こんばんは。

電動ドリルと普通のドリル刃を持っています。
15mmぐらいの化粧板にダボ穴を沢山開けたいと思います。

質問
一定の深さでダボ穴を開けたいのですが、
(貫通だけは避けたいです)
・ダボ穴用のドリル刃と言うツールはあるのでしょうか?
・出来れば手持ちのものでやりたいのですがうまい方法は?
・あと棚板の方の半円溝の開け方は?

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

> ・あと棚板の方の半円溝の開け方は?



やや乱暴な方法ですが、添付図のようなやり方はいかがでしょう。
(頭の中で考えただけですので、実際にうまく行くかどうかは保障できません)
「ダボ穴を一定の深さで開けるには?」の回答画像4
    • good
    • 2
この回答へのお礼

どこかからの引用でしょうか、それともわざわざ作図して頂いたのですか?

これでやって見ようと思います。
固定がしっかり出来て、あと滑らなければ。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/10/08 20:08

#7です



>木片スペーサーは私の腕では垂直に穴が開けられるかどうか疑問です
垂直度はそれほどでなくても良いでしょう。背の低いスペーサーを積み重ねる手もあります

>先端のササクレ部分
これに関して二点
1.ドリルの刃
使用したドリルは木材・プラスチックようで#7左の画像を良く見ると判るのですが、先端部分が小さく段差が着いて尖っています。位置決めしやすい反面、この部分がササクレの原因となります。そもそも「途中で止めてかつ先端がササクレない」ことなど想定外でしょう。またこの刃は大部使用して切れ味が悪くなっていることもササクレの原因かもしれません

2.木質
試験に利用した材料はヒバで、乾燥度もそれほどではありません。木質により、ササクレは少なくなるはずです
    • good
    • 1
この回答へのお礼

背の低い物をいくつか作っておこうと思います。

ササクレはあまり気にはしていないのですが、無いに越したことは
有りませんね。
化粧板ですのでトップ材と積層の部分で出てしまうと思います。
あまりひどい場合は何かすると思います。

2回目、どうもありがとうございます。

お礼日時:2009/10/13 13:23

一定の深さで開けるには、木片に当該ドリルで孔を貫通させ、スペーサーとして使用する。

木片を適当な長さに切れば、ミリ単位で調整できます。
半円溝は、二枚の棚板をクランプで止めて、孔を開ければよいでしょう。これから試験して、上手くいったら画像を添付します。
「ダボ穴を一定の深さで開けるには?」の回答画像7
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いや、このカテには親切な回答者様が多いです。
実験して頂くなんて。

木片スペーサーは私の腕では垂直に穴が開けられるかどうか疑問ですが、
安価だし確実性が高いですね。

ええ、この半円溝がほしかったのです。
先端のササクレ部分が気にする人と気にしない人がいると思いますが、
私は気にしない方です。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/10/09 14:00

半円はルーターでやらないと、きれいになることはありえません。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ルーターは持っていません。けっこう高いですよね。
¥100ショップで¥600で買ったのがありましたが壊れました。
パワーもありませんでした。

美観は2の次にせざるを得ないと思います。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/10/09 13:53

一定の深さを明けるには


ドリル刃にビニールテープ等を巻き、それを目安にします
ただし先端にネジが切ってあるドリルでは途中で止められないので
先端ネジが切られていないものを使って下さい。

ちなみにある程度高回転で明けないとささくれやすいので
ドリルドライバーとかだとあまりキレイに開かないです

ダボ用のドリル(ダボ錐)もあります。入りすぎないように段付の
形状になっています。普通にホームセンターで売ってます。
ダボマーカーとセットのものもありますね。
専用だけあってラクチンですが、他に流用しにくいです^^;

半円径の穴はNo.4さんの回答で大丈夫です。ただ一方の板は
捨て板を使った方がいいですね
ドリル先端が逃げないように(1)面をしっかり揃える(2)クランプで
強く固定する(3)キリ等で軽く穴をもんでおく のがポイントです
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ビニルテープで慎重にやりたいと思います。

ツールとしてはストッパーを1個買っておいても良いかな、と。

捨て板ですか?2枚とも同じ条件だと思うのですが?
確かに滑りそうな気がしますがコツがあるのですね。

モノの加工って例えば穴を開けるのは一秒かも知れませんが、
加工しようとするものの設置条件を整える方が手間が掛かる、
と言うことが解ってきました。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/10/08 20:17

手持ちのドリル刃に掘りたい深さの処にテープを巻き開ける。

半円形溝の方法は丸型底取りカンナで削る又は半円溝の巾の両サイドにカッターナイフで切れ目を入れU型彫刻等で少しずつ掘っていく。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

テープが簡単・安価で済みそうです。

溝彫りはどうでしょう?けっこう沢山ありますので。
手間の掛からない方法でやりたかったのですが。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/10/08 20:05
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり専用ツールがあるのですね。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/10/08 20:01

簡単にはビニルテープを巻く方法が有ります。


http://vicdiy.com/zairyo_knowhow/004/004.html

工具としては、ドリルストッパー
http://www.ficst.co.jp/item/377.html
http://www.e-dougu.jp/product_info.php/products_ …

ガイド専用工具としては
http://kakaku.ecnavi.jp/item_info/21098751783504 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何か目印を付ける、と言う発想はあったのですが回転したら見えなく
なってしまうのでは、と考えていました。

ビニルテープが手っ取り早いですね。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/10/08 20:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q木材に垂直に穴を開けたいのですが、電動ハンドドリルしか持っていないので

木材に垂直に穴を開けたいのですが、電動ハンドドリルしか持っていないのでしっかり垂直に構えたつもりでも出口で5mm以上ずれてしまいます。

近所のホームセンターでは切断はしてくれますが、穴あけはしてくれません(泣)
これだけのためボール盤を買うのはもったいないです。

木材はスギで厚さは80mm、キリの径はφ8mmです。

これをなんとかより正確に垂直に穴をあける方法ははないものでしょうか?

Aベストアンサー

これも紹介しておきますね。ドリルガイドです。

これなら持っていても邪魔にはならないと思います。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/niigataseiki/500415.html

参考URL:http://store.shopping.yahoo.co.jp/niigataseiki/500415.html

Qドリルで垂直に穴あけしたい。

DIY初心者です。
ドリルドライバーを使って穴あけするときに、どうしても斜めになってしまいます。ドリルスタンドなどの大掛かりなものではなく、材に対して垂直にあてがう事ができる簡単なアダプターようなものを、以前どこかのホームセンターで見たことがありますが、製品名とかが分かりません。どなたかご存知の方がいらっしゃいましたらご教示願います。

Aベストアンサー

 穴あけガイドの事だと思います。

http://store.yahoo.co.jp/niigataseiki/500415.html

 ただし、あくまでも木工用で、対応するドリル径も4、5、6、8、10、12mmくらいです(上記URLにあるのは4サイズのみですが、わたしが持っているものは6サイズに対応)。
 部材に固定するのが難しいし、サイズに制限があるので、できればボール盤が良いのですが、#1さんが紹介さているようなものでもある程度は使えますよ(これも持っていますので)。

Q溝を掘るには?

ホワイトウッド材に幅15ミリ深さ5ミリの溝を掘ろうとしています。

考えているやり方は、丸のこの刃を5ミリ弱出して溝の内側に3~4本切り込みを入れておいて、ノミで掘るというものです。その後、木っ端に紙ヤスリを巻いて、掘った溝を平滑にしようと思っているのですが、溝の端から端まで同じ深さにできるかということと、溝の数が多いということで悩んでいます。

トリマーやルーターは持っていません。ドリルドライバにトリマービットをつけてみようかなどとも考えたのですが、これは無理がありますよね…

こうしたらどうだろう?というご意見がありましたらお聞かせください。

Aベストアンサー

しゃくり用かんなを使えば可能と思われます。

まずは参考URLで確認してみてください。

特殊なかんななので、大工道具の専門店にいかないと購入できないかもしれませんが・・・。

参考URL:http://www.handsman.co.jp/myweb/D02-1-2.html#合せ底取

Q調節ダボの穴のあけ方

高さの調節できる棚の棚板を増やしたのですが、
棚側に調節ダボ?にあわせた穴をあけるには、
どういった道具でどのようにどういった注意をしてあけたらいいのでしょうか?
アドバイスお願いいたします。
4ケ所あけるだけなので、なるべく高価な道具を購入するような方法は避けたいです。

Aベストアンサー

100円ショップで、穴径にあうドリルの刃を買ってきて。ドリル本体も必要であれば手回しのハンドドリルを買ってきて。

ドリルの刃にはガムテープなどで、穴の深さ以上掘り進まないように印を着けたり、テープをグルグル巻きにしておきます。

それで穴を開ければいいのですが、本棚その物の素材がどのような物か調べておかなければなりません。

無垢の木材であれば、どこに穴あけをしてもいいですが、合板を使って中は中空だったり充填剤が入っているだけの物だと、穴あけして金具自体は着きますが強度が無いので金具もろとも穴から落ちてきます。

 物を載せられない棚の出来あがりとなります(^^;

このような素材の場合には、補強となるよう別の木材などを取り付けるなどが必要となります。

Q2×4同士を結合するには?

ホームセンターなどで「2×4」という木材が売られていますが、あれは何の樹なんでしょうか?

それはさておき、この木材同士を結合する場合、どうするのが一番綺麗に結合できますか?

以前10cm?くらいの長さのネジで固定しようとしたらネジをねじ込む度に木材にヒビが入りどんどん広がってしまいました。
これを改善するには電工ドリルで穴を開けてからネジをねじ込むのがいいのでしょうか?

もしそうならどのくらいの太さのネジ穴を開けるのがいいのでしょうか?
あと穴の深さもどのくらいがいいのでしょうか?10cmなら9cmくらいの穴でしょうか?

それから接合部はボンド(強力接着剤?)を塗って乾燥させてからの方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>ホームセンターなどで「2×4」という木材が売られていますが、あれは何の樹なんでしょうか?

現在、2×材で最も多く使われている樹種は、「SPF(エスピーエフ)」と呼ばれるものです。
スプルース(Spruce、米トウヒ)、パイン(Pine、マツ類)、ファー(Fir、モミ類)などの常緑針葉樹の総称で、いずれも成長が早く加工がしやすいことから、建築材である2×4材に適しているとして昔から使われてきました。主産地はカナダ、アメリカ。

また、 「ホワイトウッド」と呼ばれる北欧・スウェーデン産のものもあります。

ということで、特定の木ではないんです。

>以前10cm?くらいの長さのネジで固定しようとしたらネジをねじ込む度に木材にヒビが入りどんどん広がってしまいました。
これを改善するには電工ドリルで穴を開けてからネジをねじ込むのがいいのでしょうか?

その時、どんなビスを使ったか分からないのですが、今は、細ビス(スリムビス)というのがあって、割れにくくなっています。 それでも、固い木の場合は、ビスの太さ(この大きさは、メーカーが表示してあるサイズ 例 3.9 × 90)マイナス1ミリ位の下穴をあけると、まず割れないです。 ネジを実際に測るなら、ネジ山を切ってないところの太さマイナス0.2から0.3位かな。(経験的に)

> あと穴の深さもどのくらいがいいのでしょうか?10cmなら9cmくらいの穴でしょうか?

本当に固い木の場合は、ビスの長さより少し深くです。 しかし、2×4材なら、そこまで必要ないです。 

>10cmなら9cmくらいの穴でしょうか?

これだけあければ、十分すぎると思います。

>それから接合部はボンド(強力接着剤?)を塗って乾燥させてからの方がいいのでしょうか?

私なら、そうします。 下穴をあけるにしても、ビスを打つにしても、木がずれず、簡単だと思います。 ボンドですが、速乾性の木工ボンドでいいのではないでしょうか? 十分だと思います。 質問者様が、どれほどの強度を欲しいかにもよるでしょうが・・。

以上、経験的に書きましたが、参考まで。

>ホームセンターなどで「2×4」という木材が売られていますが、あれは何の樹なんでしょうか?

現在、2×材で最も多く使われている樹種は、「SPF(エスピーエフ)」と呼ばれるものです。
スプルース(Spruce、米トウヒ)、パイン(Pine、マツ類)、ファー(Fir、モミ類)などの常緑針葉樹の総称で、いずれも成長が早く加工がしやすいことから、建築材である2×4材に適しているとして昔から使われてきました。主産地はカナダ、アメリカ。

また、 「ホワイトウッド」と呼ばれる北欧・スウェーデン産のものもあ...続きを読む

QDIYで、ドリルで確実に垂直に穴をあける方法

DIYを趣味にしています。
手持ちのドリルで、確実に垂直に穴をあける方法を知りたいです。
ボール盤の購入も考えましたが、高価なのと、場所をとる、使用頻度もそう高くない、ということで避けたいと思っています。

以下のような、木材側に張り付けて、ドリルを垂直に保つタイプ、
Amazon.co.jp: Bigman 木工用穴あけガイド6サイズ BMG-1: DIY・工具 - http://goo.gl/jpgqFG
も試しましたが、やはりブレます。

合わせて、ボール盤を貸してくれるような、都内近郊の場所があれば教えて頂きたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

試した事もなく思い付きですが。

てっぺんに丸型水平器を取り付け、
傾かないよう保って穴あけを行えばいいかも。

丸型水平器
http://www.rakuten.ne.jp/gold/ai-dougu/k5/kod-r.html

洗濯機に付いてたりします。

角ブロックなど用いてキリを垂直に、ドリル本体を正しい傾きに固定し、
丸型水平器を取り付けます。
ドリル本体に無調整で取り付けられる箇所はたぶんないでしょうから、
ドリル本体を削るとか肉盛するなどの加工が要りますが。

ちょっと心配も。
穴あけ時の振動で水平器内の水があばれてちゃんと見えないかも。


>ボール盤を貸してくれるような、都内近郊の場所
貸し工房
で検索すると、場所と工具を使わせてくれるところがヒットします。
https://www.google.co.jp/search?q=%E8%B2%B8%E3%81%97%E5%B7%A5%E6%88%BF

Q木と木をコースレッドで接合するとき、ずれてしまう

2×4や構造用合板を使って本棚や収納を作ったりし始めました。
用途に合わせて一生懸命電卓をたたき、ミリ単位でこだわりの寸法を設計をしてから作ります。
木材のカットはホームセンターにお願いします。狂いのない寸法で切ってもらえます。

しかし、私が組むと必ず完成品はガタガタになります。
木と木をコーススレッドで接合させるのですが、どうしてもずれます。
下穴をあけるまではずれていないのですが、ドリルドライバでねじを締めこんでいくとき、木材同士が徐々にずれていきます。
完璧にねじが締まった時には1ミリ程度のずれができています。

今までは見えない場所に本をしまっておく棚などを作っていたので、多少ずれていても開き直っていたのですが、今回作る棚は水平に注意を払わなければいけない棚です。
昨夜、2か所ほどコーススレッドを打ったところで段差が出てきてしまったので、もう全部投げ出したい気分になりました。

ずれないようにコーススレッドで接合させるコツや、練習方法などアドバイスをいただきたく思います。

Aベストアンサー

 そもそも、ビスで位置を支えるのは設計段階で間違っています。ビスの丸軸が木を支えることになりますから、たとえ正確に組まれていても負荷に偏りがあれば、(図の上)めり込んでずれます。

 荷重は接着剤で支える(左下)か、ホゾ加工をして支えるべきです。ビスはコースレッドでも良いですが、コースレッドは傾いたり位置がずれると接合材をずらす欠点があります。先端が繊維を切る構造になっていないため、被接合材の繊維に負けます。
 枕頭させる必要があれば、「12ミリ合板」コースレッドで柱に密着させるには? - DIY(日曜大工) - 教えて!goo( http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8108374.html )のようなビスを使いましょう。
 本来は位置がずらせるように、鍋ビスを使用すべきです。

Q木材の耐荷重(?)について

ツーバイ材(SPF)を使って、テレビの台を作ろうと
思っています。
今寸法等、材料等を考えているのですが、一つ疑問が出てきました。
SPFのツーバイ材やワンバイ材の耐荷重というのでしょうか?
何キロまで耐えられるというデータはあるものなのでしょうか?
たとえば、1800mmの1×4材で両端を台の上に置いた時、
中心に何キロまでかけると折れるとか??

テレビを置く棚の部分をツーバイを使うかワンバイでもいいもの
なのか考えているのですが、答えが出ません。
ちなみに、テレビは28型ブラウン管で40Kgくらいの
重さがあります。
テレビの高さを高くしたいため、800×600×1100
くらいの台を作ろうと思っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ざっと考えて見ましょうか。
まず、必要な耐荷重ですけど、40kgを載せるのであればその2倍の80kgは欲しいです。(安全率2)
次に棚板のようなものは破壊してしまう強度よりもたわむ量が問題になることが多いので、たわみ量で考えます。
いま、Lだけ離れた2つの支点に支えられた板(厚みh,幅b)の中心にWの荷重を掛けた場合のたわみ量yは、

y=W×(L^3)/(4E×b×h^3)

です。Eはヤング率でパインだと大体E=75000kgf/cm^2なので、1x4材で考えると、h=1.9cm、b=9cm、L=180cm、W=80kgfと入れると、y=25cm...折れてますね。
仮にL=100cmとしましょうか。それでも4.3cmだからNGですね。
2x4材を複数連結して奥行き方向を確保するとすれば、bを90cmとして、10倍になるから、0.43cmとなり4.3mmですがやはりこんなにたわんではだめですね。

故にスパンL=100cm程度を前提に考えると(テレビの通常のサイズからスパンを仮定)、1x4では役不足という結論になります。ちなみに厚みhは3乗でききますから、2x4にすると、一本でも5.4mm、10本ならば0.5mmとまともな範囲になります。

上記はあくまでラフな計算上ということで。でも覚えておくと使えますよ。

ただご質問ではテレビ台ですから背面からの支えがあるので、上記よりはるかに強度が出ますから1x4でもいけるかもしれません。(やり方による)

ざっと考えて見ましょうか。
まず、必要な耐荷重ですけど、40kgを載せるのであればその2倍の80kgは欲しいです。(安全率2)
次に棚板のようなものは破壊してしまう強度よりもたわむ量が問題になることが多いので、たわみ量で考えます。
いま、Lだけ離れた2つの支点に支えられた板(厚みh,幅b)の中心にWの荷重を掛けた場合のたわみ量yは、

y=W×(L^3)/(4E×b×h^3)

です。Eはヤング率でパインだと大体E=75000kgf/cm^2なので、1x4材で考えると、h=1...続きを読む

Qトリマーで掘れるほぞ穴の深さ

トリマーで掘れるほぞ穴の深さ
ほぞ穴を掘るのにトリマーの購入を検討しています。トリマービットを見ていると、あまり深い穴は掘れそうに見えないのですが、深さ45mmとかは無理でしょうか。
また、お勧めのトリマーがありましたら教えてください。(リョービMTR-41はどうかなと思っているところです。)

Aベストアンサー

私のトリマー(マキタの 3707FC)で、測ってみました。

結果、トリマービットの選択(長さの長い物使用)、チャックへの最小限の長さでの固定、をすれば可能と思います。

私のトリマーの場合、チャックへの固定には、最低15ミリほど必要でした。ベースを目いっぱい押し上げたとき、チャックからベースまでの表面までの距離が3ミリ位。

よって、最小限(コレットチャックの長さの分という意味)で固定した場合、トリマービットの長さから、18ミリを引いた長さが、掘れる深さということになります。

マキタのトリマービットで、一番長いストレートビットは、12ミリ(全長64ミリ)です。よって、46ミリの深さまで可能となります。 他の物は、長さが足りませんでした。 

トリマーの使い方ですが、一度に深くは掘れません。掘っては、ビットをちょっとだし、の繰り返しです。6ミリのストレートビットで、一度に掘れる深さは、6ミリが良いところだと思います。理想は、3ミリづづですかね。

上記は、あくまで私のトリマーの場合であり、すべてのトリマーに当てはまるものではありません。しかし、構造的にほとんど変わらないので、似たり寄ったりだと思います。

ただ、質問者様の希望する深さが、トリマーの能力のぎりぎりラインだと思われるので、しっかり情報収集をして決めて下さい。

私のトリマー(マキタの 3707FC)で、測ってみました。

結果、トリマービットの選択(長さの長い物使用)、チャックへの最小限の長さでの固定、をすれば可能と思います。

私のトリマーの場合、チャックへの固定には、最低15ミリほど必要でした。ベースを目いっぱい押し上げたとき、チャックからベースまでの表面までの距離が3ミリ位。

よって、最小限(コレットチャックの長さの分という意味)で固定した場合、トリマービットの長さから、18ミリを引いた長さが、掘れる深さということになります。
...続きを読む

Q木ネジと下穴の直径

木製の椅子の接合部が外れてバラバラになってしまったので、木ねじ(軽天ビス・ラッパビス?)で補強しようとしています。
ためしに電動ドリルで下穴を開けて自宅に余っていた木ねじを入れてみたのですが、下穴の直径が小さいせいか、途中で電動ドライバーがウンウン唸って進まなくなってしまいました。

簡単な電動工具なのでドリルの直径は2mmと3mmしかなく、3mmの方で穴をあけました。
(ねじは余り物を適当に使ったので直径が良く分かりませんが、メジャーで計ってみたところ4mm程度?に見えました。)

この場合、木ねじを買うとして、ねじの直径はドリルと同じ3mmが適切でしょうか。
あるいは3mmよりも若干太めor細めが良いのでしょうか。

ちょっと調べたところ、ねじの直径には外径と内径があると知ったのですが、通常販売されているねじの直径は外径で書いてあるのでしょうか。(私がたまたま見た通販サイトは外径で書いてありました。)
あるいは販売元によってバラバラなのでしょうか。

ねじの長さは3cm~3.5cmくらいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

勘違いされているのかもしれませんが、いわゆる「木ネジ」と軽天ビスは別物です。
それどころか。ラッパビスやらコーススレッド・スリムビスなど木材相手に使うビスは
沢山ありますが、「木ネジ」はあくまで「木ネジ」であって、やはりこれらとは別物です。

木ネジとは全長のうち、ネジの付いた部分の芯がテーパー形状で、
ネジの切れていない部分がネジの刃の外形とほぼ等しく、木材にねじ込んだ時、
最後に木材に圧縮力(正しくは拡張ですが)を与えるような形状になっています。

板を取り付けるような作業の時、半ネジになっていることで下地に板を引き寄せることができます。
全ネジ形状では、最後に引き寄せの力がかからないことは理解できるでしょう。
また、コーススレッド系のビスに比べ軸部が太いので、締付け力、せん断耐力とも高いです。

椅子などにコーススレッド系のものが使われることはまずありません。

下穴系は特に決まったものはなく、木材のサイズ、硬さとビスを打つ位置
(つまり割れやすさ)でご自信が決めるべきものです。
ネジの効きが弱くていいなら、太目の下穴をあければ良いのですが、当然耐力は下がります。

椅子の接合部ということなので、想像できるのは・・・
木ダボを使用し、接着により組み立てられていたのではないですか?
そこで使用する木ネジとなると4.7とか5.1は最低でも必要に思います。
もっと太い6.3とかでもいいかもしれません。
ダボ組してあるならビスを何本も使える場所はないと思います。
ダボ部には再び接着剤を塗り打ち込み、材料のもっとも有利な位置に十分太さのある木ネジを
使うべきだと思います。
手前側に来る椅子の材(脚か横木かわかりませんが)には「木ネジ」のネジの無い部分の
軸部直径と同径、もしくはわずかに大きい孔をあけ、
先の(奥側になる)材には「木ネジ」のネジ部分(軸はテーパー形状ですから)の1/2位置の
芯径より細い穴を下穴として開けます。
木材がかなり硬い材質なら、「木ネジ」の皿が収まる皿状の面取りも必要になります。

併用する接着剤は充填性と接着強度の点でエポキシが良いとは思いますが、
まあ、何でもいいでしょう。
古い接着剤、塗膜が残っている場合は、できる範囲で除去しておきましょう。

勘違いされているのかもしれませんが、いわゆる「木ネジ」と軽天ビスは別物です。
それどころか。ラッパビスやらコーススレッド・スリムビスなど木材相手に使うビスは
沢山ありますが、「木ネジ」はあくまで「木ネジ」であって、やはりこれらとは別物です。

木ネジとは全長のうち、ネジの付いた部分の芯がテーパー形状で、
ネジの切れていない部分がネジの刃の外形とほぼ等しく、木材にねじ込んだ時、
最後に木材に圧縮力(正しくは拡張ですが)を与えるような形状になっています。

板を取り付けるような作業の...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報