仕事関係でよく社内外の人々から、私経由上司への物事の依頼があります。
その際に気になるのが、「ここにサインをいただいてください」などと言われることです。
本来「いただく」というのは自分がへりくだって相手に使う言葉であり、他社に使うのはなんだか変だと思います。
わりと親しい関係ならまだわかりますが、社外の人に使うのはいかがなものかという気がしてなりません。

自分が同じ立場に立ったときには、このような「いただいてください」とは相手には使いませんが、「もらう」の依頼言葉で適切なものはありますでしょうか?

A 回答 (10件)

おはよう御座います。




貴重なご意見に感謝致します。



只今 訂正致しました。



いただいて→ 諸君 いただきましょう に。


進行形です。


~ringo~
    • good
    • 1

「ここにサインをいただいてください」



敬語以前の問題として、妙な表現です。

「いただいてください」を常態であらわすと「もらってくれ」です。
「もらってくれ」は、「もらえ」もしくは「うけとれ」と同義です。
例えば、「ちょっと来てくれ」は「ちょっと来い」と同義です。
「くれる」を付加して、柔らかい命令形(依頼)にしているのです。
来てから、さらになにかをくれるわけではありません。

「彼は(私に)指輪を買ってくれた」は、
「彼は指輪を買い、さらにそれを私にくれた」という意味ではないのです。
「買う」という彼の行為に恩や愛情を感じ、「くれる」を付け加えて感謝の気持ちを表しているのです。

「ここにサインをもらってくれ」だと、「もらう」≒「もらってくれる」という動作の主体は、社内の部下(秘書かな?)ということになります。
つまり、社外の人はサインの受け取り手ではなくなってしまいます。

「~してくれる」=「~する+くれる」においては、
「~する」と「くれる」とでは、動作の主体が同一なのです。
遊んでくれた、やめてくれ!、そこにすわってくれ、足を組んでくれ、等。

「もらう」の依頼言葉としては、「いただけますか?」「いただけますでしょうか?」などが思い浮かびます。「ここにサインをいただけますか?」

「ここに○○部長のサインをお願いいたします」と表現するのも手ですね。
    • good
    • 1

ご紹介するサイトにて、簡潔に説明なされています。



要約しますと、その依頼を発する人とサインを与える人が333さんより目下にあたる場合には使い方としては間違っています。

が、サインを与える人が333さんより目上の場合にはその限りではありません。

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~k15/km/g31.htm#1
    • good
    • 2

mo-さんの回答に同感です。

もう少し詳しく説明させていただきます。

こういう風に解釈することが出来ますね。

(333さんが上司にサインを頂く)事をしてください

この関係は、依頼者<333さん<上司 という立場から来ていると思います。

「頂く」というのは333さんの立場から、サインをする上司に対する謙譲語であり、「ください」というのは依頼者から333さんに対する丁寧語と考えられます。そしておそらく、依頼者が上司のサインを「頂く」という事も含んでいると思います。

つまり、
1.333さんの立場に当てはまる言葉が、前もって依頼者の言葉の中に含まれているため。
2.そしてそれは依頼者の立場にも当てはまるため、どちらの立場を指して言っているのか明確ではない。
3.さらにそれら全体に「ください」がかかるため、敬語が二重になり不自然に感じるのではないでしょうか?

もし、333さんの部下にサインをもらう依頼(依頼者<333さん>部下)なら、333さんから部下に対する謙譲語の必要は無いので「ここにサインをもらってください」となり、依頼者から333さんへの敬語(ください)一つになります。

もし、上司から333さんの部下にサインをもらう依頼(上司>333さん>部下)だったら、まったく敬語を使う必要はないので「ここにサインをもらってくれ」になると思います。
    • good
    • 0

「頂いてください」は「頂いて」と「ください」を分けて、「頂いて」はあなたがその上司に頂くものであり、第3者は、あなたがその上司にへりくだって「頂いて」くださいと依頼しているのです。


第3者はあなたに依頼する。何をかというとあなたがへりくだって署名を頂くように。これでいいと思うんですが。
    • good
    • 2

私だったら、「ここに」と言われただけで「ん?」と、


思ってしまいますが・・・
(ちょっと、細かすぎでしょうか?)
私が依頼するとしたら、
「こちらに、○○××(××は肩書き)さんのサインを
お願い致します。(または、お願いして頂けませんか)」
といったところでしょうか。
    • good
    • 1

おはようございます。



「ご署名いただく」とか「ご捺印いただく」という風にすれば、
あなたの上司に対しての配慮は十分だと思います。

そして、その行為を依頼する場合ですから、
「ご署名下さるようお取り計らい願います」とか
「ご捺印下さるようお伝え下さい」
みたいな感じでいかがでしょうか。
    • good
    • 0

わたしもymmasayanさんのように「いただきたい」と「お願いしてください」


の略だと思います。この略が違和感の原因でしょうか。
 わたしも違和感を感じると思います。同等の立場の人同士ならわかりますが
(例えば仕事の引継ぎで同僚に書類のまわし方を教わっている時など)
お願いされるというよりも「やっておくように」と指示された気になります。
考えすぎでしょうか?

 自分が同じ立場だったら略さないで「こちらにサインをいただきたいので
よろしく(お取次ぎ)お願いします」って言うかな?咄嗟にいただいて
くださいと出ちゃうかもしれませんが。
    • good
    • 0

>わりと親しい関係ならまだわかりますが、


わりと親しい関係、または目下だから「もらう」のではないですか。
考えが逆のような気がします。(私が逆なのかな?)

他社にたいしても敬意を表すために「頂く」でいいのでは。
契約上、対等の立場であっても話す時には敬意をもって「サインを頂いてください」でいいと思いますよ。
但し、社内では、部下や同僚に対して命令する時には「○○部長に印をもらてください」と言いますし、上司には「○○部長に印を頂いてください」と言いますよ。
    • good
    • 0

あまり、違和感は感じません。

よく使っています。
「ここにサインをして頂きたい」ので「取り次いで下さい」の略だと
思います。
最初の部分は外部者と上司の関係、後ろの部分は外部者と取り次ぎ者の
関係だと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメールでの敬語の使い方

 企業の方へメールを送る際ですが、敬語の使い方に自信がありません。
こちらから企業へ、質問やセミナー申込みのメールを送る際ですが、
件名に"○○に関するご質問"、"会社説明会のお申込み"という敬語の使い方は、正しいのでしょうか。
 それとも、この場合は「ご」や「お」を使用しなくてよいのでしょうか。  
 また、「返信」を丁寧語にする場合は、ご返信とお返信のどちらが正しいのでしょうか。。
 お恥ずかしいのですが、このように、敬語の使い方に自信がありません。 どなたか、ご指導よろしくお願いします。

 

Aベストアンサー

自分がする行為には丁寧語にしないのはお分かりになったと思います.

ご参考までに,
件名の"○○に関する質問"、は,「○○について(質問)"とやります.最近はタイトルに,~の件とはしなく,~についてが通常となりました.そして後ろに括弧書きで内容が分かるように記載します.

返信の事ですが,質問すれば返事来ますので,ご返信をお願い致しますは要らないと思います.(督促がましいですね.)
(お願い致します より,お願い申し上げます の方が目上の方にはいいと思います.)

Q”なんか”という言葉 最近日常会話で、”なんか”という言葉をよく使います。何度も使うと、相手に伝えた

”なんか”という言葉
最近日常会話で、”なんか”という言葉をよく使います。何度も使うと、相手に伝えたいことが、曖昧になります。
そういった、口癖を改善するにはどうすれば良いでしょうか?教えてください!

Aベストアンサー

この場合の「なんか」は「なにか」の音変化形で、【1 はっきりした訳もなく、ある感情が起こるさま。どことなく。なんだか。】という意味になると思います。
http://dictionary.goo.ne.jp/jn/164507/meaning/m0u/
辞書にあるような
・どことなく
・なんだか
・よくわからないけど
・なんとなく
・特に理由はないけど
といった表現を使えば曖昧な印象は薄れるでしょう。

Q敬語の使い方に自信はありますか?

皆さんは自分の言葉使いに自信はありますか?

例えば敬語です。
世間では本当に間違った敬語の使い方をしてる人が多いですよね。
一流企業の受付ですらそうです。
そういう私も敬語はあまり分かりません。
皆さんはいかがでしょうか?

Aベストアンサー

無い。
極力丁寧に使おうとはしているが文法的にも変かもしれない。

Q尽力は力を尽くすや努力するという意味を持つ言葉である物事を成す為の力を指しますよね、そこで尽力という

尽力は力を尽くすや努力するという意味を持つ言葉である物事を成す為の力を指しますよね、そこで尽力という言葉の使い方を教えて欲しいです
尽力を尽くす、尽力の努力、などの言い方は正しいですか?
尽力というものは力を尽くすという意味がありますので力を尽くすを尽くすとなり正しくない言葉なのでしょうか?尽力は努力に近い意味を持つので後者の言い方も間違いでしょうか??
正しい言いかたを教えて下さい
尽力をした、尽力をする、などが正しいでしょうか?
教えて下さい

Aベストアンサー

>尽力を尽くす、尽力の努力、などの言い方は正しいですか?
NOです。
>尽力というものは力を尽くすという意味がありますので力を尽くすを尽くすとなり正しくない言葉なのでしょうか?

その通りです。

>尽力は努力に近い意味を持つので後者の言い方も間違いでしょうか??

尽力は「他に対して力を尽くす render services 《to》」、努力は「努めるeffort」です。

社会のために尽力する、など

>尽力をした、尽力をする、などが正しいでしょうか?

あくまでも<他のために>ですが、それで正しいです。

Q敬語の使い方についてお尋ねです。

敬語の使い方についてお尋ねです。
相手からなされる行為での「ご案内」「ご依頼」・・・には敬語として「ご」をつけますが、自分からの行為は「ご」をつけるのは間違いでしょうか?
相手に対して「ご案内いたします」と普通に使われます。では、相手に何か依頼する文書を発送する場合、「ご依頼です」という使い方は間違いでしょうか?
「お願いします」の「お」も自分からなす敬語だと思いますし。

ご教授願います。

Aベストアンサー

「ご」や「お」は一般的に「美化語」と言われるもので、
名詞をていねいに美しく飾るものです。
「ご」は元々中国から伝わってきた「漢語」につき(例外多数)、
「お」は日本で発生した「和語」につきます(例外少数)。
名詞の美しい飾りですので、自分側にも他人側にも使用できます。

例に挙げられた「ご案内いたします」ですが、
本来は「(私が)ご案内をいたします」が正しく、
「を」が省略されて定着したものです。
(厳密に言えば「を」を除いたことで二重敬語となり、
 不適切な敬語なのですが、現代では許容範囲とされています。)

もとの語は「案内」(名詞)“を”「する」(動詞)となります。
相手に対して敬意を示す意味での敬語(尊敬語もしくは謙譲語)としては
動詞を変化させます。
この文の主語は「私」ですので「する」は謙譲語として「いたす」もしくは「させていただく」と変化します。
一方、名詞は相手に敬意を示す為にそのものの形を変化させることはありません。
あくまでも丁寧さと美しさをあらわす意として「案内」を「ご案内」と美化しています。
つまり「案内をする」の正しい敬語表現は
「(私が)ご案内をいたします」「(私が)ご案内をさせていただきます」となります。

これをふまえて。
「(これはあなたへの)依頼です。」を敬語に変えるならば、
「依頼」は名詞ですので、美しく「ご依頼」に出来ます。
(しなくてもOKです。)
大切なのは動詞「です」を変化させ「でございます」にすることです。
すなわち「(ご)依頼でございます。」が正解です。
※主語が人ではなく物ですので、尊敬・謙譲はありません。
ただ、「これはあなたへの依頼です」というのは
ビジネス的にはあまり使わない言い回しではあります。
「(私はあなたに)ご依頼をさせていただきます。」
あたりが良いのではないでしょうか。

おまけですが、「お願いします」も先の例にならい
「(私はあなたに)お願い(名詞)“を”する(動詞)」の
「を」が省略された形です。
この文の主語は「私」ですので、謙譲語の表現としては
「お願いをいたします」「お願いをさせていただきます」が適切です。

「ご」や「お」は一般的に「美化語」と言われるもので、
名詞をていねいに美しく飾るものです。
「ご」は元々中国から伝わってきた「漢語」につき(例外多数)、
「お」は日本で発生した「和語」につきます(例外少数)。
名詞の美しい飾りですので、自分側にも他人側にも使用できます。

例に挙げられた「ご案内いたします」ですが、
本来は「(私が)ご案内をいたします」が正しく、
「を」が省略されて定着したものです。
(厳密に言えば「を」を除いたことで二重敬語となり、
 不適切な敬語なので...続きを読む

Q『人々』と言う言葉は何詞ですか?

『人々』と言う言葉は何詞ですか?

Aベストアンサー

名詞ですよ!

Q敬語の語源や由来、間違った使い方などを教えてください。

社会人になって改めて敬語の難しさを思い知ったのですが、その反面敬語について色々と知りたくなりました。

「敬語」は言葉の通り、敬う時に使う言葉だと思うのですが、そもそもいつ頃から使われるように
なったのでしょうか。また、語源や由来などのエピソードをご存知の方教えてください。

そして、本当は間違っている使い方なのに、現代では正しい表現、使い方と定着してしまった敬語はありますか?

どんな情報でもいいのでよろしければ教えてください。

Aベストアンサー

歯医者さんの接客マナーのサイトに次の様な問いが載ってました。
 問 『どうぞ、お座りください。』は正しい表現方法でしょうか?

http://www.dentalsupport.co.jp/archives/08web/?s=top 接遇マナーセミナー008【敬語、間違いやすい敬語表現】

正解は『どうぞ、お掛けください。』だそうです。【お座り】は犬に命令する時につかう言葉の印象が強いため、人に対しては使えないそうです。
 その他には、【あちらで伺ってください。】【お申し出ください。】が載ってます。

 私個人としては、過去形で話されるのが気になります。喩えとして『○○さんのお母さんってお優しい方だったんですね』って『勝手に殺すするなって、まだ生きてるよ』って言いたくなります。

Qかっこいい言葉を教えて下さい! 古文の言葉でも ラテン語でも英語でも とにかくかっこいい言葉を教えて

かっこいい言葉を教えて下さい!
古文の言葉でも
ラテン語でも英語でも
とにかくかっこいい言葉を教えて下さい!

Aベストアンサー

『人を許すのはその人の美しさ』聖書だったと思います。

Q敬語の使い方

あまりにも初歩的な質問で恥ずかしいのですが、
動詞に「ご-」「お-」をつけて敬語とする場合は、
相手の動作に対して使うべきでしょうか、
自分の動作に対して使うべきでしょうか?

例えば、
(1)Aさん、私に有能な弁護士をご紹介下さい。
(2)Aさん、私が有能な弁護士をご紹介します。

どちらが正しい敬語の使い方でしょうか?
(敬語の使い方を分りやすく紹介しているサイトが
ありましたら教えていただければ助かります。)

Aベストアンサー

>初歩的な質問
ではないと思います。
間違って使われている例が多いと思います。

「御」をつけるときを下記の通り分けることが出来ます。

【一】他人の行為に対して、尊敬の意をあらわす。
【二】自分の行為が他人に及ぶ場合、その他人を敬い、自分の行為をへりくだっていう。

(1)の場合、【一】に相当します。
(2)の場合、【二】に相当します。

なので、(1)も(2)も合っていると思います。

Q皇族の方に対して使う言葉。

近々、皇族の方にお会いする機会に恵まれました。
その準備として、言葉づかいを調べようと思ったのですが、
どなたか研究されてる方のHPやサイトをご存知の方、URLつきで教えていただければ 幸いです。

Aベストアンサー

下記URLを参照してください。

参考URL:http://www.goyoutashi.com/koushitsu-main.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング