電力契約に詳しい方、教えてください。
電力会社と電気の契約をするとき、契約電力が原則50KVA未満の場合は低圧契約、50KVA以上の場合は高圧契約となっていますが、なぜ50KVAで分かれているのでしょうか?何か50KVAの理由があるのでしょうか?また、高圧契約よりも低圧契約のほうが電気料金の単価は高いと思いますが、50KVA以上の場合でもお客が低圧契約をした場合、電力会社は断る理由があるのでしょうか?単価が高いほうが電力会社も儲かると思うのですが。。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

電柱の上にくくり付けて置けるものならば、電力会社としては低圧受電なら100kVAだろうが6MVA(←変圧器バンク容量の一例)だろうが物理的に低圧供給は可能です。

(高圧受電は原則2000kW未満となっていたと思います。)

50kVAとは、電力会社側が所有している一般的な容量の変圧器でかつ他の低圧受電のお客さまにご負担していただいている
設備費用にご迷惑をかけることなく供給できる範囲であると聞いております。

つまり、低圧受電で受電しているお客さまに対して、公平な電気料金を支払って頂くにあたり、一人のお客さまのために高価な設備を用意するのは如何なものか?ということです。

税金に例えれば、死ぬ思いで働いて納税している方と何も苦労せず国のお世話になっている方の2人がいた場合、
なぜ同じ公共サービスしか受けれないのか?ということです。働いている方は同じ公共サービスに対し高い費用
払っていて働く気が失せることでしょう。

約款上、低圧受電は同一敷地内に複数は困難と思われますが、物理的には50kVA以上は可能です。
特例だと思いますが、オール電化マンションを見ていただければ、あきらかに50kVA超過であるのに低圧受電です。
(←高圧開閉器およびVCTがない設備をご覧になったことございませんか?)

おそらく、電気事業が公平性を失い、今よりもさらに利益優先になれば質問者様のおっしゃるとおり、50kVA以上でも低圧契約する契約メニューがでてきても不思議ではないと思います。
    • good
    • 2

まず、需給契約は契約約款にある種別で契約されます。


今回の質問ですと低圧と表現していますが、低圧の場合、電灯と動力に分かれます。そして合計が49KWを超えると高圧供給となります。
なぜ、50KWで分けたかは、他の方が答えた通り物理的な制限からだと考えられます。(但し、この50と言う数字はかなり前に設定された物なので、博物館などでお調べ頂くしか手は無いかも知れません)
それから、電灯契約だけで低圧49KWまで可能(動力の契約容量は関係しません)な場合を弾力運用と電力会社では呼び、都内など市街地で運用されています。この場合、電灯・動力の合計は50KWを超えます
現在、低圧受電されている場合で、増設の必要が有る場合、まず電力会社に、弾力運用が可能か問い合わせてから、高圧設備の検討をされては如何ですか?ちなみに245Aトリップと言うブレーカーがこれ用です。
但し、漏電ブレーカーは有りませんので、別に250Aの漏電ブレーカーの設置が必要です。
    • good
    • 2

 高圧で受電している需用家のうち、「負荷は高圧機器のみ」と云う所はまずありません。

つまり高圧受電している需用家のほぼ全てはキュービクル等の変電設備を持っています。
 変電設備と云うからには当然、変圧器は必須であり、(一般の方はあまり馴染みが無いかもしれませんが)そこには必ずバカでかいトランスが置かれています。
 要はつまり、そのバカでかいトランスを電柱の上にくくり付けて置けるものならば、電力会社としては100kVAだろうが100MVAだろうが低圧供給に吝かではないのです。50kVAとは、電力会社側がデフォルトで用意できる柱上変圧器の大きさ(電気的なソレではなく物理的重量等)の限界と解釈するべきでしょう。

 別の方の書かれたとおり、協議によって50kVAを少々超えても低圧供給できる場合があります。
 ・辺りに他に大容量の需用家が無く、架線等に余裕があること
 ・契約容量51kwでも、24時間常時51kwがフル稼働しているわけではないこと(負荷率の算定)
 ・高圧受電ができない特別な理由のあること
と云った辺りがハードルとしてあるようで、「お願いします」「ハイわかりました」とはいかないようですけどね。

 単価に関しても、例えば設備の維持管理費や保安監理責任などは、低圧供給なら電力会社持ちだし高圧供給なら需用家が負担することとなります。また、そもそも高圧需用家とは、大口のお客さんなワケです。お店に自転車で来てリンゴ一個買う人と、トラックで乗り付けて10箱20箱と買う人とで、「でもリンゴ一個の単価は同じですよ」と云うのはさすがの電力会社も商売として気が引けるってことも有るんじゃないでしょうか。

 これは詳しいところは私も知らないのですが、最近コンビニでは高圧受電している所もある様です。店内の冷蔵庫と空調と照明と、レジ周りの肉まん蒸し器やおでんのアレや電子レンジ、全部足しても50kVAには足らない気がしますし、店外にあるキュービクルにしては非常に小さな箱、この中にトランスがあるなら柱上で充分間に合うだろうと思うのです。
 もしかしたら「50kVA未満だけど単価が安い高圧で供給して欲しい」と云うのもアリなのかも知れませんね。 
    • good
    • 0

高圧契約の場合は需要家が高圧から低圧に変換するための設備が必要であります。

その他お金もかかります。

低圧契約で高負荷の場合はケーブルに大きな電流が流れてしまします。
(低圧契約の何十倍の電流)
従いまして電圧降下による損失が大きくなるものと考えます。

ただ50kVAと限定するものではなく協議によっては少々オーバーすることも可能です。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qniceの反対語

goodの反対語はbadですよね。
それでは、niceの反対語は何でしょうか?

Aベストアンサー

状況によって
・bad
・unpleasant
・nasty
・horrible

などが当てはまりますね。

Q高圧から低圧に変更。電力料金の削減になるか?

関西で飲食店を営まれている主人から電気料金の相談を受けました。
請求内訳例ですが、常時基本料金\99,351-(料金対象電力57Kw)
         常時力率修正額\-14,902.65-(力率100%)
         夏季平日電力量料金\151,224.71-(12,467Kwh)
夏季休日電力量料金\52,552.62(6,234Kwh)
合計額\288,225.68-
 電力会社にも相談してみましたが納得できませんでした。当方、素人です。何方か意見を頂けないでしょうか?宜しくお願いします。
現在、80KVA(3相50KVA,1相30KVA)キュウピクルです。契約種別は、高圧電力AS-WEです。18年度の契約電力(※1)の実績は、1月は29Kw、2月は25Kw、3月は25Kw、4月は13Kw、5月は29Kw、6月は33Kw、7月は45Kw、8月は52Kw、9月は57Kw、10月は49Kw、11月は24Kw、12月は28Kwです。
3相200Vで稼動している機械は、ピザ焼き器10A、パン焼き器23A、エスプレッソマシン12A、製氷機6A、冷蔵庫6A×3、プレハブ冷蔵庫4A、アイスクラッシャー6A、ドゥコンディショナー7.7A、給水ポンプ5.5A、汚水処理装置2A、クーラー23Aです。
9月の57Kwと数値が高いのはやはりクーラーを使っているからでしょうか?
クーラーは劣化していますので、この際、高効率の機種に取り替えるとします。以上の内容で、低圧電力(基本料金、使用電力量)、従量電灯(基本料金、使用電力量)と分けて契約することは可能でしょうか?電力使用料金はどのようになるのでしょうか?

                                                                        

関西で飲食店を営まれている主人から電気料金の相談を受けました。
請求内訳例ですが、常時基本料金\99,351-(料金対象電力57Kw)
         常時力率修正額\-14,902.65-(力率100%)
         夏季平日電力量料金\151,224.71-(12,467Kwh)
夏季休日電力量料金\52,552.62(6,234Kwh)
合計額\288,225.68-
 電力会社にも相談してみましたが納得できませんでした。当方、素人です。何方か意見を頂けないでしょうか?宜しくお願いします。
現在、80KVA(3相50...続きを読む

Aベストアンサー

私の意見としては、このまま高圧受電のままが良いかと考えます。

試しに低圧にした場合の概算を試算してみましょう。
まず前提として契約電力は
従量電灯を25kVA(125Aのブレーカーで抑えるとして200V×1250=25kVA)
低圧電力を32kW(ここで挙げられた三相200Vの設備を合計すると117.2Aで117.2×200×1.73=32)

使用電力量の4割を電灯、6割を電力として計算します。

基本料金  従量電灯B  378円×25kVA = 9,450円
      低圧電力  1,029円×32kW  =32,928円
電力量料金 従量電灯B  120×15.84+180×18.93=19.79×7180 = 147,400円
低圧電力 11.45円×11,220 =128,469円
合計  318,247円
結果からいいますと多額の工事費をかけて低圧にする意味は無いと思います。

夏季のみの計算ですから一概には言えませんので1年を通じてきちんと計算されるのが良いと思います。
ただし、計算する場合の基本料金の算定は低圧と高圧では違うというこということをご理解ください。
簡単に言えば高圧は30分平均の最大、低圧は負荷設備の合計です。高圧は実際に使う最大を計量で決めるが、低圧は設置されている機器の総合計で決まるということです。
つまり高圧受電より低圧受電の契約電力が必ず大きくなります。
実際は契約電力はもっと大きくなるはずです。

たとえばsea13さんの算定のなかで空調23Aとありますが、23Aだと約8kWです。しかし夏と冬のデマンドの差は29kWです。ここにすでに20kW以上の差があります。

ところで、
>電力会社にも相談してみましたが納得できませんでした。
何が納得できなかったのでしょうか?

私の意見としては、このまま高圧受電のままが良いかと考えます。

試しに低圧にした場合の概算を試算してみましょう。
まず前提として契約電力は
従量電灯を25kVA(125Aのブレーカーで抑えるとして200V×1250=25kVA)
低圧電力を32kW(ここで挙げられた三相200Vの設備を合計すると117.2Aで117.2×200×1.73=32)

使用電力量の4割を電灯、6割を電力として計算します。

基本料金  従量電灯B  378円×25kVA = 9,450円
      低圧電力  1,029円×32kW  =32,928円
電力量料金 従量電...続きを読む

Q中止の反対語は再開ではないようですが…

中止の反対語は継続や続行のようです。
では、再開の反対語はなにになるのでしょうか?

Aベストアンサー

>再開の反対語は?

再開の反対語は存在しない。あえて、候補を挙げれば<休止>。

Qブレーカー容量のだしかた

ブレーカーの定格電流のだしかたを教えていただきたいのですが?
単相100/200Vのときと、三相200Vのときです。
例えば20Kwのときはどうすればいいのでしょうか?のように例えを入れてくだされば幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>12000/(200/1.732)=34.64Aでいいのでしょうか?このような場合ブレーカー容量は40Aでいいのでしょうか…

ブレーカー容量は電線の太さで決まり、電線の太さは許容電流と電圧降下で決まります。
許容される電圧降下を1%とすれば、電線こう長12mまでVVケーブル8mm2でよく、ブレーカーは40Aです。
電線こう長が12mを超え21mまでなら14mm2で50A、21mを超え33mまでなら22mm2で75Aとなります。
電圧降下が2%とか3%とかまで許されるなら、電線こう長はそれぞれ2倍、3倍となります。

Q恐怖の反対語って何ですか?

恐怖の反対語って何ですかね?反対語データベースにものってなかったので気になりました。快感ってのは聞いたことあるんですけどなんか違うような。。。。っていうか反対語はないのでしょうか?

Aベストアンサー

『A Dictionary Of Synonyms And Antonyms』(類語反語辞典)という本(英語)で、恐怖(fear)の反対語を調べてみましたが、十数種類の単語が並んでいました。
その中で、最もストレートな反対語は、fearlessness(恐れないこと。大胆)です。
文学的な表現なので、どの語が正しいというようなものはないのかもしれませんけどね。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=fearless&search_history=%B6%B2%C9%DD&kind=je&kwassist=0&mode=0&ej.x=15&ej.y=10

Q電力の単位KWとKVAの違いと換算方法

単位KWとKVAの違いが分かりません。どっちも電圧E×電流Iじゃないんですか?換算方法とかあれば教えてください。

Aベストアンサー

KWはその装置の消費する本当のエネルギーで有効電力と呼ばれます。
KVAはその装置にかかる電圧の実効値と電流の実効値を
かけたもので皮相電力と呼ばれています。

皮相電力[kVA]から(有効)電力[kW]への換算は、
有効電力=皮相電力*力率 
でこの力率は電流の位相と電圧の位相が完璧に一致している抵抗のような負荷の場合は1になります。
逆に,コイルやコンデンサ成分のあるような負荷(モータなど)は位相がずれるためにこれより小さく(普通0.8くらい)になります。
なぜこのような2通りの表現があるかというと,皮相電力が規定してあると電流絶対値が決まりますので,必要なブレーカの容量,電線の太さなどが決まります。
電力だけだと,決まりません。

Q反対語を教えてください

1. 「すでに」の反対語は?


2. 「整然」の反対語は?


教えてください

Aベストアンサー

>1番のすでにの反対語ですが、「いずれ」「さきに」の二択の場合は
>どちらでしょうか・・・・・?

時間軸で考えると分かり易いと思います。
”すでに”は、始まっているということなので今よりも前のことです。

”いずれ”はこれから始まるであろうことで今より先のことです。(起こる起こらないは別の話ですが)
”先に”は今の時点からすると先に始まっていることなので、正解は”いずれ”になります。

 今回はソシーラス使ってませんよ、エライエライ(自分で自分を誉めてます)

Q契約設備電力とは何でしょうか。またその計算方法を教えてください。

契約設備電力とは何でしょうか。またその計算方法を教えてください。
電力会社提出の「電力使用申込書」を作成したいのですが、その中にある項目で
「契約設備電力」がわかりません。各変圧器の容量を合計したものとは
違うようですが、その意味と計算式を教えてください。

Aベストアンサー

東京電力管内で高圧需要家として回答します。

まず、契約電力を算出する方法は2通りの計算が必要です。

1っ目は、契約負荷設備容量(kw)を1.25倍します。(入力換算と言います)
   
次に台数圧縮と言う計算をします。

大きい順に100%(1番・2番)95%(3番・4番)90%(その他全て)の合計を算出します。

(一般的には、照明負荷を1番にします)

次に台数圧縮後の合計値に係数を掛けます。

最初の6kwにつき100%、次の14kwにつき90%、次の30kwにつき80%、次の100kw

につき70%、次の150kwにつき60%、次の200kwにつき50%、(ここまでで500kwに

なります)500kwをこえる部分につき30%

この係数で出た値を合計したものが契約設備電力です。

2っ目は、契約受電設備(KVA)を合計に次の係数を掛けて出た合計したものが契約設備電力です。

最初の50KVAにつき80%、次の50KVAにつき70%、次ぎの200KVAにつき60%、次ぎ

の300KVAにつき50%(ここまでで600KVAになります。)600KVAをこえる部分につき

40%、この係数を掛けて出た数値を合計して下さい。

1っ目と2っ目を比較して、いずれか小さい方が契約設備電力です。

(一般的には、負荷契約は後々が面倒なので、受電設備契約の方が小さくなる様にします。

若しくは、今後の変動が予想されると書いて、受電設備契約希望とします)

もう一つ注意が必要なのは、実量制(499KW以下)か協議契約(大口需要家・契約500KW以上)

で用紙が違いますので、注意して下さい。

東京電力管内で高圧需要家として回答します。

まず、契約電力を算出する方法は2通りの計算が必要です。

1っ目は、契約負荷設備容量(kw)を1.25倍します。(入力換算と言います)
   
次に台数圧縮と言う計算をします。

大きい順に100%(1番・2番)95%(3番・4番)90%(その他全て)の合計を算出します。

(一般的には、照明負荷を1番にします)

次に台数圧縮後の合計値に係数を掛けます。

最初の6kwにつき100%、次の14kwにつき90%、次の30kwにつき80%、次...続きを読む

Qtrapの反対語ってなんですか?

trap(罠をかける)の反対語ってなんですか?

また、英語の反対語が載っているURLなどが
ありましたら、教えてください!

Aベストアンサー

(↓)ではtrapの反意語はみつかりませんでしたが。
ほかにも、音がにている単語、類義語なども調べられます。

参考URL:http://www.rhymezone.com/r/rhyme.cgi?

Q電気の単位でKVAという単位はどういう意味?

電気の単位でKVAという単位がでてきましたが、KVAというのは何?
またKVAはKWと同じ意味ですか?KVAからKWになる為には何を掛けるのですか?

Aベストアンサー

直流は 電力(W)=電圧(V)×電流(A)

交流は 電力(W)=電圧(V)×電流(A)×力率(cos θ)

交流で 電圧(V)×電流(A)を 皮相電力(VA)(見かけの電力といいます)
VAの1000倍がkVA(ケイブイエー又はキロボルトアンペア)です。

過去にも何回か似た質問が出ています。ご覧ください。
(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=123744)
(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=114728)

これらをご覧になると、力率が低いことの弊害もわかります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング