プロが教えるわが家の防犯対策術!

時と時間の違いあるいは定義、空と空間との違いあるいは定義を教えて下さい。引用ではなく、独自の見解でお願いできれば本望です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

追伸


時空を考えると慢性的難病になりますね。慢性的難病を直す薬が「亀と漁師の無限と有限の話」なんですね。
以下の提案は「亀と漁師の無限と有限の話」に似て慢性的難病を直す薬になりますね。
「無双原理・・哲学的には、空からっぽのことである。無いものをないとは、非論理的でいえません!つまり、無限とは、限りというものが、本来あるのだけれど、たまたま見えない、触れないなどの事情があって、無のように観察される状態。つまり無限とは、循環の繰り返しのような現象の回数に限りのないこと」
特に、無と空がいいですね。自然現象として無も空も存在しないのだけれど人間の単純な観察では表現の言葉として便利に使える言葉ということですね。言葉が独り歩きしてあたかもそのようなことが実際にあるかのごとく考えて慢性的難病になってしまうところが怖いとこなんですね。「無とは単純にないことの、たわいないことば。哲学的には、空からっぽのことである。無いものをないとは、非論理的でいえません!」そういうことですね。
(仏教)哲学的では無も空も変転の一つの姿を現している状態でしかないですからね。水は熱で水蒸気になり冷やされて又水になる、更に冷やされると氷になる。こんなことはみな知っているのに水蒸気になると見えないので「無し」というのですね。それを空とよんでも同じですね。なくなっているわけではなく変転の姿ですよね。でも見えないから「無や空」ですね。観察眼的表現で論理を立てても意味がないことですね。
その変転をアインシュタインはE=mC^2と表現し、釈尊は「色即是空・空即是色」といってますね。これは存在の永遠性の表現ですね。無限も「無や空」と非常に似てますね。あまりに多い・大きい・小さいと観察不可能ですから無限・無限大・無限小と言っているだけなのですね。単なる言葉遊びなのですが遊びが学問になると慢性的難病になりますね。
まあ私も重い慢性的難病ですから、更に付け加えると、三次元宇宙・時空というのはたくさんあるのですね。朝。木々の葉についている水滴ですね。いくつもの水滴が木の葉についてますね。あの水滴の一つが三次元宇宙・時空なんですね。次の朝になると水滴の数が違っている。そんなようなものなんですね。
膨張も収縮も変転も何でもありですね。再度、たわごとを言ってしまいました。
    • good
    • 0

時は点で、時間は線と考えればいいのではないかと。



時間ってのは差が無いと存在できませんので、A点(時)からB点(時)に移ったと確認できればそれが時間じゃないかと。

つまり時間は差が無いと存在できない。

この回答への補足

脳慰労是にならない程度にお付き合いください。
「時」の定義:凝縮方向の極 点
「間」の定義:長さ、数量
「空」の定義:膨張方向の極 天、展

ゆえに、時間は未来から過去に向かっているベクトル(方向性のあるエネルギー)感じる世界。
空間は過去から未来に向かっているべクトル見える、触れる世界。

時と時間のちがいなど、足元から見直しをかけると、意外と真実が見えてきます。と、思ってそのように精進しています。ということで、何気なく使っている言葉の最初の定義にこだわります。このことの重要性に気付かないセンスを疑います。哲学というのは、思考に使っている言葉の見直しが最前提であることについて、ご意見を聞きたいです。常識的に使っている言葉の固定的語彙で哲学しても、明快な回答はまず得られないと断言します。無駄な時間の浪費と思いつつ・・・・・・期待して・・・・・

補足日時:2010/06/30 01:56
    • good
    • 2

●「瞬間」の時間の大きさは無いのでしょうか?


○ 時間の量子化ということでしょうかね。時間を限りなく細分化して小さくし、最小単位があるかということでしょうかね。
考え方は静止画のアニメを動画にする時のコマですね。コマがどれほどあるかということでしょう。コマが連続であれば時間の最小単位は存在しないし、コマが有限の数であれば飛び飛びの値ですから量子化できますよね。まあテレビ映像は一秒という時間間隔に30コマから60コマですが、時間の量子化といことは、この三次元宇宙という静止画はいったい何コマで動画(時空)になっているかと問うているのですね。まあ三次元宇宙ボールが歯車の回転ように回っていたら時間の最小単位、コマ数は存在するでしょうが、残念ながら連続的ですね。
ただ、固有時という概念は時間連続の中での存在の変転を考えれば、コマ数という概念は導入可能ですね。ある固有のエネルギー素片がある時間間隔を占有することにより固有の時空間を創造するということですね。例えば、h/Δt とかね。これは時間の量子化ではなくエネルギー形態の量子化という意味ですね。変転という意味でコマ数(1/Δt)は出てきますね。まあ定義遊びですけどね。

●「論理的にはものごとを否定することはできない」ことになるのですが、どう思われますか。
○「有る。無い。」という観察形態には否定も肯定も存在しますね。変転を付け加えるといつも有るですから否定は存在できませんね。
思考はどちらでも存在できますが「本当は」と聞かれれば「論理的にはものごとを否定することはできない」のが正しいのでしょうね。ゲーデルもそんなこと理論にしてますね。
時間の細分と同じですね。細分はできないが思考定義においては、最小エネルギー量が確定できればプランク定数から最小時間は確定できるとなりますが、実際はプランク定数から時間を切り離せないですよね。つまり、ミクロはマクロとまったく同じロジックなんですよね。
・・再回答にしてはまとまりないかな。たわごと程度にね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

mmkyさん、愚問に対して真摯にご回答いただき感謝です。こういう類の疑問は、狂気と背中合わせなので、質問も回答も微妙なものがあります。懲りずにお付き合いいただければ有難く思いますが、慢性的難病にならない程度にお付き合い下さい。で、疑問のニュアンスを変えてみました。こちらの提案に対してのご意見ということでご回答いただければ幸いです。「無双原理というのがありますが、それによると、時は凝縮の極で陽性。空は拡散の極の概念で陰性。以下は自説ですが、宇宙は時空の総合無限繰り返し循環存在。存在とは、時存空在の略。時間とは、凝縮方向のベクトル。空間とは拡散方向のベクトル。時空はつまり、膨張収縮の象徴。時間空間は膨張収縮の現実的物理的観察可現象で、その現象は人間だけの幻想でも特権でもなく、自然に普遍の現実。無とは単純にないことの、たわいないことば。哲学的には、空からっぽのことである。無いものをないとは、非論理的でいえません!つまり、無限とは、限りというものが、本来あるのだけれど、たまたま見えない、触れないなどの事情があって、無のように観察される状態。つまり無限とは、循環の繰り返しのような現象の回数に限りのないこと」ということで。

お礼日時:2010/06/27 18:19

 ANo.2


 実は物象経験としての、その知覚結果と内容である物は存在していなく、そういう紡ぎがあるに過ぎない。
 いわんや物や客体界の存在(本当は存在していない)で付随的に観念される時間と空間などはない。
 物象(経験)を取り払うとそれらはなくなる。
 ましてや、長さのない瞬間を人のことばでしない。現在というものはない、永遠の存在の長さが、つまり永遠の現在だけがある。
 過去も未来もそして現在もない。そんな区切りは人間の側の変化観念が区分しているものに過ぎない。
 という思想が私たちヒンドゥの哲理の教えです。検索するとHPがありますが、Self-Realization Fellowshipという団体のパラマハンサ・ヨガナンダの教えを勉強しております。
    • good
    • 0

 実体存在から切り離されたという錯覚存在としての、人間という者の


      理解と把握能力で物や世界という客体を存在として観る時の
                 小賢しいアプリオリなるカテゴリとして、
                   物の存在認識とともに産出されてきているのが時間と空間。
                          時間も空間も人間の宿命的な変化と区切り区分
                                               という架空観念。

 そういう人間意識の存在以前の意識が存在してきているのが時と空。
 これは過去・現在・未来という区切りも計測の量もない。つまり時とは永遠というもの。
 この永遠を別の言葉で空という。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しいところご回答いただきありがとうございます。改めてお伺いしたいのですが、「瞬間」には大きさ、時間的大きさがあるのでしょうか?あるとすれば、どれくらいの大きさ、長さなのでしょうか?

お礼日時:2010/06/25 13:56

時と時間の違いあるいは定義、空と空間との違いあるいは定義を教えて下さい...



時と時間、空と空間は同じものですね。違いがあるとしたら、認識できる間隔や広がりで表現する場合が時間・空間と言うことですね。
例えば、時は悠久の過去から永遠の未来に流れていますし、どのように細分しても時なので、ある間隔でしか捉えることができませんので「時間」と言ってるだけですね。
空も同じですね。例えば、風船があるとして風船の中も外も空ですが、風船の中を風船空間と呼んでいるだけということですね。まあ人間は認識力が小さいから、わかりやすく区切りをつけてるだけですね。
後の質問、有限と無限と同じ様なものですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。で、「瞬間」の時間の大きさは無いのでしょうか?量子論では、時も空も1/2というのは実在できません。0か1です。余談ですが、「論理的にはものごとを否定することはできない」ことになるのですが、どう思われますか。

お礼日時:2010/06/25 14:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「時間の反対は空間」について

ずっと前に塾で、時間の反対は空間だと教えられました。
これが合ってるかどうかはよくわかりません。
あとなぜ時間と空間は関係してるかもよくわかりません。
だから誰か教えてください。
ちなみに僕は哲学はそれなりに好きです。

Aベストアンサー

 「時間」の反対が「空間」という根拠は?
個人的には、密接した存在だと思います。

 「空間」と「時間」は人間が生きているから、存在可能なものであり、主観的なもの(要するに、人間と深い関係なもの)。

 ある人間が死ねば、その人間の時間という存在は消えてしまう。
同時に、空間という存在も消えてしまう。

 何故ならば、人間が死んでしまえば、時間という認識が不可能になる。
同時に、空間という認識も失う。

 太陽の光が8分19秒掛かって(時間)、地球に届くのは何故ですか?
 太陽と地球との間には膨大な距離(空間)が存在するから。

 そういう意味から、「時間」と「空間」は友達関係の様に、仲が良い者同士だと思います。

Q舌の先などにプツッとした痛いできもの

舌を噛んだり傷つけたわけでないわけではない時に、時々舌の先等に、小さい見えるか見えないか程度のプツッとした凄く痛いできものができます。あれはなんですか?

よく、食べ過ぎたりして胃が悪い時に出来る、と祖父母なんかに聞かされた気がしますが・・・。

実際、出来たときは、疲労時というか、心身どちらか一方でも過度に疲労したかな?少し食べ過ぎ?と思い当たることもあります、が、毎回ではありません。

あれは何で、どんな時に出きやすくなりますか?
また、予防策、出来てからの対処法など教えて下さい。
病院に行くほどひどくならないので、これまでそれで病院に行ったことはなく、だいたい1週間程度で治りますが、出来るととても痛いです。

Aベストアンサー

口内炎が舌にできたものだと思いますよ。私も子供のころからしょっちゅうできます。舌にできるとものすごく痛いんですよね(T_T)

原因はストレス、栄養の偏り(特にビタミンB不足)、睡眠不足、口の中の不衛生、胃の不調や風邪の時などの体調不良時などさまざまだと思います。
私はできてしまったら薬を塗って早めに就寝して睡眠を十分にとること、食事後や口の中が痛いときなどとにかくうがいをして口の中を清潔に保つこと、ビタミンBを取ることを心がけています。

よくできるならひどくないと思ってても一度医者に行ったほうがいいかもしれません。薬をくれるので次にできたときにも便利ですし原因もわかるかもしれませんよ。

Qそもそも「時間」とは何なのでしょうか?

「時間」に関する素朴すぎる疑問に答えていただけると幸甚です。

1.時間と空間は表裏一体のものですか?
  たとえば、電磁波における電場と磁場のように。
2.時間にエネルギーはありますか?
3.時間は波動のようなものですか?
  波動やエネルギー、原子、素粒子といったもので説明できないものなのでしょうか。
4.現在・過去・未来は同時に存在していますか?
  現在からみて、1年前、1年後の世界というのは別空間、別次元等に存在しているものなのか。
5.時間は現在から未来へ進みますが、それを進ませる推進力は何でしょうか?
  エントロピーの法則と関係がありますか。
6.時間はどうして止まらないのか?
  相対性理論によれば、時間は伸び縮みしますが、
  光速ロケットに乗っている本人の時間は変わらないですよね。
  本人時間で1年経てば、一年歳を取るというふうに。
  ずっと動いているわけで、止まるということはないのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>7.どうして時間についてよくわからないのか?

 物理学的には、時間は「数学の変数として扱えればいい」からです。ちなみに相対論以降、空間と時間は不可分です。

 重力も、その振る舞いについては研究しますし、4つの力(重力、電磁気力、弱い力、強い力)が宇宙誕生初期には一つにまとまっていたころまで遡って理論化しようともしていますが、重力、あるいは4つに分離した力、さらにはそれらを一つにまとめた力が、どうしてあるかについては無頓着です。

 時間そのものが、物理学的に分かっていないのは、分かる必要が無いから、誰も調べていないのです。

 それでも時間の振る舞いについては、物理学的な事象として最小の時間である、プランク時間があることは分かっています。これは、物理学的事象が連続したアナログではなく、離散的なデジタルであることを意味します。

>8.静止している人と光速移動している人とに流れる時間は同じか?

 それは特殊相対論で答えが出ています。互いに違います。光速度未満でも、相対速度が0でなければ、それぞれ違う時間になります。

> 速度0の人と、速度Aで移動している人に流れる時間は同じだという証明はされていますか?

 特殊相対論的、一般相対論的に異なるという証明がされています。

> 地球上で流れる(過ごす)時間と、宇宙の果てで流れる(過ごす)時間に違いはあるか?

 曖昧なご質問ですが、原則として同じようなものです。しかし空間が膨張しているため、厳密な定義は難しいでしょう。ここでも時間と空間が不可分なことが影響します。

>9.時間にゆらぎがあるのか?

 ありません。物理学における「ゆらぎ」とは、何らかの物理量について、時空的(時間的、空間的)な平均値からの変動のことです。時間をも元にしてのものですから、時間そのものの揺らぎは考えません。

>10.時間のない世界はどんな世界?

 ビッグバン宇宙の始まる以前の世界です。基本的には、無でしょうね。

 ホーキング博士の考えでは、もし本物のブラックホールがあったら、その特異点では時間がないとのことです。時間が無いけれど、あらゆる可能性を持った量子的な何か。

 またホーキング博士は、時間を複素数で考えると、ビッグバン宇宙の始まる以前と滑らかにつながり、時間はずっとあり続けるという仮説を述べています。

> 想像もできないのでしょうか?

 (実数)時間ない世界はホーキング博士の提唱している世界ですが、その数式をイメージできる人はいないでしょう。発案者のホーキング博士でも、喩えですら説明できていません。
 そもそも、その元となる量子力学がイメージを拒絶しているということはありますが(量子力学の名言に「量子力学が分かったと思えたら、それは量子力学が分かっていない証拠だ」といのがあります)。

> そこには空間も存在しませんか?

 しません。時間停止の世界なら空間は存在し得ますし、そもそも物理学では「時間を止めて」記述することも多いのです(特に量子力学)。時間の無い世界だと、空間もありません。

> 深海魚が水のない世界を想像できないように、人間は時間のない世界を認識できないのでしょうか?

 深海魚の喩えは合わないです。時間停止の場合、それは時間停止の世界を見るこちら側の認識で、時間停止世界の住人からすれば、普通に時間は流れています。
 その時間もないとなると、空間も消滅し、当然ながら物質も何もありません。それをどう認識するかは、個々人の問題かもしれません。

>11.ミクロの世界の時間とマクロの世界の時間に違いはあるか?

 特に違いはありません。

> 素粒子の世界では因果律は破られており、時間は逆行しているのではないですか?

 反物質は、物理学理論的には、普通の物質の時間を逆転したものです。素粒子的にはそうなんですが(素粒子であるため情報は運べない)、それがマクロの物体になったときどうなのかは、今のところはっきりしない部分があります。

>12.時間はあらゆる物理的物体から独立している?

 いえ、時間と空間は不可分です。そして、空間は物質(エネルギーと言い換えたほうが正確)と不可分です。

> 時間は速度、重力、熱などのものから独立していると証明されているのか?

 独立していないと証明されています。

>13.ひも理論と時間
> ひも理論では多くの次元が存在するそうですが、多次元になっても時間は変わらないと考えられているのでしょうか?

 物理学理論は、空間的には3次元に限定されません。さすがに0次元には適用できませんが、1次元でも4次元でも、それ以上のn次元でも適用できます。ただし、空間3次元以外の世界は無いため、実験・観測事実はありません。
 ただし、時間を2次元以上にすることは、理論的に成功していません。もちろん、実験・観測事実もありません。
 超ひも理論で空間が4次元以上とされていますが、観測可能な、この宇宙の空間3次元以上の、高次元空間は、コンパクトに折りたたまれていて観測できないと考えられています。もしかすると、数学的都合のためだけの便法であるかもしれません。

 この4次元時空でも、CPT対称性(チャージ、パリティ、時間がセットになった対称性)というものがあり、そのうち二つが一時的に破れてもいいとされています。そのとき、残った一つが二つの破れを補うように破れます。つまり、三つセットでは安定しているということです。しかし、時間だけ見れば、それが常に安定しているとは限らないということでもあります。

 さらに、21世紀に入ってから、三つセットで対称性が破れる可能性が示唆されています。これは、いろいろな物理学理論の基礎であるローレンツ対称性をも破ることになるため、注目されているようです。

 そんな問題山積の状況です。ぼんやりと「時間って何だろう?」と考える暇すら、物理学にはありません。

>7.どうして時間についてよくわからないのか?

 物理学的には、時間は「数学の変数として扱えればいい」からです。ちなみに相対論以降、空間と時間は不可分です。

 重力も、その振る舞いについては研究しますし、4つの力(重力、電磁気力、弱い力、強い力)が宇宙誕生初期には一つにまとまっていたころまで遡って理論化しようともしていますが、重力、あるいは4つに分離した力、さらにはそれらを一つにまとめた力が、どうしてあるかについては無頓着です。

 時間そのものが、物理学的に分かっていないのは、...続きを読む

Q確定申告をする際、配偶者に年金収入がある場合

確定申告をする際、配偶者に年金収入がある場合について、いくつか確認したい事があります。

まず1つ目です。
確定申告をするのですが、配偶者(妻)が公的年金の受給がある場合、
60歳から65歳未満であれば108万未満、
65歳以上であれば158万未満の公的年金の収入であれば扶養になると書いてあるものを見たのですが、それに該当すれば配偶者控除で38万を受けれると考えて良いのでしょうか?

2つ目は、
公的年金と公的年金以外の年金ももらっていた場合は、もらっている金額によると思いますが、配偶者控除の対象になる場合もありますか?
それとも、ならないのでしょうか?

国税庁のHPを見たところ
◇公的年金等以外の年金に係る雑所得の計算方法の記載が下記の通りあり、

収入金額-必要経費=雑所得の金額
収入金額=公的年金等以外の年金の収入金額+剰余金や割戻金
必要経費=公的年金等以外の年金の収入金額×(保険料又は掛金の総額÷年金の支払総額又は支払総額の見込み額)

こちらを計算し、公的年金と合わせた金額が配偶者の収入として見れば良いのでしょうか?


頭がこんがらがってきてしまい、わからなくなってきました・・・
ご回答の程、よろしくお願い致します。

確定申告をする際、配偶者に年金収入がある場合について、いくつか確認したい事があります。

まず1つ目です。
確定申告をするのですが、配偶者(妻)が公的年金の受給がある場合、
60歳から65歳未満であれば108万未満、
65歳以上であれば158万未満の公的年金の収入であれば扶養になると書いてあるものを見たのですが、それに該当すれば配偶者控除で38万を受けれると考えて良いのでしょうか?

2つ目は、
公的年金と公的年金以外の年金ももらっていた場合は、もらっている金額によると思いますが...続きを読む

Aベストアンサー

できるだけ簡潔に回答しましょう。

先ず、奥さんの所得が38万円以下ならば、質問者は確定申告に際して配偶者控除(38万円)を受けることができます。

ここでいう所得は、厳密には「合計所得金額」と呼びます。「合計所得金額」とは、色々な種類の所得の合計額です。しかし年金以外の所得がない人の場合は、年金に係る雑所得だけを考えれば良いことになります。

さて、奥さんの所得は、
〔a〕公的年金に係る雑所得と〔b〕個人年金に係る雑所得の合計額です。

それぞれ、次のように計算します。
〔a〕公的年金に係る雑所得=公的年金の年間収入金額-公的年金等控除額
「公的年金の年間収入金額」は、役所から母上に郵送された源泉徴収票を見れば分かります。また、「公的年金等控除額」は国税庁のHPを見て下さい。↓

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1600.htm

「公的年金等に係る雑所得の速算表(平成17年分以後)」の「(c)控除額」の欄の金額が「公的年金等控除額」です。


〔b〕個人年金に係る雑所得=個人年金の年間収入金額-個人年金の必要経費
計算方法は国税庁のHPの通りですが、一般人にはややこしいですから、生命保険会社から母上に郵送された証明書を見て下さい。個人年金に係る雑所得の金額が書いてあるはずです。計算しなくて済みます。


以上で、奥さんの所得が計算できますね。

できるだけ簡潔に回答しましょう。

先ず、奥さんの所得が38万円以下ならば、質問者は確定申告に際して配偶者控除(38万円)を受けることができます。

ここでいう所得は、厳密には「合計所得金額」と呼びます。「合計所得金額」とは、色々な種類の所得の合計額です。しかし年金以外の所得がない人の場合は、年金に係る雑所得だけを考えれば良いことになります。

さて、奥さんの所得は、
〔a〕公的年金に係る雑所得と〔b〕個人年金に係る雑所得の合計額です。

それぞれ、次のように計算します。
〔a〕公的...続きを読む


人気Q&Aランキング