はじめまして。時雨といいます。

お尋ねしたいのですが、トヨタや日産自動車など自動車組み立て
メーカのことをOEMと呼んでいるのを耳にしたのですが、なぜ
これらの企業はOEMと呼ばれているのでしょうか?
部品メーカに対して自動車部品をOEM生産させて、それらを用いて
組み立てている"OEM元"ゆえ、略してOEMと呼ばれているという
認識でよろしいのでしょうか。

どなたかご回答いただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

時雨さん。


ISO上の規定でTOYOTAや日産、BMW等のメーカーをOEMと呼んでいます。

自動車産業向けの品質マネジメントシステムの国際標準規格であるISO 16949では
OEM(Original Equipment Manufacture)を自動車製造者と規定しています。
部品メーカーと名称を分けていて
日本語訳が正しいかはわかりませんが、
イメージとして

OEM・・・最終製品製造会社
Tire1・・・一次下請け
Tire2・・・二次下請け

といった関係を規定されています。
    • good
    • 29

時雨さん、ご安心ください。


貴殿の勘違いでも聞き違いでもありません。
OEMの元々の意味は、そのまま
「自分のところでモノつくってるメーカ」
つまり日本で言うところの「メーカ」というところです。
実際に海外で仕事すると、OEMという略語がよく出てくるのですが、
ほとんどはこの「メーカ」という意味で、むしろ
「他のどこにも頼んでない、正真正銘自分のところで作ってる」
ような意味で使われてたりします。
それと、自動車メーカの知り合いにも確認しましたが、
時雨さんのおっしゃるとおりの使われ方でした。
彼も日本でのOEMの意味の違いに戸惑うことがあるようでした。
まあ、公的機関であるJETROなどに「委託生産」的な定義が
書いてあったりするので、
どうしてもそういうものに引っ張られてしまうのでしょけれど。
自分も海外ネタを元に人様にご説明する際に、この意味の違いを
説明するのに一苦労したりしております。
    • good
    • 18

お礼ありがとうございます。



>自主ブランドメーカーである奇瑞汽車などの中国地場系完成車メーカを「地場系OEM」と呼ぶのは間違いということでしょうか。

奇瑞汽車についてはよく分かっていないんですが、No2の方が言われているように他社ブランドの製品を製造する企業、他社ブランドの製品を製造することですので自主ブランドメーカーならばOEM(元?先?)と言うのは違うでしょうね。

本田という会社は独特で、研究部門は(株)ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン 開発部門は(株)本田技術研究所 生産部門は本田技研工業(株)と分かれていますが、ホンダ車を本田のディーラーで売る場合OEMとは言わないですね。これらはグループ会社で連結決算の対象だからですかね?(もう私の守備範囲を超えた話です)

関東自動車はトヨタのグループ会社ですね。
    • good
    • 0

お礼文を拝見する限り


このご質問は
自動車ではなく

「社会-経済」などのカテゴリーが良いようですよ。

ちなみに

>自動車組み立てメーカ

と言うときは
やはりそれは
関東自動車や光岡自動車などの事を指すと思いますよ。
    • good
    • 0

OEMというのは車に限ったことではなく、相手先ブランドでの委託生産ということなので、例えば三菱がeKワゴンのグリルデザインなどを変えて、日産のオッティとして生産し、日産に納めているということです。

一般商品でも、あるメーカーのプロパー商品を、得意先だけのオリジナル品として仮装する場合が多いですね。そうすれば単純な価格競争をしなくて済むのですが、当然発注数量が莫大でないとできないので、プロパーを必要な分だけ買うのが安上がりなのですが。
    • good
    • 3

>「日系OEMは中国市場でも日系部品メーカを主にサプライヤーとして


 使用しており、コスト競争力が弱い」

これを解説すると、”中国資本の会社が、日本の自動車メーカーと合弁で組立工場を作って、日本の自動車メーカーの車をノックダウン生産する場合、中国の部品メーカーが生産したものではなく、日本から部品を輸入するためコストが高くなる”ということです。

なぜコストが高くなるかはいろいろですが、(中国の状況は知らない)ある国では、自国の工業振興策としてその国で販売する場合は、日本製の部品の輸入関税をものすごく高くしているが、同じ車を輸出する場合は輸入関税を下げて、コストを下げて輸出しやすくしている国もあります。(組立工程分は貿易黒字となります)
そのためその国で販売する車の部品はその国で調達しなければなりません。品質が劣っていたとしてもです。

トヨタがアメリカでバッシングを浴びていますが、同じような構造でしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧なご回答いただき、ありがとうございます。納得できました。
確認させていただきたいのですが、たとえば「トヨタ自動車」と「天津一汽豊田(トヨタ自動車と中国の第一汽車の合弁企業)」は別会社であるため、天津一汽豊田が生産したトヨタ車は「他社ブランド(トヨタブランド)製品の製造」に該当し、天津一汽豊田は日系の「OEM」と位置づけられるということでしょうか。
また、逆に言えば、自主ブランドメーカーである奇瑞汽車などの中国地場系完成車メーカを「地場系OEM」と呼ぶのは間違いということでしょうか。

お礼日時:2010/04/01 22:56

皆さんがすでに回答されていますので、特に投稿する内容はありませんが、


ちなみに、日産のモコは三菱ではなくスズキの車です。
OEMは車だけでなく色んな業種にありますね。半導体でもそうです。
液晶パネルもそうですよね。シャープの液晶パネルは他社にも供給されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございます。
スズキの車なのですね。

お礼日時:2010/04/01 22:43

う~ん



トヨタで言う
ブーン、ルミナス、クー、ライトエーストラック、同バン

日産で言う
MRワゴン、EKワゴン、パレット、バネットバン、バネットトラック、ミニキャブバン、ミニキャブトラック、アトラス 等々

の事でしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただき、ありがとうございます。
具体的な車種というより、文脈としては、
「日系OEMは中国市場でも日系部品メーカを主にサプライヤーとして
 使用しており、コスト競争力が弱い」
といった使い方をしていました。自動車メーカのことを総称して
呼んでいるようなのですが、あまり一般的ではないのでしょうか。

お礼日時:2010/04/01 20:08

OEMなんて一般に多数使われています。


自動車会社「だけ」をOEMと呼ぶことはないので、質問者の勘違いか聞き違いです。

他社ブランドを生産する企業ですね。

日産のモコは三菱自動車からの供給ですので、三菱自動車がOEM元になります。
この場合日産自動車は三菱自動車からOEM供給を受けたことになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございます。
聞き間違いではないのですが、一種のコミュニティ用語なのかもしれません。

お礼日時:2010/04/01 22:41

>トヨタや日産自動車など自動車組み立て


メーカのことをOEMと呼んでいるのを耳にしたのですが・・・

OEMとは、
Original Equipment Manufacture
Original Equipment Manufacturing
の略で、
他社ブランドの製品を製造する企業、
他社ブランドの製品を製造することですけど?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございます。
一般的にはおっしゃるとおりだと思います。
コミュニティ用語なのかもしれません。

お礼日時:2010/04/01 22:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QVA提案とVE提案の違いを教えて下さい。

こんにちわ。
VA提案とVE提案の意味の違いを教えて下さい。
宜しく、お願い致します。

Aベストアンサー

用語的には。
VA:Value Analysisの頭文字(価値分析)
VE:Value Engineeringの頭文字(価値工学)

VAは、おおざっぱに言って、既存の製品に対して改善を行う手法。
製品やその部品に対して、必要とされる機能や品質を考えて現状を分析し、コスト低下につながる代替案を提案する。
この部品は何のために使うのか →他に代替えになる物はないか →あるいは現状の品質がほんとに必要かなど。

VEは、開発設計段階から行う手法。
設計を行う場合に、機能や品質を満足するするに必要なレベルを考慮する。
(適正な材料の選択、適正公差、最適工法の選択、仕上げ方法の見直しなど)
不必要に過剰品質にならない、設計が複雑では製造段階での努力には限界がある、それらを含めて設計段階への提案。

現在では、VEの方が重視されている、もちろん既存製品に対するVA提案を受けて、次製品へのVE活動につなげていきます。

個人サイトですが「VEをもっと知ろう」
http://www.geocities.jp/taka1yokota/mypage4-ve1.htm
(VEの考え方がおおよそ分かると思います)

社団法人日本VE協会「VE基本テキスト」
http://www.sjve.org/102_VE/images/302_basic.pdf
(PDFファイルです)

こんな感じです。

用語的には。
VA:Value Analysisの頭文字(価値分析)
VE:Value Engineeringの頭文字(価値工学)

VAは、おおざっぱに言って、既存の製品に対して改善を行う手法。
製品やその部品に対して、必要とされる機能や品質を考えて現状を分析し、コスト低下につながる代替案を提案する。
この部品は何のために使うのか →他に代替えになる物はないか →あるいは現状の品質がほんとに必要かなど。

VEは、開発設計段階から行う手法。
設計を行う場合に、機能や品質を満足するするに必要なレベルを考慮する。
...続きを読む

Q加重平均と平均の違い

加重平均と平均の違いってなんですか?
値が同じになることが多いような気がするんですけど・・・
わかりやす~い例で教えてください。

Aベストアンサー

例えば,テストをやって,A組の平均点80点,B組70点,C組60点だったとします.
全体の平均は70点!・・・これが単純な平均ですね.
クラスごとの人数が全く同じなら問題ないし,
わずかに違う程度なら誤差も少ないです.

ところが,A組100人,B組50人,C組10人だったら?
これで「平均70点」と言われたら,A組の生徒は文句を言いますよね.
そこで,クラスごとに重みをつけ,
(80×100+70×50+60×10)÷(100+50+10)=75.6
とやって求めるのが「加重平均」です.

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

QHEVとHVとPHVは何が違うの??

HEVとHVとPHVは何が違うのですか??全部モータとエンジンを併用したハイブリッドカーだとおもうのですが。なぜ名前がちがうのでしょうか??

Aベストアンサー

日本で言うハイブリッドの多くはHybrid Electric Vehicle(HEV)です。
ただ、最初に一般向けに普及したハイブリッド車種がトヨタのプリウスでしたから、HVもHEVも同じハイブリッドとして扱われています。

HEVは、内燃機関(エンジン)と電動モーターの併用による輸送機械、車両(自動車)を指すものです。


それに対して、Hybrid Vehicle(HV)というのは、内燃機関同士でも良いのです。
例えば、ガスタービンによる内燃機関とガソリン機関の組み合わせによる車両でも良いのです。場合によっては、
もちろん、電気併用でも構いません。LNGと電気でも、ガソリンと電気でも、燃料電池とガソリンでも良いのです。即ち、HEVも含めて異種の輸送技術(異なる種類のエンジンやモーターなど)が組み合わさったものをHVというのです。
尚、ハイブリッドだけで言えば、2つでなくとも構いません。3つの異なる技術が合わさっていても、ハイブリッドです。

PHVというのは、頭にPluginという言葉が付きます。手軽にプラグインコンセントで充電できる複数の内燃機関やモーターを備えた車両を指します。この場合は、基本的に電動モーターが含まれており、電動モーター+ガソリン機関またはLNG機関などのエンジンとモーターの組み合わせになるのが一般的です。

日本で言うハイブリッドの多くはHybrid Electric Vehicle(HEV)です。
ただ、最初に一般向けに普及したハイブリッド車種がトヨタのプリウスでしたから、HVもHEVも同じハイブリッドとして扱われています。

HEVは、内燃機関(エンジン)と電動モーターの併用による輸送機械、車両(自動車)を指すものです。


それに対して、Hybrid Vehicle(HV)というのは、内燃機関同士でも良いのです。
例えば、ガスタービンによる内燃機関とガソリン機関の組み合わせによる車両でも良いのです。場合によっては、
もちろん、電...続きを読む

Q8D Reportの意味を教えてください。

電気系の海外メーカーより、品質改善を目的とする不良解析報告書を入手したのですが、タイトルが "8D Report" と記載されています。この意味はなんでしょうか。

Aベストアンサー

disciplineのようですね。詳細はサイト見てください。

参考URL:http://en.wikipedia.org/wiki/Eight_Disciplines_Problem_Solving

Q統計学的に信頼できるサンプル数って?

統計の「と」の字も理解していない者ですが、
よく「統計学的に信頼できるサンプル数」っていいますよね。

あれって「この統計を調べたいときはこれぐらいのサンプル数があれば信頼できる」という決まりがあるものなのでしょうか?
また、その標本数はどのように算定され、どのような評価基準をもって客観的に信頼できると判断できるのでしょうか?
たとえば、99人の専門家が信頼できると言い、1人がまだこの数では信頼できないと言った場合は信頼できるサンプル数と言えるのでしょうか?

わかりやすく教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

> この統計を調べたいときはこれぐらいのサンプル数があれば信頼できる・・・
 調べたいどの集団でも、ある一定数以上なら信頼できるというような決まりはありません。
 何かサンプルを集め、それをなんかの傾向があるかどうかという仮説を検証するために統計学的検定を行って、仮設が否定されるかされないかを調べる中で、どの検定方法を使うかで、最低限必要なサンプル数というのはあります。また、集めたサンプルを何か基準とすべき別のサンプルと比べる検定して、基準のサンプルと統計上差を出すに必要なサンプル数は、比べる検定手法により計算できるものもあります。
 最低限必要なサンプル数ということでは、例えば、ある集団から、ある条件で抽出したサンプルと、条件付けをしないで抽出したサンプル(比べるための基準となるサンプル)を比較するときに、そのサンプルの分布が正規分布(正規分布解説:身長を5cmきざみでグループ分けし、低いグループから順に並べたときに、日本人男子の身長なら170cm前後のグループの人数が最も多く、それよりも高い人のグループと低い人のグループの人数は、170cmのグループから離れるほど人数が減ってくるような集団の分布様式)でない分布形態で、しかし分布の形は双方とも同じような場合「Wilcoxon符号順位検定」という検定手法で検定することができますが、この検定手法は、サンプルデータに同じ値を含まずに最低6つのサンプル数が必要になります。それ以下では、いくらデータに差があるように見えても検定で差を検出できません。
 また、統計上差を出すのに必要なサンプル数の例では、A国とB国のそれぞれの成人男子の身長サンプルがともに正規分布、または正規分布と仮定した場合に「t検定」という検定手法で検定することができますが、このときにはその分布を差がないのにあると間違える確率と、差があるのにないと間違える確率の許容値を自分で決めた上で、そのサンプルの分布の値のばらつき具合から、計算して求めることができます。ただし、その計算は、現実に集めたそれぞれのサンプル間で生じた平均値の差や分布のばらつき具合(分散値)、どのくらいの程度で判定を間違える可能性がどこまで許されるかなどの条件から、サンプル間で差があると認められるために必要なサンプル数ですから、まったく同じデータを集めた場合でない限り、計算上算出された(差を出すために)必要なサンプル数だけサンプルデータを集めれば、差があると判定されます(すなわち、サンプルを無制限に集めることができれば、だいたい差が出るという判定となる)。よって、集めるサンプルの種類により、計算上出された(差を出すために)必要なサンプル数が現実的に妥当なものか、そうでないのかを、最終的には人間が判断することになります。

 具体的に例示してみましょう。
 ある集団からランダムに集めたデータが15,12,18,12,22,13,21,12,17,15,19、もう一方のデータが22,21,25,24,24,18,18,26,21,27,25としましょう。一見すると後者のほうが値が大きく、前者と差があるように見えます。そこで、差を検定するために、t検定を行います。結果として計算上差があり、前者と後者は計算上差がないのにあると間違えて判断する可能性の許容値(有意確率)何%の確率で差があるといえます。常識的に考えても、これだけのサンプル数で差があると計算されたのだから、差があると判断しても差し支えないだろうと判断できます。
 ちなみにこの場合の差が出るための必要サンプル数は、有意確率5%、検出力0.8とした場合に5.7299、つまりそれぞれの集団で6つ以上サンプルを集めれば、差を出せるのです。一方、サンプルが、15,12,18,12,21,20,21,25,24,19の集団と、22,21125,24,24,15,12,18,12,22の集団ではどうでしょう。有意確率5%で差があるとはいえない結果になります。この場合に、このサンプルの分布様式で拾い出して差を出すために必要なサンプル数は551.33となり、552個もサンプルを抽出しないと差が出ないことになります。この計算上の必要サンプル数がこのくらい調査しないといけないものならば、必要サンプル数以上のサンプルを集めて調べなければなりませんし、これだけの数を集める必要がない、もしくは集めることが困難な場合は差があるとはいえないという判断をすることになるかと思います。

 一方、支持率調査や視聴率調査などの場合、比べるべき基準の対象がありません。その場合は、サンプル数が少ないレベルで予備調査を行い、さらにもう少しサンプル数を増やして予備調査を行いを何回か繰り返し、それぞれの調査でサンプルの分布形やその他検討するべき指数を計算し、これ以上集計をとってもデータのばらつきや変化が許容範囲(小数点何桁レベルの誤差)に納まるようなサンプル数を算出していると考えます。テレビ視聴率調査は関東では300件のサンプル数程度と聞いていますが、調査会社ではサンプルのとり方がなるべく関東在住の家庭構成と年齢層、性別などの割合が同じになるように、また、サンプルをとる地域の人口分布が同じ割合になるようにサンプル抽出条件を整えた上で、ランダムに抽出しているため、数千万人いる関東の本当の視聴率を割合反映して出しているそうです。これはすでに必要サンプル数の割り出し方がノウハウとして知られていますが、未知の調査項目では必要サンプル数を導き出すためには試行錯誤で適切と判断できる数をひたすら調査するしかないかと思います。

> どのような評価基準をもって客観的に信頼できると判断・・・
 例えば、工場で作られるネジの直径などは、まったくばらつきなくぴったり想定した直径のネジを作ることはきわめて困難です。多少の大きさのばらつきが生じてしまいます。1mm違っても規格外品となります。工場では企画外品をなるべく出さないように、統計を取って、ネジの直径のばらつき具合を調べ、製造工程をチェックして、不良品の出る確率を下げようとします。しかし、製品をすべて調べるわけにはいきません。そこで、調べるのに最低限必要なサンプル数を調査と計算を重ねてチェックしていきます。
 一方、農場で生産されたネギの直径は、1mmくらいの差ならほぼ同じロットとして扱われます。また、農産物は年や品種の違いにより生育に差が出やすく、そもそも規格はネジに比べて相当ばらつき具合の許容範囲が広くなっています。ネジに対してネギのような検査を行っていたのでは信頼性が損なわれます。
 そもそも、統計学的検定は客観的判断基準の一指針ではあっても絶対的な評価になりません。あくまでも最終的に判断するのは人間であって、それも、サンプルの質や検証する精度によって、必要サンプルは変わるのです。

 あと、お礼の欄にあった専門家:統計学者とありましたが、統計学者が指摘できるのはあくまでもそのサンプルに対して適切な検定を使って正しい計算を行ったかだけで、たとえ適切な検定手法で導き出された結果であっても、それが妥当か否か判断することは難しいと思います。そのサンプルが、何を示し、何を解き明かし、何に利用されるかで信頼度は変化するからです。
 ただ、経験則上指標的なものはあります。正規分布を示すサンプルなら、20~30のサンプル数があれば検定上差し支えない(それ以下でも問題ない場合もある)とか、正規分布でないサンプルは最低6~8のサンプル数が必要とか、厳密さを要求される調査であれば50くらいのサンプル数が必要であろうとかです。でも、あくまでも指標です。

> この統計を調べたいときはこれぐらいのサンプル数があれば信頼できる・・・
 調べたいどの集団でも、ある一定数以上なら信頼できるというような決まりはありません。
 何かサンプルを集め、それをなんかの傾向があるかどうかという仮説を検証するために統計学的検定を行って、仮設が否定されるかされないかを調べる中で、どの検定方法を使うかで、最低限必要なサンプル数というのはあります。また、集めたサンプルを何か基準とすべき別のサンプルと比べる検定して、基準のサンプルと統計上差を出すに必要な...続きを読む

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

QTS規格って

何でしょうか?お客さんから「ISOに加えて、TSの審査も受けることにしたよ」と聞いたのですが、具体的に何の規格なのでしょうか?

Aベストアンサー

ISOのTechnical Specification(技術仕様書)の事ですね。TSは特定の規格では無く、技術仕様書の総称です。

普通、ISO/TSという書き方をするのですが、技術仕様書というのは、ISO9001の様な正式の国際規格になる前段階の状態の規格、と理解すれば良いでしょう。

業界毎や用途別に国際規格を制定する場合、
1)TR(Technical Report=技術報告書)
  規格としての拘束力無し
   ↓
2)TS(Technical Specification=技術仕様書)
  規格としての拘束力有り
   ↓
3)ISO正式規格
  ISO内での投票により、国際規格化

という順に正式規格化されていきます。

そのお客さんは、自動車メーカーに部品や材料を納入している会社でしょうか?だとすると、ISO/TS 16949:2000の事です。(恐らく今一番メジャーなTSなので)

TS16949は、IATF/IAOBという国際的な自動車の業界団体が作ったセクター規格です。ISO9001をベースとして、ある業界固有の要求事項を追加した規格を一般に「セクター規格」と呼びますが、これは自動車業界が固有要求を付け加えたセクター規格という事となります。

固有要求を付け加えるとは(例) 
         要求事項
ISO9001:2000  4.2.3項 文書管理
TS16949     4.2.3項+4.2.3.1項 技術仕様書

という様に、ISOの固有要求に対して、TS独自の項目が追加されている形になります。又、顧客別の固有要求というのもあります。

もしそのお客さんがTS16949の事を言われているのであれば、どの業界でも使えるISo9001に加え、自動車業界用のISO TSを取り直すという意味で発言されたのだと思います。

蛇足ながら、TSには
・ISO/TS 15874-7:2003 温・冷水施設のプラスチック配管システム-ポリプロピレン(PP)-第7部:適合性評価の指針
・ISO/TS 17477  発振機搭. 載型CO. 2. レーザ溶接・切断器の受け入れ試験
・ISO TS 21849 パーツマーキングシステム標準
・ISO/TS 17090-2:2002 Health informatics - Public key infrastructure Part 2 : Certificate profile
・ISO/TS 16071 福祉関係の規格

等がある様です。業界などによって、TSの内容が異なるはずですので、詳しい内容を知りたければ、TSの何番か?それはどういう業界、用途向けのTSなのか?を確認されてはいかがでしょうか?

ISOのTechnical Specification(技術仕様書)の事ですね。TSは特定の規格では無く、技術仕様書の総称です。

普通、ISO/TSという書き方をするのですが、技術仕様書というのは、ISO9001の様な正式の国際規格になる前段階の状態の規格、と理解すれば良いでしょう。

業界毎や用途別に国際規格を制定する場合、
1)TR(Technical Report=技術報告書)
  規格としての拘束力無し
   ↓
2)TS(Technical Specification=技術仕様書)
  規格としての拘束力有り
   ↓
3)ISO正式規格
  ISO内...続きを読む

Q年の前に付くFY 例FY2003のFYとは?

FYの意味や正式な言い方
日本語で同じ物はあるのでしょうか?
どなたかご存知の方おしてください

Aベストアンサー

「fiscal year」または「financial year」の事です。
日本語では「会計年度」「課税年度」に相当します。
日本で「平成15年度」が「H15年4月~H16年3月」を表すのと同じで、1月1日から始まらない「年度」を表します。

Q英語で「自動車メーカー」を・・・

英語で「自動車メーカー」を何と訳せば良いでしょうか?

automobile industryになりますでしょうか?

Aベストアンサー

いろんな言い方があります。思いつくままに書き出してあります。使用頻度が知りたい場合はgooleでヒット数を確認してみてください。

automaker(s)
auto manufacturer(s)
automobile manufacturer(s)/maker(s)
automotive manufacturer(s)/maker(s)
motor vehicle manufacturer(s)/maker(s)
carmaker(s)/car maker(s)/manufacturer(s)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報