マーベルの伝説はこの男から…。アイアンマンを紐解く! >>

小3の長男が公文に3年通ったんですが、算数も国語も成績としてはイマイチで色々考えて、4年から入れる進学塾に変わろうかと思っています。
公文を辞めたいと先生に話したところ、もったいない、中途半端になる、小学生の内は公文がいいと取り合ってくれない勢いで止められました。

今までやってきた計算力が無駄になって、ガタガタと成績も落ちていくと言われ、正直悩んでいます。
確かに毎日コツコツと計算をやってきて、多少早く解けてはいると思いますが、学校の授業はそれ以外の事も多くなりついていけてないようです。

進学塾は厳しいのと、ゆくゆく受験に必要なると思い早い時期だと入塾テストも簡単なので入る予定です。
経験のある方の意見をお聞きしたいです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

塾講師です。



いくつか成績が伸びない原因が考えられますので、参考程度に聞いていただければと思います。

まず、勉強に対して興味がないのでしょう。
興味がないものに関するプリントを10枚も20枚も延々とやらされる。
これは息子さんにとって苦痛以外のなにものでもありません。
いやだと思いながらやって、成績が伸びるわけはないのです。

2つ目。
算数も国語も、ということでしたので
先の方もご指摘の通り「読解力」が伸びていないのだと推測します。
国語の点数と他の科目の点数の間には強い相関があることも知られています。

あと、これは私が生徒を見てきて思ったことなのですが
公文に行っている生徒は、確かに計算力がずばぬけています。
しかし「計算力」だけなのです。
想像力、というべき類のものがまったくと言っていいほど伸びていません。
たとえば、人間の体重を求める問題で、自分が問題文を読み間違えた結果「320kg」という答が出たとしましょう。
非常に計算ははやいのですが、これを「おかしい」と思うような想像力が欠如している方もいます。
もちろん、すべての人がそうだと言っているわけではありませんので
成績が伸びない理由として、細かく見ていけばそのようなものがありませんか?ということをお尋ねしたく思います。

しかし、いずれにしても成績が伸びない理由をとことんまで突き詰めて理解しないと
新しい塾に入れたとしても、伸びないということは大いに考えられます。
最初にあげた「勉強に興味が持てない」が理由だとすると、おそらくどこの塾に行かれても同じでしょう。
塾に入れただけで成績が伸びるものではありませんから。

ちなみに、どこの塾でも今の時期、生徒数減は厳しいですので
必死に引きとめにかかるのは当然のことですから、ご自身があっていないと思われるのであればあまり振り回されぬ方がよろしいかと思います。

何かの参考になれば幸いです。
    • good
    • 19
この回答へのお礼

すごくわかりやすい説明です。ありがとうございます。
私自身が子どもの勉強を公文にまかせっきりで、じっくりと見てあげていなかったと反省しています。
毎日、学校と公文の宿題に追われ、学校の授業やテストも細かくチェックしていませんでした。

公文も身についているとは思うのですが、やはり退会して塾に通いながら親がフォローしていこうと思います。

お礼日時:2010/01/27 19:21

こんにちは。



ご質問文を拝見し、色々と考えさせられる点がございましたので、
回答投稿してみることにしました。

自慢のようになってしまいますが、
私は塾・予備校・家庭教師の類には一度もお世話になったことがありませんし、
小学校のとき全員に配られた計算ドリルも全くやりませんでした。
計算のスピードは遅いし、間違いもやや多いです。
しかし、県下一の進学校に受かり、有名大学に現役で合格しました(理系)。

今では、中年のオヤジになりましたが、なぜそのようなことができたかを冷静に分析すると、
学校で習ったことを形式的に鵜呑みにせず、自分で納得できる考えを
自分自身で見つけたからではないかと思います。
ただし、時分の家の中の本棚に、それとなく置かれていた書籍の効果はあったのではないかと思います。

質問者様自身は、
3÷7=3/7
となることは当たり前だと思いますか?
中学生以上になると、a÷b などと書かず、最初から a/b と書くようになります。
私は小学5年ぐらいのとき、3÷7=3/7 という「驚くべき事実」を書籍の中に発見し、衝撃を覚えました。
図解で書かれていて、「なるほど。だからそうなのか」と。

小学6年ぐらいのときには、中学校の数学を百科事典で読んで、
(a+b)^2 = a^2 + 2ab + b^2
という公式を知りました。
「aとbにどんな数を入れても、なんで合うんだ?」
と。
理由はそのときにはわかりませんでしたが、感動しました。
だから中学校に上がってからその式が出てきたときに、理解できました。

私は小中学校のとき、漢字は得意でした。誰にもほめられなかったのですが、小テストで9割以上取るのが楽しかったからです。
国文法にも強かったです。ほぼ、趣味の世界でした。
ただし、小説の類を読むのは、当時も現在も非常に苦手です。文学作品を読むときは、どうしても集中力が続かなかったのです。
私の上の兄弟達は、小さい頃から読書が好きで、大学は文系です。
(という私も、共通一次(現在のセンター試験)では国語で7割ぐらいは取れましたが。)
黙読は、非常によいことらしいですね。
つい最近、フジテレビの「エチカの鏡」で紹介されていた、難関中学合格者多数の国語専門の塾では、
講師と生徒の会話が一切無く、ただただ黙読させるという時間がります。
最近このサイトで、「小さい頃にファイナルファンタジーを遊んだおかげで読解力がついた」という驚きの体験談を書いた人がいます。
なるほど、そういうこともあるのかと驚きました。
たしかにFFシリーズは、キャラクターの台詞が長文です(言葉遣いはあまり感心しないところはありますが)。

本を家の中にそれとなく置いているだけで効果が出ます。
現在の我が家の場合も、(子供達の部屋ではなく)居間に色々なものを置いています。
世界大地図、地球儀(二球儀)、文学作品、市販の英語教材(CD付き)、宇宙図鑑、伝記漫画、四文字熟語集、
百人一首(CD付き)、高校程度の歴史資料集、美術書、こども用の将棋・囲碁入門書、
居間のすぐ隣の部屋には電子ピアノ(88鍵)と楽譜、エレキギター、カスタネット、タンバリン、・・・

子供達は興味を持った本を、ときどき、自分の部屋に持っていって読んだりしているようです。
笑えたのは、2人で風船バレーをやり、1回打つごとに四文字熟語を言う、というルールを設けて遊んでいたことです。

それから、上の子にはこれを勧めたところ、ずっと続けているようです。
http://www.nhk.or.jp/gogaku/english/index.html
中1から今に至るまで、学校の英語は余裕でできているみたいです。
私は中学に上がってからやっていましたが、学校の予習復習はまったくやらなかったのに、試験では大概95点以上でした。
英語と音楽は、中学に上がる前に始めると非常に有利です。


>>>取り合ってくれない勢いで止められました。

当然です。
多少、親身な思いやりの気持ちがあるかもしれませんが、
まともな商売をやっている会社で、やめたいと言う客の慰留をしないところはありません。
(公文の営業妨害を意図しているわけではありません。一般論です。)

>>>今までやってきた計算力が無駄になって、ガタガタと成績も落ちていくと言われ、正直悩んでいます。

計算力を焦点にするならば、小学生のときに培った計算力は、中学の後半から高校以上になると、思いのほか役に立ちません。
さらに大学以上あるいは仕事になると、細かい計算はコンピュータや関数電卓に任せることになるので、
人間がやることとしては概算力が非常に重要となります。
たとえば
9324 × 12688.9 = だいたい1億
とかです。
身近なところでは、スーパーで買い物をするとき、かごの中に入れたものの合計額は百円単位で概算すると、大概うまくいきます。

>>>確かに毎日コツコツと計算をやってきて、多少早く解けてはいると思いますが、学校の授業はそれ以外の事も多くなりついていけてないようです。

変な言い方ですが、それは「計算力はあるが計算力がない」ということです(一見計算ではない算数も含む)。
計算というものには意味があります。
その意味を自分自身でちゃんと納得せずに、形だけの計算ばかりしていると、
中学校に上がってから応用問題が解けなくなり、ほぼ確実に数学嫌いになります。
しょせん、2×3=6 とか 17-8=9 というような計算は、単なる暗記です。
それ以上でもなくそれ以下でもありません。
中学に上がってから単なる計算ミスで得点を逃すと、
親や先生が言わなくても、「次は間違えないぞ」と悔しがることでしょう。
私自身も、13-8=5 を 13-5=7 と間違えて点を失ったことがあり、すぐに自分で考えを修正しました。
むしろ、小4で脱落するのではなく、斬新なことを習うようになったときに、
「自分がこれまで一所懸命やってきたこととは勝手が違う」
とアレルギー反応を起こしかねません。

私からは、お子さんに、もっと進んだことを「驚き」や「感動」をもって、
「それとなく」勉強させることをおすすめします。


>>>進学塾は厳しいのと、ゆくゆく受験に必要なると思い

厳しいことは良いことでない可能性があります。
http://yabusaka.moo.jp/moriyasu.htm
http://www.y-ads.jp/education-at-adolescence/081 …


以上、色々書きまして、不愉快に思われることもあるかもしれませんが、
少しでもご参考になりましたら幸いです。
    • good
    • 28
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。真摯に受け止めています。

幼児教育という言葉に踊らされて、早くからやっていれば大丈夫と高をくくっていた気がします。
最近の子どもはイメージする力が足りないと言われていますよね。テレビやマンガではなく、本をじっくり読む子は想像力が膨らむようです。公文のやり方は、スピード命でとりあえず終わればいいみたいな所がある感じでした。

計算も市販のドリルなどで補習して頑張っていきたいと思います。
大変参考になりました。たくさん書き込みしていただいて感謝しています。

お礼日時:2010/01/27 19:27

岸本裕史著「見える学力、見えない学力」と続編を読んでみて下さい。


小学校の算数の計算を鍛えることに、大きな意味があることを発見して、百ます計算などを公立の小学校で始められた方です。
小学校の算数の教科書の執筆もしたことがある、遠山啓さんと現場の先生方による「水道方式」という筆算の体系もあります。
担任の先生に相談してみるのも、よいかもしれません。
ご近所の先輩たちや、ご兄弟の情報も聞いてみてください。
http://www.tarojiro.co.jp/search/arithmetic/inde …
らくらく算数ブック
http://www.tarojiro.co.jp/search/kanji/index.html
漢字が楽しくなる本
わが子は、絵本の読み聞かせで、育てました。
よい先生にめぐりあえるとよいですね。
陰山英男さんの本も読んでみて下さい。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

具体的に本を紹介してくださりありがとうございます。
意味を理解すると頭に入りやすいんでしょうね。
人任せではなく、親の私が内容を知って一緒に勉強していきます。

お礼日時:2010/01/27 19:32

私の場合、公文で小3から小5まで3年通いましたが、


そこで身に付けた計算力は未だに身についていますね。
公文の場合、自分のペースで自分の力にあった計算を
繰り返しやりますので、基礎学力をつけるのに適していると思います。

ただ、それが苦痛になる子供の場合、伸び悩むこともあるでしょう。

子供の場合、厳しい進学塾で伸びる子もいれば、
落ちこぼれる子もたくさんいます。
親が行けというから座っているだけという子もいます。
公文でだめなら進学塾のほうがもっとダメになる
可能性は高いように思います。

小3の男の子の場合、勉強の楽しさがわかっていなければ、
なにをやっても伸びないということも考えられます。

また、子供の成績というのも、毎日こつこつやったから、
徐々に伸びるというものでもなく、階段をあがるように、
突然伸びるという風な伸び方をするものですから、
そのあたりも差し引いて考える必要はあります。

本人になにがあっているか。
本人がどうしたら楽しく学べるか。
小3くらいでしたら、そのあたりが一番肝心だと思います。

公文の先生も商売ですから、そのあたりのセリフは
話半分に聞いておくにしても、
実際のところは子供に聞いて、公文は楽しいか。。
ということで決められるのがいいと思いますが。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

経験者の方の意見、参考になりました。
うちの子は、学年を飛び越えてどんどん進むことはなく、学年相応のところをかろうじてやっている感じでした。
なので公文が合っていたかは疑問なのです。

コツコツ毎日やることに関しては嫌がることはほとんど無かったのですが。
公文を続けていたのは、ポイントを貯めてもらえる商品をもらうためだったようです。

一度スッパリ辞めて、様子を見ます。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/01/27 19:50

成績がいまいちなら、勉強法を見直すのは当然でしょう。



ただ、どの業者にせよ、どうやって苦手なところを補うか、が見通せる業者・塾にしましょう。

自分のペースでできるが学校のペースに追いつかないのも困りますし、進学塾で追いつかないのも困ります。

こまめに、学校のテストの復習(間違えたところのやり直し)をするほうが、まさに苦手を補うレベルの勉強になります。そのクセをつけるほうがお徳かもしれません。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ありがとうございます。
見直す時期にきたんでしょうね。
夫婦でじっくり話し合い考えて、進学塾が本人に合っているんじゃないかと答えを出したところで公文の先生に色々言われて揺らいでしまいました。

入塾テストで結果を見て、長男の弱点をズバッと指摘されて決めたようなところがありますが、通ってみようと思います。

お礼日時:2010/01/27 19:53

小学校の高学年になるまでは公文に通い続けました。


公文でどこまで進んでいるかにもよりますが、
幼稚園のうちに私や弟は小学校のカリキュラムを
終了していたので、小学校の数学で困ることは
殆どありませんでした。

結論として公文の計算力はかなり役立ちました。
プリント枚数でいうと、1日10~20枚をこなしていれば
かなりいいところまで進んでいけていると思うのですが。。。

質問内容を拝見していますと、計算力でお困りというよりむしろ、
読解力でお困りなのでは
ないでしょうか。
公文をいくら早く解くことができても、問題の内容を理解
できないというのであれば、それは公文のみならず塾に行っても
あまり大差がないように思います。

普段から本を読む癖をつけるなど、文章を理解し、答えを出して行く
力がなければ今後厳しいかと思います。

個人的に公文の国語も漢字の体得には役立ちましたが
読解力をつけるという点では疑問でした。
国語のテスト対策という点ではありだと思いますが・・・

散文になりましたが、一応学歴は私が有名高校卒、有名私立大学、
弟も有名高校卒、某国立大学に進みました。
    • good
    • 11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公文式(特に国語)について、相談させてください。

以前も公文について相談させて頂きましたが、また改めて相談させてください。

小学校1年生の子供が、公文を始めてそろそろ1年になります。
(小学校入学1ヶ月前から正式に始めました)

現在、算国英を学習しています。

保育園時代は何も読み書きも教えていなかったので、4A教材からはじめました。(算国)

そして、発達障害の特性から、記憶力等が人より長けている為、ほとんど復習なしで(満点)トントンと進み、現在、算数F教材、国語E2教材、英語F2教材を学習中です。

現在は1日5枚程度の学習ですが、2年生になる頃には、恐らくあと2教材近く進むかと思います。

そこで質問なのですが、発達障害故、単調作業を嫌います。
新しい教材に入ったときは、1日20枚やりたい等と、興味津々なのですが、やり方を覚えた後半は苦痛だそうです。
(算数の話です)

私も夫も、全く教育に興味はなく、子供がやりたいからやらせているだけなので、受験は全く考えていないですし、辞めさせようかと考えています。

と言うのも、勉強が趣味のような子で、現在、難関中学受験用ドリルのようなものを買って欲しいと言われ買い与えましたが、公文のプリントの後に2時間近くドリルをやっています。

そういう類のドリルは、基礎の公文と違い応用ばかりなので、たのしいそうです。(算数の話です)

ですが、読書も大好きですし、新しい知識を得ることが好きな為、国語は面白く、続けたいと言っています。

公文の評判を聞きますと、賛否両論とは言え、算数を賞賛する意見が多く、国語についてはあまりお話を聞くことがありません。

金銭的な話ですが、我が家は子沢山で裕福ではなく、公文を始める時も高いので凄く悩み、算数と英語の評判が良かったので、それなら…と始めさせました。

ですが、英語はとりあえず全部の教材終了を目標に、今後もつづけていきますが、国語はどうなのでしょうか?

また、算数も、予定ではG教材終了か、H教材終了か…ぐらいで2年生になりますが、辞めるには中途半端でしょうか?

同じ1年生の子供さんは、まだB・C程度の子供が多く、高学年の子のお母さん等の知り合いもいない為、リアルな情報がありません。

3月末で辞めるとなると、そろそろ意思を固めないといけない時期ですのでご意見、アドバイス、感想等、教えてくださると幸いです。

よろしくお願いします。

以前も公文について相談させて頂きましたが、また改めて相談させてください。

小学校1年生の子供が、公文を始めてそろそろ1年になります。
(小学校入学1ヶ月前から正式に始めました)

現在、算国英を学習しています。

保育園時代は何も読み書きも教えていなかったので、4A教材からはじめました。(算国)

そして、発達障害の特性から、記憶力等が人より長けている為、ほとんど復習なしで(満点)トントンと進み、現在、算数F教材、国語E2教材、英語F2教材を学習中です。

現在は1日5枚程度の学習ですが、2年生に...続きを読む

Aベストアンサー

公文を小1から現在(中3)まで続けているものです。
僕は小6まで、3教科学習し、中学では数学のみです。
国語K、英語K2で終了、数学U学習中。

国語ですが、正直言って役には立たないのかなー
と思います。全く役に立たないわけではないですが
他の2科に比べるとあまり。
G-Iは、ちょっと難解な文章の読解が中心ですね。
Jに入ると古文漢文が中心になっていきます。
今僕は受験の時になって、長めの文章も怖がらず
読めるようになったのは公文のおかげかな?
とは思っていますが、費用的なこと考えると..。

続きまして英語についてです。英語は今Fと言いますと
カラーの読み中心教材ですよね?
Gに入ると途端に書き中心になります。
確かにA~Fまでの英語は楽しいと思うのですが、
それ以降は特に楽しいとは感じませんでしたね。
ただIまでやっておくと中学の文法一通り学習できるので
役には立ちました。が、J以降は本当に読解ばかり
なので、最終教材までやるのはきついかもしれません。
(読解の内容もマクベスだとか戦争だとか小学生
にはちょっと、の内容がありますし)

最後に数学。僕は数学大好きなのでUという
人生に無用な(笑)領域までやっていますが、
好きじゃないと辛くなります。
数学はGよりFの後半が難しいとの評判がありますので
Fの後半(F150以降)をやっているお子様の態度
を見て決めてみてはいかがでしょうか。

ところで、小学生のうちにJ教材に入るとJフレンズ
(前まではI教材だったんですけど多分経費削減)
という制度に登録され、記念グッズ等がもらえます。

またところで、公文の先生によってはそこまで
勧誘ぐいぐい来ない先生もいます。教室の先生と
ご相談されるのもいいかと思いますよ。
その時にはついでに先の教材も見てみてください。

中学生のくせにこんな文章、そして長文失礼しました。
ご参考になれば幸いです。
何かありましたら補足でもどうぞ。
※楽しくないだとか役に立たないだとかは個人的な
ものですのであくまで参考程度でお願いします。

一言です。公文って英国J、数R以降は趣味。
もしお子様が本当に公文が好きなのでしたら、
スポーツやピアノなどをやらせるつもりで
1教科に絞ってやらせてみるのもいいかなと思います。
公文は教材費が(英語の初回除き)ないため
趣味にしては安い方かなと。

公文を小1から現在(中3)まで続けているものです。
僕は小6まで、3教科学習し、中学では数学のみです。
国語K、英語K2で終了、数学U学習中。

国語ですが、正直言って役には立たないのかなー
と思います。全く役に立たないわけではないですが
他の2科に比べるとあまり。
G-Iは、ちょっと難解な文章の読解が中心ですね。
Jに入ると古文漢文が中心になっていきます。
今僕は受験の時になって、長めの文章も怖がらず
読めるようになったのは公文のおかげかな?
とは思っていますが、費用的なこと考えると..。

...続きを読む

Q公文式(算数)が学年相応に上がらない悩み

小学校3年生の父親です。小学校2年生より公文式を始めたのですが、なかなか学年相応のグレードに上がれず、本人のやる気が出にくいです。計算力は元々進研ゼミなどもやっていたので遅れは見られず、公文式開始したときに掛け算九九だけは先にやらせていただきました。先生は継続していけば、学年相応グレードに上がるとは言っていましたが、学年より下のグレードを果てしなくやらなくてはいけないので意欲が低下しているようです。公文式の場合、小学校の学習指導要領にはないものもやっているし、計算力は今後の底力になるので良いことだとは思うのですが、本人のモチベーションの低下が続くのは非常良くないことだと思います。このまま続けていくべきか、やめて別の塾や進研ゼミの学習に徹底させるか迷っています。(進研ゼミは現在、学校の宿題も平均よりも大目なので、消化不良となりほとんど進められていません。)どうかアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

NO2です。補足ありがとうございました。
算数についてはB50あたりで簡単過ぎて…と言っているなら「早く進んで早くCに入ろう」という促し方で良いと思います。ただし、本当にお子さんにとって『簡単』だったらいいのですが。。。あまりに時間かかかっていたり、×が多い、訂正が何度も繰り返している状態なら危険です。時間的にもミスの数でも順調のようでしたら逆に1日の枚数を増やしてもらって早くCに入ることを目標にするよう励まされるのが良いかと思います。早く進むには時間的にもミスの個数も速く正確にを目標にご家庭でも集中して出来るように向けてあげることで継続させていいかと思います。ただし先述したようにBの後半は殆どのお子さんが苦しんでいます。Bの150あたりをあっさりクリア出来ればC以降一気に加速し学年より上に早い時期に到達できる可能性高いです。今ここで止めてしまうのはどうかな。。。という印象を持ちました。

国語については確かに特に小学生は学年より下の教材については「こんな漢字もう習った」「字が大きい(低学年の印象を抱くようです)」と言うのですがBまでの習得状況がもろにCの後半そしてDで出てきます。もしおうちで積極的に本を自分で読んでいける、漢字検定など自分でご家庭で問題集でやっていけるという状況なら公文に限らず特別何かする必要はないでしょうが、逆に言えば国語はいざ中学以上になって苦手だと気づいたとき、一番改善するのに時間が掛かる(漢字などは覚える作業で突貫で出来ますが読解力や、論述問題など付け焼き刃ではなかなか難しいです)ものですので、その辺りも踏まえ今後のことを検討されてはいかがでしょうか。

拝見するに質問者様のお子さまのスケジュール的にも通信教育はお休みされてもいいような気がします。公文の場合習い事が忙しくてやったりやらなかったりが多い生徒さん、あるいはやっても適当にじっくり取り組まないお子さんは正直なかなか伸びません。一日の生活のメリハリの中でまだ簡単だといううちにきちんと習慣づけが出来るようリズム作りが大切なように思われます。

NO2です。補足ありがとうございました。
算数についてはB50あたりで簡単過ぎて…と言っているなら「早く進んで早くCに入ろう」という促し方で良いと思います。ただし、本当にお子さんにとって『簡単』だったらいいのですが。。。あまりに時間かかかっていたり、×が多い、訂正が何度も繰り返している状態なら危険です。時間的にもミスの数でも順調のようでしたら逆に1日の枚数を増やしてもらって早くCに入ることを目標にするよう励まされるのが良いかと思います。早く進むには時間的にもミスの個数も速く正確...続きを読む

Q公文 宿題の量について

小1です。公文を始めて5ヶ月ほどになります。
(算数を英語を学習しています。国語もしていたのですが、
「書くのが面倒、辛い」と泣き出すので辞めました。
算数は現在C、英語はHで、今度、表彰というのがあるそうです。)

最近引越をし、教室が変わりました。教室が変わると同じ公文でも まったく別物ですね・・・ 正直、戸惑っております。それがきっかけで最近よく公文について悩みます。

とりわけ宿題の量について、急に不安になってきました。
娘は一回に算数15枚と英語15枚を宿題として持って帰ってきます。
(1週間総合計60枚になりますね)
もっとも、幼稚園のころ(すなわち公文に通い始めて最初の頃)は、大量の宿題をすごいスピードでこなしていたのですが、学校が始まると、時間的にも体力的にも以前ほど公文に時間をさけなくなりました。また内容も難しくなってきています。幼稚園のころのようにはいきません。

今、週に60枚ですが、一般的な枚数なのでしょうか?? 娘は宿題をいやがる日とすすんでする日と波があります。いやがる日は泣き出します。(お子さんが泣かれたことってありますか??)

質問文がどうもうまくまとまらないのですが、
たとえば、小1ならだいたい週に60枚くらいするのは、公文のやりかたとして、またドリルの量として、一般的なのでしょうか?
またはどちらかというと、多いのでしょうか?
まわりに公文生がいないので他の小1のお子さんの様子がまったく分かりません。capableに出てくるお子さんは強烈に進度が進んでおられて、比べる対象になりません・・・

小1ならこんなものなのでしたら、娘に「みんな出来ることだから、頑張って宿題しよ」と励ましますが、どうなんでしょうか?
もちろん個人差があるでしょうから、回答は存在しないかも知れませんが、皆さんのお子さんの様子でいいので、宿題の量を中心に、色々生の声をきかせて下さい。よろしくお願い致します。

教室が変わって、たくさん不安材料があるので、たくさんききたいことがあるのですが、些細なことでも結構ですので、皆様のご様子、経験談などもきかせて頂けると参考になります。(新しく変わった公文教室は教え方、導き方があまりに杓子定規なので、辞めることも検討しています)

小1です。公文を始めて5ヶ月ほどになります。
(算数を英語を学習しています。国語もしていたのですが、
「書くのが面倒、辛い」と泣き出すので辞めました。
算数は現在C、英語はHで、今度、表彰というのがあるそうです。)

最近引越をし、教室が変わりました。教室が変わると同じ公文でも まったく別物ですね・・・ 正直、戸惑っております。それがきっかけで最近よく公文について悩みます。

とりわけ宿題の量について、急に不安になってきました。
娘は一回に算数15枚と英語15枚を宿題とし...続きを読む

Aベストアンサー

公文に通う小1の子供を持つ父親です。
年中から年長へあがる際に、私の転勤により教室が変わりました。
確かに先生のキャラクターは全く異なり、当初戸惑いました。

うちは毎日、朝と夕方に2回プリントをしているようです。
朝は学校に行く前に、算数5枚、英語5枚、国語3枚くらい。
夕方は、算数5枚、国語3枚くらいのようです。
これを平日含め土日もこなしています。(私は土日しか見てませんが)

進度のことは正直あまり詳しくありませんが、算数は割り算の筆算、国語は小4くらい、英語は「Gに入った」とか言ってました。

うちも同じですが、進んでやっている日もあれば、ぐずりながらやっている日もあります。
私はぐずっている日は無理にやらせようとは思いません。そんな状態でやっても身につかないと思うからです。
「そんなんだったらやらなくていい」と私は言いますが、結局こなしています。
うちはスイミングに週1で通っていますが、その日はクタクタのようです。それでも課題はこなしているようです(強制はしていませんが本人がやると言います)。

-----------------------------------------
お嬢さんはバレエを週4でやっていらして、また、公文の進度も速くとても頑張っていらっしゃるのですね。
先生としてはかなり期待しているのでは? ただ、その期待が重圧になっては元も子もありませんので、先生に率直なところを相談されてはいかがでしょう。うちもやはり進度上位者の集いというのに呼ばれていますが、先生の気合はかなりのものです。

私の個人的意見ですが、辞めるという選択肢は最後の最後かなと思います。月並みながら、「継続は力なり」と言います。
もう少しお嬢さんの体力や時間と相談して、こなす量を減らしてでも継続されるべきではないかと私は思います。

私は学校教育にあまり期待していません。あんなに驚くほどヌルいカリキュラムでは子供を駄目にしてしまうとさえ考えています。
本当に子供は皆天才だと思うのです。それを「詰め込み教育がダメ」だの、「偏差値至上主義はダメ」だの、間違った方向に話が行ってしまったと私は思います。

小学生や中学生のうちは基礎学力をつけねばどうしようもありません。
その基礎がなければ研究だって出来ないわけです。基礎のうちは詰め込むしかないでしょう。
のびのびやらせるのと、学ぶ機会を与えないのとは違うと思います。
知らないことには興味だって湧かないわけですから。学校はそういう機会を子供から奪わないで欲しいと私は思います。

あまりお一人で考え込まずに先生に相談を、また先生に言うのが少し気が引けるならまずはお父さんへの相談はどうでしょう。
長文失礼しました。

公文に通う小1の子供を持つ父親です。
年中から年長へあがる際に、私の転勤により教室が変わりました。
確かに先生のキャラクターは全く異なり、当初戸惑いました。

うちは毎日、朝と夕方に2回プリントをしているようです。
朝は学校に行く前に、算数5枚、英語5枚、国語3枚くらい。
夕方は、算数5枚、国語3枚くらいのようです。
これを平日含め土日もこなしています。(私は土日しか見てませんが)

進度のことは正直あまり詳しくありませんが、算数は割り算の筆算、国語は小4くらい、英語は「Gに入...続きを読む

Q小二:初の英語学習で公文式にするべきか?

小二の男の子です。
これまで英語教室などへの経験が無く,初めて学習させるのに公文式が適当であるかどうか迷っています。
近所の公文教室の見学前なのですが,週に二回だけ営業し,英数国と三教科教えている小規模教室です。
算数や国語と違い学校で学習していない教科なので,自分でプリント学習を黙々と進めることは難しいでしょうから,先生と一緒でないと学べないような気がするのですが,公文式の英語(低学年)はどのような進め方をしているのでしょうか?
やはり,全くの初めての英語であれば英会話教室的な所の方が無難でしょうか?
正直低学年の英会話教室だと遊びながらの要素が多い気がして公文に興味を持っています。
直接教室の先生に伺う前に,経験者の方からの生のアドバイスをいただきたく相談しております。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

初めまして現職で公文式の教室のアシスタントやってます。
公文式の英語は他の児童英語の教室とは全くやり方が異なります。公文式というのは算数も国語もそうですがあくまで「自学自習」が基本です。そのため英語に関しても基本的には自学自習でして一般的な児童英語教室のようにグループで先生と会話したりゲームを通して覚えていくというやり方とは全く違うやり方だということを最初におわかり頂けたらと思います。
具体的に申せば基本的には英語が初めてのお子さんには、まずしばらくテキストを使って「英語を聞いて発音する」というところから始まります。もちろん最初はHi!だの単語レベルでの聞き取り教材から始まります。公文の英語では教室ではEマスターという機械を使っているのですがこれは一度再生ボタンを押せば同じセクションが3回ずつ自動的に再生するようになっているもので、公文の英語ではまず3回聞いて3回CDの後に繰り返し発音し、その後CD無しで自力で発音しそのタイムを計るというのが基本になります。当初のテキストでは10ページで一課になるのですがはじめのうちは一つのページに一単語あるいは二単語が登場し最後の9,10ページでまとめになっていてその部分を音読バー(音読の目安時間)内に読めるようになれば先生のところに行って発音し発音できれば次の課へ、もし出来なかったらもう一回発音練習したりもう一度CDを聞いてみて、読めるようになったら次の課に進むというやり方です。
そのような聞き取り&読みで構成された教材が終わると次にようやくアルファベットの書き、単語&文の書き取りが始まります。

実は公文式の英語というのは教材の最初がA教材から始まるのですがDまでは一切書きは無いです。ひたすら聞いて発音して英語に慣れる、聞いて発音する習慣を付けることに徹します。なのでその場その場で出てくる単語の意味やスペルなどは覚えさせません。そしてDに入るとテキストからプリントになり、アルファベットなどが始まりますが、その折りも聞き取り&読みは全教材を通して続いています。「書き」も単語と単語の間は少し開ける、?やピリオドを付けるなどの約束は徹底させますが文法には触れません。そしてG教材に入るといわゆる中学英語の文法が登場してきます。ただしG以降の教材においても最初にはまずストーリーを「聞き」それからその課の文法を学び最後は「発音」をして音読チェックをしてからプリントを提出するという方式でこれは高校レベル教材以上でも同じシステムです。
以上のようなやり方なので初めて英語を学習するお子さんには「○○くんの先生はこのCDだよ」とうちの教室では説明しています。あくまでCDの聞き取り→発音が一番重要と考えている学習方法だからです。
ただし小学生低学年のお子さんなどCDでどうしても聞き取りにくい単語や何度繰り返しても合格出来なかったりする場合は教室の先生やアシスタントが一緒に読んだりして促すことはあります。
家庭での学習についてですが「宿題」は教室でやった次の課を家でCDを聞いて発音してみて自力で言えるように練習し次の教室での学習日に先生の前で読みを確認してもらう(書きがあれば書き教材のプリントを提出する)というのが基本で教室と同じ作業を家庭でもやるのが基本です。そのため「最低三回は聞く」という作業を徹底するため特に低学年のお子さんには教室で使うeマスターを購入すること(値段は1万円弱)を薦める先生もおられます。(お子さんが家庭のCDプレイヤーを使いこなせていれば無理に買うこともないでしょうが)。
以上が公文式の英語の進め方です。
C教材までのテキストは絵が豊富で低学年のお子さんにも取っつきやすいと思います。幼稚園生でもやっているお子さんもおられますし。Fまではフルカラーのプリントなのでいかにも「勉強」というより楽しく英語に慣れて中学英語レベルに向かって弾みをつけようという雰囲気になっています。

実際低学年で学習しているお子さんを見ていますと、最初はどうしてもeマスターの操作など大きなお子さんより手間取ったりしますし、聞き取れない単語がいくつもあることが殆どです。でも2ヶ月めくらいになると自分で聞きながらテキストの次ぎのページをちゃんとめくって耳で聞いたとおりの発音をするようになってきて半年くらいするとびっくりするくらい綺麗な発音をしているお子さんばかりです。(私より余程上手な子ばかりです)。週2回の通塾の場合G教材(中学1年相当)に早いお子さんだと一年もしない間に進んでおられるお子さんもおられますしそこまで早くなくとも2年ほどで中学レベルに入るお子さんが多いように見受けられます。
何年生から始めるのが目安かと言うのはなんとも難しいのですが、男の子の場合うちの教室でもそうなのですが高学年になるほど発音するのを嫌がりがちになりやすので(面倒くさがるのと恥ずかしさなどから)、お子さん自身が興味を持たれているようならば低学年からの学習も有りだと思います。もし宜しければ一度近所のお教室に電話などでご連絡をされて体験学習(2週間無料)をやってみるのはいかがでしょう?もしお子さんがやってみてどうしても気が進まない、あるいはご両親が納得出来ないというものでしたら体験のみで入会する必要はありません(入会は強制されません)。
ご参考になれば幸いです。

初めまして現職で公文式の教室のアシスタントやってます。
公文式の英語は他の児童英語の教室とは全くやり方が異なります。公文式というのは算数も国語もそうですがあくまで「自学自習」が基本です。そのため英語に関しても基本的には自学自習でして一般的な児童英語教室のようにグループで先生と会話したりゲームを通して覚えていくというやり方とは全く違うやり方だということを最初におわかり頂けたらと思います。
具体的に申せば基本的には英語が初めてのお子さんには、まずしばらくテキストを使って「英語...続きを読む

Q公文か?学研か?学習塾か?

公文か?学研か?学習塾か?

小1のときはなんとか勉強についていっていると思っていましたが、
小2になって急に出来が悪くなってきたように思います。

勉強に対するやる気もありませんし、テストも既に半分以下の点数・・・

補助学習として公文、学研、学習塾を考えています。

のんびりタイプの子が、中学受験のための勉強ではなく、学校の勉強についていくために行く場所と
してはどこがいいでしょうか?

自分で教科書等を読んで理解する力に欠けています。
ちょっとヒントやアドバイスをすれば理解できる子だとは思っていますが。。。

Aベストアンサー

こんにちは。個人塾の者です。

>のんびりタイプの子が、中学受験のための勉強ではなく、学校の勉強についていくために行く場所と

候補としては、学習塾でしょう。

まず公文さんの場合、一定時間内に一枚の教材を百点に仕上げねばならないという問題があります。のんびりタイプのお子様とのことですから、そのあたりはどうでしょうか。

公文さんと学研さんの場合、学年を下げて( と言っても小1へですが )の指導が行われます。それは先生によるのかも知れませんが。それでも構わない( 特に保護者の方のお気持ちはどうですか )のなら公文さんも学研さんも候補になります。

このように申し上げるのも、公文さん・学研さんで学年を下げられて( 両方体験した )、それが嫌で当塾に来た生徒・保護者がいるからです。

仮に学習塾を選ぶ場合でも、お子様の場合は進学塾は回避しましょう。学校の授業進度に沿って指導をしてもらえるところをさがしてください。良い学習の場が見つかることを祈ります。

Q公文の国語と学研の国語どちらがいいと思いますか?

4月で1年生になる男の子を持つ親です。
公文か学研で国語を習わせたいと思っているのですが
どちらがいいと思いますか?

備考
学研は算数と国語の2教科以上を受ける事になるのは知っています。
金額は問いません。
現在は週1回だけスイミングをやっています。
中学受験はしません。

ご意見聞かせて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

長年公文のアシスタントをしていました。
残念ながら、学研についての知識はありませんが、検討される材料にはなると思い、回答させていただきます。

まず一番念頭に置いていただきたいことは、同じ教材で勉強していても、教室によって学習内容はかなり違うということです。

公文の教材は全国どこでも同じです(これは学研も同じだと思います)。
ですが教室の先生の方針によって、お子さんに合う合わないが出てくると思います。

公文式の最大の特徴として
「自分の学力に合うところから学習を始める」
「プリントはすべて100点にする」
という点があります。

これらのことを基本にして、教材の使い方はさまざまです。
復習のプリントと学年相当のプリントを併用する場合、学年をさかのぼって、数をこなしながら学年相当に追いついていく場合、などなど・・・その先生がお子さんに応じたやり方を考えます。

また、国語の場合ですと、教材だけでなく読書や音読などに熱心に取り組まれる先生もおられます。
つまり、「教材をどう使うか」は先生によって全然違うのです

プリントを直すときにも、教室に辞書を置いておいて、低学年のうちから辞書引きの習慣をつけさせることもありますし、時間がかかりすぎて子供の負担になる時には、さっさと回答を教えてしまって、後日同じプリントをもう一度させることもあります。

色々と書いてみましたが、要するに「お子さんや親御さんとの相性」という事に尽きると思います。
ですから、公文でも学研でも、実際に親御さんが教室を見学に行かれて、子供たちの様子、先生の指導の様子、教室の方針などをよく観察し、話を聞いてみてください。

宿題の出し方1つにも、先生の方針が反映されますので、ご家庭での教育方針やお子さんの性格などと合っているほうが望ましいと思うのです。

お近くにいくつかの教室があると思いますので、見学に行ってみてくださいね。

学研についての知識はありませんが、全国展開での教室ですと、同じことが言える部分はあると思います。

最後になりましたが、公文の最大の欠点を・・・

それは

「教室にいる時間が決まっていない」
「ご家庭である程度のチェックをしないと、宿題が溜まって嫌になる」

という事です。
プリントが100点になるまで帰れないので、思いのほか帰宅時間が遅くなり、親御さんが心配して迎えに来られることは何度もありました。

低学年のうちは男のお子さんでも心配ですよね。
通う際の安全などもお考えになってみてくださいね。

ご参考までに。

長年公文のアシスタントをしていました。
残念ながら、学研についての知識はありませんが、検討される材料にはなると思い、回答させていただきます。

まず一番念頭に置いていただきたいことは、同じ教材で勉強していても、教室によって学習内容はかなり違うということです。

公文の教材は全国どこでも同じです(これは学研も同じだと思います)。
ですが教室の先生の方針によって、お子さんに合う合わないが出てくると思います。

公文式の最大の特徴として
「自分の学力に合うところから学習を始める」
「プリ...続きを読む

Q公文の対応に納得できない(長文です)

はじめまして。
小1男の子の母です。

年長から本人の希望で1週間前まで公文に通っていました。

うちの子は騒いだり、人の邪魔はしないのですが集中力が少しありません。
と言っても小1の許容範囲だと私は思っています。

そして、集中力が足りないということで教材の進み方がずご~く遅かったのです。

学校で引き算をやってるのに公文では一桁の足し算。
学校で漢字を習っているのにカタカナ。

何度か教室にも質問しました。
「月謝を払っている以上、せめて1年生で習得すべきものは1年生のうちに教えてほしい」と。

そのときは「ちょうど次から引き算になるところだったんです。」と言い、私が算数を辞めさせて
算盤を検討してると言えば「公文と算数を並行してやっている方はたくさんいますよ。」と言う。

そのやり取りの後でやっぱり算数は辞めさせました。

国語は子供自身が「漢字をたくさん読めるようになりたいから続けたい」と何度も頼むので
やる気があるなら・・・と思い続けることにしたのです。
(その旨も先生には伝えてあります)

うちの教室の先生が進め方が遅いとは周りで評判でしたが
「土台をしっかりしないと後でつまづく」という考え方の方だったのでそこは納得です。

すいません、詳しく伝えたいあまり前置きが長くなってしまったのですが

私が2日間考えても消化しきれなかったのですが

一昨日、夕飯前に公文の宿題をしていた息子が残り5問くらいのところでいきなり号泣したのです。
普段、あまり泣かない息子が号泣したので私と主人は驚いてしまいました。

しばらく泣いたあと泣きながら「漢字とかいっぱい習いたいのにさせてくれへん・・学校はどんどん進むから学校の方が勉強楽しい・・みんなみたいにいっぱい漢字とかしたいのに・・」と言ったのです。

息子は公文で漢字ができないからと言って、毎日自分で1年生の漢字集から好きな漢字を1字選んでノート半ページ書き取りしていたので、カタカナばかりの公文にパンクしてしまったのでしょう。

その要因の一つでもある教室でのお直しでカタカナ5枚のプリントのお直しに1時間半以上かけていたのです。

ただでさえ集中力の低い息子に、習いたくもないカタカナを1時間半させるなんて拷問です。

あまりにも時間がかかりすぎるので、次回から「○時までに終わらせてください」とメモを持たそうと思っていたくらいです。

そんなこんなです、すぐ主人が先生に電話して状況を話し教室には行けない旨を伝え改めて連絡することになりました。

次の日わざわざ先生から折り返し連絡いただいたのですが、その時の先生の言葉にどうしても納得がいかなかったのです。

私が「息子が集中力がないのは知っているので強く言えないのですが、せめて集中力がつくまで8割できたら進んで、また戻って復習といった方法をしていただけてたら国語が好きな息子がここまでの状態にならなかったかもしれないです。親として反省してます。」と言うと

「1時間以上もしていましたか?」と言ってきたのです!

私も驚いて「えっ!?1回じゃないですよ。何回も続いてたたんですよ。」と言ったのですが

「そうでしたか、すいません。」と、まるで気にしてなかったかのような返事でした。

電話を切った後から今までモヤモヤが続いていてどうしたらいいのでしょう?

もう退会することになったので、わざわざ先生にも言いに行くこともできないし。

公文が悪いとも思わないし、先生の方針が悪いとも思わないのですが個々への対応に納得いかないのです。
教室を開いている以上、ある程度の個々への声掛けは工夫されるべきでは?と思うのですが。

ちなみに、小1ということもあって学校の学習はついていけてます。

愚痴のような質問ですいません。

私の今までの経験上、その場で感情的になるとろくな結果にならなかったので一度思ったことを呑み込むようになってしまい、今度は伝える機会を逃してモヤモヤを処理できず困ってる次第です。

モヤモヤ改善、もしくは公文への良いアクションはないでしょうか?

はじめまして。
小1男の子の母です。

年長から本人の希望で1週間前まで公文に通っていました。

うちの子は騒いだり、人の邪魔はしないのですが集中力が少しありません。
と言っても小1の許容範囲だと私は思っています。

そして、集中力が足りないということで教材の進み方がずご~く遅かったのです。

学校で引き算をやってるのに公文では一桁の足し算。
学校で漢字を習っているのにカタカナ。

何度か教室にも質問しました。
「月謝を払っている以上、せめて1年生で習得すべきものは1年生のうちに教えてほ...続きを読む

Aベストアンサー

>モヤモヤ改善、もしくは公文への良いアクションはないでしょうか?

公文の地域本部へ直接訴えるというか、元会員からの意見ということでも伝えることは出来ます。
ただしモヤモヤ改善となるかどうかは、わかりません。
お教室ごとの差がけっこうあるうえ、
くもんの先生方もひと世代前に比べるとかなり質が落ちてきていると私は感じています。

我家も年長~大学まで公文に通いましたが、くもん式というのはそういうやり方です。
私も子どもが小さい頃、好奇心から1週間分のプリントを1日でやってしまい
指導者からは『急ぎすぎです!毎日配分を管理してください。』と、きつく叱られました。
くもんはすぐ目に見える学力UPにはつながらないというのが正直な感想で、
どうしても指導方法に慣れないお子さんや、それに不満な保護者はやめていかれました。

今更ではありますが、指導方法について意見を言うのはかまいません。
指導者は保護者や子どもに説明する責任があります。
向かない、納得できないならやめればよいわけですから。

お子さん自身があきらめないで頑張ったということを誉めてあげて、
今回は結果的に良い選択をした、と前向きに考えられないでしょうか?
回答にもならない回答で申し訳ございません。

>モヤモヤ改善、もしくは公文への良いアクションはないでしょうか?

公文の地域本部へ直接訴えるというか、元会員からの意見ということでも伝えることは出来ます。
ただしモヤモヤ改善となるかどうかは、わかりません。
お教室ごとの差がけっこうあるうえ、
くもんの先生方もひと世代前に比べるとかなり質が落ちてきていると私は感じています。

我家も年長~大学まで公文に通いましたが、くもん式というのはそういうやり方です。
私も子どもが小さい頃、好奇心から1週間分のプリントを1日でやってしまい
指導者...続きを読む

Q小学校の家庭学習 公文?学研?チャレンジ?

小学生高学年の男の子が二人います。
現在、二人ともチャレンジを家庭学習としてやっています。
小学校入学当初からやっているのですが、
今回やめようということになりました。

理由としては、自分たちのペースが遅く、
今月分が終わる前に翌月分が届いてしまい、
ストレスになっているようです。
学校の成績は、オール5もしくは、1教科だけ3や4だったりするので、
別にもうしないでもいいかなぁという気にもなってきました。
チャレンジのおかげで、成績があがるとも思えないし。
上の子は、英語・スイミングに行ってますし、
下の子は、英語・空手・週末は野球に行ってます。
時間があれば、友達と公園で野球をする毎日。
チャレンジをやめてしまうと、全く勉強しなくなる不安もあります。

そこで、チャレンジなど何もしていないお子さん、
公文や学研に通っているお子さん、
チャレンジや公文や学研をしていたけどやめたお子さん、
ご意見をお聞かせください。
やってよかった、意味がなかった・・・なんでも結構です。
夏休みの間だけ、公文か学研に通わせようかとも考えています。

小学生高学年の男の子が二人います。
現在、二人ともチャレンジを家庭学習としてやっています。
小学校入学当初からやっているのですが、
今回やめようということになりました。

理由としては、自分たちのペースが遅く、
今月分が終わる前に翌月分が届いてしまい、
ストレスになっているようです。
学校の成績は、オール5もしくは、1教科だけ3や4だったりするので、
別にもうしないでもいいかなぁという気にもなってきました。
チャレンジのおかげで、成績があがるとも思えないし。
上の子は、英...続きを読む

Aベストアンサー

娘が二人おります。一人は塾(週4日)、一人はそろばん(週5日)とバレエです。
娘たちは夫が勉強や塾の宿題の管理をしているのでちょっと参考にはならないと思いますので、
私の事を。
私はスイミング(週2+日曜朝練)・習字と、公文→塾に通いました。
実家は商売屋だったので両親共働きの上に多忙で、
勉強を見てもらうという事がほとんどなく、
たまに父に分からないことを聞いても説明が下手なので余計分からなくなっていました。
学研のポピーをとった時期もありましたが殆どしていませんでした。
当時の公文は行ったらひたすら問題を解く感じだったのですぐに飽きて辞めました。
塾は先生の話が面白かったので続きましたが、宿題をほとんどしませんでした。
なので、勉強はそれほどできる方ではありませんでした。
それでも、家にいたら全く勉強をしないタイプの人間なので、
塾に行くことでそれなりに「勉強する時間」は取れていたと思います。

質問者さんのお子さんの場合、質問者さんが勉強を見てあげられるとの事なので、
他の回答者さんの仰るように市販のドリルなどでも良いのではないかと思います。
いつ何をやるのか予定をお子さんと相談しながらしっかり組んでそれを守らせる事ができれば、
わざわざ公文などに行く必要はないと思います。
しかし、守ることができそうもなければ、塾などの「勉強する時間と空間」を用意するというのも手だと思います。

娘が二人おります。一人は塾(週4日)、一人はそろばん(週5日)とバレエです。
娘たちは夫が勉強や塾の宿題の管理をしているのでちょっと参考にはならないと思いますので、
私の事を。
私はスイミング(週2+日曜朝練)・習字と、公文→塾に通いました。
実家は商売屋だったので両親共働きの上に多忙で、
勉強を見てもらうという事がほとんどなく、
たまに父に分からないことを聞いても説明が下手なので余計分からなくなっていました。
学研のポピーをとった時期もありましたが殆どしていませんでした。
当時...続きを読む

QZ会の通信教育を小学生にさせている保護者の方

小学校3年生の女の子がいます。同級生には公文に行ってる子や、チャレンジをする子、そろそろフランチャイズの受験予備校の塾に行き始める子もいます。
うちの子は塾に行っておらず、算数と国語のドリルなどを家庭学習としてさせております。
そろそろ塾に行かせた方がいいのかなとも思いますが、あんまり早くから塾の宿題に追われたり、塾を1度休むと取り返すのに苦労したりなどということをさせたくないし、自分だったらしんどいなと思うこともあって、塾に行くにしても5年生ぐらいでいいかなと考えています。
塾に行けば、刺激にもなり、受験や試験のテクニックを教えてはくれるでしょうが。
ただ家庭で学習をみるのも学年的に限界になってくるので、4年生からZ会の通信教育をさせたいと思っています。
塾であくせくするよりも、もし、Z会の方が彼女に合っているのなら、そのまま続けさせたいとも思います。
小学生向けのZ会は、中学受験を特にターゲットにしていないようですが、Z会の経験者の方やその保護者の方、または家庭学習で成果をあげられている方、ご意見をお伺いしたいと思います。

Aベストアンサー

高3です

小学校の頃、すごく仲の良かった子がZ会会員で、テキストを見せてもらっていました。進研ゼミのより、ちょっと応用編という感じがしたのを覚えています。(私は進研の方でした)その子は昔からやっぱり学年でも上位にいる子で、今の志望大も東京大と聞いています。

でも、それはたまたまZ会が几帳面で器用なその子に合っていただけかもしれません。
通信講座ですよね?進研ゼミとかも通信講座です。一般的に料金が高いです。
ご存知かもしれませんが、通信講座(添削つき)は、プロ(赤ペン先生とか)が添削して返してくれるから高いのです。それだけです。あのぐらいのテキストなら本屋へ行けば山ほどあります。

もし、娘さんがあまり几帳面でなく、計画性がないのであれば、通信講座は良くないかもしれません。添削課題はいいように見えますが、本人のやる気(添削を出したり)がなければまったく意味がありません。

几帳面でないと仮定すると、ご家庭で今までどおり、ドリルをやられることをお勧めします。小学生時代にドリルをやりまくることは、必ず今後役にたちます。どんな応用(Z会とかのテキスト)に立ち向かおうとも、基礎がなければ考え方すらわかりません。進学をご希望ならなおさらです。

塾についてですが、まず公文式。あれはドリルを繰り返しやれば済む事です。お金を払ってまでやることではないです。公文式はひたすら、みんなで集まって基礎問をやるだけです。
次に受験予備校。入試テクは確かに便利です。目が覚めるような感じがします。娘さんがいつも必ず予習をされるのであれば、かなり有効な手段です。予習がなければ行くだけ無駄です。

普段学習について。
九九は見ないで早く、順番を気にせずに言えますか?作図する力はありますか?漢字は小学常用漢字(1000字ぐらいかな?本になってます)全て書けますか?このぐらいは中学受験時あたりまえですが、さらに自信をつけたいなら、中学の参考書を読むことがいいと思います。今、高校だけでなく、中学用チャートも出ています。進学校、中高一貫教育校の強みは高校の勉強を中学で始められる事につきます。そのためには中学の基礎が、中学の基礎をつけるためには小学の基礎が必須です。

なんだか話がとびとびですが(笑

とにかく、一番いい方法だと思うのは、ドリルを続ける事です。一冊終わったらまた一冊と。頭がまだやわらかいですから、なかなか忘れません。国語はよくわかりませんが、数学はとにかく解く。英語は時間がまだあるので、読んで書いて、単語を覚える事。ご両親がたまーにテストしてみるのもよいかもしれません。

最後になりますが、(長くてすみません)
子供の勉強を促すには、まず親御さんが勉強してください。「そんな暇はない」と言わずに、やってみてください。やらない人の言う事は誰だって聞きたくありません。第一、説得力に欠けます。「親が一生懸命やっている」と感じれば、子供だって火が少しづつつきます。

私は医学部志望ですが、私の父はいつも勉強を見てくれます。過去問を解いてる時も、質問すれば必ず教えてくれます。彼は開業医でいつも忙しいですが、時間をみつけては参考書を開き、昔習ったことを思い返しながら、勉強しています。そんな父を誇りに思いますし、文句も言えません(笑

自慢もおりまぜましたが、すごく言いたい事でしたので、書かせて頂きました。すみません。

頑張って下さい。

高3です

小学校の頃、すごく仲の良かった子がZ会会員で、テキストを見せてもらっていました。進研ゼミのより、ちょっと応用編という感じがしたのを覚えています。(私は進研の方でした)その子は昔からやっぱり学年でも上位にいる子で、今の志望大も東京大と聞いています。

でも、それはたまたまZ会が几帳面で器用なその子に合っていただけかもしれません。
通信講座ですよね?進研ゼミとかも通信講座です。一般的に料金が高いです。
ご存知かもしれませんが、通信講座(添削つき)は、プロ(赤ペン先生...続きを読む

Q公文の弊害について

我が子は幼稚園児で、公文歴が1年弱です。
算数と国語をしています。
算数が得意で、現在全国で5位以内です。
泣きながらやる事もありますが、そのうち出来るようになるという事を既に知っているので、辞めたいという事もありませんし、むしろ次にやる事を楽しみにしていますので比較的順調です。

結構素直にやろうとしますし、むしろ自分から「公文やる」と言い出す程で、宿題をやらすのに苦労したという経験もほとんどというか無いと言っていい程ありません。(忙しくて宿題をする時間を捻出するのに苦労した事は何度もあります。)
私自身が以前子供相手の講師をしておりましたので子供の気分を盛り上げるのとか課題をする気にさせるのが比較的得意な方だというのもあると思います。

また今のところですが、順位やオブジェや他人との進度の競争といったものには全く無頓着な子ですし、私も順位の為に締め切り前に沢山プリントをさせるという事も一切しませんし、先生も何のプレッシャーも掛ける事はありませんし、グラフなんかも無い教室なので、のびのびやっている方だと思います。
よく「事務局」という言葉を聞きますが、何も言われた事はありません。
公文は我が子の性格には合ってると思います。

「公文の弊害」という言葉を見る度に不安になります。
公文の算数が良く出来ると恐ろしい事になってしまうようです。
文章題も家庭でやって行かないといけないなぁと思っても、公文と並行だと駄目だという文章が書かれてあるのを見たりしました。

公文が大好きで頑張ってるなぁと思うのですが、公文の算数が得意=恐ろしい事になるのであれば、親として今後どうしたらよいのか。

とりとめない文章で申し訳ありません。

我が子は幼稚園児で、公文歴が1年弱です。
算数と国語をしています。
算数が得意で、現在全国で5位以内です。
泣きながらやる事もありますが、そのうち出来るようになるという事を既に知っているので、辞めたいという事もありませんし、むしろ次にやる事を楽しみにしていますので比較的順調です。

結構素直にやろうとしますし、むしろ自分から「公文やる」と言い出す程で、宿題をやらすのに苦労したという経験もほとんどというか無いと言っていい程ありません。(忙しくて宿題をする時間を捻出するのに苦...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。私の回答歴をご覧になられたらお分かりかと思われますが、現在公文の教室のスタッフとさらに地元で塾の時間講師をしています。内部関係者ではあるのですが同時に他塾で公文経験者のお子さんをお預かりしている立場でもあるということを先にお断りさせていただきます。
まず「事務局」というのは日頃はあまりご家庭との繋がりのレベルでは実感湧かないかも知れませんが、お子さんが進度上位者でもあられるようですしもしかすると夏休みあたりに「進度上位者の集い」というお誘いが教室の先生などからありませんでしたか。各県内でいくつかの地域ごとに教室を管轄するオフィスを公文では「事務局」といいます。各教室の先生が研修を受けたり、英検などの試験会場にもなったり、先に挙げた集いなどの企画を行ったりもしています。事務局が親御&生徒さんに直接接触する機会はあまりないですが、時折事務局の局員さん(事務局の職員)教室を見学しに来ることもあるのでもしかしたらお子さんは「たまに見たこと無い先生がいたりする」という認識かもしれません。

公文の弊害というと一般的にはいわゆる計算バカで文章問題(図形など含む)が出来ない両極端な傾向があるということでしょうか。
確かに以前は学校の先生の中でも公文式を「敵視」するような先生も見受けられました。公文式はあくまで創立者が「小学生でも微分積分が出来るのに最低限必要なカリキュラム」というところからスタートしているために図形などが省かれています。文章問題も無くはないですが非常に少ないですよね。うちの教室でも親御さんから「テストで式が立てられなくて文章題のプリントってないのですか」と言われることもあります。また年に一度全国レベルで希望者だけですが標準学力テストというのがあります。小学校一年から中三まで前年度の学習内容を中心に作られるテストですがこれは、図形などあって見事に計算以外苦手なお子さんも見受けられるのも事実です。

ただ、私は中学受験塾にいたこともあるのですがいわゆる文章問題も図形の問題も数学のひらめき=センスも全く必要でないとはいいませんが、ある程度は同様の問題の練習の積み重ねから自分で解ける力を付けていくのですよね。公文のお子さんが計算が出来るのは計算を毎日積み重ねているからです。今、私は個別塾で小学生のお子さんを数人見ていますが、学校の授業内で扱う問題数がどの単元にしても少なすぎて図形でも割合や速さの問題であっても、自分で「解く」経験があまりに少ないために自分のモノに出来ないでいるお子さんが多くです。ちょうど今小学6年生は小学校のまとめの時期に入っていますが、割合の問題などは5年の内容ですが文章題で苦戦しています。百分率そのものは覚えているのですが、モノの値段などの問題になると式どう立てるの?!と大騒ぎです。時間が経てば忘れるのもありますが、一題考え方を一緒に整理したらある程度似た種類の問題を繰り返させ定着させる必要があるのは公文の計算の積み重ねと同じです。
中学受験生が大人顔負けの問題を解けるのは中にはいわゆる「天才」なお子さんもおられるでしょうが、やはり受験勉強で受験に出されやすい問題を繰り返し解いていくことで解き方に慣れて独力で解けるようにつみかさねていったからですし、根本的なところでは普遍です。

質問者さんのお子さんの場合大変教材も進んでおられるようなので、低学年のうちは特に算数の授業ではみんなが一桁の足し算で必死なところで早く出来てしまって暇で仕方ないということはあるかもしれません。周りの子がやってる中で一人早くできて手持ちぶさたで騒いだりしてしまうことが多かったりする場合、そういう方向から公文で先取りでやってるからと公文がすべての元凶と思ってしまう先生もおられるかもしれません。もちろん授業中はお喋りしない&自分が出来ても他の人はやってるから静かに待つというマナーの大切さは先生がお子さんに言い聞かせるべきことでありますが、ご心配なら親子同士でもお約束として言い聞かせていくこともいいかもしれません。
また、カリキュラム的に公文では分数に入ると約分→足し算引き算掛け算わり算と入るのですが、現在の指導要領では約分が6年に回されるので、5年生に分数の足し算引き算をやっても最後の答えを約分して出す必要がありません。学校によっては仮分数のままで帯分数にせずともOKです。公文のお子さんは徹底的に約分を指導されるので約分して答えを書いたら先生によっては「まだ習ってないことなのに」と苦い顔をされる人もいるかもしれません。また、掛け算も繰り上がりを書かせないので学校では繰り上がりを書くことを必須にする先生もいるので、やり方の違いからの「戸惑い」による混乱も生じる可能性はあるかもしれません。

質問者さんのお子さんは国語も頑張っているようなのであまりご心配はいらないと思います。確かに算数だけだと本当「計算しかダメ」というお子さんも出てしまうのが公文式の危うさではありますが、問題を解くという形ですが文章を読むということを習慣にしているお子さんでしたら、算数の文章問題も慣れさえすれば解ける力も付いてきます。お子さんの中には、文章題の出来ない根幹に国語の読解力が低いために問題文中に出ている様々な設定やヒントを整理できないで躓くお子さんも多いです。

お子さんが公文での学習を進んでやっているということならばそのまま様子を見て差し上げたらいかがでしょう。確かに中学になると図形の証明などあってこれは一切公文では無いです。でも証明問題も必要な知識をまとめて覚えたら問題をパターン別に解くことで手で覚えていくものですからやってる内容は関係ないですが学習の手法は方程式の解き方などと大差ありません。中学受験を考えられるのでしたら、受験準備の学習を4年生くらいから受験塾に通う必要もありますが、まずはこのままお子さまの学習の様子を見守ってはいかがでしょうか。

長くとりとめのない文になりましたが少しでもお役に立てば幸いです。

はじめまして。私の回答歴をご覧になられたらお分かりかと思われますが、現在公文の教室のスタッフとさらに地元で塾の時間講師をしています。内部関係者ではあるのですが同時に他塾で公文経験者のお子さんをお預かりしている立場でもあるということを先にお断りさせていただきます。
まず「事務局」というのは日頃はあまりご家庭との繋がりのレベルでは実感湧かないかも知れませんが、お子さんが進度上位者でもあられるようですしもしかすると夏休みあたりに「進度上位者の集い」というお誘いが教室の先生などか...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング