位置情報で子どもの居場所をお知らせ

インターネット用の「ランケーブル」を屋外に配線する方法?
社内で約100名がネットで結ばれています、自社でザーバーも持っています。 今回別棟にもネットを引く事が必用となったのですが、それを管理しているものは屋外の場合、雷対策として「光ケーブル」を使う必要があると言います、しかし私の知る限り仮にその屋外に配線した「ランケーブル」に落ちたとしても「ハブ」で止まり「サーバー」を破損する心配はないと思いますが。
どちらが正しいのでしょうか、それとも屋外の場合はこれと言う方法が別にあるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

 BフレッツにせよVPN(Virtual Private Network)にせよ、複数個所と接続する場合は、


同じ数の契約が必要になります。
 無線LANになると距離に反比例して転送速度が遅くなるし、セキュリティーも考慮する必要があります。
ノイズや雷対策などを考慮する時、私自身が20年ほど前に社内ネットワークを光ファイルバーを利用して構築したことを思い出しました。
 そこで「LAN,光ケーブル」で検索したところ、これはというものがありました。
「構内光ケーブルLAN幹線」というもので、
(1)長距離電送路に強い
 UTP【Unshielded Twist Pair cable】(非シールドより対線)なら100mまで -> 光ケーブルなら300M
※20年前、私が構築した時は1000mでした。
(2)落雷に強い
UTPは架空配線なので落雷等に影響を受けやすいですが、光ケーブルなら落雷に強い。
(3)電気のノイズ不安を解消
 光ケーブルなら強電でも影響受けません。
(4)高速電送ができる
 サーバー間の電送が光ケーブルなら高速に行なえます。(1G~10G)
(5)拡張性が高い
 光ケーブルなら大容量、多種類の端末に繋げることができます。
(6)耐久性に優れている
 ネットワークの耐久性に優れ、敷設後は半永久的に保ちます。


 

参考URL:http://heiwa-tokai.jp/service/lan-cable.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

事細かくご指導いただき大変ありがとうございました。当社管理者に張りあわず何とかネット環境を作ってもらえるようお願いしてみます、でもこの管理者すごく保守的で余り前向きではなさそうなのですが、説得努力致します。
今後とも宜しくお願いいたします。

お礼日時:2010/05/28 10:17

>しかし私の知る限り仮にその屋外に配線した「ランケーブル」に落ちたとしても


>「ハブ」で止まり「サーバー」を破損する心配はないと思いますが。
諸説あって正確なことは、実際に落雷してみないと本当の事は分かりませんが・・・私が管理者なら、そんな無謀なリスクは排除します

LANに落雷した経験はないですが、メインフレームの端末を設置している建物に落雷し壁を経由して端末に流入し、メインフレームの端末制御装置まで落雷の影響がありました。 また、落雷試験をしているエンジニアと雑談で聞いた話では、一般的な避雷装置では落雷の速度に対応できずに、落雷の電流の大半が流入すると言っていました。

どちらにしても、PC等に直に接続するケーブルに落雷する可能性はできる限り排除するのが管理者としての正しい考え方だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
>一般的な避雷装置では落雷の速度に対応できずに、落雷の電流の大半が流入すると言っていました。
避雷装置はあてに出来ないって事ですか、怖いですね。
>どちらにしても、PC等に直に接続するケーブルに落雷する可能性はできる限り排除するのが管理者としての正しい考え方だと思います。
やはりそうですか? わかりました。
今後とも宜しくお願いいたします。

お礼日時:2010/05/26 22:07

そんなことをするよりも


社内と別棟をVPNで接続する方が一般的かと思われますが。

地下を這わすことが出来るとか(既存の何かしらのケーブルと同居など)
指向性の高いアンテナを導入出来るとかでなければ

会社周りの環境がわからないので詳細は不明ですが
UTPにせよファイバーにせよ勝手に外に敷設するのはまずいでしょう。
会社の敷地内だとしても距離が遠い場合などはメンテが大変なので
外に引くと言うのはやめたほうが良いと思いますよ

この回答への補足

回答ありがとうございます。
>社内と別棟をVPNで接続する方が一般的かと思われますが。
>UTPにせよファイバーにせよ・・・
すみません、「VPN」って何ですか? それと「UTP」も? 教えてください。
今後とも宜しくお願いいたします。

補足日時:2010/05/26 22:05
    • good
    • 0

そもそも、屋外設置でランケむき出しはありえん。


それに、雷より先に他のもんを心配すべき。一体どんな風につなげるのか知らん。
不安なら、キチンとした資格もち雇うべき。問題発生時に、どうにかできるん?
問題の視点がそもそもどうかと思うが?
あと、お礼ぐらい書きましょうね。いい大人がゆとりじゃあるまいし。ま、そうゆうおっさんも結構いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しいにも関わらず、わずか6時間足らずでご回答いただき大変有難うございます。
又昼間はPCに向かい合う事がほぼできず、先ほどPM8時過ぎにやっと見たところなので、お礼も遅くなりすみません。
さてこの件では私は、別棟で仕事をする立場で現在そこにはネット環境が無く不自由しています。なのでネットの接続を申し出たところこの管理者は、私が素人だからと「光ファイバーしかない、費用がかさむ」とえらそうに言い、やろうしないのです、人の仕事より自分の任されているネット環境を守る人なのです。
私は「ネットなしでは私の仕事の効率が悪い」「私の仕事の邪魔をする気か」と言う気持ちだったので、皆さんのお知恵を借りてこの管理者を見返す事ができないかと思ったのです。
でもやはりこの管理者の方が正しかった様です、後は費用の問題ですね。 今後とも宜しくお願いいたします。

お礼日時:2010/05/26 21:10

こんばんは、疑問はつきませんね。



さてご質問の件ですが、私自身夏場に雷の多い、北関東に居住しています。数年前自宅で、至近弾で雷サージに回り込まれた経験がります。(文系出身の素人です)

ハブで止まる・・ちょっと違う気がします。PCに限らず、全く外部に対して口を持っていない、もしくは口が一つであれば問題がないのですが、外部に対して二つ以上の口を持っている場合、雷が近くに落ちただけで、被害が発生する可能性があります。

電線に止まったカラスのたとえ話でよく知られますが、電線に止まったカラスは感電死しません。ただ、万が一片方の足を枝に伸ばした瞬間に黒こげです。

PCなどは、外部に対して、AC・LANといった二つの口を持っていることが多いです。そうしますと、近くに雷が落ちた場合、どちらか一方の電圧が高くなり、その間にある機器に対して電流が流れてしまい、破損してしまうのだそうです。そのためには、両方の口に対して、サージフィルタをつけるとか、出口を一つにするような機器を導入したりします。

話しを大きくしますと、ビル全体を「等位化」するなどといったことも行われているそうです。また、その管理している方がおっしゃるように、光ファイバー化も対策の一つだと聞いています。また、建物と建物間を、ワイヤレスで結ぶなどといった方法もあるようです。(帯域を確保するとなると、家庭用の11nとかではなく、マイクロウェーブなどを使ったりすることもあるのかな???)

構築経験がない、素人の耳学問ですので、お含み置きの上参考になさってください。

http://www.ntt-east.co.jp/tasc/gijutu/rai/index2 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
雷とはなかなかこんなにも厄介なものなのですね、心しておきます。
今後とも宜しくお願いいたします。

お礼日時:2010/05/26 22:04

LANケーブルを屋外に配線する場合、配慮しなければならないのは単に雷対策だけではありません。


ノイズや防水、機構による劣化など室内配線より環境への対策が求められます。
Bフレッツ・ビジネスなどを利用するのも方法の一つであると思います。

参考URL:http://flets.com/opt/s_fee4.html

この回答への補足

回答ありがとうございました。
>Bフレッツ・ビジネスなどを利用するのも方法の一つであると思います。
と言う事は? 一つの契約で母屋と離れ(別棟)に配線してくれると言う事でしょうか。
今後とも宜しくお願いいたします。

補足日時:2010/05/26 22:02
    • good
    • 0

 一番簡単な方法は無線LANですが、ギガビットイーサーネットで繋ぐのであればやはり有線になるでしょう。


 屋外に有線でLANケーブルを敷設する方法としては、空中架設とする方法と地中埋設とする方法とがあります。
 空中架設の場合、屋外用のLANケーブルを使用する必要があります。この屋外用ケーブルには雷対策としてドレインワイヤーと呼ばれるものが入っている製品があり、このワイヤーを接地させることでサージノイズを地中に逃がすようにします。
 また空中架設であれば支持線付きのケーブルの方が保持性が高いです。

http://www.tokyo-fuji.co.jp/products/lan/cat6/tp …
http://www.tokyo-fuji.co.jp/products/lan/cat5e/t …

 地中埋設の場合は、電設用のフレキシブルチューブを埋設し、そこにLANケーブルを通すようになります。埋設のため、地盤を掘削する必要があるので、舗装などがある場合はやっかいですし、車両が通過する場合は電設管の防護かあるいは60cm以上の土被りを必要とします。

 ただし、ケーブルの長さが100mを超えるようであれば、メタルのLANケーブルは使えません。そこまでなくともある程度の長さが必要であれば、光ケーブルを使った方が損失は少ないかと思います。

この回答への補足

回答ありがとうございました。
>この屋外用LANケーブルには雷対策としてドレインワイヤーと呼ばれるものが入っている製品があり、このワイヤーを接地させることでサージノイズを地中に逃がすようにします。支持線付きのケーブルは保持性が高い。
 これいいですね、これなら落雷があっても、接続の全ての機器は安全なのですね。
今後とも宜しくお願いいたします。

補足日時:2010/05/26 22:00
    • good
    • 0

 雷が落ちたら、Hubだけでなく接続されている全ての機器がサージ電流で壊れる可能性があります。



 建屋の距離が近いのなら、電波で中継(家庭用の無線LANとは違うもの)する方法もありますが、天気(大雨や雪)や障害物(鳥、樹木)などにより、通信が不安定になる可能性があります。

 それ以外にも電力線からのノイズなども受けますので、建屋間で安定したネットワーク環境を構築するには、やはり光ケーブルしか選択肢がないというのが、ネットワーク屋の答えなのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>やはり光ケーブルしか選択肢がないというのが、ネットワーク屋の答えなのです。
これ効きますね! この「線」で会社に交渉いたします。
有難うございました。今後とも宜しくお願いいたします。

お礼日時:2010/05/26 21:57

10Base5のケーブルで、屋外に落雷してサーバ側のネットワークインタフェースが壊れた事例は聞いたことがあります。



>「ハブ」で止まり「サーバー」を破損する心配はないと
ハブとサーバ間もLANケーブルで"電気的"に繋がっていますから、安全とは言えないでしょう。

ケーブルでなく、光(赤外線)通信でつなぐ方法もあったと思います。無線LANでつなぐのもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速に有難うございます。光(赤外線)通信又は無線LANやはりこのどちらかなんですね。
ちょっとは私の持論に期待を持ってたのですが、やはりダメでした。
落雷は0%でない限りその対策が必要、私の考え方も切り替えます。

お礼日時:2010/05/26 21:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q屋外用LANケーブルの施工について

こんにちは。

屋外用LANケーブルですが、屋外用となっているので、屋外配線可能だと思うのですが、配管無しでも大丈夫なのでしょうか?
人間が踏んだりするのは別として、雨にさらしても問題無いものでしょうか?

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

屋外用LANケーブルですが、屋外用となっているので、屋外配線可能だと思うのですが、配管無しでも大丈夫なのでしょうか?
>>>   なまじ配管(ほごという意味で)に通すと配管は劣化しますので1年とか2年程度では問題ないと思いますが
経年劣化で傷みますまた施工しないといけません 屋外専用ケーブルは屋外専用ですので
配管は全く使いません配管使ったら材料代の無駄です意味がありません

雨にさらしても問題無いものでしょうか?
>>>   雨にさらしてもって そのための屋外専用ケーブルですので種類は有りますが
ケーブル一本で配管は使いません  逆に屋内線を配管に入れて施設してもメンテが増えるばかりで
これもお金の無駄で 勿体無いです

>>>  で もっと大事なことは長さにかかわらず絶対に途中で中継してはいけません
後で 必ずトラブルが出ます  どんなに長くても一発で引いてください 嘘かホントか後でわかりますよ
 

QLANケーブルが長すぎると伝送の損失が大きいのでしょうか?

一般家庭(田舎の木造住宅)ですが、
障害物等により無線による接続が難しく、
LANケーブルで接続しようと思っています。
計算すると50mぐらいになりそうなのですが、
やはり50mぐらいの長さになると、
短い距離に比べてスピードも遅くなってしまうのでしょうか?
でも例えば、大きなビルや工場などの建物では
もっと長いケーブルが使われているところがあると思うのですが
そういうところはどうなっているのでしょうか?
伝送損失の少ないケーブルなどがあるのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

まず長さですが、皆さんがお答えしているように100mまでは大丈夫です。
大きなビルなどでは軽く100mを超えますのですべて光ケーブルです
光ケーブルでうけて100BASE-Tで分配します
それよりもケーブルを設置する環境を考慮することが大事ですも所謂施工方法ですね
まず一般家庭とかいてありますが、これではまったくわかりません
(1)ケーブルをはるのは屋内なのか屋外なのか
屋外に配管なしではるのであれば屋外用のケーブルが必要です
(2)ケーブルの配線はどうしてとめるのか?例えば配管の中をとおすのか、それともなにかにのせるのか、それとも空中にピーんとはるのか、
配管の中をとおすのであれば問題はありませんがピーンとはるのでしたらスタルペスケーブルか吊り線(鋼線)にケーブルハンガーが必要です
(3)それとノイズが多い場所を通るのか、もしそれであればシールド付ケーブルが必要です

QLANケーブルの雷対策について教えて下さい。

LANケーブルの雷対策について教えて下さい。

今朝、会社の近所の雷が落ちました。
HUBも過電流で壊れましたが、HUBからLANケーブルを伝わって、他の効果な機器も壊れてしまいました。
LANケーブルに取り付ける、雷の過電流対策の製品ってあるのでしょうか?

Aベストアンサー

サンワサプライの
LANのノイズフィルターが
雷サージ機能があって安くていいです(3,000円以下)。

誘電雷で地中ケーブルから
侵入、LANかWANポート破壊
があるので、
ADSL、ケーブル(TV)モデムの場合は
モデム⇔ルーター間に取り付けるといいです。
ルーターのWANポートを保護できます。
PC1台でモデム直結ならその間でもいいです。

光ケーブルの場合は
誘電雷の侵入は無いので
必要ないと思います。

参考URL:http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=TEL-RJ45NF

QLANケーブルに長さ制限はある??

LANケーブルは結構長いもの(例えば30mとか)も購入可能ですが、長さ制限はあるのでしょうか?例えば会社などで大規模なLANを構築する場合には、当然ながら間にいくつものハブが存在しますが、こういう場合に使用するハブにはブースターのような減衰した信号を増幅するような機能が備わっているのでしょうか?家庭内ではLANを使用していますが、ケーブルの距離はせいぜい5m位なのでその辺のところがよく分かりません。ご存じのかたがいらっしゃったらお願いします。

Aベストアンサー

長さ制限はあります。
規格によっていろいろ違うのですが、10BASE-10で200メートルだっと記憶しています。
その他の規格については、手元に資料が無いので、他の方の回答をお待ちください。
なお、規格の長さの範囲内でししたら増幅装置は不要です。
ハブの内部には信号を増幅する機能があります。
また、ハブの段数には制限がありますから、ご注意ください。
こちらも、今は手元に資料が無いのですが、普通のハブですと3段か5段で相手が見えなくなると記憶しています。
ただし、スイッチングハブとブリッジでしたら、段数の制限はありません。

Q同じ敷地内の別棟でBフレッツを利用したいのですが…

はじめて質問させていただきます。

◎敷地内の別棟でネットに繋げる環境のPCが急遽必要になりました。
新しいPCを買うまでは手持ちのノートPCを移動させて使う予定です。
その場合の配線方法で、どのような案や事例があるのか教えてください。
◆現在、パソコン3台所有でデスクトップ1台は有線、ノート2台は無線で使用しています。
◆すべてOSはXP 回線はNTTのBフレッツF100 プロバイダ1箇所契約済み。
◆電話回線はあるのでADSLを考えましたが却下された。
◆確か5台まで接続可能(速度の問題は別として)なので無線で飛ばせば…と安易に考えていたのですが、別棟では仕事で使用するため、有線でないと使用不可と言われてしまいました(この点は譲れないらしい)
◆今、ONUとルーターとPCを有線で接続しているのは母屋の2階。
◆別棟とは廊下で繋がっているわけでもないので、ルーターから別棟にLANケーブルで繋ぐと屋外に10m以上出すことに。
(軒下を這わせるとしても素人工事ではどうしても一部が雨ざらしになってしまいます)

と、なると…別棟にONUとルーターを移動しPCと有線で繋いで、残りのPCに無線でとばすしかないのか…と考えました。
◆その場合、業者に移動や配線の工事依頼が必要となりますか?個人にも出来るものなのでしょうか?

NTTに電話で質問させていただきましたが新規契約を勧められただけで解決には至らず。
やはりこういった場合、もう一つ新規契約するべきなのでしょうか?
少しでも安く、少しでも速度に関するストレスのたまらない方法が何かあれば教えてください。
(PC素人で認識不足です。根本的に的外れだったり情報不足等あればご指摘くださいますようお願いします)

はじめて質問させていただきます。

◎敷地内の別棟でネットに繋げる環境のPCが急遽必要になりました。
新しいPCを買うまでは手持ちのノートPCを移動させて使う予定です。
その場合の配線方法で、どのような案や事例があるのか教えてください。
◆現在、パソコン3台所有でデスクトップ1台は有線、ノート2台は無線で使用しています。
◆すべてOSはXP 回線はNTTのBフレッツF100 プロバイダ1箇所契約済み。
◆電話回線はあるのでADSLを考えましたが却下された。
◆確か5台まで接続可能(速度の問題は別として)な...続きを読む

Aベストアンサー

少しでも安くという事なら、屋外用の高耐久型のLanケーブルで雨ざらし配線しても良いと思います。
もし、数年でケーブルが劣化しても安価なものですし、事情が変わって他の手段が使えるようになるかも知れないので、今回は一時的な対応という事でも良いのではないでしょうか?

それでも、耐久性は気になるでしょうから、ホームセンター等で排水用や保護用等の様々なチューブが販売されているので、それらを使用するのも手です。
軒の間が広く、空中での配線が余り長くなるのであれば、何らかの支持が要りますが。
Lanケーブルの長さは、カテゴリー5対応品で確か100mまで保証されているので、上手く取り回せば素人配線でも十分対応できると思います。

QLANケーブル(cat5e)と電源ケーブルを同じ配管に入れての配線

こんにちは。
LANケーブル配線についてお伺いしたいことがございます。

5m~60mの金属管にLANケーブル(STP)と電源ケーブルを一緒に入れて、
敷設を考えておりますが、その際にLANケーブル側へはノイズが乗ったりといった支障が起こり、通信が遅くなったりといった障害が起こるのでしょうか。

ご教示願います。

Aベストアンサー

電源ケーブルは、何VAの仕様ですか?

一般的には、電源ケーブルとLANケーブルを平行に敷設する場合、
30cm 以上はなすことが推奨されています。

それが難しい場合、こちらのような ノイズビートケーブルが必要です。

http://sanwa-direct.shopping-search.jp/LAN%E3%83%BB%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF/LAN%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB/%E3%83%8E%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88CAT5eLAN%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB/

Q無線ルーターを2台

わけあって無線ルーターをもう一台増やしたい(電波を二つ)にしたいのですが、一回線で無線ルーターを2台ってできますでしょうか??
できるのであれば、モデムと各ルーター間の接続方法を教えてください。
参考になるサイトでも構いません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

無線ルータを2台で使うというのが、
どの様な使い方をしたいかで、2台の無線ルータの設定が違ってきます。

単純に無線ルータAのLANポートに無線ルータのWANポートかLANポートをLANケーブルで繋げば、
後は設定です。
十二分に取扱説明書(Webで手に入るかも)を理解され設定です。

無線ルータのルータ機能を無効にできる機種ならば、
1台はルータ機能を有効に、もう1台はルータ機能を無効にして繋ぐ。

各機器のIPアドレスの管理も必要です。
DHCPサーバ機能にまかせっきりにしていると、
接続が切れて繋がらない憂き目に遭うかも知れないので設定の仕方の確認が必要ですね。
(当然、IPアドレスの重複はダメです。)

そうそう、無線LANのチャンネルは電波が重ならない様に注意ですね。


無線ルータ同士の中継をするならWDSに対応した機種を選択して、
今在る無線ルータがWDSに使えるかも確認ですね。

Qメッセンジャワイヤ と ハンガーサイズの選定

架空で電線ケーブルを敷設するのですが、

・電柱径間 : 30~40m
・総長: 150m
・電線: CV3C-22SQ 1本 と CV3C-14SQ1本 の計2本


の敷設条件で、使用すべき メッセンジャワイヤ と ハンガーサイズの選定 方法について、アドバイスをお願いいたします。雪や風力加重などは、ありません。

Aベストアンサー

屋外の電柱に敷設するのであれば、風力荷重を無視する事はできません。
その為、風圧荷重を加味した引張耐力の一般的な算出方法を解説します。

まずCV14sq-3cは、藤倉電線では質量が0.585kg/m、外寸が0.0175mです。
そしてたるみ(弛度)Dは、シメラーで締める事を考慮し短めの0.15m、径間Sは40mに設定します。

1:電線質量算出
w14 = 0.585 × 9.8(重力加速度)
   = 5.733(N)

2:風圧荷重算出
p14 = 0..175 × 980(Pa)
   = 17.15(N)

3:合成荷重算出
W14 = √(5.733^2 + 17.15^2)
   = 18.1(N)

4:引張耐力算出
t14 = W14 × S^2 / (8 × D)
   = 18.1(N) × 40^2 / (8 × 0.15)
   = 24.2(kN)

5:安全率加算
T14 = t14 × 1.5(安全率)
   = 24.2 × 1.5
   = 36.2(N)

ここから、メッセンジャーワイヤーの引張耐力と照らし合わせます。
昭和電線では、38sqの第一種が42(kN)なので、これに適合すると思います。
同様にCV22sq-3cも計算し、適合する物を選びます。
ちなみに安全率は、引き留め電柱あるいは屈曲部に、水平または下部支線がある時のものなので、無い場合はそちらも施設する必要があります。

屋外の電柱に敷設するのであれば、風力荷重を無視する事はできません。
その為、風圧荷重を加味した引張耐力の一般的な算出方法を解説します。

まずCV14sq-3cは、藤倉電線では質量が0.585kg/m、外寸が0.0175mです。
そしてたるみ(弛度)Dは、シメラーで締める事を考慮し短めの0.15m、径間Sは40mに設定します。

1:電線質量算出
w14 = 0.585 × 9.8(重力加速度)
   = 5.733(N)

2:風圧荷重算出
p14 = 0..175 × 980(Pa)
   = 17.15(N)

3:合成荷重算出
W14 =...続きを読む

Q建物同士をLANケーブルでつなぎたいのですが。

今度我が家の隣のプレハブで会社を経営することになり、そのLANケーブルの埋設方法で困っています。

現在我が家では父が会社を経営しており、そちらの回線一つと、もう一つがプライベート用の回線としてインターネット契約をしています。
今回、そのプライベート用の回線をプレハブ会社に移設し、通常の番号を一般電話に、IP電話をFAX用に割り当てようと思っています。
要するにプレハブ側のインターネット環境を自宅のプライベートとしても使いたいと思っています。
そのためには一部のLANケーブルが屋外を経由することになります。
屋外用のLANケーブルも検討していますが、砂利の下に埋設しようとおもいましたが、ダンプが出入りする可能性もあり、それは危険であると考えています。
水道管の中に通す方法も考えていますが、良い方法があれば教えていただきたいと思います。
ちなみに現在屋内はCAT6のケーブルを使用しています。
また、父の会社用のインターネット環境には接続してはいけないようです。

Aベストアンサー

こんにちは

> 屋外用のLANケーブルも検討していますが、砂利の下に埋設しようと
> おもいましたが、ダンプが出入りする可能性もあり、それは危険で
> あると考えています。

おぉ、なるほど・・・、埋設だと結構深く掘らなきゃならんかもしれない
のですね。

じゃあ空中はどうですか?
支持ワイヤー入りの屋外ケーブル(↓参照)
http://www.systemgear.jp/kantsu/utpc5ew_ssd.php
やら
http://www.tokyo-fuji.co.jp/products/lan/cat5e/tpcc5-lap-ssf.htm
とか
使って、両建屋間に空中架線をはってしまうのは?
(もちろんフレキ(PF管)が使えたら、そっちのほうがBetterだと思いますが)
両方にベランダとかがあれば、そうそう施工は難しくないようにも思い
ます。

ただ空中の場合は"落雷"のRiskが増えますんで、そっちの対策は別途考え
る必要ありますが・・・。

では

Q電話モジュラージャック工事は自分でも可能?

引越しをしました。

入居前に「各部屋に電話線が来ています」という確認はしていたのですが、モジュラージャックはリビングにしかありません。

改めて尋ねたところ、「電話線は来ていますが、モジュラージャックは各自で取り付けていただきます」とのこと。

そういうのは「電話線は来てます」とは言わないんだよー!と思いながらも、ある部屋のパネルを空けてみたところ、確かにどうやら電話線は来ている様子(色とりどりの細い線6本程がねずみ色の被覆で一本になっているのがあるんですが、これが電話線ですよね?)。要はこれをモジュラージャックにつなげればいいようなのです。

NTTに聞いたところモジュラージャックの工事は1万円近くするとのこと。引っ越したばかりで何かと費用がかさむので、出来れば自分で工事したいなぁと。

ここからが質問です。

モジュラージャックを買ってくれば、自分で工事出来るもんなんでしょうか?

リビングのモジュラージャックを参考にしようと空けてみたところ、6本(?)のうち、2本だけをモジュラージャックに取り付けているようです。この「2本」はどうやって選ぶのでしょう?

また取り付け方法はコテ溶接などは必要ないのでしょうか?

そもそも、この工事には資格が必要なのでしょうか? でもそんなに難しそうじゃないので、やってしまいたいのですが。

ご存知の方、教えていただければ幸いです。

よろしくお願いします。

引越しをしました。

入居前に「各部屋に電話線が来ています」という確認はしていたのですが、モジュラージャックはリビングにしかありません。

改めて尋ねたところ、「電話線は来ていますが、モジュラージャックは各自で取り付けていただきます」とのこと。

そういうのは「電話線は来てます」とは言わないんだよー!と思いながらも、ある部屋のパネルを空けてみたところ、確かにどうやら電話線は来ている様子(色とりどりの細い線6本程がねずみ色の被覆で一本になっているのがあるんですが、これが電話線...続きを読む

Aベストアンサー

アナログ3種工事担任者 以上(アナログ二種アナログ一種、あるいは、デジタル123、あるいは、総合種)の資格が必要な工事になります。無資格者が工事すると違反です。その上、6本来ていてつながっていないとなると、元がつながっているのかどうか疑問です?

保安器側と確認してから2本だけつなぐことになります。電柱の上のハンドバックや、空中にある保安器の確認が必要です。勝手につなぐと勿論違反ですし、交換機をショートさせたりしたら大変な事態になります。

どうしても工事したいのなら、「資格者探す」ですが、NTT本線側の工事も必要なはずですので、今回はNTTに依頼するほうが早いと思います。

なお、私、アナログ3種工事担任者です。


人気Q&Aランキング