「森進一」のほうが「五木ひろし」より唄は上手い。
これを解説して下さい。

※「そうは思わない」のであれば回答は不要です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 演歌は西洋音楽の技法を用いていますが、根本は日本の音楽なので、音程やリズムの正確性を求めるのは間違っています。

振動数が2倍であれば1オクターブ、その間を12等分したのが平均律で・・・などという音階に関するルールは、アジア人である私達には不自由で仕方がない。リズムについても同様です。規則的な拍感に性格であることは、音楽の本質ではありません。

 日本語の韻律は、西洋音楽の音階やリズムとは必ずしも合致しない。となれば、そこからいかに自由であるかが、日本語を歌詞とする音楽の命題ではないか・・・と考えます。ただし、そこには様式感というものもあって、「とにかく西洋的でなければよい」などと言い切ってしまえるほど単純なものではありません。

 しかし、演歌に限っていえば、西洋音楽の理論や楽器を用いてはいるものの「日本の音楽」であることは間違いないので、相当に自由であるべきだと考えます。特に言葉を扱うボーカルは、日本語ならではの韻律や、言語による世界観の表現を優先するべきで、最も「非西洋的要素」が要求されるパートです。

 このように考えた場合、五木ひろしの歌唱は、森進一に比べ西洋音楽的には正当です。五木ひろしは、演歌を西洋音楽と東洋文化の融合と考えているのでしょうか。西洋音楽の枠組みから著しくはみ出そうとはしません。
 一方で森進一は、演歌には西洋音楽としての要素もあるということすら気にしていません。否定しているのではなく、気にしていない。すなわち、西洋音楽に縛られることなく、全く自由です。言葉による表現が最優先で、歌唱というよりも、朗唱という言葉が適切であるような印象を受けます。

 そもそも「唄が上手い」ということの定義が難しい問題ですが、以上のことから私は勝手に次のように結論づけます。

 演歌は、西洋音楽の表現技法を取り入れた日本音楽である。したがって、日本語の韻律を生かした歌唱が優先されるべきで、西洋音楽的要素に合致することは必ずしも重要ではなく、むしろ非西洋的であることが演歌の特徴である。
 森進一は五木ひろしに比べ、演歌的特徴を強く表している。
 よって、「森進一」のほうが「五木ひろし」より唄は上手い。

 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧に、ありがとうございます。

お礼日時:2010/02/13 16:33

こんばんは。


まるで、森派と五木派に分かれてのディベートの素材収集みたいな感じですね。

森さんには、「音が全く外れたビブラート」(←私が勝手に命名)というワザがあります。
それは、一曲の中で最高潮になった部分で出現します。

一例を挙げますと、「おふくろさん」では、
♪あなたの あなたの 真実ぅ~ぅ~ぅ~
♪忘れはしないぃ~ぃ~ぃ
の「つぅ~ぅ~ぅ~」や「いぃ~ぃ~ぃ」の部分のビブラートは、
楽譜に書かれた音符とは全く無関係な、上に外れた音で歌っています。
しかし、多くの人には違和感を与えません。

つまり、外しているのにもかかわらず、外れたように聴こえないということですね。
こういうワザを持っている歌手は少ないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧に、ありがとうございます。

お礼日時:2010/02/13 16:33

演歌では比較する方がおかしいと思いますよ。

私の感覚では、お二人とも”音程やリズム”も”いい加減で話しになりません。演歌が如何こうということではなく、お金を払ってまで聞くような程度ではないということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2010/02/13 16:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q上の段の歌詞に※がついています。「※」は何?

合唱曲(ポピュラー)の楽譜の中途で、上の段の歌詞に※がついています。これはなんでしょうか?
五線譜の一番上にセーニョがついていますが、関係ありますか。
この曲には他にも繰り返しの記号があります。

Aベストアンサー

こんにちは。

よく、同じ歌詞を繰り返すときに、※マークをつけているのを見かけます。

たとえば、
1回目のサビの歌詞に※を付けておいて、
2回目以降の同じ歌詞のサビは、歌詞を書かずに※を書くだけで済ますとか、です。

ご参考になりましたら。

Q「熱愛者」を唄っている歌手を教えてください。

歌い出しが「愛という言葉の意味をまだ知らない人たちばかり・・・・」
昭和50年代の女性歌手。

Aベストアンサー

おはようございます。

歌詞が分からないのでまったくの自信なしですが。。。

『絵夢』さんという人が『熱愛者』という曲を歌っていました。昭和53年の発売で、ドラマ『犬笛』の主題歌でした。

違う曲でしたらゴメンなさい。

Q「短調」の「III度」の「度数表記」と「コード表記」について

Cm調では、
「度数表記」IIIb 
「コード表記」Eb
です。どちらにも、bが両方ついてます。

では
Am調では、
「度数表記」IIIb 
「コード表記」C
と、ゆうことらしいのですが、なぜ、bがIIIにつくんですか?
III ではいけないのでしょうか?
-----------------------------------
関連して。
VIb=F
VIIb=G
も、bが、「度数表記」と「コード表記」の両方についてませんが・・・

また、その解説をしているサイトなどがあれば、教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
ポピュラー系のコード理論にはそれほど詳しくないのですが・・・。

こちらのサイトが参考になると思います
http://www2s.biglobe.ne.jp/~hongo/2.htm
真ん中よりやや下,「ローマ数字表記 (=コード進行の相対表現)」の部分です。

この「b」は,メジャースケールのIII度(ミ),VI度(ラ),VII度(シ)よりも半音低い音がルートである,という事を示しているのであって,ルートの音が「○b」の音である,という意味ではありません。
ご質問の例ですと,AメジャースケールのIII度,VI度,VII度はそれぞれC#,F#,G#であるのに対して,Am調のIIIb,VIb,VIIbの和音は,それらよりも半音低い音であるC,F,Gがルートになっている,という意味です。

注:クラシック系では,ローマ数字表記の場合bはつけず,イ短調のIIIの和音と言えば,C-E-Gの和音のことを示します。
クラシックも含めて,という事ならばこちらも参考になると思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%92%8C%E5%A3%B0

こんにちは。
ポピュラー系のコード理論にはそれほど詳しくないのですが・・・。

こちらのサイトが参考になると思います
http://www2s.biglobe.ne.jp/~hongo/2.htm
真ん中よりやや下,「ローマ数字表記 (=コード進行の相対表現)」の部分です。

この「b」は,メジャースケールのIII度(ミ),VI度(ラ),VII度(シ)よりも半音低い音がルートである,という事を示しているのであって,ルートの音が「○b」の音である,という意味ではありません。
ご質問の例ですと,AメジャースケールのIII度,VI度,VII...続きを読む

Q森美術館「世界の都市」展

数年前、森美術館でやっていた世界の都市展のカタログをさがしているのですが、タイトルが分からず、どのように探せばいいか困っています。
タイトルを知っている方、販売している古本屋さん、探し方などを教えてください。

Aベストアンサー

森美術館のサイトに過去の展覧会一覧があります。
そちらでおおよその時期からお探しになると早いのでは。
http://www.mori.art.museum/jp/exhibition/exhibition2008.html

ざっと見て2004年の「アーキラボ」が近いのかな、と思いましたが…全然違ったらすみません。
http://www.mori.art.museum/contents/archilab/index.html
http://www.dnp.co.jp/artscape/catalogues/0501/index.html

Q「盗賊の唄」はどうしてあんなにロマンチックな曲?

クラシックギターをやっています。カタロニア民謡「盗賊の唄」はタイトルに似合わず、どうしてあんなにロマンチックで美しい旋律なのでしょうか。何か元になるストーリーがあるのでしょうか。教えて下さい。

Aベストアンサー

ホセ・カレーラスがカタロニア民謡を歌っているCDがあり、そのジャケットに訳がのっているそうです。
友人がその訳を教えてくれました。昔の「現代ギター」にも浜田滋郎訳の同様の歌詞がのっていたそうです。以下訳文。

おいらがガキでいたころは
伊達を気取って うぬぼれて
見せびらかしのスカーフに
足には白いワラジばき

さらば、紫のなでしこよ!
さらば、夜明けの明星よ!

大の男になったいま
よからぬ道にはいりこみ
盗っ人稼業が板につき
来る日来る日のなりわいに

  ☆ 市場がえりの荷運びが
     通りかかれば たちまちに
     銭金すべて召し上げた
     積んだ荷物もご同様

さらば、紫のなでしこよ!
さらば、夜明けの明星よ!

金がしこたま 手にはいりゃ
つぎにねらうは娘っ子
おいらの嫁にしてやると
ころりだまして連れてきた

  ☆ お上がおれを捕まえて
     暗い牢屋にぶちこんだ
     お上はおれを捕まえて
     命でつぐないさせる気さ

さらば、紫のなでしこよ!
さらば、夜明けの明星よ!

(CDの歌詞では、なでしこが、カーネーションとなっています。)

私も友人からこの歌詞を教えてもらって感慨ひとしおでした。ただただ甘いわけではなく、盗賊になった男の最後の「伊達男を気取った強がり」が感じられませんか。この歌詞を知ってしまったら、演奏もただただ甘い雰囲気ではない、毅然としたものを少し出したい気がします。

紫のなでしこも、夜明けの明星も、かつて愛した女性を思い出しているのでしょうか。ますますこの曲への愛着が深まりまりますね。(^^)

ホセ・カレーラスがカタロニア民謡を歌っているCDがあり、そのジャケットに訳がのっているそうです。
友人がその訳を教えてくれました。昔の「現代ギター」にも浜田滋郎訳の同様の歌詞がのっていたそうです。以下訳文。

おいらがガキでいたころは
伊達を気取って うぬぼれて
見せびらかしのスカーフに
足には白いワラジばき

さらば、紫のなでしこよ!
さらば、夜明けの明星よ!

大の男になったいま
よからぬ道にはいりこみ
盗っ人稼業が板につき
来る日来る日のなりわいに

  ☆ 市場がえ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報