの強い人でした。また、自己の性的同一性に不安感を抱いていました。非常に明晰な思考力があり、優れた感性の持ち主でしたが、論理的に思考すると言う点では、問題がありました。あるいは、もしかすれば、三島は敢えて、論理的に考えることを避けたのかも知れませんが、やはり、美的感性判断が優先していたのでしょう。
 
  三島は女性が優越する家庭で育ち、男らしさにコンプレックス(複合感情)を抱いていました。また自己の肉体が貧弱で、男らしくないとも感じていました。彼は優等生で秀才で、上級職公務員になりますが、学習院時代から小説を書くことを得意とし、東大に進学してからも、やはり小説を書いていました。彼の小説は、一種の人工の美の小説で、彼のコンプレックスの補償の一面があります。
 
  三島は、自己の美的志向と、自己の男性性の確認のため、「男性の美学」というものに憧れ、「おとこ」たる者、生まれ来てなすべきことは、最善には何かという問いで、それは国家のために自己の命を犠牲にすることだと考えました。国家あるいは、祖国、日本の伝統に殉じることこそ、男の本懐だと考えました。そのようにして国に殉じることで、自己の「男性性」がまっとうされると考えました。
 
  男性の優位性を法的にも承認したのは、明治天皇制国体でした。また、伝統の武士のエートスは、男性の「いさおし」を讃美するものとして、三島は、武士の理想の姿を自己に重ねようとしました。こうして、彼は、古い武士のいさおしの理想を語ると共に、国に殉じることこそ、男子の本懐で、その場合の「国、祖国」とは、彼の美意識からして、大衆が跋扈する近代・現代社会ではなく、身分制があり、優れた者が人々を指導する貴族制社会、モデルとすれば、明治の天皇制国体だと考えました。また「日本の古来よりの伝統」は、天皇制にあるとも考えました。
 
  これが、三島が「右翼思想家」と見做される理由ですが、三島は、理論的右翼というより、美的右翼ともいうべきで、西欧の美術や文学でも、男のいさおしを称え、生死の美学を語るものは、これを評価しました。例えば、古典ギリシアなどです。
 
  三島はまた、「老醜」というものを嫌いました。若い絶頂の美のなかで、国に殉じて死んで行くのが望ましく、美しく、べんべんとして年を取り、老醜の姿、人生を晒したくないとも願っていました。「神々に愛された者は若く死ぬ」ということは、三島には、理想でもあったのです。
 
  三島は非常に几帳面で、例えば、割腹自殺の前にも、依頼された原稿の最終原稿を、時間通りに仕上げ、これを、編集者に渡しています。
 
  三島は、自分の人生を自分で、美的に演出したかったのです。思想的に見れば、また価値があるかも知れませんが、三島自身にとって、右翼とか天皇制は、自分の美学を支えるための要素で、いさぎよく、美しい「死の機会と意味を与えてくれる」装置であったと言えます。三島は自分の手で、自分の意志で、自己の人生を美的に完成したかったのです。また、その死が、日本の伝統のなかで、意味を持つようにしたかったのでしょう。こういう訳で、色々複雑な動機があり、しかし、やはり、自己の死を自分で選び、夭折し、美的な人生を実現したかったというのが基本的な動機だと思います。
 
  >そして、その行動を当時の人はどう捉えていたのか。
 
  次の質問の答えと重なりますが、三島の思想や著書をよく冷静に読んでいた人や、世間一般の人は、驚くと共に、自己の美学に陶酔して、ぎりぎりの決断で死んだのだと捉えたでしょう。非常識あるいはアナクロニズムで驚いた人、理解できないと感じた人もいましたし、外国では、日本人はいまでも「ハラキリ」するのか、と驚いたとも言われています。
 
  他方、右翼の運動者たちには、三島の(美学的)国粋主義や憂国の考えに共鳴して、高く評価した人もいましたし、三島は時代が必要とする行為を、命を投げ出して、身をもって示した英雄だという捉え方もあったでしょうし、三島の自決を、うまく利用しようとする、右翼や国粋主義者もいたでしょう。
 
   >三島の割腹で世間にどんな影響をあたえたのか
 
  以上に述べた通りで、世間は驚いたのですが、三島の思想が大衆に浸透することはありえませんでした。三島は、自己の美学に殉じたので、アナクロニズムなところのある、一つの国粋の理想に殉じようとする者の見本とも取られましたが、広く共感を社会には得ることができず、大きな影響とはならなかったでしょう。(右翼思想の象徴としての役割は果たしましたが、いまは、その影響も小さくなったことでしょう)。
 

 
  あまり三島については、詳しくないのですが、わたしの知っているというか、考えられることを述べます。
 
  >彼は、何故そういう行動にでたのでしょうか。
 
  三島由紀夫という人は、非常にナルシシズムの強い人でした。また、自己の性的同一性に不安感を抱いていました。非常に明晰な思考力があり、優れた感性の持ち主でしたが、論理的に思考すると言う点では、問題がありました。あるいは、もしかすれば、三島は敢えて、論理的に考えることを避けたのかも知れませんが、やはり、美的感性判...続きを読む


人気Q&Aランキング