ミロのヴィーナスの美しさは、理論的に説明が出来るものなのですか?
ゴールデンセクションという言葉を聞いたことがありますが、どなたかご教示下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ゴールデンセクション(黄金分割)というのは、古来「ユダヤ5千年の公理」とも呼ばれ、


美しさのバランスを比に表したもので、およそ1.618:1の比といわれています。
通説では古代ギリシャの哲人プラトン(紀元前428~347)と同時代のエウドクソスという数学者が、
世界で初めて考え出したといわれているそうです。
この比率を黄金分割(黄金比)と名づけたのが、イタリアのルネサンス時代に活躍した
レオナルド・ダ・ビンチ(1452年~1519年)です。
彼は長年、人体のプロポーションについて研究していました。そして、この黄金分割の比率に目を向けたわけです。
それでこの黄金分割が彼の作品の中にたびたび応用されているそうです。
「St.Jerome(サン・ジェローム)」という作品に見られるそうです。
黄金分割は百分率で表わすと、およそ78%と22%の比率になるそうですが
ミロのビーナスのおへそから上と下は22:78になるようですね。
・・・こんなんでいいでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/29 11:28

20世紀前半までは「ミロのヴィーナス」は美しいということになっていて、勿論今でもそのほうが主流なのでしょうが



・・・あまりにも黄金分割であるとかないとかに捕らわれ過ぎた傾向が続きました。

戦後出てきたいろいろな議論の中から思い付くものを挙げても・・・ミロのヴィーナスは女性像のプロポーションとしては醜い方である・・・

あれは下から見上げているから見られるが、同じ高さから見れば下半身が発達しすぎていて醜悪なんだという議論も注目されました。

・・・と言うようなことを、学生時代はよく話していたのだが、最近は現代の美術関係者との交流がないので、どんな議論が

優位なのか知りませんが、少なくとも黄金分割などで美を論じる風潮は芸術関係にはないと思います。

ただ博物館、美術館の説明のテクニックとしては、数字、数学、幾何学的に解説する方が人々を納得させやすいのでG分割の他、

遠近法だとかを持ち出すのだと思いますが、芸術を数字で説明する方法は心で感じる美を忘れる恐れがあると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さまざまな考え方があることが分りました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/30 14:20

黄金分割ですね。


数学分野の問題なので、私は詳しくありませんが。

A : B = B : ( A + B )
比率1.61(黄金比)

たとえば、長方形でよく説明されますが、短辺1に対する長辺1.61がいちばん静と動のバランスのとれた美しい形とするものですね(1: 1、つまり正方形が静バランスの極致です)。一般的な名刺のサイズ(縦横比)が1.61だと言います。

この黄金比を使って、バランスを作り上げるのが黄金分割です。巻き貝なんかでよく説明されてるようですが……。

これ以上、数値的に専門なことは得意分野ではありませんので、詳しいことは専門のかたの解説を待つとして。

ヴィーナスが、この黄金比によって黄金分割されることから、もっとも美しいプロポーションと言われます(ヴィーナスの身体を臍でわけて、上半身に対して下半身が1.6。上半身対下半身の比は、下半身対全身と同じ)。

この場合(ヴィーナス)のプロポーションの意味は「均整のとれた」ということで、女性としてとかそういう意味のプロポーションとはちょっと違います。黄金比自体が、ゴールデン・プロポーションと呼ばれますし。

これと同じ比率を用いたものにパルテノン神殿やピラミッドがあります。黄金分割の発祥はエジプト、定義はギリシャと言われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございました。

お礼日時:2001/03/29 11:27

ルーヴル美術館の、日本語サイトに解説があると思います。

なんかここ時々動作悪いんですけど(-_-;)。他の言語もOKでしたら、公式サイトに、英・伊・西などいろいろ対応しています。

参考URL:http://www.louvre.or.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答をありがとうございました。
HPはチェックしてみます。

お礼日時:2001/03/29 11:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qミロのヴィーナス

ミロのヴィーナスの美しさは、理論的に説明が出来るものなのですか?
ゴールデンセクションという言葉を聞いたことがありますが、どなたかご教示下さい。

Aベストアンサー

ゴールデンセクション(黄金分割)というのは、古来「ユダヤ5千年の公理」とも呼ばれ、
美しさのバランスを比に表したもので、およそ1.618:1の比といわれています。
通説では古代ギリシャの哲人プラトン(紀元前428~347)と同時代のエウドクソスという数学者が、
世界で初めて考え出したといわれているそうです。
この比率を黄金分割(黄金比)と名づけたのが、イタリアのルネサンス時代に活躍した
レオナルド・ダ・ビンチ(1452年~1519年)です。
彼は長年、人体のプロポーションについて研究していました。そして、この黄金分割の比率に目を向けたわけです。
それでこの黄金分割が彼の作品の中にたびたび応用されているそうです。
「St.Jerome(サン・ジェローム)」という作品に見られるそうです。
黄金分割は百分率で表わすと、およそ78%と22%の比率になるそうですが
ミロのビーナスのおへそから上と下は22:78になるようですね。
・・・こんなんでいいでしょうか?

Qませてる という言葉って、プラスな言葉なのですか?マイナスな言葉なのですか? よく、小学生などに

ませてる
という言葉って、プラスな言葉なのですか?マイナスな言葉なのですか?

よく、小学生などに、
「君はませてるね」
とかで使われるけど、

マセガキだね

とかも。良い言葉なのか悪い言葉なのかわかりません

Aベストアンサー

マイナスな言葉ではないですか。

「ちょっとしたからかい」みたいにも使われます。
たとえば母親が「も~ウチの娘最近ませちゃって~。昔はボケ~っとしてたのに~w」みたいな。

でも総合的には?マイナス側の言葉です。

Q黄金比、白銀比以外の名前は?2:1は?

1:1.6180・・・は黄金比
1:1+√2は白銀比、大和比

と名前がありますよね?

他にはこういった名前の付いた比率ってないんでしょうか?
また、2:1には何か特別な名前、名称はないのでしょうか?
ちょっと気になったもので
知ってる方はよろしくお願いします

Aベストアンサー

黄金比 1 : (1+√5)/2 については、昔から、西洋の美の基準として有名ですが、
「白銀比」という言葉をよく目にするようになったのは、映画「ダビンチ・コード」
のプロモーションと関連して、黄金比に関する文章が多く書かれるようになった頃。
それ以降、西洋文化の黄金比と日本文化の白銀比という対比で、しばしば語られる
ようになりました。恐らく、「白銀比」自体が、この人↓の造語かと。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-ISBN=4396612729
日本の歴史的造形に √2 が多く潜んでいるのは、事実でしょうが。

因みに、白銀比は 1 : √2 らしいです。Wikipedia には、ナゼか 1 : 1+√2 とあり
ましたが… 毎度のことですかね。

2 : 1 の名称は、「倍」だと思います。

Q『パリピ』て最近の言葉ですか? 周りの友達はよく『パリピ』という言葉をつかっていて、私はこの言葉を聞

『パリピ』て最近の言葉ですか?
周りの友達はよく『パリピ』という言葉をつかっていて、私はこの言葉を聞く度にえ、時代遅れじゃないの?と思ってしまいます。
こんなことを思う私が時代遅れなのでしょうか?

Aベストアンサー

パーティーピープルの略としての「パリピ」は2015年ギャル流行語大賞になった言葉です。
https://nanapi.com/ja/124599

いまでも若い人たちで好んで使う人がいますから、その人たちにとっては決して時代遅れの言葉ではないのでしょう。
無理して使う必要はありませんが、使っている人たちがそれで意思疎通ができているならそれはそれでいいと考えてあげましょう。

Q黄金比(分割)を%で簡単に計算したい。

黄金比(分割)を%で簡単に計算したい。
黄金比は%で表すと38.2%と62.1%くらいですよね。
つまり10割のうち4割と6割のやや6割側が大きく(長く)なった分割という認識で
アバウトながら黄金分割できますか?

Aベストアンサー

こんにちは。

10分割を作図するのは結構面倒なのですが、
10分割するために目盛りのある定規を使うのであれば、最初から 38:62 にすればよいだけですよね。

さて、
「4割と6割のやや6割側が大きく(長く)なった分割」は、「やや大きく」とは言ってもどれだけ大きくすればよいかが曖昧ですよね。
ですので、10分割のそのまた5分の1だけ大きくするという考え方になるかと思います。

こんな回答でよいのでしょうか。

Qコツという言葉はどうして出来たのでしょうか?

コツという言葉はどうして出来たのでしょうか?

Aベストアンサー

こちらをどうぞ
http://gogen-allguide.com/ko/kotsu.html
コツの語源は漢語の「骨」だそうです。

Q黄金比長方形は美しいですか?

黄金比は古来、美しい比として知られています。
人間でも風景でも美しいものには黄金比が含まれているらしく、ミロのビーナスやら葛飾北斎の富士山の絵の中にもあったりするそうです。
これらはまあいいんです。

しかし、「黄金比の長方形は美しい」というのがどうも納得できません。
私は白銀比(1:√2)の長方形の方が好きです。黄金比はどうも細長すぎてしまりがありません。
皆さんはどうでしょうか。

Aベストアンサー

絵画に限って言えば、胸像画には白銀比が多いです。

TVの画面比率が当初3:4だったのもこれに由来しているそうです。35mm銀塩フィルムの1コマの比率も、約1:1.4ですね。

Q『ぶっちゃけ』とゆう言葉 どういった人が使う言葉ですか? 職業や出身地によるのでしょうか... 『ぶ

『ぶっちゃけ』とゆう言葉


どういった人が使う言葉ですか?
職業や出身地によるのでしょうか...


『ぶっちゃけ』とゆう言葉を使う方や、周囲で使っている人の、世代や性別など参考に教えてください。

あと『ほぼほぼ』とゆう言葉も気になります。

ちなみに私の周辺に、これらの言葉を使う人はいませんので、どんな方が使う言葉なのか興味をもちました。

不動産や自動車を購入しに行きましたら営業マンが使っていた言葉なのですが、少し違和感を感じたもので...よろしくお願いします。

Aベストアンサー

『ぶっちゃけ』とは『打ち明ける』が崩れた『ぶっちゃける』を略したもので、当初「暴露話(ここだけの話)」を意味し、「ぶっちゃけトーク」「ぶっちゃけニュース」といった形で使われた。2000年に入ると「要するに」「実のところ」「思うところ」といった軽い意味でも使われるようになる。2003年にはキムタクことSMAPの木村拓哉がTBS系ドラマ『GOOD LUCK!!』でキーワード的に頻繁に使用したことから流行語となる。

『ぼぼぼぼぼ』というのは正直聞いたことがありませんね。

Q伎楽の呉女の呉ってどういう意味ですか? それと呉女に鼻がないのはミロのヴィーナスの手が欠けているのと

伎楽の呉女の呉ってどういう意味ですか?

それと呉女に鼻がないのはミロのヴィーナスの手が欠けているのと同じって説明が書かれていましたが、呉女の重文に鼻がないのは、明らかに泥棒が入って、呉女の中にあった仏身を盗み出した痕跡じゃないですか?

ミロのヴィーナスのように最初から鼻をくり抜いていたとは思えないんですけど。

中の仏様を盗み出した後ではないんですか?

最初からこんな割り方しますかね?

Aベストアンサー

呉というのは中国の古代の国の名前です
呉越同舟の呉です、呉服の呉です

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8E%E6%A5%BD%E9%9D%A2#.E9.80.A0.E5.BD.A2

Q流行のものに批判的になる人は何故ですか?

流行のものに批判的になる人は何故ですか?

Aベストアンサー

その人は何にでも批判的なのでしょう。

流行が無ければ面白みがないのにね。
ただ、極端な流行は本当はなくて、マイルドになって流行するのが普通。


人気Q&Aランキング