これからの季節に親子でハイキング! >>

某有名ハウスメーカーで家を建てて10年目になります。(軽量鉄骨、建築費4000万ほどでした。)
無料点検を定期的にしてくれます。
今回の点検で、外壁やコーキングの劣化、屋根瓦の一部のネジの浮きやずれ、色あせ(?)などが見つかりました。
昨年は点検箇所全てクリアしており、大変きれいな状態ですと言われました。
1年たったら一気に状態が悪くなってしまったとのことです。
担当の方はほっておくともっとひどくなり更に費用がかさむので
今のうちに外壁や屋根の補修をした方がいいと言います。
見積もりは工期1ヶ月で何と260万!
内容は足場を組み、外壁と屋根の全面塗装やシーリングの打ち替えなどです。
(ここから多少の値引きをしてくれるようです。)
見た目は、知らない方からは新築に間違われるくらいきれいなのです。
本当にやらなくてはいけないのか迷っています。
また、新築で建てても10年でこうなるなら
今後も10年ごとに劣化しては補修の繰り返しですよね?
10年ごとに2~300万の出費になります。
こういうものなのでしょうか?

私の実家もハウスメーカーで建て、25年になりますが(木造です)
そこは点検は建築後、数回あっただけでした。
したがって、屋根や外壁のチェックなど20年以上しておりません。

家にかけるお金は価値観の違いもあるため人それぞれだと思います。
致命的なところは修理は必要だと思うのですが
今、悩んでいます。
またこのような補修工事はやはり建築したメーカーにお願いいたほうがいいのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

10年といえば一区切りなので補修をしてもおかしくない時期です。


コーキングの耐久年数は5年程ですのでいままで
一度もうちかえてないのであればそろそろでしょう。

>担当の方はほっておくともっとひどくなり更に費用がかさむので
>今のうちに外壁や屋根の補修をした方がいいと言います。

これは嘘ではありませんが、多少の誇張があるかもしれません。
たしかにコーキングや屋根のずれから雨水がはいればそうでしょうが
そこまでなるのにあと何年もつかは正直わからないはずです。

>私の実家もハウスメーカーで建て、25年になりますが

日本の住宅はメンテナンスをほとんどせずに30年、40年たったら
建て替えをするという消費型住宅が多いのです。
質問者さんが住宅を50年以上持たせたいのであれば定期的に
メンテナンスは行ったほうがいいでしょう。
しかし、子供世代にたくす気がないのであれば適度な補修で
済ませたほうが費用対効果が高いでしょう。
日本の中古住宅市場は補修をしても評価が低く売却時に
費用の回収はまず不可能です。

つまり質問者さんのライフスタイルにあわせて選択すればいいかと
思います。あた、金額の妥当性については数万円で見積もりの
チェックから損傷の具合まで確認してくれる業者もありますので
利用してみてはいかがでしょうか?
    • good
    • 6
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。
このサイトが重くてなかなか開けずにいました。

>10年といえば一区切りなので補修をしてもおかしくない時期です。
そうなんですね。

大変参考になりました。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/05 18:46

メーカーのメンテナンスの積み立て等は工事金額が見えないうちに金額を払ってしまうことになり、相見積もり等による適正金額の精査ができない問題があります。

また、当然メーカーが動くとその分経費もかかりますので、直接工務店や外壁塗装屋さん等へ見積もり依頼をお勧めします。4割は安くなると思います。
    • good
    • 0

専門家紹介

岩間誠治

職業:建築プロデューサー

"全国で設計を行っています。
ご要望をじっくり伺い、住む方とともに作り上げていく設計を行っています。
ご要望をかなえる事だけではなく、既成概念にとらわれない発想をもとに、想像を超えるご提案をいたします。"

リフォームでは設計施工も規模により行っております。
お気軽にお声かけください。

詳しくはこちら

お問い合わせ先

047-427-5402

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

我が家は,RCの4階建てです。

既に設計事務所も、工務店も倒産してしまい建築Gメンにお願いしてメンテナンスをしようかなと思っています。今年9年目RCの打ちっぱなしも、かなり防水がはげてきました。

ネットで探した、業者にお願いして何軒か見積もりを取りました。千差万別金額も開きがあります。
正直言ってどこを選んでいいか判りません。安いのは嬉しいですが・・・銭失いにはなりたくありません。しっかりしたメンテをしたいと思っています。
参考までに我が家の見積額は、4階建て勿論足場を組んで550m2の塗布面積で200~350万円塗装屋によって差があります。

チョイスのお手伝いと外壁塗装の管理をしてもらってGメンに払う金額は約200,000円です。でも・・・全く素人の私には判らない事だらけなのでお願いする積りです。また、Gメンを入れると言ったら業者が引き締まりましたよ!!

昨年は、オールクリアで今年は、メンテを勧められるのですか?メーカーの陰謀を感じますね((笑)!!
でもメンテ時であることに変わりないと思います。建築Gメンに立会いをお願いしたら如何ですか?

建築Gメンの会
http://www.kenchiku-gmen.or.jp/cyousa.html
    • good
    • 8
この回答へのお礼

>千差万別金額も開きがあります。
素人ではなかなかどこに決めていいのかわかりませんよね。
10年は時期的にはおかしくないことはわかりました。
よく考えてみます。
サイトも参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/05 18:50

最近の外壁メンテナンスについて、こんな説明があります。


http://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/merit/xecoat/ …
この下の方にある表だと、従来品でメンテナンス費用が130万くらいですから、
260万だと、あと屋根で130万という感じでしょうか・・。
高いですね。
新築に間違われるくらいきれいなら、先延ばしにしてもいいように思うんですが、
10年でメンテナンスを客に勧めるっていうのがメーカーの決まりなんでしょうね。
でも、他でやった方が断然安いらしいですよ。
築12年のダ○ワの家の外壁と屋根のメンテナンスを他でやった例ですが、↓
http://www.p-miwa.co.jp/results/2007/12/post_113 …
こ~んなに安く済んでるので。

でも、ダ○ワでやらないと、メーカー保証がなくなるんでしょうね・・。
悩みますよね・・。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

やはり他にお願いいたほうが安く済むんですね。
今後の保証を考えると、確かに悩みます。
給湯器やシャッターはダイワを通さずにしたいと思っています。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/05 18:48

10年で そこまでとは少し早いですな 20年で屋根 外壁の補修が


肝心と思います 数社に点検 見積もりされたら
ハウスメーカーの名前を書かれたら同じメーカーでのユーザーの言葉も
聞けますよ

 私宅は積水ハウスですが20年は放置していました
    • good
    • 7
この回答へのお礼

メーカー名を書いていいのかがわかりませんでした。
うちはダイワです。
積水ハウスも無料の点検はありますか?
それにしても、20年とは・・・長いですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/03 14:50

契約に10年間は無償保障 云々かんぬんをつけてますよね。


メーカは10年たてば自分の責任がなくなるので、色々言ってきます。
まずは そのコーキングの劣化、瓦のねじ浮きがどの程度(箇所や劣化の具合)を教えてもらいましょう。

営業マンには 他社(地元の工務店等)に合い見積もりをとること。
1年で急激に劣化したことをクレームとして本社等に伝える等
(教えてGooで会社名だして相談する等々ww)
 少し脅しを入れておいてもいいと思います。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

地元の工務店でもお願いできるんですね。
デコボコしてるデザインなので
表面はローラー、くぼみはハケ の2通りで塗っていきますと説明させたので
メーカーでないと施工が難しいのかと思っていました。

給湯器も10年たつと故障しやすくなるようで(そろそろ寿命なんですね)
シャッターもオーバーホールしたほうがいいとか・・・
今回の補修の他にも色々言われております。

家ってお金がかかるんですね・・・

ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/03 11:50

外壁を塗装してくれる一般の業者に工事が必要かどうかを含めて


見積もり依頼してみたらどうですか?

塗装は、15年くらいねばってもいいと思いますけど
壁とかに水かけてみてその状態(はじくとか、しみ込むとか)
で塗り替えが必要かどうか判断できるんじゃないですかね。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ハウスメーカーの外壁でも一般の業者で大丈夫なのかよくわからないのです。(色や使っている塗料)
メーカーでも地元の業者でも同じなら見積もりしてもらいたいと思います。
外壁は手でこすったときに白い粉がつくようになったという説明がありました。
チョーキング?とか何とか・・・

ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/03 11:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qセキスイハイムの十年目の定期点検を受けたのですが、外壁と屋根の塗装を勧

セキスイハイムの十年目の定期点検を受けたのですが、外壁と屋根の塗装を勧められました。
確かに、劣化している部分はあるのですが、十年で、外壁塗装をする必要があるのか疑問です。
話を聞いていると、10年毎に塗装をした方が、いいという話です。
60年だか耐えられる家という話だったのに・・・
そんなに、もろい物か疑問です。
確かに、早めに対応していけば、傷みも酷くならず、もちが違うという話もわかるのですが、急がせる部分があって、なんだか怪しい気もしています。
レンガを貼るということも勧められましたが、その必要性が本当にあるのか、営業の人に乗せられているのか心配です。
たった10年で塗り替えをしないと長く持たない家だったのかと思うととても損した気分です。
外壁と屋根の塗装は、どれくらいの頻度で行うのが良いでしょうか??
他の業者にやってもらうと、セキスイの素材に合わないので、はがれたり、傷めることがあるみたいなことも言っていたのですが、本当にそうなのでしょうか?
教えていただけると幸いです。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

まず、選ぶ建材と立地条件により劣化は多少異なります。
それが平均的だとしても、60年手入れなく持つ家(建材)なんてありません。
もつということも、倒れずに住めるという点ではもつといえても、外見にヒビが入ったり、剥がれが来たり外見もあります。

メーカーが進める10年後との手入れというのは、60年(たとえば)持たせるための理想的処置です。

外壁や屋根の塗装が不十分であると、水などが浸透しやすい、太陽光による材質母体の劣化が早いなど、劣化を早めることになります。
最初に言ったように立地条件などにもよるのですが、10年とか15年目の手入れをせずに20年まで来てしまった場合、22年目で外壁や屋根がはがれおちるなんてことになりかねません。
メーカーはそうならないように、やや早めの手入れを勧めているわけです。

例として、10年、10年で塗装、30年目で外壁や屋根材の吹き替え、というのが標準的かと思います。
最初の塗装を15年目でも構いません。その場合、25年目で吹き替えの必要が出てくるかもしれないというイメージです。

15年塗装が絶対に要らないなんて材質は私は聞いたことがないです。

塗装のみを例として書きましたが、シーリング剤、防水加工など10年ぐらいで点検する必要があります。

さらに私が知っている事情としては、材質に当たり外れというのがあるので、6年目ぐらいから、材質の痛みやたわみの変化、シール部の痛みなどを目を光らせておき、早めにメーカーに相談(保証のうちなら好ましい)するのがよいと思います。

60年住めるようにするのは、最初に建てた業者だけでは無理で、ユーザーの手入れやチェックも必要ということです。

煉瓦は、それによりより強くなったり、飽きずに住めることの勧めでしょう。不要なら不要といえばよいです。

補修が必要かどうかは、ほかの業者に一度見て見積もりしてもらえば、妥当な処置かどうかわかります。

他の業者だと材質が合わないのではなく、立てたセキスイが理想と思う材料や工法で補修してもらえるか積水は不安ということでしょう。

まず、選ぶ建材と立地条件により劣化は多少異なります。
それが平均的だとしても、60年手入れなく持つ家(建材)なんてありません。
もつということも、倒れずに住めるという点ではもつといえても、外見にヒビが入ったり、剥がれが来たり外見もあります。

メーカーが進める10年後との手入れというのは、60年(たとえば)持たせるための理想的処置です。

外壁や屋根の塗装が不十分であると、水などが浸透しやすい、太陽光による材質母体の劣化が早いなど、劣化を早めることになります。
最初に言ったように立地条...続きを読む

Q軽量鉄骨と木造住宅で迷ってます。

積水ハウスで約50坪の2階建てを今年都内に建てようと思ってます。 
軽量鉄骨での外壁や頑丈なイメージ、エアキスが気に入るが結露が心配。  
木造住宅でのぬくもりやあたたかさなイメージ、木が好きだがシロアリが心配。

軽量鉄骨のメリット、デメリット。
木造住宅のメリット、デメリットを教えてください。

どうぞご意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

積水の元主任技能者です。


デメリット
木造は職人によってばらつきが有り場合によっては致命傷になる。

建築中の雨程度は平気だが濡れるのは気になる。

木の良さを出しやすいが多少の狂いは絶対出る。

メリット
税金が安い。
奇抜な形でも可能。
寒冷地では暖房費が安くなる。
増築が誰でも出来る。


デメリット
軽量鉄骨は寒冷地では寒く感じる。
和風建築が似合わない。
税金が高い。
4t車が入らないと高くつく。


メリット
技術と品質が一定である。
積水なら間違えが無いほど材料がきっちりしているので間違えようが無い。
基礎幅が広いのが魅力。
ほかのHMより鉄骨の精度がよく基礎の精度が良いと柱や壁の垂直水平がすんなりでる。
30年前の鉄骨がいまだにさびていない(電着塗装の為)
同メーカなら増築も出来る。

Qダイワハウスの相場は?

結婚4年目、
夫婦共働きで子×1
(行くx2は2人目も)
新築のためにダイワハウスの支店に話を聞きに行きました。
土地代抜きで、支店は、
「相場3千万円弱から」
と言いました。
身近な人達は、土地代抜きで
「2千万あればいい家が建てられる。」
と言っています。

ダイワハウスで、敷地70建坪40で土地代抜き2千万の家ってどんなでしょう。
私達夫婦は、外観が標準的で強度に問題が無ければ、内装に大してこだわりはなく、安く済ませたいと考えています。

ご意見をお待ちしています。

Aベストアンサー

ダイワに限らず、セキスイもミサワも坪70万は下らない。ヘーベルや住友林業などは価格帯が100万ぐらいです。ダイワはセキスイやミサワと競争すると価格で負けるので、宅地開発による優良土地で客を取り込もうとしているのです。だから、土地は良いものであったと思います。
前にも回答したように、土地が気に入ればそれが一番なのです。建物に多少の違いがあっても、ハウスメーカーの建物はどれも一流です。経済的な余裕があれば、後悔するようなものではありません。

建物の原価について、以前に別の質問で回答したことがありました。
近所に住んでいる若い大工が建てた家のことです。
住友林業以上の仕様で延床面積約40坪の家が1100万円で建てたと言っていました。ただし、これは特殊条件で設計は自分で、職人工賃はすべて友達工賃(彼らの手取り単価)でしてもらったそうです。材料費も仕入れ原価。自分の大工工賃の100から200を足しても1300。坪33。私もこの大工に見積りをさせるとさすがに33にはならないが、それでも40は切れる。
建物価格には地盤改良工事と下水・ガス工事は含まれていません。200程度でしょうか。それらを入れると1500が原価です。

身近な人が言っている2000は妥当な価格です。

ダイワに限らず、セキスイもミサワも坪70万は下らない。ヘーベルや住友林業などは価格帯が100万ぐらいです。ダイワはセキスイやミサワと競争すると価格で負けるので、宅地開発による優良土地で客を取り込もうとしているのです。だから、土地は良いものであったと思います。
前にも回答したように、土地が気に入ればそれが一番なのです。建物に多少の違いがあっても、ハウスメーカーの建物はどれも一流です。経済的な余裕があれば、後悔するようなものではありません。

建物の原価について、以前に別の質問で回答...続きを読む

Q住宅のメンテナンス費用について

住宅にかかるメンテナンス費用について教えて下さい。

住み始めてから30年間でかかる(と思われる)メンテナンス費用について、
どんな場所(項目)にどれ位の費用がかかるのか?
下記HM別で分かると非常に助かります。

具体的なハウスメーカーとして
・セキスイハイム(鉄骨ユニット)
・一条工務店(2×6)
・ミサワホーム(木質パネル)

実際は10年毎に費用をかけてメンテナンスすることで、初めて次の10年が
保証されたりといった話も聞いたりしますが…

上記内容で専門家の方やお詳しい方、ご教授お願いします。

Aベストアンサー

メンテナンス費用はメーカーによって算定できるのでなく
敷地条件にあった工法なのか、そして材料と、設計に無理があるかないかで大きくちがうと思います。

どこも今は、10年保証が義務ですから10年で構造体に問題があったときは無償で直してもらえる権利があります。しかし、このくらいのハウスメーカーの建物なら10年なんて当たり前のようにほとんど問題は出ません。

しかし、その義務を超えた10年保証からの構造体保証はメンテしてもらわないとだめというのが普通です。この内容は、建物によって違うはずです。仕様がちがうからです。10年たったら見積もりをするはずです。
防水工事やサイディングの目地など7~10年で劣化してきますので水の侵入がひどくならないうちにやりかえが必要です。バルコニーが広ければ金額も高いですし、外壁面積が多ければ価格も高いです。
しかしタイルの外壁なら割れ、きれ、はがれの確認と部分補修なので安上がりになるともいえます。
結局はひどくならないうちに適切な工事費を払って次の10年を安心して住まう費用となります。

15年もすれば排水管メンテもしないと使用方法によっては詰まる事故も発生します。
そのあたりの点検や修理も必要になると二十万以下位の費用がかかるでしょう。
また15年くらいで設備の寿命がきます。モーターのある換気扇、給湯器などは交換の必要が出てきます。その機器交換の費用も必要です。
クロスも目地が切れてきますので交換時期になります。

保証といっても必ず範囲があります。
たいていは構造体を守るだけの保証であり、それ以外のメンテ工事は有償ですので自分でチェック管理できれば建物の劣化にあわせて工事をすればよいのです。
10年単位に建物が悪くなるわけではないのでメーカーのシステムは「やや商売としてのやり方」であり、途中の設備面手やリフォーム顧客の確保になる方法です。保証に関わらず家をよく見てあげないとその途中で何か起きることも充分に理解しておいた方がよいと思います。

メンテナンス費用はメーカーによって算定できるのでなく
敷地条件にあった工法なのか、そして材料と、設計に無理があるかないかで大きくちがうと思います。

どこも今は、10年保証が義務ですから10年で構造体に問題があったときは無償で直してもらえる権利があります。しかし、このくらいのハウスメーカーの建物なら10年なんて当たり前のようにほとんど問題は出ません。

しかし、その義務を超えた10年保証からの構造体保証はメンテしてもらわないとだめというのが普通です。この内容は、建物によって違う...続きを読む

Q外壁塗装は必ず必要ですか?

築15年の軽量鉄骨住宅に住んでいます。外壁、瓦の塗装のセールスが多いのですが、迷っています。10年ごとにと良く言われますが、必ず必要でしょうか?同時期に同じメーカーが建てた家が10棟ありますが、半分以上は1回は塗り替えを行っているようです。定期的な塗り替えが良いことは分かりますが費用の問題があります。
たとえば、40年で解体するとして、その間に4回塗り替えをするのか、1回で済ますのか。1回100万円としても大きな差ですよね。雨漏りなどのトラブルが発生しなければ、なるべく少ない方がいいと思うのですが。近所には、私が小さい頃から1度も塗り替えなどしていないだろうと思われる木造住宅も結構あると思うのですが・・・・
我が家は現在、ひび割れなどはありません。目地部分はだいぶシワシワな感じになっています(ここから雨水が浸入してと言われたことがあります)。雨漏りなどは全くありません。出来れば先延ばしにしてトータルの回数も減らしたいのですが・・・
アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

親が大工しています。
実感としては#5さんに近いと思います。
但し建てられた家の状態がわからないのでなんともいえません。
ローコストで建てた場合は比較的早い頻度でしたほうが良い傾向にはあると思います。
リフォームやさんは外壁塗装は変化がわかりやすく費用もかさみ
かつうまみも大きいのでねらい目なのかなと思います。
リフォーム屋さんのお勧めの1.5倍の周期まではまあ大丈夫でしょう。

それより雨漏りやそれ以外の快適性に直接かかわらない部分、眼に見えにくい部分のチェックを大工さんに見てもらったらどうでしょうか ?
お近くに知り合いの大工さん(うでの良い)はありますか ?

ちなみに我が家の外壁は50年間塗装はしていませんまたまだいけそうです。塗ってもいいのですが古くなってきた感じが消えてしまうのが惜しい。

Q外壁 シーリングの 打ち替えをやりたくない!

家を新築してもうすぐ10年です。10年保障が切れるので、最後の(?)無料点検をしてもらったら、
外壁サイディングのシーリングを打ち直したほうがいいとのこと。
見積もってもらったら、なんと100万円弱・・・。
それだけのお金があれば家族みんなで海外旅行に行けちゃうじゃないですか!

ほぼ同時期に建てている周りの家を見ても全然メンテナンスしてませんし、シーリングがひび割れて防水シートが見えてる箇所なんてほんのちょっとなんです。

というわけでDIYで該当箇所だけ打ち増しし、あと5年はもたせてやろう思うんです。ネットで色々調べたんですが、シーリング自身で完全防水しているわけではないらしいのでこの程度の対策で大丈夫かと・・・。具体的な問題点が出たときに修理すればいいや!って感じです。

でも、そんな風に安易に考えるとあとでものすごく痛い思いをしちゃうのかな・・・とも心配なのですが、10年、20年とシーリング工事をしていない人いませんか?けっこういっぱいいると思うのですが。
皆様のご意見おねがいします。

Aベストアンサー

実家が建築板金をしています。私は継いでいませんが、何年かは手伝っていたことがありました。
>10年、20年とシーリング工事をしていない人いませんか?けっこういっぱいいると思うのですが。
いると思いますよ。高いですしね。シーリングがはがれたり、ヒビ割れてもいきなり、下の木材が腐食するとかはないです。放っておくとなりますけどね。ちなみに寿命ですが・・短くて5年、長くて15年ですね。施工状況・素材でだいぶ変わると思います。うちは築10年以上ですけど、特にやってません。最近、一部でひび割れが見られます。やるとしたら、実家に頼みますがw

>具体的な問題点が出たときに修理すればいいや!って感じです。
気持ちはわかりますし、たぶん私もそうですけど。
今回の件で具体的な問題点がでるとすれば、雨漏りとかです。横からなので、内部までしみ込むってことは、そうそうないでしょうけど。しみ込んできてたら、もうアウトですけどね。そこから腐るので・・一カ所とかなら、まだしも、広範囲であれば、問題起きた時はもう立て直すしかないと思いますよw

>シーリングがひび割れて防水シートが見えてる箇所なんてほんのちょっとなんです。
これ、きになったんですけど、どこの部分のこと言ってるんですかね?
サイディングとサイディングの繋ぎ目ではないですよね?繋ぎ目であれば、下にバックアップ材というものがあるはずなので、防水シートが見えるってことはまずないです。サッシとかの周りであれば納得ですけど。

どうしてもお金をかけたくないのであれば、やれる範囲でご自身でやるってのも手ですけどね。
その辺のホームセンターでシーリング・ガン・養生テープ・パテ買ってきて、ひび割れしている箇所だけをやるとか。
やる時は、上から塗る前に一度シーリング材をカッターなりできれいに削ってからなのかな?その辺はまた調べてください。
全部やるとなるとかなりの大仕事になるので、足場等を組まないとやってられないですが・・その時は業者に頼んだ方がいいです。
家は大切なものなので、しっかりとしたメンテナンスした方がいいのは事実ですが、ご自身のお財布と相談して、立て直すのか、リフォームして、長く住むのかをご検討されるのがいいかと思います。

実家が建築板金をしています。私は継いでいませんが、何年かは手伝っていたことがありました。
>10年、20年とシーリング工事をしていない人いませんか?けっこういっぱいいると思うのですが。
いると思いますよ。高いですしね。シーリングがはがれたり、ヒビ割れてもいきなり、下の木材が腐食するとかはないです。放っておくとなりますけどね。ちなみに寿命ですが・・短くて5年、長くて15年ですね。施工状況・素材でだいぶ変わると思います。うちは築10年以上ですけど、特にやってません。最近、一部で...続きを読む

Qダイワハウスの建売は買いでしょうか?

ダイワハウスの建売を購入しようか迷っています。
物件は間取りも気に入り、あとは値引き次第なのですが
色々なサイトを見ていると アフターがよくないようで・・・
xevoはメンテナンスも今までの半分だといわれましたが
営業トークでしょうか。
ダイワハウスにお住まいの方、もしくはお知り合いがいる方
よかった点 悪かった点 なんでもいいので教えてください!

営業担当も決算前で売ってしまいたいのか 物件を見てから
まだ2週間だというのに
(ダイワとのお付き合いは昨年夏からですが)
昨日本契約まで持ち込もうとしていました。
建売物件だと契約までこんなに短期間なのでしょうか。
余りにもトントンと話が進んでしまい、不安です。

経験者、専門知識をお持ちの方 助言ください。

Aベストアンサー

建売は商品売買ですから、見えない誰かが買ってしまうという競争があるものの車買う程度のスピードで販売されます。

ユーザーの「買いたい」と
資金目途さえ付けば即決という事です。
正直売ってしまえば家に対しては瑕疵保証などあっても、
家計のやりくりの失敗まではもちろん知らん振りですからね。
買うからにはそういうこともシュミレーションした上で物件を探すのが建売を検討している人の常識だと思います。

建売も2月が一番売りやすいのです。時期的には気のない人を待たずとも物件がよければ客は付くし、下手に待って3月過ぎればボーナス期の6月まで売り安い時期がのびて不良在庫になってしまいます。

まだ、不勉強なのに飛びついたのならやめた方がいいかもしれませんし、ある程度さがしていてこれはと思ったのなら買いかもしれませんが条件もわからずにここで判断は難しいです。

メンテ半分・・これは完全な営業トークです。
より耐久性がいいもの汚れにくい物を使っているという事でしょうが、家のメンテの巾はとても広いのです。いいもの使わなくてもメンテがあまりなくて済んでいる家などいくらでもありますし、他のメーカーでも同じような耐久性のものを使っている事も少なくありません。何を持って「半分」と言い切れるのかきいてみたいもんです。

注文住宅を建てる人よりも建売を買う人は、家は大してこだわらないという人が結構多いものです。そういう方は家に労力をかけるよりも他に労力をかけたい、、(例えば仕事や趣味)とするとメンテが楽というトークは非常に多くの心をつかむ的をえたトークなわけです。

このように不動産系の販売ではトークは話それこそ半分に聞きましょう。頼りになるのは、仕様書、図面、実物、重要事項説明書などです。決して丸呑みしないように。

建売は商品売買ですから、見えない誰かが買ってしまうという競争があるものの車買う程度のスピードで販売されます。

ユーザーの「買いたい」と
資金目途さえ付けば即決という事です。
正直売ってしまえば家に対しては瑕疵保証などあっても、
家計のやりくりの失敗まではもちろん知らん振りですからね。
買うからにはそういうこともシュミレーションした上で物件を探すのが建売を検討している人の常識だと思います。

建売も2月が一番売りやすいのです。時期的には気のない人を待たずとも物件がよければ...続きを読む

Qこれからの住宅は木造か鉄骨どっちが良いか

今年の春に90坪の土地を購入して5年後を目途に新築を計画しています。まだHMにしようか、地元の工務店にしようか決まっていませんが、まずは建物の工法から決めていきたいと思っています。今は建築技術も向上しているとは思いますが、これからの住宅は木造住宅が良いのか、鉄骨住宅あるいはコンクリート住宅が良いのかどれが良いと思いますか?

Aベストアンサー

何を重視されているかに依りますが、耐震性だけを考えても、地盤との兼ね合いで最適な構造は変わります。
緩い地盤に、重い建物を置くのは耐震上良くありません。
もとが軟弱地盤の場合は、柱状改良などの地盤改良をした場合でも、棒の上に重いモノが乗った状態で、
不同沈下には有効ですが、地震などの災害時の横揺れには危険です。
どの程度の地盤に建てるかによって、最適な構造も変わってきます。
一般に、RC だと改良前の地耐力が粘土質で5トン、砂質で8トン以上は欲しいでしょう。
軽量鉄骨だと粘土質で3トン、砂質で5トン以上、それ以下の地盤に建てるときは地盤改良をしても木造の方が無難です。

また RC は結露の問題があります。コンクリートは建てて数年は湿気を吐き出します。
それに、湿気を外部に全く逃がしません。計画換気をしっかり考えないと健康上も良くありません。
RC 構造では、壁内結露のことを考えると外断熱が良いと思います。
内断熱にすると、断熱材とコンクリートの間に結露でカビが生える原因になります。
ただ外断熱の場合は断熱材を厚くしずらいので冷寒地には向かないと思います。
とは言え、硬質ウレタンの50mm程度を施工すれば、IV地域以南では全く問題ないでしょう。

また RC と言えども寿命があります。
コンクリートの水セメント比と、鉄筋のかぶり厚で40-100年程度で駄目になります。
大抵は 21-24N/m2 で、かぶり厚4cm程度なので 50-60年程度でしょうか。
耐用年数的には、木造でもキチンと作れば(作ってないところも多いですが)、
この程度か、それ以上の耐用年数になりますので、極端に長いわけでもないです。
しかも、RC の場合は、耐用年数が過ぎた後は資材を再利用できないので、
長いスパンでは廃棄のことも考えないといけないでしょう。

軽量鉄骨は、木造と比べると、上物が重いだけではなく荷重が柱に集中する構造です。
また、多くの軽量鉄骨の構造(一部違いますが)では、
地震の際の命綱として、フレームにブレースを入れています。
地震が起きたらブレースが確実に歪むので、歪みを治さずに放っておくと、
気がつかずに地震に弱い構造になっている可能性もあります。
制震のダンパーを入れているところもありますが、機械構造の劣化や寿命を考えると、
家の根幹を機械構造に任せるのは個人的に好きではありません。
建てた瞬間ではなく、長期の安全性を考えると、単純で頑丈なモノが一番安心できます。
それを考えると、僕は鉄骨ならラーメン構造が好きです。

鉄骨の場合も充填断熱にすると、
断熱材を厚くしても鉄骨が熱橋になって断熱効率を落とします。
外断熱にした場合も、あまり厚い断熱材を使えないので、
どちらの場合も高断熱には向かないと思います。
とは言え、これも多少の光熱費を犠牲にして、全館床暖房などにすれば快適に過ごせると思います。
また、鉄骨は火災の時には、一気に溶けて崩れるので、火災に対しては木造よりも弱いです。
しかし、どんな構造でも火災の時は窓から火が入るから、構造の強弱はさほど重要でないかな。

次に木造ですが、3階建以上だと RC か軽量鉄骨の方が良いと思いますが、
2階建までならキチンと考えて設計すれば、そこそこ耐震性は高く作れます。
木造は比較的軽く、鉄骨と比べると柱の一部でなく、土台全体に荷重が分散するので、
ベタ基礎にし易く、比較的弱い地盤でも対応可能というのも利点です。

木造は大きく分けると、在来軸組と2×4があります。
どちらの場合も、断熱性能や、家の寿命などは、施工の丁寧さや、部材の使い方でピンキリです。
例えば、建材は湿気に強い弱い、シロアリに強い弱いなどの特徴があり、
適切でない部材を使っているメーカーは意外と多いです。
また、施工の精度で性能も変わります。

昔は在来軸組と2×4の一番の違いは、耐震性と言われていましたが、
最近では在来でも構造面材を使うところが増えてきて、
耐震性という意味では構造よりも、間取りや設計に依存するようになってきました。
最近の構造での在来軸組と2×4の一番の違いは、
2×4の方が職人の技術によって出来上がりが左右されづらいことだと思います。
(これはプレハブにも言えることですね。)
一方、在来は職人の腕に左右されやすい反面、
間取りや将来のリフォームなどの自由度が高いです。

このように、どのような工法でも、一長一短はあります。
建てる地域、土地の状態、何階建かによっても、良い構造は変わってきます。
どんな場合でも、この構造が良いと言えるような構造は無いと思います。
また、同じ工法に分類される構造でも、建材、施工方法で全く性能は変わります。
更に、家は車などの工業製品と違って、一件たりとも同じ建て方ではありません。
いろいろな条件を考えて、最適と思える工法、工務店、メーカーなどを探して、
納得いく家を建てて下さい。

何を重視されているかに依りますが、耐震性だけを考えても、地盤との兼ね合いで最適な構造は変わります。
緩い地盤に、重い建物を置くのは耐震上良くありません。
もとが軟弱地盤の場合は、柱状改良などの地盤改良をした場合でも、棒の上に重いモノが乗った状態で、
不同沈下には有効ですが、地震などの災害時の横揺れには危険です。
どの程度の地盤に建てるかによって、最適な構造も変わってきます。
一般に、RC だと改良前の地耐力が粘土質で5トン、砂質で8トン以上は欲しいでしょう。
軽量鉄骨だと粘土...続きを読む

Q予算2500万でどれくらいの家が建つの?

最近75坪の土地をゲットしました。(^^)さぁ家を建てようと思ってます。しかし自分は全くの素人です。
とにかくせっかく大きい土地なんでできるだけ大きい家を建てたいなと思ってます。何しろ予算は2500万で建坪どれくらいの家が建ちますか?(外講工事、登記、オプション100万くらい)を含む
大手ハウスメーカー希望です。値引きについてもお聞かせいただけたら幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いろいろとお金がかかりますが、意外とかかるのが融資費用。
保証料or事務手数料で60万。火災保険でも40万位必要です。
カーテン、照明で50~60万。

外溝はピンきりで、削りやすいところでもありますが、借金まみれで
後から気軽にできるものでもないですが、メーカーに頼むとべらぼうな
金額を取られます。

例外があって、最初から外溝の「提案」も含めた金額で「検討」すれば
外溝でしこたま儲けるような事も少なくなります。

暖房器具、クーラーもバカにはなりませんし、もしオール電化にするなら
なおさらです。

私の場合これから着工なのですが、他に予算を取っているのが
環境保全組合費、CATV関連、自治会費、Bフレッツ工事費用、団体生命、
引越し費用、退去費、植栽、ソファー、冷蔵庫、IHなべ、勉強机、物置、
ルータ、テレビ、生ゴミ処理機、原付、地鎮祭、挨拶周り、上棟式ご祝儀等

上はあくまでウチの場合ですが、標準で付いているもので満足する人は建売で
満足できる人が多いのですが、注文住宅から始める方は別途追加工事もぼちぼと
出ると思いますよ(^^);

実は、大手ハウスメーカーと工務店の他に「地場でがんばっている」or
「ちょっと県外に進出している」中堅会社も結構あります。
(ウチはこれでお勧め♪)

ここいら辺だと価格交渉の余地があります。
(大手は渋いですがカーテンくらいはつけてくれるかな?)
もちろん、なんの根拠もなく「まけてまけて」といっても成果は上がらない
だけでなく、大切な「信頼関係」までも傷つけてしまうかもしれません。

例えば、「完成見学会やってもいいですよ」とかでも、値引きを引き出しやすい
かと思います。(しかも双方お得)

どこまで2500万円に含めるか、吹き抜けとかどこまでこだわるかにも
よりますが、大手でも40坪くらいはいけそうな気がします。
sekisuiさんで引渡し坪70万になったかたも普通にいらっしゃるようですが・・・

ちなみに、私は大小8社から見積もりを頂いて検討したので「へとへと」に
なりましたが、がんばっただけのことはありました。

参考になれば幸いです。

いろいろとお金がかかりますが、意外とかかるのが融資費用。
保証料or事務手数料で60万。火災保険でも40万位必要です。
カーテン、照明で50~60万。

外溝はピンきりで、削りやすいところでもありますが、借金まみれで
後から気軽にできるものでもないですが、メーカーに頼むとべらぼうな
金額を取られます。

例外があって、最初から外溝の「提案」も含めた金額で「検討」すれば
外溝でしこたま儲けるような事も少なくなります。

暖房器具、クーラーもバカにはなりませんし、もしオール電化...続きを読む

Q軽量鉄骨造一戸建ての寿命

積水ハウスの中古住宅(築18年)の購入を考えています。
空家だったので中も外もじっくり見てみましたが
素人目で見た限りでは、中も外もまだまだしっかりしていていました。
地盤も、丘陵地を積水ハウスが開発分譲したところと
いうことでとてもしっかりしているように思いました。

ただ不動産屋の営業マンが
「鉄骨造だから木造に比べて丈夫です!!」
とあまりにも連呼するので
逆に「ホンマか?」と疑ってしまいました。

一般的に軽量鉄骨造の家って、大きな補修(構造的なもの)
をせずに、どれくらい住めるものなんでしょうか。

あるいは、何年おきにこれくらいの費用をかけて
補修すれば長持ちする、というようなことでも
いいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その昔、積水ハウス軽量鉄骨造の平屋に住んでいました。築26年まで住みました。
(今残ってたら築31年なんですが、5年前建て替えました)

取り壊すキッカケは
猫を飼っていたので壁紙など爪でバリバリにされた事
台所の流しの前の床が湿気で腐り、落ちそうになっていた事。
戸の建て付けがあちこち悪くなっていた事です。

取り壊す時に解体業者の方に言われましたが、鉄骨の柱はまだ
全然しっかりしていたそうですよ。(素人目ですが、私にもそう見えました)

台所の床が腐ったのは、長年ちょっとずつこぼれた水で湿っていたの(だろう)という事と
元々土地が田んぼを埋めたてたところだったので、湿気が多かったセイだと思います。

戸の建てつけも蝶番部分が錆びてきて膨れたり、引き戸の下についている
車輪が磨耗していびつになっていることからのようでした。
(その部分だけ直せば住めたのにと思いましたが、私が戸主ではないので(^^;)

そのお家は手入れは必要かもしれませんが、まだ住めると思いますよ。
補修が必要だろうと思う部分は上に書きました、床(耐久性)と内壁(美観)
戸の建てつけですかね。
ワックスかけたり、油さしたりで耐久性はぐんと上がると思いますよ。

あ、屋根はトタンですか?うちは錆びて穴が開いて押入れに雨漏りしましたよ。
(数年に一回ペンキを塗ってたら、防げたようですが)
屋根がトタンだったら、雨がふったらバラバラと音がします。
慣れれば風情として楽しめる程度ですが(^^)
私は雨の音が好きだったので、今の家は殆どしないので残念です。

あと、これは建て替えないと判らなかった点なのですが
今の家は前の家に比べて気密性が高いので、冬温かく夏涼しいです。
冬の事ですが、暖房を切って寝て、次の日の朝起きたら温かく感じます。
(昔の家に比べて)あれ?今年は温かいねって言ってたら、外は雪。
それで中が温かいんだと気付きました。この点は大きい利点でしたね。
前の家では、1度暖房を付けに起きて、また暖まるまで布団に戻る感じでしたから。

他の点での不満は得に有りませんでしたから、前の家に手を加えてまだまだ
住めば良かったのにと思っています。
でも、親もどんどん年をとることだし、冬温かい家はやっぱりよかったのかも?
(断熱工事ができるんならそれの方がいいかもしれませんが)

どちらの地方かわかりませんが、断熱という面でも覚悟が必要かもしれません??

あまり役に立たない話でしたね(^^;(思い出話みたいになっちゃった)
他の方の回答も待ってみてください。

その昔、積水ハウス軽量鉄骨造の平屋に住んでいました。築26年まで住みました。
(今残ってたら築31年なんですが、5年前建て替えました)

取り壊すキッカケは
猫を飼っていたので壁紙など爪でバリバリにされた事
台所の流しの前の床が湿気で腐り、落ちそうになっていた事。
戸の建て付けがあちこち悪くなっていた事です。

取り壊す時に解体業者の方に言われましたが、鉄骨の柱はまだ
全然しっかりしていたそうですよ。(素人目ですが、私にもそう見えました)

台所の床が腐ったのは、長年ちょ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング