マンガでよめる痔のこと・薬のこと

近々1Gbpsの光ファイバ契約に切り替える予定です。それに伴って家庭内LANの速度も1Gbpsに変更しようと再構築中です。

たちまち、メインWindows7 PC-SW HUB-Linux Server間を1Gbps化しようとカテゴリ6のケーブルと1Gbpsスイッチングハブを買ってきて接続しています。メインPCの内蔵LANは最初から1Gbps対応なのですがLinuxサーバはマザーが古いため100Mbpsにしか対応していません。

PCI の GN-1200TW2 というLANカードを買ってきて、ソースからコンパイルしてドライバをインストール。ネットワーク設定してスイッチングハブに接続しました。一応つながってはいるもののリンク速度はハブのインジケータからして100Mbpsのようです。実際ファイル転送しても 10MB/sしか出ないので間違いないと思います。

auto negotiation をやめてリンク速度を強制的に切り替えようと

# ethtool -s eth1 autoneg off speed 1000 duplex full

してみましたが、やはり 100Mbps にしかなりません。
打つ手なしでしょうか?何かご存じの方あればご教示ください。

スイッチングハブ: Buffalo LSW3-GT-5EP/BK
LANカード: PCI GN-1200TW2 (ドライバは r8169)
ケーブル:カテゴリ6 2m

OS: FedoraCore カーネル 2.6.22

このQ&Aに関連する最新のQ&A

ハブ 化」に関するQ&A: YAMAHA RT58iのハブ化

A 回答 (2件)

># insmod ./src/r8169.ko



指定が微妙に違うような気がしないでもないですが…
まぁ、正しく読み込めているっぽいのでOKでしょうか。

ethtool実行後、設定内容の確認とか、一度I/Fの停止・開始をしてみるとか…はどうでしょう?

この回答への補足

結局、何やってもどうにもなりませんでした。

Intel PRO/1000 GT というカードを買い直してインストールしたら、カード、ドライバも自動認識でものの5分で 1Gbps でリンクするようになりました。

補足日時:2011/11/20 23:26
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>一度I/Fの停止・開始をしてみるとか…はどうでしょう?

はあ、これは実は何十回もやっているんです。
/etc/init.d/network restart だけでなく
マシンの再起動も何回もやったけどダメでした…。

余談ですが
再起動やNICの位置を挿しなおしたりの作業中にHDDケーブルが抜けてしまったのか RAID1 が不整合となり、RAID のresyncに異常に時間がかかり今日1日潰れてしまいました。先程やっと復旧したところです。

ということで設定&確認してみた結果ですが
どうもうまく設定できていないというか、1000Mbpsに設定しようとするとオートネゴをオフ設定していても、勝手にオートネゴが働いてしまっているというような状況です…。

もう、お手上げです。NIC別のチップ使っているものに買い直すかも知れません…。


● オートネゴシエーションをオフにする
# ethtool -s eth1 autoneg off
# ethtool eth1
Settings for eth1:
Supported ports: [ TP ]
Supported link modes: 10baseT/Half 10baseT/Full
100baseT/Half 100baseT/Full
1000baseT/Full
Supports auto-negotiation: Yes
Advertised link modes: 10baseT/Half 10baseT/Full
100baseT/Half 100baseT/Full
1000baseT/Full
Advertised auto-negotiation: Yes
Speed: 100Mb/s
Duplex: Full
Port: Twisted Pair
PHYAD: 0
Transceiver: internal
Auto-negotiation: off <--- ちゃんとオフになっている
Supports Wake-on: pumbg
Wake-on: g
Current message level: 0x00000033 (51)
Link detected: yes

● その後リンク速度を1000Mbps に設定する
# ethtool -s eth1 speed 1000
# ethtool eth1
Settings for eth1:
Supported ports: [ TP ]
Supported link modes: 10baseT/Half 10baseT/Full
100baseT/Half 100baseT/Full
1000baseT/Full
Supports auto-negotiation: Yes
Advertised link modes: 10baseT/Half 10baseT/Full
100baseT/Half 100baseT/Full
1000baseT/Full
Advertised auto-negotiation: Yes
Speed: 100Mb/s <--- 1000Mbpsになっていない!!!
Duplex: Full
Port: Twisted Pair
PHYAD: 0
Transceiver: internal
Auto-negotiation: on <--- 何故か オートネゴが on に戻っている!!
Supports Wake-on: pumbg
Wake-on: g
Current message level: 0x00000033 (51)
Link detected: yes

● オートネゴ off かつ リンク速度 1000Mbps に設定する。
# ethtool -s eth1 autoneg off speed 1000
# ethtool eth1
Settings for eth1:
Supported ports: [ TP ]
Supported link modes: 10baseT/Half 10baseT/Full
100baseT/Half 100baseT/Full
1000baseT/Full
Supports auto-negotiation: Yes
Advertised link modes: 10baseT/Half 10baseT/Full
100baseT/Half 100baseT/Full
1000baseT/Full
Advertised auto-negotiation: Yes
Speed: 100Mb/s <--- 1000Mbpsになっていない!!!
Duplex: Full
Port: Twisted Pair
PHYAD: 0
Transceiver: internal
Auto-negotiation: on <--- オートネゴが off になっていない!!
Supports Wake-on: pumbg
Wake-on: g
Current message level: 0x00000033 (51)
Link detected: yes

お礼日時:2011/11/12 19:54

>リンク速度はハブのインジケータからして100Mbpsのようです。

実際ファイル転送しても 10MB/sしか出ないので間違いないと思います。

PCIバスの速度が足を引っ張る可能性もある。
ということは頭の片隅にでも置いて下さい。

>PCI の GN-1200TW2 というLANカードを買ってきて、ソースからコンパイルしてドライバをインストール。

http://www.planex.co.jp/product/giga/gn-1200tw2/ …
ですね。
>搭載コントローラ Realtek RTL8169SC
ということなので…
http://www.realtek.com/downloads/downloadsView.a …
ですかね。

で…具体的にどのようにインストールしましたか?
・r8169.koのタイムスタンプなどは更新されていましたか?
・modinfo r8169で、バージョンがビルドしたものと同じになっていますか?
・r8169.koが更新された後、depmodは実施しましたか?
・(たぶん不要でしょうが…)initrdの再構築してみましたか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

http://www.planex.co.jp/product/giga/gn-1200tw2/ …
> ですね。

そうです。このカードです。

> >搭載コントローラ Realtek RTL8169SC
> ということなので…
http://www.realtek.com/downloads/downloadsView.a …
> ですかね。

まさに、ご提示のURLにあるドライバをインストールしました。

LINUX driver for kernel 2.6.x and 2.4.X (support x86 and x64)6.015.002011/6/2930k

>で…具体的にどのようにインストールしましたか?
>・r8169.koのタイムスタンプなどは更新されていましたか?
>・r8169.koが更新された後、depmodは実施しましたか?

もともと
# lsmod | grep 8169
で何も見つからなかったのでドライバ自体はインストールされていない状態でした。

そこで以下のようにしてインストール&確認しました。

# make clean modules
# make install
# depmod -a
# insmod ./src/r8169.ko
# lsmod | grep r8169
r8169 36880 0

>・modinfo r8169で、バージョンがビルドしたものと同じになっていますか?

# modinfo r8169
filename: /lib/modules/2.6.22.14-72.fc6/kernel/drivers/net/r8169.ko
version: 6.015.00-NAPI
license: GPL
description: RealTek RTL-8169 Gigabit Ethernet driver

ということなのでドライバは大丈夫かと思うのですが…。


>・(たぶん不要でしょうが…)initrdの再構築してみましたか?

これはやってないです。

お礼日時:2011/11/12 04:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNTPで同期が始まらない

こんにちは。
度々すみません、NTPの設定をしましたがどうも同期が始まりません。

「ntpdate 130.69.251.23」と手動同期は成功します。
しかしntpデーモンを起動し1時間以上放置しても同期されません。
※外部タイムサーバー参照としてます

ntp.confは下記のとおりです。
---------------------------------------------------
server 133.100.9.2 # clock.nc.fukuoka-u.ac.jp
server 130.69.251.23
driftfile /var/lib/ntp/drift
---------------------------------------------------

でntpq -pの結果は下記となります。

remote refid st t when poll reach delay offset jitter
==============================================================================
133.100.9.2 .INIT. 16 u - 64 0 0.000 0.000 4000.00
130.69.251.23 .GPS. 1 u 27 64 377 8.015 -99970. 17262.6

同期ができれば「remote」列に「*」が表示されると思っています。
何か設定が足りないでしょうか?。
尚、「/vat/log/message」をtailしてますが特にエラーは無さそうです。

よろしくお願いします。

こんにちは。
度々すみません、NTPの設定をしましたがどうも同期が始まりません。

「ntpdate 130.69.251.23」と手動同期は成功します。
しかしntpデーモンを起動し1時間以上放置しても同期されません。
※外部タイムサーバー参照としてます

ntp.confは下記のとおりです。
---------------------------------------------------
server 133.100.9.2 # clock.nc.fukuoka-u.ac.jp
server 130.69.251.23
driftfile /var/lib/ntp/drift
---------------------------------------------------

でntp...続きを読む

Aベストアンサー

#4のqaaqです。

○ntp.conf 関連
server 行に "iburst" を付けておきましょう。
server ntp.nict.jp iburst <--こんな感じになります。

ntp サーバ起動時の時刻調整の収束時間が早くなります。
http://www.jp.freebsd.org/cgi/mroff.cgi?subdir=man&lc=1&cmd=&man=ntp.conf&dir=jpman-5.4.0%2Fman&sect=0

○ntpdate での時刻調整
ntpdate -b -u [サーバ名] を複数回実行して、"offset の値が0.1以下"になるまで、強制的に時刻調整して下さい。

○ハードウエアclockの修正
hwclock -w コマンドでハードウエアclockを合わせます。
http://www.linux.or.jp/JM/html/util-linux/man8/hwclock.8.html

○ntpdの動作
ntpによる時刻調整は、調整幅が通常128mSと小さいので、1時間は様子をましょう。
2時間程度経過しても、時刻修正の兆候が見られない場合ハードウェアの不良も考えられます。

時刻調整の兆候としては、
・logファイルに 一時間毎に調整したメッセージが書かれる。
Jan 7 21:57:40 ntpd[91145]: offset 0.000994 sec freq -190.802 ppm error 0.000076 poll 8
・ntpq -p の出力の最初の桁に"*,+"が付く。また、reach が377になる。
% ntpq -np
remote refid st t when poll reach delay offset jitter
+192.168.0.102 GPS_NMEA(0) 2 u 3 32 377 0.926 -0.330 0.023
*192.168.0.192 GPS_NMEA(1) 2 u 10 32 377 0.747 -0.336 0.023
192.168.0.9 PPS(1) 2 u 3 32 377 0.757 6.559 0.161


○その他
・PC起動時には、システムクロックを計測してその後の動作の基準にしていますが、
CMOSバッテリ不足やハードウェアに何らかの異常があるととんでもない時刻を示すことがあります。(要修理です)
・BIOSの時計も起動時の初期時刻として使われてしまうので、ある程度合わせておいた方がいいです。

#4のqaaqです。

○ntp.conf 関連
server 行に "iburst" を付けておきましょう。
server ntp.nict.jp iburst <--こんな感じになります。

ntp サーバ起動時の時刻調整の収束時間が早くなります。
http://www.jp.freebsd.org/cgi/mroff.cgi?subdir=man&lc=1&cmd=&man=ntp.conf&dir=jpman-5.4.0%2Fman&sect=0

○ntpdate での時刻調整
ntpdate -b -u [サーバ名] を複数回実行して、"offset の値が0.1以下"になるまで、強制的に時刻調整して下さい。

○ハードウエアclockの修正
hwclock -w コマンドでハ...続きを読む

Qifconfigの結果errors等が増えていく

現在Centosでルーターを構築います。

普段は、普通に通信できているのですが何かの拍子に突然接続できなくなります。10分ほどすると何もなかったように接続できるようになります。

通信量が増えたのかな?とも考えたのですが、そうでもないようです。

ifconfigで内容を見て見ると、
eth0
RX packets:68513716 errors:0 dropped:192 overruns:0 frame:0
TX packets:32643232 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0

eth1
RX packets:24298903 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:56383875 errors:562152 dropped:0 overruns:0 carrier:562152
collisions:602926 txqueuelen:100

というように、外部向けLAN(eth0)のerrorsなどの値が大きくなっています。

ルーターにしているマシンのLANカードの故障なのでしょうか?

それとも、それよりも外側の機器がボトルネックになっていたりするのでしょうか。

その他、何かヒントになるような事があれば教えてください。

現在Centosでルーターを構築います。

普段は、普通に通信できているのですが何かの拍子に突然接続できなくなります。10分ほどすると何もなかったように接続できるようになります。

通信量が増えたのかな?とも考えたのですが、そうでもないようです。

ifconfigで内容を見て見ると、
eth0
RX packets:68513716 errors:0 dropped:192 overruns:0 frame:0
TX packets:32643232 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0

eth1
RX packets:24298903 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0...続きを読む

Aベストアンサー

eth1でcollisionが大量に出ていますけど
SW-HUBの設定が全二重(full duplex)になっているのにサーバ側がauto negoもしくは半二重(half duplex)になっているとか

eth1につながっているものはなんですか?

QNTP の TCPポートは?

NTPは123/UDPでようは足りると思うのですが、
WELL KNOWN PORTとかいろいろな資料に「123/TCP」ポートが割当たってます。
ntpd,ntpdate等でNTPを使う場合、実際には123/TCPは使われているのでしょうか?

Aベストアンサー

RFC1305では「ntpには123/udpを割り当てる」となっていますが、RFC1700では「123 ntp」となっており、「123/udp」と明示されているわけではありません。
よって、「123/tcp ntp」が間違っている(または使えない)という明確な根拠にはなりません。

「現状では『123/tcp ntp』を実装するための定義が存在しない」程度に考えた方が良いと思います。

ただ、将来的にRFC2030のSNTPが(IPv6対応などの点で)主流になる可能性があるので、「123/tcp ntp」は定義されない可能性もあります。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Qsqlplusで表示が変なので、出力を整形したい。

いつもお世話になっています。

サーバにアクセスしてsqlplusで、
データを調べたいのですが、
出力形式が見づらくて困っています。

よくわからいのですが、
---------------------------
カラム名1
---------------------------
カラム名2
---------------------------
カラム名3
---------------------------
1の値 2の値
3の値
---------------------------
カラム名1
---------------------------
カラム名2
---------------------------
カラム名3
---------------------------

上記のように意味不明な形式で出てきます。

例えばこんな風に

select カラム1,カラム2,カラム3 from hoge;

カラム1 1の値
---------------------------
カラム2 2の値
---------------------------
カラム3 3の値

等のように分かりやすく表示できないでしょうか?

ちなみにOracle9iR2を使用しています。
sqlに関するツールは使用できないルールでして、あくまでsqlplusのコマンド上でみやすくしなければなりません。

分かりづらくですいませんが、皆さま、ご教授お願いします。

いつもお世話になっています。

サーバにアクセスしてsqlplusで、
データを調べたいのですが、
出力形式が見づらくて困っています。

よくわからいのですが、
---------------------------
カラム名1
---------------------------
カラム名2
---------------------------
カラム名3
---------------------------
1の値 2の値
3の値
---------------------------
カラム名1
---------------------------
カラム名2
---------------------------
カラム名3
-----------------------...続きを読む

Aベストアンサー

SQLPLUSを起動して、

SQL>set linesize 列数

でどうだ。

SQL>show linesize

で確認ができる。

Qデフォルトゲートウェイにpingが通らない

一度質問をしたのですが、状況が変わったので再質問いたします。
(以前の質問はまだ24時間経っていないので削除できません。なので後ほど削除します http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2721982.html)

現在WindowsMEを使用しています。マシンは富士通のLOOX T7/63です。
これにバッファローの無線LAN(WLI-U2-KG54)を取り付けたところ、IE起動時にIEエクスプローラにエラーが発生しましたとでてIEを起動できなくなってしまいました。
そこで、一度機器を取り外し、IEを起動してみました。すると、IEは普通に起動しました。その後機器を取り付け更新をしたのですが、インターネットに接続できませんと出てしまいます。また、稀に更新をかけたときにエラーが出てIEが強制終了することもあります。また、firefoxでも同様の症状が発生しています。

コマンドプロンプトでIPアドレスを確認すると、ルーターからグローバルIPアドレス(192.168.1.110)が割り当てられています。このIPアドレスにはPINGがとおるのですが、デフォルトゲートウェイ(192.168.1.1)にはPINGが通らずタイムアウトになってしまいます。

この症状が発生したのは無線LANの機器を取り付けてからで、それまでは問題なくネットにつながっていました。ちなみに、今は有線でつなごうとしてもつながらない状況です。ウィルス対策ソフトはとめてあります。

何か解決策をご存知の方、いらっしゃいましたらご教授ください。
よろしくお願い致します。

一度質問をしたのですが、状況が変わったので再質問いたします。
(以前の質問はまだ24時間経っていないので削除できません。なので後ほど削除します http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2721982.html)

現在WindowsMEを使用しています。マシンは富士通のLOOX T7/63です。
これにバッファローの無線LAN(WLI-U2-KG54)を取り付けたところ、IE起動時にIEエクスプローラにエラーが発生しましたとでてIEを起動できなくなってしまいました。
そこで、一度機器を取り外し、IEを起動してみました。すると、IEは普通に起...続きを読む

Aベストアンサー

ある程度TCP/IPに関する知識をお持ちのようなので,たぶん試されているとは思いますが,念のため。
ipconfig /all で出てくる各情報は確認しましたか?あと,route print の情報も有益な情報です。カードを抜き差ししたりしていると,default gatewayが混乱する可能性が高いでしょう。基本的にはあと優先になると思いますが。ルーティング情報を今一度確認してみてください。

Qエクセルで、条件に一致した行を別のセルに抜き出す方法

エクセルで、指定した条件に一致するセルを含む行をすべて抜き出す方法が知りたいです。

たとえば、

<A列> <B列> <C列>
7/1 りんご 100円
7/2 ぶどう 200円
7/2 すいか 300円
7/3 みかん 100円

このような表があって、100円を含む行をそのままの形で、
別のセル(同じシート内)に抜き出したいのですが。

7/1 りんご 100円
7/3 みかん 100円

抽出するだけならオートフィルターでもできますが、
抽出結果を自動的に、別の場所に、常に表示させておきたいのです。

初歩的な質問だと思いますが、検索しても分からなかったので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同じ質問が結構よく出てますが、そんなに初歩的でもありません
別シートのA1セルに「100円」と入力し、そのシートの任意のセルに以下の式を貼り付けて下さい。後は、下方向、右方向にコピー。
日付のセル書式は「日付」形式に再設定してください

=IF(COUNTIF(Sheet1!$C:$C,$A$1)>=ROW(A1),INDEX(Sheet1!A:A,LARGE(INDEX((Sheet1!$C$1:$C$500=$A$1)*ROW(Sheet1!$C$1:$C$500),),COUNTIF(Sheet1!$C:$C,$A$1)-ROW(A1)+1)),"")

データ範囲は500行までとしていますが、必要に応じて変更して下さい

Qhosts.allowとhosts.denyについて

centos5を利用しています。
/var/log/btmpファイルが200M、/var/log/secureファイルも20Mにもなっていました。
恥ずかしながら初めて中身をチェックしたのですが、SSHログインの失敗履歴のようでした。
このような場合の対処法をお聞きしたいのですが、

1. hosts.allowとhosts.denyを設定すればこの手のアタックは防げるのでしょうか?

2. hosts.allowとhosts.denyを設定後、/etc/rc.d/init.d/sshd restart でSSHを再起動したのですが、これで反映されたのでしょうか?

3. btmpファイルは削除しても問題ないでしょうか?削除する際に注意点などありましたらあわせて教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

> 1. hosts.allowとhosts.denyを設定すればこの手のアタックは防げるのでしょうか?

必要なドメインorIPアドレスに限定してSSHを接続させるようにすれば防げるでしょう
そもそも外部からSSHでの接続が必要ないならルータ/Firewallで22/TCPをふさいでしまえばさらに静かになります

> 2. hosts.allowとhosts.denyを設定後、/etc/rc.d/init.d/sshd restart でSSHを再起動したのですが、これで反映されたのでしょうか?

sshdのrestartの必要はありません
設定後(書き込み後)即反映されます

> 3. btmpファイルは削除しても問題ないでしょうか?削除する際に注意点などありましたらあわせて教えて頂けると幸いです。

cat /dev/null > /var/log/btmp しましょう

Qシェルスクリプトでファイル内の数値文字列を数値として扱うには

失礼します。
シェルスクリプトでファイル内のテキスト(数値文字列)を取得して、それを使って計算するにはどうすれば良いでしょうか?

str:ファイル内のテキスト(数値文字列)

res=$(( $str + 1 ))

・エラー
")syntax error: invalid arithmetic operator (error token is "


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

bashをご使用と判断して

res=$(( $str + 1 ))
ではなく、
res=$(( str + 1 ))
だと思います。

> exprもやってみたのですが、処理が遅くなるので使いません。
興味があって以下のシェルで検証してみました。

#!/bin/bash

str=1
i=0

echo 'Using $((str + 1))'
date '+%H:%M:%S.%N'

while [ $i -lt 10000 ]
do
str=$(( str + 1))
i=`expr $i + 1`
done

date '+%H:%M:%S.%N'

exit

$ ./test.sh
Using $((str + 1))
09:18:46.290418000
09:18:56.929345000
これをexprに書き換えたところ
$ ./test2.sh
Using expr
09:19:00.302748000
09:19:19.259990000

exprだと19秒ですが、$(( 演算 )) だと10秒程度なので、演算が多くなれば確かにexprは不利ですね。

bashをご使用と判断して

res=$(( $str + 1 ))
ではなく、
res=$(( str + 1 ))
だと思います。

> exprもやってみたのですが、処理が遅くなるので使いません。
興味があって以下のシェルで検証してみました。

#!/bin/bash

str=1
i=0

echo 'Using $((str + 1))'
date '+%H:%M:%S.%N'

while [ $i -lt 10000 ]
do
str=$(( str + 1))
i=`expr $i + 1`
done

date '+%H:%M:%S.%N'

exit

$ ./test.sh
Using $((str + 1))
09:18:46.290418000
09:18:56.929345000
これをe...続きを読む

Qpingでポートの指定

pingでIPアドレスを指定して、通信できるかどうかというのは
よく使いますが、pingでポートを指定して応答するかどうかは調べられるのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含むICMP)ではできません。

FTPの疎通確認であれば、クライアントからサーバに対するTCP/21通信(FTP-CMD)が可能であること(サーバからクライアントへのTCP/21からの応答を含む)+サーバからクライアントに対するTCP/20通信(FTP-DATA)が可能であること(クライアントからサーバへのTCP/21からの応答を含む)が必要でしょう。

監視ソフトによるものであれば、
・クライアントからサーバへのログイン(TCP/21)
・クライアントからサーバへのlsの結果(TCP/20)
で確認すればよいでしょう。

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含む...続きを読む


人気Q&Aランキング