あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

大学の授業の発表で、「日本語にはなぜ『漢字、平仮名、カタカナ』があるのか」という疑問を調べていますが、漢字、平仮名、カタカナの歴史はわかりました。
でも、なぜ今もその漢字などがなぜ使われているのかという疑問が浮かんできました。英語やその他の外国語が日本に入ってきたのに、なぜ、今も漢字、平仮名、カタカナが使われているんでしょうか。しかも、なぜ日本語には、漢字、平仮名、カタカナの3種類が今でも存在しているのでしょうか。よかったら参考文献も教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

まず、漢字については、中国の影響を受けて一番はじめに伝わったものとされる。

その後、日本国内で独自の発展を遂げ、漢字と漢字の組み合わせにより、例えば、「峠」(とうげ)のような文字も付けられるようになった。
カタカナについては、諸説あるが、仏教の法典を訳すために、付すために使われることが多かった。当然仏教関係と言うことで、男性が使うことが多く「男言葉」と呼ばれていた。
ひらがなについては、平安時代女性貴族が、使い始め、「女言葉」あるいは「やまとことば」と呼ばれた。それが、紀貫之により、日記文に男性でも使うようになってきたのである。
と言う3つの主な流れがあり、漢字だけでは、微妙な表現が伝わらない事があるために、日本語と漢字はイコールでないため、また、漢字で表現することが大変難しいため、庶民には、ひらかなやかたかなが、江戸時代前期まで、通用した。(←表音なので、簡単単!!)
そのような流れの中で、漢字は(意味と音)かなは、漢字と漢字をつなぐ役割で使われるのである。
明治中期までは、カタカナ主流だったのが、現代仮名遣いの、樋口一葉らによって、現在の形に近くなり、
もとの、仏典を訳すために使われたことより、海外のものを訳す時には、カタカナを付すようになった。

と言う大まかな流れがあります。

※「日本文学史」の参考書と「日本教育史」でも見てみてはどうでしょうか?
    • good
    • 20
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。系図を調べてきちんと整理します。

お礼日時:2003/07/09 22:55

#2です。


全くの門外漢が2度もアップするのはどうかとも思いましたが、なんか混乱しているようなのと、困り度3なのに何のレスもないというのが気になりまして……。
terarinの質問は
>なぜ、今も漢字、平仮名、カタカナが使われているんでしょうか。
が根幹です。歴史ではありません(と思いますが……)。
その意味で、私は識字率の高さを要因に上げました。言語的に使用文字が確立したのが比較的古いことが要因であると暗に示したのですが、伝わりました?
源氏物語は誰が読んでたんでしょうねえ、という類の問題です。
で、terarinさん、みなさんの回答をお読みになって参考になりました?
    • good
    • 12
この回答へのお礼

はい、すごく参考になりました。レスが遅くなってすいません。言語的に使用文字が確立したのが比較的古いことが要因であると暗に示したとは気づきませんでした。みなさんの回答を力にして調べていきます。どうもありがとうございました。

お礼日時:2003/07/09 23:05

明治と太平洋戦争後に大きな日本語改革の波がきたようですが、3種類が今も使われているのは国が決めたことが大きかったのでは?



国語審議会が昭和39年(1964)に「国語は漢字仮名交じりをもつて、その表記の正則とする。」と定めたそうです。

あと、個人的な経験ですが、初期のファミコンソフトは文字が全てひらがなだけで書かれていて、とても読みにくかったです。漢字仮名混じりは読みやすいので残っているのだと思います。

参考URL:http://kan-chan.stbbs.net/word/why.html
    • good
    • 3
この回答へのお礼

そうですね、明治と太平洋戦争後がかなり重要みたいです。国語審議会が定めたことも忘れてはいけないと思います。URLも参考になりました。どうもありがとうございます。

お礼日時:2003/07/09 22:59

現在もまだ、漢字・ひらがな・カタカナを使い続けているのか?



それは、日本語に便利で、日本文化の資産だから。

日本人は、膠着語である日本語を使っているからで。。。「日本人」+「は」 「使」+「って」+「いる」などと、名詞と その位置づけを示す 助詞を使ったり、動詞でも 語幹+活用 で示します。
その時、名詞と 語幹が 漢字だと とっても分かりやすいのです。

日本文化の資産というのは、過去の文化が 漢字+かたかな+ひらがな で表記されているからです。過去の日本文化を理解し、現代に生かすためには、使い続けないとならないのです。
まぁ ご破算にするならそれでもいいのですが。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

そうですね。やっぱり私たちが使いつづけて、未来の人たちに伝えていかないと、日本語は残らないですよね。それは過去の人たちも同じことですよね。ありがとうございます。

お礼日時:2003/07/09 22:53

漢字の難しさが日本人を苦しめるという理由などから、明治以降、日本語のローマ字化なども検討されたみたいです。


しかし、調査をした結果、日本人の識字率が高かったことから、漢字を今でも使っている

という内容のテレビを以前見ました。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。戦後のGHQの改革のひとつにも、漢字をなくすようなことが密かにあがっていたことは調べてわかりました。

お礼日時:2003/07/09 22:51

 日本語は視覚的な言語だそうです。

「それはどういう字を書きますか」なんてしょっちゅうたずねます。これは世界の言語の中でも珍しいのだそうです。
 英語は聴覚的な言語だそうです。耳で聞いてわかるような構造をしています。意外にも中国語も聴覚的な言語です。
 日本人の識字率の高さは、そういう必要にせまられての結果だそうです。他の国では字を読めなくてもあまり不自由はしないみたいです。
 ただ日本人はそういう聴覚的な外国語を視覚的な言語と同じ方法で学習するので、外国語の習得がいちばんニガテになっています。

 それで日本語は目で見て分かり易いということを最優先して、何種類もの文字が使われるようになったのと思います。

 それから日本はずっと一種の辺境でしたので、外国の文化を取り入れたり、新しい概念や物を表現するための造語機能が必要であった、とも考えられます。
 わたしは仮名交じりの日本語の造語機能と読み易さはかなりのものと思っています。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

日本語が視覚的で、英語や中国語が聴覚的とは初めて聞きました。すごく参考になりました。そういえば日本の識字率はかなり高いのを思い出しました。どうもありがとうございます。

お礼日時:2003/07/09 22:48

こんばんわ、疑問は尽きませんね。



さてご質問の件ですが、専門的な書物はあいにく所有していないのですが。手元にあった、岩波新書「日本語と外国語」鈴木孝夫著 に寄りますと、

英語などでは医学用語などのような専門用語は、一般人に分かりづらい言葉になってしまうが、日本語の漢字は一般人にも容易に理解できる言葉にしてしまう。(高所恐怖症:acropokusei)

など・・比較的簡単にまとめてありますよ
    • good
    • 5
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。英語やその他の言語と比較しても面白いと思います。それも視野に入れて調べてみます。

お礼日時:2003/07/09 22:45

こんばんは。


まったくの私見ですが……。
日本人は歴史的に識字率が高いというのがその要因であろうと思われます。
また、全国的に商業網などが発達していることなんかも関係しているだろうと思います。
もし漢字だけの文化だとしたら、識字率はもっと低かっただろうし、全国津々浦々までの商業の発展も大分遅れただろうと思います。
では、仮名のみになぜならなかったかというと、江戸時代までの学問の基本が儒学であったためと私は思っております。
漢字基本の学問体系が仮名漢字交じりの文化を継続させたと言うことです。
お急ぎのようでしたので、こんな駄文でご容赦ください。
    • good
    • 4

文春新書の「漢字と日本人」著者:高島 俊男さん



を読みましょう。
思いっきり答えが書いてあります。
もともと日本語の祖先(やまとことば)には文字がありませんでした。
そこで、当時の日本にとって唯一の文字である漢の国の文字、つまり漢字を借用してきました。
しばらくの間漢字だけでしたが、漢字をいちいち書くのは面倒なので簡略化した字体でメモを取る人が現れました。
簡略自体がひらがな・カタカナの祖先になったそうな・・・。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。挙げていただいた本を読んで勉強します。

お礼日時:2003/07/09 22:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qひらがなとカタカナの区別の説明はどうすれば?

小学1年生を修了した子供がいるのですが、ひらがなとカタカナの区別がつきません。
「は」と「を」、「へ」と「え」、「ツ」と「シ」、「ソ」と「ン」の区別はつきます。
ひらがなで50音、カタカナで50音を書くこともできます。
しかし、文章の中で、ひらがな・カタカナが混ざってしまいます。カタカナで書くべきところをすべて平仮名になることもあります。

「きょうは、さッカあをしました。」
「ボーるをけリました。」
「れいゾウこ」「コたつ」「ミかン」「のーと」「てれび」・・・

「外国から来たものはカタカナ。日本のものはひらがな」と言っても、『日本』『外国』という概念が未だないのです。

大人なら、ひらがなとカタカナの区別は理解していますよね。
なぜ、理解できるようになったのでしょうか。
ひらがなとカタカナの区別は、どう説明すればいいのでしょうか。

Aベストアンサー

 混合語ではない普通の単語で
 ひらがなとカタカナが交ざっていることはないので
 日常の言葉がそうであるように
 とりあえず単語単位でどちらかに揃える様に
 教えてはどうでしょうか
「さッカあ」や「ボーる」「けリ」「れいゾウこ」「コたつ」
 これらには問題があるとおもいますが
「のーと」と「てれび」は
 日常ではカタカナで書かれていることが多いと気付けば
 自然に直るのではないでしょうか。
 日本とか外国という前に一つの言葉の中で交ざってしまうのを
 直してあげるべきだとおもいます。

Qひらがな、カタカナ、漢字とは?

外国人の方に、「ひらがな、カタカナ、漢字とは?」と聞かれるのですが、どう答えていいかわかりません。
簡単に説明するとすれば、どおいう言い方をすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

仮名は漢字から派生したので、まず漢字の説明から。

(漢字)
漢字は、アルファベットのように音を表す文字ではなく、意味を表す文字だという説明がよくなされますが、理解を深めるために補足すると、
原則として、ひとつの字がひとつの単語になっています。
つまり、(古代の)中国人は、ひとつの単語に対してひとつの文字を作ったと考えてください。(flower=花、water=水)

(仮名)
そして、漢字が日本で使われるようになったときに、中国語と日本語の違いから、漢字だけで全てを表すことはできなかったので、アルファベットのように音を表す文字を使うようになります。
このとき、最初は、漢字の音を借りて、漢字をそのまま使ったものが使われました。(よろしく=夜露死苦)

そして、漢字をそのまま書くと画数が多いので、簡略したものが使われまだしました。
これが仮名のはじまりです。

「仮名」という名称は、「真名」という言葉に対するもので(真名=漢字の意味)、正式ではない文字という雰囲気があります。今では、もちろん公式の文章にも仮名はたくさん使われますが、もともとは、公式の文章は、漢字ばかりで、漢文で書かれたものなのです。

(片仮名)
漢字の一部分を使ったもの。(阿⇒ア、伊⇒イ)

(平仮名)
漢字を全体的にくずしたもの。(安⇒あ、以⇒い)


的外れな回答でしたらごめんなさい^^;

仮名は漢字から派生したので、まず漢字の説明から。

(漢字)
漢字は、アルファベットのように音を表す文字ではなく、意味を表す文字だという説明がよくなされますが、理解を深めるために補足すると、
原則として、ひとつの字がひとつの単語になっています。
つまり、(古代の)中国人は、ひとつの単語に対してひとつの文字を作ったと考えてください。(flower=花、water=水)

(仮名)
そして、漢字が日本で使われるようになったときに、中国語と日本語の違いから、漢字だけで全てを表すことはできな...続きを読む

Q平仮名とカタカナと漢字の違い

アメリカに16歳の友達がいるのですが、平仮名とカタカナと漢字の使い分け(違い)を聞かれました。

ですが、日本人であるにもかかわらず、ぎこちない説明をしてしまいました。

あなたならなんて説明しますか?

Aベストアンサー

こんばんは。

そうですねぇ…

平仮名とカタカナは、元は漢字で、
漢字をもっと簡単に省略して早く書くために出来たのが、カタカナと平仮名なので、
全て漢字で書こうと思えば出来なくはないのですが…^^;
(書道の作品などはまさしくそれですし…)

日本ならではの言葉には、ひらがなを多く用い、
外来語(トイレとか、バスルームとか、アイスクリームとか…)にはカタカナが使われることが多く、
漢字は、日本語には同じ発音だけど意味が違う言葉(箸、端、橋など)があるため、
言葉そのものの意味がわかりやすく、また読みやすくするために、わかる範囲で漢字を用いる…
また、すべてひらがなで書くと、文字数も無駄に多くなるので…
という感じで良いんじゃないかな…と思いました。

少しでもご参考になれば幸いです。

Q日本語はどうして漢字を用い続けるのか

こんにちは。どうでもいい質問なんですが、お付き合いただければ幸いです。私たちは漢字を毎日使っていますが、多くの人はごく当たり前のように何の疑問も感じないで使っているかと思います。しかし、それが当然のことなのか少し疑問に感じました。というのは、先ずはモンゴルですが、モンゴルも中国とも関わりは大昔から非常に深かったはずですが、漢字は導入しませんでした。それからベトナムですが、ベトナム語は漢字を全廃しました。やはり、漢字は不便だったのでしょう。そして韓国ですが、韓国も日本と同じように中国の影響を強く受け、ハングルができるまでは専ら漢文で文章を書いていましたね。しかし、韓国語が日本語と大きく違うのは、韓国語では漢字はほんのたまにしか使いません。
そこで質問です。どうして日本語だけが漢字をいまだに使い続けているのでしょうか?

Aベストアンサー

放送大学の「アジアと漢字文化」では, 最終回でまさにこの問題 (なぜベトナムや朝鮮では漢字を使わなくなったのか) について触れていました.
ベトナム語についていえば, 「ベトナム語の音節構造が漢字とマッチしなかった」と「フランスがラテン文字を押しつけた」の 2点を挙げていたような気がします. もともとマッチしなかったのでチュノムなどでカバーしたんだけど, フランスの植民地にされたことでラテン文字をベースにした, と.
朝鮮語は... なんだっけなぁ, これも音節構造が関係していたような気がするけど忘れちゃった. 「ハングルを作ったこと」そのものが「漢字と発音が食い違う」ことを背景としているので, それだけが原因じゃないかもしれないけど遠因であることは間違いないと思います. 可能だったら探し出してみますね. 歴史的には「北朝鮮ではかなり初期から漢字を廃止してハングルのみ」「韓国では漢字ハングル交じりだったのが漢字を廃止」と微妙に違っています.
日本語は音節構造が単純なので, あまり無理せずに漢字を取り込んでます. で, 漢字とひらがなやかたかなとのすみ分けができているし, 仮名だけにすると朝鮮語以上にややこしい事態にしかならないので, 漢字が今でも使われています.
ちなみに「韓国語でも漢語系の同音異義語が多いので、ハングルだけだと混同しやすいという欠点はあるでしょう」はまさにその通りらしく, 実際に「それはどうよ」って問題が発覚してたりしますね.

参考URL:http://whhh.fc2web.com/ktx/network_phase2.html

放送大学の「アジアと漢字文化」では, 最終回でまさにこの問題 (なぜベトナムや朝鮮では漢字を使わなくなったのか) について触れていました.
ベトナム語についていえば, 「ベトナム語の音節構造が漢字とマッチしなかった」と「フランスがラテン文字を押しつけた」の 2点を挙げていたような気がします. もともとマッチしなかったのでチュノムなどでカバーしたんだけど, フランスの植民地にされたことでラテン文字をベースにした, と.
朝鮮語は... なんだっけなぁ, これも音節構造が関係していたような気がするけ...続きを読む

Q漢字・ひらがなを故意にカタカナ表記する理由は?

「これが言葉のプロとされるテレビの大人たちのありのままだという。若者の“ヘンテコ”用語を“シノゴノ”言えなくなってくる。」

上の例(“ ”内)に示したように漢字・ひらがなを故意にカタカナ表記するのはどのような効果をねらってのことなのでしょうか?また何か効果があるとするならば何故そのような効果が生じるのでしょうか?

Aベストアンサー

個人的な推察ですが、

・カタカナは外来語に使われることが多い
・意味を持った文字ではなく、音だけの文字である

 などにより、言葉の指す内容が異物化されているように思います。

 その言葉の意味を分かっているのに、敢えて外来語のようにカタカナを使い、「聞き慣れない言葉」であるかのようにして使われることで、効果が生まれてくるのだと思います。 

 言葉を使っている人は、自分がその言葉を知らない体で話します
 それによって聞き手は、自分でその意味を考える必要があります。

 実際、話し手は言葉の意味を知っているし、聞き手もそれを分かっている。つまり「ここが重要です」という話し手から聞き手へのメッセージが暗黙の了解として伝わって、それが強調になるのではないでしょうか。

 またそのようにカマトトぶった白々しい芝居を打つことで、当てこすりや皮肉の効果が生まれます。

 勿論そこまで意識して使われることはないでしょうが、
 感覚としてはそんな感じではないでしょうか。

Q学校で習う漢字の数は?

外国に住んでいるのですが、よく外国人にされる質問です。私たち日本人はいくつの漢字を知っているのでしょう。常用漢字は2千字程度と認識していますが、一体、義務教育や普通科の高校までで、いったいいくつの漢字を勉強させられるのでしょう。

小学生6年生までで、1千字というデータはゲットしましたが、それ以上が見付かりません。

中学卒業時、高校普通科卒業時の数字をしっている方、お教えください。よろしくお願いいたします。

実際覚えているかどうかは個人によると思いますので、学校で義務付けている数をお教えいただきたく思います。

Aベストアンサー

中学・高校の検定教科書は常用漢字表(1945字)の範囲で書くので、高校卒業で、多くても2千字程度でしょう。中学は不明ですが、漢検3級(中学卒業程度)の出題範囲は、1608字となっています。

公用文は基本的に常用漢字表(1945字)の範囲です。新聞や放送は、常用漢字をベースに数文字程度の追加・削除があります。
ふつうの社会人なら、字種として3千字、音読み・訓読み1万種程度を知っていれば不自由はないと思います。

■教育漢字 ………… 1006字
  小学1年  80字
  小学2年 160字/計 240字
  小学3年 200字/計 440字
  小学4年 200字/計 640字
  小学5年 185字/計 825字
  小学6年 181字/計1006字

■公用文や検定教科書などで使用する漢字(新聞や放送も概ね同じ)
  常用漢字 1945字(1981年制定)…… 高校教科書はここまで(下限は不明)
  人名漢字  983字(2004年改訂)
 参考:
  当用漢字 1850字(1948年制定、1981年廃止)

■JIS漢字
  第1水準 2965字 …… 都道府県名・市区郡町村名は全部カバー
  第2水準 3390字/計 6355字 …… 通常はここまで
  第3水準 1259字/計 7614字
  第4水準 2436字/計10050字

■『大漢和辞典』(諸橋轍次著、大修館書店)
  親字 50000字余り …… 日本最大の漢和辞典

■『中華字海』(中国)
  親字 85000字以上 …… 世界最大の漢字辞典

--------
漢字検定協会の各級の程度
http://www.kanken.or.jp/index.html
 1級  約6000字 大学・一般程度
 準1級 約3000字 大学・一般程度
 2級  約1945字 高校卒業程度
 準2級 約1945字 高校在学程度
 3級   1608字 中学校卒業程度
 4級   1322字 中学校在学程度
 5級   1006字 小学校6年修了程度
 6級    825字 小学校5年修了程度
 7級    640字 小学校4年修了程度
 8級    440字 小学校3年修了程度
 9級    240字 小学校2年修了程度
10級    80字 小学校1年修了程度

中学・高校の検定教科書は常用漢字表(1945字)の範囲で書くので、高校卒業で、多くても2千字程度でしょう。中学は不明ですが、漢検3級(中学卒業程度)の出題範囲は、1608字となっています。

公用文は基本的に常用漢字表(1945字)の範囲です。新聞や放送は、常用漢字をベースに数文字程度の追加・削除があります。
ふつうの社会人なら、字種として3千字、音読み・訓読み1万種程度を知っていれば不自由はないと思います。

■教育漢字 ………… 1006字
  小学1年  80字
  小学2年 160字/計 240字
  ...続きを読む

Qなぜひらがなとカタカナの2種類が作られたのか

漢字から派生したこの2種類の文字セットは、なぜ2種類できることになったのですか?
ひらがなが女性用だったので、男性用にカタカナが作られたのでしょうか?

Aベストアンサー

素人の想像ですが、平仮名は万葉仮名から発展してきたもので、はじめから日本語を表記するのが用途だっただろうと思います。一方カタカナのほうは漢文に接する機会が多かった僧侶や知識人にとって何かの必要があって発達してきたものではなかったでしょうか。私は新米の小坊主が先輩が使っている難しい漢語を聞いて後で漢字を調べるというような使われ方もあったのではないかと想像しています。

Qひらがなの読めない外国人に日本語を教える方法とは?

フランスに住んでおり、フランス人に日本語を教えています。
ひらがなとカタカナの読める方にはみんなの日本語などの
教材を使って会話などを加えながら教えています。

初心者で始めは基本表現や数字、日にちなどの言い方、日本語の仕組みなどを
私の作ったローマ字のドキュメントを使って教えているのですが
本屋でもフランス語版だと日本語を勉強する教材はひらがながよめることを
前提とした本がほとんどでひらがなの読めない人の為のものは
旅行用の基本表現の本のみで練習などは載っていません。

30回くらいの授業まではこちらで色々用意してあるのですが
その後、若い生徒さん(10代)はひらがなを教えても忘れてしまいます。
復習するように行っても難しいようで一緒にかるたなどもつくらせましたが
効果なしで、難しすぎるといいます。

基本表現などもなんとなく覚える程度で、やはり若すぎるのかなとも
思うのですが、私達日本人も子供の時はひらがなを読めなくても
話せましたからなんとかいい方法をみつけたいと思っています。

すぐに忘れてしまうので質問してもきちんとこたえられず
同じことを反復して教えているような気になります。

文法が嫌いでひらがなを覚える気はない、でも日本語が
話したい、教えてというおまかせ型の生徒さん(大人です)も
おり、私も仕事ですから否定できません。

動詞などもひらがなの仕組みをしらない人と知っている人では
覚える速さも異なるように思えます。

ちなみに授業はスカイプを通してインターネット上で行っています。

教材やいいアドバイスなどあればぜひ教えていただきたいです。

宜しくお願いします。

フランスに住んでおり、フランス人に日本語を教えています。
ひらがなとカタカナの読める方にはみんなの日本語などの
教材を使って会話などを加えながら教えています。

初心者で始めは基本表現や数字、日にちなどの言い方、日本語の仕組みなどを
私の作ったローマ字のドキュメントを使って教えているのですが
本屋でもフランス語版だと日本語を勉強する教材はひらがながよめることを
前提とした本がほとんどでひらがなの読めない人の為のものは
旅行用の基本表現の本のみで練習などは載っていません。

30回く...続きを読む

Aベストアンサー

ひらがなを覚えようとする学習者もいれば、“話したい”という目標の次にひらがなという学習者もいますよね。

私は、知り合いのロシア人の大学生が、「日本語を教えて」とたまに言ってきます。
彼は、アニメが大好きで、独学でひらがなを学んだことがあり、書けなくて読めないものもありますが、話す能力と聞く能力が独学とは思えないほど高いので、口頭で教えやすいです。
一方、キルギスの女の子も日本のアニメが大好きで外国語が堪能なのですが、やはりひらがなが全く読めず、語彙も少ないため、教えるのが大変です。

「話したい」ということだけが目標の学習者にも、まず初級の場合は何か教科書を使いになることお勧めします。
フランスには行ったことがないので、私はフランスの日本語教育事情がわかりかねるのですが、書店などで何か教科書は売っているのではないでしょうか?
私はネット上で授業を行った経験はないのですが、教科書があると、ネット上でも学びやすいかなと思います。


あまりアドバイスになってなくて、申し訳ないです。


私は以下のサイトを時々利用します。お役に立つかどうかわかりませんが、参考までに。
頑張ってくださいね(^-^)

『みんなの教材サイト』
http://minnanokyozai.jp/kyozai/home/ja/render.do;jsessionid=E3573BE128A4631AB458D6E1895C650E

ひらがなを覚えようとする学習者もいれば、“話したい”という目標の次にひらがなという学習者もいますよね。

私は、知り合いのロシア人の大学生が、「日本語を教えて」とたまに言ってきます。
彼は、アニメが大好きで、独学でひらがなを学んだことがあり、書けなくて読めないものもありますが、話す能力と聞く能力が独学とは思えないほど高いので、口頭で教えやすいです。
一方、キルギスの女の子も日本のアニメが大好きで外国語が堪能なのですが、やはりひらがなが全く読めず、語彙も少ないため、教えるのが大変...続きを読む

Qカタカナが誕生したのはいつ?

ひらがなは平安時代かな?と思うのですが、
カタカナはいつできたんですか?
ご存知の方お願いします

Aベストアンサー

片仮名は該当する音をもつ漢字の一部分を取り出して作られたもので、漢文訓読のために平安時代の初期に発明されたものである。ただし、現在の字形に定められたのは明治であり、それ以前は平仮名ほど多種多様ではないが複数の変体仮名(子=ネ、七=サ、\=キ、T=マ、ア=ミ、禾=ワ、等)が存在した。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A

Q日本語内のカタカナ・ひらがな・漢字の使い分け方

タイトルの通りです。
日本語学習を始めて、ひらがなを覚えたばかりの人から質問されました。

日本人はどのようにカタカナ・ひらがな・漢字を使い分けているんでしょうか?
最初「カタカナは外来語、漢字は中国語源の単語、ひらがなは日本固有語」と答えかけましたが、明らかに違いますね。

「ホッキョクグマ」や「北極熊」はありだけど「ほっきょくぐま」とは書かない。
「山河(さんが)」は中国語と同一の漢字(中国語起源?)だけど、「山(やま)」、「河(かわ)」はやまと言葉。
Catalog は、普通「カタログ」だけど、古い人は「型録」とも書くよな?
と考えてみると分かりにくいことだらけです。

日本語初心者の方には、どう説明したらいいのでしょう?
ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

漢字で書けるものは漢字で書いてもよいというだけの話です。難しいことは何もありません。

漢字以外は平仮名で書きます。外来語と学名を意識する場合は特別に片仮名で書きます。

>「ホッキョクグマ」や「北極熊」はありだけど「ほっきょくぐま」とは書かない。

とんでもない誤解です。「北極熊」、「ほっきょくぐま」ありです。「ホッキョクグマ」は分類学上の学名を意識した場合に書きます。


>Catalog は、普通「カタログ」だけど、古い人は「型録」とも書くよな?

古い人は「型録」なんて気にする必要はありません。学校で「型録」なんて書いたら間違いです。正しい書き方とはみなされません。


人気Q&Aランキング