お世話になります。事業していますが、わからなく困っております。宜しくお願いします。

事業を始めるときに釣銭金の処理方法を教えてください。

現金元帳に載せないように考えております。

事業者が準備する場合の処理方法は、

元入金/事業主借 で処理するのでしょうか?

釣銭は、20万円です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

クレジット契約を結んだ際の契約書は返済明細等に毎月の支払に含まれている利息相当額が記載されている場合は#3の方の方法でよいかと思います。



ただし、ほとんどのクレジット契約においては、契約書に利息の総額と毎月の支払額のみ記載されているかと思いますのでその場合は、利息の総額を前払金等の科目にいったん計上することになります。

こういった契約の場合は御質問者さんが書かれたように
車両運搬具 500,000  /  (長期)未払金 600,000
前払金   100,000
というような処理になります。

60回払いとすると毎月の返済時には
(長期)未払金 10,000  /  現金預金 10,000
という形になりますので、支払額全額を未払金勘定で処理をするのみです

決算時においては本来は未払金残高の多い初期の頃には利息額は当然
多くなりますので、それを考慮することも可能ですが、計算が面倒な
場合は、定額で費用計上をします
個人事業でH21.7月に購入したとすると
前払金の100,000円×6ヵ月/60ヵ月=10,000円がH21年分の利息となりますので、

支払利息  10,000円 / 前払金  10,000円

という決算仕訳を発生させて、返済が終わると同時に前払金が0になる
ようにします
    • good
    • 0

ご丁寧なお礼をいただき恐縮です。


なかなかユニークな発想ですが
その「釣銭準備金」は良い方法だと思います。

さて、
>商品をクレジット分割払いで購入した場合

まず、未払の支払利息を「前渡金」という資産勘定で計上するのは
良い処理とはいえません。かといって支払期日未到来の不確定債務
を未払利息に計上しても、相手科目がありません。
で、一般的には次のような処理をします。

(例)商品代金1,000,000円 割賦利息 10,000円 10回払い

(購入時)
 商品 1,000,000 / 未払金 1,000,000

(支払時)
 未払金  100,000 / 預金 101,000
支払利息  1,000

蛇足ですが、現金商売をされていると毎日現金残高が合わないことの
方が多いと思います。この過不足をポケットマネーで合わせる必要は
ありません。「現金過不足」勘定でプラスマイナスの処理をされ、
決算時に借方残であれば
 雑損失 / 現金過不足
貸方残であれば
 現金過不足 / 雑収入
という処理をします。

特に従業員にレジを任せるような場合は、従業員の負担が減ります。

レジの現金残なんて合うことの方が希ですから!!
言い訳になりますが!これは、私だけではないですよ。
周り皆そうです!!
    • good
    • 0

釣り銭を事業主が用意する場合、


現金管理をキチンとする為、本来ならば、

現金 / 元入金 200,000 で処理します。

現金勘定の管理は商売の基本です。
これができないなら商売をする資格はありません。
と、いうぐらい大事なものです。
殆どの経営者がこれを軽んじていますが、それが自分の首を絞めて
いることに皆さん気がついていません。
詳細は略します。これだけでレポートが1本書けますから。

しかしながら
>現金元帳に載せないように考えております

なんですよね!?

多分、「小口現金」も却下なんでしょうね!?

>元入金/事業主借 で処理するのでしょうか?

これは論外ですね!!

>現金元帳に載せないように考えております

そんなに嫌なら

仮払金 / 事業主借

なんか如何でしょうか!?

後で正解を教えてください!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!とりあえず、釣銭準備金という勘定科目を作り、固定させることにしました。

決算時期に現金勘定に振り替えて処理したいと思います。親切にありがとう!!!

現金勘定に載せないのは、常に入金をしていて、小口現金は別に勘定科目を立ててしております。

常にお店で管理する(日々変動)するお金は、小口のみにしたかったからです^^:

後、詳しいようなのでもう一つだけアドバイスお願いします。

商品をクレジット分割払いで購入した場合

商品(仮勘定)/未払い金
前渡金/●●

分割払いの利息は、前渡し金で処理でよろしいでしょうか? なにとぞお手数ですが、アドバイス頂戴していただければと思います^^:

お礼日時:2009/12/27 14:16

釣銭を現金元帳に載せたくないということは、手許現金との照合がしにくくなるからでしょうか?


もしそうであるならば現金勘定とは別に、両替金や釣銭などの勘定を作って20万円で固定しておくという方法もあります
その場合は
両替金 / 事業主借 200,000円
という仕訳になります

もし、現金勘定はおろか貸借対照表のどこにも載せたくないということであれば、実際には釣銭として使用していてもそもそもそのお金はその事業には存在しないお金ということになりますので、仕訳すら必要ないということになります
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!とりあえず、釣銭準備金という勘定科目を作り、固定させることにしました。

決算時期に現金勘定に振り替えて処理したいと思います。親切にありがとう!!!

現金勘定に載せないのは、常に入金をしていて、小口現金は別に勘定科目を立ててしております。

常にお店で管理する(日々変動)するお金は、小口のみにしたかったからです^^:

後、詳しいようなのでもう一つだけアドバイスお願いします。

商品をクレジット分割払いで購入した場合

商品(仮勘定)/未払い金
前渡金/●●

分割払いの利息は、前渡し金で処理でよろしいでしょうか? なにとぞお手数ですが、アドバイス頂戴していただければと思います^^:

お礼日時:2009/12/27 14:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qつり銭用の適正な金種

色々な本を読むとレジには「毎朝、金種を決めて、つり銭用に一定額をレジの中に用意をしておく。」という様な内容が書いてありますが、適正な「金種」というのはどの様に決めたらよいのでしょうか?
当然、お客様にお釣りを渡すときに十分対応できる金額でしょうけれども・・・。

基本的には1万円、2千円札は必要ないと思いますし、頻度からすれば千円札、5百円玉、百円玉は結構必要なはずです。5円玉などはあまり必要ないかとも思うのですが、銀行での両替時を考えると半端な枚数も不便です。
勿論、業種によっても異なるでしょうし、また客数によっても異なるとは思うのですが、よろしかったらレジに実際に用意している枚数を教えては頂けないでしょうか?

(当方は飲食業ですが、一部小売を行っていますが、業種に限らず広くお教えください)

業種:

5千円札 →
1千円札 →
5百円玉 →
100円玉 →
50円玉 →
5円玉 →
1円玉 →

合計

Aベストアンサー

数年前の記憶なので、ちょっと細かいところが曖昧ですが、私がパートで勤めたことのある、一日の客数が200人~300人の大手のインストアベーカリーでは、

5千円札 → 2枚
1千円札 → 10枚
5百円玉 → 20枚
100円玉 → 3本(150枚)+1枚
50円玉 → 1本(50枚)
10円玉 → 4本(200枚)
5円玉 → 1本(50枚)
1円玉 → 3本(150枚)

合計 5万円×レジ2台

だったような記憶があります。
今の仕事は貴方と同じ業種の小規模店で、札券1万7千円、5百円10枚、百・50・10各1本の計3万円を基本としていますが、それぞれの金種の枚数はあまり正確に合わせていません。(明らかに足りなそうなときだけ両替)

Qシステム使用料の勘定科目

経理初心者です。会社で楽天のシステムを使用しています。システム使用料は勘定科目は何になるのですか?このような質問ですみませんが、アドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私は
支払手数料 楽天 現金
で起票しています。

Q勘定科目について

エアコンの取り付け費用ってなんでしょうか?消耗品費でよろしいですか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

エアコンの取り付け費は、エアコン本体と一緒にして考えます。

購入価格が1ケ当り10万円未満のものは、購入時の経費として処理できます。
通常は「消耗品費」で処理をします。

10万円を超えて20万円未満の場合は、固定資産として「一括償却資産」に計上して、3年間で均等償却が出来ます。
この場合、期中の購入でも月割り計算の必要がなく、残存価格も0円です。

仕訳は下記のとおりです。
購入時
一括償却資産  / 普通預金又は現金
決算時
減価償却費 /一括償却資産

20万円を超えるものは固定資産として「備品」に計上して、法定の耐用年数で減価償却をすることになります。

なお、資本金が1億円以下の法人や自営業で、青色申告をしている場合は、要件を満たせば、30万円以下の固定資産は、固定資産(備品)に計上しますが、一括償却が出来ます。
なお、この30万円未満の一括償却の特例は、15年4月1日から平成18年3月31日までの取得分となっています。
詳細は、下記のページをご覧ください。
http://www.nta.go.jp/category/tutatu/sonota/houzin/1761/01.htm

減価償却については、下記のページをご覧ください。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2100.htm

又、本体が既に有って、その移設のための取り付け費であれば、修繕費などで処理をします。

エアコンの取り付け費は、エアコン本体と一緒にして考えます。

購入価格が1ケ当り10万円未満のものは、購入時の経費として処理できます。
通常は「消耗品費」で処理をします。

10万円を超えて20万円未満の場合は、固定資産として「一括償却資産」に計上して、3年間で均等償却が出来ます。
この場合、期中の購入でも月割り計算の必要がなく、残存価格も0円です。

仕訳は下記のとおりです。
購入時
一括償却資産  / 普通預金又は現金
決算時
減価償却費 /一括償却資産

20万円を超える...続きを読む

Q現金売上のまとめ入金について

今年から個人事業主を主人がして、経理初心者の妻です。
青色申告で年末までのチェックをしてたのですが
現金売上をまとまった額で銀行に入金して合計金額だけを預金出納帳に伝票番号と入金額を入力して、通帳に伝票番号を書いてました。
現金以外は売掛帳をつけてたのですが、今までのやり方だと月の売上が現金入金したのが翌月だと変わってしまうのでおかしいと思い質問させていただきます。

領収書の日付で売掛帳、現金出納帳をつけて、まとめて入金した場合預金出納帳をつける  のでいいのでしょうか?
まとめて入金されている方はいらっしゃいますか?
まとめて入金した中でその月の分と翌月分がある場合はどうしたらいいのでしょうか?
すみません、よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

>今までの売掛帳、現金出納帳、預金出納帳の仕方では65万は控除できないの…

企業会計は関係ありません。
個人事業者の青色申告制度の問題です。

65万円の「青色申告特別控除」を受けるには、いくつかの要件がありますが、その中の一つに、
---------------------------------------------------------------
【正規の簿記の原則(一般的には複式簿記)により記帳していること】
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2072.htm
---------------------------------------------------------------
というのがあります。
正規の簿記の原則とは、現金にしろ掛けにしろ、取引は毎日その都度仕訳をすることをいいます。

>現金/売上高…
>普通預金/現金でよろしいのでしょうか…

上段は毎日、下段は銀行へ持っていった日の仕訳ですね。

Q勘定科目使い分け 備品費・消耗備品費・事務消耗品費

勘定科目の使い分けについて教えてください!!
会計ソフトを使って入力をしています。その際にタイトルの

備品費
消耗備品費
事務消耗品費
消耗品

が勘定科目にあり使い分けに悩んでいます。
前任の経理担当者からも教えてもらったのですが、いまいち基準が分からなくて…

何人か会計に詳しい人に聞いて、上記の4つを今期からは

消耗品(10万円未満のもの)
事務消耗品費(消耗品の中でも事務で使うもの)

という使い分け方をして、二つに絞ることになりそうです。

そこでいまさら調べる必要はないのですが、あえて上記4つの勘定科目を使うなら、みなさんはどう使い分けますか?
もしくはどのように使い分けるのが一般的だと思われますか?

結局備品費って何!?消耗備品費との違いは!?事務消耗品費、消耗品とは…というもやもやをすっきりさせたいです。

Aベストアンサー

#3です。

>備品費という固定資産の科目があるということを初めて知りました。
詳しく知りたいので、
できたら資産として備品費を紹介しているページ等紹介していただけませんか?


そこまで突っ込むのであれば・・

◆「備品費」という勘定科目はほとんど見かけません。紛らわしい科目は使わない方が良いでしょう。

固定資産科目としては普通は、

「什器・備品(什器及び備品と読む。「・」が必要。什器備品という日本語はありません)」または「器具・備品」または「工具・器具・備品」

です。

器具・備品○○/現金○○

と仕訳します。


◆「消耗備品費」という勘定科目もほとんど見かけません。「消耗性備品費」が正しい。

器具・備品のうち少額のもので、税法が「費用」に計上することを認めるもの(※)。

税法が「費用」に計上することを認める:
(1)法人税法では、少額の資産は損金算入を認めます。
(2)所得税法では、少額の資産は必要経費算入を認めます。


※ちなみに、会計では「消耗品」という科目は存在しません。会計では、
消耗品費:洗剤、モップ、箒、灯油、お盆、湯のみ・・
貯蔵品:期中に消耗品費または事務消耗品費または通信費などに費用計上したもののうち期末時点で未使用のものは、「貯蔵品」という資産科目に振り替えます。「消耗品」という科目は使わない。

#3です。

>備品費という固定資産の科目があるということを初めて知りました。
詳しく知りたいので、
できたら資産として備品費を紹介しているページ等紹介していただけませんか?


そこまで突っ込むのであれば・・

◆「備品費」という勘定科目はほとんど見かけません。紛らわしい科目は使わない方が良いでしょう。

固定資産科目としては普通は、

「什器・備品(什器及び備品と読む。「・」が必要。什器備品という日本語はありません)」または「器具・備品」または「工具・器具・備品」

です。

器具・備...続きを読む

Q車検代の仕訳について

車検代には整備料金、自賠責保険料や、重量税
などが含まれますが、仕訳はどうしたらいいですか?

Aベストアンサー

会社にもよりますが、「車両費」という科目を設けて、全てをそれで処理する会社もありますし、そうでない場合は、整備料金は「修繕費」や「雑費」、自賠責保険料は「保険料」、重量税は「租税公課」、車検代行料は「手数料」や「雑費」、という感じになると思います。

ところで、前回の車検時はどういう仕訳をしていたのでしょうか、基本的には同じ方法を継続すべきだとは思います。

Q事務所の賃貸契約時の仕訳

先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。
それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。
賃貸契約期間は、7/15から2年間です。
また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。

1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人
2.礼金:420,000→大家さん個人
3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人
4.前共益費(7、8月分):47,250→大家さん個人
5.火災保険料(2年掛捨):41,090→管理会社
6.仲介料:210,000→不動産仲介会社
7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社

特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のようになります。

貸方は全額 「現金」です。

借方
敷金       200.000(返還される分)
長期前払費用   200.000(返還されない分)
繰延資産(礼金)  420.000
賃借料(前家賃)  315.000
賃借料(前共益費)  47.250
保険料(1年分)   20.545
前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え)
支払手数料(仲介料)210.000
支払手数料(保証料)230.000

敷金は差入保証金でも良いです。
今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
長期前払費用は繰延資産でも良いです。
 
なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

償却時の仕訳
支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用)
 

Qセコムの料金の勘定科目は?

初歩的な質問で恐縮ですが、個人事業所(法人ではありません)のセコムの料金(会社のセキュリティ関係)が普通預金から毎月引き落とされる場合の仕分けを教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般的には「支払手数料」で処理をします。

支払手数料 **** / 普通預金 ****
摘要 セコム ○月分警備料

なお、勘定科目は内容が推測できれば良く、特に決まりはありません。
要は、継続して同じ勘定科目を使うことです。

Q帳簿のつけ方教えて下さい

たびたびの質問ですが、宜しくお願いします。
サービス業の経理をしてます。
日々の現金の動きは、
 開店 レジ金3万
    現金売り上げが増える
    消耗品等の支出あり
 閉店 翌日の3万を残して金庫に入れる
こんな感じです。
現金出納帳はお金の増減のみ記入しており、レジ金の3万は帳簿上載っておりません。この3万は決算時に計上すればよいのでしょうか?それともレジ金3万も常に出納帳に載せておいたほうがよいのでしょうか?
そして、新店舗OPENにつき新店舗にレジ金3万を当てたのですが、新店舗の出納帳にもこの3万記入すべきかしないべきか。。。
初心者で分からないことばかりですが、教えて下さい。



  

Aベストアンサー

>残高だけ載せるとはどうする事でしょうか?
現金出納帳(現金の入出金を記帳する帳簿)は、現金取引の年月日、事由、出納先及び金額並びに日々の残高を記載します。(出納帳に相手科目を書く方もいます。)

レジに3万円あると言うことは、この帳簿の残高にも3万円無いと実際と違う帳簿をつけていることになりますのでいけません。

最初レジのお金がどこから出てのかわかりませんが、普通預金から引き出したのであれば、
[借方](小口現金)30,000 [貸方](普通預金)30,000

個人事業者で、ポケットマネーから出したのであれば、
[借方](小口現金)30,000 [貸方](事業主借)30,000

等入金の仕訳を行うと、残高として30,000円残るので、その30,000円が残り、結果帳簿に載ると言うことです。

これで、金庫のお金を実際数えれば(現金)と一致し
レジのお金を数えれば、(小口現金)と一致し
新店舗レジのお金は、(新店舗現金)と一致します。

Q保証料(銀行融資を受けた際)の勘定科目は??

銀行より短期借入金として融資を受けました。
その際保証料が引かれていたのですが、勘定科目は何になりますか?

Aベストアンサー

手数料ないしは雑費(販管費)でよろしいかと存じます。
なお、今回は短期借入金に対する(都道府県保証協会などの)保証料とのことですので、1年以内の保証になりましょうから当期の損金としてよろしいかと存じます。
これが、長期借入金にかかる保証料であれば、「保証という役務にたいする対価の1年以上の先払い」とみなし、前払費用を適用する必要があります(決算期ないしは各月ごとに前払費用を費用に振り替えることになります)。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング