F1でアイルトン・セナの死亡事故があった1994年のサンマリノGPではセナのクラッシュしてから赤旗で中断した後にまた再開したのですか?
それともクラッシュした時ときでもう中止になったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

予選から事故が多発し、


確かあの時は中断後、再スタートし、
最初とのレースとの合算で優勝者が決まったと思います

ミハエル・シューマッハが優勝しマシンはベネトンでした

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/1994%E5%B9%B4%E3%82 …
    • good
    • 0

 中断から37分後に再スタートし、シューマッハが優勝しています。



http://ja.wikipedia.org/wiki/1994%E5%B9%B4%E3%82 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QF1モナコGP 1992年セナvsマンセルについて

youtubeでTRUTHを聴いていたのですが、横にこの動画がありました。
http://www.youtube.com/watch?v=Co2NgOEv6t8&feature=related
調べた限り、この勝負は結構有名だったようですが、私はF1にあまり詳しくなく、この勝負の背景や結果がどう凄いのかがわかりません。

素人の私に、この動画の詳細(なぜ有名なのか等)について教えてください。

Aベストアンサー

うろ覚えですが、あと何周かという所で、マンセルの車のタイヤに異常が出たため、タイヤ交換のためピットに入りました。出て来たら、セナが前。しかし、セナのタイヤは既にかなり消耗が激しく、一杯一杯。しかし、場所はモナコ。要所を確りと締める術を知っているセナの車を結局抜けず、セナ大逆転での優勝と成ってのでした。マンセルのタイヤ、後で調べたら実は何ともなかった、とも何となく記憶があるのですが、確かではありません。

セナだから抜かされなかった。モナコマスターのセナだからこういう事も起きた、そんな意味で名勝負と言われているのでしょう。実際。オンタイムで観ていましたが、翌々年だったか、雨のブラジルを制した時と同様のまさに手に汗握る名勝負でした。

Qアイルトン セナの追悼?の時に流れていた曲

1994年の鈴鹿グランプリ前夜祭を放送した番組のエンディングでアイルトン セナの追悼?的なVTRが流れるんですけど、その時にバックで流れていたインストの曲わかる方いますか?ピアノで、タン、タタタタン、タタタン、タタタン。こんな感じのニュアンスです、久石嬢バリの泣ける曲です。

Aベストアンサー

もしかしてこれかな?

昔はグランプリのエンディングテーマでしたよ。

参考URL:http://www.alpha-net.ne.jp/users2/thwin/heal/h007.htm

Q2005年版の「アイルトン・セナ」のカレンダー

発売されてないんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

発売されてますよ。

たとえば、コレ↓とか。
http://www.neowing.co.jp/detailview.html?KEY=2005CL-671

参考URL:http://www.neowing.co.jp/detailview.html?KEY=2005CL-671

Q今日のサンマリノGP中継で

こん**は。fire-soulです。
この質問、カテゴリーを「TV」の「番組」にしようか迷ったのですがこちらにしておきます。

今日放送していた「F1サンマリノGP」で解説はおなじみの今宮純さんでしたが、始めと終わりに何かフジTVから三宅アナらと解説していましたよね?
現地で解説して同じ日にすぐ日本に帰ってきたんでしょうか?
現地のレースが日本時間の何時に終わったかは解りませんが、数時間の時差で「イタリア→日本」と帰ってくる事出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

私も違和感ありありで件の放送を観てました。

あれは、日本国内でライブ中継映像を観ながら実況と解説をつけてたんだと思います・・・、たぶん。

川井ちゃんだけは現地でリポートしてるハズだと・・・。

以前、F1雑誌で読んだ今宮さんのコラムに、「今回は衛星中継を使って解説つけた」ってなことが書いてあったような気がしますので。

Q(89年ポルトガルGP)マンセル、セナと接触の真意は?

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=482713の最後の回答にある

>89年 ポルトガルGP ピットでオーバーランしてバック(違反です)して戻り、その後黒旗が出されるも無視して走りつづけ、セナと接触して二人ともクラッシュ。

これを読んで、そういえばそういうことがあったと過去の記憶がよみがえりました。
それで思ったことがあるんですが、マンセルが黒旗(失格だからコースアウトせよという意味なんだろう)を無視して走りつづけたということは、セナにわざとぶつかり、セナを「道づれ」にするのが目的だったんでしょうか。
つまりこの接触は、マンセルの「確信犯」だったということなんでしょうか。

Aベストアンサー

セナ&プロスト関係は、当時は険悪になりかけており、翌年アラン・プロストはナイジェル・マンセルが所属していたフェラーリチーム入りも確定していたそうですから。この年のタイトルをプロストがとり、カーナンバー1を引っさげてのチーム入りでしたら、81年以来ずっと27、28だったフェラーリにとっても有難かったのではなかったと思われます。

あのレースでマンセルはすでに周回遅れで勝ち目はなく、優勝確実だったセナを身を呈してでも止めたほうがチームのために好としての行為ではないかと。フェラーリ側もそれを内部的に良しとしたと、あくまで当時ささやかれた噂ですが。セナも「プロストは政治的工作によって造られたチャンピオンだ」、と批判していたそうです。

フェラーリファンにとっては冒涜的な発言かもしれませんが、最近のM・シューマッハ、ルーベンス・バリチェロによる馴れ合い試合ともとれるあのチームの方針を見ると、どこか疑わしいのは否めません。


おすすめ情報