これからの季節に親子でハイキング! >>

永遠は存在するのでしょうか?

ふと、永遠はあるのだろうかと疑問を持ちました。
・人間は勿論、永遠じゃないですよね。100年後には皆死んでしまいます。
・地球も永遠じゃない。いつかは跡形もなく無くなるかもしれない。
・人間の考え出した(発見した)数式や思想はどうだろうか。でも人間がいなくなれば使われること
が無くなる。これも永遠じゃない。しかし人間がいなくても、思想はまだしも数式などはあるようなもの
ではないか?でも人間が見つけない(認識できない)と、やはり無いようなものではないか。(なんか永遠じゃなくて存在のような話になっていますが、ご容赦ください)


でも一方ではこういう永遠はあるのでは?と思いました。
・「私は今22歳だ。もう21歳に戻ることは永遠に出来ない」
確かに、これは永遠です。でも上で挙げた永遠とは違う気がします。私が疑問に思っている
永遠は「ずっと続くもの」と考えていますが、22歳の例の永遠は「過ぎ去ったことに対するもので
それがもう未来には来ないもの」だと思います。


と、いうわけで私が出した結論は「未来永劫ずっと続くものは存在しない。永遠は無い」ということです。
しかし、少ない脳みそで考えたのでまだ疑問が残ります。
永遠は存在しますか?あるのなら何か例を挙げて頂けれると嬉しいです。

言葉足らずな面もあると思いますが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (34件中1~10件)

永遠なるもの、それは変化です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

変化!してやられました。確かにこの世のものは常に変っていきますね。人間でも常に
様々な変化が起こっていますし。

でも、変化して変化して、いよいよもって変化しえない、そういう最小(最大)までいくものなんて、
ないですよね?

お礼日時:2010/10/14 16:58

>死んでしまったら私の時間は止まってしまいます。



 そのような事態はあなたに決して起こりはしません。あなたの時間は止まることはないのですよ。
 あなたと時間は同じものなのですから。
    • good
    • 0

>刹那が続いているのではなく、自分が刹那を続けさせていっている。

それは私が生きているからでしょうか。

 そうです。生きるということは、刹那をつむぐってことで、いわゆる時間となります。

 あなたの外で刹那が続いているのではなくて、あなたが刹那を続けさせる驚異的能力を発揮し続けているのです。

 だからこそ、永遠はその彼方にありますがあくまでもあなたの能力の範疇なのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

永遠が能力の一部としてある。非常に面白いです。
生きている間はなるほど私が生きる時間というのが存在しますが、死んでしまったら私の時間は止まってしまいます。

もうこれ以上書き込みが無ければ、この質問への回答を締め切ります。
当初は永遠は無いと思っていましたが、皆様からの質問で、永遠はある、と思い始めました。
特に人間がそれを持ちうる(歴史のように紡がれていく)のは驚きです。

お礼日時:2010/11/11 20:34

 ANo.30にてコメントを頂きました。

ご丁寧に有り難う。(私も70半ばでだぶんdissapointさんより少し上でしょうから)

 『永遠は無い分にはいいと思います。そもそも、この世には永遠なんてないと思っています。
 あったら嫌です。例えば、私の人生が永遠に続くとしたら。きっと私の人生は味気ないもの
になるでしょう。永遠に生きれないからこそ自分の人生が輝くと思います。』
 素直な文章ですね。でもね、dissapointさん。あなたはあなたですか?あなたをあなたたらしめているものはかんがえられないですか。
 西洋人は個の存在とその永遠に執着しますが、個としてのあなたはむろん永遠ではありませんことはあたりまえでしょう。
 でもあなたたるものは永遠です。みているあなたは単なる影、一時の幻影です。
 それは恰も(あたかも)人生の主格、行為者、認識者、判断者のような風をしていますが、そこにあなたは実在していない。
 転生とか輪廻とかいいますが、それって大洋の波の一つ一つですから、同じあなたといえばいえないこともないが、みんななにもかもあなたなのです。
 多分西洋的演繹や弁証法ではこのことの認識は無理でしょう。科学がいつかは、追いついてくるでしょう。
 結論だけ言って、何か新興宗教の宣伝みたいに為りましたが、何かのご参考にしてください。信ずる必要のないことがらです。事実の者ですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

少しどころか、私は20代前半です。驚きです。

あなたたるものは永遠。これはそうですね!誰しも自分から逃れることは出来ませんし。
私が私をやめることも出来ませんし。

今までありがとうございました。また質問(疑問)はこのサイトに書いていくので、良かったら見てみてください。

お礼日時:2010/11/11 20:30

 ANo.26に『意識の性格とは何でしょうか』というお訊ねです。


 『意識』を多分心理学やいろんな宗教者が研究しているでしょう。
 唯物史観でも『存在が意識を決定する』とかいいます。
 私も意識について網羅的にそして結論的に学ぼうとしましたが、きちんと発表されているものには行きあがりませんでした。
 元の質問やそれに対してANo.21で書いたことを読み直してみたりしましたが、ちょいと当時に私が遡れませんので申し訳ないが、質問やANo.21で書いたこととの脈絡や平仄が調いませんが、いま思い上がることを書いてみます。
 私達の意識は外在的な一定のが仕方を与えられながら、知覚・経験し紡ぎ出している(構成している)のが私達は私達のセ界であると存じます。
 唯物史観は欧米哲学の観念論のいうことも分りますが、私はヒンドゥの哲理の精進で申し上げております。
 この私達の意識は意識自体を意識や経験できない。知覚や紡ぎ出す事はできない。
 そして経験内容のない意識自体は遡ると、永遠存在の中にその根を持っている。
 そしてそれは多数の個的意識があるようで、実は一つである。
 という私の今の到達です。
 このような意識とその根っこのある基盤は永遠である。
 という私の意識存在です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私たちの意識が私たちの世界を作り出していますね。

意識を意識するのも、出来ない。というよりどういう状態かつかみにくいですね。

なるほど、ありがとうございます。

お礼日時:2010/11/11 20:26

No.29からの続き



「時間とは規則的な振動である」との前提で「有限の時間は存在するか?」を考えます。

「有限の時間は存在するか?」は、
「有限の規則的な振動は存在するか?」の問いに置き換え
さらに「規則的な振動はいつ終了するか?」に置き換えます。

これは、規則的振動の主体が消滅する時期の問いとなります。

規則的振動発生主体の物質(例えばセシウム)の消滅時期はいつか?とします。
そうすると、時間のなくなる時期の問いは宇宙の消滅時期への問いとなります。

    「時間は、宇宙の誕生とともに生まれ、宇宙の消滅とともに消える」
    その外には、時間は存在しない。
    宇宙の存在の外に、規則的な振動を発生する主体が存在しないので、
    時間は存在し得ないということです。

哲学的問いが物理学的問いへの置き換えられました。これなら解けそうです。


分かりやすく、思考の流れを再整理すると

「永遠は存在するか?」
   ↓
「無限に続く時間は存在するか?」
   ↓
「有限時間の存在」の否定 → 無限の証明 → 永遠の存在証明
   ↓
   ↓<時間の具体化の必要性発生 → 時間を規則的振動とする。>
   ↓
「規則的振動を生じる存在」の否定
   ↓
「宇宙終了時間の存在」の否定
   ↓
哲学的な問いが物理学への問いに変わった。→ 回答可能かも・・・


そこで、物理学での回答なので書籍等で得られる、最先端の宇宙状況解説から判断すると、
宇宙終了を現在の物理学は回答を用意できていません。(分かっていません。)
(逆に、宇宙の果ては加速膨張して疑問がふくらんでいるようです。 加速膨張関連の謎の解明に取り組み中です。)
  ↓
よって、「永遠は存在しますか?」は、分からない。
という結論を得ました。

(続く)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

抽象的な質問に興味をお持ちいただき、ありがとうございます。
分かりやすかったです。有限でなければ無限であり、永遠と言える。
有限な時間と言われてふとカップヌードルが思いつきました笑
ただあれは限定的に時間を切り取った、とでも言えばいいでしょうか。3分過ぎても時間は過ぎていきます。

宇宙は今後どうなるかは分かりませんよね。広がっていくらしいですが、いつ終了するかも分からない。

ところでセシウムは宇宙がなくなるまで消滅しないのでしょうか。

お礼日時:2010/11/07 22:51

 ANo.21&26ですが、dissapointさんは永遠がなかったらどうだと思いますか?


 あったらどうだと思いますか ?
 貴重なご意見やご回答がたくさんよせられていますがその辺はいったいどうお考えですか?
 ご補足をじっと堪えてお待ちしてます。こらえてという字です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事が大変遅くなりました。

永遠は無い分にはいいと思います。そもそも、この世には永遠なんてないと思っています。
あったら嫌です。例えば、私の人生が永遠に続くとしたら。きっと私の人生は味気ないもの
になるでしょう。永遠に生きれないからこそ自分の人生が輝くと思います。

ただ、上では永遠はないと書きましたが、皆様からの回答で、永遠はありそう、とも思っています。
変化だったり、そもそも人間がそういうものを目指していける(後世に何かを残していく)。

お礼日時:2010/11/07 22:27

 


遅ればせながら、意見を書かせていただきます。先に回答を述べると、

「永遠が存在するかどうかは、分からない」です。

この問題は、

時間とは何か?
存在とは何か?
認識とは何か?

を同時に問いとして提出していると思います。
さらに、この中で最大の問いは「時間とは何か?」であると思います。

この説明をする前に、ここに書き込むに至るまでの思考の経過を述べます。

最初質問を読んだ時、相当難しい問題だな。同時にチャレンジしたいなとも思いました。
それで、考えたのですが・・・・
まず、質問が分からないのでこの原因を考えました。
分からない原因は、「永遠」が分からないと言う事に気がつきました。

そこで、分かりやすくするため「永遠」を「無限に続く時間」としました。
そして、問題を「無限に続く時間は存在するか?」に置き換えます。
しかし、それでも分からない・・・

「無限に続く時間は存在するか?」をどう、証明して良いか分からないのです。
考えて、有限を問い、これを否定すれば、無限が証明できると気がつき
次の様な質問に答えるというアプローチに変えました。

「有限の時間は存在するか?」

これを答えれば、質問者の問いに回答を与えられる気がします。

具体的に考えるために、グラフ用紙の様な紙に横線を引きこれを時間軸とします。
適当に、スタート点を決め、次に終点を決めます。
この、終点の存在が証明できれば、時間の有限が証明できることになります。

しかし、思考はストップします。と言うか、重大な問題に気がつきます。
この証明をするためには、どうしても、時間という存在を具体化しないといけないのです。

辞書(広辞苑)を引くと
時間:時の流れの2点間(の長さ)。時の長さ
と書いてありました。2点間という所は、グラフ化した自分の考えと一致していて腑に落ちるのですが、
「時間」を説明するのに「時」を持ち出すのは感心しません。
「時間」と「時」はほとんど同じ言葉で、これでは言葉のすり替えで説明にはなっていません。

「時間」とは、他に比較する概念がありませんから、相対的な説明が難しいので、辞書としては妥当な説明だとも思います。
しかし、質問に答えるには、どうしても具体化するする必要があります。

考えた結果

「時間」とは、「規則的な振動である」との認識を得ました。

分かりやすく、詳細に説明します。
私たちが時間を知る手段は「時計」です。
時計は何により時間を知らせているか?
それは「規則的な振動」から数を数え、時間として知らせています。

時計の歴史を振り返るならば、「規則的な振動」の発信源の精度を上げる歴史であることが分かります。
最初は、バネの様な力で歯車を規則的に回す手段を取ります。
次に、水晶の振動を利用します。(クォーツ時計とも言います。)
現在では、電波時計が主流になっているようです。
これも、結局は、セシウムという原子・分子の振動を利用して時間を提示しています。

時代は変われど、「規則的な振動」を利用していることが分かります。


電波時計 wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E6%B3%A2% …

(続く)
    • good
    • 0

今日、フラクタルの父と呼ばれていたマンデルブロー先生が亡くなられた報告を聞いた。

私はこの方を個人的に知っているので、この場を借りて先生の逸話の一つを紹介して、ご冥福を祈らせてもらいます。

#23と24でフォン・ノイマン神の悪口を散々述べたので、毒を食らえば皿までだ。これから物理屋の見た独断と偏見に基づいて、数学屋のケチをつけるんだが、文句があったら幾らでも反論してもらいたい。

マンデルブロー先生にある日、普段から私の持論である「数学はガキの学問である」ちゅうことを言って噛み付いたことがある。今年の7月に亡くなられた数学者の森毅ちゅう先生が昔在る本の中で「若者は受験勉強の数学で青春を燃やすことにも意味がある」なんちゅう夢のないことを言っておられたが、そんな程度の低いことにケチをつける訳じゃないよ。数学屋はたまたま脳味噌のハードウエアが良くって、人よりもルービック・キューブが早く解けるなんて言うことで悦にいっているティーンネージャーみたいなもんだね。現実を深く考えるわけでもなく、与えられた枠内で論理の辻褄が合っていれば、それで現実が分かった気になっている理屈っぽいティーンネージャーみたいなもんじゃ。だから、数学屋には何も現実を知らない15才くらいでも世界的な仕事ができる。自然科学の中でも最も単純な物を扱う物理学でもそうは行かない。何故なら、理屈ばかりでなくて現実を知らんと出来んからだ。そんな屁理屈を私は、マンデルブロー先生に捲し立てていたんだね。しかしは、先生はああだこうだと言って私の意見に賛成しない。

そこで、あたしゃもう一つの取って置きの例を出したんだ。そもそも数学でもっとも権威ある賞はフィールズ賞だろう。ところが、その賞は40才過ぎたら貰えないことになっいる。こんな馬鹿な規則を作っているのは、数学屋さんも数学はガキの学問だと認めているからだとしか考えられないではないか、と言ったんだ。その時だったね、マンデルブロー先生がいきなり私の意見に賛成したのは。先生曰く、
 「そうなんだよ、数学業界にはこんな馬鹿な規則を作って悦にいっている連中がいる。俺のやったフラクタルの問題は俺が50過ぎになってやった仕事だったんだ。だから、俺はじめからフィールズ賞の枠外で相手にされていなかったんだよ」

おっと口が滑る過ぎたが、数学者の中にはマンデルブロー先生ばかりではなく、ポアンカレやゲルファントみたいな例外的な大人がいなかった訳じゃないよ。

まあ、マンデルブロー先生をフィールズ賞の枠から外すなんて、数学界はとんでもない味噌を付けたもんだ。そういえば、教授は若い頃ずっと統計力学をやっていた物理屋さんだったんだね。いつぞやフィールズ賞を貰ったある外国の数学者が、量子力学はフォン・ノイマンによって作られたなんて馬鹿なことを言ってた。孰れにしても、マンデルブロー先生はフィールズ賞を貰えなかった偉大な数学者ってことで、フィールズ賞を貰った連中よりも桁違いに偉大な数学者だってことだ。

先生、あしゃ常々先生のことを尊敬しておりやした。この場を借りて、先生のご冥福を祈らせてもらいます。
    • good
    • 0

>刹那は今もなお続いていっていますね。



 ここに誤解の種があるんですよね。
 刹那はあなたの周りで続いていっているのではなくて、あなたが 刹那を続いていって いかせています。
 永遠はあなたの周りで続いていっているとする刹那の延長にある幻想でもあり、あなたが刹那から作り上げた驚異的な時の広がりともいえるのです。

 刹那と永遠は同じものであり、永遠が存在するのはあなたの中なのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。

刹那が続いているのではなく、自分が刹那を続けさせていっている。それは私が生きているからでしょうか。

お礼日時:2010/11/07 23:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

1  2  3  4 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人の心に永遠は無いですか?

人の心は必ずしも変化していくものでしょうか。
特に「愛」において。
感情はどんなに燃え上がっても、いつかはその炎の強さは弱まっていくものでしょうか?
永遠に変わらない感情は無いのでしょうか?

Aベストアンサー

好みや執着心は、変わらないと思います。


錯覚ってありますよね。
例えば「いいな」と思っていた人と、あれよあれよと言うまに付き合いだして、結婚をしたとする。
ところがあんなに好きだった相手なのに、周りからうらやましがられたのに、心が冷めた自分に気づいたとする。
何故なんだ と。

思い出してみると、まだ付き合う前に周りが「彼女はマドンナ、高値の花だよね」と言っていて、「俺たちが食事に誘ってもどうせ相手にもしてくれやしないだろう」と言っていたとする。

「高値の花をものにして、同僚からすごいと思われたい」と思った場合、高値の花をどうやって攻略しようか思っていると、他の女性たちの話で彼女はクラシック音楽が好きだということを知る。

ふーん退屈 とか思っていたが、レコード店でクラッシックのコーナーに一応行って見る。
ベストのCDを一応買ってみた。
で、買った以上 一応聞いてみる。 なかなかいいじゃないかと思う。

同僚に「君たちクラッシック音楽は最高さ」とか言ってみたりする。

そんなあるとき、マドンナと給湯室でばったり。
「ども」と挨拶をすると「〇〇さんってクラッシック音楽がお好きだと噂で聞いたんですけど、どの曲が好きですか?」とかマドンナから声をかけられた。

「いやあ 好きと言っても最近ハマりだしたばかりでして。」と焦る。
最近買ったCDの曲名を思い出し、「ビバルディーの四季の夏なんか毎日出勤前に聞いています。」とか言うと、「ああ、確かにあの曲は仕事前の曲としていいですね。ナイスチョイスです」とマドンナがにっこり。

「いやいや まだまだ知らない曲が多くて、よかったら良いと思った曲を教えてください」とか言うと、「じゃあ CDを貸してあげます。」と。

ここからCDのやり取りをするようになり、やがて二人の付き合いが始まったとする。

クラッシック音楽を理解できる自分。
高値の花と呼ばれる女性食事して、まわりから「おお」とうらやましがられる自分。
美しい女性と一緒に歩いていると、まわりの男たちにうらやましい表情を向けられる自分。
美しい女性をトークで喜ばせて、「なんであの男なんだ」とうらやましがられる自分。

彼女の好きなものは自分も好きになっていき、彼女によって眠っていた自分の感性が呼び覚まされたような気分になり、彼女に感謝している自分。

そんなこんなで結婚をしたとする。

夫婦で外出すると、確かに周りは二人に注目 というか彼女に注目をするが、そう頻繁に自分の給料じゃあ外食に行けない。

自分は彼女に合わせてイタメシがすきだと言ったが、実はあっさりな日本食がすき。
いまさら「朝はパンじゃなくて、白いご飯と味噌汁が食いたい」とはいえない。

クラッシック音楽も、もともと好きじゃないので、最近部屋にかかっていると、切りたくなる。
自分を悩ます食事や音楽を提供する妻をみて、だんだん うっとうしく感じる。
別れたらこのうっとうしい環境から開放される とふと思ったりする。

馬鹿な 俺は周りからさんざんうらやましいと言われたんだ。宝石を手放す気か。

と悶々とするわけです。


彼の場合、自己顕示欲が強く、まわりに自分を注目して欲しと願うキャラだったので、その目的のために、マドンナを利用したわけで、相性は合っておらず結局無理をすることになり、無理をすることに意義を感じない場合、逆に我慢でストレスを溜め込むことになるわけです。


空気のような関係と言われる夫婦はお互い無理しない。
相性が合うから、存在をそれほど感じないが、確かに存在しているから安らぐわけです。

というわけで、<好き>が個性により自然発生したものか、<他のものを獲得するため>の手段を愛だと錯覚したかで違ってくると思います。


それに人は、新しい刺激に対して慣れ(順応・適応)ができないと、神経すり減らします。
例えば時計を買ってすぐは時計の音が気になり夜も寝れませんが、しばらくすると時計の音がしていることすら気づかなくなる。
慣れたことで、存在しているのに存在していないとして脳が修正してくれるんです。

これを脳がしてくれないと適応障害になり、生活が営めなくなる。

時間の経過とともに、順応により相手から強い刺激を感じなくなっても、相性が合っていれば、安らぎは残り続けます。

好みや執着心は、変わらないと思います。


錯覚ってありますよね。
例えば「いいな」と思っていた人と、あれよあれよと言うまに付き合いだして、結婚をしたとする。
ところがあんなに好きだった相手なのに、周りからうらやましがられたのに、心が冷めた自分に気づいたとする。
何故なんだ と。

思い出してみると、まだ付き合う前に周りが「彼女はマドンナ、高値の花だよね」と言っていて、「俺たちが食事に誘ってもどうせ相手にもしてくれやしないだろう」と言っていたとする。

「高値の花をものにして、同僚...続きを読む

Q終わり・永遠とは何なんでしょう

僕は中2の男子です。

カテゴリ違いかもしれませんが,その他に合うカテゴリも無かったのでこちらに質問させて頂きました。

僕は前から不思議な事を考えてしまって,悩んでいます。
それは,「終わり・永遠とはなんだろう」という事です。

人は死んだ後輪廻転生するっていう考え方と,
もうその時点で魂も消滅するっていう考え方があると思うんですが,
どっちも納得できなくて・・・

輪廻転生するなら自分の魂は記憶をリセットされて
永遠に世界を彷徨い続けるのかと思うと怖くなってしまって・・・

その時点で消滅するのなら,
もう二度と復活しない,感覚もない,意識もない状態になってしまうのかと,それも怖くなってしまい・・・

それに,「永遠」という物も理解しがたく,とても恐ろしく思えてしまいます。
始まりも終わりも無い世界というのも,
終わりがあってそれ以降何も存在しないというのも
全く以って理解ができません。

そこで質問です。
「終わり」や「永遠」を皆さんはどのようにお考えでしょうか?

回答お待ちしております。

Aベストアンサー

悟りを開いたとされ、諸行無常と悟りきった人ですら、死の床についたとき「死のとうない 死にとうない」と言ったそうです。

「和尚様それでは他のものに示しがつきません」と周りの人が言ったそうですが、結局 どんなに悟りを開いても、現実死と向き合う状況になったら、ひしひしと消滅の恐怖を「やっと」感じれるものなわけで。

誰だっけ、えっとぉ、、、、ハイデッカー!
ハイデッカーは生の後に死が来るのではなく、生を獲得したら同時に死も獲得したことになる と言っていたそうです。

どういうことかというと、生あるものは必ず死にますよね。
ですから生まれるということをしたら、死ぬ運命も獲得していることになり、生まれた以上、絶対に死は回避不可能なことなわけです。


で、ほぎゃーと生まれたとき 生が99%で死が1%、そこからだんだんと生の数値が下がり死の数値があがっていく。
生が0で死が100%になったとき死ぬわけです。


で、生きるということは、その数値の変化をたどることなわけで、年取って自分の人生を振り返って生を感じるのではなく、死に至っているその過程が生きるということ。

ってなことを語っていたような。
20世紀最大の哲学者とされるわけで、斬新な考え。


例えば教室から図書館に行こうと思ったら、既に少し図書館に入ったことになる。
「行こう」と思ったとき、教室99% 図書館1%、図書館に近づいていくうちに数値が変わっていき、図書館の中に入ったとき、教室0で図書館が100%になる。

意思を向けたとき、既に別世界に足を踏み入れている。

途中で友達に「サッカーをやろうぜ」と声をかけられたら、図書館の数値が減っていき、グランドの数値が上がっていく。
「やっぱり 調べ物をしたいからやめる」と言うと、また数値が変わって図書館の数値があがっていく。


死は誰も望まないので、意思は介在しないのですが、意思とは関係ない運命による死。

で、今日交通事故やビルからなにか落ちてきて死ぬかもれない。
意思とは関係なく、突然生0、死100%になることもある。

ただ、交通事故にあいたくないから家から出ない とか思っていたら、まともな生活はできませんよね。
我々はリスクを受け入れることで生活をしていっているわけです。


死は確実にくる生を獲得したもの全員に課せられたリスク。
生まれなければ死はないが、生まれてしまった以上、リスクの死はいりません とはいえないわけです。
生の条件は死も梱包されているのだから。


で、聖書にコヘレトの言葉 というのがある。(ちなみに私は無神論者ですので、あくまで哲学としてこの章を参考にしている)

<空しい>というものがずっと続く。
獲得したものもやがて過ぎ去る。
名誉も地位も財産も友人もやがて失う人生がなんと空しいことか と。
苦労して築いたものは死んだら所有し続けられませんよね。

そのようにいろいろ例をあげて、「どれもこれも空しい」と生の空しさが語られている。
ところが知恵者ですから、ニヒリストのたわごとでは終わっていないわけです。

誰にも奪えないものがひとつだけある。死すら私から奪えないものがひとつだけあるって。
よかったら読んでみてください。
図書館に旧約聖書があると思います。
その中の「伝道の書」 もしくは 「コヘレトの言葉」のところに書かれています。
キリスト教徒とよく私バトっていますが、キリスト教徒の人が「この章が一番好き」って言ったら、その人だけはつるし上げにしていじめたりしないです。笑

 

悟りを開いたとされ、諸行無常と悟りきった人ですら、死の床についたとき「死のとうない 死にとうない」と言ったそうです。

「和尚様それでは他のものに示しがつきません」と周りの人が言ったそうですが、結局 どんなに悟りを開いても、現実死と向き合う状況になったら、ひしひしと消滅の恐怖を「やっと」感じれるものなわけで。

誰だっけ、えっとぉ、、、、ハイデッカー!
ハイデッカーは生の後に死が来るのではなく、生を獲得したら同時に死も獲得したことになる と言っていたそうです。

どういうことかと...続きを読む

Q永遠の愛ってありますか?

ここにはいろんな方がいっぱいいますよね?
不倫、浮気、風俗…とか読んでいて、永遠の愛なんて本当はないのかな…と思いました。
大好きな人と結婚しても、いつかは家族愛になって、
男や女としての愛がまたほしくなるのでしょうか?

永遠の愛ってありますか?

Aベストアンサー

幻想なんかじゃないですよ。

それに永遠の愛があるか、ないか、なんて
誰かが定めるものじゃなくって結局ひとそれぞれなんじゃないでしょうか?
ないと思ったらない、
あると感じているひとは確かにそこにあるんですよ。

私はそれが感じられない人は可愛そうな人だな・・・って思います。


私は家族愛こそ、やはり永遠の愛、究極の愛だと思ってますよ。「男として女として」その”愛”の究極なかたちが夫婦、家族だと思ってます。
夫に、子供にって見返りを期待しないただ無償の愛を与えますよね?それと同時に同じだけの愛をもらってると思うんです。それは永遠ですよ。
(あ、別に変な宗教入ってるとかじゃないですよ!(笑))


不倫、浮気・・・いるでしょうねそういう人も、沢山。
でも私のまわりには、ただ無償に家族を愛している、愛されている人が沢山いますよ。きっと彼らは言葉になんかしなくても「永遠の愛」を身をもってかんじてるはずですよ。

Q永遠の恋愛なんてないのでしょうか…

ふと悩んでしまったので質問をしてみます。

周囲での恋愛を見ていると失恋をしている方は大勢いらっしゃいますが、
皆様次に相手を見つけたり新しい恋に踏み出していたりする方が多いですよね。

つまり自分を今好いてくれている人がいたとしても、
結局別れて時が経てばその人は別の相手を見つけてその人に恋をするということですよね。
もし別れていなくても、他の異性に目移りをされる可能性もあるわけですよね。

そう考えると永遠の恋愛なんてものはこの世に存在しないのではないかと思ってしまいます。
告白を受けてもそれが何だか薄っぺらいものに感じられてしまい、
告白してもらえて嬉しい感情もありますが相手に失礼とは分かりつつも失望してしまう自分もいます。

皆様はどのように考えていらっしゃいますか?
皆様からすればくだらない事と思いましたがご意見を伺いたいと思い質問致しました。

Aベストアンサー

たとえ一人の人を愛し続けるにしても、その形は変容し続けるものです。
仲の良い夫婦でも、その時の愛情は結婚する以前と同じであるということはありません。
それは薄れる場合もありますが、熟成される場合もあります。

本来、恋愛とは自らの願望であったり、恋愛観であったり、
それを相手に投影させることに始まります。
どこまでいっても100%相手のことを理解することはできません。
そのうまることのない隙間に、夢を見たり、失望をしたりするものだと思います。
あなたへの告白もそうした空虚なものの上に成り立っています。
それに永遠を求めること自体が間違いだと思います。
しかし、熟成させること、深めることは可能です。
今の時間を凍結させるのではなく、未来に向かって進化させていく努力が必要だと思います。

Q彼氏が自殺しました。

彼氏が一カ月前に自殺していました
原因は私にあるとおもいます。

彼はとても一途で そしてすこし心が脆かったし
二年間の付き合いで 別れようとか別れたいとかいう言葉を口にしたことはありませんでした。
毎日大すき!っと言ってくれていました

私たちは車で二時間かかる距離で 遊ぶ回数は私は仕事であり、彼は学生であり
私の休みは土日は確実にないので あまり時間があわなくて
月一で彼の家にとまりに行く程度でした

彼と付き合ってくうちに 私は何度か別れたいとおもうときがありました
その時は 彼氏がバイトもしないで奨学金で専門学校に通ってることに無償にいらいらしてたり
彼氏の恰好が v系寄りで少々派手だったり 彼の愛情が重く感じたり
そんな理由でした。

一度本気で別れようといって連絡をとらなくしました
そしたら 着信が90くらい来たり メールのあらしが来て
最後のメールで

俺はお前がいなきゃ生きてけない ごめん 死にます
という文面で 首吊りのロープの写真がはられてました

私は怖くなって 怖くなって警察に連絡しました

警察から後ほど連絡きたら そのときは大丈夫だったそうでした


それから話し合うことになって 会って話し合いました
その時も彼の部屋で話し合ったのですが、
私は命をかけごとに使うことはおかしい と言いました 彼は別れたくないし 俺が死んだってお前には連絡いかないから大丈夫だよ^^
言ってました・・

それからまた寄りを戻すことにしました
そのころは、ただ死なれるのが怖かったんです 本当に死なれる気がしてどうしょうもなかったのです。

一回目の自殺予告のまえに
ミクシーのほうで 死にたいとか もとから身長175cmで体重45キロくらいのかなり細身な体だったのに 首をつって余計なものが出ないように断食をする!って書いてあり その結果40キロまで落としてました その様子で 家族に精神病院にまでつれていかれたそうです。


正直自分でも ただの死なれるからどうしよう という思いで付き合っていても
連絡は取る気になれなくなって めーるの文面もつめたい雰囲気になり
どうしてつめたいの?
俺なんかしたかな?

などと聞かれるのも億劫になって

私は寄りを戻した後 また別れたいと メールを送りました

どうして?俺お前がいなきゃ生きていけないよ?
どうして?

メールをシカトして逃げると

また逃げるの?臭いものには蓋?
会って話し合おう

けれど 会って話し合っても変わらないのはわかってて
私は逃げてメールをシカトして ミクシーのつぶやきもみたくなくて
マイミクをはずして
なにもかも逃げました



そして彼は前見たくは メールも着信もなくて 
ミクシーのにっきでは
最初は死にたいっておもったけど いまおもったらあんなやつのために死ぬのはもったいないわwwwwwwwwwwwwwwwwクリスマスは長門だなwwwwwwwwwwww
って書いてあり 安心しました

けれど二日後 彼氏の友達から 相談のってたんだけど 昨日の深夜に死ぬっていってて ありがとうってメールが来た後 連絡がつかない 俺はいま東京にいるしどうもしてられないから 頼むから探してくれ
というめーるが仕事の休憩中にきました
休憩が終わる五分前で
家族の電話番号もしらないし どうしようとおもって
けれど仕事にもどって けど不安になってどうしようもなくて 一時間後にロッカーにもどって
携帯をひらいたら彼氏からメールがきていました




○○が自殺しました

遺言のほうに伝えてほしい方が書いてあったのでその方に連絡します

兄より



でした 私は彼氏の携帯に電話して そしたらお兄さんがでて
現実を知り泣き崩れました。






私には何も遺言はありませんでした
ただ 遺体には ポケットに私とのプリクラを入れて
手にはペアリング
それだけの持ち物でこんな寒い深夜に山で首をつりました


そしてミクシーのにっきに 
彼女を責めないでください すべて弱い自分に原因がある
お酒のせいですこし気がらくだ
やっぱり世界一かわいい さすが俺が愛した人だ



それだけ書いてありました


後悔しかありません
そして今ではこんなにも引きずって
なぜ振ってしまったのか こんなに自分を愛してくれてた人を どうして捨てたのか
どうして救ってあげられなかったのか
後悔だらけです
そしてできればあとをおいたい。
会いたい
ただそれだけです

これからさき一生このきもちをひきずっていくかとおもうと もう人生を終わりにしてもいいかなと思います


だれかのアドバイスをききたいです
また同じような経験をして今 どうやって暮らしているのか・・

できるかぎり質問にもこたえます
よろしくお願いします

彼氏が一カ月前に自殺していました
原因は私にあるとおもいます。

彼はとても一途で そしてすこし心が脆かったし
二年間の付き合いで 別れようとか別れたいとかいう言葉を口にしたことはありませんでした。
毎日大すき!っと言ってくれていました

私たちは車で二時間かかる距離で 遊ぶ回数は私は仕事であり、彼は学生であり
私の休みは土日は確実にないので あまり時間があわなくて
月一で彼の家にとまりに行く程度でした

彼と付き合ってくうちに 私は何度か別れたいとおもうときがありました
その時は ...続きを読む

Aベストアンサー

度々すみません。
誰かを愛したら、誰かの優しさに縋り付くのではなく、自ら愛を与えなさい。

あなたはできる事は全てしました。
彼との交際中に、彼に愛を与えたじゃないですか?
それは彼にとっては宝でかけがえの無いものです。

あなたが自我を堪えて、彼に嘘の愛を与える事が全て解決できたと思いますか?

私はそうは思えませんよ。

彼は自分の問題に彼自信が立ち向かうべきだった。
人を巻き込み、人の人生をうばってまで成せる事は、決して彼の力とは言えません。

あなたは幸せになりなさい。
辛さを経験しただけ、大きくなりなさい。
人の弱さや辛さがわかった今回を、忘れろとは言いません。

バネにして、誰かを愛した時、その人をありのままあなたの綺麗な目で見て、尊重してあげてください。

甘やかす事がすべてではありませんよ。

時には厳しく突き放す事が愛でもあります。

あなたは、この事を彼にしましたよね?

今は辛い、自分を責めるのも理解できます。
でも、あなたの人生はあなたが創るべきです。
厳しく書きましたね。ごめんなさい。
ただ命を粗末にして、後悔しているのは彼自身でしょう。
あなたまで悩むと、彼はますます辛くなりますよ。
彼への供養は、あなたらしく生きること。

度々すみません。
誰かを愛したら、誰かの優しさに縋り付くのではなく、自ら愛を与えなさい。

あなたはできる事は全てしました。
彼との交際中に、彼に愛を与えたじゃないですか?
それは彼にとっては宝でかけがえの無いものです。

あなたが自我を堪えて、彼に嘘の愛を与える事が全て解決できたと思いますか?

私はそうは思えませんよ。

彼は自分の問題に彼自信が立ち向かうべきだった。
人を巻き込み、人の人生をうばってまで成せる事は、決して彼の力とは言えません。

あなたは幸せになりな...続きを読む

Q高齢者の方は死ぬのが怖くないのか?

「もしも明日の午前0時に、突然死ぬとしたら、何がしたいか?」
という問いをよく自分にぶつけます。

「女性とたくさん関係を持つ」とか「おいしいものを食べまくる」とか
「気に入らないやつを殴りに行く」とか、
低俗で下世話な欲望がいろいろ浮かぶのですが、
結局いつも最後に出るリアルな答えは
「死への恐怖に耐え切れずに、ただ泣きながらそのときを待つだけだろう」です。

しかし、高齢者(特に平均寿命を大幅に超えた)の方々は、
「明日、いや次の瞬間に自分は死ぬかもしれない」という
恐怖を抱えているはずなのですが、
精神面・行動面、
すべての面において、
若者よりも落ち着いているように私には見えます。

少し失礼な言い方になりますが、
脳が老化すると、死への恐怖が鈍化するのでしょうか?
それとも本当は、心の中が死への恐怖でいっぱいなのでしょうか?

私が今80歳になったと仮定すれば、
とても死への恐怖に耐えられません。

そう考えると、ご年配の方々はつくづく偉大だなといつも思っているのですが、
本当のところはどうなのでしょうか?

教えてgooのユーザーさんにいらっしゃるかわかりませんが、
80歳を超えておられるご年配の方々に、
死に対するご意見を聞いてみたいです。

「もしも明日の午前0時に、突然死ぬとしたら、何がしたいか?」
という問いをよく自分にぶつけます。

「女性とたくさん関係を持つ」とか「おいしいものを食べまくる」とか
「気に入らないやつを殴りに行く」とか、
低俗で下世話な欲望がいろいろ浮かぶのですが、
結局いつも最後に出るリアルな答えは
「死への恐怖に耐え切れずに、ただ泣きながらそのときを待つだけだろう」です。

しかし、高齢者(特に平均寿命を大幅に超えた)の方々は、
「明日、いや次の瞬間に自分は死ぬかもしれない」という
恐...続きを読む

Aベストアンサー

高齢になると身体のあちこちにがたが来る。燃えるような希望がなくなる。パワーがなくなる。つまり心身ともに衰え、死期の近いことを悟り(ああもうそろそろだな)とあきらめがつくのです。
わたしは団塊の世代ですが、老化現象があちこちにあり、これが年と共に強まり、衰えて行くのだなということがわかります。淋しいことですがこれが自然です。死なないとこれまた大変なことになります。要するに神によって生かされている間はしっかりと自己表現して生きればいいんです。

Qタナトフォビア(死恐怖症)の症状を抑えたいです。

現在23歳、大学3年で就活が間近に迫っている男です。

昨年(2010年)の年末から、死んだら自分はどうなってしまうのだろうという思いがほぼ四六時中、頭から離れなくて心身共に疲れています。

小学校に入学するかしないかの頃から、ふとした瞬間に、死んだら自分はどうなってしまうのだろうと考えて得体も知れない怖さを感じることが度々ありましたが、寝るなどしてしばらくしたら治まっていました。

しかし、今回はすぐに治まらず、死んだら自分の意識は無くなってしまうのだろうか、「無」は何なのだろうか、何の為に生きているのだろうかとか、宇宙について考えてしまったりして、ここ数日は朝になるまで寝られず、起きている間も考えてしまいます。恐怖や絶望を感じてしまい、食事も無理をして行っている感じがします。情けないですが、自分の部屋で声を殺して泣いてしまうこともありました。

また、母親(60代前半)もいつか死んでしまって、火葬が行われるであろうことも考えてしまい、家で母親の顔を見ただけでも、涙が出そうになってしまいます。ニュースなどで人が死んだことを聞いても、その人について考えてしまいます。

先日、ネットで調べて「タナトフォビア」という言葉があることを知り、自分もそれを発症していると思い、ここのような相談サイトを見て回ったのですが、理論的な理解はできても、感情をなかなか抑えられません。少し落ち着いているときと考え込んでしまうときが交互に来ている状況です。

10代の時に強迫観念症(これが正式名かどうかはわかりません)を複数発症したこともありました。(元々、そのような病気になりやすいのだと思います。)そのときは病院には行かず、程度の差はあれ、自分で症状を改善しました。

心が休まりません。どうすれば、タナトフォビアの症状を抑えられるのでしょうか。

強迫観念症の件で家族には迷惑をかけてきており、また、今回は対象が「死」ということもあり、家族には話していません。なので、ここで質問させていただいた次第です。

長文かつ乱文で申し訳ございませんがよろしくお願いします。

現在23歳、大学3年で就活が間近に迫っている男です。

昨年(2010年)の年末から、死んだら自分はどうなってしまうのだろうという思いがほぼ四六時中、頭から離れなくて心身共に疲れています。

小学校に入学するかしないかの頃から、ふとした瞬間に、死んだら自分はどうなってしまうのだろうと考えて得体も知れない怖さを感じることが度々ありましたが、寝るなどしてしばらくしたら治まっていました。

しかし、今回はすぐに治まらず、死んだら自分の意識は無くなってしまうのだろうか、「無」は何なのだろうか、...続きを読む

Aベストアンサー

今晩は。

症状を抑えるのも大事かと思いますが、うまく付き合う、それもひとつの解決策かと思いお返事します。

強迫性障害を持っています。死が対象だったことがあります。
死に捉われ、苦労はしましたが、お陰で意識がとても変わりました。
その経験をお伝えします。

なぜ死に捉われるのかから探りました。
実は身近に死が沢山溢れていることに対し感覚がそれを捕らえていることに気付きました。
だから意識が「死」から離れない。死を感じる結果、それを強く意識してしまう。
だから病気だ、というよりも単純に感性が鋭い事が原因なんだろうと思いました。
感性が豊かな人なら大なり小なりタナトフォビックであろうとも今は思っています。
死、はいかなる人であれ未知です。
DNAからは死を避ける行動を取るように恐怖という感情を引き起こすよう書き込まれています。
それなので死=恐怖は自然な感情です。ところが死が溢れているがゆえにいつまでも繰り返し
恐怖を引き起こす、どこかで麻痺するのが通常なんでしょうけれど、麻痺しないことが苦痛となる。
麻痺しないことは間違ってはいないと思うので病気だとは考えません。
ただ麻痺しないから困っている現状がある、それをまず客観的に捉えられるようにしました。

そこで繰り返し引き起こされる恐怖への対処法を考え、実行しました。

何をしたかというと、死、の反対を探したんです。
誕生ですね。意識して、意識を向けた結果、溢れる死と同じように
生命の誕生を至る所に感じられるようになりました。
毎日、毎秒、ありとあらゆる生命が生まれている一方で、死んでいく。
繰り返し、繰り返し、です。その感覚を得てはじめて万物流転をきちんと理解できた気がします。
自分の身に起こる死もまた、肉体が解体され、流転する。自然の流れなんだろうと。
そこに魂を信じる気持ちがあれば、輪廻転生も有り得る事とも思いました。

その一方で、死からも学びを得ました。何よりも如何に命が儚いか、です。
だからやはり誠に、生きて存在しているということ事態が奇跡なのだと知りました。
一期一会という言葉の持つ真の意味に触れることが出来たのも、死を思ったが故に。
今は昔、全ての時計に書いてあった言葉だそうです。メメントモリ(死を想え)と。
その昔は今で言うタナトフォビアが当たり前だったのかも知れませんね。
ちなみに朝生まれ、夜死す、それが繰り返されて日々となる、という考えもありますね。
なによりも人は思ったよりも簡単に死んでしまうものなので
限られた日々を一所懸命生きなさい、という智慧なのでしょう。

いつか必ず死にます。死後の世界の話で困るのは、結局死んでみないことには判らないですし、
折角まだ生きているのに、知りたいから今死のう、というのも違います。
なので死後の悩みは死後のお楽しみとしてひとまず置いておきませんか?
死後も意識が継続していましたら、その時にあらためて考える、としておいて
意識が無かった時は諦めよう、としてみましょう。
問題の死への概念ですが、死の意識を振り払うことは大変です。
だったら死に対してポジティブな意識を持つように意識を変えてみませんか?

私の辿った道のりです。
身近に溢れる命が死んでゆく、その切なく脆い命が故に、命に対しての愛おしさに繋がった。
儚さゆえの愛おしさだとしても、溢れる息吹に感じ入り、懸命に生きる大切さが
死を感じるが故に繰り返し伝わってくる。
その時にはじめて死の概念がそのまま命への慈しみへと変わりました。

残された日々を大切な人たちといとおしみ、生きる。それはかけがえのない日々となるでしょう。
命を見送り、自分の最後の時には、素晴らしい人生を過ごせれた、と悔いなく死ねるでしょう。
思い残すことが無いから安心して自らの命を自然へ帰す。
そんな心を最後の時に持てるよう日々、命を燃やして生きていきたい。
それこそが、死を想うが故に苦しみを生むことに対しての最大の対処法として
僕が今、まさしく実践中の毎日です。

繰り返しますが、命は儚いものです。お母様を想う気持ちは慈しみでしょう。
慈しむ思いがあるのですから、まずはお母様への慈しみの行動を取ってみましょう。
具体的に、日々の感謝の気持ちを手紙としてお渡しするのも良いでしょう。
あなたの笑い顔を見せることも、もちろんとても喜んでくださるでしょう。
何も出来そうになければ、ただ、傍に居る、たったそれだけでもとても大きな喜びでしょう。
愛情こそ、死への恐怖から解き放つ何よりのものではないでしょうか。

私事ばかりで恐縮ではありますが、何か拾えるものがありましたら何よりの喜びです。
長々とお付き合い、ありがとうございました。

今晩は。

症状を抑えるのも大事かと思いますが、うまく付き合う、それもひとつの解決策かと思いお返事します。

強迫性障害を持っています。死が対象だったことがあります。
死に捉われ、苦労はしましたが、お陰で意識がとても変わりました。
その経験をお伝えします。

なぜ死に捉われるのかから探りました。
実は身近に死が沢山溢れていることに対し感覚がそれを捕らえていることに気付きました。
だから意識が「死」から離れない。死を感じる結果、それを強く意識してしまう。
だから病気だ、というよりも単純...続きを読む

Q永遠なんてないの??

所詮、永遠なんてないんでしょうか??

それとも考え方によって
何とでもなるものなんでしょうか??

永遠ッテなんなんでしょう?

Aベストアンサー

私は永遠というのは、ずっと続くという意味より。
その時々に、永遠に感じるものなのかなぁと思っています。
たとえば、恋人と幸せな時間を過ごし、相手を信頼しあえる関係の時に、このひととは永遠にこんな幸せな時間を過ごせるんだろうと感じるとか。

これが続いていくうちにいつのまにか、本来の意味の永遠になっていくのかもしれませんしね。

永遠を信じる気持ちは素敵だと思います。

Q経済学部と経営学部の違いは何でしょうか?

経済学部と経営学部は何がどう違うのでしょうか?
たいした中身の差はないのでしょあか?

経済学部経営学科もてあるみたいですね。
これでますます分からなくなりました。

将来。起業するのなら経営学部の方が良いのでしょうか?
経営、経済にとらわれなくても良いのでしょうか?

どうぞ教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私自身、経営学部を卒業しましたが経済学部か経営学部で、学習する内容も違ってきます。特に、経済学部経営学科だと、理論や政策などの講義が多くなります。また、経営学部経営学科だと、より「実践的な内容を学習」するといった感じです。

 経営学と経済学は似たようなものですが、経済学は、「理論・政策・歴史」を中心に勉強します。「ミクロ経済学」「マクロ経済学」「経済原論」「財政学」など高校数学の知識が必要になります。経済学は、経営学と比べて数学関係の講義も多くなります。グローバルな問題に対して常に関わっていくのが経済学であり、家計や企業や政府といった単位で経済の仕組みを考えるのが経済学で、それに対して経営学は、経営者として企業をどう動かしていくのか考えるのが経営学です。経営・会計・流通・情報などに興味があるのだったら経営学部です。

 特に、ブランドや洋服に興味があるんだったら「流通論」や「マーケティング」が絡んでくるから経営学部でしょう。「マーケティング」では、企業の戦略や小売業・卸売業・メーカーが一体となって商品の在庫管理などをとりあげたりして、企業側の戦略や業務分析など現場と密接な関係を持った感じの講義がたくさんあります。将来、企業家を目指すのであれば、経済学より、実践的な経営学をお勧めします。特に、中小企業論や社会起業家論などのゼミを選択されると良いと思います。また、大学によっては起業家をよんできてセミナーをひらいたり、ベンチャービジネスをゼミ単位でやっている大学などもあるようです。

 経済学部は、公務員試験に向けた講義が充実しているから、金融や公務員などを目指す人にお勧めでしょう。経営学部は、流通やサービス・金融などを目指す人に向いていると思います。経済学部に比べて、経営学部は、「実務や現場重視」といった感じがあります。商学部は、経営学部に似ていますが、「会計」「流通」「マーケティング」の比重が高くなります。商学部と経営学部は、商学部・経営学部は、ほぼ同じようなカリキュラムで、似たような講義をしているところもかなりあります。

 リクルートの進学系サイトのURLを載せておきます。大学の教授や学生などの情報ものっているので、参考にされてはいかがでしょうか?

参考になれば幸いです♪

 

参考URL:http://www.shingakunet.com/cgi-bin/shingakunet.cgi

私自身、経営学部を卒業しましたが経済学部か経営学部で、学習する内容も違ってきます。特に、経済学部経営学科だと、理論や政策などの講義が多くなります。また、経営学部経営学科だと、より「実践的な内容を学習」するといった感じです。

 経営学と経済学は似たようなものですが、経済学は、「理論・政策・歴史」を中心に勉強します。「ミクロ経済学」「マクロ経済学」「経済原論」「財政学」など高校数学の知識が必要になります。経済学は、経営学と比べて数学関係の講義も多くなります。グローバルな問題...続きを読む

Q紀元前と紀元後をなぜ分けるの?

タイトル通りの疑問なのです。当たり前すぎなことなのかもしれませんが、教えてくださいお願いします。どういういきさつで分ける必要になったのでしょうか?
またいつから分ける様になったのですか?

Aベストアンサー

つまりは、西暦に関するご質問ですね?

いま現在、我々が使っている西暦は、イエス・キリストが生まれた年を紀元(はじまり。すなわち西暦1年)としています。(ところが後日、実際には何年か違うらしいことがわかった。)
この西暦を考え出したのは、数学と天文学に通じていたローマの修道院長、ディオニシウスで、6世紀半ばのことです。
それまでは、日本の元号のように、何皇帝の何年というような呼び方をしていました。
しかし、それでは年数の計算が不便なので、ディオニシウスは、キリストが生まれた年を紀元とすることにしました。
これが、現在我々が使っている西暦の始まりです。
何故西暦0年が存在しないかと言うと、西暦が作られた6世紀半ばのヨーロッパは、まだ数学が発達していなかったためか、「0」の概念が無かったのです。
そのため、「西暦0年」ではなく、「西暦1年」から始まったのです。これは平成0年がないのと同じですね。
だから、紀元1年より前の年をあらわすには、0がないので当然ながらマイナスを使えず、「紀元前」とするしかないわけです。
この西暦は、まず教会で用いられ、それがヨーロッパの一般人に定着するのはそれから数世紀経ってからで、 実際に世界的に使われるようになったのは、18世紀になってからです。
日本に至っては、明治以降、つまり19世紀に入ってから、やっと使い始めました。

つまりは、西暦に関するご質問ですね?

いま現在、我々が使っている西暦は、イエス・キリストが生まれた年を紀元(はじまり。すなわち西暦1年)としています。(ところが後日、実際には何年か違うらしいことがわかった。)
この西暦を考え出したのは、数学と天文学に通じていたローマの修道院長、ディオニシウスで、6世紀半ばのことです。
それまでは、日本の元号のように、何皇帝の何年というような呼び方をしていました。
しかし、それでは年数の計算が不便なので、ディオニシウスは、キリストが生まれ...続きを読む


人気Q&Aランキング