個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

新幹線乗って分かったのですが、新幹線にはなぜシートベルトがついてないのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

ここまでの方が書いてないことですが、


鉄道車両は加速・減速とも、自動車や航空機に比べて非常に緩やかです。
緊急時の非常ブレーキでもそれほど大きな減速度ではありませんし、
そのような車両は作りません。シートベルトがないから、作らないとも言えます。
    • good
    • 0

新幹線に限らず、知っている範囲で鉄道車両にシートベルトが付いた例は洋の東西を問わずありません。



海外のゴムタイヤトラム(ゴムタイヤを付けた路面電車)だと、電制併用で内燃バス以上の非常制動ができる車両もありますが、それでも、座席にシートベルトはありません。これは、走るコースが決められていることにより、通常のバスに比べ、転覆などのインシデントがそもそも起こりにくいからです。

なお、制動時の安全性のために車内レイアウトを考えた事例として、阪神電鉄の初代ジェットカー(5001形)は特殊なセミクロス座席を使用した登場しました。これも、その後、そこまでしないでよいことが判明し、その後の量産車からは通常のロングシートになり、5001、5002もロングシートに改造されました。
    • good
    • 0

飛行機だったら、離陸時には、背もたれに押し付けられるような重力を、着陸時は、滑走路に着地した瞬間、逆噴射で前につんのめるような重力を感じますね。


水平飛行時も、乱気流で機体が激しく揺れたりエアポッケトで急降下し、体が中に浮くような事もあります。

が、新幹線は、レールと車輪の摩擦係数以上には、加速したり減速したり出来ません。軌道上を走るので、乱気流やエアポケットも有りません。ですから、シートベルトは設けていないのです。

ちなみに、建設計画中のリニア中央新幹線は、鉄軌道より高加速高減速の運転になりますが、此方もシートベルトの設置はされない予定です。
    • good
    • 0

ご質問は、旅客機との比較で発想されたのだと思います。



最近の新幹線は改札でのチケットの扱いから始まって、発着表示、車内の雰囲気まで国内線の旅客機と似ています。きっとそのためでしょう。

さて、ヨー・ピッチ・ロールという3次元の軸まわりの運動をするという点では、鉄道車両も航空機も同じです。しかし、航空機の運動の自由度は、軌道に制約される鉄道車両とは比較にならないほど大きいです。

ジェット機に乗ってエアポケットに遭遇すると、一気に5~6メートル突き落とされた感覚になるそうです。乗客の体が浮き上がり、天井に頭部をぶつけて頚骨を骨折するといった事故が発生し得ます。このため、シートベルトで乗客の体を座席に縛り付け、固定する必要があるわけです。

一方で鉄道車両は、衝突と緊急停車へのおそれを除き、これに匹敵するような激しい運動を起こす可能性は遥かに低いです。そのような事故のリスクと乗客の快適性とのトレードオフで、一般にシートベルトが設置されないのだろうと考えます。

ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

日本の鉄道でシートベルトが付いた車両と言うのは聞いたことが無いです。

無論、新幹線に関しても開業時から今に至るまで座席にシートベルトを付けたなんて話は聞いたことすらありませんね。

まぁ、付けていない理由は多分こんな感じでしょうね。
・鉄道開業時からの慣習
・設置義務の省令なし
・そもそも必要性が無い
・シートベルトの脱着が煩わしいから
・緊急時の脱出等の際に支障となるため
・車内移動の妨げとなるから

とりあえず、このような誰でも解りきったような質問は自己解決していただきたいものです。
    • good
    • 0

まずは、法律で規制されていないから。



何故、規制されていないかというと、私の勝手な推測ですが、
新幹線の場合、開業以来、脱線もなく、けが人が出たことが無い。
新幹線の中を、歩き回っている人が多い今の現状でもです。
飛行機や自動車と違って、レール上を走っているので、
本体が大きく揺れる恐れが極めて少ない。

もう一つの推測として、
時速200キロを超えるスピードで、脱線や衝突事故を起こした場合
を想定すると、かなり頑丈なシートベルトが必要になるでしょう。
そうした安全装置を装備するより、もっと他にお金を掛けて
安全性を追求した方が、良いのでは?

シートベルトがあると、そんなに危ない乗り物なのか?
と思ってしまいますね。
    • good
    • 0

万一事故があっても時速200キロでは役に立たない、逆に危険かもしれません。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ新幹線の座席にはシートベルトが無いのでしょうか

レポートを書いていて疑問に思ったのですが、なぜ新幹線にはシートベルトが無いのでしょうか。

車両を製造する際にシートベルトは必要ないと判断されたのだと思いますが、その理由が気になります。

また、新幹線はいまだに大事故を起こしてはいないと思うのですが、シートベルトなしでも安全なのでしょうか。ご存知の方、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

私見ですが、「確率の問題」「惨事不可避の問題」
…に集約されるのではないでしょうか。

自動車、飛行機でシートベルト着用が義務付けられるのは、
「それによって安全を守られるケースがしばしば起こると予測されるから」であると考えられます。

米国家運輸安全委員会の調査では、
事故で死亡する確率は、
飛行機0.0009%
自動車 0.03%
…とのデータがあります。
新幹線はどうでしょう。上記と同じようなパーセンテージを出すことは少なくとも今は不可能です。なぜなら、
開業以来43年あまり、衝突・脱線などによる車内の乗客の死亡事故はゼロ、という貴重な記録を継続しているからです。
(「乗客の死亡事故」という意味では、発車直前に駆け込み乗車をしたためドアに指を挟まれ、軌道上に振り落とされて死亡した事故が1件起きています。また、営業列車の脱線も過去1件、これは新潟県中越地震時の事故ですが幸い死傷者はいませんでした)
したがって、新幹線は、衝突・脱線など車内の乗客の生命や安全を脅かす事態がひじょうに稀であると考えられます。

以上が「確率の問題」です。

一方で、自動車や飛行機の場合、こうした数字に表れない「危険」、たとえば「乱気流で身体を投げ出され負傷」などの多くが、シートベルト着用によって回避する機会があると考えられます。
しかし新幹線(に限らず鉄道一般)は、ひとたびそれ自体にアクシデントが起こることで、すなわち重大な惨事を招くことが不可避と考えられます。
時速300キロで走行する列車に「軽微な衝突」や「ちょっとした脱線」があろうはずはありませんし、シートベルト程度で安全が守れるとも到底思えません。いわば「ひとたび何かあったら、あがいても無駄」なのであって、だからこそ極限まで安全を追求する必要があるとも言えます。
(飛行機にパラシュートを積んでいないのはなぜか、というのも、これに似た命題ではないでしょうか。上空1万メートルで空中分解したら、あがいても無駄、でしょうね)

以上が「惨事不可避の問題」です。

ご参考になりましたら幸いです。

私見ですが、「確率の問題」「惨事不可避の問題」
…に集約されるのではないでしょうか。

自動車、飛行機でシートベルト着用が義務付けられるのは、
「それによって安全を守られるケースがしばしば起こると予測されるから」であると考えられます。

米国家運輸安全委員会の調査では、
事故で死亡する確率は、
飛行機0.0009%
自動車 0.03%
…とのデータがあります。
新幹線はどうでしょう。上記と同じようなパーセンテージを出すことは少なくとも今は不可能です。なぜなら、
開業以来43年あまり、衝...続きを読む

Q雨が降っている時の夜の運転が怖いです。どうしたらよいでしょうか?

 たまに車に乗っているのですが、いまだに雨が降っている時の夜
の運転に慣れません。人、車もわかりづらくなりますが、一番困っているのは車線をわける線が見えなくなることです。
 本当に困っているので、なにか少しでも見えやすくする方法をご存じの方がいらしたら教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

視界不良の原因を取り除いていきましょう。

1
ウィンドウの外側はキイロビンなどの油膜とりできれいにした後撥水コートとしておく。
おすすめはスーパー レインX GT FUSSO 超耐久などフッ素系なんと1年近く水ははじきが持ちます。

2
ウィンドウ内側をマイクロファイバーに水で固くしぼってきれいに拭く。
マイクロファイバーは水だけで驚くほどきれいになり水だけで洗剤を使用しなければ拭き残しで逆に汚すこともなく拭く力も軽くて楽です。

3
ライトが暗いならHIDなどに変更したりフォグランプを追加したりする。
悪天候時は黄色がいいようですが白色でも効果は変わらないというお話もありますのでお好みで。

4
荒天時用サングラスをかける。
黄色いレンズのサングラスは夜の雨でもコントラストを上げ見やすくなるそうです。

その他道路の白線以外にもポイントととなるようなもの例えば縁石とか看板とか見えやすいものを確認して道路を把握するようにするとさらに安全ですのでおすすめいたします。

Q新幹線にシートベルトがないのはなぜですか?

これまで事故は起きていないといっても「想定外」で、万一の事故が起こるかもしれません。最近の中国での例もありますし。
あれだけのスピードで走っているのですから衝突した時のことを想像しますとシートベルトをしていたほうが少しは助けになるかと思うのですが・・・
高速バスなどにはシートベルトがあるのに、なぜ新幹線にはついていないのでしょうか?

Aベストアンサー

確かに質問者様の言うとおり想定外は何事にもあり得ます。
想定外の地震だって、想定外の強風だって、何でも一定の確率で想定外はあり得ます。
だから想定外の脱線も、想定外の追突だってあり得るわけです。

近頃では想定外の地震で想定外の原発事故を起こしたっていう会社も・・・まぁ、この
余談を始めると回答自体が想定外の脱線を起こすのでこのくらいに。

さて高速バスにはシートベルトがあるのになぜ新幹線にないか、という回答には安全を
担保するのに何もシートベルトしかない訳ではないということでどうでしょうか。

高速バスは高速走行中に不意の衝突や急ブレーキなどが考えられるのでシートベルトの
有効性があります。

その倍以上の最高速度を誇る新幹線は急ハンドルはできませんし、車のタイヤより摩擦が
少ないので急ブレーキをかけても吹っ飛ばされることがありません。(だから省エネル
ギーな乗り物な訳ですが。)
逆に200Km以上で脱線転覆だとシートベルトをしても無事でいられるかどうか。

そこで新幹線にはATCのような列車が接近すると後続の列車の速度を制限する仕組みが
あります。ポイントが切り替わらないだとか信号機の異常とかあっても、そもそもその
異常な状態の場所に突入することができないようにしてあります。
ほかにも地震には大きな縦揺れを観測すると即座に非常ブレーキがかかりますし、風速が
規制値を超えると運転自体を見合わせます。

そんなわけでシートベルトが不要な代わりに、その分多重の安全装置を完備しているから
といったところでしょうか。

確かに質問者様の言うとおり想定外は何事にもあり得ます。
想定外の地震だって、想定外の強風だって、何でも一定の確率で想定外はあり得ます。
だから想定外の脱線も、想定外の追突だってあり得るわけです。

近頃では想定外の地震で想定外の原発事故を起こしたっていう会社も・・・まぁ、この
余談を始めると回答自体が想定外の脱線を起こすのでこのくらいに。

さて高速バスにはシートベルトがあるのになぜ新幹線にないか、という回答には安全を
担保するのに何もシートベルトしかない訳ではないということでど...続きを読む


人気Q&Aランキング