都市部などの比較的暖かい場所では、LPGエンジンがかかるのですが、山間部(長野方面など)のような気温が低い場所では、LPGエンジンが始動しにくかったり、場合によっては、LPGエンジンが始動しないことがあります。原因が分からなくて困っています。どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

始動しませんか?


下記にプロパン自家用車愛好会の掲示板があります、そこに失礼ですが割り込ませてもらいたずねてみては、いかがですか、私の経験も古いため気圧も絡むとよくわかりません、父に聞いてみましたが暖めるのはかなり時間がかかるそうです、また最近の車は電装品がかなり絡んでいるので、あまりじゃぶじゃぶお湯をかけるのも進められませんので、現役で乗ってる方にお聞きいただく方がよろしいかと思います、ちなみに昔はプロパンとガソリン併用タクシーもあったそうです。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/MotorCity/2422/
    • good
    • 1

1atmすなわち1気圧での物です。

    • good
    • 1

LPG車の低温での始動性が良くないのは、LPGその物の沸点が凡そ-0.3℃と比較的高いため、寒冷地ではLPGが気化しなくなってしまうためです。

エンジンが始動してしまえば、ベーパライザーにエンジン冷却水を循環し加熱、気化させるためあまり問題はありませんが、気温がLPGの沸点よりも低くなってしまうと、タンクから圧力がかからないため、燃料が供給されなくなってしまい(ガソリン車などの液体燃料を使用するものではポンプで圧送していますが、LPG車ではガス自体の圧力で供給するためポンプなどはない)非常に掛かりにくくなってしまいます。そのため寒冷地でLPG車が使用されることが少ないのです。また、寒冷地で使用するLPG車には始動時はガソリンでその後LPGに切り替える物(自動車には少ないですがフォークリフトなどには結構この方式のものが多い)もあります。先に述べたようにLPGは気温が、沸点以下に下がってしまうと、気化しなくなってしまう(タンク内の圧力が下がってしまい、コックを開けても出てこない)ので、どうしてもLPG車を寒冷地で使用するのであれば、タンクを保温してやるしかありません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
LPGの沸点が-0.3度とは知りませんでした。
ただ、この沸点は1気圧のものなのでしょうか。
それとも、高圧タンクに注入などした場合の数値でしょうか。
また寒冷地でもLPG仕様のタクシーが走っていますが、寒冷地ではsailorさんのおっしゃるような特別な処置を施しているのでしょうか。

お礼日時:2001/03/26 19:43

以前父がLPGガス車に乗っていました、冬場に業務で使用するのにエンジンがかからず苦労した覚えがあります、エンジンルームに液化したL

PGを暖めて気化する?のにペーパーライザーというガソリン車にはついていない部品、部品といってもかなり大きいですが、その周辺でLPGが気化するとき凍るのが原因と聞きました、気温が低くても毎回エンジンが始動しない、ことは無いと思います、よく冷える日は最初の1発で始動しないと大変でした、始動しない場合ペーパーライザーを、お湯で暖めてエンジンを始動します(自宅から出る場合ですが)ペーパーライザーはエンジンルーム内に取り付けてありますが、車によっても違うと思いますがプロパンの配管をたどれば見当はつくと思います、ペーパーライザーは自身を暖めるためエンジンの温水も引き込んでいます
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
私もエンジンが始動しなかった時は、ベーパーライザーを暖めてみたのですが、エンジンは始動しませんでした。
もう少し検討してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/26 19:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QOS 25F ABCエンジンのコンロッドの向きについて

ベアリング交換のため解体したのですがコンロッドに向きがある事にきずきました。潤滑穴が前寄りなのか後ろ寄りなのか解りません。
ご存知の方は、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

コンロッドのクランクピン側に圧入してあるブッシュの穴の内側の角が片側だけ面取りしてあると思います。
面取りしていない面をバックプレート側に組みます。

Q冬の山間部、交通手段について

周りに相談出来る人がいない為、非常に基本的な知識が欠落した
質問だと思うのですが、何でもご助言頂ければありがたいです。

山の中腹にある家に住みます。冬には雪が降り、道路も狭めです。
勉強の為、数十キロ先(下)にある図書館に定期的に通いたいのですが、
一体何を交通手段に使うべきか予想がつきません。

以下、状況です。

・全く運転経験が無く、目的に合わせてこれから免許を取る予定です。

・車庫が無い為、家の前の自己所有の私道に停めることになります。
 地域の管理事務所には、短期間車を停める事と、自転車かバイク
 を常時駐輪する事を許可されています。
 (車の場合5キロ先に駐車場を借りることができます)

電動自転車やバイク(+スタッドタイヤ)で雪の坂道を通ることが
あんまりにも無謀な場合、諦めて他の方法にするべきだとは思い
ますが、車の場合駐車場は遠いし物凄く迷っています。

どうやって通うべきでしょう、良かったらご助言ください。

Aベストアンサー

>電動自転車やバイク(+スタッドタイヤ)で雪の坂道を通ることが
>あんまりにも無謀な場合、諦めて他の方法にするべきだとは思い
>ますが、車の場合駐車場は遠いし物凄く迷っています。

しっかりと除雪してある場所を徐行で移動するのならば問題は少ない(とはいえ経験が無いのならば徒歩のほうがはるかに早く安全)ですが
現実問題として、難しいでしょう。

雪が降る山間部の郵便配達でも夏の間はバイクでも、冬は運転が著しく難しくなるために自動車での配達に切り替わるしね。

移動距離が長いのがネックですが、自動車にしたほうがトータルで見たら安全ですよ

Qエンジンルームに余計なものがあると、車検上問題になりますでしょうか

エンジンルームに余計なものがあると、車検上問題になりますでしょうか。

オイルクーラーのコアが右フェンダー内に設置済みなのですが、
ホースとブロックはオイルブロックに取り付けず、
エンジンルーム内の適当な場所に固定してあります。
※詳細は画像を参照願います。

やはり『コアのみ残し、ホース以降は一時的に外す』などの対策が必要になりますでしょうか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

車検自体は、エンジン関係で言えば排気ガスを悪化させない改造、オイル漏れなどの問題がなければ まず通ります。
不正改造でなく オイル漏れや水漏れ 排気ガスが規定内なら エンジン関係の検査は、まず通りますよ。

ただし 写真を拝見して 気になったのは、固定されていない点。
また 干渉部分を軍手らしき可燃物で覆っている点。
もし 振動等で、保護しているものが破れ マスターバック(制動倍力装置)につながる太い負圧ホースやその他のホース類 燃料系のパイプ ホース等に当たってしまったら非常に危険ですから ボルト等で確りと固定することをお勧めします。

位置からして その危険が今後考えられますから、是非この機会に固定して置いて下さい。

Q寒い朝、エンジンスタート直後より暖かくなる方法ありますか?

寒い冬の朝、子供を駅まで送るのですが、エンジンスタートしてヒーターが温まるまで時間がかかります。
大体、送って帰る頃になって、やっと足元がやや暖かいのが出てくるくらいです。
時間も無いし、暖気なんてもったいないし、環境にも悪いのですぐスタートしてますので、余計寒いんですが。
しょうが無い事と思っていたんですが、もしや皆さんの中に温風電熱ヒーターを使っているとか、いい知恵がありましたら是非とも御教授下さい。

Aベストアンサー

素朴な疑問なんですが、エアコンを使うという選択肢はないのでしょうか?
しばらく走ってエンジンが暖まればエンジンの排熱を利用するヒーターに切替える。

Qカブのエンジンの50→110ボアアップについて

カブの49ccのエンジンにうちにある107ccのカブ系エンジンのヘッドを載せれるか検討しています。
そのまま、ヘッドとピストン周りだけで載せ代え可能でしょうか?
腰下もコンロッド等、総交換になるでしょうか?
載せ代えした事のある方、または検討した事ある方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

75ccにしておくのが無難だよ~。

Qガソリンエンジンとディーゼルエンジンではどちらがトラブルが多い?

 農業を営んでいるものですが、我が家で色んな農業機械を所有しております。

 トラクター3台(ヤンマー、イセキ、日ノ本)、コンバイン2台(ヤンマー、三菱)はディーゼルエンジン、田植え機2台(みのろ、共立)、クローラー運搬車(ヤンマー)、管理機(ホンダ)、草刈機(ロビン)はガソリンエンジンです。

 この秋の稲刈りでクローラー運搬車のエンジンが掛からず、また、春の田植えでは田植え機のエンジンの吹き上がりが悪く、エンストばかりで、キャブ関係を機械屋さんに点検を依頼しました。
 上記の機械、特にガソリンエンジン機械はシーズンオフにはタンクの燃料をすべて空にし、キャブ内の残燃料もエンジンを掛けたまま、消費するようにしています。草刈機(混合ガソリン)も同様にしています。

 エンジン、キャブ内にガソリンが残留していると、燃料ホース等に良くないと機械屋さんに聞きました。

 新しい年に、さて使おうとするとエンジンが掛からない、吹き上がりが悪いのはガソリンエンジン機械ばかりです。
 トラクターやコンバインはディーゼルなので、燃料を切らさず、バッテリーさえ上がっていなければ、まず、掛かります。

 何故、ガソリンエンジンはディーゼルエンジンより、よくトラブルのでしょうか?構造が複雑で、点火系、燃料系、キャブ系のトラブルばかりです。
 ガソリンタンクも錆が出やすいです。
空にしておくと錆が出やすいのは分かっていますが、長期使わないまま、タンクに残しておくとガソリンが劣化変質して始動性が悪くなります。

 大パワー必要としない機械は(5ps前後)はガソリンエンジンです。ガソリンエンジンはディーゼルに比べて繊細だと思います。
 自動車のように毎日使わず、休止期間があるガソリン農業機械はよくトラブルに悩まされます。

 トラブルの少ないガソリンエンジンはないでしょうか?
 

 

 

 

 農業を営んでいるものですが、我が家で色んな農業機械を所有しております。

 トラクター3台(ヤンマー、イセキ、日ノ本)、コンバイン2台(ヤンマー、三菱)はディーゼルエンジン、田植え機2台(みのろ、共立)、クローラー運搬車(ヤンマー)、管理機(ホンダ)、草刈機(ロビン)はガソリンエンジンです。

 この秋の稲刈りでクローラー運搬車のエンジンが掛からず、また、春の田植えでは田植え機のエンジンの吹き上がりが悪く、エンストばかりで、キャブ関係を機械屋さんに点検を依頼しました。
...続きを読む

Aベストアンサー

 うちも農業機械を持っていますが、同様の症状に悩まされます。
 特に草刈り機が2サイクルエンジンのものを使っているので、始動しにくい…
 
 回答ですが、列挙されている機械の大きさを見ればガソリンとディーゼルの区分けが判ると思います。
 ガソリンエンジンが低出力の機械に多く使われるのは、小型・軽量に出来るからです。逆にディーゼル機関は大きくて重いためトラクターやコンバインといった自重も大きめの機械にしか使えません。(車でもトラックやバスに多く使われてて軽自動車にはありませんし)
 ディーゼルエンジンの草刈り機や噴霧器があっても、担いで作業するには肩や腰が痛くなると思います。

 保管方法ですが、ガソリンエンジンを搭載している管理機と運搬車については、思いっきりタンク内が錆びてしまいました。燃料ホースが錆で詰まって動かない時期があったくらいです。(親の管理が悪かったのですが)
 そのため錆を防ぐのを目的にバイク用の錆び落としと防錆剤を使っています。これは強力な酸で錆を落としてしまって、樹脂系コーティング剤でタンク内部を覆ってしまうというものです。処理してからはガソリンを入れっぱなしで数ヶ月放置したりしていますが、錆は再発していません。
 
 作業時期前にエアフィルターを掃除してやって、燃料フィルターに詰まりがないかを確認するだけでも、作業期間中のトラブルは減らせると思いますよ。
 農業用(汎用)ガソリンエンジンは、自動車用と較べてもローテクで低出力な分、メンテナンスフリーに使われていると思いますから。自動車用のエンジンで、あの土埃の中を何時間も運転していると、もっと早くシリンダー内やキャブに致命的な故障が発生すると思います。

 それよりタイヤやクローラー交換の方が手間だし高価な事に閉口しちゃいます。
 

 うちも農業機械を持っていますが、同様の症状に悩まされます。
 特に草刈り機が2サイクルエンジンのものを使っているので、始動しにくい…
 
 回答ですが、列挙されている機械の大きさを見ればガソリンとディーゼルの区分けが判ると思います。
 ガソリンエンジンが低出力の機械に多く使われるのは、小型・軽量に出来るからです。逆にディーゼル機関は大きくて重いためトラクターやコンバインといった自重も大きめの機械にしか使えません。(車でもトラックやバスに多く使われてて軽自動車にはありません...続きを読む

Qエンジンコンディショナーでウォーターハンマー的現象

お世話になります。

予測・予想でも結構ですのでご回答いただけると助かります。

週末にマイカーのエンジンのプラグを抜き、プラグホールから
エンジンコンディショナーを5秒ほど全4気筒に吹き込みました。

その後5分ほど経過してから、プラグホールを開放したまま
セルによるクランキングを軽くやりました(近所迷惑を考えて1秒もしなかったと思います)。
そしてさらに数分置いてから、また1秒に満たないクランキング実施。

プラグなどを取り付けエンジン始動しようとしたところ、
エンジンはかかりづらいとは思っていましたが、
いつものセルが回る軽快な「チチチチ」という音ではなく、
「ドゥルン、ドゥルン」という感じで軽い上下振動を伴い
低い回転数で鈍く回転したのち、エンジンがかかりました。
セルがとまることはありませんでした。

これはエンジンコンディショナー排出不十分で起きた
ウォーターハンマー的な現象だと思うのですが、
車の状態は、距離にして50kmほどアイドリング回転数(600rpm程度)から
5000rpm程度(レッドは7000rpm)まで実走行してみましたが、
どの回転数でも異常振動など感じられず、吹け上がりもスムーズです。
アイドリングの不安定さも見られません。

気になるのは、今回のことでコンロッドがゆがんでしまったのではとか、
コンロッドの最弱部にダメージがのこり、数年のうちにエンジンブローにつながるのでは
と心配が残ってしまいました。

エンジン再始動時のクランキング時には、
音から判断して各気筒とも燃焼はしていなかったと思います。

今回の現象からエンジンダメージの程度予想をいただきたいのですが、
よろしくお願いします。
(気になるのはセルの力だけでエンジン各所にダメージをきたすことはあるのでしょうか。)

お世話になります。

予測・予想でも結構ですのでご回答いただけると助かります。

週末にマイカーのエンジンのプラグを抜き、プラグホールから
エンジンコンディショナーを5秒ほど全4気筒に吹き込みました。

その後5分ほど経過してから、プラグホールを開放したまま
セルによるクランキングを軽くやりました(近所迷惑を考えて1秒もしなかったと思います)。
そしてさらに数分置いてから、また1秒に満たないクランキング実施。

プラグなどを取り付けエンジン始動しようとしたところ、
エンジンはかかりづらいと...続きを読む

Aベストアンサー

全く心配ありません。スターターモーターのトルク程度でコンロッドやクランクシャフトに損傷を与えることはありません。いわゆるウォータハンマーでのエンジン破壊は、運転中のエンジンに水などの液体が吸い込まれることで起こる現象で、運転中のエンジンの回転よるフライホイールマスが破壊のエネルギーとなります。スターターモーターにはそのような大きなエネルギーは有りません。また、始動直後の燃焼状態の変化はエンジン内部に残ったエンジンコンディショナーよるものと考えて問題ないでしょうけれど、これはガソリン以外の燃料(もしくは不燃物)を含んだ状態の混合気に点火するために正常な燃焼とならずフィードバック機能も想定外の物質を含んでいるために正しく動作しなかった可能性があるため、一時的な異常な燃焼状態となったためでしょう。

実際にウォーターハンマーでエンジンが破損する場合は、ほぼ瞬間的に起こります。またガソリンエンジンでは比較的おきにくい現象です。これはガソリンエンジンは破壊を起こすフライホイールマス自体がそれほど大きくないこと、もともとの圧縮比がそれほど大きくないこと、燃焼室内や吸気管ないぶに水などの液体の進入が有ると点火ができなくなりエンジンの運転自体ができなくなるからです。そのためガソリン車は管水路に突っ込んだ場合などでもウォーターハンマーによるエンジンの破損は意外と起きないのです。一方ディーゼルエンジンではフライホイールマス自体が大きい上に圧縮費も高く、液体が混入しても断熱圧縮による温度が十分に上昇しある程度の空気が有れば燃焼を続けられるので、エンジン運転中に液体を吸い込むなどするとかなりの確率でコンロッドの折損やクランクシャフトの捩れなどの大きな損傷を受けます。


私の手がけた限りガソリンエンジンでのウォーターハンマーが原因でエンジン破損にいたった実例はガソリン車では、インテークマニホールドのガスケットが破損(組み付け不良)により、高速道路走行中に冷却水がシリンダー内部に流れ込み、コンロッドの折損およびシリンダーブロックの破損を招いた一例だけです。


まぁ、スターターで回せる程度であれば液体が残っていても何の問題も無いということです。

全く心配ありません。スターターモーターのトルク程度でコンロッドやクランクシャフトに損傷を与えることはありません。いわゆるウォータハンマーでのエンジン破壊は、運転中のエンジンに水などの液体が吸い込まれることで起こる現象で、運転中のエンジンの回転よるフライホイールマスが破壊のエネルギーとなります。スターターモーターにはそのような大きなエネルギーは有りません。また、始動直後の燃焼状態の変化はエンジン内部に残ったエンジンコンディショナーよるものと考えて問題ないでしょうけれど、これ...続きを読む

Qコンバインのエンジン始動

車ではないのですが質問させてください。コンバインのエンジンを始動させて、数分後一度止めて再度かけようとしたのですが、まったくかかりません。スターターも回る様子がありません。バッテリーの充電は大丈夫だと思うのですが‥‥‥。はっきりしたことは現車を見ないとわからないとは思うのですが、考えられる可能性の高い問題点というとどういったことがあるでしょうか?機種名は『クボタ スカイロードR1-12』で、20年以上前のコンバインだと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

スターター回らないのなら、まずその原因追究すべき。
バッテリー、スイッチ、モーター、それらの配線、負荷がかかったまま?。
いずれにしても、今回初めてのトラブルであれば、原則なにがあってもおかしくありません。
しばしば起こるものなら・・・別ですが。

Q水平対向エンジンはどうやって

一度も購入したことも、いじったことも、整備書見た事もありませんが水平対向
エンジンはどうやってメインベアリングキャップを締めるんでしょうか?
組み立て順もクランクにコンロッド・ピストン

着けてから両シリンダーを合わせる?感じ?結構なぞです。詳しい方御願いします。

Aベストアンサー

モナカ
http://minkara.carview.co.jp/userid/271921/car/165727/395405/note.aspx

Qエンジンが始動しない

二ヶ月ほど動かしていない(トヨタカローラスパシオ
平成9年式)車で
バッテリーを充電してある元気なものにとりかえ
キーをまわすと
セルモーターは元気よく回ってくれるのですが、
エンジンがかかりません。
どうしたらよいのでしょう。

Aベストアンサー

プラグをみるのなあ車載工具に入っているプラグレンチを使ってください、エンジンの上側にあるプラグキャップを外しプラグレンチで左回しです、けっこう固いと思います
セルを回した後はずしてみて濡れていたら燃料はきてますので、ボロ布でふいてつけてください
またはずした状態でプラグキャップを付け、プラグのネジ部をエンジン等にアースさせセルを回せば点火の状態を確認できますが、へたをすると手に数万ボルトを食らうことになるので気をつけてください
これを確認してだめならやはり専門業者に依頼してください


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング