親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

インプレッサスポーツワゴンを貰えることになったんですが、どうせ二人しか乗らないし仕事で荷物を積みっぱなしにするので貨物登録しようと考えています。ただインプレッサの場合バックドアの開口部の80cmX80cmがネックになって4ナンバー化は難しいらしいのですが、実際4ナンバーのインプレッサを見たこともありますしオークションでも見かけることがあります。なにかいい方法があるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

はじめまして、私もつい先日プリメーラワゴンを4ナンバーに構造変更しました。

注意事項が、幾つか有りますので書きます。
*現車が、ないとわかりませんが、開口部の有効長が800×800これはバックドアを開けて上のゴムの内側から下のゴムの内側まで800あればよいのですが、インプレッサは、テールランプが内側にでているみたいなので、その上まで(糸など張るとよいでしょう)ここが一番のネックだとおもいます。ようするに800×800の枠が入ればOK。後方からの鉛直面が0.64m2有ること。これは、問題無いと思います。
*リヤシートを取り外して(座面と背もたれとも外します)そこにフレームを作って板(ベニヤなら3mm以上)を貼ります。フレームには、スチール棚などに使う穴がたくさん開いている、アングルがよいでしょう。
車体とフレームと板すべてボルトで固定すること。
*ホイールとタイヤは、ホイールは、jwl-t刻印が無いものは、だめですから、スチールがよいでしょう。タイヤは、普通の乗用車のでOK(ロードインデックスは、ノーマル同等以上な物)
*車両年式は、平成11年6月30日以前の車両(それ以降だと時間とお金がかかりすぎる。)
おおよそこんなところです。ようは、法律の枠に入ればいいんですから
車検場では、なあなあは、ほとんどありませんので、きちんと作って
その部分の法律もよく理解して行くようにしてください。
    • good
    • 2

私、ディーラーにいたころ、平成4年のエスティマを5ナンバーから4ナンバーにしたことがあります。

その時に言われたのが、平成7年か8年で法律が改正され、自家用乗用と、貨物自動車の区別ができ、ブレーキの規格が合わないので、変更できないといわれました。幸い、年式が古かったのでできましたが・・・。
積載重量によって、リヤブレーキの効きをコントロールするものが必要だったと思います。同一車種でメーカーの設定、つまり貨物と乗用を出しいるものは、他の物が引っ掛かるとか・・・。すいません。法改正結構あるのと、5年ぐらい前なので、あいまいですが。
一番良いのは、最寄りのナンバーの管轄の運輸局に相談窓口がありますので、問い合わせてみては、どうでしょう。業者の方は運輸支局か整備振興会に問い合わせをしてやっています。
国土交通省地方運輸局の全国の所在です。
http://www.mlit.go.jp/annai/chiho/chihounyu.html
整備振興会は
http://www.jaspa.or.jp/
になりますが、業者向けなので断れるかもしれませんが。
    • good
    • 3

2人しか乗らないにしても4ナンバー登録ですと車検が1年毎とか最大積載量が設定されてしまう(5ナンバーなら積めるだけ積んでも法的に問題なし)とかアルミホイールなら『JWL-T』マーク付きに替えなきゃならんとか任意保険で年齢割引等が利かなくなる等デメリットもありますがその点は考慮されてますか?2人しか乗らないにしても5ナンバーのままの方がメリットは大きいと思いますが。

この回答への補足

もちろんその辺りは考慮しています。
車検はユーザーですし、今使っているキャラバンのワゴンも自分で改造して4ナンバーにして使っています。
車屋さんに車検をお願いするのなら2年車検は魅力ですが、自分で整備もできるのでなんとか4ナンバーにできないものかと考えています。

補足日時:2010/02/02 09:13
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q4ナンバー登録できる乗用車って?

4ナンバー登録できる乗用車ってどんなものがありますか?できればステーションワゴンタイプで探しているのですが、たいした改造もなくできるものを探しています。バンなどじゃないと駄目なのでしょうか?4ナンバー登録だと、自賠責と重量税は車検が1年なので当然1年分納入になるのですよね?

Aベストアンサー

 4ナンバーにするための条件については、他の方が述べられているので、維持費について。。。
●自賠責保険
 乗用車=27630円 商用車=14400円
●重量税
 乗用車1t超~1.5t=37800円 1.5t超~2t=50400円
 商用車2t以下=8800円 2t超~2.5t=13200円 2.5t超~3t=18900円

 上の金額は乗用車は2年毎の車検時に支払う額。商用車は1年毎の車検時に支払う額。 なので、商用車を2年間所有すれば、乗用車の一回分の車検費用なので、上の金額の2倍必要と言う事ですね。

 ちなみに、任意保険も分類が変わるので、ご注意。 乗用車の様に、家族割引や年齢制限割引が無くなるとか聞きましたので、(仕事用なので不特定の人が乗るからとか)、割高感があるそうですが、家族割引や年齢制限割引を無条件にした乗用車の保険金額よりは安いそうです。 誰が乗ると言う条件が同じ無制限ならば商用車の方がお得らしい。

Q自宅用の軽自動車を、軽貨物登録4ナンバーにできますか?

スズキ ワゴンR N-1を軽貨物登録4ナンバーに登録できますか?
できるなら現状をどういじればいいのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは、ワゴンRを軽貨物車にとのことですが、

リアシートを外し、荷台として使えるように鉄板か木製の板を加工してそれらしい平らな形に加工し、
ライン通し(持ち込み登録)をすれば取れないことは無いと思います。

ただし、乗用車に戻せないようにシートを外したボルト穴などは熔接等でふさぐことをお勧めします。

そもそも完全な乗用車ですから、貨物使用に向くかは疑問です。
サスペンションだって人が乗って乗り心地を良くしようと設計されているはず。

なお、事業用(黒ナンバー)にする場合は予め「運送事業者」の届けを
陸運局に申請した書類が必要です。当然フロントドア下部に「軽貨物」
のステッカーが必要ですが。

ご参考までに
http://www.mlit.go.jp/jidosha/kensatoroku/inspect.htm

Q4ナンバーの規格を教えてください。

5 7ナンバーは おぼえてるのですが。。。。。。。

Aベストアンサー

4ナンバーのどの規格でしょうか??
自動車の長さ4.7m、幅1.7m、高さ2mいかですが・・・。
定義は、貨物自動車等とは、特種用途自動車等以外の自動車であって、次の(1)又は(2)のいずれかを満足するものをいう。
(1)(2)以外の自動車にあっては、次の(1)及び(2)を満足すること。
1.  物品積載設備の床面積
 自動車の物品積載設備(注1)を最大に利用した場合において物品積載設備の床面積(注2)が1m2(軽自動車にあっては、0.6m2、二輪の自動車でけん引される被けん引自動車にあっては、0.2m2)以上あること。
2. 構造及び装置
 当該自動車の構造及び装置が3-1-1又は3-1-2に該当するものであること。
(2)
第五輪荷重を有するけん引自動車であって、セミトレーラ(前車軸を有しない被けん引自動車であって、その一部がけん引自動車に載せられ、かつ、当該被けん引自動車及びその積載物の重量の相当部分がけん引自動車によってささえられる構造のものをいう。以下同じ。)をけん引するための連結装置を有すること。

次の(1)から(4)までの基準に適合するものであること。
(1) 物品積載設備の床面積と乗車設備の床面積
  自動車の乗車設備(注3)を最大に利用した場合において、残された物品積載設備の床面積が、この場合の乗車設備の床面積(注4)より大きいこと。
(2)積載貨物の重量と乗車人員の重量
自動車の乗車設備を最大に利用した場合において、残された物品積載設備に積載し得る貨物の重量(注5)が、この場合の乗車設備に乗車し得る人員の重量より大きいこと。
(3)物品の積卸口
物品積載設備が屋根及び側壁(簡易な幌によるものであって、その構造上屋根及び側壁と認められないものを除く。)によっておおわれている自動車にあってはその側面又は後面に開口部の縦及び横の有効長さがそれぞれ800mm(軽自動車にあっては、縦600mm横800mm)以上で、かつ、鉛直面(後面の開口部にあっては車両中心線に直角なもの、側面の開口部にあっては車両中心線に平行なものをいう。)への投影面積が0.64m2(軽自動車にあっては、0.48m2)以上の大きさの物品積卸口を備えたものであること。ただし、物品積載設備の上方が開放される構造の自動車で、開口部の床面への投影面積が1m2(軽自動車にあっては、0.6m2)以上の物品積卸口を備えたものにあっては、この限りでない。
(4)隔壁、保護仕切等
自動車の乗車設備と物品積載設備との間に適当な隔壁又は保護仕切等を備えたものであること。ただし、最大積載量500kg以下の自動車で乗車人員が座席の背あてにより積載物品から保護される構造と認められるもの、及び折りたたみ式座席又は脱着式座席(注6)を有する自動車で乗車設備を最大に利用した場合には最大積載量を指定しないものにあってはこの限りでない。

次の(1)及び(2)の基準に適合するものであること。
(1)隔壁等
 自動車の運転者席(運転者席と並列の座席を含む。以下「運転者席」という。)の後方がすべて幌で覆われた物品積載装置であって、運転者席と物品積載装置との間に乗車人員が移動できないような完全な隔壁があること。
(2)座席
物品積載装置内に設けられた座席は、そのすべてが折りたたみ式又は脱着式の構造のもので、折りたたんだ場合又は取り外した場合に乗車設備が残らず貨物の積載に支障のない構造のものであること。

ご参考までに。

参考URL:http://www.mlit.go.jp/jidosha/kensatoroku/html/car63.htm

4ナンバーのどの規格でしょうか??
自動車の長さ4.7m、幅1.7m、高さ2mいかですが・・・。
定義は、貨物自動車等とは、特種用途自動車等以外の自動車であって、次の(1)又は(2)のいずれかを満足するものをいう。
(1)(2)以外の自動車にあっては、次の(1)及び(2)を満足すること。
1.  物品積載設備の床面積
 自動車の物品積載設備(注1)を最大に利用した場合において物品積載設備の床面積(注2)が1m2(軽自動車にあっては、0.6m2、二輪の自動車でけん引される被けん引自動車にあっては、0...続きを読む

Q経験なしでオークション会員になる方法

皆さんのアドバイスのお陰で、古物商の認可待ちまでこぎつけました。
オークション会員になって、車を仕入れたいので、いろいろと調べているのですが(HPの確認だけでなく電話による問い合わせなど)、どこも、1年以上の経験、不動産の所有(登記簿等の提出)、展示場の確保(写真の提出)、さらに紹介者などが必須と言われ困っています。古物商の免許のみ、中古車販売の経験なし(個人売買は複数回経験あり)、展示場は月極駐車場、不動産なしで、会員になれるオークション会場、あるいは方法をご存じの方はいらっしゃいませんか。アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは
アイオークの会員になってみれば?71のオークション会場と取引できますよ。
ただ、入会の必須は不動産所有の連帯保証人が必要です。
月に10台以下の仕入れでしたら、ここが一番です。


個人でやるのでしたら、現車会員になってもまったくメリットはありません。保証金とか大変です。陸送の契約もできませんし。

ご存知無いかも知れませんが、オークションで買った車は、ほとんど加修が必要です。評価点が高くても、すごいトラブルを抱えている車もあります。
あと、きれいな車は、とんでもなく高いです。車屋で買ったほうが安いかもってときもあります。

まったく経験が無いのであれば、かなり苦労しますよ。

参考URL:https://www.iauc.co.jp/pv/top1.html

Qステップワゴンの貨物登録(4ナンバー)の方法

中古でステップワゴンRF-1(H10年式)を購入しました。
※2列目が回転シート
中古新規車検時に貨物登録(4ナンバー)をしたいのですが、
3列目シートを外す以外にしなければならないことが、ありますか?
ホイルを鉄製に変更、2列目を固定する方法等、他細かい変更点等・・・
また貨物登録した場合のデメリットもお教えいただけると幸いです。
実際に自分で行った方や、詳しい方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

いなかのくるまやです。

10年3月式トヨタのSR40Gノアを4ナンバー化してます。
サービスカー的使い方なので、2列目&3列目を撤去して、
2名乗車の積載量300kg仕様です。
自動車税8000円、自賠責12250円、重量税8800円。
1年車検ですが軽の箱バンに毛の生えた程度の維持費で重宝してます。

さて、ご質問のRF1ですが。
5名乗車で貨物化する場合は、3列目の撤去は当然のことですが
2列目シートのスライド機構ならびにリクライニング機構を廃止
しないと貨物車としての荷室要件を充足しません。
(リクライニングさせると荷室容積50%以上を確保できません)

2列目の固定方法としてはボルトオン加工してOKな場合もありますが、
検査官の対応によっては「恒久的固定を要す」ということで永続的な
溶接固定が求められるケースもありますので、あらかじめ管轄の陸運局で
相談するのがよいでしょう。

ボルトオン固定でOKとなったとしても、自分で加工するのは大変
だと思いますけど自信のほどは??。簡単なのは溶接外注ですね。
それさえできればRF1なら貨物化に関するハードルはありません。
鉄チンホイールであればタイヤ規格は貨物仕様でなくてもOKです。

乗車人員を減らしてその分を積載量に振り分けるだけですので、
タイヤにかかる荷重は5ナンバー状態と比べて変わらないからです。

うちのSR40Gは5名分275kgとシート撤去分を減らして
積載量300kgに割り当ててるだけなので、乗り味は貨物化
しても乗用車時のままです。(そこがイイ)

貨物化のデメリットとしては、1年車検になり手間が増えることと
自動車保険が貨物契約で少々高くなってしまうことくらいですね。

しかし5名乗車でも自動車税は16000円。
重量税に至っては8800円(2年換算17600円)、
自賠責の12250円も2年換算24500円なので
2年換算で2030円の上げにしかならないで済みます。
(毎年ユーザー車検を受ければメリットは最大限に達します)

余談ですが・・・。
メリットが多いとみなされた?からかもしれませんが、初度登録年が
平成11年7月以降の車両にあっては、事実上貨物化ができないように
制度改悪がなされてしまいました・・。(泣

容易に貨物化ができるのは初度登録平成11年6月式までです・・。
(トヨタSR40Gや日産KBC23、ホンダRF1などがメジャーですね)

いなかのくるまやです。

10年3月式トヨタのSR40Gノアを4ナンバー化してます。
サービスカー的使い方なので、2列目&3列目を撤去して、
2名乗車の積載量300kg仕様です。
自動車税8000円、自賠責12250円、重量税8800円。
1年車検ですが軽の箱バンに毛の生えた程度の維持費で重宝してます。

さて、ご質問のRF1ですが。
5名乗車で貨物化する場合は、3列目の撤去は当然のことですが
2列目シートのスライド機構ならびにリクライニング機構を廃止
しないと貨物車とし...続きを読む

QインプレッサのセダンWRXとワゴンのWRXは体感で違う?

先日インプレッサのWRXのSTIに試乗しました。
あまりのすごさに感動しました。

ところで、セダンとワゴンはだいぶ違うと思いますが、
また、WRXとSTIも違うのではないかと思いますが、
ワゴンのWRXの加速感はSTIと比較するとどうなの
でしょうか?やっぱり比べ物にならないくらい遅いの?

Aベストアンサー

ちょっと古いですが(笑)2drのStiに乗っています。

セダンとワゴンでは後軸の重量が違いますし、現在のモデルでは
トレッドが異なりますので、旋回性はやはり違います。
元々、初代からトレッドの狭さのため、高速コーナリングの
安定性に難がありましたので、3ナンバーボディとなって、
トレッドが拡大されたことは、かなり効果があります。

もうひとつ、旧型からワゴンボディは、その構造ゆえに、
後方のボディ強度に限界があることは事実です。
旧型でサーキットなどを元気良く走行したりすると、
リヤクォーターウインドの上部ルーフあたりに、あきらかな
「シワ」が発生してしまったりするものです。

スポーツ走行を主体とするなら、セダンをお勧めします。

またStiモデルは、ミッションがクロスレシオになっており、
燃費よりも加速性を重視した、有効なエンジン回転を利用する
変速比になっています。
エンジン本体もピストンの材質を変更したり、ECUの設定を変えて、
より高出力を目指してあり、そのための耐久性を与えてあります。

本来、Stiモデルは「競技用ベース車両」として販売されたもので、
JAFの競技登録車両として、最初から認定が取られています。
従ってWRXモデルよりも、快適性は劣るはずです。

快適さを犠牲にせず、時折の痛快な加速を楽しみたいのなら、
わざわざStiモデルを選ぶ必要はないと思います。
またStiモデルを手に入れたなら、走行中の振動や騒音、
貧弱で低級感の内装を、非難するのは間違いというものです。
Stiはただひたすら、走行性能の向上のために作られたものなのですから。
それを必要としない方々には、何の価値も無いものなのです。

それでも何故か、Stiの方が売れているんです。
実際の競技参加者は、全然増えていかないのに・・・・・?

ちょっと古いですが(笑)2drのStiに乗っています。

セダンとワゴンでは後軸の重量が違いますし、現在のモデルでは
トレッドが異なりますので、旋回性はやはり違います。
元々、初代からトレッドの狭さのため、高速コーナリングの
安定性に難がありましたので、3ナンバーボディとなって、
トレッドが拡大されたことは、かなり効果があります。

もうひとつ、旧型からワゴンボディは、その構造ゆえに、
後方のボディ強度に限界があることは事実です。
旧型でサーキットなどを元気良く走行したりすると...続きを読む

Qインナーサイレンサーってエンジンに負荷がかかってよろしくないと聞きますが、実際にブローした方いらっしゃいますか?

タイトルの通りなんですが、インナーサイレンサーをつけるとエンジンに負荷がかかって回転をあげるとよくないと聞きますが、実際にタービンまたはエンジンブローしたやそういった経験を周りがした方いらっしゃいましたら、教えていただけますでしょうか?乗っているのはNAなのでタービンブローの心配はないのですが・・・ もちろん、インナーサイレンサーの絞り具合や構造によっても負荷の具合は変わると思うので一概には言えませんが、その時の状況(ブローしたときの回転数など)も教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

そもそも排気圧がインナーサイレンサーを付けた事により上がり、エンジンに負荷がかかるといった意味が不明です
インナーサイレンサーという限りは、後付のスポーツマフラーで口径が大きい物だと思いますが、たとえインナーサイレンサーを付けてもノーマルより音は大きいはずです
つまりノーマルマフラーより排気圧が高い事は無いと思います

さてもしも動いているエンジンの排気管、マフラーをふさいだらどうなるでしょう?排気ガスが抜けないので燃焼ガスがそのまま残るので自然にエンジンが止まります、その原理を利用したのがディーゼルの排気ブレーキです、もちろんエンジンに影響はありません

以上を考慮するとエンジンの負荷は全くありません、マフラーの抜けという排気干渉の度合いはあるかもしれませんが一般公道レベルでは問題無いでしょう

しかしながらマフラーに負荷はかかると思います
ノーマルと比べ軽く、素材も鉄やステン等の薄い素材を使っていますから、溶接部分やプレス部分には負荷はかかるでしょう
インナーサイレンサーも取り付け部分が緩んでいたり、腐食するとミサイルのごとく飛んで行きますから点検が必要ですね

そもそも排気圧がインナーサイレンサーを付けた事により上がり、エンジンに負荷がかかるといった意味が不明です
インナーサイレンサーという限りは、後付のスポーツマフラーで口径が大きい物だと思いますが、たとえインナーサイレンサーを付けてもノーマルより音は大きいはずです
つまりノーマルマフラーより排気圧が高い事は無いと思います

さてもしも動いているエンジンの排気管、マフラーをふさいだらどうなるでしょう?排気ガスが抜けないので燃焼ガスがそのまま残るので自然にエンジンが止まります、そ...続きを読む

Q車検切れ仮ナンバーでの陸運局までの自走をフォローできる任意保険ってないですか?

1200ccの大型二輪なのですが、現在3月に車検が切れ、サイフの都合上
任意保険を休止状態にしていました。
車検を通して復帰しようと思ったところ保険会社より
仮ナンバーで車検場までの自走は保障できない旨連絡がありました。
ちなみに日本興亜損保です。
チューリッヒ、三井ダイレクト、三井住友海上にも確認したところ
基本的に契約に車検証が必要なため車検場までの仮ナンバーでの自走は
フォローできない、契約できないと断られました。

実際保険業のしくみとして車検の切れている車を
契約することができないのは理解できますが
たとえば「契約後一週間以内の陸運局への自走をサポートする
(一週間以内の陸運局への予約票のコピーを提出する)」
保険またはオプションなどあってもいいと思います。

保険会社の乗り換えも検討しています。
陸運局への仮ナンバーでの自走までフォローしてくれる任意保険は
まだ存在しないのでしょうか。

車で輸送するか自賠責のみで走行するしかないんでしょうか。
自賠責は既に加入してしまいましたので急いでいます。
宜しくお願いします。

1200ccの大型二輪なのですが、現在3月に車検が切れ、サイフの都合上
任意保険を休止状態にしていました。
車検を通して復帰しようと思ったところ保険会社より
仮ナンバーで車検場までの自走は保障できない旨連絡がありました。
ちなみに日本興亜損保です。
チューリッヒ、三井ダイレクト、三井住友海上にも確認したところ
基本的に契約に車検証が必要なため車検場までの仮ナンバーでの自走は
フォローできない、契約できないと断られました。

実際保険業のしくみとして車検の切れている車を
契約す...続きを読む

Aベストアンサー

 元Sディ-ラー勤務、現在自営の整備士です。ご質問の件ですが、仮ナンバーでの走行というのは一般的な状況とは考えにくいですので、一般的な任意保険としてはどこも担保していないと思います。この様なケースの場合、「商品自動車の回送」等を担保する自動車業者用保険や、或いは保険屋と話し合いの上その都度保険を組み立てる掛け捨て保険位しかないのでは?ただ、後者の場合かなり割高になる可能性はあります。

Q上中級車の肥大化(5ナンバーサイズの上級車は無理な注文?)

40代半ばです。通勤でま毎日往復30キロ程度走ります。
この20年以上、上級車あるいはアッパーミドルといわれるカテゴリーの車を乗り継いできました。
今乗っているのは、スバル アウトバック3.0R フル装備です。(ターボは嫌い。)
この2代ほどはレガシィ系です。(上級車が大きくなり過ぎた。)
車体サイズ理由でアッパーミドルに落とすのは抵抗がありました。(一般に装備が時代に照らしてチープになる。)
その中でも雪道を走ることもあることから4WDは魅力でした。
次期レガシィ系は幅が1800mmを超えるらしいです。
※たとえばインプレッサに落とすのは抵抗ありです。
5ナンバーサイズはせまい日本の路地では扱いやすいサイズなのですが。
狭い所に入ることがあり、今のアウトバックでも苦労することがあるのです。これ以上大きい車では、入られる場所が限られます。

6気筒エンジンなど中級車ではまず選べません。
かつては、クラウン・セドリックでも5ナンバーサイズでした。

輸出を考えると幅1695mmしばりは困るのでしょうが、1750mm以内で上級装備の車種は、作り続けて欲しいです。
日本の道は狭いのです。

「下級感のある車種に乗り換える」のはみじめです。
だいたい、装備が上級グレードを選んでもチープです。
落ちぶれ感があります。

※自分は絶対にミニバン、1BOXはいやです。(駐車場高さ制限1600mmもありますが、運転して楽しい車でありません。自分はジャンボタクシー運転手ではありません。)

私のような意見を持つカ―オーナーは変わっているのでしょうか?
・欲しい車の条件
(1)上級あるいはアッパーミドルカテゴリー
(2)ミニバン、1BOXでない。セダンかステーションワゴン。
(3)4WDがある。
(4)6気筒がある
(5)ATはCVTでない方が良い。(多段のAT)
 かったるいCVTは大嫌い。
(6)幅は1750mm以内(できれば5ナンバー枠)
(7)長さは5ナンバー枠
(8)外車不可。(嫌い 国産車党)

40代半ばです。通勤でま毎日往復30キロ程度走ります。
この20年以上、上級車あるいはアッパーミドルといわれるカテゴリーの車を乗り継いできました。
今乗っているのは、スバル アウトバック3.0R フル装備です。(ターボは嫌い。)
この2代ほどはレガシィ系です。(上級車が大きくなり過ぎた。)
車体サイズ理由でアッパーミドルに落とすのは抵抗がありました。(一般に装備が時代に照らしてチープになる。)
その中でも雪道を走ることもあることから4WDは魅力でした。
次期レガシィ系は幅が18...続きを読む

Aベストアンサー

アッパー及びアッパーミドル系セダン系列の肥大化は、大元をたどれば、米国からの外圧によって自動車税が従来の排気量・車体寸法ベースから、排気量のみによって課税されるように改定されたことに遡ります(余談ですが、郵政民営化もアメリカの年次改革要望書による「ガイアツ」によるものです)。
これによって今まであった5ナンバ-の呪縛が解け、エンジンは2000cc未満だが車体は3ナナンバーという車種が増加し始めました。

近年の肥大化は以下のようなことが原因かと。

1.高級感を増す
一般的に、自動車は大きいものの方が立派に見えます。
そのため、高級感を出すために車体を大きくして、見栄えをよくする方策が取られることがあります。

2.衝突安全性対策
近年の肥大化の主要要因その1です。
車の衝突対策は、以前は前面からのフルラップ(全面)衝突しか考慮されてきませんでしたが、その後オフセット衝突や後面衝突、側面衝突にも対応するようになりました。
この側面衝突の対策が車幅の肥大化を招いているのです。

質問者さんの乗られているレガシィですが、先代は5ナンバーだったのが現行は35mm拡大して3ナンバーになりました。
実は、先代は5ナンバー枠内でなんとかして対側面衝突の要求性能を維持するために、Bピラー(前部ドアと後部ドアの間の柱)の中に鋼鉄の棒を組み込んだりする無理な設計をしていたため、衝突対策の結果として重量が増加してしまったという欠点がありました。
現行モデルにモデルチェンジされた際に、車種によっては100kg近い軽量化に成功するのですが、これは各所にアルミを採用したこと以上に、3ナンバー化によって設計の自由度が高まり、対衝突設計で先代のような無理な造りをしなくても済んだことによるものです。

3.海外市場対策
近年の肥大化の主要要因その2。
いまや、国産自動車メーカーの主な稼ぎ先はアメリカや欧州等の外国です。
それら諸外国には5ナンバーという縛りは無いので、コンパクトカー以外は当然のように1700mm以上の、日本は違う車体・車種として投入されるのが常でした。

ところが、以前は日本国内には国内専用設計の車体を使っていましたが、日本では今やミニバン全盛となり、セダン系市場の規模が縮小傾向にあるため、企業収益やコストダウンの面からすると日本にわざわざ専用設計のものを投入するのはメリットが少ないため、(競合他社との競争もあって車幅が肥大傾向にある)海外市場と共通設計の車体とするか、日本向けがメインでも海外市場を意識した車体となるのが最近の傾向です。

ちなみに前者(海外と共通車体)が
トヨタ:カムリ(米国仕様・カムリ)
日産:ティアナ、スカイライン、フーガ、シーマ(後ろ3台は米国・インフィニティ系列)
マツダ・アテンザ(海外市場と日本市場の妥協点が今の1795mmの全幅)
ホンダ:インスパイア(米国仕様・アコード)、アコード(次期。欧州仕様をそのまま持ってくるため全幅は1840mmまで肥大化)
などで、
後者がスバル:レガシイ・インプレッサ
といった感じです。

日本車が置かれている上記のような状況からすると、質問者さんの望むような日本の道路インフラに適合した高級車というのは、今後も出てくる可能性は非常に低いでしょうね。残念ですけど。

質問者さんの憂慮は私も同感です。
私も現行レガシィユーザーなのですが、これ以上のサイズアップは勘弁して欲しいというのが本音です。

アッパー及びアッパーミドル系セダン系列の肥大化は、大元をたどれば、米国からの外圧によって自動車税が従来の排気量・車体寸法ベースから、排気量のみによって課税されるように改定されたことに遡ります(余談ですが、郵政民営化もアメリカの年次改革要望書による「ガイアツ」によるものです)。
これによって今まであった5ナンバ-の呪縛が解け、エンジンは2000cc未満だが車体は3ナナンバーという車種が増加し始めました。

近年の肥大化は以下のようなことが原因かと。

1.高級感を増す
一般的に、自動...続きを読む

Qレガシィタイミングベルト交換費用

17年式のBPレガシィターボワゴンに乗っています。
今回走行距離が96000kmに達したのでタイミングベルトを交換しようと思い、ディーラーに見積もりを出してもらいました。
その結果が約12万円(工賃51480円+部品代68090円)でした。
過去のQ&A等見て、水平対向の交換は高いというのは分かったのですが工賃が5万円というのは見あたりませんでした。
詳細を書きますので妥当かどうか教えてください。
あと、この見積もりはディーラーで出してもらったのですがどこのディーラーに行っても共通価格ですか?
ディーラーによっても値段が違うとかはあるのでしょうか?
<技術料>
タイミングベルト脱着・交換 31200円
オイルポンプ脱着取付 8580円
クランクシール交換
ウォーターポンプ交換 7800円
カムシール交換 3900円
<部品代>
タイミングベルトアンドラベ 14800円
アイドラコンプリートベルト 6480円
アジャスタアセンブリベルトテ 10100円
アイドラコンプリートベルト 2710円
オイルシール 2480円
シールOリング 560円
シールOリング 700円
オイルシール 380円
シールOリングシリンダブロ 140円
ウォータポンプアンドガスケ 13300円
サーモアセンブリ 1840円
ホース 490円
ホース 450円
ホースクランプ 140円
ホースクランプ 160円
ホースラジエータインレット 1510円
ホースラジエータアウトレット 1630円
クリップ 1080円
クーラント6L 4500円
キャップアセンブリラジエータ 1300円
ベルト交換
ベルト 1660円
ベルト 1680円

17年式のBPレガシィターボワゴンに乗っています。
今回走行距離が96000kmに達したのでタイミングベルトを交換しようと思い、ディーラーに見積もりを出してもらいました。
その結果が約12万円(工賃51480円+部品代68090円)でした。
過去のQ&A等見て、水平対向の交換は高いというのは分かったのですが工賃が5万円というのは見あたりませんでした。
詳細を書きますので妥当かどうか教えてください。
あと、この見積もりはディーラーで出してもらったのですがどこのディーラーに行っても...続きを読む

Aベストアンサー

特に見積りの内容におかしいところは無いようです。
ただ、タイミングベルトの交換だけではなく、走行距離や年式からタイミングベルトを交換する際に同時にやっておけば将来的に工賃が節約できるということを考慮したフルスペックだと思います。

この車の過去の部品交換や点検修理履歴がわかれば、まだ必要の無い交換部品もあるかもしれませんが、スレ主さんが今後この車をどのように乗っていかれるのかを含めて相談されれば省いてもいいものも出てくると思いますが、滅多に分解しない部分ですので、高価でない部品は省かずに一緒に交換しておくことをお奨めします。

ボクサーエンジンは非常に特殊ですし、特にタイミングベルトはいくら新しいものと交換したといっても、長期間保管して劣化した新品のものと交換されたら元も子もありませんので、部品の回転率が高いディーラーでの交換をお奨めします。

通常の走行であれば、10万kmピッタリで切れるわけではないので、次回の車検時に交換されれば、値引が大きくなるかもしれませんよ。


人気Q&Aランキング