【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

主人(56歳)の保険の事で疑問があるので教えて下さい。

現在 住友の定期付終身保険「ニューベスト」に加入していますが、10月の更新で支払保険料が増額するので、更新時に定期保障部分の4700万円を2700万円に減額し、支払保険料を今と同じくらいにしたいと考えています。

この保険は利回りの良い「お宝保険」だと知ったので、担当者からは何度も転換を勧められましたが、拒否してきました。
今までは自動更新してきたので、保険内容の変更は今回が初めてです。
今度の更新時に保障の減額を希望している事は 何年も前から何度も(転換を勧められる度に)担当者には伝えてきました。

昨日 その担当者から連絡があり まもなく更新時期だが 6月の誕生日を過ぎると保険料が上がるので それまでに減額の手続きをした方が良い。近日中に計算書を作って持って行く。と言われました。

更新に誕生日が関係するのでしょうか?
転換ではないのに、誕生日の前と後で保険料が変わってくるのでしょうか?
ちなみに保険料は年払いです。

本当に今 手続きすれば保険料が安くなり、今回が最後の更新なので 今後 60歳まで安い保険料になると言うことでしょうか?

担当者に確認すればよい事なのかも知れませんが、
今までの事もあり ちょっと疑心暗鬼になってます。

「更新手続きの書類」と「新しい保険の契約書」は 素人の私たちが見ても スグに確認できる物でしょうか?
更新したつもりが 違う保険を契約してたなんて事にならないかと心配です。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

生命保険専門のFPです。



(Q)更新に誕生日が関係するのでしょうか?
転換ではないのに、誕生日の前と後で保険料が変わってくるのでしょうか?
(A)保険料は、更新時の年齢とそのときの保険料で決まります。
更新日が来る前に、更新する……ということはあり得ません。
保険料は、更新時の年齢とそのときの保険料で決まります。

(Q)本当に今 手続きすれば保険料が安くなり、今回が最後の更新なので
今後 60歳まで安い保険料になると言うことでしょうか?
(A)先に述べたように、期日が来る前に更新……ということはあり得ません。
百歩譲って、現在の特約の解約、新しい特約の中途付加が可能だとしても、
解約するのは、47歳の時の保険料です。
たとえ、半年でも安い保険料を捨てて、56歳の高い保険料を
払うことになります。
減額は、更新時ではなく、今、すぐにでも可能です。

(Q)「更新手続きの書類」と「新しい保険の契約書」は 
素人の私たちが見ても スグに確認できる物でしょうか?
(A)書類の頭に、必ずタイトルが付いています。
「減額申込書」ならば減額です。
「解約申請書」ならば解約。
「中途付加申込書」ならば、中途付加。
「契約申込書」ならば、新規の申込書です。
また、転換ならば、設計書に転換であることが書かれています。
希望とは違う名前の書類にはサインしなことです。

また、新規の契約では、必ず告知が必要です。
告知がなければOKと単純には言えませんが、
告知が必要ならば、それは100%新規契約です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧に説明をして下さりありがとうございました。
やはり更新と誕生日は関係ないのですね。
だとすると担当者は転換の書類を持ってくる可能性が大きいですね。
何度も転換はしないと言ってるのに今回もそうだとしたら
転換と言うのは それだけ担当者にとってはおいしい事なんでしょうね。
それと減額だけなら更新時でなくてもできるのですね。
知りませんでした。勉強不足ですね。

明日 担当者がくると思います。
その書類を良く読んで判断します。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/03 13:26

お宝保険?定期保険が4700万円付いているのに?何をもってお宝なのかを知りたい(しかも更新型)


終身保険も同じ位の保障があるのですか?
誕生日が来ても保険年齢が上がっても更新には関係ありません。契約した時から更新であれば、更新時の年齢は決まっています。
どんな人でも文字が読めれば更新書類と新規の契約書類は違うとわかります。心配せず書類をきちんと確認してから手続きすれば大丈夫です。担当者に騙されない為には書類をきちんと読む事です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

担当者が書類を持ってきたら きちんと確認してみます。
人の言葉に流されたり、騙されたりしない為にも・・・。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/03 13:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q緊急です!46歳 定期付終身保険の更新、できれば今月中にプラン見直したいです(長文)

今月46歳になった夫の保険料のことで質問です。
今現在住友のニューベストで15年前に加入いたしました。
終身保険(終身65歳まで)  300万円 (保険料 3054円)
定期保険特約(15年更新65歳まで)3800万円(45歳まで 12920円)
災害割増特約 (80歳まで)  1000万円(65歳まで 420円)
障害特約(本人妻型80歳まで)      (65歳まで 870円)
新災害特約(本人妻型80歳まで)日額10000円(65歳まで 950円)
新疾病特約(本人妻型80歳まで)日額10000円(65歳まで 5210円)
新成人病医療特約(80歳まで)日額5000円(65歳まで 760円)  
月払い保険料24,184円 予定利率5.50%
更新後の平成19年9月からは39,916円です。

私は41歳で単独では生命保険・医療保険に未加入です。
子供は4月から中2です。
家は持ち家でローンがありますので団信に加入しております。

保険の外交員からライブワンニューベストや
ライブワン愛アンド愛ラブ30タイプを勧められております。
(終身150万に減額して月々30000円ほどの払い込みです。10年更新)

できれば住友生命は終身のみ残して他の保険会社に
移行したいと考えております。
(15年全く音沙汰なくここへきて電話攻勢で辟易してます)
この時期全く違う保険会社に乗り換えても損はないのか、
どのような保険がお勧めかご意見をいただけたら幸いです。
(主人はやや太りすぎですが会社の健康診断では問題なしです)
   

今月46歳になった夫の保険料のことで質問です。
今現在住友のニューベストで15年前に加入いたしました。
終身保険(終身65歳まで)  300万円 (保険料 3054円)
定期保険特約(15年更新65歳まで)3800万円(45歳まで 12920円)
災害割増特約 (80歳まで)  1000万円(65歳まで 420円)
障害特約(本人妻型80歳まで)      (65歳まで 870円)
新災害特約(本人妻型80歳まで)日額10000円(65歳まで 950円)
新疾病特約(本人妻型80歳まで)日額10000円(65歳まで 5210円)
新成人病医療...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。保険代理店のおやじです。
ご主人が健康で、保険会社の診査が通るようであれば他の保険会社に乗り換えても損はありません。逆にタバコを吸わないとか、特に健康上問題ないとかであれば、乗り換えるメリットの方が多いでしょう。
終身保険は仰るように残しておくことをお勧めします。もしくは払い済みでも構いません。外務員がゴネたら消費者センターとか生命保険協会に連絡すると脅してやってください。
保険料の安い300万円の終身保険を150万円に減額する案を持ってくるような会社との付き合いは必要最小限(つまり終身だけ残す)にして方が無難です。
代わりの保険は、家族収入保険とか収入保障保険とか言われているものが最適でしょう。
お子さんが中2でおひとりであれば、教育費を含めた月々の生活費から遺族年金を差し引いて足りない部分を家族収入保険で補えばよいでしょう。家族収入保険は月いくらという年金設定です。保険期間は65歳くらいまであれば十分だと思います。月の保険料は1万円で十分おつりが来るはずです。
遺族年金の額はご主人の年収によって違いますが、サラリーマンであれば月12-15万円、自営業者で国民年金をしっかり納めていれば一律9万円です。
その他、住友生命を止めることで医療とかがん保険とか必要だとお感じであれば、必要最低限の物に加入して、浮いたお金を貯金しておくことをお勧めします。貯金は色々なことの楽しみに使えますから。
これで保険はすっきりしますよ。

こんにちは。保険代理店のおやじです。
ご主人が健康で、保険会社の診査が通るようであれば他の保険会社に乗り換えても損はありません。逆にタバコを吸わないとか、特に健康上問題ないとかであれば、乗り換えるメリットの方が多いでしょう。
終身保険は仰るように残しておくことをお勧めします。もしくは払い済みでも構いません。外務員がゴネたら消費者センターとか生命保険協会に連絡すると脅してやってください。
保険料の安い300万円の終身保険を150万円に減額する案を持ってくるような会社との付き...続きを読む

Q終身保険の満期保険金は受け取れる?

ある方が昭和53年に加入した終身保険の満期を昨年迎えました。彼は25年間きちんと保険料を払っていましたが満期保険金は支払った保険料の3分の1だけでした。日本の大手と思われている生保会社です。私も違う日本の保険会社の終身保険に昭和63年に加入しています。保険料は30年間支払い、30年後一時金として受け取るか、年金として受け取る事を選択できます。家族がいないので死亡保険も要らないので解約も考えますが損な気がします。しかし先に述べた方の例を考えるとこの先保険料を払い続けても結局損ではと不安です。実際の所私の保険会社が破綻しないとしても加入30年後の1時金は払った保険料を下回る可能性が高いのでしょうか?契約時の約束では支払い保険料プラス50万円程度と言う話です。

Aベストアンサー

ご質問についてですが、そもそも終身保険に満期はありませんよ! それは解約した時に戻る“解約返戻金”を原資にした年金受け取りの変更か一時金でもらう、ただの解約の間違えと思うのですが・・。

ちなみに、特約など多種の保障が無く終身保険単体のご契約であれば、払込期間中に保険料が引き落とされなく“立替”にまわっていたり、一時的な資金が必要で“貸付”などを受けていなければほぼ、払込保険料と同額か期間によっては払込保険料を上回るでしょう!

Q払い込み満了後の終身保険について

主人の定期付終身保険が今年払込満了になり、パーソナルプラン11種類(終身、年金、介護、夫婦年金の組み合わせなど)のご案内のはがきが来ました。特に申し出がなければ、終身保障コースになると書いてありました。

質問1
終身保険の利率はよい時に加入したものだったので5パーセント位でしたが、もし、これから終身保障コースにした場合、この利率は引き継がれるのでしょうか。
あるいは、払い込みが終了した時点で5パーセントはおしまいということなのでしょうか。これからずっと5パーセントが続くとしたらうれしいです。(虫が良すぎる?)
おばかな質問かも知れませんが、教えてくださいませんか。

質問2
払込終了後は終身保険の金額(250万)と証書の中に書かれている解約返戻金の値段(100万位)の両方いただけるということなのでしょうか。

質問3
証書に書かれている解約返戻金の数字のことでお聞きしたいのですが、解約返戻金は年々少しづつ増えているのに、20年目(ちなみに現在なのです)のところだけ前の行(5年前)と比べるとガクンと10万くらい減っていますが、また次の行(5年後は)では、10万くらい増えています。この理由はなんでしょうか。

質問4
個人個人で違うかと思いますが、パーソナルプランに関してなにかアドバイスがありましたら、お願いいたします。例えば、あまり長生きできなそうな人は夫婦年金は不利とか、・・・なんでも一般論で結構です。

保険会社に聞こうとすると、本人以外はお答えできませんといわれてしまいます。かといってレディさんには事情があって聞きづらいので、ご親切な方、よろしくお願いいたします。

主人の定期付終身保険が今年払込満了になり、パーソナルプラン11種類(終身、年金、介護、夫婦年金の組み合わせなど)のご案内のはがきが来ました。特に申し出がなければ、終身保障コースになると書いてありました。

質問1
終身保険の利率はよい時に加入したものだったので5パーセント位でしたが、もし、これから終身保障コースにした場合、この利率は引き継がれるのでしょうか。
あるいは、払い込みが終了した時点で5パーセントはおしまいということなのでしょうか。これからずっと5パーセントが続く...続きを読む

Aベストアンサー

質問1

保険料の予定利率はこれから増えていく利息ではなく、
保険料を払い込む際に予定された利率の分だけ
あらかじめ保険料を割り引いて設定するものです。
つまり5%の恩恵は保険料を払い込んでいる間のものです。
今後終身部分をそのままにしておけば
5%の利息がつくということではありません。

質問2

いいえ、違います。
一生涯の保障としてこのまま残すのであれば
万が一の時には250万が支払われて契約は終わります。
一生涯の保障に代えて解約した場合には
100万の解約返戻金を受け取って契約は消滅します。
250万と100万の両方を受け取れるという意味ではありません。

質問3

多分、入院給付金・定期保険特約がついている保険だと思います。
これらの特約で積み立てられた責任準備金は
ゆるやかな右上がりのグラフとなり、
払込満了前にピークを迎えた後一気に下がり
払込満了時にはゼロになるように設定されています。
払込満了前に解約した場合、ゼロになる前の責任準備金があるので
払込満了時よりも解約返戻金が高くなるケースがあります。
全体の返戻金額は払込満了時には一旦下がりますが、
その後終身保険の解約金は年々増えていくので
そのような谷間の時期があるものと思われます。

質問4

生きているうちに使いたいと思うのであれば解約や年金プラン、
お葬式代にと考えているのであればそのまま終身保険で
持っておくことをお勧めします。
解約はいつでも出来ますが保障はゼロになります。
解約返戻金は手をつけず置いておくほどに上がりますので
適当な時期までそのままにしておいてから解約するのも
一つの方法です。

質問1

保険料の予定利率はこれから増えていく利息ではなく、
保険料を払い込む際に予定された利率の分だけ
あらかじめ保険料を割り引いて設定するものです。
つまり5%の恩恵は保険料を払い込んでいる間のものです。
今後終身部分をそのままにしておけば
5%の利息がつくということではありません。

質問2

いいえ、違います。
一生涯の保障としてこのまま残すのであれば
万が一の時には250万が支払われて契約は終わります。
一生涯の保障に代えて解約した場合には
100万の解約返戻金を受け取...続きを読む

Q生命保険の見直し ・・・だまされた?

今年の6月末に生命保険を「転換特約」しました。
セールスの人に
「切替えることでリスクとか、損とかしないんですか?」
と聞いたら
「しませんよ。今の保険を下取りするから、これだけ保証が付いても、保険料もほとんど変わりません云々・・・」

しかし、今日友達に言われて生保の明細書を見たら
下記の内容(要約します)が記載されていて目が点に
「今までの配当金は、新しい保険にあてるのでなくなります」
「予定利率は下がります(5.50%→1.65%)」

急遽セールスに電話で確認
「上記の内容聞いてないんですけど。嫌だから元の保険に元の状態で戻してください」
「説明していませんでしたか・・・すいません・・・私が悪いですね・・・でも無理です」

本当に無理なんでしょうか?
私は、だまされたんでしょうか?
(私が間抜けなのはわかっています。)

長文 ごめんなさい

Aベストアンサー

保険会社と契約者には、その情報量に明らかな差があります。過去にその犠牲になった人が何人いることか。
そこために、保険商品を販売するためには守らなければいけない法律が多数あります。
このセールスは、金融商品販売法、消費者契約法、保険業法300条、いずれにも違反しています。
上記法律に違反していることを、セールス⇒営業所長⇒本店のお客さま相談センター⇒消費者センター⇒金融監督庁の順番で苦情を申し立てる旨伝えましょう。
「こんな、コンプライアンス違反はとても許せません!」と玄人っぽい一言を付け加えると、保険会社はドキッとします。
私は、だまされたんでしょうか?などという弱音を吐かないで毅然とした態度で契約を元に戻してもらいましょう。


人気Q&Aランキング