ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

ミシンで縫い代の重なり部分がかなり厚くなってしまうと厚い部分は縫えるのですがその後薄地に戻って荷2~3センチ針が飛びます。目が荒くなる場合もあります。
押さえ金の後ろが厚地部分にかかったままになるからでしょうか?
改善方法ありますか?
糸や針の号数は厚地に合わせてます。

A 回答 (1件)

>押さえ金の後ろが厚地部分にかかったままになるからでしょうか?



そのとおりです。
基本的にはその段差を解消してやればスムーズに進みます。
同じ高さになるようにあまり布や、ハガキなどを畳んではさむといいです。

こちらの最下段に動画と説明があります
http://material.miyazaki-c.ed.jp/ipa/kateika/sai …

面倒ですが、そこだけはずみ車を手で回し、
押さえ金を上げ下げしながらひと針ずつ縫い進める方法もあります。
    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q画像あり!ミシンの縫い目の飛びはなぜ起こるのでしょうか?

ミシン目の飛び出なんかスランプに陥っておりまして
未だに解決しません

ミシンを買い換えたのですが(直線縫いの中古SINGER アメリりか)直りません

糸・針・ボビン・ボビンケース・釜の掃除・糸張りの部分の掃除・全てやったけど目飛びがあります

だいたい試し縫いで早く縫うと問題なく、本縫いでゆっくり縫うと目飛びが現れます 
もうお手上げです 先生! 教えて下さい お願いします

Aベストアンサー

目飛びは大体↓のような理由からくるものが大半なのですが。

http://jdsd.jp/kosho/kosho02.html

>糸・針・ボビン・ボビンケース・釜の掃除・糸張りの部分の掃除・全てやったけど目飛びがあります

とのことですが、経験上は針を交換すればクリアできましたね^^;
針が曲がってる。針の位置がずれている。向きがずれて設置してる。・・・などです。
他には古い針だと磨耗している可能性もありますから新しいものに交換ということもあります。

貼り付けられたURLは拝見しましたが、布はデニムのような気がしましたが?
厚手の布には厚手用の針を使用したほうが良いです。
ミシンは厚手対応でしょうか。
布が厚手だと目飛びすることがあります。
そのときはミシンの速度を遅くして縫ってみてください。

もうひとつ、布の角度を変更するとき(四角く縫うときは4つ角で方向を変更しますね^^)、押さえ(布を押さえるミシンの金属部分)と針と布の関係で針に負担をかけるようになるときがあります。
つまりは方向転換したときに針が曲がってしまう。
これをすると方向転換後すぐに目飛びが出てくるということがあります。
直線縫いのときも何かの拍子で布を左右前後に無意識に引っ張っているときにも目飛びがありますね^^;

参考URL:http://jdsd.jp/kosho/kosho02.html

目飛びは大体↓のような理由からくるものが大半なのですが。

http://jdsd.jp/kosho/kosho02.html

>糸・針・ボビン・ボビンケース・釜の掃除・糸張りの部分の掃除・全てやったけど目飛びがあります

とのことですが、経験上は針を交換すればクリアできましたね^^;
針が曲がってる。針の位置がずれている。向きがずれて設置してる。・・・などです。
他には古い針だと磨耗している可能性もありますから新しいものに交換ということもあります。

貼り付けられたURLは拝見しましたが、布はデニムの...続きを読む

Q布の裏がぐちゃぐちゃになってしまう!はじめてのミシン

はじめてミシンを使います。
通販のものすごく安いものを買ってしまったのですが、真偽はともかくデニムも縫えるそうです。

糸調子ダイヤルの意味も、糸のかけかたも何もわからない初心者です。
なにしろ初心者なので、糸の調子を合わせることもできません。どれくらいなら調子が合っているのか、さっぱりわからないのです。
ぎゅーっと引っ張るくらいなのか、するするっと糸が引っ張れるくらいがいいのか、本気でわかりません。説明書などにはそこまで初心者相手の説明はないので苦労しています。
とりあえず上糸と下糸は説明書どおりにやったつもりです。上糸調整ダイヤルの鉄のパーツの狭間に糸を挟むというのが本当のところよくわからないのですが‥。ダイヤルがとれそう‥。
しかし試行錯誤の上、なんとかミシンが動くようになりました。布の表からはまともに縫えているように見えるというところまで来ました。
しかし縫った布をひくり返してみると、布の裏側は糸がたまってぐっちゃぐちゃにからまっています。失敗したゆるゆるの玉止めを20回くらい重ねた糸が繋がってるような感じとでもいいましょうか。

こんな初心者になんとか対処法を教えてやってください。
たとえば上糸がゆるいという問題がならば、指でひっぱると指がちょっと痛くなるくらい上糸調節ダイヤルをきつくする‥‥など、具体的に教えてもらえれば助かります。

針と糸は最初からセットされていたものです。
布は薄手のフリースです。
よろしくお願いします。

蛇足ですがミシンど初心者のためのソーイング入門サイト、レクチャー本、学べる場所などご存知でしたら教えてください。あまりにも出来ないのでカルチャー教室でも探そうかと思っています‥。節約のために買ったはずがえらい散財です(><)

はじめてミシンを使います。
通販のものすごく安いものを買ってしまったのですが、真偽はともかくデニムも縫えるそうです。

糸調子ダイヤルの意味も、糸のかけかたも何もわからない初心者です。
なにしろ初心者なので、糸の調子を合わせることもできません。どれくらいなら調子が合っているのか、さっぱりわからないのです。
ぎゅーっと引っ張るくらいなのか、するするっと糸が引っ張れるくらいがいいのか、本気でわかりません。説明書などにはそこまで初心者相手の説明はないので苦労しています。
とりあ...続きを読む

Aベストアンサー

とんだ安物買いの、、、でしたね。

さて、裏側で下糸がぐちゃぐちゃになるのは、糸調整のバランスが悪いからです。糸調整は生地を縫って確認します。闇雲に指で引っ張った感覚では調整した事になりません。
>失敗したゆるゆるの玉止めを20回くらい重ねた糸が繋がってるような感じ、、、これはうまい!良い表現です。

下糸(ボビンケース)の糸調整をしたら、後は上糸だけで調整しましょう。ボビンケースは繊細な部品ですから何度もいじって精度が狂うと致命的です。
ボビンに糸を巻く時は自動でしょうが、もし巻き乱れがあるなら手で補助して、上から下、下から上に糸が均一になるように巻いてください。
ケースの中に正しい向きで入っていますか?少し糸を引いて回転する方を確認します。
下糸は正しい位置から糸を引いて、ボビンをぶら下げた時、スルスルとゆっくりボビンが下がっていくくらいにします。
ストン!と落ちてしまうくらいならゆるすぎ、手首でツンツンと振ってもボビンが下がらないならきつすぎです。

上糸も正しくセットしたら、綿の生地を2枚重ねて糸調子をチェックします。2枚重ねるのは、2枚で縫う箇所が圧倒的に多いからです。
まずそのまま15CMくらい縫って、針を刺したまま止めます。(コントローラー付きなら、足をコントローラーから離して!)表と裏の糸の見え方を比べます。
どちらかの糸が一直線風に見えたら、そちらの糸が強いです。下糸が強くてもボビンはいじりませんから、上糸調整つまみで上糸を強くします。『?』と思うかもしれないですけど、糸調整は上と下のバランスを取ると思ってください。生地の厚みの真ん中で上糸と下糸が絡むのがいい状態です。
それは、見ると針目が表裏とも同じ状態に見えます。ご自分の服と比べてみてください。同じ見え方ならまずは良いでしょう。しばらくそれでなれてください。

さて、オイルの話が出て来てますが、そう頻繁にさしすぎてはいけません。
毎日長時間(ミシンが動いている時間が5時間以上)縫っているなら週に1度はチェックしたいですが、そう出なければ、3ヶ月に一度、半年に一度で良いです。

機械はもともとグリスで潤滑をしていますから、オイルは補助的に考えていいと思います。

>上糸調整ダイヤルの鉄のパーツの狭間に糸を挟む
これはつまみの裏側に2枚のお皿状のパーツがあると思うんですが、(押さえ金をあげると開きます。)その間を糸が通過していれば良いんです。そうでないとつまみの効果がないんです。

初心者にしてはいきなり薄物のフリースというのが厄介ですね。難しい素材です。ほんとは普通の綿生地から初めていただきたいところですが、フリースは生地自体がのびるので、ミシンにまかせて縫うというより、「自分が生地送りをしてやる」みたいな感覚で縫わないと、数十センチでもズレが生じます。薄紙に霧吹きとアイロンをかけぱりぱりの破けやすい状態にした紙を下に敷いて縫うと送り歯に生地が食い込まないかと思います。
参考にしてください。

とんだ安物買いの、、、でしたね。

さて、裏側で下糸がぐちゃぐちゃになるのは、糸調整のバランスが悪いからです。糸調整は生地を縫って確認します。闇雲に指で引っ張った感覚では調整した事になりません。
>失敗したゆるゆるの玉止めを20回くらい重ねた糸が繋がってるような感じ、、、これはうまい!良い表現です。

下糸(ボビンケース)の糸調整をしたら、後は上糸だけで調整しましょう。ボビンケースは繊細な部品ですから何度もいじって精度が狂うと致命的です。
ボビンに糸を巻く時は自動でしょう...続きを読む

Qミシンで厚い布が縫えない時

ミシンで厚い布を縫っているのですが、
3枚、重なったところは、針が通らず、布の上で止まってしまうので、
手動で右上の丸い円盤を回して、針を通しています。

しかも、針を上げて下げて、上げて下げて、上げて下げて、と
何度も勢いをつけないと通りません。

このような場合、電動でも針が布を通るようにする方法はないのでしょうか?

上糸と下糸の調子を強くすればいいのでしょうか?
その場合、上糸は、大きい数字の方へレバーを回せば強くなりますが、
下糸はどうやったら強くなるでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは

ミシンの説明書を見てみないと
どの方法がいいかわかりませんが
針は厚地用のものを使っていますよね

Q厚手のものをミシンで縫う時・・・

キャンバス地のバッグを家庭用のミシンで
作っています。

針は、厚地用の針(16番)を使っていて
全く問題ないのですが、
取っ手の所等など、布が重なるところが
かなり厚手で、ミシンの『押さえ』(というので
しょうか)が布を押さえきれず浮いてしまいます。
押さえも厚地用ってあるのでしょうか?

Aベストアンサー

押さえ全体に布地が均等に接触していないために浮いている方向に流れちゃったりしますよね。厚紙や紙を重ねた物を当てて、押さえにはさまれる部分の厚みを均等にしてあげれば送り歯とちゃんと噛みあってキレイに縫えます。

あと、厚地用とは違うのですが、シリコン製でちょっと幅の狭い押さえがあります、それを使うとやや良いと思います。幅の広い押さえは普段使うには安定感があって縫いやすいのですが、厚みがバラバラの時は押さえが左右に振れてしまい安定しなくなるので、細かい部分の仕上げは細めのを使うとやりやすいです。でも使うのは普通のものに比べるとちょっとだけ難しいので慎重にやってみてください。

Q洋裁でどうしても上手くいかない・・・アドバイスをお願いします

趣味で、型紙つきの本を片手に洋裁をしています。
どうしても上手くいかないことがあり、アドバイスいただけたらと思い質問させていただきます。

1.ミシンをかけていると、必ず上側の生地に若干のシワ(たるみ)がよってきます。
 脇を縫うとき、裾を縫うときなど、待ち針を打ったままアイロンをかけ、「これで上手く縫えれば上出来!」と思うとだんだん生地がゆがんでくる。ズボンなど厚手の生地のときはまぁ大丈夫なのですが、浴衣やサッカー生地ではミシンをかけているとたわんでくるように感じます。目立たない場所でつじつまを合わせることもあります。
 ミシンの設定はオートです。一度安いミシンで失敗したので、それなり(といっても定価で10万ちょっと)のものを使っています。

2.型紙から写し取った合印がずれる。
 市販の本についている型紙から、作りたいサイズの型紙を作り、それを生地に待ち針で止めています。私が切り取った型紙どおしの合印は合うのに、生地をあわせる段階ではいつもと言っていいほど印がずれています。前後の身頃で、スリットが合わない・裾のラインに1~2センチ差がでるなどはしょっちゅう・・・。
 袖をつけるときには本当に困って、脇で身頃側を調整したり、肩にタックを入れたりして強引に作ってしまいます・・・ほどいてやり直さないのもいけませんが。。。
 生地は裁つ前にアイロンをかけて、写すときは待ち針を打って型紙のずれがないか何度も確認しながらやっているのですが。

学校で習った家庭科プラス自己流です。ベビー・子供服や袋物、浴衣などを作っています。形になっていくのが楽しくて。
自分や子供が使うものなので多少の不出来は気にしないでやってきましたが、最近では友達に頼まれて作ることも増えてきました。こうなると、キッチリ作りたいという気持ちも出てきて。

 ミシンの設定、生地の裁断など、なにかコツはあるのでしょうか?説明下手・不足があるかと思いますが、よろしくお願いします。

趣味で、型紙つきの本を片手に洋裁をしています。
どうしても上手くいかないことがあり、アドバイスいただけたらと思い質問させていただきます。

1.ミシンをかけていると、必ず上側の生地に若干のシワ(たるみ)がよってきます。
 脇を縫うとき、裾を縫うときなど、待ち針を打ったままアイロンをかけ、「これで上手く縫えれば上出来!」と思うとだんだん生地がゆがんでくる。ズボンなど厚手の生地のときはまぁ大丈夫なのですが、浴衣やサッカー生地ではミシンをかけているとたわんでくるように感じます。...続きを読む

Aベストアンサー

1.
ピンでずれるなら、しつけして下さい。
脇、裾は下側から縫って下さい。
これがずれにくく縫うコツです。
脇なら裾から袖付け部分に向かって、スカートなら裾からウエストに向かってという感じ。
逆で縫うと生地を伸ばしてしまって、必ずずれます。
特にスカートは、裾を補正しなくちゃならなくなります。

2.
待ち針の刺し方が間違っているのでは?
斜めとか線に平行に刺してませんか?
あと、裁断の時は重ししてますか?
印付けはチャコより「切りじつけ」の方が確実です。
面倒ですが、この手間が綺麗に作るコツです。
オーダー物なんかは切りじつけしてますしね。
慣れれば、出来線を引かなくてもきちんと縫い代をつければ(1cmなら1cm、1.5cmなら1.5cmと、きっちりつける)合い印に切り込み(ノッヂ)でステッチ定規使ってミシンで十分いけますよ。
あと地直しの段階で地の目が曲がってるとズレ易いです。
縦地とかちゃんと合わせて裁断されてますか?

こちら非常に参考になるんで、一度目を通しておくといいですよ。
http://www.clothland.com/qa/index.html

1.
ピンでずれるなら、しつけして下さい。
脇、裾は下側から縫って下さい。
これがずれにくく縫うコツです。
脇なら裾から袖付け部分に向かって、スカートなら裾からウエストに向かってという感じ。
逆で縫うと生地を伸ばしてしまって、必ずずれます。
特にスカートは、裾を補正しなくちゃならなくなります。

2.
待ち針の刺し方が間違っているのでは?
斜めとか線に平行に刺してませんか?
あと、裁断の時は重ししてますか?
印付けはチャコより「切りじつけ」の方が確実です。
面倒ですが、こ...続きを読む

Qドミット芯とキルト芯の違い

ドミット芯とキルト芯というのはどういった違いがあるのでしょうか?

主に接着タイプを使用するのですが、パリッと仕上がるものとふわっと仕上がるものがあったり、接着のりがスパイダーのものと全体に小さな糊の粒がついているものなどがあるみたいなのですが、この辺の違いで区別しているのでしょうか?
自力で結構調べましたがはっきりした答えが出ないのです(涙)

お店だと何となく使い心地を触って確かめて買えるのですが、
ネットで買う時に困っているのでぜひ区別を教えてください。

Aベストアンサー

キルト芯はごく普通の綿状の芯です。薄いもの、厚いもの、ポリエステルのもの、コットンのものなど色々あります。
ドミット芯はキルト芯の裏に、言ってみればネット上の裏をつけたものです。伸びにくいので、バッグの持ち手や、ミシンでプレストキルトを作るときなどに使います。
接着芯はバッグを作るときに使うと張りが出ます。
それぞれメーカーによって使い心地はさまざまです。
作るものの目的によって選ぶのが良いと思います。

Qサテンを縫うときのコツを教えてください!

こんにちは。
必要に迫られ、子供用のドレスを作らなければならなくなったのですが、
これまでサテン生地を扱ったことがなく、裁縫も特技とゆうほど得意なわけではありません。
(袋物を縫ったり、かろうじてスカートが縫える程度)
サテンはミシン掛けするとき「すべる・つれる・ずれる」とかなり難しいと聞きました。
サテンを扱う時の注意点や、ミシンをかけるときのコツ、その他サテンに関する基本事項など
どうか詳しく(素人に理解できるレベルに噛み砕いて(;_;))教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いします。
既出の質問でしたらすみません。
一応検索かけて調べてみたのですがぴったりくるものが見つからず…
よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

はじめまして^^
わたしも、子どもの習い事の衣装を作るのに
よくサテンや、ジャージ素材(ニット)の生地を扱います。
サテンは、生地の端の処理(ホツレないようにする)の
ジグザグミシンをかけるときに苦労していました。
ミシン自体(針自体・・)がジグザグ動くので、必ず、
サテンのツルツル生地もつられて、ゆがんでいました><;

私も、教えていただいたのですが・・・
ミシンの「押さえ」(プラスチック製のもの)が、手芸屋さんで市販
されています。ミシンに付属しているときもあるそうですが、
私のミシンにはついてなかったので、手芸屋さんで購入しました。
これが、金属製のものに比べて なかなかの優れものでした^^
ニット用の押さえのようで、「滑りがよい」とのことでしたが
私が使用した感じでは、しっかり押さえてくれる!!ってイメージ
でした。しっかり押さえられる分、ゆがんで滑ったり つったり・・・
ってこともなく、苦手なジグザグもキレイに縫いあがりました。

一度、普通に縫ってみられて・・・・
(糸の調子を変えたり、針を細いもの変えたり・・・試されてから)
やはり滑ったり、つれたりするようなら この「押さえを変える」を
試されても良いかと思います^^
私は、手芸屋さんで、588円で購入しました。
サテンやニットに手間取っていたので、ミシンの買い替えも考えて
いた私にとっては、この「押さえ」交換で、上手くいったのは、
とても、ラッキーでした♪♪

私も、そんなに詳しくはなく・・・子どもの衣装があるから、
手芸&洋裁をしている程度なので、archaさまよりも初心者かも
しれないのですが、サテンの苦労を少しでも、体験したものの話を
お伝えできれば・・・と思い 書かせて頂きました。

詳しい方からすると、ミシンは相性だそうです。
同じパックに入っている「ミシン針」でも、上手くいくもの
いかないものがある程だそうです^^
根気よく、頑張ってみてくださいね♪

はじめまして^^
わたしも、子どもの習い事の衣装を作るのに
よくサテンや、ジャージ素材(ニット)の生地を扱います。
サテンは、生地の端の処理(ホツレないようにする)の
ジグザグミシンをかけるときに苦労していました。
ミシン自体(針自体・・)がジグザグ動くので、必ず、
サテンのツルツル生地もつられて、ゆがんでいました><;

私も、教えていただいたのですが・・・
ミシンの「押さえ」(プラスチック製のもの)が、手芸屋さんで市販
されています。ミシンに付属しているときもあるそうです...続きを読む

Qミシンで厚物がうまくぬえません

カテゴリーを間違えましたら、回答がありませんでした。あらためておうかがい致します。
DB2-B755というブラザー工業用ミシンを使っております。
といっても常にではなく趣味ですので初心者です。

針は16番、糸は20番で帆布ですと、何とか糸調子もよく、上下の針目もうまくいきます。
厚み2mmぐらいのナイロン製のテープを2枚重ねで縫いますと、上糸は何とかきれいにいくのですが、下が糸がグチャ グチャとなってしまいます。家庭用でも厚い布を縫うと同じようなことがおきました。
縫うものが厚すぎるからだと思いますが、対処方はありませんか?
押さえの強弱はどうしたらよろしいでしょうか?

また皮をミシンで縫うときは、まえもってステッチの穴をあけておくのでしょうか?
厚物の縫い方のことを教えてください。

Aベストアンサー

するどいご指摘ありがとうございます
本縫いミシンのボビン交換は宿命的な弱点です
光沢レザーなどは縫い直しがききませんので、早めにボビン交換するしかありません
大釜といって、ボビンの大きさが2倍~3倍のミシンもありますが、交換頻度が少なくなるだけです

対策としては「下糸残量検知センサー」つきミシンもありますが、糸の色や種類によっては正常に働かない場合があります
現在のミシンはほぼ全部自動糸切りミシンですので、糸を切った回数をカウントして予めプリセットしておいた数になったときに警告をするという機能もありますが、決定打ではありません


環縫(かんぬい)ミシンというボビンのないミシンがあります

ボビンがないだけで、ちゃんと下糸はあります
これですと巻きのまま5,000mだろうと10,000mだろうと1巻き使い切るまで糸を交換する必要はありません
正確には二重環縫いミシンというものです
  アイデア商品にある、ホチキスのようなミシンは単環縫いです
  縫い終わり側から糸をひっぱると簡単にほどけてしまいます

一般的な本縫い一本針ミシンに近い環縫ミシンは「チェーンステッチミシン」でしょう
でも、このミシンはビンテージジーンズの縫製に使われるくらいで新しい機種は作られていないと思います ジーンズ専門店が使っている「ユニオンスペシャル」など
(専門店でこのミシンですそ上げをすると、すごく高いですね)

その他の環縫いミシン
オーバーロックミシン
布端のかがり縫いに使われますがこれもボビンのいらない環縫いミシンです

扁平縫ミシン(二重環飾縫ミシン)
トレーナーの袖つけやスポーツウエアやボクサーブリーフの切り替え縫いに使われるミシン (家庭用ではカバーステッチをいう名称で販売されています)

環縫いミシンはスポーツウエアや水着、レオタード、ガードルや女性用下着など高伸縮縫いに使われるミシンが多いです


ご質問の縫製現場ですが、これはアパレルメーカーの縫製部門なのか縫製専門のファクトリーなのか、あるいはアパレルメーカー等の協力工場なのか、業種、業態、規模で大きくちがいますが基本的には重整備のできるエンジニアがいます
協力工場などでは軽整備だけを自社で行い、重整備は委託元へ依頼する場合もあります
ただし、機器そのものの整備というよりも製品の意匠に関する整備に限られる場合が多いです(その製品独特な縫製方法やステッチを実現させるための整備)

でも、現代ではミシンを重整備することが少なくなりました
従来はミシンを使いまわしていましたが、1台のミシンは1工程専用に使いますからあまりさわる必要がありません(当然、こわれにくくなります)
ミシンも電子化がすすみ「機械屋」の出番が少なくなりました
電子回路の修理は縫製機器メーカーまかせ
(私はこちらのほうが専門だったりしますが)

縫製工場自体が海外を流浪している状態で日本国内での業界の将来についてはまったく想像がつきません
 いつから日本はモノを創らなくなったのでしょうか
円高で材料は安いのですが、輸入製品はそれより安かったりします

という私自身モノつくりから離れています
ぼやきを聞いていただいてありがとうございました

するどいご指摘ありがとうございます
本縫いミシンのボビン交換は宿命的な弱点です
光沢レザーなどは縫い直しがききませんので、早めにボビン交換するしかありません
大釜といって、ボビンの大きさが2倍~3倍のミシンもありますが、交換頻度が少なくなるだけです

対策としては「下糸残量検知センサー」つきミシンもありますが、糸の色や種類によっては正常に働かない場合があります
現在のミシンはほぼ全部自動糸切りミシンですので、糸を切った回数をカウントして予めプリセットしておいた数になったと...続きを読む

Q接着芯って裏表はありますか?

接着芯が入っていた袋を見ても裏表の記述がないのですが、どちらでもOKと言うことでしょうか?

Aベストアンサー

裏表ありますよ~^^

糊側を上にするとアイロンに接着心がくっついて、私はその後くっついた接着芯を剥がしてそのまま違う生地にアイロンをかけてしまいました。。
高かった生地に糊が移ってテカテカになってしまいました。泣

No.1の方も仰っていますが、キラキラしている面が糊面で、布と合わせる面です。
もし両方キラキラしているのなら両面接着芯です。布で挟むタイプのものです。

Q縫い代の切り込みの入れ方が分かりません

こんにちは

洋裁教室で基礎を学び、自己流で洋服作っています。

教室では、スカート、ブラウス、ワンピース、ジャケット(テーラードではない)を一通り作りました。
ところが、いざ自分で作ろうとすると、はたと困ってしまいます。
縫い代の切り込みの入れ方が分からないのです。

教室では、ブラウス以外全て裏地つきでした。

家では、簡単に裏地なしで(ジャケット、ワンピースなど)作るのですが、袖ぐりや、脇のくびれた所など、の縫い代のカットをした場合、ほつれてくるのではと心配です。

また、教室ではロックミシンでしたが家ではジグザグミシンです。

このような場合、どのように処理したら言いのでしょう?
バイヤステープでくるんだりもしてみたのですが、もっとよい方法はないですか?
カットするとしたらジグザグミシンをかけてからカットするのですか?
糸がほつれてしまいませんか?

今作っているワンピースは脇のラインの縫い代を三つ折にしたせいか、でこぼこになってしまいました。

Aベストアンサー

正直、そんなに気にしなくてもいいと思いますけど。
最近も似た質問に回答しましたが、切り込みがほつれるのを気にする方がいるんでビックリしたくらいです。
私は専門学校行ってましたが、衣服製作の際ほつれは気にせずバンバン切り込み入れてましたよ。
先生がそうしてたんで(汗)。

コツとしては、ミシン目ギリギリじゃなくて、1~2mmくらいの所で切込みを止めればいいです。

見返しや切込みを入れる部分(ベンツとか)には大抵芯貼ってますし、表にひっくり返した際、表地は裏に1mm~2mm控えてその後端にステッチ(または星止め)かけたりするんでそんなに気にしなくてもいいと思うんですよね。
パネルラインのジャケットなんかのカーブはそんなに深くは切り込み入れません。
ウエストのくびれの部分は、切込みを入れる部分の出来上がり線の上に小さく切った芯を貼って、ミシンで一緒に縫ってから切込みを入れたりします。
この時貼る芯は柔らかいタイプ物。
裏なしの場合は切り込み入れずに、縫い代を細くする事で対処しますね。

表地と見返しを縫い合わせる時は、縫い合わせた後表に引っくり返した時表地が裏に数ミリ控えるよう考慮して、見返しと中表にピッタリ合わせるて縫うのではなく「表地をいせ込んで」縫い付けます。
縫い合わせる際、見返しとピッタリ合わせたら綺麗に仕上がりません。
襟を作る時とかもそうです、でないと裏が表に出ちゃいますから。
その後ステッチとかかけるんで、縫い代動きませんからほつれる心配はないと思います。
失敗して切り込みを深く入れすぎてしまった時以外は、ほつれた事ありませんので。

縫い代を細く切るのは段差を無くす為もあります。
ただ細く切るんじゃなくて、表地と見返しの縫い代の幅にも差をつけます。
表地の縫い代が1cmなら見返しは6~8mmくらいとか。
そうすると脇とか縫い代が重なる部分がゴロゴロしなくてスッキリとした仕上がりになるんですよ。
切り込みも、カーブの強い部分は細かく(10mm~7mmくらい)、そんなにカーブがきつくない場合は15mmくらいの間隔で入れます。

ジグザグの場合ミシンかけてから縫い代切りそろえたほうが、簡単です。
縫い代切ってからジグザグミシンかけると、縫い代丸まったりするんで。
ミシンかけたら解れないですよ、ジグザグミシンかけたあとの山の天辺の上ギリギリで縫い代を切り落とせばいいと思います。
心配ならジグザグの中心に1本直線ミシンかけるといいかもしれないですね。

正直、そんなに気にしなくてもいいと思いますけど。
最近も似た質問に回答しましたが、切り込みがほつれるのを気にする方がいるんでビックリしたくらいです。
私は専門学校行ってましたが、衣服製作の際ほつれは気にせずバンバン切り込み入れてましたよ。
先生がそうしてたんで(汗)。

コツとしては、ミシン目ギリギリじゃなくて、1~2mmくらいの所で切込みを止めればいいです。

見返しや切込みを入れる部分(ベンツとか)には大抵芯貼ってますし、表にひっくり返した際、表地は裏に1mm~2mm控えてその...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング