あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

創造論やID説の科学的根拠を教えてください

私は「空飛ぶスパゲッティ・モンスター教」の信者です。ですので、全ての生物はフライイング・スパゲッティ・モンスター様が作ったという創造論を信じています。
しかしながら世の中には不完全な進化論などを支持する愚かな民衆が多数いるようです!信じられません!

進化論などという不完全で非科学的な説をなぜ人は信じられるのでしょうか?
偉大なるスパゲッティモンスターの創造物である我々が下等な猿から進化したはずがないではありませんか!


しかしながら、私が進化論を信奉する知人を正しい道に導いてやろうと思ったのに、その知人は以下のような反論をしてきました。

----------------------------------------------------------------------
進化論には確かに不完全な部分はあるし、真実かは分からないが、少なくとも、いろんな事実や論理的思考をもとに、生物の起源を解き明かそうとする科学的思考がうかがえる。

だが、創造論やID説の根拠については、
「人類が猿だったはずがない!」→ 「ただの感情論だろ」

「進化論が矛盾だらけで間違ってるから創造論が正しい」→ 「進化論が間違ってるとして創造論が正しいことにはならない」

「カンブリア紀に突如多様な生物が現れた。これはフライイングスパゲッティモンスターが生物を作ったとしか言えない」→ 「それってただの思考停止じゃないの?科学的にフライイングスパゲッティモンスターの実証はできるの?そもそもフライイングスパゲッティモンスターってなによ」

「フライイングスパゲッティモンスターは厳密には神ではなく高度な触手的知性体だ。神のような非科学的な存在じゃないから正しい」→ 「結局言葉を置き換えただけじゃないの?」

-------------------------------------------------------------------

このような屁理屈ばかり言い出します。


また、

「生物の発生と進化論の否定がごっちゃになってる。そもそも進化論では、人類は猿から進化してきたなんて言ってない。お前、ほんとに進化論を理解した上で否定してるの?」

「仮に創造論が正しいとして、フライイングスパゲッティモンスターが予め原始生物に進化の能力を持たせて作りだし、その進化の結果、人類が生まれた、という解釈はだめなの?」

などとも言われました。
悔しいことに口下手な私では上手い反論が思い浮かびませんでした。
そこで、改めて創造論およびインテリジェントデザイン説を学び直そうと思いますので、これらについて科学的かつ論理的に解説していただけないでしょうか。
また、参考になる文献やサイトなどがあれば教えて欲しいです。

できれば「進化論が間違ってるから創造論が正しい」とか「ほかに考えようがないから創造論が正しい」以外のものをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

科学的根拠が思い付きましたので、それを科学的に論じてみます。

以下の論述は、幽霊はいるかということを科学的に探ることも可能でしょうが、なぜ幽霊がいると言う者がいつの時代にもいるのかということを探ることも立派な科学になる、という文脈で読んでみて下さい。


先ずは、社会科学的根拠から。前にも書きましたが、これはアメリカ人特有の社会現象です。アメリカは皆さんご存知のように原理宗教国家ですね。ある統計によると毎日曜日に教会に行くと答えた人が50%を超えていたそうです。これは、西欧で一番多かったフランスの15%や、それより少ないイギリスの5%と比べて、圧倒的に多い。まあ、日本で言うと国民の95%以上が創価学会員になったくらい、自分の宗教に真摯な方達の集団だと想像してみれば、その状況が理解出来るのではないでしょうか。そこで、アメリカで心ある自国の国家宗教の信奉者や僧侶たちが、その国家宗教の教義が主張する創造説を否定している進化論の蔓延を大変危惧していることは、社会科学的にお調べになると実証的に証明出来るはずです。事実、多くの州では進化論の蔓延を押さえるために、「進化論を教えても良いが、それを教える時には、必ず創造説などの他の説も一緒に教えなくてはならない」と言う趣旨の州法を作っております。これは、進化論のように未だに完全にその正しさが確認されていない説だけを一方的に教えるのは、正しいことではないばかりか、人類の進歩に対して害を及ぼしてしまう、という大変説得力のある人文科学的主張に基づいております。これが、創造説を学校で主張する(人文ないし社会)科学的根拠です。

その結果、大学で生物学を勉強して来た学校の先生は心理的に困ってしまい、その法律に違反したことで罰せられないために、多くの先生方は、学校では進化論を教えないことにしたのです。そうすれば、自分の納得していない創造論を教えなくても済むからです。ところが、それは上で述べた国家宗教の心ある信奉者や僧侶達には大変有利に働きました。何故なら、ほとんどの国民が毎週集会場に来て、僧侶から創造論を一方的に叩き込まれるからです。

ここには、二つの科学的根拠がありますね。一つは心理学的な科学的根拠、すなわち、先生方は無理して法律を犯したくないと言う心理学的根拠を使っていますね。もう一つは、社会科学的根拠、すなわち、そのような法律を施行すれば、創造説を国民に説得させる効率的な方法が手に入ると言う、合理的な根拠です。

以上で、創造論やID説に関しての社会科学的、人文科学的、心理科学根拠の説明が出来たと思っておりますが、どうでしょうか。

私なら、貴方の友人に次のように反論するでしょう。「貴方が創造説の信者であったと想像してみて下さい。その貴方の信じている創造説を揺るがすような説をやたらに聞かされることは、貴方自身や国の将来に関してを不安を抱くことになってしまいますね。そこで、その不安を取り除き、国家を好ましい方向に向かわしてくれるように、心理科学的、社会科学的、人文科学的なあらゆる合理的な科学的方法を使ってそれを阻止することは、貴方の心の平安を保つ上にも、また、国家を正しい方向に向かわせるにも、大切なことだとは思いませんか。」

この主張で説得される方をアメリカ人以外で探すことは至難の業でしょう。でも、アメリカでは、そのような州法を作る政治家達が現に州民の多数から支持されて当選しております。ですから、貴方の友人はともかく、アメリカでは多数派がこのような社会科学的な根拠に基づいた主張に納得していると言うことですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。社会レベルで論じる視点は持っていませんでした。
大変参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2010/04/30 10:22

おっと、#6で書き忘れたことがありますので、誤解を招かないように付け足しておきます。



フランスで15%、イギリスで5%と出ていますが、統計とは一筋縄では行かないもので、この数字の解釈は慎重にならなくてはなりません。アメリカの教会の回りには、飲み屋やパブがありませんが、ヨーロッパに行くとお気づきのように、教会は町や村の広場にあり、大抵の場合、その教会は長方形の広場の短い方の辺に位置し、長い方の辺には殆どの場合パブ兼レストランが並んでいます。何故ここにパブがあるのか。それは、日曜日に夫婦でやって来て、奥さんが教会で説教を聞いている間に、旦那衆がそのパブでピールやワインを飲んで暇つぶしをするためにあるのです。ですから、アメリカでは50%はそのままの割合と考えていいのですが、ヨーロッパでは、その割合を2で割る必要があります。統計学とはややこしいもので、私も何時も混乱しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

統計については私もいつも悩みますね。
印象操作にも使われることもあるくらいですし。
有意差の出し方一つをとっても、データの抽出についても、頭を痛めてしまいます。

お礼日時:2010/04/30 10:24

>できればもう少しユーモアが欲しかった。



いやいや、スパゲティーモンスター教団やキリスト教がボケ役で、私がつっこみ役。
お互い立場が違いますから。

どっちもボケ役だとコントにならないじゃないですか。

今回あなたはボケ役として登場しているんですよね?
それがわかったので「ほいほい じゃ 私はつっこみ役ね」って立場で参加したんです。


ボケ役は超真面目にボケたことを言わないとおもしろくないんです。
そして最後まで真面目にアホくさいことを言い通さないと。
そうしないと、面白く無いじゃないと場がしらける。

参考になる振る舞い。
昔TVタックルって番組で、宇宙人存在支持者と反論者がバトっているのを放映していた。

宇宙人は存在しているって言う派は決定的な証拠として「宇宙人は我々中に既に紛れ込んでいる。いいですか 住民票も持っているんですよ!!!」と言った。

勝利したような顔つきで、そう言い放った。

反論側は一瞬固まった。 
その後に顔がゆるんでクスクス笑いながら、「じゃあ その住民票を見せてくださいよ」って言った。

すると今度は支持派が途端に固まった。

私 床にころがって笑いこけました。
あの表情、 今思い出しても超うける すばらしいリアクション 喜劇の天才ですら勝てない。

さあ 調子こいて大風呂敷広げたがどうたたむつもりだ、そのワザを早く見せて!と笑いこけながらもテレビから目を離さなかった。

場内は忍び笑いが充満していた。
そこに救世主現る。
仲間の1人が立ち上がり住民票を取り出すかわりに、「やりますか」とファイティングポーズをした。

「あーーははははは それは予想しなかった こいつら天才!」と思った。

「この支持派集団は演技じゃなく真性の天然だな。これは演技でやっているんじゃない。」と呼吸困難に陥った私はテレビの前で悶絶した。
完璧このコントにノックアウト。
演技だったらすごいですよ、完璧騙されたわけですから。



「恐竜の化石? それは神が我々の信仰を試すために悪魔に頼んで地面に埋めてもらったのである。」

過去のキリスト教の聖職者はみんなに超真面目に上記の説教をたれたらしいが、こうやって信者の前で喜劇を演じて信者を悶絶させてきたわけで。

これくらい超真面目に最後までボケまくらないと、観客(信者)は喜劇見たさに集まってこないですよ。


ってことで、ネタバレさせちゃ駄目ですよ。
みんなに笑ってもらってなんぼの漫才師なわけですから、最後までボケまくってください。 ^o^

あなたはボケ役、みんなはつっこみ役。
途中で正気に戻っちゃ駄目。
最後までボケまくってくれないと 場がしらけるじゃないですか。
    • good
    • 0

>下等な猿から進化したはずがないではありませんか!



んーーー

スパゲティーモンスターという名前をどこで見かけたかというと、ドーキンスの「神は妄想である」という書物の中だったと思う。

スパゲティーモンスター教団って、キリスト教団のパロティーですよね。

「6000年ほど前に、スパゲティーモンスターさまが、全宇宙を創造なさったのじゃ。」という信者に対して、「じゃあ それより古い恐竜のの骨が見つかっているが、それをどう説明するのだ」と人が現れた。
すると、スパゲティーモンスター教団は、「恐竜の化石は我らが偉大なる神スパゲティーモンスター様が地面に埋め込んだから」って反論した。

これキリスト教団のパロティーですよね?
キリスト教も同じことを真面目に言ってきた。
それらと同じことを言って、キリスト教の言い分をパロって大笑いするため、スパゲティーモンスター教団は誕生したんですよね?

科学的根拠も何も、人間の娯楽から、スパゲティーモンスター教団なるお遊びは誕生したんですよね。


「地球上に生命が起源する確率は、台風がガラクタ置き場を吹き荒らした結果、運よくボーイング747が組みあがる確率よりも小さい」、つまりありえない、だから何か(神様みたいなもの)がデザインしたに違いない、というのがインテリジェントデザイン説論者が主張するものですよね。

ドーキンスは、それよりぐっと高い確率を提示していたような。


で、人間はいろんな娯楽を生み出し、一回限りの人生を楽しんでいるわけで、キリスト教を真似てスパゲティー教団なる娯楽をつくり、キリスト教を支持するふりをしつつ、実はキリスト教をまっこうから批判をするという手法をとって 「ふざけたことを真面目に言っている ばっかじゃねーの」と正面から言わず、相手の愚考をそっくり真似て、キリスト教の言うことがいかに稚拙で愚かであるかわかってもらおうとしているわけで、、、

こういうのも、人間が作り出した娯楽の一つ。
あなたもキリスト教をパロって遊んでいるんですよね。
何故こいった娯楽を人間はするのか というのが今回のご質問の趣旨ですか?

それは、石版に神話を書いた人と同じ目的だと思う。
みんなで笑って楽しむため。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご高説ごもっともですね。
できればもう少しユーモアが欲しかった。
パスタ食べましょう。

お礼日時:2010/04/28 10:53

んーー 知能を持った何者かが人間を作ったとしたら、そいつを作ったのは誰?って無限になりません?



この何者かが人間を作ったって神話で今残っている記録があるのは石版で、、、、19世紀だったかな? ニネベの図書館跡から発掘されたんだったと思います。

ハッティー人とかヒッタイト人に後になる人々が作った神話に天地創造と神々の戦いと人間の創造が書かれています。
それが後に聖書の天地創造に受け継がれた。
ところがその話を作った人は、天地創造に立ち会った人であるはずもなく、「現状からいってこんなんかなぁ」って想像をして作ったんだと思います。
その頃はそれなりに大規模な集団になっていたと思います。

石版はどうして作られたのかというと、戯曲として大衆は夜になると観劇を楽しんでいたからじゃないかと。
そのシナリオが石版に掘られたんじゃないかという説が有力。

というわけで、知的生命体が人間を作ったんじゃないかってなったのは、4000年くらい前。
きっとそれよりもっと前だと思いますが、発見されている一番記録として古いものは、その石版ですから。


で、知的生命体というより、私は自然淘汰(自然選択)の結果だと思っています。

地球も自然淘汰の結果。

例えばウイルスは突然変異のスパンが短いことで、生き残ってますよね。
もし、ウイルスの突然変異が人間みたいに長ければ、間に合わずに絶滅していたと思う。

古代の化石を調べると、人間系でいくつもいたけど、世界に何十億といますが、ホモサピエンス系じゃない人は見つかっていません。
あるとき突然変異で、今の地球環境に適合する種が子孫を残している。
その後も突然変異で何かになったかもしれませんが、適合できないのですぐ滅んでしまったのだと思う。

ガン細胞と生命の進化の歴史はすごく似ているらしい。
細胞は酸素が届かないところでは生きられないはずなのに、がん細胞は酸素が無いところでも生存を果たせるのだそうです。


例えば胃がん、ウイルスが原因でひきおこる。

あるウイルスは、地面にいてまず蟻に寄生するだそうです。
蟻の中に入ることに成功すると、蟻の脳を乗っ取って蟻を葉っぱに上らせる。
すると羊がその蟻のついた葉っぱを食べてウイルスを体内に取り込む。
これがそのウイルスの最終目標らしいです。
なんで羊の脳に入りたがるのかはわかりません。

日本脳炎も確か豚を宿主とするウイルスで、ウイルスは豚には悪さしないが、人間には悪さする。
あくまで人間からして悪さしているって言っているだけで、ウイルスはそんな意志は無い。

人間だっていろんなものの宿主です。
いろんなのものを体内に飼っている。
共存しているのですが、ガンウイルスとは共存できない。

HIVが入っても発病しない人がでてきている。

HIVにわーっと汚染されても、その系統の人は生き残る。
これが自然淘汰。

血液型によってウイルスが入っても発病するかしないか違うらしい。

過去にウイルスの突然変異で、人間系の種は滅ぼされたと思うが、人間もゆっくりではあるが突然変異を起して、それによって死なない種が進化を遂げているんじゃないかと。
人間の突然変異のスピードが遅くて、ウイルスに負ける日が来るかもしれない。

人間を滅ぼそうと知的生命体がウイルスを地球にばら撒いているわけじゃなくて、人間もウイルスも同じ。
大きさや形が違うだけ。
どっちも生命体。
ただ、人間の場合は細胞分裂じゃなくて、異種交配して増殖している。
増殖に違いはあるが、どっちも一緒。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えいただきありがとうございます。

しかしながらあなたにはスパゲティモンスター様の触手のご加護が足りないようです。
もっとパスタを食べることをお勧めします。

お礼日時:2010/04/27 16:03

話は簡単です。

この問題は世界広しと言えども、アメリカ人だけの固有な問題です。ですから、その問題は「アメリカで話そう」と、その友人に言って下さい。そして、それ以外の国民とは、酒の肴として楽しみながら話題にすればそれで十分です。アメリカ人となら、結構時間を潰せる良い話題になるかもしれないですが、それ以外の国民と話す時は、この話題でどれだけ間が持つか私は心配します。

そう言えばこの間、私の友人が酒を飲みながら、前世の自分を見たと言っていました。私も見てみたい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えいただきありがとうございます。

全くの正論に反論もできませんね……
でも日本人にも少数ですが私のような創造論者はそれなりにいますよ。

前世ですか。私も見れるものなら見てみたいものです。
多分、私の前世はペペロンチーノのニンニクとオリーブオイル抜きではないかと思うのですが……

あなたに空飛ぶスパゲティモンスター様の触手があらんことを!
ラーメン!

お礼日時:2010/04/27 16:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング