親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

日本はこれから100年以内に戦争をしてしまうのでしょうか?

私はこの春から中学生になりますが、本当に本当に心配です。
心配で死にそうです。
戦争が本当に怖くて、戦争を体験するくらいなら、先に死んでおきたいです。

母にも何度も大丈夫?と聞いていますが、皆したくないと思っているから大丈夫。と
あまり安心できない答えが返ってきます。
何度母に大丈夫といわれても、心配で心配で繰り返し同じことを聞いたので、精神科に行く?
とも言われてしまいました。学校も心配で楽しくありません。
もう怖くて死にたいです。
ごはんもおいしく感じないし、なかなか眠れないし、ずっと不安に追われています
1、日本は100年以内に戦争をする可能性はどのくらいあるんでしょうか?
2、もしも戦争が起きてしまった場合、核は使われるのでしょうか?
3、今第九条改正の声が高まっていますが、それって戦争に近づくということなんでしょうか?
4、皆さんは戦争についてどう思いますか?
教えてください。
私は、今頃戦争をしても何にも利益はないと思っています。
そう思いたいです。
そういう風に自分に言い聞かせていますが安心できません。 

未来が怖いです。もう死んでしまいたいです。助けてください。安心させてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

戦争は、一般的な常識を持った人なら、だれしもがしたくもないと思っているものです。

日本は今平和ですが、日本以外では紛争や戦争が起き、憎しみの連鎖が起こっています。それは日本から遠く離れた国々だけでなく、日本に近い国々も同様です。
質問者様は、この春から中学生になるということですので、12歳ぐらいでしょうか? 僕が12歳で小学校を卒業する時は、ちょうどイラク戦争が始まったときでした。なんと、卒業式の日にちょうどアメリカがイラクに進行したのです。そのニュースをテレビで見たときは、とても怖かったことをおぼえています。

質問に答えさせていただきますね
1、100年先のことは誰にもわかりません。1年先のことも、10年先のことだってわかりません。可能性はゼロではありません

2、万が一戦争が起きたとしても、核兵器は使われることはおそらくないでしょう。もちろん、可能性はゼロではありません。

3、今も昔も憲法改正が時代によって表に浮き上がってくることがありますが、これは何も戦争を日本からしかけてやるとか、他国を侵略するために改憲するというわけではありません。今日本を守っているのは自衛隊という組織ですが、これは政府の見解では軍隊ではありません。非常に微妙な立場にあるのです。
憲法では軍隊や武器を持つことを禁じられ、専守防衛という決まりでこの国を戦争が起こっても、こっちからは最初に手は出さない。相手が(例えば核兵器などを撃ってくるなど)しかけてこない限りは、手を出さないということになっているのです。(もちろん、相手が攻撃してくるのにただ見ているというのはあり得ません。ですので、敵のミサイル基地などを先に攻撃して、最低限の自衛行為を相手の攻撃がなくても行えるなどという議論もあります。重要なのは、先に攻撃できるという結論がでていないことです。あくまで、できるだろうという議論をしているだけなのです)つまり、今の憲法はややっこしいのです。憲法改正の目的は、自衛隊の存在を認めさせ、その他日本の防衛に関してよりきちんと、戦争から国を遠ざけ守るために改憲しようとしています。ですので、なにも戦争をするために改憲するわけではありません。

4、戦争はもちろん嫌です。そして、怖い。しないにこしたことがありません。ただ僕は、予備自衛官という予備役というものですので、戦争があれば行かなければならないかもしれません。なので、非常に怖いです^^;

質問者様がおっしゃる通り、今日本が戦争をしても利益はありません。それは、中国や、韓国、北朝鮮などすべての国について言えることです。現代社会、戦争はそう簡単に起こるものではありません。さまざまな要因が絡み合って、初めて起こるものです。
未来が怖い。よくわかります。誰しもが、怖いのです。そして、質問者様の年齢ぐらいなら、その怖さはきっとお母様や僕といった人たちより、何倍も強いものだと思います。
でも、怖がっているだけではだめです。たくさん勉強してください。中学に入って、公民や現代社会や日本史や世界史を勉強することになると思います。そうすれば、知識が増えます。日々のニュースや新聞を読んでください。そうすれば、世界が広がります。そして、世界のことを知ってください。

戦争は、誰もが怖いです、あなただけではありません。だから、安心してください。悩みすぎないでください。何かあれば、自衛隊が必ずこの国とあなたを守ります。だから、心配しないでください。怖がらないでください。あなたが悲しめば、お母さんも悲しみます。
あなたのような人がたくさんいれば、きっと戦争はおきなくなります。その気持ちと考えを大事にしてください。
    • good
    • 144
この回答へのお礼

こんなバカな質問に答えてくださったryu-biさん、皆さん本当に感謝します。
未来は誰にも分からない・・・・・そうですよね。

皆さんのご回答を読んでいろいろ分かりました。
これからの日本は私たちが作っていく・・・ということも。。
だから私は中学へいってたくさんたくさん勉強します。
私が大人になったとき、いい方向へ国を動かしていくために。

これからも戦争に反対する気持ちを持ち続けます。
忘れません。

本当にありがとうございました。

お礼日時:2010/02/23 15:28

将来の戦争で死ぬより、病気や事故で死ぬ確立の方が高いと思いますが、そっちは無視できるんですか?安心できないんですか?死んでしまいたいんですか?



一応真面目に答えますが、
侵略されても、抵抗せず侵略されるままになれば一応「戦争」にはなりません。国民は戦争するより悲惨なことになるかもしれませんが。

戦争で得る利益は少ないでしょうが、戦争をしない(しようする姿勢すら見せない)ことで失う利益はあります。
侵略されなくても、他国の圧力に抵抗できるだけの軍隊(あっても使えない場合含む)がないまま、外交の失敗や恫喝に屈し、じりじりと領土を削り取られたり、内政干渉を受けて国力が衰え、最終的には併合されてしまうというシナリオもあります。

現在、日本はアメリカとの同盟や、国際的な評価(経済・国際貢献等)から他国からの侵略はないといえます。
そのうえで、最悪のシナリオとしてですが、中国の経済成長と軍事力の増加(ロシアもありえる?)。これらと将来の可能性としてのアメリカ(日本も同様かもしれません)の弱体化によるアジアへの影響力の低下。最悪のケースとしてアメリカのアジアからの撤退→アジアは中・露の影響下(安全保障的な)へ入るかもしれません。
これらは、中国による台湾の併合が実現すれば、現実味も帯びてくるでしょう。
20世紀後半という時代ですら、アフガニスタンは侵略されました。
大国の政治的な思惑もありましたが、力もなく、他国にとってメリットのない国が国際社会でうける扱いなど未だこの程度です。
チベット・東トルキスタンのケースは知っていますか。

これらが今後100年で起きないということなど、誰にも言えません。
しかし、一番問題なのは、これらの可能性について、まともに議論もせず、只平和を呪文のように唱えるこの国の状態だと思います。
そしてそんな国に住んでいては、あなたが不安になるのも当然だと思います。悲しいことですが国家に真の友人はおらず、世界は未だ愛で動いてはいないのです。

ということで危険が存在する以上、不安を消すことはできません。
あなたがするべきことは、目をそらすことではなく、その不安と向き合えるだけの知識と思考と精神力持つことだと思います。
戦争だけでなく、生活する上での全ての不安についても。
    • good
    • 34

君の言う 戦争 って言うのが、軍事力を使った国同士の争いの事だったら、日本は100年経ってもやらないでしょう。



しかし、テロ組織に対する武力行使はいつ始まってもおかしくはないですね。
現にシー・シェパードによる調査捕鯨船に対するテロ行為に、国民の多くは何らかの実力行使をする事を望んでいるかのように感じます。

確かにシー・シェパードのやり口は一方的で日本人として怒りを覚えますし、何らかの対抗策を講じるべきだと思うのですが、これがやがて歯止めの無い武力行使に繋がっていくのは、人類の歴史を振り返るまでもなく明らかです。

その線引きをバランスを持ってできるのかが大事な事なんだけど、君のようにただ怯えているのでは、何にも言う権利はないと思うよ。
    • good
    • 12

>日本はこれから100年以内に戦争をしてしまうのでしょうか?



日本が主体になって戦争を行なう事は、100%ありません。
先ず、日本は既に「何でもカネで解決する」事が国策になっています。
また、日米安保は「日本を守るだけでなく、日本の軍事力強化・暴走を阻止する目的」があります。
国連加盟国で、治外法権を持った外国部隊を駐屯させている国はありません。
同じ敗戦国ドイツでも、駐留外国部隊には治外法権を認めていません。
国連憲章には「日本へは、国連議決が無くても武力侵攻可能(敗戦国条項)」となっています。
日本が戦争を起こそうとすれば、(法解釈では)在日米軍が先ず日本を攻撃します。

>もしも戦争が起きてしまった場合、核は使われるのでしょうか?

核兵器は、一部の国の所有物ではありません。
持っていても、核兵器使用はありえないでしよう。
核には「抑止力」しかありません。
日本政府は、表向き核廃絶を強調していますが、米軍の核先制攻撃を支持しています。
つまり「目には目を、歯には歯を、核には核を」が、日本の考えです。

>今第九条改正の声が高まっていますが、それって戦争に近づくということなんでしょうか?

全く異なります。
共産党・社民党は、「憲法改正で日本は軍事国家になる」と国民を惑わしています。
隣の家に攻撃的な暴力団・マフィアが武器を持って住んでいるとします。
共産党・社民党は「カネを出すから、仲良くしましようね」と何ら防衛策を取らな事を主張しています。
一般的には、警備保障会社に警備を依頼(在日米軍)したり、塀を高くしたり(自衛隊)しますよね。
ところが、彼らが家屋内に強盗に入ってきても家族は何も出来ません。
親子兄弟が殺されて、初めて反撃できるのです。
そこで、強盗が塀を登ってきた段階で反撃しよう!とするのが9条改正です。

>皆さんは戦争についてどう思いますか?

戦争は、何も産みません。
が、近隣諸国は戦争能力が必要と考えています。
清朝最大の領土を回復する事を党是としている一党独裁国家、イージス艦配備で「日本を先制攻撃する能力を得た」と記者会見で述べた反日国家の海軍将校。
立場によって、色々な考えがありますね。
ただ言える事は、平和ボケの日本では戦争は昔話になったようです。
「日本はこれから100年以内に戦争をしてし」の回答画像10
    • good
    • 8

1、日本は100年以内に戦争をする可能性はどのくらいあるんでしょうか?


第二次世界大戦に至った日中戦争ですら、大正元年ぐらいでは予想もされていませんでした。政治的な背景はあったものの、国民が戦争の気配を感じるようになったのは昭和に入ってからです。日中戦争が昭和12年、そして終戦が昭和20年です。大正年間は15年ですから、高々30年程度でずいぶんと様子が変わったのです。
私は今後30年は戦争は無いと思っていますが、100年になるとなんともいえません。

2、もしも戦争が起きてしまった場合、核は使われるのでしょうか?
日本が戦争をする。どこかの国と戦うという点では核兵器の使用はあまりありえないと思います。もし使われるなら、その前に日本も核武装しているでしょう。

3、今第九条改正の声が高まっていますが、それって戦争に近づくということなんでしょうか?
そういう風に考える人もいますし、そうは思わない人もいます。
問題として考えなくてはならないのは、九条があるから日本は戦争をしない、と宣言しても相手が戦争を仕掛けてきたら、どうしようもないのです。北朝鮮のように拉致や大韓航空機爆破などのテロ行為(正確にいうと国家が行っているので挑発行為)を行う国もありますので、それを防ぐには軍隊を持って威嚇するべきだ、という考え方もあります。
事実、北朝鮮は核も軍隊もほとんどない日本を相手に拉致を行ったり、韓国に対してテロを行ったりしていますが、核を持ち実力行使を辞さないアメリカには慎重に対応しています。
どのあたりが「日本をきちんと守ることなのか」というのは非常に難しい問題です。

4、皆さんは戦争についてどう思いますか?
近代に入ってから、それまでの戦争とはかなり内容が違ってきました。現代の戦争は、ちょっと前の帝国主義(植民地主義)の時代に比べても割りが合わなくなっています。特に大国同士が地球上のいたるところで戦争を行う「世界大戦」は非常に難しいといえるでしょう。戦争を行った分の利益がほとんどないからです。
戦争をただ「戦争」と考えるのは間違いです。戦争は政治の延長であり、外交手段の一つです。
その現実を見据えることが出来ないと、昭和初期の日本のように戦争を始めたけれど(最初は勝っていたのに)引き際が分からずにずるずると負けてしまう、ということになりかねません。
特に戦後の日本人は、「戦争は悪」ということに染まりすぎて、現実的な「国家利益のための軍事力」という観点を忘れがちです。
そのため、1997年の在ペルー大使館占拠事件も日本の政府(自衛隊含む)は何もできず、北朝鮮の拉致や不審船問題には不審船を攻撃することも出来ず、また日中境界線で中国が操業を始めた海底油田には、日本領海の範囲ですら近づくことも出来ない、ということが起きています。
またイラン・イラク戦争のときに日本人がイランから脱出できなくなり、トルコ政府の計らいでようやく全員無事に脱出できた、という経緯もあります。他の国(アメリカ・フランス・ドイツなど)は自国の軍用機なども利用して脱出を図ったのですが、日本は自衛隊を外国に送ることが出来無かったため、脱出が遅れてしまったのです。
戦争を起こさないようにするために、9条を守るはいいことでもあるのですが、これだけ日本人が世界に出ている以上、別の国同士の戦争に巻き込まれそうな日本人を責任を持って守る国ではない、ともいえるのです。
日本がしなくても戦争は起きます。軍隊は単に戦争をするだけに必要なわけではないのです。(現在は政府専用機という形で、自衛隊が運用する国の飛行機があり、兵器は積んでいないので上記のような場合は、一応対応できるようです)

しかし一番重要なのは
「pikukore様の世代が政治の要の年代になったときにどのような選択肢をとるか」ということにつきます。私は40代前半ですが、私たちの世代は21世紀が来る前に世界核戦争で人類が滅びると思っていた人たちがたくさんいます。ですので、私たちの世代は核兵器への恐怖があり、現在の核軍縮運動の力になっているといえるのですが、今後、たとえば核兵器が廃止されるようなことになれば、戦争の恐ろしさを後の世代の人は忘れてしまうかもしれません。
大正年間は第一世界大戦もあり、その後共産革命下のソ連(ロシア)に国際協調として派兵するなど、現実的な対応を日本政府もするのですが、日清・日露戦争時代の日本の弱さを知らない、国際協調に参加できるぐらいの強国としての大日本帝国しか知らない若い世代が2.26事件を起こし、段々太平洋戦争へ傾いていったのです。

ですから、いつの時代も単に戦争を怖がるのではなく、色々なことを学んで現実の政治というものを理解する必要があるのです。
今後、日本が戦争をするかどうかは、pikukore様たちの世代が「それを望むか」どうかにかかっていると言えるのではないでしょうか。
    • good
    • 12

なんなんだろw


普通、人は死ぬものです。絶対死なない人は珍しいくらいに少ない。
死ぬ原因は、病気や怪我。そしてたまに事故。

質問者さんは戦争で死ぬのが怖いと言うことなのですか?
戦争で死ぬ可能性より、病気や怪我・事故で死ぬ可能性のほうが高いし、ここ数十年間日本では、戦争で死ぬ人の100万倍の人が病気・怪我・事故で死んでる。
だから日本がこの状態を引き続き続けていけば、質問者さんも戦争で死ぬより病気・事故・怪我で死ぬ可能性のほうが100万倍は高い。

死ぬのが怖い… と思うのは、自分には生きる価値があるんだと、自分自身で自覚しているから出てくる感情。
つまり質問者さんは、「自分には生きる価値がある」と、しっかりした自覚を持っている偉い人のわけ。
反対に、だらしない人なんかは、「オラー、いつ死んでもドーデモイイぜ」とかと思ってる人もいるわね。

つまりですね。死を怖がるのは、生きていると言う実感のある有意義な生活を送っている証拠なのです。
そういう生活を是非これからも続けてください。


そしてですね。質問者さんも死を怖がるのなら、他の人も多くの人が死を怖がっている。
そして死を怖がっている人の感覚を当然だと思う人達もいる。
罪も無い善意の人達を死なせないようにする努力。。。。質問者さんも大人になったらそんな努力を他人の為にする人になってあげてください。

医者… とかね。看護士の人達… そういう人達は直接人命救助に当たりますわね。
他にも警察官とか消防隊とか、政治家とか公務員とか。
自衛隊員もそうですね。
それ以外にも、普通で正常な人は、人がむやみに死なないように努力している。


■さて。。。質問者さん!!!■
戦争が怖い?
戦争から逃げないでください。戦争が起これば、多くの人が死ぬ。
戦争を起こさない努力をして人が死ぬのを防止しようとしても、向こうの国が日本に向けて戦争を仕掛けてくるかもしれない。
戦いましょうよ。

我々は、罪も無い善意の人達がむやみに死んだり、むやみに人権を奪われたり、むやみに国や財産を奪われたりするのを見過ごすほど、薄情な人間たちではない。
日本にいる人々・日本国民を守る。隣のおばさんを守る。近所の小中学生を守る。隣町のおじさんオバハンを守る。
隣の県のジサマ・バサマを守る。命を救う。生活の元手を守ってあげる。
何よりも、公正で秩序のある日本社会・国家を守る。

そういう大人になってあげましょうよ。
    • good
    • 12

提示されて質問に答えても安心させてもきっと、また何かの調子で心配性になるのではないかと思いますので、ストレートな回答はいたしません。



先がどうなるかの心配ばかりしていますが、そんな不安になったもとはきっと別のことからきているのでしょうね。それをはっきり自覚しないとここでの答えはまったく意味を成さないことでしょう。

気休みよりは元の不安になった要因を探るために、精神科医に相談されるのが一番だと思います。早めにね。
    • good
    • 2

戦争という悲劇のなかで、尊い命が失われる事、あなたのような未来の光を奪う事・・


これを阻止しなければならないのが大人の務めです。安心して良いですよ、あなたのお母さんが言ったように。

核を使用するという事は世界中の非難の的です。当然使おうとする国の内部でも反論は出ます。
北朝鮮はソ連が崩壊後、最新鋭の武器の調達がされず、報道されるほど強力な軍事力ではないのです。
言い分は、自国を防衛する為、核を放棄しないのです。他の国だって保有国あるじゃないか!!・・ある意味筋は通っているのです。現・国家主席の健康状態に不安があり、国は決して裕福じゃありません。
日本に米軍基地がありますね・・・。最新鋭の空母一隻で小さな国など倒してしまうくらい強力な戦闘能力です。まだまだ日本は護られていますよ。

中国にしても、地域格差や、チベット問題など国内の問題が山済みです。今後少子化政策の為、日本同様に対応していかねばならない部分も有ります。

問題は韓国ですが、反日感情がとても強いです。ですが、外交上(表向き)は友好ですから、良好にならずとも両国間が著しく悪化はしないと思いますよ。

戦争という名の下には、加害者であれ、被害者であれ、みな犠牲者です。これから先、あなたのように戦争は良くない!絶対平和を維持しなくてはいけない・・そういったまともな考えをもった人間が増えれば戦争という悲劇は起こりません・・・戦争を憎み、命の重さを痛感するこころ・・持ち続けてくださいね・・。
    • good
    • 9

>未来が怖いです。

もう死んでしまいたいです。助けてください。安心させてください。

とにかく少し落ち着いてくださいね
いくらここで山ほどの戦争にならない情報を集めても、最終的にはあなたの冷静な理性での判断次第なのです、今のそうなっちゃってる意識を改革しないかぎりどうにもなりませんよ。その恐怖心は克服できないでしょう。
自分ひとりで悩まないで
心療内科なり精神科に行ってご相談されたほうが良いでしょう。

あなたは真面目な人なんでしょうね恐らく。それが段々生真面目→馬鹿真面目→糞真面目とスパイラルしていき被害妄想&鬱になりけているような文体です。ですので方向転換、これから少し不良になることを目指して下さい。

>4、皆さんは戦争についてどう思いますか?
一般国民民間人は戦争教育は受けていませんし、徴兵制度もありません
戦争しようにもできるワケがありません 天皇陛下万歳で死ぬ人はおりません とにかく
しようとすれば国内の時の政権がぶっつぶれるぐらいの内乱・騒乱が先ず勃発するでしょう

案外あなたは、戦争が怖い・・のではなくて、死そのものの恐怖をこのケースにして騒がれているような気もしないでもないです。

人は誰でも早かれ遅かれ何でであれ必ず一度は死にます。ということ・それをキチンと認識することから先ずは意識改革をされたらどうでしょうか。

安心するような話をいくら書いてあげたところで、少し経つとまた新たな心配のネタをあなた自身がつくるような気がします。
つまりその光景は、自分で自分の首をキリキリと締め上げているようなものだと思います。これじゃーーストレスたまりますよね


いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識で解決することはできません(アインシュタイン)

今までのことはどこかで割り切って開き直ることが肝要です。それが出来なければ、ただどこまでもその重圧を背中に背負っていくだけです。

賢明なご判断をしてくださるよう願っています。
ということでこの問題
自分を助けれるのは・・・・自分だけですよというのが回答です。
    • good
    • 4

日本が戦争をするにしても今は職業軍人というものがいます。


武器がハイテク化しているので一般市民が参戦することはまずありません。

もし、戦争が勃発するのなら今後10年以内に第三次世界大戦に発展する可能性はあります。
今の欧米の金融恐慌はまさに第2次世界大戦前と同じ状況です。
世の中、失業者が溢れ、ギリシアでは暴動が頻発しています。
やがて、それは欧州主要国に波及し、全世界的な混乱がおこるでしょう。

このとき、世界的な覇権を狙う中国やアメリカに殴られまくった中東が
一斉に反旗を翻すことは既に想定されています。
つまり、欧米、とりわけ米国の力が弱まると、これらの国が暴れ出すという仕掛けです。
そのアメリカは近いうちに破綻するのは確実とみられ、それが引き金の合図になります。

日本を直接侵略する脅威はやはり中国ということになりますが、
中国がどうしても欲しいのは台湾・沖縄であり、日本列島はどうでも良いのです。
寧ろ、日本が中国に従順になるというのなら、中国は大歓迎をすることでしょう。

その後はどこと戦争をするのかは中国次第です。
インドとチベットやヒマラヤの支配権を巡って雌雄を決するのか、
それとも衰退した米国を復活できないように徹底的に叩いておくのかの二択です。

いずれにしても世界情勢がこんなに悪いのは100年に一度、
覇権国家を狙う中国にとって千載一遇のチャンスなので、これを生かさない手は考えにくい。

核戦争に突入するかは現段階では有り得ないとしか言いようがないですが、
イランはイスラエルに対して核を撃ちたがっていますし、
戦争状態になれば状況がどう転ぶかは予測できません。

質問者さんの期待した回答とは大分違ってしまいましたが、現実を無視しても仕方がない。
ただし、私は日本は戦火に巻き込まれることは少ないと考えています。
これからの世界の混乱の中でも、比較的恵まれたポジションにいるといえるでしょう。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戦争になった時の一般人の生き残る方法は?

ふと、日本国が戦争になった時生き残る方法について考えてみました。
日本の一般人が戦争に巻き込まれた場合、当然初期対応として
自衛隊の出動が考えられますし、兵士不足となったらば、憲法改正を
前倒しして徴兵制が導入されるのでしょうね。日本も生死の境い目に
自国の立場が置かれたら、政府もどう考えて行政を行うかわからない。
小泉純一郎元首相の時は、特例法と称してイラクへの米軍援助を
自衛隊員に行わせた。何だかんだで同時多発テロの時は日本人も
巻き込まれていたわけで、日本国はアメリカの言う事を信用して、
イラクへの派兵を行った。もっともアメリカにはテロ戦争の戦勝国
として日本の名前をよんでもらう事が無かったが。平和憲法が
あるのに、特例法だから許される、そう言うもんだと世の中に、
小泉純一郎氏は示したと言う事ですね。

とにかくそう言った経緯を考えれば、日本人が戦争に巻き込まれて、
戦争で戦って死ねと教えられるのも可能性として無いわけでは
無いと感じるわけで、その場合日本人はどうやったら生き残れるか、
ふと、考えてみました。

要するに金持ちだったら生き残れるのだけどね。
スターリングラードの戦いがわかりやすいかな?
当時のソヴィエトはナチスドイツとの戦争で生き残るために、
スターリングラードと名付けた地に、いなかっぺのわけのわからぬ
その辺の小僧達を戦争にかり出した。そして戦うものだけ生かして
やる、逃げる者には銃殺刑を提供してやると、強制的に戦争に
若者がかりだされてそして多くの人々が死んでいった。当時の
ソヴィエト政府のご事情もあったが、とにかく一般人は本当に
将棋の駒の歩兵の様に簡単に相手にとられてしまう、そう言う役目を
負っていた。

まぁ、書かなくてもわかりますよね?
戦争になって戦地にかり出されたら、殺さないと殺される、
仲間からも殺される、逃げたら家族諸共処刑される事もある、
戦争になったら戦うしかない、生き残れたら儲けもの、
死んでしまったらおさらばさ。どうせ死ぬなら敵諸共にと、
特攻兵の話も聞いたな。それで日本攻め難しと思わせなかったら、
現在の日本である事もできなかったでしょうね。
中国朝鮮はそう言う日本人の心をくじき、日本を我が国領にと
願っているから、戦争では戦わない方が正しい生き方だよ、とか
情報操作をされたりしますが、何だかんだで生き残るには、
戦う他無いと。若くてまだまだ老い先あって欲しいのに、
戦争にかり出されたと言う世代になったら、もう、本当、
運が無かったとしか思い様がありませんね。

戦争は負けたくないし、でも逃げたいしでは成り立たず、
戦争で生き残るためには勝たないといけないし、逃げると殺される。
戦わないと。一般人が生き残るには?

もう、生き残る方法をあえて考えるのがアホ臭いかとも思いました。
日本人が戦争に巻き込まれた場合、どうすれば生き残れるかあれこれ
書いて質問してみようと思いましたが、もうなるようにしか
なりませんね。

と言うわけで、次のような質問にいたりました。


【質問】

戦争になったら生き残れたら儲けもの、
死んでしまったらハイさよなら。
でも嫌だと言って逃げたら末代まで子孫が呪われる。
自分も味方の兵士に殺される可能性がある。
もう、あえて生き残る方法を考えるのがおかしい。
と、思うのですが、皆様はどうお考えになりますか?
思うところお教えください。

こう言う質問するなやと言われるところもあるかと思いますが、
中国朝鮮などの日本への侵略欲の強さを考えたら、考えて
おかないといけない事かなと思って質問させていただきました。
ご回答お願いします。

もう戦争になったらなるようにしかならんよね??

ふと、日本国が戦争になった時生き残る方法について考えてみました。
日本の一般人が戦争に巻き込まれた場合、当然初期対応として
自衛隊の出動が考えられますし、兵士不足となったらば、憲法改正を
前倒しして徴兵制が導入されるのでしょうね。日本も生死の境い目に
自国の立場が置かれたら、政府もどう考えて行政を行うかわからない。
小泉純一郎元首相の時は、特例法と称してイラクへの米軍援助を
自衛隊員に行わせた。何だかんだで同時多発テロの時は日本人も
巻き込まれていたわけで、日本国はアメリカの言う...続きを読む

Aベストアンサー

>>皆様はどうお考えになりますか?
思うところお教えください。

戦場に出向いたら、そりゃあ兵士として、できるだけ多くの敵を殺すと同時に、自分や部隊の仲間が生き残れるように頑張るってことではないでしょうか?

なので、スカパーで兵器に関連するTV番組を見るとか、「三島瑞穂の自衛隊へのアドバイス」「日本人が知らない軍事学の常識」などの書籍を読んだりしています。前著は、「あなたがテロリストの人質になったら?」など、役に立ちそうな(立つ時が無いほうがいいけど)こと書かれていますね。

また、スイス政府が発行している「民間防衛」には、スイスの一般人として戦時に対処すべきことがイロイロと書かれていました。これを参考に可能なところは対応したいなあと思ったりしています。

また、「民間防衛」には「外国からの武力によらない国家侵略の方法とそれに対する防衛方法」が書かれています。現在、日本は、中国・北朝鮮・韓国から、そうした直接の武力によらない攻撃を強く受けつつあり、その攻撃にアメリカのマスコミも参加する始末です。ですから、安倍総理は反撃に苦慮しているように思えます。
なので、それらの国の言論反撃に反撃するため、日本が武器になる論点を、幸福の科学の大川総裁が、このたび「東条英機の霊言」において提示してくださいました。
私たち日本人は、この霊言を参考にすれば、中国・北朝鮮・韓国に対して、「正しい歴史認識をしなさい!」と主張していくことが可能になると思います。
また、アメリカに対しては、「アメリカ人の血を流しても、アメリカには日本を守る責任があるのですよ」と言うことが可能になります。
(この東条英機の霊言は、幸福の科学の大川総裁から、安倍首相への大きな援護射撃です。)

>>皆様はどうお考えになりますか?
思うところお教えください。

戦場に出向いたら、そりゃあ兵士として、できるだけ多くの敵を殺すと同時に、自分や部隊の仲間が生き残れるように頑張るってことではないでしょうか?

なので、スカパーで兵器に関連するTV番組を見るとか、「三島瑞穂の自衛隊へのアドバイス」「日本人が知らない軍事学の常識」などの書籍を読んだりしています。前著は、「あなたがテロリストの人質になったら?」など、役に立ちそうな(立つ時が無いほうがいいけど)こと書かれていますね。

ま...続きを読む

Q2016年5月現在戦争をしてる国内乱が起きてる国は何処ですか?

2016年5月現在戦争をしてる国内乱が起きてる国は何処ですか?

Aベストアンサー

朝鮮南北では戦争中ですね
中国は内モンゴル、チベット、ウイグル、台湾を支配下にあるとしてしてますが
紛争の火種になっています
ロシアとウクライナのクリミア問題は解決しておらず
北アイルランドやスコットランドも紛争がたえず
スペインのカタルーニャも独立に向け紛争になるかもしれません
ヨーロッパ全体では100年単位でアラブ系住民と衝突をくりかえし
アメリカも移民対立が深まってきており場合によっては内戦になるかしれません

日本だって沖縄が本気で独立云々いいだしたら、内戦になってもおかしくありません。

Q日本にミサイル撃った瞬間北朝鮮終わりと言うが?

きのうの大阪読売テレビ「何でも言って委員会」で、
北朝鮮は日本にミサイルを撃った途端終わりになる事が判っているからそんなバカな事をしない、
と言ってました。
この意見は識者の間で半ば常識のように何回も言われています。

なぜ日本にミサイルを撃ったら北朝鮮は終わりになるのか判りません。
アメリカが反撃すると期待してるのでしょうか?
アメリカは自国が攻撃されてないのに、自動的に反撃する事はないと思います。

まず日本自身が戦争状態に入り、自衛隊だけで負けそうな時米軍に救援を求めるのではないですか。

北朝鮮からミサイルが一発飛んできたからといって今の日本は戦争に踏み切る勇気はないと思います。
例によって、「遺憾の意の表明」とか安保理に泣きつくとか・・
自衛隊に出動命令を出すには腰の据わった気骨のある総理大臣とかでないと出来ないし、何より国民のバックアップが必要だと思います。

平和ボケした知識人がまた例によって「外交努力で」・・とか言い出して、とてもミサイルで反撃などする気骨はないと思います。

日本自体が負け犬根性なのに、米国は動かないでしょう。

したがって、北朝鮮が日本にミサイルを打っても、多分 撃たれっぱなしだと思うのですが、
どこから 「瞬間に北朝鮮は終わり」という論理が出てくるのでしょうか?

きのうの大阪読売テレビ「何でも言って委員会」で、
北朝鮮は日本にミサイルを撃った途端終わりになる事が判っているからそんなバカな事をしない、
と言ってました。
この意見は識者の間で半ば常識のように何回も言われています。

なぜ日本にミサイルを撃ったら北朝鮮は終わりになるのか判りません。
アメリカが反撃すると期待してるのでしょうか?
アメリカは自国が攻撃されてないのに、自動的に反撃する事はないと思います。

まず日本自身が戦争状態に入り、自衛隊だけで負けそうな時米軍に救援を求めるのでは...続きを読む

Aベストアンサー

アメリカは自国が攻撃されてないのに、自動的に反撃する事はないと思います。
>一応、日本が攻撃された場合アメリカは動かざるを得ません。日米間でそういう取り決めがあるからです。それが、日米安全保障条約です。
日米安全保障条約
第5条(共同防衛)
(1)各締約国は、日本国の施政の下にある領域における、いずれか一方に対する武力攻撃が、自国の平和及び安全を危うくするものであることを認め、自国の憲法上の規定及び手続に従つて共通の危険に対処するように行動することを宣言する。

これにより、日本国の施政領域(統治している領域)内で、米軍・日本自衛隊いずれかの組織に武力的打撃があった場合、全力で防衛するということです。また、日本の領土が武力進行された場合も同様です。

ですが、アメリカ合衆国本土が戦場となっても日本が助け舟を出す義務はありません。
あくまでも、日本国憲法第9条を遵守し自衛権の発動のみを規定している為、他国への武力援助・交戦はする必要がないことになってます。

Q北朝鮮からミサイルが飛んできたら

 北朝鮮から核ミサイルが飛んで来て、永田町に落ちたとすると、被害はどのくらい広がりますか? 即死のみならず、疾病による死亡や後遺症も含めて。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

■他サイトで同じような質問に答えているのですが、解りやすく新たなデータを追加したため長文となってしまいました。

 北朝鮮が保有する弾道ミサイルで、日本への発射が懸念される物にノドン2号とテポドン1号ミサイルがあります。
 ノドン2号は旧ソ連が開発したスカッドの亜種で、1,300kmの射程を持つと言われています。一方テポドンは1段目にノドンを使い、2段目にスカッドの弾体を結合して作った2段式弾道ミサイルで、射程も1,700km~2,200kmと見積もられています(射程および発射速度から中距離弾頭ミサイルとする記述もあります。が正直、どの数値が正しいという確証がないため、かなり曖昧な分類となっていることは確かなようです)。

 弾頭を搭載する2段目スカッド・ミサイルの弾体直径は0.9m弱で、弾頭を搭載するスペースが非常に小さく、核運搬兵器としては戦術ミサイルと呼ぶべき種類の物でしか在りません。
 同サイズのミサイルの弾体重量も最高で0.8tを下回り、最大重量を搭載すれば当然ながら最大射程まで飛ばすことはできず、目標距離を計算した搭載重量に低減させられることになります。

 核専用ミサイルとして新規設計するならともかく、化学・生物兵器弾をも搭載可能な柔軟性設計とするのが一般的な考え方であり、弾頭重量を500kgとした場合、そこに搭載される核弾頭は20~50kt程度と見積もることが出来ます。

▼弾頭の威力と被害予想に関する書籍やサイトを調べたのですが、詳しく述べている物を見つけられませんでした。

 現在、北朝鮮は20kt級核爆弾を7~8発製造可能なプルトニウムを抽出していると観られています。
 広島は投下されたLittle Boyは13kt(ウラン235)により20万人の犠牲者をだし、長崎もFatmanが22kt(プルトニウム)によりは7万4千人が数箇月の間に亡くなり、その後の調査で死亡者数が15万人にも達しました。平坦な広島に対して山間部による起伏が被害を減少させたのです。
 しかし、都会の場合、破壊された建造物が市街地を埋め尽くし、瓦礫と化した廃墟街を車輛で移動することは非常に困難であり、そのような地を人が歩くことも容易くはないでしょう。人口1200万(平日であれば都郊外からの近県から、多くの労働者が都心へと集まるため、被害想定人口はかなり高いと見るべきでしょう)の中心で核爆発が発生したシミュレーションをまだ目にしたことがないので解らないというのが本音です。

 ただ爆発後の死亡と放射能汚染による傷病認定が懸念されるかも知れませんが、他国からの攻撃であることを考慮するなら、政府も寛大に攻撃による疾病患者であることを認めるはずです。
 さらに大都市が核汚染に見舞われた場合、救援する側が対核防御服を身につけていなければ活動できないことです。日本ではこの手の状況対応能力が(ちいさな自衛隊部隊以外)ほとんどゼロであると言う事実です。つまり、救援したくても救援する側に被害が出るため救援活動が行なえず、放置された数日の間に助かる多くの命が失われるでしょう。

 個人的にはその数を500万~700万と見積もるのが妥当かと思っています。

■他サイトで同じような質問に答えているのですが、解りやすく新たなデータを追加したため長文となってしまいました。

 北朝鮮が保有する弾道ミサイルで、日本への発射が懸念される物にノドン2号とテポドン1号ミサイルがあります。
 ノドン2号は旧ソ連が開発したスカッドの亜種で、1,300kmの射程を持つと言われています。一方テポドンは1段目にノドンを使い、2段目にスカッドの弾体を結合して作った2段式弾道ミサイルで、射程も1,700km~2,200kmと見積もられています(射程および発射速度から中距離弾頭ミサイ...続きを読む

Q10年以内に世界規模の戦争が起こるのか。

10年以内に世界規模の戦争が起こるのか。

今日父から、10年以内に大きな戦争が起こるかもしれないと聞きました。少し前に英紙スコッツマン(電子版)でこの異常気象が続けば水や食料の確保のために世界大戦が起こる可能性があると書いてありました。もし戦争になった場合、日本やその他の国々はどうなるのでしょう?第二次世界大戦のような日本が攻撃されたり、他国が攻撃されたりするのでしょうか。またあの惨事が起こるなんて想像も出来ません。URLを貼っておきます。こちらのサイトで読みました。皆様の意見を聞かせて下さい。

http://news.livedoor.com/article/detail/4677645/

Aベストアンサー

第一次大戦や、第二次大戦型の大規模な戦争が起こる可能性は極めて低いと思います。仮に起きるとしたら、おそらく私達が最も予想していないような形での戦争になると思います。
異常気象が続けば、とありますが、そもそも気象予報(観測)の歴史からしてここ100年程度です。元々世界で最初に気象予報が始まったのがクリミア戦争のときで、これは日本でいうと幕末の出来事です。
南極やグリーンランドなどの氷を研究することでロングスパンの地球の気象の様子がわかるようになりましたが、それによるとここ1000年は非常に安定した気象状況だそうで、それ以前はかなり気象は激しかったことがわかっています。例えば、16世紀には全地球が「プチ氷河期」というほど急に冷え込んでいたことが分かりました。当時オランダの画家であったブリューゲルの絵画で当時のヨーロッパがかなり寒かったことが伺え、その裏づけとなっています。また、逆に12世紀頃はかなり暖かだったようで、北欧のバイキングがヨーロッパを席巻したのもそのせいだったようです。
だから、近年の異常気象というのも、どこまで「異常」なのかが実はよく分かっていません。むしろ地球にとっては「異常(安定していない)」ことのほうが「正常」なのかもしれません。

閑話休題。最近中国の台頭により米中が軍事衝突するのではないかという話もちらほら見かけますが、まあほとんどSFの世界です。そもそもアメリカの国債を最も保有しているのは中国ですし、その中国の最大の輸出国はアメリカです。つまり、お互いが経済的に決して無視できない深い関係にそもそもあるわけです。
そのうえ、軍事力の差はあまりに大きい。中国は自分たちの文字通りの目と鼻の先にある台湾領金門島を数度の軍事衝突でも奪えなかったほど海軍・空軍力の弱い国です(陸軍に関しては文字通り雲霞の如く数がいる)。それは今でもたいして変わっておらず、近代化を急速に進めてはいるものの海を越えての侵攻に必須な大型揚陸艦を持っていません。ちなみに海上自衛隊はこれを結構持っていて、そういう意味で侵攻能力はアジアナンバーワンです。実際に戦争になれば、米海軍の空母が一隻あればそれで中国空軍は敗北するでしょう。米海軍はその空母を11隻も持っています。

現代の戦争はLICと呼ばれる「低強度紛争」となっていて、ゲリラ戦が中心です。チェチェンでも、イラクでもそういった戦争となっています。大規模な軍隊同士が派手にぶつかる戦争というのは、あえていえば旧ユーゴスラビア内戦がややそれに近いですが、ユーゴ内戦もほぼゲリラ戦に近いような形でした。
第一次大戦は、前線での大規模な総力戦であり、まだ後方地域はなんだかんだいって安全でした。第二次大戦では、その後方も爆撃などを受けて安全ではなくなりました。もしかしたら、きたるべき第三次大戦はゲリラやテロによってどこが前線でどこが後方なのか分からない、どこでも戦場になりうるものになるのかもしれません。

第一次大戦や、第二次大戦型の大規模な戦争が起こる可能性は極めて低いと思います。仮に起きるとしたら、おそらく私達が最も予想していないような形での戦争になると思います。
異常気象が続けば、とありますが、そもそも気象予報(観測)の歴史からしてここ100年程度です。元々世界で最初に気象予報が始まったのがクリミア戦争のときで、これは日本でいうと幕末の出来事です。
南極やグリーンランドなどの氷を研究することでロングスパンの地球の気象の様子がわかるようになりましたが、それによるとここ1000年...続きを読む

Qもしも中国が日本に侵攻して戦争になった場合、私たちは殺されるがままですか?

社会党や一部の公明党の言うように、仮に自衛隊を廃止したとします。

もしも中国が日本に侵攻してきた場合、どうやって国民の命を守るのですか?
私たちは殺されるがままですか?

中国と北朝鮮が沖縄を核爆弾で攻撃して米軍を壊滅させ、九州に侵攻してきたと仮定します。
自衛隊がなかったら、どうやって国民の命を守るのですか?
九州の人たちは殺されるがままですか?

Aベストアンサー

まぁ、自衛隊なしでは日本があっさり占領されるのは皆さんの言う通り。米国も自国の軍隊すら持たないような非常識国家を助ける真似はしないでしょうね。日本の代わりを探すでしょう。自衛隊が廃止された時には在日米軍も撤退してますよ。
そして、中共が日本人を虐殺する確立は物凄く高い。それは、中国の今までの行いを調べれば分かる筈。
しかしながら、どうも、自衛隊を信用していない人も多いですね。あと、法律問題について。
”自衛隊が居たら”では、既に質問の趣旨と異なりますが、自衛隊は当然国を守るために動きます。
しかし、”国を守る”ために個々の国民まで守るとは限らない。戦術・戦略上、住民を見捨てることもあるでしょう。これは、”100人の犠牲で1万人が救われるなら…”というやつですね。国を守る軍隊としては、世界的にも極めて当然の措置でしょう。
ここの辺りが信用ならないって言われる所以でしょうが、軍隊は国を守ることが大前提で、それに付随して国民を守っているという事になっているのですから、その辺の認識の違いから”信用ならん!”となるのでしょうね。
それと法律問題。日本存亡の危機という時に法律が機能するでしょうか? 当然日本防衛に不利なる法律など機能する訳がありません。そんなのは超法規的に行動するに決まっています。これも世界的にも歴史的にも常識では?(小規模紛争で”日本存亡の危機”って程でもない時には困りますけどね)
それと、質問では既に核兵器が使用されていますが、まぁ、実際には現状(21世紀中頃までは確実に)ではまずあり得ない状況ですね。
やったら、米国が報復しますし(自国軍隊が被害を受けているのだから、当然の処置)、中国経済(世界経済も)も日本経済が破綻すれば壊滅的打撃を受けます。第2次世界恐慌ぐらいは起こるかもしれません。落ち目でも世界第2位の経済力を誇っているのですから、それぐらいの影響は与えます。
そうなれば、中国は戦争どころではありません。世界大戦でもない限り、経済あっての戦争なので。
更に、中国軍が日本に大軍を派兵する能力があるのか? 上記の全部の前提ですが、先ずこれが無理ですよね。どうやって数個~数十個師団規模、数万~数十万人の人員を日本に寄越すのでしょうか。中国は陸軍の国です。陸続きなら強大な戦力を有していますが、海を挟む日本にそれだけの兵力を派兵することは物理的に無理です。(どこでもドアでも開発したという前提???)
ここで自衛隊が居れば、自衛隊の空海戦力は世界有数で間違いありません。弾がないとかよく言われますが、他先進国の軍隊でそれ程の継戦能力を有する国がどれ程ありますか? 米国ぐらいでしょう。
最初の1週間程度を全力で防衛できる程度に弾があれば、後は世界に誇るジャパニーズマネーが弾は用意するでしょう。その為に、世界最大の軍需産業を有する米国の兵器も使用できるように互換性を持たせているのですから。
日本を過小評価し過ぎです。過大評価もダメですけどねぇ。上記ぐらいなら適当なところじゃないでしょうか。

まぁ、自衛隊なしでは日本があっさり占領されるのは皆さんの言う通り。米国も自国の軍隊すら持たないような非常識国家を助ける真似はしないでしょうね。日本の代わりを探すでしょう。自衛隊が廃止された時には在日米軍も撤退してますよ。
そして、中共が日本人を虐殺する確立は物凄く高い。それは、中国の今までの行いを調べれば分かる筈。
しかしながら、どうも、自衛隊を信用していない人も多いですね。あと、法律問題について。
”自衛隊が居たら”では、既に質問の趣旨と異なりますが、自衛隊は当然国を守る...続きを読む

Q日本は強かったの? 他国から歴史をみたら日本なんてなんてことない国だったの?

第一次、第二次世界大戦の時代
私は今まで、日本はアメリカに負けたけど、日本は戦争に強かった。と思っていました。零戦とか戦艦大和とか聞くし、神風特攻隊を出撃させたのは、作戦には疑問を持ちますが、とにかく日本は強かったんだと思っていました。でも、実際そうなんでしょうか?戦争に関して知識は豊富ではないですが、昔のVTRなどをみていると、簡単に言うと、ずるい方法をとったりしていたようにいわれてました。(約束破り?)
私は日本で日本の歴史を勉強するので日本は負けたけど、すごかった、強かった、というような感じを受けるものが多いですが、ほかの国から歴史を見たら、日本なんてなんてことなかった かのような存在だったのでしょうか?教えてください

Aベストアンサー

ご質問が「第一次、第二次世界大戦の時代、日本は強かったの」
ですが、
「アメリカには勝てないが、かなり強かった」といえます。

第二次大戦の時期の列強陸海軍ランキングを仮に作成してみます。

陸軍
1) アメリカ
2) ドイツ
3) ソ連
<この間、かなりの差>
4) 日本 4) フランス 4) イギリス
7) イタリア
(他はランキング対象外)

海軍
1) アメリカ
2) 日本
3) イギリス
<この間、かなりの差>
4) イタリア 4)フランス
6) ドイツ
(他はランキング対象外)

<陸軍について>
日本陸軍は弱かった、人命無視のムチャクチャな作戦をやって自滅して行った…という悪いイメージがありますが、仔細に見るとそうでもありません。

A) 支那事変は、蒋介石率いる国民政府が、上海周辺にドイツ軍事顧問団の指導で建設した第一次大戦型の塹壕陣地(第一次大戦の常識では『突破不可能』。ゼークトラインと呼ばれた)を建設した上で、上海に駐屯していた海軍の上海特別陸戦隊を襲撃し、救援にやってくる日本陸軍を、上海周辺の塹壕陣地に誘致して殲滅する、という計画で始まりました。

蓋を開けてみますと、上海特別陸戦隊は意外なほど頑強に戦って陸軍の援軍が来るまで持ちこたえ、杭州湾に上陸した日本陸軍3個師団は、国民政府が頼みにしていたゼークトラインを「浸透戦術」を巧妙に用いることで少ない損害で突破し、国民党軍を包囲殲滅しながら国民政府の首都である南京へ進撃しました。

これは蒋介石にとって全く予想外のことで、国民政府軍は総崩れとなりました。日本陸軍は、上記のランキングでは「ランキング対象外」の国民政府軍より「遥かに強かった」と言えます。

ウィキペディア 第二次上海事変
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E6%AC%A1%E4%B8%8A%E6%B5%B7%E4%BA%8B%E5%A4%89

B) ポツダム宣言受諾の「後」に、ソ連軍が北方から千島と南樺太に侵攻しました。
千島列島の北端である占守島、日本領であった南樺太には、比較的装備が良く、兵員も充実した守備隊が残っていました。
8月15日以降のソ連軍の攻撃に対し、占守島と南樺太の陸軍部隊は善戦し、
「占守島においては、上陸したソ連軍をもう少しで海岸に追い詰めて全滅させるところまで戦う」
「樺太においては、ソ連軍の南下を食い止め、南樺太の日本人が北海道へ逃げる時間をかなり稼ぐ」
という戦いぶりを見せています。

<海軍について>
日本海軍については、アメリカに次いで世界第二位の戦力を持っていたのは異論がない所で、戦前においては、東太平洋は「日本の海」でした。

「空母機動部隊」はアメリカと日本だけが編成して運用できたものですし、18インチ砲搭載の戦艦を建造できたのは日本だけです。第二次大戦終結までに完成させた大型空母の隻数で言えば、アメリカが圧倒的に多いわけですが、次に多いのは日本です。第三位のイギリスにかなり差をつけているはずです。

無限の物量と高度な技術を持つアメリカと戦っては、昭和19年のサイパン沖海戦で日本空母機動部隊が壊滅し、レイテ沖海戦で航空機の援護のない「レイテ湾への特攻」を命じられた水上部隊がろくな戦果を挙げられずに甚大な被害を受け、「沖縄への大和特攻」(坊の岬沖海戦)で終わったわけですが、アメリカ海軍相手にここまで戦える海軍は日本海軍だけだった、というのは紛れもない事実でしょう。

ご質問が「第一次、第二次世界大戦の時代、日本は強かったの」
ですが、
「アメリカには勝てないが、かなり強かった」といえます。

第二次大戦の時期の列強陸海軍ランキングを仮に作成してみます。

陸軍
1) アメリカ
2) ドイツ
3) ソ連
<この間、かなりの差>
4) 日本 4) フランス 4) イギリス
7) イタリア
(他はランキング対象外)

海軍
1) アメリカ
2) 日本
3) イギリス
<この間、かなりの差>
4) イタリア 4)フランス
6) ドイツ
(他はランキング対象外)

<陸軍について>
日本陸...続きを読む

Qなぜアメリカは北朝鮮を滅ぼさない?

アメリカは世界有数の戦闘狂国家です ベトナムやイラクやクゥェートとは平気で戦争をするのに
なぜか北朝鮮だけは攻め滅ぼそうとしません
朝鮮戦争での敗北がよほどこたえているのでしょうか?
国連の制裁決議には積極的なのに軍事行動には出ませんし…

やっぱり背後の中国・ロシアが脅威なのでしょうか?
でもそんなのはイラクとか攻めたって周辺国とも戦争になりかねないだろうし…


北にだけ戦争を仕掛けないアメリカの思惑は何でしょうか?

Aベストアンサー

北朝鮮に軍事介入すれば中国が確実に出て来ます。
アメリカは今中国と戦争を行う体力がありませんので、北朝鮮へ軍事介入できないと言うのが本音でしょう。
アフガニスタンやイラクで犠牲を出しましたし、その前のベトナム戦争と言う負がありますので、腰を上げられません。
軍事介入に中国も理解出来る何かを北朝鮮が行えば、アメリカが出てくる可能性は有りますが、
その前に中国が軍事介入して事実上の併合をしてしまうかも知れません。

Q日本では次にいつ頃戦争が起きるのですか?

日本では次にいつ頃戦争が起きる(巻き込まれる、攻撃する)のですか?

今から準備しようと思うので、教えてください。

Aベストアンサー

中国次第です。

北京オリンピックが終わり、バブルが崩壊し、長い不況にはいると、ダメージは日本のバブル崩壊の比ではなくなります。
特に、反政府的(反共産党独裁)な動きが出てくると、中国も焦ります。
それで、言いがかりをつけて外国と小競り合いする可能性はあります。

日米安保条約次第ですが。

Q中に出さなくても妊娠する人結構いますか?

中に出さなくても妊娠する人って結構いますか? 避妊しず外で出した場合

Aベストアンサー

100組の妊娠可能な健康な男女(不妊などではない)が1年間排卵日付近にセックスした場合、膣外射精では約19人の女性が妊娠します。

生挿入の中だしはもちろん、いわゆる安全日でも、外だしでも、少しだけしか挿入していなくても、コンドームをしていても、したあと膣を洗っても、
  『 セックスをすれば、いつでも、妊娠する可能性はあります 』
挿入しなくても、精液やカウパー腺液(がまん汁)のついた手で女性器を触れば、妊娠する可能性があります。
他回答者様で「一滴も漏らさなければOK」との回答がありましたが、そんなことはありません。
生殖器内に前回射精をした際の精子が残っていたり、微量の精子が漏れ出して、カウパー腺液に混じる場合があり。
その場合は、その時の性行為では精液を一滴も漏らしていなくても、妊娠する可能性があります。
性行為をして、妊娠の可能性を0%にすることは、できません。
ちなみに、10代の女性が妊娠した場合、妊娠出産が原因で死亡する確率は、20~30代女性の5倍です。

数字で言えば、コンドームを普通に使って100組の妊娠可能な健康な男女が1年間排卵日付近にセックスした場合、だいたい3~14人の女性が『妊娠します』
コンドームは元々あまり避妊確率が良くない上に、理想的な使用方法を知っている人は少なく、間違った保管方法や使い方で避妊確率を下げてしまいやすいのでこのような数字になります。
使い方等の知識をもち理想的に使った場合で約3人。
知識がなく財布など目に見えない微細な傷がつきやすい場所に保管し、サイズが合っていなかったり、実はきちんと装着できていなかったり、途中から使ったりした場合で14人。ということです。
 (コンドームの使用法解説例 http://www.jfshm.org/std/condom/men/index.html)

「低用量ピル」という産婦人科で月2000~3000円ほどで処方してもらえる避妊薬を女性が毎日飲むと、同じ条件でだいたい0.1人が妊娠します。
コンドームとピルは、確率が2桁違い、ピルはより避妊効果の高い避妊方法と言えます。

「妊娠したら困る」という女性が性行為をする場合には、ピルの服用を強くおすすめします。未成年でも親にバレずに処方して貰えます。
(ピルには「気持ち悪くなる」等の副作用がありますが、いくつも種類があり、自分の体質に合った種類のピルを飲めば悪い副作用は最低限になり、かえってお肌がツルツルになる生理痛が軽くなるなどの良い副作用もありますので。
処方して貰ったピルが合わないと感じた時は、産科医に相談して種類を変えて貰いましょう。)

なお、ピルを服用した上で、性感染症や子宮頸ガンなど「性行為による感染で発症する病気」の予防の為、また妊娠確率を更に下げる為に、コンドームを併用する事をオススメします。
生でセックスすると、女性はガンになりやすくなります!
(子宮頸がんは不特定多数とのセックスが原因だというデマもありますが、1人の人と1回しかセックスしていなくても、生で挿入すれば可能性はあります。)

避妊しないでセックスしてしまった、コンドームが破れたなどの場合には、72時間以内(なるべく早いほうが効果が高い)に産婦人科で「モーニングアフターピル(緊急避妊薬)」というのを処方してもらって飲むと、妊娠する確率を大きく下げられます。
ただし、毎日低用量ピルを飲むよりも避妊確率は低いですし、かつ副作用も大きく、値段も高くなりますので、あくまでも緊急用ですけど。

妊娠を希望しない場合、きちんと知識を得てしっかり避妊してください。

避妊について:
http://www.jfpa-clinic.org/
http://www.hinin.info/
http://children.nemachinotsuki.com/love.html

ピルについて:
http://finedays.org/pill/

100組の妊娠可能な健康な男女(不妊などではない)が1年間排卵日付近にセックスした場合、膣外射精では約19人の女性が妊娠します。

生挿入の中だしはもちろん、いわゆる安全日でも、外だしでも、少しだけしか挿入していなくても、コンドームをしていても、したあと膣を洗っても、
  『 セックスをすれば、いつでも、妊娠する可能性はあります 』
挿入しなくても、精液やカウパー腺液(がまん汁)のついた手で女性器を触れば、妊娠する可能性があります。
他回答者様で「一滴も漏らさなければOK」との回答があり...続きを読む


人気Q&Aランキング