【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編

明治維新後、なぜ「江戸」という地名をやめにして「東京」にしたのですか?
個人的には江戸のほうが好きなのですが・・・

ついでに、なぜ「大坂」から「大阪」になったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

「東京」とは、京都に対して東に在るから、東の京、つまり東京です。



「京」とは帝(みかど=天皇)の宮殿がある土地をいいます。
奈良県の「平城京」、京都府の「長岡京」「平安京」などです。

明治になって、天皇が江戸城に入り、そこが宮殿になりました。
つまり、江戸が「京」になったのです。

ところが、京都の平安京は約1000年続いたので、「京」といえば、ほとんどの人は「平安京」、つまり、今の京都のことと思います。
また、平安京以外の「京」も、今の関西に集中していました。

そこで、平安京やその他関西圏に在った「京」に対して、東の京、「東京」としたのです。

「大阪」は、昔は「逢坂」と書いていました。「さか」が「阪」となった理由は、No.1の回答者さんと同じです。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

なるほど。
でも単に東にあるから「東京」としたのはちょっと残念な気もしますね。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/06/17 07:13

天皇は江戸時代、京都にお住まいになっていました。


明治維新後、政治の場所を日本の真ん中に位置する江戸幕府があった場所を選びました。
明治新政権は、ドイツのワイマール憲法を参考に、天皇主権の旧日本国憲法を制定することとしました。
しかし、天皇が京都にいたままだと新幹線があるわけでもなし、何かと不都合でした。
そうかといって、京都には古からの天皇家の歴史や地元住民感情もあります。
そこで、京都に京を置いたまま、東に京を置く。 (京を東に移す)という意味で東京と呼ぶこととしました。
長々と学説はありますが、簡単に言うとこういうことです。
大坂の坂は「土編に反:土に返る」という意味に繋がることから忌み嫌い。土は土でも丘陵の意味でも使われる「こざとへん」を使うようになった。ということです。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2010/06/29 02:37

 たいへん勉強させていただいた、皆さんのご回答に蛇足:


 江戸というと幕政政権を指した慣用語句になることが多かったのでしょうね。
 それに帝君の都するところは、京という。
 そして帝君が新たに行くのだから、改名する。
 
 蛇足の蛇足:江戸という呼称の語源って、穢土だとか聞いた事があります。
 私は江戸が好きだし、二二六の前後から東京に住み、どこにも行きません。私には一番いいところですが。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

天皇がもう住まなくなった「京」を「平安」などという名前に変えることなく、引き続き、「京」「都」とし続けえたこともおもしろいですね。
天皇もお住まいになっていないし、首都でもないのに「京・都」だなんて・・・

「東京」についてはもっと美しい名前は考えられなかったのかな、と思います。
きっとみんな忙しかったのでしょう・・・

お礼日時:2010/06/18 10:55

俗説が多いひとつですね。

(笑

天皇が江戸で政務を執る。
この為に必要な行事と詔です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%9F%E6%88%B8% …

遷都自体は遅れたのです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%A5%E7%BE%BD% …

奥羽越列藩同盟や蝦夷共和国など、敵は山ほど存在します。

祝杯を上げながら「江戸名を召し上げましょう。これで敵は滅しまする。」
などと言う甘い考えでは明治は生き残れませんでした。

これはあまりに情けないし、あさはか。
明治の人に失礼すぎます。

少ない味方。
少ない予算。
必死に考え、確実に行動し、日本を守り抜いたのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

今の政治家とは格段の差ですね。
国のためには命を投げ出す・・・

ありがとうございました。

お礼日時:2010/06/18 10:58

>それでも多くの公家は京都に残ったのでしょうね。



いいえ、公家はほぼ全員明治天皇といっしょに東京に移りました。

京都の公家屋敷は御所を囲むように建っていたのですが、東京移転で空き屋敷になった後は取り壊して公園にしました。それが今の京都御苑です。

京都に1軒だけ残った公家が和歌で有名な冷泉家。
今でも京都御苑の北端、同志社大学に囲まれるように建つ公家屋敷にお住まいです。

以上、本筋のご質問とは離れますがコメントします。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

そうですか!
知りませんでした。公家は天皇家近くだけ東京に移り、ほかは京都に住むことを固執したのだと思い込んでおりました。ありがとうございました。

そうですとおそらくほぼ強制的に東京に移住させられたのだと思いますが、それではなぜ冷泉家だけが京都に残ることを許されたのでしょうか?

それからついでにもう一つ。
天皇はかつて徳川将軍が住んでいた江戸城に移り住むことに対して抵抗はなかったのでしょうか?

お礼日時:2010/06/17 11:15

江戸から東京への改名の理由は「朝廷を説得するための方便だった。

」という説があります。

倒幕後、中心メンバーが侍である新政府は首都を゛江戸゛に置く事に決めました。
しかし、公家達は゛京都゛に愛着があった事と、『゛江戸゛は田舎の上、侍の本拠地でもあり粗野だ。』というイメージを持っており゛江戸゛に移る事を嫌がり、
「帝は゛京゛にいなければいけない習わしがある。」という理由を付けて遷都に反対した。

そのため、倒幕派の中心人物であり、知恵者でもある大久保利通が、
『「公家達が゛京゛でない場所に帝に移ってもらう訳にはいかない。」
と言っているなら、江戸の名前を東の京という意味の゛東京゛とすればいい。
゛京゛ならば帝も移れるだろう。
そうなれば、公家達は表立って遷都を反対する理由がなくなる。」
とし、公家達に遷都案を飲ませた。

という説があります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

うーん、面白い。
ますます面白くなってきました。

それでも多くの公家は京都に残ったのでしょうね。

ありがとうございます。

お礼日時:2010/06/17 07:51

佐藤信淵が1823年に記した混同秘策の中で


日本が世界を征服するために、まずは日本の守りを強固にすることを提唱した。

その為、都を江戸に移し東京・西京・京都とその他の14省体制を敷く構想とした。
東京・・・江戸
西京・・・大阪



この混同秘策からヒントを得て大久保利通が江戸を東京とする提言をした

なぜ?の答えにはなっていませんが
「東京」の出所としてはこんなものかと。

もっと遡れば中国の東京(トンキン)でしょうが・・・


参考までに
    • good
    • 3
この回答へのお礼

なるほど。
面白いですね。
林子平の「海防新論」でしたっけ、あれは幕府によってボツにされましたっけ。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/06/17 07:15

明治維新によって倒幕が起こりましたよね?


つまり、日本の支配組織が変わったということです。
支配組織が変わったのなら、以前の支配組織(江戸幕府)の都であった「江戸」という名称は、潰しておくにこしたことはありません。
そこで「東京」となりました。

後者は、坂の字が土に返るという意味を連想させることから忌み嫌われて「大阪」となった説が有力です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

もっとほかの名前は候補として上がらなかったのでしょうか?
たとえば「武蔵京」とか・・・
「新京」とか「東京」は中国みたいであまり好きになれません。
それともあまり考えないで決めててしまったのかもしれませんね。

大阪・・・
「坂」が土ですか。
なるほど。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/06/17 07:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「幕府」と「朝廷」の違いを教えて

中学校1年生の子供からの質問なのですが、

・「幕府」と「朝廷」の違いが分からない。
・そもそも「幕府」って何?「朝廷」って何?

と言われました。
お恥ずかしながら的確に説明できません。
教科書には説明が載ってないし、「先生に聞いてみたら?」と言うと
「先生は授業が終わるとすぐに職員室に戻ってしまうし、あまり質問しやすい先生じゃないもん!o(;△;)o 」
とのこと・・・(´_`;)

どなたか教えていただけますか?
私も勉強したいです。よろしくお願いします。<(_ _;)>

Aベストアンサー

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるということはほとんどなく、武士に言われるがままに任命していたわけですから、実権は武士の側にあったということになります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%81%E5%A4%B7%E5%A4%A7%E5%B0%86%E8%BB%8D
これを端的にお子さんに説明するのは難しいかもしれません。
ただ、今の天皇陛下も政治的な実権はまったくなくて象徴として存在しているわけなので、それとちょっと似ているというような説明は、できるかもしれませんね。(今でも首相を任命するのは天皇と決まっています。ただし天皇が首相を選ぶことはできず、国会が選んだ人を形式的に任命するだけです)

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるという...続きを読む

Q自分が在日かどうか調べる方法

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証明)を取れば両親のこともわかるのですか?
母親の祖母が在日で帰化していた場合、その事はどの世代まで表記されるのでしょう?

ちなみに私は両親の戸籍から分籍(転籍)しており、本籍は東京ですが、出身および両親の本籍は大阪です。


在日か調べたい→戸籍を取れ、という解答はよく見るのですが、
具体的な方法が見つからず困っています。


また在日がどうのという質問に非難が集中している様子を見ることがありますが、
まぁ私のアイデンティティを明確化させたいだけですので、今回はご容赦ください。
日本生まれの日本育ち、ここ数世代の直系は全員日本人の日本人!と、
日本生まれの日本立ち、でも曾祖母は朝鮮人だから87.5%はチョッパリニダ!では、
やはりちょっと心持ちが変わるので、はっきりさせたいのです…。

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証...続きを読む

Aベストアンサー

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで韓国併合政策により在日朝鮮人はもとより、朝鮮半島にいる朝鮮人まですべて大日本帝国臣民扱いで法律上、外国籍ではなかった(両者とも本籍は半島にある)。
昭和20年の終戦を迎え在日の多くは半島に帰国しましたが、日本に残ったり、また朝鮮から戻ってくる人達もおりました。
明治時代から昭和26年までの間に朝鮮より日本へ渡って来た朝鮮人達は昭和27年にそれまであった日本の国籍を失って正式に外国籍となる。そして、在日朝鮮人の日本国への帰化が始まったのも昭和27年。

古来からの日本人家系なら苗字漢字に制限なく明治時代からの苗字漢字を継続できます。
在日朝鮮人の帰化が昭和27年に始まり、名前の漢字制限(上記)は昭和23年に始まってますから、朝鮮籍、韓国籍から日本に帰化した者は旧字体漢字で帰化するチャンスがなかったんです。

簡単な調べ方としては『住民票』での苗字名前漢字が旧字体で表記されてるなら明治時代からの日本人家系。
新字体ならば、
「戦前の家系状況が分かる戸籍みせて」と役所に言ってみること。
戦前の家系状況が記されていて朝鮮人を思わせる記述がなければ日本人。
戦前の家系状況が分かる戸籍を見せてくれない場合や戦前の戸籍が日本以外にある場合は帰化人だと判断できます。

戸籍取得方法は先に回答されてる方法をやるといいでしょう。

ただ、例え純粋な日本人でなかったとしても質問者さんが日本が大好きで在日の方々のように反日感情を露わにされるのが不快に感じるなら、心はちゃんと日本人ですよ。

…私も可能性はあるかもしれないんで経済的に余裕が出来れば戸籍を追ってみたいです。


以上、参考程度に

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで...続きを読む

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.

Q大坂から、なぜ大阪になったのですか?

大坂は、明治以降からは大阪と表記するようになったことは分かった。
でも、なぜ「大阪」に変えたのだろう?
また、大阪と京都だけ「府」がついた理由とは、何だろう?
疑問に思ったので、ご存じの方がいらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして。
私も以前、社会の勉強をしていた時に気になって
調べたことがあります。

(1)大坂→大阪について

一般的には「坂」の文字は「土に返る」
=死を連想させる!ということから縁起が悪いため、廃藩置県の際に「大阪」と改められたと言われて
います。

(2)何故「府」がつくか

徳川幕府時代には「奉行支配地」と「郡代支配地」
がありました。「奉行支配地」は主要都市などの
重要地。

「奉行支配地」→「府」と「郡代支配地」→「県」に
なった!と基本的には考えてよいでしょう。

しかし明治政府にとっての重要度と徳川幕府にとっての重要度は違うので、初期には「京都・箱館・大阪・長崎・東京(江戸)・越後(新潟)・神奈川・奈良・甲斐」と、9つの府があったそうです。

その後廃藩置県の時に明治政府にとって特に重要な東京・大阪・京都だけを「府」とし、他は「県」に統一したようですよ。

今では法的な差異は全く無くなって、名前だけの違いにすぎません(^_^;)

Qなぜ日本は植民地にされなかったのですか?

19世紀、他のアジア諸国は欧米列強の植民地にされたのに
なぜ日本は植民地にされなかったのですか?
日本の教育水準が高かったからですか?
それとも単に運がよかったからですか?

Aベストアンサー

日本は鎖国していたとはいえ、オランダを通じて最新の科学、軍事技術もわづかに取り入れていました。
アヘン戦争の時、中国側の大砲は1600年代のヨーロッパ製だったという…
江戸幕府も同じなのですが。
ところが長崎に高島しゅうはん、という人が役人でいて、脇荷貿易の権限もっていて新式大砲を研究していました。それは出島にくるオランダ船が礼砲を撃つと威力、性能が進化しているのをしっていて、です。
幕府も国防上、江戸へ呼んで演習。一日でその平地は「高島平」(たかしまだいら)になりました。今もそう呼ばれてます。伊豆代官江川が引き継いで、青銅砲でない鋼鉄砲をつくる高熱の製鉄炉(反射炉)をつくろうとしたり(大砲、兵学などはなんとかヨーロッパの技術においつこうというカンジ)、日本人は形式・格式でガチガチのバカな武士社会の中でも一部の有能な、志ある人たちに助けられてなんとか西洋とわたりあえる学術・軍事・文化・行政制度をもっていたのです。
(ほとんどの藩はド貧乏、借金まみれ。一部の外様大名とかだけです。意識あったのは)

ペリーが来航した時も(一年前くるっていったのに来ないと思って内緒にしちゃったバカな幕府上層部のせいで大慌てしたが)、一年後返事をもらいにくる、といったあと年明け10ヶ月にきた時には、無防備だった江戸湾に砲台島を築かせて防衛体制つくった(江川が指揮)
これが砲台場、今の「お台場」です。
これにはペリーも驚いた。
あと吉田松陰みたいに単身(2人だったけど)黒船に乗り込んで
「我アメリカに行かんと欲す」と叫びまくって返ってきた若者とか。
こんな人他のアジアの国にはいなかった。

日本は天文、数学、測量でもヨーロッパの文献研究したり、和算でも微分積分できたらしい。水準高かったンですよ。富豪商人は学問する人たちが多いとか、そういうこともあったらしいし、町民文化も小説、演劇、レベル高かったです。

アメリカと国土交渉する際もペリーが小笠原はアメリカ人住んでる、国際的に通じる文書で証明しない限りアメリカ国土だ、といった時、フランス語版・林子平著三国通覧図説をだして、出版年からも日本領土だと証明。
松平定信が迫害した林子平の著作が、大黒屋光太夫一行のうちロシア日本語学校教師にのこった一人とドイツ人言語学者の手で訳されて、小笠原諸島をまもったわけですね^^

ま、そんなこんなで、日本は他のアジアの国より運がよかった。
・一応、統一国家でまとまってた。いくつか勢力が争ってるとかじゃなかった
・文化水準がヨーロッパと同程度だった(これは不思議なものである)
・一部の蘭学者のおかげで、外国の情勢なども在る程度はつかんでいた?!ジョン万次郎がいたといなかったじゃ、また違ったろうなぁ
江川さんがいなかったら大変だったと思うよ
・穏健バランス派の阿部が老中(筆頭?)だったのもよかった。水野忠邦だったらボロボロだったんじゃないかなぁ
最後は大分大胆に物事運んだけど。
・武士階級、常時帯刀武装してる階級が行政してる、というのはなかなかすごいかも^^
・シーボルトが日本の文化レベルを紹介する書物を発表してくれていた
(ペリーもちゃんと読んでた)→日本は交渉するレベルの国だと思ってもらえた。おそらく礼砲をちゃんと返せる国なんてアジアで日本ぐらいだったでしょう。

兵力でいえば、この前NHKでもやってましたが薩摩とイギリスの争い、中国のイギリス艦隊きた時は薩摩ボロ負けですよ。海戦は特に。
最初、不平等条約だったのもしゃーない。
しかし、交渉のテーブルがある、というのは在る程度、相手を認めてのことだし、全面開戦しなかった、というのはお互いのメリット、リスクも含めて必然だったのかも。
まぁ頑張りましたね、当時の日本^^

日本は鎖国していたとはいえ、オランダを通じて最新の科学、軍事技術もわづかに取り入れていました。
アヘン戦争の時、中国側の大砲は1600年代のヨーロッパ製だったという…
江戸幕府も同じなのですが。
ところが長崎に高島しゅうはん、という人が役人でいて、脇荷貿易の権限もっていて新式大砲を研究していました。それは出島にくるオランダ船が礼砲を撃つと威力、性能が進化しているのをしっていて、です。
幕府も国防上、江戸へ呼んで演習。一日でその平地は「高島平」(たかしまだいら)になりました。...続きを読む

Q天皇が東京にいるのは仮住まい?

天皇が明治時代東京に行ったのは一時的ということだった。と聞いたことがあります。結果的に首都が東京になったので永住することになったのかしらないですが、本来京都に住み続ける予定だったんでしょうか?
経緯や天皇が東京に行った状況について教えてください。
天皇が東京引越しを自分で決めたんでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは。

○東京へ行ったまま、まだ戻られない?

・これは、ANo.1さんも書かれていますが、京都人に言わせると「天皇はんは、東京へおいでやして、まだお帰りやないんどす(天皇は東京に行かれたまままだ戻ってこられない)」ということになるそうです。
 確かに歴史的経過を見ても、うなずけないことも無いです。

・江戸行幸(つまり江戸への旅ですね)の延長で天皇が東京へ移った後も、第二次世界大戦前まで即位は京都御所で行われると皇室典範に定められており(今は廃止されています)、大正天皇と昭和天皇は京都御所で即位の儀式を行っています。

・また、天皇の在所を示す「高御座」は、京都御所にあり、それゆえ現在も京都御所こそ皇居であり、東京の皇居は行幸先の「東京行宮」だという主張です。

○「江戸ヲ称シテ東京ト為スノ詔書」

・これは、明治元年7月17日に明治天皇が発した詔勅で、天皇が江戸で政務を執ることを宣言し、江戸を東京と改称することを内容としています。

・その詔の中に「…江戸は東国で第一の大都市であり、四方から人や物が集まる場所である。当然、私自らその政治をみるべきである。よって、以後江戸を東京と称することとする。…」とあります。

・詔(みことのり)は、天皇の言葉、あるいは天皇の命令を直接に伝える文書ですから、形式的には天皇の意思ということになりますが、歴史的経過は…

○歴史的経過

・明治元年の翌年の3月、明治天皇は江戸城改め東京城に入り、城の中に太政官府を設置しました。これを一般には東京遷都としています。

・明治維新は徳川幕府を排除して天皇中心の新しい国家を建設しようという意図のもとに実行されましたが、江戸時代は京都に天皇がいましたから、日本の中心は、京都でなく東京であると全国民を納得させるためには、天皇自らが江戸城に入り、そこから天下に号令することが一番よいと維新の中核メンバーたちは考えたそうです。

・この後がややこしいのですが、最初に書きましたように、天皇に「大政」が「奉還」されたんだから、天皇や公卿が住んでいた京都が首都だと、多くの公家や京都の民衆が思うのも自然なことです。

・ですから、天皇が京都を捨てるとすればそれは京都の公家や民衆の同意を得ることは難しいものと思われ、取り敢えず天皇は明治元年9月に江戸に向かい10月に江戸城に入城し、ここを東京城と改名する詔を出します。そして、この年は12月に一旦、京都に戻られました。
 そして、翌年3月に東京に向かい、結局正式な遷都の布告はなく、「天皇が東京にいる間は太政官も東京に置く」という宣言がなされただけでした。

・要するに、日本の首都はどうも法的に厳密なことをいうとまだ京都であり、天皇が東京に「滞在」している間だけ、臨時に東京が首都とみなされるということのようです。

・「卵が先か、鶏が先か」と同じで、「天皇がいるから首都」なのか「首都だから天皇がいる」見たいな話ですね。
 歴史的経過からしますと、天皇が「京都に帰る」とおっしゃられれば、「京都が首都になる」ということになりますね。んー

○まとめ

>天皇が明治時代東京に行ったのは一時的ということだった。と聞いたことがあります。結果的に首都が東京になったので永住することになったのかしらないですが、本来京都に住み続ける予定だったんでしょうか?

・もともと、東京で住む事を前提に、明治維新の中心メンバーによって「東京遷都」がされたそうです。

>天皇が東京引越しを自分で決めたんでしょうか?

・詔は天皇の言葉ですから、形式的にはそういうことになりますが、勿論、取り巻きの人たちが決めたと思いますよ。天皇は江戸時代の250年間、政治の舞台から離れていましたから、政治に疎かったと思いますので…

[以下余談です]

○国旗
 先ず、国旗は通念ではなく、「国旗及び国歌に関する法律」で定められています。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H11/H11HO127.html

○国家
 国家は、「憲法」に「日本」という言葉が使われていますし、国連でも「国」として認められていますから、一応、これが根拠になるんじゃないでしょうか。

○首都
 首都については、「首都建設法」(廃止)に「この法律は、東京都を新しく我が平和国家の首都として十分にその政治、経済、文化等についての機能を発揮し得るよう計画し、建設することを目的とする。」とありますから、一応法律で、東京都を首都と明文化していました。
 ただし、現行法令では、首都を定義する法令がないのは事実ですね。
http://www.shugiin.go.jp/itdb_housei.nsf/html/houritsu/00719500628219.htm

 こんにちは。

○東京へ行ったまま、まだ戻られない?

・これは、ANo.1さんも書かれていますが、京都人に言わせると「天皇はんは、東京へおいでやして、まだお帰りやないんどす(天皇は東京に行かれたまままだ戻ってこられない)」ということになるそうです。
 確かに歴史的経過を見ても、うなずけないことも無いです。

・江戸行幸(つまり江戸への旅ですね)の延長で天皇が東京へ移った後も、第二次世界大戦前まで即位は京都御所で行われると皇室典範に定められており(今は廃止されています)、大正天皇と昭...続きを読む

Qアメリカは何故超大国になれたのか

 アメリカは何故今世界一の国になったのか、その原因が知りたいです。

・私の推測では、建国してからまだ歴史が浅く、古い体制にとらわれず、政策がとれる点。

・様々な人種が存在するので、それぞれが納得できる合理的で、効率的な制度が整っている。

・色んな資源が豊富にあるから。例えば移民などの人的資源や広大な土地資源、石油など。

・19世紀の世界ナンバーワンの国であったイギリスと、言語が同種のため、容易に色々な事を学ぶことができたから。

などが理由として挙げられるのではないかと思っています。


この他にも何か、理由が分かる人が居たら教えていただけないでしょうか。

また、今後の世界経済がどう進展していくのか、予想できる方がいたら、その意見も聞いてみたいです。

因みに私は21世紀はアメリカの一人勝ちとは行かないと思います。

かと言って中国もなんだか危うい。

一体、どこの国が覇権をにぎるのでしょうね。

Aベストアンサー

>アメリカは生産基地だった、とありますが、要するにアメリカは独立前、南米で取れた作物などを輸出するための基地だったということでしょうか。

いえいえ。
アメリカ大陸がモロに生産基地だったのは、スペインが南米に進出した頃です。
日本で言えば、戦国時代の頃ですね(ポルトガル人が種子島に漂着した時期)。
この頃欧州はアジアの強国と比べてさほど大差ないレベルでした。
新大陸に人を送り込む力がそれほど強くなかったのです。航海技術も不完全でしたし、身も知らぬ新大陸に行きたがる人がそれほど多くなかったわけです。ですから、南米では金銀の採掘と砂糖などの生産だけを行いアメリカで食べる食糧は欧州から輸入していたほどです。欧州でも出来る事はアメリカでやる余裕はなかったわけです。

英仏が北米に進出したのはもう少し後です。
だいたい、徳川家光が徳川幕府の足場を固めた辺りです。
この頃欧州はアメリカからの富でかなり力をつけてきました。さらに、100年以上も海を行き来していたので航海技術もかなり上達しています。大量の物資を安全に欧州に運ぶ事が出来るようになったわけです。つまり、海を横断するコストが下がったわけです。
またアメリカ大陸が発見されて100年以上経っていたので、アメリカ大陸で生まれアメリカ大陸で育った人も増え始め、見知らぬ大陸が身近になり大陸へ進出する事への抵抗感が和らいだというのもあると思います。当初は出稼ぎの場だった新大陸が第二の故郷になり始めていたわけです。
そうすると、今まで見向きもされていなかった北米でも儲けられるようになったわけですし、アメリカ大陸でも食糧が生産されるようになったのです。

初期の北米の植民地もヨーロッパの為の植民地だったことには変わり有りません。しかし、スペインが中南米でやった事は、略奪に近かったのに対して、英国が北米でやった事は普通の産業に近かったわけです。
普通の産業に近い事をやれば、その植民地が普通の国に近くなるのも当然でしょう。かくして北米は普通の国に近づき、普通の国のように他国の支配を受け入れる事に反発して、独立したわけです。


>給料が良かったから欧州から様々な人がやってきたとは、まるで高度成長期の日本のようですね。
>東京に職を求めて地方から集団就職するみたいな感じですね。

正しくその通り、基本的には全く同じです。
経済では、ヒトでもモノでもカネでも、余っているところから足りないところへ流れるのが基本です。
何故なら、ヒトが余っているならば給料が安くなり、ヒトが足りなければ給料が高くなるからです。同じようにモノならば価格が、カネならば金利が、上下に動きます。
今で言えば中国はヒトが余っているので、人件費が安く。日本はカネ(貯蓄)が余っているので、金利が低いのです。

>産業革命が生まれたのはイギリスだが、それを育てたのはアメリカ…まさにそうですね。自動車や電気・電話など画期的なものばかりですよね。

その通りです。
ぶっちゃけ1860~1950年くらいまでのアメリカは、本当に『神』です。アメリカは、良くも悪くも20世紀のありとあらゆる事に大幅に関わっています。

電気が一般化したのはエジソンが電球の商品化に成功し、普及させたからです。
石油を大々的に利用し始めたのもアメリカが最初です。元々は灯油を光源として用いられていましたが、灯油ランプが電球に駆逐された後は、内燃機関(エンジン)が開発されコレが後のガソリン車に繋がりました。
また、WW1を契機に石油科学が発展し、天然ゴムに変わる石油ゴムが開発され、その後石油繊維も開発されました。WW2ではプラスチックが開発されました。
電話も、ベルがアメリカで開発しました。
コンピューターも殆どアメリカが発展させたようなものです。戦後、電話ネットワークの維持に真空管大量に必要になり、真空管より長持ちして高性能なトランジスタが開発され、これがコンピューター産業発展の起爆剤になりました。

科学技術だけでは有りません。
前述のフォードがはじめた大量生産方式もアメリカ発ですし、何万人という従業員を管理する為の『大企業』という組織形態もアメリカが開発した物です。松下幸之助が考案しその後の日本企業のモデルになった事業部制も、GMのアルフレッド・スローンが考えた組織形態を日本流にアレンジしただけです。
日本の品質管理方法もアメリカのエドワーズ・デミングが研究した物を日本が発展させたものですし、テイラーの科学的管理法がなければ日本の労働者の技能がここまで急速に進歩する事はなかったでしょう。

日本の戦後復興の要因一つは、アメリカで開発された最新の技術をパクリまくったからというのもあります(トヨタの自動車も、ソニーのトランジスタも、シャープの液晶など、戦後の日本の技術の大部分は元を辿ればアメリカ由来のものです)。

当時の日本の技術者たちはアメリカの学会に参加しまくって、発表内容を写真で取り捲ったそうです。当時は『ジャップがなんかやってるぞ』とか笑われていたようですが、必死に研究しまくって一時は追い抜いちゃったわけです。
(当然現実では、このようなやり方よりも本などで勉強したり、特許契約をした事の方が多かったです)

昔の人がアメリカを特別視するのも当然の事だと思います。

・オマケ日本の果たした役割
ただし、新技術開発が得意なアメリカに対し日本が得意だったのは『既存のモノを安く作る』ことでした。良い例が電卓で、当初十万→数千円にしてしまいました。安い→普及という事ですので、日本の果たした役割は小さくないです。
つまり、コンピューターを開発したのはアメリカですが、それを安くして電卓を作ったり、炊飯器や掃除機に搭載させたのは日本で、これが世界のコンピューター市場を飛躍的に拡大させたわけです。

>アメリカは生産基地だった、とありますが、要するにアメリカは独立前、南米で取れた作物などを輸出するための基地だったということでしょうか。

いえいえ。
アメリカ大陸がモロに生産基地だったのは、スペインが南米に進出した頃です。
日本で言えば、戦国時代の頃ですね(ポルトガル人が種子島に漂着した時期)。
この頃欧州はアジアの強国と比べてさほど大差ないレベルでした。
新大陸に人を送り込む力がそれほど強くなかったのです。航海技術も不完全でしたし、身も知らぬ新大陸に行きたがる人がそれほ...続きを読む

Q江戸時代、藩がどう分布していたかがわかりやすい日本地図を探しています。

たとえば、
今の山口県のあたりには長州藩があり、藩主は毛利家
ということが見てわかりやすい日本地図を探しています。
そのような地図がおいてあるサイトをご存知の方はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

江戸時代初期は大名の取り潰しが多かったので、いつの時代が必要なのか難しいですが、一応300藩と言うことで参考URLをご覧ください。
地方ごとに分かれています。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~me4k-skri/han/hantop.html

Q最初の天皇はなぜ誕生したのか?

初代天皇は、どういう経緯で出来たのですか?
神武天皇は、国王(日本で一番偉い人)みたいなものだったのですか?

Aベストアンサー

実はそのことについてわからないので困っているんです。
というのも3世紀に活躍したとされる邪馬台国の卑弥呼という女王の解釈により、最近では神武天皇でさえ紀元前660年前の人物とすることには異論がありながらも、その存在自体はありえて、だからこそ正史である『日本書紀』に記載されているのでは?といった論調もあります。
神武天皇そのものというより、神武の伝承として伝わる物語の核になる史実が存在した。それは現存はしていませんが『日本書紀』編纂の主な材料となりえた『帝紀』などに書かれていたのであろう。と予測する立場があるんですね。
ですから国家や天皇の成り立ち自体はよくわかっていない中で、神話などの古伝承から国家や天皇の成り立ちを整合性を以って説明できるのでは?と目下奮闘中といった人々もいる。とのあり方が現況では一番進歩が見られるスタンスであり、逆にそのような暗中模索な状況こそが、現在の学界における日本国家成立の研究、ないし天皇支配の淵源の研究などの現状だと思います。

そして天皇(大王)を中心とした国家といった概念が表れたであろうとされるのが、いわゆる4世紀の古墳時代と呼ばれる時代であったことは、考古史料から、特に前方後円墳などの規格性の強い墓制の出現で見当がつきつつあるのですが、そこの詳しい実態は、日本はもとより、3世紀段階における日本の国情を伝えた古代中国の史書などが4世紀時点ではないためよくわからないんです。いわゆる「謎の4世紀問題」ですね。

いずれにせよ『魏志』倭人伝などの記述から、卑弥呼が活躍する前後(3世紀)にあっては「倭国大乱」と評価できる内戦状態が、その規模は別として事実あったのでしょうね。もちろんその戦闘状態は天皇の出現と無関係であるとも思えないんです。その様な中、詳しい経緯はわかりませんが、倭国大乱と呼ばれる混沌とした戦乱の世にあって、統一的国家としてのヤマト政権を樹立するだけの武力ないし交渉力が、4世紀段階における天皇(大王)の祖先にあったことは疑う余地はないのかな?と思いますし、考古史料などが語る結果から帰納法的に糸を手繰りつつ明らかにしようと試みている、3世紀から4世紀にどのような経緯で歴史がつながるのか?といった問題は、識者はもとより僕に限らず古代史に興味を持つ者が一番知りたい部分なのです。

ですから率直に申し上げれば「初代天皇は、どういう経緯で出来たのですか?」という質問については「こっちが知りたい部分です」といった頼りない回答になり、せっかくのご質問に明確にお答えできないことを心苦しく思いながらも、現状をご理解いただければありがたいと思う次第です。

実はそのことについてわからないので困っているんです。
というのも3世紀に活躍したとされる邪馬台国の卑弥呼という女王の解釈により、最近では神武天皇でさえ紀元前660年前の人物とすることには異論がありながらも、その存在自体はありえて、だからこそ正史である『日本書紀』に記載されているのでは?といった論調もあります。
神武天皇そのものというより、神武の伝承として伝わる物語の核になる史実が存在した。それは現存はしていませんが『日本書紀』編纂の主な材料となりえた『帝紀』などに書かれていたの...続きを読む

Q兌換紙幣と不換紙幣って??

高3です。
日本史の授業で今日先生が言っていた「兌換紙幣」と「不換紙幣」の意味がよくわかりません・・。
金や銀に換えることのできる紙幣、というようなことを言っていたと思うのですが、どういうことなのかいまいちイメージがわかないのです。。
こんな私にもわかるようにかみ砕いて説明して頂けませんか?
よろしくお願いします(>_<)

Aベストアンサー

 再び失礼します、No.7です。

 不換紙幣の発行理由ですが、自信がなかったので検索をかけてみたら、こんなページを見つけました。下の方に書かれています。

 このページは分かりやすいと思います。(わからない部分があれば、また補足をください。可能な限り回答します。)

 以上、参考にしてくださいね、これで失礼します。

参考URL:http://www.findai.com/yogo/0013.htm


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較