これってどのような意味なんでしょうか?
また、実際、使っているようなとこはあるのでしょうか?
私の知る限りでは、こんな表現しませんので。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

草枕の冒頭の文章は有名でよく引用されますが、人生論などを人に説く立場の人が引用するのみで、一般の人、特に若い人が日常会話で使用することは考えられません。



冒頭の文章で漱石は「知、情、意」を分かりやすく且つ彼一流のユーモアで説明しています。こんなことを気にせずもっと自由気ままに生きたいものだが、現実にはそうもいかない。この世は住みにくいところだと嘆いているようです。

「情に棹さす」と言う表現は江戸時代から明治時代の人々ならだれでも理解出来たと思われます。昔の川舟は帆やオール(櫂)を使わず竹で出来た棹を操って船を進めていました。(現在でも観光地で見かけます)人間の情(感情)はコントロールすべきですが、自分のこと、家族のこと、仲間のことなどになると、うまく感情コントロールが出来なくなり、急流にもかかわらず棹を川底に強く突き刺して船を前へ進めたかのように、流されてしまって事態が悪くなり勝ちだと言ってるのです。

流れに棹さすを急流だから棹をさしてブレーキをかける意味に解釈する人がいますが、これは棹の用途を誤解しているからです。棹をブレーキとして使うなら「棹させばながされる」筈がありません。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

そなたもすごいですね。ただものでは、ないって感じです。
学校では、きっとこの半分も教えてもらえませんよ。
ありがとうございました、
余談ですが、かなり、智に働いたお方と推察しますが、全然、角もたちません。恐れいります。

お礼日時:2003/07/13 16:51

最近の新聞記事で、本来の意味と違って解釈される言葉の一つに「流れに棹さす」があります。


「情に棹さす」はこの「流れに棹さす」をふまえていると思われます。
つまり流れを情に置き換えた漱石流表現かと・・・
    • good
    • 4
この回答へのお礼

そうなんですね。
表現の機微に触れる思いですね。
そして、また意味合いも、時とともに変形していくのでしょうね。

お礼日時:2003/07/13 16:41

『智に働けば角が立つ。

情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。』

ですね。こんにちは。いやー、久しぶりにこの言葉を読みました。私の解釈で現代口語訳してみますね。

「理屈ばかりを言っていれば(理性ばかりで生活すれば)、とげとげしくなる。人情(感情)の川にどっぷり浸かっていると、こんなはずではなかったということになる。だからといって、自分の意地を通せば人とぶつからないように気を遣わないといけなくなる。とこのように人間の世の中というものは暮らしにくいものだ。」

くらいになるでしょうか。漱石は、当時は特に義理、人情を重んじる日本に生まれたのであり、また英文学を通して西洋の理性を学んだ人間だったゆえに、そのバランスの取り方に苦労をしたようです。イギリス留学中や帰国してからも、一般の日本人には理解されにくい精神構造(文化)を持っていたゆえに苦しみ、欝病にもなったりもしたようです。

「情に棹させば流される。」の部分には、特に日本文化に特有な人情の世界に住んで付き合いを続ければ、他の日本人と同じように集団の中に埋没し、ついつい自分の信念を失くしてしまうという、深い意味が込められていると思いますね。

こんな感じでしょうか?「情に棹させば流される。」というのは、諺でも成句でもないので、ふつうの会話には使わないでしょう。今だったら、「情が移る」、「情にもろい」、「情にほだされる」とかの表現をよく使いますよね。また、「あまり情けをかけると、別れ辛くなる」とか言ったりしませんか?
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございました。
意味合いはおぼろげながら理解できましたが、これを説明する表現力はすばらしいですね。ww もし機会があればパクらせて頂きますね。
また、その背景に西洋の文化を学んでいたので、漱石の心中は、ジレンマと葛藤だったんですね。ちょっと、漱石の苦悩を理解した思いになりました。おこがましですね。 ありがとうございました。

お礼日時:2003/07/13 16:34

 これは 比喩的表現です



 情に棹させば 流される というのは

 感情中心で 物事に対していると その本質とか
道理 善悪を ついつい 無視して 処理してしまい
正しい 判断や 処理が できなくなるということです

 感情という 川に 船で 乗っていて 前に進もうと
棹を 川にさしたけど 感情の流れが 激流だと その
流れに 逆らうことができずに 正しく 進めないということてす

 近年 ある県の知事が 辞任すると 発表されていましたが おとといまでは そういう状態で 辞任しないと 言われていたのも こんな感じかなと 邪推しています^^; 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、そうなんですね。
感情を川にたとえ、比喩しているのですね。
すごい、感性ですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/07/13 16:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夏目漱石の草枕(新潮文庫)を読んでいますが、注釈を読みながらでないと非

夏目漱石の草枕(新潮文庫)を読んでいますが、注釈を読みながらでないと非常に読みにくいです。

読みやすくしているバージョンはないですか?

Aベストアンサー

私も「草枕」を読んだことがありますが、読みづらかったです。
訳の分からない語句がやたらとたくさん挿入されていましたよね。

しかし、冷静になってよく見てみると、
読み流せる部分の比重が高いことに気づきます。
難しい語句のほとんどがムダ知識であり、筋書きに絡まないからです。

質問者様の場合、まずざっくりと最後まで読み通した上で、
分からない部分のみ後から読み直してみては如何でしょう。
律儀に注釈を引きながら読み進めるのもアリだとは思いますが、辛いです。
一読で理解する義務なんて無い訳ですし。

Q天ヶ瀬温泉の見所

さきほども福岡のおすすめスポットを聞いたんですが、
2日目は天ヶ瀬温泉の山荘天水に泊まる予定です。
でも天ヶ瀬温泉の情報はなかなかなくて
いまいちどんな場所なのかわかりません。
それも楽しみなのですが、
どういった感じの場所なのでしょうか?
温泉街になっているのでしょうか?
また、おすすめの場所があれば教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

「山荘天水」には以前宿泊した事があります。
お料理も宿の雰囲気もとっても良いので、機会があればもう一度行って見たいと思うほどです。
天瀬温泉は、川が流れていてその周りに温泉宿があるという感じなのですが、天水は山の方へ入り込んだ所にあります。
お部屋によっては、川が流れているのを見ることが出来ると思います。

私が行った際は、湯布院を観光してから天ヶ瀬へ向かい天水へは、16時過ぎにチェックインしましたが温泉の数も多く貸切温泉はチェックイン後の予約になるとの事で、もっと早く向かえば良かったと後悔しました。
個人的には、早目にチェックインして(15時~だったと思いますが)宿でゆっくりするのもおすすめです。

天ヶ瀬の観光としては、高塚地蔵・フラワーパークなどありますが時間に余裕があるなら湯布院も近いです。
車で移動なら、湯布院を観光してから天ヶ瀬に行くのもいいと思います。

Q段田安則さんが昔出演したオムニバスドラマ

かなり前のようなんですが、段田安則さんが出演したオムニバス形式のドラマのタイトルをご存知の方いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

今晩は
段田安則さん以外の出演者やドラマの内容は全く分からないのでしょうか?
とりあえず「段田安則 オムニバスドラマ」で下記の3作品がヒットしましたが・・・↓

http://www.qzc.co.jp/DORAMA_CGI/DORAMA1.EXE?RECNUM=27833

http://www.qzc.co.jp/DORAMA_CGI/DORAMA1.EXE?RECNUM=30413

http://www.qzc.co.jp/DORAMA_CGI/DORAMA1.EXE?RECNUM=34179

御参考まで。

Q伊豆の踊子の化粧って?

伊豆の踊子を借りて読みました。

伊豆の踊子に出ている踊り子の化粧とか髪型とかってどんなんだったんでしょうか?
書籍とかそういうのがわかるサイトなどあれば教えてください。

当時の化粧品についてとかも興味あります。

Aベストアンサー

未婚女性の日本髪は、高島田・結綿・桃割れ・(銀杏返し、もかな)等がありますが、映画化された伊豆の踊り子を観た記憶では、桃割れだったような、もしくは桃割れに似ていた気がします。
桃割れは、特に少女の髪型なので、踊り子の年齢にしっくりくると思います。
ちょうどいい本を持っていたのですが、さっとみたことろ見つからないので、古書店行きになってしまっていたようです。
化粧は、紅・白粉が主のはずです。
紅は紅皿から指等でとって塗ります。
白粉は、現在のような肌色ではなく、昔の花嫁さんみたいに、白塗りで、刷毛で塗ったのだと思います。
日本髪、で検索すると、いろいろ出てくると思います。
私は子供~20代前半まで、お正月には、日本髪を結っていました。桃割れも結いましたよ。懐かしくなりました^^

参考URL:http://blogst.jp/da10000391/

Q★夏目漱石 草枕について★

★夏目漱石 草枕について★

最近夏目漱石の著書を読むことにはまっていて
その中のひとつ、「草枕」について
疑問がわきました。
人の世が住みにくいことをうたっていますが
なぜ主人公を”画家”に設定したのでしょうか。
例えば、作家にしたほうがもっと書きやすかったのではないでしょうか。
分かりやすい解説・意見お願いいたします。

Aベストアンサー

漱石の一愛読者です。

>なぜ主人公を”画家”に設定したのでしょうか。
>例えば、作家にしたほうがもっと書きやすかったのではないでしょうか。

小説中に小説家が登場したり、主人公が小説家(芸術家)だったりする小説が一般化したのは、もう少し後の時代になってからでして、「草枕」などはその先駆と評し得るかもしれませんね。
明治期では谷崎潤一郎の「刺青」の刺青師、大正期になると芥川龍之介の「地獄変」の絵師、「戯作三昧」の馬琴などが比較的有名な例かと思います。
昭和になると、中島敦、太宰治、三島由紀夫等がわりと好んで小説家(詩人、芸術家等)を登場させたがったと言えるかもしれません。

こうして並べてみると、いずれも素直な?ひねくれ者ばかりというのが面白いですよね。
思うに、より古い小説家たちほど、もっぱら「何を書くのか?」に興味・関心を示したがったとすれば、より新しい小説家たちほど、本当に大切なのは《何を》ではなく、「《なぜ》書くのか?」という、実に厄介な、しかしより根本的な難問と向き合わざるを得なくなったのではないでしょうか。
こうした事情については、西洋でも同じでして、フロベール以降20世紀初頭にかけ、小説家を主人公にした小説が多く輩出されるようになりました。

以上を踏まえた上で「主人公を”画家”に設定した」理由について考えてみますと、美が「人情」と「非人情」との中間にしか存し得ない以上、漱石としては、あくまでも那美さんとの間に常に適切な距離を挟み、ひたすら那美さんを眺めることに徹する視点(観察主体)を設定する必要があったはずです。

その際、対象との関係という点では、特に美人の那美さんが相手となると、「人情」(色恋)に溺れがちな「作家」よりも、職業上「非人情」に徹しやすい「画工」の方が対象をより沈着冷静に観察、凝視させやすいと考えたのではないでしょうか。

漱石の一愛読者です。

>なぜ主人公を”画家”に設定したのでしょうか。
>例えば、作家にしたほうがもっと書きやすかったのではないでしょうか。

小説中に小説家が登場したり、主人公が小説家(芸術家)だったりする小説が一般化したのは、もう少し後の時代になってからでして、「草枕」などはその先駆と評し得るかもしれませんね。
明治期では谷崎潤一郎の「刺青」の刺青師、大正期になると芥川龍之介の「地獄変」の絵師、「戯作三昧」の馬琴などが比較的有名な例かと思います。
昭和になると、中島敦、太宰治、...続きを読む

Q1/32 ボンネットバス「伊豆の踊子号」の車体色?

先日、アリイ製1/32いすづボンネットバス「伊豆の踊子号」<前期型>を購入しましたが、組立説明書に車体の塗装指示がありません。実物を見た事がないので、パッケージを参考にするしかないと思いますが、特にクリーム色ぽい部分の調合割合など、回答出来る方おりませんか?また、その時は少し艶をなくして塗装したいと思います。

Aベストアンサー

http://images.google.co.jp/imghp?hl=ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&tab=wi&q=
「伊豆の踊子号」

Q夏目漱石の「草枕」「虞美人草」について

夏目漱石の「草枕」と「虞美人草」のあらすじと、それぞれの主な登場人物の性格、姿など教えてください。至急お願いします。困っています。。。

Aベストアンサー

ということで、あらすじというか内容ですが、

「草枕」:山を旅する画工の視点によって、自己の東洋的美意識を「低徊」的に解
     放し、東洋的解脱を観照したもの。
     どこの誰かわからん絵描きが、どこの山かわからん場所を、たらたらと
     歩きながら、「美」を描いたもの。
参考URL:
http://www.pluto.dti.ne.jp/~jeep/

「虞美人草」:絢爛たる文辞がちりばめられているが、描かれた倫理は勧善懲悪に
       陥り、人物像もやや類型化を免れず、必ずしも出来映えはよくな
       い。登場人物は下記URLで。
参考URL:
http://www.os.xaxon.ne.jp/~ntu2baki/gubiginso.html

参考URL:http://www.os.xaxon.ne.jp/~ntu2baki/gubiginso.html

Q小説『伊豆の踊子』のラストシーン

小説『伊豆の踊子』のラストシーンについてです。
ラストは「私」が涙を流して終わるじゃないですか。あれはいったいどういあことだったのでしょうか。
私なりの解釈は、素直になれた自分に対しての安堵というか、ホッとするような気持ちが一番の要因なのではないかと…
皆様はどうお考えですか。

Aベストアンサー

私は質問者様とだいぶ似ているのですが、
主人公は素直になれたことで、他人の誠意や真心が真っ直ぐに伝わるようになってきて、それに気がついた。
そして、他人の優しさなどに気がついたことで、それまでの自分が哀れに思えてきたのだと感じています。
周囲の人の気遣いに感謝とそれに気づかなかった自分の哀れさに…というのが入り混じった涙だと感じています。

QMacでのデータの書き出しについて。

Macでのデータの書き出しについて。

PowerBook G4を使っています。OSはXで10.4です。
macからデータの書き出しをしたいのです。

CD-Rだとちゃんとデータを描き出すことが出来るのですが、
DVD-Rだと挿入しても受け付けてくれず、書き出しも出来ません。
CD-Rだと枚数が増えてしまうので、なるべく枚数を減らしたく思い、
DVD-Rに書き出しをしたいです。

DVD-Rに書き出しは出来ないのでしょうか?
教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> DVD-Rに書き出しは出来ないのでしょうか?

できる機種とできない機種があります。質問を読ませてもらう限りでは、できないほうのPowerBook G4なのでしょう。
書き出しするには、外付けドライブが必要です。

ところで、恒久的に保存しなければならないデータでなければ、USBメモリを使ったほうが、コスト的にも有利だと思いますが?

Q夏目漱石の草枕の冒頭の文章の意味

草枕の冒頭で、「智(ち)に働けば角(かど)が立つ。情(じょう)に棹(さお)させば流される。意地を通(とお)せば窮屈(きゅうくつ)だ。とかくに人の世は住みにくい」という文章がありますが、
これはどういう意味なのでしょうか?
恐れ入りますが、わかりやすくご解説いただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。
意地を通せば窮屈だ。とかく人の世は住みにくい。


久しぶりに聞きましたが、人の世のわずらわしさをうまく表現したものです。さすがに文豪です。
下記サイトに分かり易く解説されています。
よく読めば簡単に分かります。
http://www11.ocn.ne.jp/~gulicomx/ture125.htm

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング