人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

商店街の主人とか、仲間のグループで、毎月1万円づつ胴元世話人に積み立てていく。
そして、その加入者の中で、資金がいる様になった時、出資金と利子を、まとめて、何百万何十万と引き出すことができる。
といった形式の講をしている人を知っているが、これは、法律上、違反なのか、どうか知りたい。
また、危険なものなのかどうか、知りたい。

A 回答 (2件)

講、とつくので「ねずみ講」を連想されているのでしょうか。



たのもし講は、法律違反ではないはずです。
昔からある、地域での互助機能みたいなものです。
講自体が、経済的、社会的、信仰的な目的を達成するために結ばれた社会集団の一つで、
ねずみ講は経済的講の中に含まれるものの、不特定多数の人を
対象にするという意味で、たのもし(頼母子)講とは違います。
たのもし講は、限られた少人数の中で行われますからね。

以下は参考URLです。

参考URL:http://hanbai.com/lib/focus/tenka.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

45分後の、速い回答を、有り難うございました。
URLも参考になりました。この、不況の世の中で、危険なことが、いっぱいあって、大丈夫かな、と、つい懐疑的になってしまいます。

仲間どおしの貸し借りなら利子に対する、税金もいらない?
胴元が、突然病気で倒れることもあるので、複数人で、監査した方がいいのかなあ?
これは、届出もいらないから、金融業では、ないのですね?
良くわかりました。重ねて、有り難うございました。

お礼日時:2003/05/16 08:23

江戸時代から庶民の知恵として深く根付いたのが


【頼母子講(たのもし講)ですね。
今も組合の寄り合いで行われています。
ただし、仲間がお金を先に取って、後からは払わないなどの問題が生じたりするため、
入会をきびしく制限したり、保証金を取ったりの規則はあるようです。
ねずみ講と違って、比較的平等に金銭が渡るシステムになっているので、違法性はなく、
問題は少ないと思います。

参考URL:http://www.nogami.gr.jp/rekisi/honmatisi/hon_21. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さらに詳しい説明、有り難うございました。
URLでは、歴史的なものを興味深く見ることができました。金の価値というものは、月日と共に、変化してくるので、昔の人たちも、管理に大変だったろうにと、おもいます。日本人って、やはり賢いんだなあと思いました。有り難うございました。

お礼日時:2003/05/16 09:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHBs抗体が+なんですが・・・・

人間ドックでの検査結果が『HBs抗体が+』となっていました。
『HBs抗原は-』なのです。
これって、肝炎の保菌者って事なのでしょうか?
また治療方法などはありますか?
8年前の元彼が肝炎の保菌者で、何度かエッチはしたのですがそれが原因なのでしょうか?

Aベストアンサー

過去に感染して、抗体を獲得したと思われます。元彼とのHの時に感染した可能性がありますが、他の感染経路もありますので断定はできません。
抗原が-で、抗体が+の場合は保菌者ではないので心配ありません。詳しくは医師に聞いてください。

「参考」
B型肝炎ウイルス検査でわかること
血中に出現するB型肝炎の抗原や抗体を検出することでB型肝炎ウイルスの感染の有無やその病期をみることができる。

HBs抗原 : HBV感染状態
HBs抗体 : 過去のHBV感染(防御抗体)、ワクチン接種後の抗体獲得
HBc抗体 : 低抗体価-過去のHBV感染(多くの場合HBs抗体陽性)
         高抗体価-HBV感染状態(ほとんどの場合HBs抗原陽性)
HBe抗原 : 血中HBV多い(感染性強い)
HBe抗体 : 血中HBV少ない(感染性弱い)

治療を必要としないケース
一般に、HBe抗体が陽性で、肝機能が正常な場合は、ウイルスに感染していても特別な治療行う必要はありません。
ただし、ごくまれにHBe抗体が陽性であっても、GOT、GPTの値が高く、肝機能が異常である場合には、肝炎を発症することがあります。
したがって、HBe抗体が陽性だからといって安心せず、定期的な検査を受け、肝臓が悪くならないように自己管理する心がまえが大切です。

HBe抗原が陽性で、肝機能が正常の場合は、あるとき、GOTとGPTの値が一時的に急上昇し、それをきっかけにHBe抗原が自然消滅して、HBe抗体が陽性になる
ケースが普通です。
こうなればもう安心ですが、HBe抗体が陽性になるまでは3ヶ月に1回ぐらいは定期検査を受けたほうがよいでしょう。

治療を必要とするケース
HBs抗原が陽性で、しかも慢性肝炎の人は、病状はさらに進行する危険性が高く、他人に感染させるおそれもありますから、ウイルスに対する治療を行わなねばなりません。

過去に感染して、抗体を獲得したと思われます。元彼とのHの時に感染した可能性がありますが、他の感染経路もありますので断定はできません。
抗原が-で、抗体が+の場合は保菌者ではないので心配ありません。詳しくは医師に聞いてください。

「参考」
B型肝炎ウイルス検査でわかること
血中に出現するB型肝炎の抗原や抗体を検出することでB型肝炎ウイルスの感染の有無やその病期をみることができる。

HBs抗原 : HBV感染状態
HBs抗体 : 過去のHBV感染(防御抗体)、ワクチン...続きを読む


人気Q&Aランキング