今週末F1のモナコGPが開催されます。
N・マンセルとウイリアムズ・ルノーが圧倒的な強さでチャンピョンを取った
92年シーズンのモナコGPにて、
快調にトップを走っていたマンセルが緊急ピットイン、
タイヤ交換してコースに戻った時にはA・セナの2番手に落ちました。
その後猛烈なアタックをかけるもどうにも抜けず結局2位に終わりました。
あの語り草にもなっているレースは皆さんも記憶にあると思います。
F1好きの友人があのレースの中で、
マンセルに背中を突っつかれているセナに対して、
カジノコーナーからミラボーに続く短いストレートで
1位を走っているにもかかわらずブルーフラッグが振られたと言うのです。
もし本当ならばそのコースマーシャルのミスですよね。
誰かVTRお持ちの方、本当かどうか見て教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ビデオは確認していませんが、振られたのははっきり覚えています。


あのブルーフラッグに関してのコメントもしっかり入っていたと思いますが。

よく見かける光景としては、周回遅れのマシンに対して振られているケースですが、本来、ブルーフラッグは後方のマシンよりも前方のマシンが明らかに遅い場合に振られます。
あの場合、フレッシュタイヤのマンセルに対し、セナのタイヤはボロボロでしたよね。
その辺りの判断が働いての事だと思います。
微妙な判断ではありますが、ミスではないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ブルーフラッグは「後ろからあなたより早い車が迫っています」という意味なのですね。
そして「周回遅れになる車は速やかに抜かさせなさい」
無視するとペナルティになるよ、ということですね。
おそらくセナのレース人生の中でも
1位を走っていてブルーフラッグが振られたのは初めてでしょう。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/31 11:44

そのレースのビデオを持っていたので、確認してみました。



77周目にブルーフラッグが二度ふられています。

最初はボー・リバージュの急な坂を上りきったあたりで、
その次がご友人がおっしゃった場所です。

ファイナルラップの78周目では、ブルーフラッグはふられていませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざビデオを見ていただいてありがとうございます。
私もぜひビデオかLD・DVDを手に入れようと思います。

お礼日時:2003/05/31 11:41

最後の2~3周ですよね。


あの時は、圧倒的にマンセルのほうが早くて、ラップタイムも大幅に違っていました。

ブルーフラッグは、確かに振られていましたよ。
回周遅れの車ではなくても、明らかに遅い車には振られるようです。
特にモナコは、抜きにくいコースですよね。
今ほど厳しくはないですが、マーシャルのミスではないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ブルーフラッグは周回遅れになる車に対しての物と思っていたので、
私の認識不足でした。
勉強になりました。

お礼日時:2003/05/31 11:40

ええっとぉ、最初からみているわけにはいきませんが、だいたい何周目だったか教えてもらえれば、、チェックしてますが。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

kuma-oさんが77週目に振られていたとありますね。

お礼日時:2003/05/31 11:38

ビデオは持っておりませんが、ブルーフラッグが振られたのは事実だと記憶しています。



ブルーフラッグは後ろから速い車が接近しているトキに振られるモノ。セナとマンセルでは圧倒的にマンセルの方が速かったワケで、マーシャルのミスではないと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

別に周回遅れになる場合に限らずブルーフラッグが振られるようですね。
勉強不足でした。

お礼日時:2003/05/31 11:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QF1モナコGP 1992年セナvsマンセルについて

youtubeでTRUTHを聴いていたのですが、横にこの動画がありました。
http://www.youtube.com/watch?v=Co2NgOEv6t8&feature=related
調べた限り、この勝負は結構有名だったようですが、私はF1にあまり詳しくなく、この勝負の背景や結果がどう凄いのかがわかりません。

素人の私に、この動画の詳細(なぜ有名なのか等)について教えてください。

Aベストアンサー

うろ覚えですが、あと何周かという所で、マンセルの車のタイヤに異常が出たため、タイヤ交換のためピットに入りました。出て来たら、セナが前。しかし、セナのタイヤは既にかなり消耗が激しく、一杯一杯。しかし、場所はモナコ。要所を確りと締める術を知っているセナの車を結局抜けず、セナ大逆転での優勝と成ってのでした。マンセルのタイヤ、後で調べたら実は何ともなかった、とも何となく記憶があるのですが、確かではありません。

セナだから抜かされなかった。モナコマスターのセナだからこういう事も起きた、そんな意味で名勝負と言われているのでしょう。実際。オンタイムで観ていましたが、翌々年だったか、雨のブラジルを制した時と同様のまさに手に汗握る名勝負でした。

QF1、モナコGPの予選の放送を見てたらモナコで68回目と言っていたので

F1、モナコGPの予選の放送を見てたらモナコで68回目と言っていたのですが、
F1って68年もやってなくないですか?これってどうゆうことなんですかね?
昔は1シーズンに2回以上モナコGPがあったとかですか?

Aベストアンサー

も1つ余談・・・

インディ500は、現在はインディカー・シリーズの1戦に組み込まれているけど、インディカー・シリーズが始まったのは1996年から。インディカー・シリーズ以前にフォーミュラカーによるシリーズ戦を行っていたCARTシリーズにしても1979年からの大会。

ル・マン24時間も、今はル・マンシリーズという選手権の1大会でもあるけど、ル・マンシリーズは2004年からの選手権。それ以前にもスポーツプロトタイプによる世界選手権があったけど1953年から名称を変更しながら1992年まで開催されたもので、ル・マン24時間の方が年季が入っている。

3大クラシックイベントは元々独立した競技会で”選手権より古い”大会であり、伊達や酔狂で「クラシック」と呼ばれているワケじゃないということ。

Q(89年ポルトガルGP)マンセル、セナと接触の真意は?

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=482713の最後の回答にある

>89年 ポルトガルGP ピットでオーバーランしてバック(違反です)して戻り、その後黒旗が出されるも無視して走りつづけ、セナと接触して二人ともクラッシュ。

これを読んで、そういえばそういうことがあったと過去の記憶がよみがえりました。
それで思ったことがあるんですが、マンセルが黒旗(失格だからコースアウトせよという意味なんだろう)を無視して走りつづけたということは、セナにわざとぶつかり、セナを「道づれ」にするのが目的だったんでしょうか。
つまりこの接触は、マンセルの「確信犯」だったということなんでしょうか。

Aベストアンサー

セナ&プロスト関係は、当時は険悪になりかけており、翌年アラン・プロストはナイジェル・マンセルが所属していたフェラーリチーム入りも確定していたそうですから。この年のタイトルをプロストがとり、カーナンバー1を引っさげてのチーム入りでしたら、81年以来ずっと27、28だったフェラーリにとっても有難かったのではなかったと思われます。

あのレースでマンセルはすでに周回遅れで勝ち目はなく、優勝確実だったセナを身を呈してでも止めたほうがチームのために好としての行為ではないかと。フェラーリ側もそれを内部的に良しとしたと、あくまで当時ささやかれた噂ですが。セナも「プロストは政治的工作によって造られたチャンピオンだ」、と批判していたそうです。

フェラーリファンにとっては冒涜的な発言かもしれませんが、最近のM・シューマッハ、ルーベンス・バリチェロによる馴れ合い試合ともとれるあのチームの方針を見ると、どこか疑わしいのは否めません。

QF1でアイルトン・セナの死亡事故があった1994年のサンマリノGPでは

F1でアイルトン・セナの死亡事故があった1994年のサンマリノGPではセナのクラッシュしてから赤旗で中断した後にまた再開したのですか?
それともクラッシュした時ときでもう中止になったのでしょうか?

Aベストアンサー

予選から事故が多発し、
確かあの時は中断後、再スタートし、
最初とのレースとの合算で優勝者が決まったと思います

ミハエル・シューマッハが優勝しマシンはベネトンでした

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/1994%E5%B9%B4%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%8E%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83

Q今年のF1モナコGPについて

今年のモナコGPでのシューマッハとバリチェロとのトラブルってなんですか?
見逃がしてしまったのです。

ご存知の方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

状況をまとめると―

最終周に入った時点で、6位ラルフ、7位バリチェロ、8位ミハエルが接戦状態。
TVには映りませんでしたが、たぶんヌーベルシケインでミハエルがバリチェロを差し
7位浮上。そのままラルフをかわそうとしたところでチェッカーを受けました。


レース界の暗黙の了解(モラル)では、チームメイト同士のバトルは
チームの損害(両者接触)にならないフェアなものが望まれます。
とくにレース終盤では、コンストラクターズ・ポイントを最優先して、順位キープのまま
ゴールするものですが、今回のミハエルはそれを破り、個人成績を優先したと
みられます。バリチェロ側も予期していなかったので、インに飛び込まれて驚いたでしょう。
ただでさえ抜きにくいモナコでは、抜かれる側にもリスクが及びますから。
(それでフェアじゃないと不満を漏らした)

フェラーリでいえば、82年地元サンマリノGPでピローニが掟を破り、
最終周に同僚ジル・ビルヌーブ(ジャックの父)を抜いて優勝。
ジルは裏切られたと激昂し、次戦ベルギーGPで事故死するという悲劇がありました。
その教訓があっただけに、内紛の火種となるミハエルの行動には謎がのこります。
(バリチェロ相手にしても7位、8位の1ポイント差のためにそこまでするか、と)

今シーズン絶不調のチームらしいボタンの掛け違いか、あるいは昨日発表された
バリチェロの契約打切り(マッサの加入)の伏線だったのか・・・
ともかくこの一件と、米国GPの「緊迫の首位争い」で、バリチェロは移籍を決意したと
おもって間違いないでしょう。
                                    

状況をまとめると―

最終周に入った時点で、6位ラルフ、7位バリチェロ、8位ミハエルが接戦状態。
TVには映りませんでしたが、たぶんヌーベルシケインでミハエルがバリチェロを差し
7位浮上。そのままラルフをかわそうとしたところでチェッカーを受けました。


レース界の暗黙の了解(モラル)では、チームメイト同士のバトルは
チームの損害(両者接触)にならないフェアなものが望まれます。
とくにレース終盤では、コンストラクターズ・ポイントを最優先して、順位キープのまま
ゴールするもの...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報